当分の間、お休みします

体に変調を感じ、GW明けから通院をしていたんですが、昨日検査結果が出ました。

まあまあ大変な病気みたいです。

この先どうなるか全くわかりませんが、当分お酒が飲めないのは、残念ながらほぼ確定です(泣)

参りました・・・

| | コメント (8)

日替わりランチ 銀座「ライオン 銀座五丁目店」111回目

Img_0201_20240707092901

ランチを食べに、銀座五丁目。

 

Img_0202_20240707093201Img_0203_20240707093201

この日の日替わりランチ(1,200円)は、チキントマトチーズ焼き&真鱈フライ。

 

Img_0199_20240707093401Img_0200_20240707093401

ビールは控えめに、黒ラベル特大ジョッキ1杯だけ。

 

ライオン 銀座五丁目店

住所:中央区銀座5-8-1

電話:03-3571-5371

| | コメント (0)

2年ぶり 南砂町「焼肉スエヒロ館 南砂店」2回目

株主優待券を使いに、南砂町へ。

 

焼肉スエヒロ館 南砂店」。

Img_0180_20240706155301

土日限定の焼肉ランチメニューから、王道ランチ(1,848円)をオーダー。

 

Img_0181_20240707083901

ラガー大瓶(792円)。

 

Img_0182_20240707084001Img_0185_20240707084001Img_0184_20240707084001

キムチ、ミニサラダ、牛上塩タン、ソーセージ、牛ハラミ、牛ロース、ライス、スープ。

 

Img_0192_20240707091301Img_0187_20240707091301

生搾りレモンサワー(550円)。

 

Img_0190_20240707091801Img_0188

牛ホルモン(638円)。

 

Img_0189_20240707092001

大瓶追加。

 

Img_0191_20240707092201Img_0193_20240707092201

豚トロカルビ(528円)で、お腹いっぱい。

 

焼肉スエヒロ館 南砂店

住所:江東区南砂6-7-15

電話:03-3640-2900

| | コメント (0)

私らしくなく 大阪・京都ビール旅行記2024春 その8〜銀座「吉祥 CHINESE DINING 銀座インズ」

その7の続き。

 

近鉄特急で名古屋に着いたのは、16時過ぎ。

何とも中途半端な時間です。

名古屋で食べるには早すぎるので、今までの私だったら静岡のどこかで途中下車ってパターンなんですが・・・

疲れちゃったので、そのまま新幹線で東京へ。

家に帰っても夕食は無いので、コチラで夕食。

Img_0163_20240706144301Img_0164_20240706144901

吉祥 CHINESE DIINING 銀座インズ」。

小皿料理2品+生ビールで1,628円。

小皿料理は、右のメニューから選ぶみたいです。

 

Img_0167_20240706150001

蒸鶏のからし和えとミニ麻婆丼。

 

Img_0165_20240706150201Img_0168_20240706150301

生ビールを飲みきったので、ホッピーセット(550円)。

 

Img_0169_20240706150901Img_0170_20240706150901

今回も中(275円)2杯。

 

Img_0171_20240706151101

最後は吉祥鶏だし麺(968円)で終了。

 

吉祥 CHINESE DIINING 銀座インズ

住所:中央区銀座西3-1 銀座インズ1 2F

電話:050-5486-3744

 

| | コメント (0)

新規481ヶ所目! 大阪・京都ビール旅行記2024春 その7〜ビールの現場から 大阪府富田林市「万里春醸造」

その6の続き。

 

土曜日。

淀屋橋のホテルをチェックアウトし、自宅への土産を買いに、谷町線で平野へ。

Img_0139_20240628080301Img_0140

「勝貴屋」。

ぽん酢で有名なお店です。

自宅用に、2本購入しました。

我が家のエース旭ポンズと比べてみます。

 

谷町線、近鉄南大阪線、長野線を乗り継いで富田林へ。

Img_0141_20240628090201

楠氏遺跡里程標。

さすが楠木正成公の地元。

 

