トップページ | 2004年12月 »

2004年7月

島内観光 タイ・サムイ島、バンコク旅行記2004 その6

その5の続き。

サムイ3日目。
午前中は、パッケージに付いていた島内観光。
10時にホテル前を1BOXで出発。
参加者は我が家だけだったので、貸切状態。
滝を見たり、大仏を見たり、展望台に行ったり、島を時計回りにぐるっと一周して2時頃観光終了。

そこから夕方まで、またまたまたプール。
そして、またまたまた町に出て、またまたイタリアン。
一昨日とは違う「Vechia Napoli」。
遊び人っぽいイタリア人がやっている店でしたが、ここもよかった・・・
ワイン飲んで、ピザ食べて、パスタ食べて1,310バーツ(3,930円)。
いやぁ、サムイいいわ。

| | コメント (0)

プールでのんびり タイ・サムイ島、バンコク旅行記2004 その5

その4の続き。

サムイ2日目。
「何にもしないこと」が、今日の唯一の予定。

ビーチサイドにある居心地のよいレストランで朝食をとり、長男と2人で砂浜を散歩。
ヨーロピアンと思しき人達が砂浜をジョギングしてたりして、とってもリゾートっぽい。

国旗に興味がある4歳になったばかりの長男は、「あっ、ドイツ!」「イタリア!」「イギリス!」「大韓民国!」と、あちらこちらにある国旗に反応して興奮しています。
何かの本で読んだのですけど、ここサムイはドイツ人が開発したリゾートなんですって。
だからヨーロピアンが多いのかな?

午前中はプールでひたすらのんびり。

C0060651_23114070

お昼頃、妻がマッサージがしたいというので、ビーチに出てマッサージ屋へ。
値段を聞くと1時間で200バーツとのこと。
前年プーケットで受けたマッサージは300バーツだったので少しお得です。

合わせて、ドレッドヘアーのような細かい三つ編みもしてくれるようだったので、長女にしてもらいました。
三つ編み1本あたり10バーツ。
50本で1,500円くらいだからいいかな、と。

妻と娘をマッサージ屋に残して、私と息子はプール。
1時間後迎えに行くと、妻のマッサージは終了していたものの、長女の三つ編みはおばさんが3人がかりで作業中。
どう見ても50本くらいは出来ているのだが、まだ半分くらい。
娘はじっとしているのが限界になってきた模様。
30分ほど経ってやっと完成。

結局105本で、1,050バーツ(3,150円)。
思ったより時間もお金もかかりましたが、すごく手間がかかっていたので、それはそれで納得。
三つ編み105本の先に色とりどりのビーズがついていて、可愛く仕上がりました。

この後、ビーチサイドの屋台で昼食。
450バーツ(1,350円)。

またホテルのプールに戻り、夕方までゆっくりした後、夕食をとるために町へ。
名前は忘れましたが、タイ料理の店で夕食。
570バーツ(1,710円)。
安いねぇ。
今日はこれでおしまい。予定どおりのんびりできました。

その6に続きます。

| | コメント (0)

サムイ初日 タイ・サムイ島、バンコク旅行記2004 その4

その3の続き。

3日目。
ゆっくりホテルで朝食を取り、9時にホテルを出発。
ホテルで呼んでもらった普通のメータータクシーに乗り、ドンムアンへ。
料金は400バーツ(1,200円)。
何と、来たときの半額!

11時発のバンコクエアウェイズ(プロペラ機)に乗り、サムイ空港に着いたのは12時45分。
ちっちゃな、ちっちゃな、空港です。
ほとんどの建物に壁が無く、大きな「あずまや」のようなものが幾つかあるだけ。
よく言えば素朴、悪く言えばショボイ空港です。

