« チェコ(スロバキア)旅行記1992 その1~はじめに~ | トップページ | チェコ(スロバキア)旅行記1992その3~いきなりブラチスラバへ~ »

チェコ(スロバキア)旅行記1992その2~いかにしてKはチェコ行きを決断したのか~

その1の続き。

 

同期入社のKがビール界に足を踏み入れたキッカケは、私と一緒に西馬込のビアハウスに行ったことでした。

私もKも色々なビールを飲み、ビールの奥深さに触れ、どんどんはまっていきました。

 

そんなこんなで1年が経ったころ、どちらからともなく「5月ごろ一緒にどっか(海外)行こっか?」てな話になり、「やっぱチェコかなぁ」
とKが言ったのがチェコにビールを飲みに行く直接のきっかけです。

(ここ大事です。私ではなく、Kが言ったんです。私が強引に誘導したわけではありません)

 

そんなこんなで決定したチェコ(スロバキア)・オーストリア旅行ですが、実施までには色々な困難がありました。

 

<困難1>情報が無い

今でこそインターネットで簡単に世界中の情報が手に入りますが、

当時はそんなもんありません。

主な情報源はガイドブックでしたが、

これだってビールのことについてはほとんど書いていません。

当時青山のマンションの一室に「チェコスロバキア観光局」があり、

そこに行ってパンフレットなんかを集めたりもしました。

それでも全然わからないので、結局は行き当たりばったりでした。

 

<困難2>車が借りられない

ウィーン国際空港でレンタカーを借りるつもりで、以前イギリスで借りたことのあるHertzに電話して予約をしたまではよかったのですが、念のため聞いた次の一言でひっかかりました。

 

現「チェコスロバキアにも行きますけど、いいですよね?」

ハ「チェコスロバキアに入国されるのであれば、お貸しできません」

 

ゲゲッ、です。

今回は車でまわること自体が目的の一つだったので、諦めるわけには行きません。

AVISに電話をしました。

 

現「チェコスロバキアにも行きますけど、いいですよね?」

エ「少々お待ちください・・・・チェコスロバキアについては、行ってはいけない国のリストには入っていません」

現「(まわりくどい言い方しよんなぁ)と言うことは、いいと言うことですね」

エ「ですから、行ってはいけない国のリストには入っていない、ということしか申し上げられません」

 

どうも、「自己責任」のようで、今思うと良く行く気になったな、と思います。

とは言え、貸してはくれるみたいなので一安心です。

 

<困難3>給油できない?

チェコスロバキア観光局でもらった、リーフレットの中に「Driving in Czechoslovakia(英語)」と題されたものがあり、あまりに今回の目的にぴったりなので、辞書を引き引き熟読したところ、次のようなことが書いてありました。

 

「チェコスロバキアでのドライブは、海外からの観光客にとって非常に魅力的である」

 

なるほど。

 

「何と、○○○○箇所のガソリンスタンド全国にあり、そのうち無鉛ガソリンを給油できるものが△△箇所もあります」

 

ん?無鉛ガソリン?

旧社会主義国では有鉛ガソリン車(東ドイツ製のトラバントなど)が主流だ、という話は聞いたことありましたが、そこまで無鉛ガソリンにやさしくないとは思いませんでした。

だってチェコスロバキア全土に数十箇所しかないんですよ、無鉛ガソリンスタンド。

1つスタンドを見逃すと、もうアウトって感じです。

でも行くことにしました。

根拠は無かったのですが、大丈夫な気がして。

 

でもこの辺の困難については、Kには事前には話しませんでした。

「ヨーロッパでドライブ?大丈夫やって、俺イギリスで運転したことあるもん!」

「チェコ語わからへん?余裕、余裕。俺一回行ったことあるもん!」

などとKには言って、安心してもらう事を第一に考えました。

だって正直に言ったら行かなくなりそうでしたから。

嘘も方便って言いますやん。

 

その3に続きます。

|

« チェコ(スロバキア)旅行記1992 その1~はじめに~ | トップページ | チェコ(スロバキア)旅行記1992その3~いきなりブラチスラバへ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェコ(スロバキア)旅行記1992その2~いかにしてKはチェコ行きを決断したのか~:

« チェコ(スロバキア)旅行記1992 その1~はじめに~ | トップページ | チェコ(スロバキア)旅行記1992その3~いきなりブラチスラバへ~ »