Img_0142_20240628092401Img_0143

古い町並みを7分歩いて、「バンリノハルビアホール」到着。

 

Img_0146_20240628093701Img_0147_20240628093701

扉を開けたら左手に醸造設備、右に広いホールが。

天井が高い空間、好きですねぇ。

 

Img_0145-1Img_0144-1

飲めるビールは10種類。

いいですね。

 

Img_0149_20240704204701

1杯目、ゴールデンエール(L、990円)。

「余分なものを削ぎ落とした黄金色のエール。シンプルなレシピゆえに感じられるモルトの風味、穏やかな甘み、キレのある飲み口。やっぱりクラフトビールは苦手という方にもオススメ。何も考えずにガブガブいける一杯。」

クリアでピタピタ。

温度は少し低めで、ガスもやや強め。

★7.5

 

Img_0148-1

ランチ&フードメニュー。

 

Img_0151_20240704205801Img_0150_20240704205801

チリドッグ(931円)。

ポテトとサラダが付いてきます。

 

Img_0152_20240704210101

2杯目、ペールエール(L、990円)。

「ホップの華やかな香りと程よい苦み。ペール(淡い)色に軽めのモルトの風味が特徴です。」

これもクリアでピタピタ。

少しガス強めで、ホッピーなフレーバー。

★7.5

 

Img_0155_20240704210801

ガリシア栗豚のソーセージ(400円)追加。

 

Img_0153

3杯目、ヘイジーアイピーエー(L、1,078円)。

「クラフトビール界の二郎系。ホップマシマシのアロマが特徴。スムースな口当たりと程よい苦み、爆発するホップの香りのバランスを是非。」

当たり前ですが、濁りあり。

ガスが強いのが惜しいなぁ・・・

★7.5

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

Img_0156_20240704213301

バンリノハルビアホール

住所:大阪府富田林市富田林町21-22

電話:0721-24-0009

 

この後鶴橋まで戻り、近鉄特急で名古屋へ。

Img_0161_20240705075401Img_0162_20240705075401

その8に続きます。

| | コメント (0)

さよなら土佐堀 大阪・京都ビール旅行記2024春 その6〜ビールの準現場から 大阪市西区「箕面ビール(土佐堀)」51回目

その5の続き。

 

京都からホテルに帰って、少し早めに「BEER BELLY」へ。

Img_0119Img_0124_20240627100201

現「ご無沙汰してます」

Y「どれくらいぶりですか?」

現「土佐堀は1年半ぶりですかね」

Y「すいません、今日入るはずのバイトがドタキャンになりまして・・・」

現「ワンオペ大変ですね」

 

Img_0120_20240627100701Img_0122_20240627100701

ビールメニューはこんな感じかな。

黒板メニューが現場モノなんですかね?

確かめるの忘れました・・・

 

Img_0123-1

1杯目、PILSNER(USP、990円)。

「低温で長時間熟成をおこなったすっきりとした喉ごしと爽快感で、何杯でも飲んでいただけます。厳選したノーブルなホップのみを質沢に使用した、爽やかな苦味が特徴のラガービール。和洋中間わずいろいろなお食事とあわせて楽しめます。」

淡色でほぼクリア。

バランスの良いピルスナーです。

★8

 

Img_0125_20240627102201

いつもの、おまかせ前菜盛合せ(990円)。

 

Img_0127-1

2杯目、黒板メニューから麦茶ビター(UKP、1,320円)。

アロマが完全に麦茶。

麦茶ほどではないですが、さっぱり飲めます。

★8

もう少し温めのサーブでも良かったかもしれません。

 

Img_0128-1

3杯目、PALE ALE(USP、990円)。

「ホップの香りと苦みが特長のキレのある定番エール。カスケートホップを贅沢に使用した、柑橋系のアロマが爽やかなアメリカンスタイルのペールエールです。香りと一緒に心地よい苦味を楽しんでもらえ、すっきりとした後味のピールです。」

アロマがシトラス&フローラル。

★8

 