予約していた迎えの1ボックスに乗り込み、チャウエン・リージェント・ビーチ・リゾートへ。

今回は公式HPに記載されていたパッケージ。
・デラックスルーム3泊
・朝食
・送迎
・島一周観光ツアー
・レイトチェックアウト

C0060651_12153994

これで、総額約65,000円。
我が家の標準からすると、ちょっと高かったかな。

1時半頃チェックインし、荷物を整理し、2時半からは恒例のプール。
プールに行ってちょっと驚いたのは、欧米(豪含む)系宿泊客の多さ。
プーケットに行っても、ランカウイに行っても、コタキナバルに行っても、中国系宿泊客が多かったのですが、ここは違いました。
この傾向はホテルだけでなく、サムイ全体の傾向だということは、この後チャウエンの町をブラブラしたときにわかりました。

C0060651_12364072

4時頃、ちょっと肌寒くなってきたところで部屋に戻りました。

6時頃、町へ
ネットで美味しいと紹介されていた「ラ・タベルナ」というイタリアンレストランへ。
タイ料理大好きな我が家が、タイでタイ料理以外を食べるなんてあり得ないと思ってましたが、サムイの町の雰囲気に負けました。
だって多いんですもん、イタリアンとかビアホールとかアイリッシュ風のパブとか。
親はいいけど、子供は毎日タイ料理だとちょっと飽きますし。
結果は大正解でした。

本格的なピザやらパスタやら色々食べて、ビールも飲んで1,260バーツ(3,780円)。
タイ料理だと考えると高いですが、日本でイタリアンを食べる事を考えれば安いです。
店員さんに一人日本語が少し話せる、子供好きな人がいてかなりリラックスできました。
オススメです。

その5に続きます。

| | コメント (0)

初ワット・アルンでびしょ濡れ タイ・サムイ島、バンコク旅行記2004 その3

その2の続き。

バンコク2日目(といっても前日深夜着なので実質初日)。
起床は8時。
ホテル(バンコク・マリオット・リゾート&スパ)内のレストランでビュッフェスタイルの朝食。

C0060651_1234926

ゆったり朝食をとったあと、プールを偵察。
バンコクにも関わらず、リゾートっぽい雰囲気があり、子連れの我々にはイイ感じです。

一旦部屋に戻り、支度をして再度プールへ。
このステップを踏まないと、次へ進ませてくれないんです(笑)
ここのプール、中国系の観光客が多かった・・・

午後はワット・アルン観光。
バンコク3回目にして、初ワット・アルン。
ホテルから無料の船でサトーンの船着場へ向かうのですが、前年に乗ったペニンシュラの船と比較すると・・・

・若干グレードが落ちる
・距離がある(サトーンまで15~20分くらい?)
・便数が少ない。時間を事前に確認する必要アリ。

てなとこですかね。

サトーンの船着場で事前に切符を買ってチャオプラヤ・エキスプレスに乗船。
親子4人で30バーツ(90円)。
やっすぅ~。
タイ大好き。

出航すると、オカマっぽい兄ちゃんが英語でガイドをしてくれるんですが、6歳の長女がコレに釘付け。

「このお兄ちゃん、何か変じゃない?」
「マイクの持ち方変わってるね」

感じるものがあるんですね、子供でも。

ワットアルンの対岸で船を降り、手近な屋台のような店で昼食。
カレーやら焼きそばやらシンハーやらを、適当に頼んで380バーツ(1,140円)。
ううん、やっぱりタイ大好き。

C0060651_13172742

渡し舟(8バーツ)でワット・アルンに渡ったあたりで、雨が降ってきました。
最初は小降りだったので何とか観光は出来たんですが、帰るころには土砂降り。
7月のバンコクは雨季なので、覚悟はしてたというもののすごい雨。
ワット・アルン境内のあずまやで、蛇使いの人と一緒に雨宿りするはめに。
サービスで大蛇触り放題でしたが・・・

結局ずぶ濡れになりながらホテルに戻り、入浴。
少し休憩してから、ホテルに隣接している商業施設に入ってるレストランへ。
タイ料理食ってビール飲んで660バーツ(1,980円)。
ホンマ、タイ大好き。

その4に続きます。


| | コメント (0)

深夜にバンコク到着 タイ・サムイ島、バンコク旅行記2004 その2

その1の続き。

2004年7月24日(土)、いよいよ出発。
子供がまだ小さいんで、我が家の成田への足はもっぱら車。
昼ごはんを家で食べて成田へ。
NEW USAパーキングに車を預け(9日間4,620円)、空港まで車で送ってもらいます。

