« サントリー・はなやか春生 | トップページ | ビールの現場から~静岡県富士宮市「バイエルンマイスタービール」~ »

チェコ(スロバキア)旅行記1992③~いきなりブラチスラバへ~

unoそんなこんなで、出発の日がやってきました。
成田からオーストリア航空でウィーンへ。
現地に着いたのは確か午後の3時過ぎ。
空港の売店でチェコスロバキアの道路地図を購入し、AVISで手続。
借りた車は一番安いクラスのフィアット・ウーノです。
ちっちゃいです。
ドアなんかペラペラです。

まず海外運転経験者(イギリスですが)である私がハンドルを握り、いざ出発。
右側通行に戸惑いながらも幹線道路に出て、一路スロバキアの首都ブラチスラバに向かいます。
最初は無我夢中だったのですが、30分ほど運転していると、だいぶ余裕が出てきました。

toblatislava私「そろそろ行きますか?」
K「行っちゃう?」

何のことかわかんないと思いますが、この会話を補足すると

私「(余裕も出てきたので、日本でこの旅行のために編集したカセットを)そろそろ行きますか?」
K「(そうやそうや、このために編集して20本も持ってきたテープのことすっかり忘れてた。景色もいい感じやし、そろそろ聞きたいなぁ)行っちゃう?」

ってことなんです。
いやぁ、それはそれは素晴らしかったですよ。
もともと洋楽系(特にイギリス系)が好きだったので、ヨーロッパの風景の中で聴く音楽は格別でした。
ところが、30分ほど聞いたあたりで異変が起きました。

キュルキュルキュル~・・・ガチャ!

wakameカセットが止まりました。
慌ててテープを取り出すと、テープがビロビロビロ~ッと。
テープが絡まったようです。
ボールペンを使って何とか取り出そうとしましたが、思うに任せません。

そうこうしているうちに国境が迫ってきました。
高速道路の料金所のような感じです。
ドイツ語で何か聞いてきてますが、よくわかりません。
とりあえずパスポートとAVISでもらった書類を全部渡しましたが、パスポートだけ必要だったようで、レンタカー関係の書類は返されました。
電車で越える国境と同様、パスポートに一通り目を通すとパスポートを返してくれ、国境通過です。

border「やったぁ!」
何とかなるとは思っていたものの、いざ越えると嬉しいモンです。
が、目を前方に向けるとまた同じようなゲートが。
どうもさっきのゲートはオーストリアの出国ゲートで、次にあるのはチェコスロバキアの入国ゲートじゃないですかね。
国境係官が何やらチェコ語で聞いてきましたが、まったくわかりません。
パスポートを渡して、英語で「I can speak only English.」とだけ言ってニコニコ笑っていると、「行け!」といった感じで手を振ってくれました。
今度こそ本当に国境通過です。

blatislava大きな川を越えると、ブラチスラバの町です。
初めての街中での運転です。
これまでの一本道とは違い、いきなり遭遇した交差点は五叉路です。
しかも路面電車あり。
さあ、どうする。

次回に続く。

|

« サントリー・はなやか春生 | トップページ | ビールの現場から~静岡県富士宮市「バイエルンマイスタービール」~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェコ(スロバキア)旅行記1992③~いきなりブラチスラバへ~:

» ウィーン [ウィーンについて]
ウィーンヴィーン(Wien)は、オーストリアの都市および州であり、同国の首都である。人口は約150万人。日本語では慣用的にウィーンと表記・発音するが、ドイツ語でのWの発音は正しくは [v] であり、ヴィーンと表記するため、ここでは正式な発音に従いヴィーンと記す。... [続きを読む]

受信: 2005/05/15 21:05

« サントリー・はなやか春生 | トップページ | ビールの現場から~静岡県富士宮市「バイエルンマイスタービール」~ »