Img_0129_20240627104301

現「小耳にはさんだんですけど、土佐堀店ってクローズするんですか?」

Y「そうなんです、今月いっぱいで閉店します。」

現「めちゃくちゃ悲しいやん」

Y「でも、天満はまだありますし。」

現「この店はどうなっちゃうんですか?」

Y「居抜きで売りますんで、また来れるようにはなると思います」

 

Img_0130-1

4杯目、おさるIPA(USP、1,100円)。

クリアでシトラッシーなアロマ。

ちょい苦めのフィニッシュ。

★8

 

Img_0131-1Img_0132_20240627110701

フライドポテトのチーズがけ(770円)。

 

Img_0133-1

5杯目、W-IPA(UKP、1,210円)。

「通常の2.5倍のモルトとホップで仕込んだアルコール度数9%のストロングエール!しっかりした苦味とふんだんに使用したカスケードホップのアロマ、濃厚なモルトのフレーバーのバランスを楽しんでもらえるピールです。」

やや濁りあり。

アロマ控えめですが、さすがボディはしっかりしてます。

★8

 

たまたまとは言え、長年慣れ親しんだ土佐堀店のラストに訪問することが出来ました。

2005年10月に初訪問。

2015年9月に、現在のお店に移転後初訪問。

旧店舗22回、現店舗10回。

思い出はたくさんありますが、次来る時は天満ですね。

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

その7に続きます。

 

BEER BELLY

住所:大阪市西区土佐堀1-1-31

電話:06-6441-0717

Img_0134_20240628074101Img_0136_20240628074101

| | コメント (0)

セットがお得 大阪・京都ビール旅行記2024春 その5〜ビールの準現場から 大阪府箕面市「Derailler Brew Works」2回目

その4の続き。

 

阪急梅田駅から、宝塚線で石橋阪大前へ。

乗り換えは何度かありますが、駅を降りたのは何年ぶりやろ。

Img_0106_20240625081901

箕面線に乗り換えて箕面へ。

 

Img_0108_20240625082101Img_0107_20240625082101

Derailler Brew Worksの「山ノ麓 TAPROOM」。

 

Img_0113_20240625172901

13時過ぎの訪問だったんですが、お客さんは私だけ。

画角から外れていますが、右側に缶がズラッと並んだ冷蔵庫が。

 

Img_0109-1Img_0110-1

飲めるビールは10種類で、色によって値段が変わります。

まあまあいい値段しますね。

 

Img_0111_20240625174601

こちらはフードメニュー。

燻製系のつまみなんかが並んでいます。

 

パラパラめくっていると、こんなの発見。

Img_0112_20240625174601

選べる麦芽トーストプレートセット。

これを頼むと、ビールがお安く飲めるようです。

 

Img_0115-1Img_0114_20240625174301

BOHEMIAN JUVENILRHAPSODY(M、1,100円→600円)。

「魅感の金色、ボヘミアンピルスナーが苦味とコクのバランス改良を経て帰ってきました!2バッチ目となる今回のレシピは前回よりもホップ量を抑えて、麦芽をより感じられる味わいに仕上がっています。Saaz ホップの気品あるハーバルな香りの後に広がるのは麦芽のミティアムなコク。のど越しの軽さと麦芽本来の甘みを両立させた重すぎないボディで、食事を邪魔せず一緒にすいすい胃に入っていきます。泡なしか泡ありか、味わい方はあなた次第。飲み始めたら止まらない、バランスの取れた一杯をどうぞ!」

プラカップで登場。

かすかに濁りあり。

やや酸味を感じます。

★7

 

Img_0116_20240625180501

トーストプレートセット(600円)。

このプレートと、ビール1杯で1,200円ならば、とってもリーズナブル。

 

また行ってみたい度は保留で。

 

山ノ麓 TAPROOM

住所:大阪府箕面市箕面1-1-45

電話:072-737-7721

 

