« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール・驛の食卓」①

05051902今回の「ビールの現場から」は横浜・桜木町にある横浜ビールが飲めるレストラン「驛の食卓」です。
私、横浜市民なのですが、初めての訪問です。

店に入るといきなり醸造タンク。
いくつかテーブルがありますが、この日は使われていませんでした。
階段で2階に上がるとかなり広い空間が。
結婚式の二次会とかにも使えそうな感じです。

続きを読む "ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール・驛の食卓」①"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

ベアード「アングリーボーイ」@青葉台「地ビール厨房COPA」

横浜・青葉台の「地ビール厨房COPA」さんに行ってきました。
この日は雨だったせいか、いつもよりお客さんは少なめ。

05052401まず飲んだのはベアレンの季節限定「マイボック」の樽生。
(前回来たときはライ麦ビールでした)
色は見てのとおり褐色。
飲んでみるとかなりエキス分が強く、ホップ弱め。
アルコール度はあとで調べたところ7%とのこと。
さすが、濃いです。
いきなりと言うよりは、少ししっかりした料理と一緒に飲みたいかな。
これでも昨年の「マイボック」より飲みやすい、と店長。

続きを読む "ベアード「アングリーボーイ」@青葉台「地ビール厨房COPA」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小江戸ブルワリー「狭山茶発泡酒」

05052903
川越の小江戸ブルワリーに行ったときに買った「狭山茶発泡酒」を飲みました。
ラベルを読むと
「お茶の効果を取り入れ、かつ従来どおり体に優しい酵母の生きた発泡酒で、爽やかな清涼感が広がります」
と書いてあります。

 

見た目は泡立ち少なめ。
色は泡が無ければまさにお茶。

 

飲むと確かに爽やかです。
でも、苦みも甘みもあまり感じません。
う~ん、僕の好きなビールではない、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~茨城県下妻市「ビアスパークしもつま」~

05052101ビール好きの友人Kと茨城県下妻市にある「ビアスパークしもつま」に行ってきました。
常磐自動車道谷和原ICで降りて、一般道を走ること1時間弱、ビアスパークしもつまに到着です。
ここは宿泊施設とビアレストランと立ち寄り湯が一体となっている施設で、地元ではそれなりに支持されている感じです(特にお風呂が)。
ツインルームにチェックインしてすぐ風呂へ。
立ち寄り湯としては露天風呂もあり、サウナもあり、平均的な感じでしょうか。
サウナに入ったりして、ビール飲みたい気分を十分盛り上げてからビアレストラン「パストレイク」へ。

続きを読む "ビールの現場から~茨城県下妻市「ビアスパークしもつま」~"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

レフブロンド@神田「シャンドゥソレイユ」

先週神田の「シャンドゥソレイユ」というベルギーレストランに行きました。

ベルギービールが樽生で4種類飲めることに加え、料理がとっても美味しいので、「ビールにはあんまり興味はないけど、美味しいものは食べたい!」という人を連れて行きつつ、自分も満足できる使いでのあるお店です。

1杯目はヒューガルテン(画像なし)。

C0060651_13505210

ムール貝のエスカルゴバター風味。

美味そうでしょう。

2人だったのでハーフで十分。

貝だけでなく、スープもパンに浸して残さずいただきました。

 

05051701

2杯目、ステラアルトワ。

さすがベルギーレストランですね。

ボディがしっかりあって美味しいです。

 

C0060651_1355393

ウサギのグーズ煮込み。

 

05051704

3杯目がデュカシス。

かなり色が濃いです。

カシスだけあってフルーティですが、過剰ではなくいい按配です。

 

C0060651_13563611

ホワイトアスパラガスの温製フランドル風。

生のホワイトアスパラガスに、焦がしバターとゆで卵のソースがかかっています。

ホワイトアスパラというと缶詰のグニュグニュとした食感のものを思いうかべる方が多いのではないかと思いますが、これは「生」のホワイトアスパラです。

しゃきしゃきとした食感ですが、とても美味しいです。

季節モノらしいので、食べたい方は急げ!