空港で気をつけるのは、子供(6歳&4歳)をなるべく疲れさせること。
6時半出発で現地11時着の長丁場(約6時間半)やから、機内で夕食をとるやいなや寝てもらうのが理想ですわ。
ターミナル内にあるキッズランドで、プレーステーションをやらせたり、色んな飛行機を見に行ったりして、体力を消耗させたうえで搭乗です。

しかし、厳しいっスねぇ、ユナイテッドのセキュリティチェック。
まあ、しゃあないんですけど。
緩いほうがヤバイよな、この場合。

親の目論見どおり、子供は機内食を食べるとすぐ熟睡。
あとは楽勝。のんびりビールでも飲みつつ、タイの予習。

リゾートでくつろぐこと、美味しいものを食べることが目的なのはいつものこととして、今回は買物も大きなテーマの一つ。
現地でスーツケースを買って、それに雑貨やら何やらを満載して帰ってくるつもりなので。

現地時間で午後11時過ぎ(日本時間で翌日の午前1時過ぎ)、ドンムアン空港に到着。
グズる子供を起こして入国手続をし、タクシーカウンターへ。
聞くと、本日泊まるマリオット・リゾート&スパは、バンコクのかなり南の外れにあるため、普通よりちょっと高く、800バーツ(2,400円)かかるとのこと。
納得いかなかったものの、値切る元気もなかったのでそのまま乗車。
少し前に出来た高速道路で、40分ほど走るとホテル到着。

HISのクーポンを使い、チェックインしたものの、何せ真夜中。
真っ暗でホテルの様子が、よくわかりません。
とりあえず寝ようと思ったのですが、子供がすっかり目が覚めてしまい「お腹へった」(笑)
仕方なく「カオパッド(やきめし)」「パッタイ(やきそば)」をルームサービスで注文し、みんなで食べてから寝ました。
お代は450バーツ(1,350円)。
アジアはルームサービスが安くて助かります。

その3に続きます。

| | コメント (0)

準備編 タイ・サムイ島、バンコク旅行記2004 その1

2004年7月にサムイに行きました。
何故サムイなのか?

①子供が出来てから、アジアンリゾートの虜になった
 リゾート好きになったきっかけはハワイなんですけど、4人家族だと高くて・・・
②リゾートの中ではタイが好き
バンコク、ランカウイ、クアラルンプール、コタキナバル、プーケットと行きましたが やっぱりタイ料理が好きやということがわかった。
③ユナイテッドのマイレージで夏休みの予約が取れた
上の子が小学生になったので、安い時期に行けなくなってしまいました。
④7月のタイは基本的に雨季なのに、サムイは雨季じゃない
雨季はコタキナバルの旅行で経験済みとは言うものの、やっぱり晴れたほうがいいしね。

日程は以下のとおり。

1日目
夕方成田発のUA便で深夜バンコク着、マリオットリゾート&スパ泊。
2日目
バンコク観光。マリオットリゾート&スパ泊。
3日目
バンコク・エアウェイズでサムイへ。チャウエン・リージェント泊。
4日目
サムイでのんびり。
5日目
同上。
6日目
昼過ぎまでホテルでのんびりした後、レイトチェックアウトし、バンコクへ。コンラッド泊
7日目
バンコクで買物。コンラッド泊。
8日目
バンコクで買物。コンラッド泊。
9日目
早朝チェックアウト。ユナイテッドで夕方成田着。

日本で準備したのは、以下のもの。
・成田-バンコク間の航空券(マイレージ特典2万マイル×4人)
・バンコク-サムイ間の航空券(ネットで購入、6.3万円)
・マリオットリゾート&スパ(HISで予約、1泊1室1.1万円×2泊、朝食付)
・チャウエン・リージェント(公式ページのパッケージ、3泊6.5万円、朝食・送迎・島内ツアー付)
・コンラッド(HIS、1泊1室1.5万円×3泊、朝食付)

さあ、出発です。

その2に続きます。

| | コメント (0)

トップページ | 2004年12月 »