この後、駅前からバスに乗って、千里中央に変わる御堂筋線の終着駅「箕面萱野」駅へ。

Img_0117_20240625181101Img_0118_20240625181101

「千里中央」が通過駅になるなんて・・・時は流れますね。

その6に続きます。

| | コメント (0)

長屋風 大阪・京都ビール旅行記2024春 その4〜大阪・本町「和牛料理 要」

その3の続き。

 

南御堂のちょい南で会食。

Img_0098_20240622115401

和牛料理 要」。

古い長屋を、個室中心のお店にリノベーションしています。

 

Img_0099_20240624065501Img_0100_20240624065501

ホルモン刺身三種盛と、特製ビーフシチュー。

 

Img_0101_20240624084601

ドリンクは飲み放題。

 

Img_0102_20240624084901Img_0103_20240624084901

三種類のお肉を、石の鍋で焼いていただきます。

 

Img_0104

ローストビーフ丼で〆。

 

和牛料理 要

住所:大阪府大阪市中央区南久宝寺町4-3-1

電話:06-6258-0036

Img_0105_20240624085901

| | コメント (0)

現場のつもりが唐揚げ食べ放題 大阪・京都ビール旅行記2024春 その3〜京都・四条烏丸「隈元総合飲食店 MAO」初訪問

その2の続き。

 

御池通を越えて、四条烏丸へ。

Img_0096_20240622111901

隈元総合飲食店 MAO」。

さっき、ミックスナッツしか食べてないので。

店に入ると、13時前にも関わらず順番待ちの列が。

人気店のようです。

 

Img_0093_20240622112501

15分ほど待って案内されたのは、いい感じの空間。

(人がいなくなるのを見計らって撮影しました)

 

Img_0092_20240622112501

何と若鶏の旨味からあげ定食(1,000円)を頼むと、唐揚げ、ご飯食べ放題!

これが人気の理由かな・・・などと言ってる場合じゃありません。

どこにもクラフトビールの気配を感じません。

ランチは出してないんでしょうね・・・回転下げるだけだもんな。

 

Img_0094_20240622113601

大人しくプレモル(500円)。

 

Img_0095-1

唐揚げは5個。

副菜が多いのも人気の理由かな。

 

お腹いっぱい、大満足。

その4に続きます。

 

隈元総合飲食店 MAO

住所:京都府京都市中京区東洞院通り錦小路上る元竹田町644

電話:075-746-4721

 

Img_0097_20240622114401

次回はビール、飲みたいっすね。

| | コメント (0)

新規480ヶ所目! 大阪・京都ビール旅行記2024春 その2〜ビールの準現場から 京都市中京区「Bighand Bros. Beer」

その1の続き。

 

木曜日の朝。

淀屋橋のホテルから、京阪電車で京都に移動。

七条駅で降り、色々な場所を見学しながら北上。

Img_0080_20240622101601

「耳塚」。

初めて来ました。

 

Img_0091_20240622101901

11:30 新規480ヶ所目の準現場「Bighand Bros. Beer TERAMACHI」到着。

到着した瞬間、シャッターが閉まってて少々焦りました。

 

Img_0086_20240622102201Img_0082

バクテー専門店とコーヒースタンドに囲まれた、不思議な形態。

落ち着くか落ち着かないかで分類すると、落ち着かないかな。

 

Img_0081-1

飲めるビールは6種類。

 

Img_0083_20240622103801Img_0085_20240622103801

1杯目、TYROLITE(ハーフ、650円)。

「ドイツでビールを飲むなら、王道ミュンヘンヘレス。ミュンヘン発祥のラガースタイルのひとつで『淡いビール』を意味します。麦芽のうまみ、クリスピー感を軽やかに含みながら甘味もしっかり感じられます。ノーブルホップで苦味はひかえめに。ラガーの軽やさもありながら飲みごたえもしっかりあるドイツ定番の一杯。」

ほぼクリア。

ややフローラルなフレーバー。

モルトはさほど感じません。

★7.5

 

Img_0084_20240622104901Img_0087_20240622104901

おつまみメニューから、ミックスナッツ(400円)。

 