 

05051705

4杯目、レフブロンド。

ボディのしっかりしてるのに、飲みやすい。

ホント美味しいです。

どちらかというとベルギー派ではなくチェコ・ドイツ派なんですが、こういう美味しいビールを飲むと、さすがベルギー!って思ってしまいます。

 

C0060651_1403940

ご存知、エスカルゴ。

いやぁ、どの料理も実に美味しかった。

 

シャンドゥソレイユ
住所:千代田区内神田1-10-6
電話:03-5281-0333

続きを読む "レフブロンド@神田「シャンドゥソレイユ」"

| | コメント (8) | トラックバック (2)

カンティヨン@浜松町「AGOO」

新橋「ビアライゼ’98」に行ったあと、歩いて浜松町「AGOO」に行きました。
ここは一度訪問したことのある下高井戸「海晴亭」の姉妹店です。
店内は11時過ぎにもかかわらず、我々2人が座るともう満員。
結構繁盛しているようです。

まずはヒューガルデン。
次はレフの樽生といきたかったのですが、品切れだったため断念。
仕方が無いので、以前ブリュッセルに行ったとき「現場」に行った事がある「カンティヨン」をオーダー。
05051206いやあ、久しぶりに飲んでビックリです。
酸っぱいですねぇ。
半端じゃないです。
万人にオススメできないタイプ。

「ビアライゼ’98」でしこたま飲んだ後なので、この辺で失礼しました。

AGOO
住所:港区芝大門2-4-5 杉原ビル1F
電話:03-3432-1535
05051205AGOO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパープレミアムモルツ

05050903家でスーパープレミアムモルツを飲みました。
このビールは一般発売になる前(15年くらい前)に飲む機会があった、私としては思い入れのあるビールです。
当時サントリーの府中工場では「ビール大学」というイベントが行なわれていて、
①ビールの作り方を教えてもらう
②工場見学をする
③技術者の方と歓談しながら試飲する(軽食付)
④記念写真と卒業証書とテレホンカード(500円分)をもらう
という盛りだくさんの内容で、何と2000円。お得でしょ。

もうだいぶ昔のことなので覚えているのはサントリーの方が言っていた
「モルツでも工場によって水が違うので味が違う。もちろん僕はその違いがわかる」
という発言と、特別に飲ませてもらったスーパープレミアムモルツの美味しさでした。
当時ヨーロッパのビールにかぶれていた私が
「日本のビールって美味いやん」
と思い始めたキッカケになったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

またまた新橋・ビアライゼ'98

05051201
吉「ちょっとご無沙汰してた新橋のビアライゼ行ってきたで」
熊「あの、ビール注ぎ名人のおる店やろ」
吉「そやそや。相変わらず美味かったで」
熊「何か、看板のデザイン変わってへん?」
吉「俺もそんな気するなぁ」

続きを読む "またまた新橋・ビアライゼ'98"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

またまた洗足「PANGAEA(パンゲア)」

吉「また行ってもうたぁ洗足のPANGAEA(パンゲア)」
熊「またかいな。帰り道でもないのに、わざわざよう行くな」
吉「雰囲気が好きなんかなぁ。葉巻の匂いもエエしな」
熊「ご苦労なこっちゃ。で、また飲んだん?フランツィスカーナー」
吉「いや、フランツィスカーナー終わってて、BLACKTHORNのシードル飲んでん。見てこれがサーバーの写真」
05051004CIDER
熊「知らんなぁ。どこのビールや」
吉「それがビールちゃうねん。シードル」
熊「シードルってなんや」
吉「アップルサイダーみたいな感じかな」
熊「何やわざわざ洗足行ってサイダー飲んでどないすんねん」
吉「これでもアルコール6%くらいあるんやって。マスター曰くイギリスのパブには大抵シードルあるらしいで」
05051003CIDER
熊「で、美味しかったんかいな?」
吉「サイダーやった」
熊「なんじゃそら」

PANGAEA(パンゲア)」
住所:東京都品川区小山7-16-3
電話:03-3782-7699

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABBOT ALE(アボット・エール)@神田「THE Jha BAR」

