« チェコスロバキア旅行記1990その5~使いきれるか?970コルナ~ | トップページ | チェコ(スロバキア)旅行記1990その6~使い切るまで、あと711コルナ~ »

ビールの現場から~福島県会津若松市「洲魯花(すろうばん)」★5

012801仕事で仙台に行く用事があったので、帰りに以前から気になっていた
会津若松の「洲魯花(すろうばん)」に行ってみました。

会津若松駅を降りるとすっかり雪景色。
足元に気をつけながら駅前のホテルにチェックインした後、
タクシーで目的のブルワリーレストラン「洲魯花」へ。
醸造タンクを左手に見ながら2階へ上がるとそこがレストラン。

012806写真ではわかりませんが、座敷(!)もあります。
メニューを見て、今日のおすすめの「ブラットブルスト(焼ソーセージ)」1,500円と
ビール飲み放題(何と1,000円!)を注文します。
今日は6種類飲めるとのこと。
私の経験では、種類が多く飲める地ビールに外れは少ないため期待が膨らみます。

1杯目は勧められるままにメープルスタウト。
メープルシロップを使ってはいますが、ドライな仕上がりのスタウトです。
ギネスほど香ばしさが少なく、飲みやすいです。
★7

2杯目も勧められるままに「ベートーヴェン」と名付けられたウィーン風ダークラガー。
モルトの風味が美味しいです。
★8

3杯目は「花火」。会津米を使ったちょっと軽めのピルスナーです。
濃い目のビールが続いた後だったのと、
グラスサイズで量が少なかったこともあり、
あまり印象に残っていません。最初に飲めばよかった。
★5

ここで料理が残り少なくなったので追加でローストビーフロール(700円)を注文。

4杯目は黒糖をつかったアンバーエール「ゴブリン・グロッグ」。
ゴールディングホップを使った、英国風の味わい。
スコットランドで飲んだエールを思い出しました。
★8

5杯目は「バックウィットブラウン」。そばを使ったエールです。
そこはかとなくそばの風味はするものの、
それほど強くありません。
★6

最後は「ボック」。
モルトの風味がたっぷりの、とてもコクがあるビールです。
本日飲んだ6種類の中では一番これがお気に入り。
ホント、美味いっす。
★9

9時半過ぎたし、全種類飲んだし、そろそろ帰ろうかと思っていると、
ブルワーのシュルツさんが私のテーブルの向かいに座り、話しかけてくれました。
一人で来店して色々質問しながらメモをとりながら全種類飲むスーツ姿の私を見て
「何だこいつ?」と思ったんじゃないでしょうか。
基本的にすべて英語だったので、半分くらいしか理解できなかったのですが、
ブルワーの方と美味いビールを飲みながら色々な話ができて、大変楽しかったです。
シュルツさんの自信作、ベートーヴェンとボックをもう一杯づつ飲んで(完全に飲みすぎです)
タクシーでホテルに帰りました。

これだけ飲んで食べて、3,200円なんて信じられません。
私の「再訪したいブルワリーリスト」に加えさせてもらいます。

また行ってみたい度は★5
今年中にもう一回行くぞ!

|

« チェコスロバキア旅行記1990その5~使いきれるか?970コルナ~ | トップページ | チェコ(スロバキア)旅行記1990その6~使い切るまで、あと711コルナ~ »

コメント

よさそうですねー。しかも、安い! 最後の「ボック」、ホントうまそうですね、飲んでみたいです。

投稿: 不惑 | 2005/02/01 12:33

コストを考えるとかなりオススメです。
近くにゴルフ場もありますし、向かいに安い和風旅館も発見しました。
と、いう事は・・・雪さえ融ければ、いつでも「ゴルフ&ビール」ツアーが可能と言う事です。
是非!

投稿: beer-kichi | 2005/02/01 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビールの現場から~福島県会津若松市「洲魯花(すろうばん)」★5:

« チェコスロバキア旅行記1990その5~使いきれるか?970コルナ~ | トップページ | チェコ(スロバキア)旅行記1990その6~使い切るまで、あと711コルナ~ »