« 小江戸ブルワリー「狭山茶発泡酒」 | トップページ | ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール・驛の食卓」① »

ベアード「アングリーボーイ」@青葉台「地ビール厨房COPA」

横浜・青葉台の「地ビール厨房COPA」さんに行ってきました。
この日は雨だったせいか、いつもよりお客さんは少なめ。

05052401まず飲んだのはベアレンの季節限定「マイボック」の樽生。
(前回来たときはライ麦ビールでした)
色は見てのとおり褐色。
飲んでみるとかなりエキス分が強く、ホップ弱め。
アルコール度はあとで調べたところ7%とのこと。
さすが、濃いです。
いきなりと言うよりは、少ししっかりした料理と一緒に飲みたいかな。
これでも昨年の「マイボック」より飲みやすい、と店長。

05052402そしてヤッホーブルーイングの「よなよなアビィ」樽生。
2月に軽井沢で飲んだビールは美味かったなぁ・・・
色は見てのとおり、濃い目。
さて、一口。
ん?
何でしょう、知識が無いからだと思いますが、あまり嗅いだことのない香り。
あまり好みではありません。
今をときめくよなよなさんのビールを「美味い!」と言わないのはちょっと勇気がいりますが、
まぁ、私の好みですから勘弁してください。

05052403最後はベアードさんの「アングリーボーイ」樽生。
HPにはこうあります。
「これはブラウンエールだが、そのスタイルの枠から少 し外れている。標準的なスタイルよりもっとアルコール度数も高く、大胆で、ホッピィーで、複雑である。その名の通りどこかにアングリーな所を持っているのだ。口に含んだ時は甘く、大変しっかりしたボディなのだが 、後味は少しピリッとした苦味があり、アルコールの熱さも感じる。ちょっと怒った気分の日にはピッタリのビール」
確かにいわゆるブラウンエールよりはホップが効いていますが、ベアードさんのビールはどれもホップがびしびし効いているので、それらに比べると抑え目です。

来月沼津に行くときの楽しみが増えました。

地ビール厨房COPA
住所:横浜市青葉区しらとり台1-9 安藤ビル2F
電話:045-985-0037

|

« 小江戸ブルワリー「狭山茶発泡酒」 | トップページ | ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール・驛の食卓」① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベアード「アングリーボーイ」@青葉台「地ビール厨房COPA」:

« 小江戸ブルワリー「狭山茶発泡酒」 | トップページ | ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール・驛の食卓」① »