05051002ABBOTALE吉「こないだDe Koninck(デ・コーニンク)を飲んだとき、一緒に飲んだのがコレ」
熊「おお、アボット・エールかいな。美味しかった?」
吉「美味しかったで。イギリス行ってパブ行ったときのこと思い出したわ」
熊「へぇぇ、イギリス行ったんや」
吉「行ったでぇ。最初に行ったんは学生時代かな。そんときは別にビールは別に好きやなくて・・・」
熊「ところで奥さん元気?」
吉「人の話、聞けや!!」

 

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

 

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ「富士山」&「Kilkenny」@横浜「The GReen Sheep(グリーンシープ)」

横浜の東急ハンズのすぐ近くにあるアイリッシュパブ「The GReen Sheep(グリーンシープ)」に行きました。
05050601

 

 

 

 

アサヒの「富士山」。


05050603

 

 

 

 

Kilkenny(キルケニー)。

アサヒ「富士山」が飲めるのは珍しいですね。

店はわりと広く、大きなスクリーンでサッカー中継をやったり、ライブをやったりするようです。

行かれる方はスケジュールをチェックしてから行かれるといいかも。

カウンターからお客さんが埋まるいい感じの店です。

この店で私が一番気に入ったのが「フィッシュ&チップス グリーンシープスタイル」。

フィッシュはタラではなく、チップスはポテトではありません。


写真では、何がなんだかですが、フィッシュがわかさぎで、チップスがごぼう。

最初聞いたときは「ごぼう?」と思いましたが、コレが美味しいんです。

一度食べてみてください。

 

05050604「The GReen Sheep(グリーンシープ)」
住所:横浜市西区南幸2-10-13
電話:045-321-0950

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

富士吉田キャンプ&ビール旅行記2005その5 忍野八海「天祥庵」

その4の続き。

 

ちょっと前のことになりますが、キャンプに行った帰り道、山中湖ICの近くにある忍野八海「天祥庵」に行きました。

青葉台のお店「地ビール厨房COPA」のマスターが、「美味しいそば屋が忍野八海にあります」と言っていたのが直接のきっかけです。

 

テントの撤収をして、お店に到着したのが11時半ごろ。

道路から急な坂道を少し登ったところにお店はあります。

05051501

ちょっと農家風でいい感じ。

店内は結構広いのですが、半分くらい席が埋まっています。

さすが、有名店。

05051502

 

焼味噌と薬味。

05051503

 

続いて「ぶっかけ」1,312円。


忍野八海「天祥庵」_c0060651_6484619.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべて「ぶっかけ」たところ。

 

「そば派」か「うどん派」かと言われれば「うどん派」なので、他のそばとの比較はできませんが、とっても美味しいです。

ほんとに辛い「辛味大根」のそばも美味しいらしいです。

次回はそちらをトライしてみます。



「天祥庵」

住所:山梨県南都留郡忍野村忍草2848-2

電話:0555-84-4119 

| | コメント (0)

富士吉田キャンプ&ビール旅行記2005その4 ヴァイツェン飲み比べ

その3の続き。

 

「紅富士の湯」から帰ってきて、夕食の準備。

05051406

ダッチオーブンで、スペアリブと野菜をトマトソースで煮込んでます。

05051408

いい感じ。

これがあるからキャンプはやめられません。

 

夕食を食べながら、ヴァイツェン飲み比べ。

05051409

両方を「現場」で飲んだ印象では、小江戸≧富士櫻という感じでしたが、いざこんな感じで飲み較べて見るとほぼ互角。

05051410

ではありますが、フルーティさで富士櫻の勝ち!でした。

あくまで個人的なもんですけどね。

 

その5に続きます。

| | コメント (0)

富士吉田キャンプ&ビール旅行記2005その3 紅富士の湯

その2の続き。

 

2日目のお昼ごはん。

05051401

ラム肉を使ったカレー。

ルーは「こくまろ」、チャッチャッと作った割には美味しかったです。

昨日のシャワーが不評だったので、夕食前に近くの立ち寄り湯に行くことにしました。

行ったのは「紅富士の湯」。

お風呂はこんな感じ。
PICA富士吉田②_c0060651_12293452.jpg

 

 

 

 