Img_0088_20240622105101Img_0090_20240622105101

TOPAZOLITE(ハーフ、650円)。

「アルコール感控えめで、スッキリドライで飲みやすいジャーマンピルスナー。ドイツのホップで香りづけしたトパゾライトは、日本で主流のチェコスタイルのピルスナーよりもフルーティに仕上がりました。軽やかな口当たりですが、瑞々しくひろがる香りがやみつきに!ビールギークにこそ飲んでもらいたい一杯。」

かすかに濁りあり。

ややホッピー。

★7.5

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

その3に続きます。

 

Bighand Bros. Beer TERAMACHI

住所:京都府京都市中京区榎木町99-1

| | コメント (0)

新規479ヶ所目! 大阪・京都ビール旅行記2024春 その1〜ビールの現場から 大阪市北区「CRAFT BEER BASE」

Img_0060_20240620080901

UNITEDのマイレージを利用して、羽田から伊丹へ。

 

大阪空港からモノレールで蛍池に移動し、阪急宝塚線に乗り換え。

Img_0061_20240620081401

降りたのは、終点の梅田ではなく中津。

メチャクチャホームが狭いんです。

ここから歩いて、新規479ヶ所目の現場を目指します。

 

Img_0062_20240620091001

梅田スカイビルを眺めながら、歩くこと10分少し。

 

Img_0063_20240620091901Img_0066_20240620091901

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE」。

大阪市内に、他に2店舗あるようです。

Img_0071_20240622092501

実は私、まだ現場じゃない頃(2012年7月)訪問したことがあります。

iPhone充電させていただきました。

 

Img_0064_20240620093601

ビールメニュー。

よく見ると「CRAFT BEER BASE」「CBB BREWING LAB」「醸馥 Oldfactory works」の3つのブランドがあるようです。

Img_0070_20240622092901

私の基本的嗜好と照らし合わせると、「CRAFT BEER BASE」ブランド中心になりそうな予感。

 

Img_0068_20240621160601Img_0067_20240621160601

1杯目、「CRAFT BEER BASE」ブランドから、Lavender & Chamomile(USP、1,000円)

GOLDEN ALE WITH HERBS。

「ハーブティーに使うラベンダーとカモミールをそのまま麦汁に加えて発酵させました。お花がふんわりと香る優しく軽やかな金色のビールです。ビール好きにはもちろんハーブや香りを愛する方すべてに飲んで欲しい。」

やや濁りあり。

フローラルなアロマに、ハーブなフレーバー。

★7.5

 

Img_0065_20240622091801Img_0073_20240622091801

照り焼きチキンピザ(1,200円)。

メチャメチャ具だくさん。

 

Img_0074Img_0075_20240622092201

2杯目も「CRAFT BEER BASE」ブランドから、CPA(USP、1,000円)。

「Classic で CasualなアメリカンスタイルPale Ale。クラフトビアムーブメントの先駆者たちへのリスペクトを込めました。C系ホップの柑橘香とカラメル麦芽の温かさが程よく調和。私達 CRAFT BEER BASE が基本と考える味わいです。」

やや濁りあり。

ガス弱めで、ドリンカブル。

説明どおりの印象ですね。

★8

 

Img_0076_20240622094001Img_0077_20240622094001

3杯目も「CRAFT BEER BASE」ブランドから、Citra Golden Ale(USP、1,000円)。

「オーストラリア産ベースモルトとアメリカ産Citra Hopを使ったシンプルでストレートなゴールデンエール。クリーンでクリスピー。ホップ由来の華やかなフルーティさを楽しめるドリンカブルな一杯です。」

淡色で、かすかに濁りあり。

ガス弱めで、これも飲みやすい!

