« 上海蟹初体験 神保町「咸亨酒店」初訪問 | トップページ | 伊豆半島ツーリングその1~熱川温泉「高磯の湯」 »

京都・中京区「料理旅館 天ぷら吉川」初訪問

京都の取引先の社長さんに、昼食をご馳走になりました。



京都、天ぷら「吉川」_c0060651_18335862.jpg

 

 

 

 

 

社長車のセルシオで向かったのは、富小路御池下ルにある「料理旅館 天ぷら吉川」。

「京都に来た!」という期待を全く裏切らないたたずまい。

こら一人では入れんわ。



暖簾をくぐるとコの字型のカウンターがあり、目の前で揚げてもらうスタイル。
12人も座ればいっぱいになる店内はすでに満席状態。

店「あら~、○○さん。奥で待っといてもらえますか」

常連らしき社長はずんずん奥へ進み、靴を脱ぎ、引き戸の向こうのスペースへ。
ここには旅館部分のロビーがあり、そこでお茶を飲みつつ待ちます。
さすが、京都。

5分ほど待ったところで声が掛かりました。


店「○○さん、席が空きました」

客層は年配の方が多く、落ち着いた雰囲気。
カウンターに座るとまず天つゆが配られます。

社「わしはここのあっさりした天ぷらが何とも言えず、好きですねん」
現「そうなんですね」



京都、天ぷら「吉川」_c0060651_18331018.jpg

 

 

 

 

 

海老登場。
揚げたて、アツアツ、うまうま。

現「御社の社員は皆さん挨拶の声が大きくて、気持ちいいですねぇ」
社「そうでっしゃろ。アカンやつは辞めさせますねん」

さすが社長、力強い。
この後、何品か出てフィニッシュ。

社「まだお腹大丈夫ですか?」
現「ハイ!」
社「このカウンターの上のこれとこれとこれ、ちょうだい」

京都、天ぷら「吉川」_c0060651_1835384.jpg

 

 

 

 

 

きす登場。

美味いっす。


京都、天ぷら「吉川」_c0060651_18361491.jpg

 

 

 

 

 

あなご&わかさぎ登場。

メチャ美味いっす。

すっかり満足。ご馳走さんです。
やっぱ京都は奥が深いわ。

 

料理旅館 天ぷら吉川

住所:京都市中京区富小路通り御池下ル

電話:075-221-5544

|

« 上海蟹初体験 神保町「咸亨酒店」初訪問 | トップページ | 伊豆半島ツーリングその1~熱川温泉「高磯の湯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海蟹初体験 神保町「咸亨酒店」初訪問 | トップページ | 伊豆半島ツーリングその1~熱川温泉「高磯の湯」 »