午後5時頃行ったんですが、すごい人。

大人700円という値段設定がリーズナブルだからか、山中湖の近くという場所がいいのかわかりませんが、大人気です。

もちろん「お風呂に入れない」なんてことはないんですけどね。

天気がよければ富士山が見えるらしいのですが、この日は残念ながら見えず。

6時過ぎまでいて、体の芯からあったまりました。

あと、行かれる方はタオルを用意していったほうがいいです。

備え付けていないので。

 

その4に続きます。


「紅富士の湯」

住所:山梨県南都留郡山中湖村山中865-776

電話:0555-20-2700

| | コメント (0)

富士吉田キャンプ&ビール旅行記2005その2

その1の続き。

 

富士桜の「現場」からPICAに戻って寝る支度。

PICAの良いところの一つが「お風呂がある」こと。

キャンプをしない人から見たら「ええっ、風呂がないところもあるの!!」って感じかもしれませんが、コインシャワーがあれば及第点、というのが一般的なキャンプ場ではないでしょうか。

ワタシ的にはシャワーだけでも全然平気なのですが、妻や子供はやっぱりお風呂があるほうが全然いいみたい。

 

で・す・が・・・

現在PICA富士吉田はリニューアル工事中のためお風呂が使えません。

シャワーしかないそうです。

このことは前日に気がつきました。

ショォォォック!

とは言え、それだけでキャンセルするのもイマイチなので決行しましたが、結構寒いんですね富士吉田。

夜は7~8度くらいだったので、シャワーでは狭いし寒いし大不評。

05051309

焚き火で暖まりました。

 

その3に続きます。

| | コメント (0)

富士吉田キャンプ&ビール旅行記2005その1 ビールの現場から~山梨県南都留郡富士河口湖町「SYLVANS(シルバンズ)

富士吉田と西湖にあるPICAは我が家のお気に入りキャンプ場。

3年前に横浜に来てから、もうかれこれ10回以上は行ってます。

サイトはそこそこ広いし、キャンプ場にしては清潔だし、お風呂があるのも魅力です。

それに何といっても東名を使えば家からキャンプ場までたったの2時間!


今回行ったのはPICAの中でも富士吉田。

西湖に比べれば少し初心者っぽい人が多いかな。

「ハッピーフライデー」という、オートキャンプサイトであれば金曜日分がタダになるプランを利用したため、金~日の2泊で費用は約4,000円

設備が充実してる割にはリーズナブルなんじゃないでしょうか。

というわけで、金曜日の午後会社を休み、午後3時に横浜を出発。

午後5時にPICAに到着、設営開始。

05051402pica

午後7時に設営を終了し、車で3分ほどのレストラン「SYLVANS(シルバンズ)」へ。

05051301silvans

富士櫻高原麦酒が飲める「現場」です。

 

05051302

1杯目は、大好きなヴァイツェン。

相変わらず美味しいですが、ちょっと今日は香りが弱いような・・・

★8

 

05051305

2杯目、ピルス。

適度に苦くてさすが、美味しいです。

★7

 

05051308

3杯目はラオホ。

今日はラオホが美味しかったですねぇ。

燻製ビールですからクセがないと言えばウソになりますが、

香ばしさと甘さと苦さが絶妙なバランスです。

受賞は伊達じゃないですね。

★9

そして4杯目は季節限定のさくらボック、と言いたいところですが、この日は品切れ。

勘弁してくれぇ。

わざわざ来たのにぃ~。

 

料理も美味しかったです。

05051303

大豆三昧という料理。

05051304

朝霧ヨーグル豚のスモークロースト。

05051307

筍とアンチョビのピザ。

また行きたい度:★4

 

その2に続きます。

 

「SYLVANS(シルバンズ)」

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1

電話:0555-83-2236

続きを読む "富士吉田キャンプ&ビール旅行記2005その1 ビールの現場から~山梨県南都留郡富士河口湖町「SYLVANS(シルバンズ)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