★8

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

その2に続きます。

 

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

住所:大阪府大阪市北区大淀中1-13-13

電話:06-7503-9795

Img_0072_20240622095201Img_0079_20240622095301

| | コメント (0)

初訪問! 川崎「YEBISU BAR 川崎アゼリア店」

JR川崎駅で途中下車。

Img_0055_20240619074901

「YEBISU BAR 川崎アゼリア店」、初訪問かな。

 

Img_0052_20240620075301Img_0053_20240620075301

アプリ特典を使用してプレミアムエール(355円)。

 

Img_0056_20240620075401Img_0054_20240620075401

クリームチーズの山葵味噌和え&山葵クラッカー(580円)。

 

Img_0057_20240620075501

アプリ特典でマイスター(420円)。

 

YEBISU BAR 川崎アゼリア店

住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-2-2016 川崎アゼリア

電話:044-220-5535

| | コメント (0)

チキンレッグ 横浜「馬車道タップルーム」13回目

Img_0051_20240613064201Img_0049_20240618065001

横浜の親戚宅を訪問した帰りに、「馬車道タップルーム」。

なんと、3年半ぶり。

 

Img_0046_20240618063901

1杯目、ヘレス。

 

Img_0047_20240618064601Img_0048_20240618064601

チキンレッグ・クォーター(1,200円)。

かなりスモーキーなフレーバー。

 

Img_0050_20240618065101

2杯目、レッドローズアンバーエール。

フローラル。

 

馬車道タップルーム

住所:神奈川県横浜市中区住吉町5-63-1

電話:045-264-4961

| | コメント (0)

ドリンクチケットを使いに 新橋「銀座ライオン 新橋店」95回目

オフィスで仕事を終え、「銀座ライオン 新橋店」へ。

Img_0034_20240610124201Img_0035_20240610124301

黒ラベル大ジョッキ(1,060円)。

 

Img_0033_20240610125901Img_0036_20240610125901

小鰯の唐揚げ(680円)。

 

Img_0037_20240610130901Img_0038_20240610130901

2杯目、3杯目は、ドリンクチケットを使用して、白穂乃香とエーデルピルス。

本日のミッションコンプリート。

 

銀座ライオン 新橋店

住所:港区新橋1-15-5

電話:050-5269-7098

| | コメント (0)

新規478ヶ所目! ビールの現場から 茨城県大洗市「Beach Culture Brewing」

Img_0001_20240610064401Img_0002_20240610065001

水戸駅で大洗鹿島線に乗り換え、大洗へ。

 

Img_0003_20240610072001Img_0004_20240610072001

大洗は、約7年ぶり。

駅から真っ直ぐ伸びる道を、海岸方向へ。

これから訪問する「現場」は、フード持ち込みOKなので、どこかで何か買えると良いんですが。

 

サンビーチ通りにぶつかるあたりで、お弁当屋さん発見!

Img_0006_20240610073301Img_0005

「大洗手作り弁当 ben.to502」。

先日「マツコの知らない世界」で、「町弁の世界」を観た後だったのでいいタイミングでした。

 

Img_0020_20240610074101

「現場」がある「大洗 SEASIDE STATION」到着。

昔あったアウトレットの跡地に出来た、ショッピングモールですね。

 

Img_0007_20240610074801Img_0009_20240610074801

Beach Culture Brewing」。

奥に醸造設備が見えます。

 

Img_0018_20240610075301Img_0010_20240610075301Img_0016_20240610075301

カウンターでビールを注文して、店内もしくは外のベンチで飲むスタイル。

 

Img_0008_20240610075901

ドラフトで飲めるのは7種類。

 

Img_0011_20240610080301

1杯目、大洗ゴールデン(S、650円)。

「ほんのり苦味もあり、フルーティーで飲みやすい地ビールです。夏の暑い日に海で飲むのは最高です!」

かすかに濁りあり。

アロマは柑橘系で、少し苦め。

私の好きなタイプですね。

★8

 

Img_0012_20240610090501

先ほど購入した、海苔弁(600円)。

久しぶりに食べますね、町弁。

 

Img_0015_20240610090601

2杯目、Fisherman(L、950円)。

「パッションフルーツのような風味とシトラスの余額が後を引く地ビール。漁師の力強さを表現しました。」

ベアレンでも見たことある、缶のようなフォルムのグラスで登場。

濁りあり。

概ね良いんですが、もう少しドリンカブルな方が好みかな。

★7.5

 

Img_0019_20240610103301

3杯目、Boat House(L、1,000円)。

「苦味が少なくロースト麦芽の香ばしさとホップの苦味が調和したヘイジーIPA。重すぎず危険なほどスイスイ飲めちゃう一杯です。」

Hazy IPAだけあって、しっかり濁ってます。

アロマは少しロースト感があり、麦茶のよう。

ジューシーさはそこそこ。

★7.5

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

次回は、このモール内でつまみを調達すればいいかも。

 

Beach Culture Brewing

住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2

 

Img_0026_20240610123301Img_0027_20240610123301

帰りは特急ときわで東京へ。

| | コメント (0)

生ビールも飲み放題 銀座「玄品 銀座一丁目」4回目

株主優待券を使いに、「玄品 銀座一丁目」。

Img_9981_20240608084601

一番安いコース「玄」(5,000円)に飲み放題を付けました。

 

Img_9982_20240608163601

これまでビールは瓶ビールだけだったんですが、今回は生ビールも選択可能でした。

 

Img_9983_20240608163701Img_9984_20240608163701

湯引きとてっさ。

ふぐ料理って、ポン酢ばっかりやね。

 

Img_9985_20240608164901Img_9986_20240608164901

ここの日本酒、あまり好みじゃないの思い出しました。

 

Img_9987_20240608165201Img_9988_20240608165201

てっちり。

これも当然ポン酢です。

 

Img_9989_20240608170101Img_9990_20240608170101

生とハイボール。

 

Img_9992_20240608171201Img_9993_20240608171201Img_9994_20240608171401

雑炊と瓶ビールとアイスで〆。

 

玄品 銀座一丁目

住所:中央区銀座1-13-5

電話:03-3567-8488

| | コメント (0)

クラフトビール飲み放題 神田「ヤキニクラフト」初訪問

Img_9978_20240607073101

CRAFT BEER MARKET系列の焼肉店「ヤキニクラフト」初訪問。

神田駅近くの雑居ビルにお店があります。

外から店内を覗けないのは、ツライですね。

 

これまでのCRAFT BEER MARKET系列のお店と大きく違うのは、そのシステム。

Img_9961_20240607075101Img_9963_20240607075101

セルフ飲み放題。

3種類のCRAFTROCKのビールと、マルエフが繋がってました。

 

Img_9962_20240608073201Img_9968_20240608073501

1杯目、Drink All Day(ケルシュ)とキムチ(480円)。

確かにいつも飲んでるDrink All Dayなんですが、ジョッキの雰囲気であったり、キムチと合わせたりすると、クラフトビール感なくなりますね。

 

Img_9970_20240608075101

2杯目は、マルエフ。

クラフトビール好きなんですが、こっちのが馴染みますね。

 

Img_9966_20240608075501Img_9969_20240608075301

ホルモン(780円)。

 

Img_9973_20240608075701

3杯目、Day Drunk Lager(ホッピーラガー)。

飲み放題ゆえ、ちゃんと注ぐのは諦め、この状態でいただきます。

ホップがしっかり香るぶん、こちらはクラフトビール感あります。

 

Img_9974_20240608080401Img_9972_20240608080401

4杯目も同じくDay Drunk Lagerと、ブリスケ(780円)。

 

Img_9975_20240608080801

5杯目、Squiggle(ノルウェージャンダークエール)。

すごい泡になってしまいました。

そこそこの香ばしさと、そこそこしっかりしたボディ。

 

Img_9976_20240608082201Img_9977_20240608082201

6杯目Day Drunk Lagerと、厚切り豚バラ(780円)。

 

クラフトビールをゆっくり楽しむ店ではありませんが、変わった感覚を味わえる店ではあります。

 

ヤキニクラフト

住所:千代田区内神田3-12-10 磯見ビル5F

電話:03-6811-6911

| | コメント (0)

新規477ヶ所目! ビールの現場から 神奈川県横須賀市「法龍山麦酒」

横須賀ビールを出て、徒歩で堀之内駅へ。

Img_9938_20240607064101

約3.4km歩きました。

 

Img_9939_20240607064401

堀之内から京急久里浜へ。

 

Img_9940_20240607064601Img_9944_20240607064601

5分足らずで「法龍山麦酒」到着。

椅子はなく、全てスタンディング。

かなり人通りが多い通りに面しています。

 

Img_9941_20240607065101

ビールは5種類、ワンサイズ。

 

Img_9943_20240607065501

1杯目、尊ペールエール(500円)。

「ペールエール本来のモルティさと、柑橘や洋梨、バナナのような華やかなホップ香のバランスがいいビールに仕上げました。

濁り強め。

りんごとか、洋梨っぽいフレーバー。

★7

 

Img_9945_20240607072001

2杯目、我IPA(500円)。

「高アルコールで麦芽のしっかりとした味と、贅沢に使ったホップのダンク感や柑橘の香りと苦味が特徴的なIPAに仕上げました。」

濁りあり。

ほうじ茶っぽいフレーバーで、後味苦め。

★7.5

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

 

法龍山麦酒

住所:神奈川県横須賀市久里浜4-14-1

電話:046-827-7861

Img_9942_20240607072501

| | コメント (0)

リーズナボー ビールの現場から 神奈川県横須賀市「横須賀ビール」4回目

5年4ヶ月ぶり4回目の訪問。

Img_9930_20240606072701Img_9934_20240606072701

開店と同時に入店。

 

Img_9931_20240606073301

前回は5種類でしたから、だいぶ増えました。

 

Img_9933_20240606074001

初声ミツムギウィート(パイント、748円)。

「初声の自家栽培小麦を使用したヴァイツェン。苦くなく、バナナ、クロープなどのアロマとフレーバーが特徴。」

濁っていて、ガス弱々。

ウィートにしてはユニークなアロマ。

自家栽培だからでしょうか?

★7.5

泡が多めなのは残念ですが、パイントサイズでこの価格、このご時世では貴重です。

 

Img_9932-1

ランチメニュー。

 

Img_9935_20240606080401

悩んだ末にオーダーしたのが、地魚フィッシュ&チップス(1,100円)。

タルタルソースではなく、サワークリームっぽいソースが付いてました。

 

Img_9936_20240606080901

2杯目、ドブイタハッピー(パイント、748円)。

「よこすか銘水『走水の湧水』を使用した飲み飽きしないバランスの良いペールエール。」

やや濁っていて、ガス弱め。

さすが定番、バランスが良いですね。

★8

 

Img_9937_20240607063301

飲み放題もあるようです。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

横須賀ビール

住所:神奈川県横須賀市大滝町1-23

電話:046-874-8588

| | コメント (0)

ウルケル生 森下「Beer Gourmand」初訪問

ピザが美味しいお店「Bella Napoli」に行くたびに、気になっていたビールなお店を初訪問。

Img_9924_20240604081001

「Beer Gourmand」。

カウンター7席、2人テーブルが2台。

 

Img_9923_20240604175101

4種類飲めるビールのうち、ウルケルが常設なんです。

残り3種はすべてベルジャン。

ヨーロッパ系なんでしょうか。

 

Img_9925_20240604180101

ピルスナーウルケル(500ml、1,150円)。

泡は、ウルケルにしては少なめですね。

 

Img_9922_20240604180401Img_9926

黒板メニューから、ビール屋さんのマサラオムレツ(950円)。

見た目よりふわふわで、お箸があるので食べやすい。

野菜もスパイスも良い感じです。

 

Img_9928_20240604181201

2杯目もウルケル。

 

Img_9927_20240604181401

通常フードメニューも美味しそうなので、また来たいですね。

 

「Beer Gourmand」

住所:江東区高橋12-4

電話:03-6240-2703

| | コメント (0)

«移転後初 新橋「地鶏屋」2回目