De Koninck(デ・コーニンク)@神田「THE Jha BAR」

吉「やぁもうけもうけ」
熊「どないしたんや、嬉しそうやな」
吉「神田のTHE Jha BARって知ってるやろ。あそこで思いがけずデ・コーニンク(De Koninck)の樽生飲めたんよ。こんなヤツ」
05051001DEKONINCK
熊「おお、うまそうやな」
吉「うまかったで。色はちょっと赤めで、ボディしっかりな感じがするわりに飲むと意外にきりっとしてて」
熊「デ・コーニンクってボトルやと熱処理されてるらしいけど、樽生やとされてないらしいで。ベルギービールJAPANさんの受け売りやけどな。その辺違いわかった?」
吉「んなもんわかるかいな。・・・そんなことわかってたらボトルと飲み比べるんやった・・・」
熊「まあ、そんなに落ち込むなや」
吉「よし、今度行ったら飲み比べるぞ!」
熊「何かもう売り切れらしいで」
吉「まじっ・・・・。ところで、お前、何者?」

 

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

 

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~埼玉県川越市・小江戸ブルワリー~

05050501新潟ビアライゼ報告第四弾は、5月5日に行った埼玉県川越市にある「小江戸ブルワリー」です。
えっ新潟ちゃうやん、って。
そうなんです。
最初は湯沢あたりで昼食を食べてから帰ろうかと思ってたんですが、GW帰省ラッシュの凄さに恐れをなし、早めに出発して川越までやってきた次第。
新潟・長岡を8時半に出て、東松山ICを降りたのが10:50。
交通量はだいぶ増えてきてましたが、渋滞にははまらずにすみました。

それはそれとして、ココ、小江戸ブルワリーは3回目の訪問。
たくさん種類があるので、今まで全種類飲めたためしがありません。
いくら妻に運転してもらうって言っても、昼から飲むには限界があります。
(子供もいますし・・・)
今回も8種類ある中、飲めたのは6種類。
ヴァイツェン、ディンケル(デュンケルではない)、サツマイモラガー、№1(ピルスナー)、伝説のビール職人、季節限定(ストロベリー)の6つ。

 

まずは定番のヴァイツェン(左)と珍しいディンケル(右)。
05050503
まずはヴァイツェンから。
とっても綺麗な黄色です。
バナナの香りがします。
添えてあったレモン無しでまず一口。
おいし~~い。
素晴らしく爽やか。
レモンを絞ってもう一口。
さいこ~。
外で飲ませてくれ~、って感じですね。
★9

 

そしてディンケル。
ディンケル麦という古代小麦を使用したビールだそうです。
日本ではここにしかないそうです。
色は少しだけ濃い目。
ダークラガーといった感じかな?
小麦とあったのでヴァイツェンと飲み比べましたが、あんまり小麦な感じはしません。
★7

 

そして、サツマイモラガー(左)。
05050505
色は濃い目です。
サツマイモはサツマイモでも焼き芋を使っているらしい。
アルコール度は7%もあります。
ちょっと甘め。
香ばしい感じがいかにも「焼き芋!」って感じですね。
★7

 

次が季節限定醸造のストロベリー(右)。
05050506
色はかなり薄いです。
う~ん、味も薄いですね。
確かにイチゴの味はしますが・・・
うすいイチゴジュースに炭酸を加えた感じですね。
★2

 

そして、№1と伝説のビール職人。
05050507
缶で売ってるので飲まれた方もいらっしゃるかと・・・
いやいや両方ともうまいです。
だいぶ酔っ払ってきたので、違いが分かりづらかったのですが、
№1の方がホップのキャラクターが前面に出ていて、
ビール職人のほうが少しボディがしっかりしてますかね。
2つとも、ほんといいビールだと思いました。
★9(2つとも)

 

全種類飲めなかったことも心残りですが、
ヴァイツェンと№1とビール職人を1杯づつしか飲めなかったことが残念です。
いやぁホント、美味しかった。
川越はちょっと遠いので、今度は横浜に飲みに行きますかね。
今度は家族抜きで。

 

また行ってみたい度★5

 

05050502
「小江戸ブルワリー」
住所:埼玉県川越市福田59-1
電話:049-228-0800

| | コメント (8) | トラックバック (1)

イタリアン 銀座「ISOLINA」※現在は閉店

先日ある打ち上げで、銀座・交詢ビルの裏にある「ISOLINA」に行ってきました。

C0060651_1039821

集合時間は7時。

私は定刻に着いたんですが、連れが誰も来ません。

とりあえずビールを飲みながら待つものの、周りは女性客が中心でほぼ満席。

サラリーマンが一人、ビール飲みながら待つのはかなりつらい雰囲気。

20分くらい待ったところで電話が。

「ごめん、今横浜。もうちょっと遅れる」

マジで!

で、他のメンバーは?

連絡も無いってどういうこと?

 

最初の一人が来たのが7時45分。

全部そろったのが8時半。

どないなってんねん。


腹立ったので、美味そうなワインをがぶ飲みしました。

料理ですか?美味しかったですよ。


写真は羊ですかね。

みなさん、時間は守りましょう。

| | コメント (0)

ビールの現場から~新潟県三島郡寺泊町・日本海夕陽岬ビール~

新潟ビアライゼ報告第三弾は「魚のアメ横」で有名な寺泊にある「日本海夕陽ブルワリー」です。
長女を連れて初めて行った外食がココでした(1998年)。
懐かしいなぁ・・・

特段美味しかった記憶もなかったので、再訪することもなかったのですが、その後インターナショナルビアコンペティション(IBC)やら、ジャパンビアカップ(JBC)やらを受賞している模様。
これは再訪せねば、てなわけで訪れた次第です。
05050401
到着したのは5月4日の11時半くらいでしたが、店内ほぼ満員。
かなり期待できます。

続きを読む "ビールの現場から~新潟県三島郡寺泊町・日本海夕陽岬ビール~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~新潟県西蒲原郡巻町・エチゴビール②~

「濃い」ヴァイツェンはいいとしても、「濃い」ペールエールに納得できないところまでが前回

どうしても納得できないので、先ほど聞いた女性の店員と違う店員(男性)に聞きました。
私「すいません、これってペールエールですか?ちょっと色が濃いような気がするんですけど」
男「ペールエールですよ」
う~ん、やっぱりそうなんかなぁ。

てなわけで、色を比べるためにアンバーエールを頼みました。
05050305paaa
確かに右の方が色が濃いですが、グラスの形によるような気もするし・・・
微妙やなぁ。
飲んでみると、ほとんど同じような感じ。
やっぱりこの(仮)ペールエールはアンバーエールだよなぁ。

続きを読む "ビールの現場から~新潟県西蒲原郡巻町・エチゴビール②~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~新潟県西蒲原郡巻町・エチゴビール①~

新潟ビアライゼ報告第二弾は、栄えある地ビール第一号「エチゴビール」です。
ここを訪れるのはもう何回目でしょう。
10回くらいにはなりますかね。

日本全国そうだったようですが、天気サイコーです。
05050301

続きを読む "ビールの現場から~新潟県西蒲原郡巻町・エチゴビール①~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~新潟県南魚沼市・八海山泉ビール

新潟ビアライゼ報告、第一弾は5月2日に訪問した八海山泉ビールです。
関越自動車道六日町ICから車で10分、魚野川沿いにブルワリーレストランはあります。

 

遠くに雪山が見え、桜が咲き、とても美しいところです。
05050201

 

 

続きを読む "ビールの現場から~新潟県南魚沼市・八海山泉ビール"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ただいまエチゴビール

ただいまエチゴビール

写真はヴァイツェンです。にぎわってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブリュノー「トラディショナル」樽生@神田「THE Jha BAR」

05042701先日の「サンマルタン」に続いて、先日は「トラディショナル」。
ググったり本で調べたりしても、よく分からない銘柄です「トラディショナル」。
とりあえず、飲んでみるしかないでしょ。

 

色はアンバー。
「サンマルタン」と比較すると、苦味が強くてより私好み。
いやいや美味しいです。

 

私「美味しいですね、これいつまで飲めるんですか?」
マ「GW明けにはアボットエールに変わっちゃいますねぇ」
私「そうかGW明けかぁ・・・・・ってもうこられへんがな!」

 

もう1回ぐらい飲みたいなぁ。
ブラッセルズさんあたり行ったら飲めるんかな?

 

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

 

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »