« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

大阪・鶴橋「The doghouse inn(ザ・ドッグハウス・イン)」

05101903doghouseinn大阪遠征の2日目。
玉造の「和料理正道」さんで、大阪時代の先輩と食事をする予定なのですが、その前に少しだけ鶴橋の「The doghouse inn(ザ・ドッグハウス・イン)」さんへ。

続きを読む "大阪・鶴橋「The doghouse inn(ザ・ドッグハウス・イン)」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」③

の続きです。

もう閉店時間の12時です。
私「そろそろ閉店ですよねぇ?」
店「まだエエですよ!」
私「ホンマですか!!じゃあ、あと2杯だけ(←2杯も飲むんかい!)」

エエお店です。
店の人、関西弁やし(←当たり前)。

さて、4杯目。
05101819realalestout
リアルエールスタウトです。
甘さと苦さがイイ感じでバランスしてるスタウトですね。
美味いな、これも。
★8

そして、とうとう5杯目。
05101820
カベルネ・エールです。
その名のとおり、カベルネ・ソーヴィニオン使用。
う~ん、やっぱりこれ系は苦手やなぁ。
スンマセン。
★5

いやぁ、とってもいい店でした。
実は昔AJIビアさんは飲んだことがあって、ぶっちゃけ苦手やったんですけど。
だいぶ変わった印象でした。
しかし、前の職場の激しく近くにこんな店が出来るなんて、何か悪いことしたかな俺?
値段も、ほとんど500円前後!
東京では考えられません。
ホンマ大阪の人が羨ましい。

また来よ。

BEER BELLY
住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F
電話:06-6441-0717

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」②

箕面のAJIビアを飲みにはるばる大阪まで来たのに(と言っても出張ついでですけど)、いきなり富士桜のヴァイツェンを飲んでしまったとこまでが

気を取り直して、2杯目。
05101816IPA

IPA(インディア・ペール・エール)です。
普段はペール・エールなんだそうですが、この時はIPA。
もちろんAJIビアです。
美味いなぁ。
カスケードホップの香りがいい感じ。
爽やかな苦味が印象的な、オーソドックスな感じのIPAです。
★8

ここでおつまみ紹介。
05101817
目の前でスライスしてくれるスペイン産の生ハム。
塩加減が、ビールに良く合います。

ふと気が付くと、お客さんは私だけ。
閉店時間も近づいてきました。
早よ飲まな。

3杯目。
05101818darklager
ダークラガーです。
ジャンルとして好きなんですよね、濃い目のラガー。
期待できます。
美味いなぁ、期待どおり。
後味に残る香ばしさがステキ!
★9

エエなぁ、もっと飲みたいなぁ。
でもそろそろ閉店時間やし、帰らなアカンかな・・・
飲みたいなぁ。

へ続く。

BEER BELLY
住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F
電話:06-6441-0717

| | コメント (2) | トラックバック (1)

初訪問! ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」①

ぽた郎さん達と別れた後、四つ橋線に乗って「肥後橋」まで来ました。
ここは以前大阪勤務時代に働いてた場所、懐かしくてつい・・・というわけではありません。
ここにも新しく出来た「ビールなお店」があるんです。
いや、「現場」といってもいいくらいです。
なんせ箕面の「AJIビア」さんの直営店ですから。
05101813beerbelly
地図で大体わかってはいましたが、実際行ってホンマ腹立ちました。
メッチャクチャ近いじゃないですか、以前の大阪時代のオフィスと。
この辺昼飯食いに来てたっちゅうねん!
こんな近かったら毎晩寄れるっちゅうねん!

スイマセン、ちょっと熱くなってしまいました。

入ると先客が2組いましたが、カウンターが空いていたので無事着席。
せっかく来たンやから全部飲みたいし、閉店まで1時間もないし、さっさと頼まんと・・・
05101814menu
って、飲めるかい全部!
多いっちゅうねん!
いや、完全に怒るポイント間違えてますけどね。
多いのは嬉しいんですけど、つい。

どれにしよっかなぁ・・・じゃあ(俺の)セオリーどおりヴァイツェン!
05101815weizen
来ました、来ました。
ゴクリ。
ん?美味いけど、どっかで飲んだことある味に似てるなぁ・・・

店「あっ、今日のヴァイツェン、富士桜高原ビールっていうところのなんです・・・」
私「えっ!」

んんんんじゃそら!
富士桜のヴァイツェン、美味いけど、好きやけど、それ飲みに来たんちゃうぞぉ~!
はよ言うてくれぇ~!
時間も肝臓の余力も残り少ないんやぞぉ~!

さあ、どうする、どうなる現場主義者?
波乱のへ!(ウソ)

BEER BELLY
住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F
電話:06-6441-0717

| | コメント (4) | トラックバック (2)

大阪・本町「麦酒食堂Beer&Bear」②

の続きです。
ビール飲むところからでしたね。
05101806weihenstephanfest
メモを無くして、記憶が曖昧なのですが、確かヴァイエンシュテファンのオクトーバーフェスト。
すいません、忘れました。

2杯目は憶えてます。

続きを読む "大阪・本町「麦酒食堂Beer&Bear」②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・本町「麦酒食堂Beer&Bear」①

先週のことですが、大阪出張(2泊)のついでに、幾つか「ビールなお店」に行ってきましたので、これから何回かにわたってご報告します。

まずは「麦酒食堂 Beer&Bear」さん。

ここは、私が大阪から転勤した2002年にオープンしたお店なので、残念ながら未訪問
機会があれば行きたいなぁ、と思っていたところ、洗足のPANGAEA(パンゲア)で偶然お会いしたぽた郎さんがよく行かれるとのこと。
渡りに舟、と現地で待ち合わせをして、ご一緒させていただくことにしました。

続きを読む "大阪・本町「麦酒食堂Beer&Bear」①"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Pilsner Urquell(ピルスナー・ウルケル)樽生@本郷「Tail's Ale House(テイルズ・エール・ハウス)」②

の続きです。
お待たせしました。

今度こそPilsner Urquell(ピルスナー・ウルケル)です。

ジャーン!
05102002pilsnerurquell1

メチャ美味そうちゃいます??
これこそ黄金色!

また、このジョッキがいいんですよ。
重さといい、ロゴのエンボスの感じといい・・・

もうこの時点でKOされかけましたが、心を落ち着けて一口。

「今まで日本で飲んだどんなウルケルより美味い!」

まず素晴らしいのがこの色。
そしてしっかりしたモルトの風味。
でもガンガンいける飲みやすさ。
さすが樽生!さすが空輸!

とは言えやはり「現場」ではないので、満点ではありません。
泡ももっとフワフワのような気がしますし、香りももう少し強かったような・・・
あと量が多いとは言え、1杯1400円・・・・・高いと言えば高いです。

でもでも、ウルケルを日本で飲み続けて15年の私からみて、やはり最高のウルケルだと思いますし、値段も空輸等のコストを考えると大赤字らしいです。

ホント店長のOさん、輸入されたYさんには感謝感謝です。
心意気がいいですね、このお店。

2杯目。
05102003pilsnerurquell2

3杯目。
05102004pilsnerurquell3

何か、ピルスナーウルケル写真集みたいになってきましたので、この辺で。

そうそう、樽生、空輸の証拠写真を。
05102005keg

「Tail's Ale House(テイルズ・エール・ハウス)」
住所:文京区本郷1-33-9
電話:03-5684-8008

| | コメント (10) | トラックバック (1)

Pilsner Urquell(ピルスナー・ウルケル)樽生@本郷「Tail's Ale House(テイルズ・エール・ハウス)」①

去る10/20にPilsner Urquell(ピルスナー・ウルケル)の樽生を飲んできました。
美味しかったですよ。

ってそれだけかい!
空輸やで、空輸!
赤道2回も通る船便ちゃうで!

ハァハァ・・・ちょっと力が入りすぎてしまいました。
落ち着きましょう。

ウルケル樽生といえば、最近だと6月頃札幌でのイベントで飲めたらしいのですが、札幌なのでさすがに行けず。
今回は以前当ブログで紹介した本郷のテイルズ・エール・ハウスさんから「入った」との連絡をいただき、開栓翌日にお邪魔しました。
(ホンマは開栓日に行きたかったのですが、その日は大阪にいたので・・・)

店に入ったのは18時半。
チェコ旅行にも同行したKも合流し、いよいよです。

続きを読む "Pilsner Urquell(ピルスナー・ウルケル)樽生@本郷「Tail's Ale House(テイルズ・エール・ハウス)」①"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝ドイツ・ワールドカップ!~有楽町「JSレネップ」ドイツ料理

来年のワールドカップ開催を記念して(?)、有楽町のドイツ居酒屋「JSレネップ」に行ってきました。
ここって昔は確か「シュタインハウス」と言う名前でやっていた気がしますが、いつからか現在の名前に。
「有楽町のガード下にドイツ料理屋あったな?」くらいのいい加減な記憶で行くと、入れる確率は50%。
なぜなら、お隣もドイツレストラン「バーデン・バーデン」。
05100601badenbaden05101306js
左が「バーデン・バーデン」、右が「JSレネップ」。
う~ん、実に紛らわしい。

有楽町から行くと手前にあるのが「バーデン・バーデン」。
ビール的にはホフブロイハウスの樽生が飲めるのが特長。
そして「JSレネップ」はエルディンガー、ビットブルガー、ケストリッツァーの樽生が飲めます。

この日はどうしてもエルディンガーが飲みたかったので、「JSレネップ」に決めました。
と、言いたいところですが、違います。
結局決め手は、プレッツェルの大きさ。
「JSレネップ」の方が大きそうだったので・・・

入店すると結構満員。
ワールドカップ効果かな?(←違うと思う)
05101305js

さて、ビール。
1杯目はエルディンガーです。
05101301erdinger
そして2杯目はエルディンガー。
3杯目もエルディンガー。

何でかって?
だってキャンペーンやってて、3杯飲んだらグラスくれるって言うから・・・
05101307erdingerglass

料理はこんな感じでした。
0510130305101304

どなたか何でこんなこと(ガード下にドイツ料理2軒)になったのか、教えてください!

「JSレネップ」
住所:千代田区有楽町2-1-8
電話:03-3595-0417

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~長野県・駒ヶ根市「南信州ビール」②★5

の続きです。

ここで料理を追加。
05101112
おつまみソースカツです。
ここ、駒ヶ根は「ソースカツ丼」で有名なところですから、期待に違わず美味しかったです。

続きを読む "ビールの現場から~長野県・駒ヶ根市「南信州ビール」②★5"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビールの現場から~長野県・駒ヶ根市「南信州ビール」①★5

南信州ビール」を飲みに、長野県駒ヶ根市まで行ってきました。
ここに来るのは3度目ですが、前回訪れたのはもう6年くらい前。
しばらくぶりです。
05101103

続きを読む "ビールの現場から~長野県・駒ヶ根市「南信州ビール」①★5"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

キリン・ハートランド@神田「洋風居酒屋たちばなや」

会社の先輩と神田の「洋風居酒屋たちばなや」へ。
ここは神田っぽいリーズナブルなお店。
0509300205093003
そこそこ凝った料理もあるんですけど、安いんっすよ、ココ。

飲んだのはキリンのハートランド(瓶)。
緑の瓶なので、劣化覚悟だったのですが、思ったよりOK。
いいんじゃない、ハートランド。
05093001heartland

「洋風居酒屋たちばなや」
住所:千代田区神田鍛冶町3-7
電話:03-3256-5776

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チェコ(スロバキア)旅行記1992⑭~いよいよピルゼン!~

チェコ ビール旅行記

39pilzen
ついに着きました、ピルスナービール発祥の地、ピルゼンです。
街もこじんまりして、いい感じ。

まず向かったのは「ビール博物館」。
35pivo
が、が、が、何ということでしょう。
重たい木の扉を押しても引いても開きません。

休館日?
わかりません。

でも、入れないのは間違いなさそうです。
気を取り直して、次善の策を考えていると、隣がお店なのに気が付きました。
お昼時でお腹も減ってきたので、入ってビールを飲むことに。
36pivnice

が、が、が、何ということでしょう。
席がいっぱいで、座れません。
あきらめきれずに店内を行ったり来たりしていると、たまたま席が空きました。
ラッキー!神よ!(←大げさ)
37prazdroi

席につき、まわりの席を観察です。
メニューもないし、言葉が通じない状況では「指差し注文」するしかありませんから。

が、が、が、何ということでしょう。
お昼時にもかかわらず、誰も食事らしきものを取ってません!
えっ、何してるかって?
ビールですがな、ビール。
みんなひたすらビールを飲んでます。

そうこうしているうちに注文を取りにきました。
辛うじて言えたのは「ピーヴォ(ビール)、ツヴァイ!」だけ。
しかも「ピーヴォ」はチェコ語ですが、「ツヴァイ」はドイツ語。
何とも中途半端です。

来ました。
38pivo
いやぁ、ビールは美味かったぁ。
★10
でも、腹減ったぁ。

さぁ、これからチェスキー・ブディヨヴィツェだ!
(まだ昼飯食ってへんけど・・・)

チェコ ビール旅行記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜・生麦「KING PELICAN(キング・ペリカン)」

京浜急行「生麦」駅と言えば、ビール好きなら「キリンの工場!」となるんじゃないでしょうか。
私も1回だけ行ったことがあります。
何せ「現場主義者」ですから、ビール工場には目が無いわけです。
美味かったなぁ、出来たてのビール。

って、今日はキリンの工場の話ではありません。

「KING PELICAN(キング・ペリカン)」
英国風のパブです。
05101201kingpelican
正直、周りの雰囲気からは浮いてます。
ドアを開けると、正面に薄型TV。
やはりここも地元の人にスポーツバー的に使われているご様子。

さて、樽生は・・・っと。
えっ、2種類!
いわゆる普通の生ビール(銘柄忘れました)とオリジナルビール。
オリジナルは横濱ビールさんとのコラボみたいです。
スタイルはIPA。
迷わずIPAを注文しました。
05101202kingpelicanIPA
やや苦味が効いた、美味しいビールです。
「突出した」というよりは「バランス」って感じかな。
★7
とは言え、せっかくなので3杯いただきました。

正直最初は「ビールこれだけ!?」と思ったのですが、
杯を重ねるごとに居心地が良くなってきました。
何なんでしょう?
たぶん店員さんが醸し出す雰囲気かなぁ。
エエ按配で話しかけてくれます。

正直「ビールなお店」かどうかも微妙ですが、私は大変好きです。
ついこんなものまで飲んでしまいましたから・・・
05101203scotch
普段は飲まないんですけどね。
そういう雰囲気にさせてくれました。

また行こっかな。

キング・ペリカン
住所:横浜市鶴見区生麦1-11-12
電話:045-503-1950

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kilkenny(キルケニー)@神戸・三宮「RYAN'S IRISH PUB(ライアンズ・アイリッシュ・パブ)」

神戸ビアストリートで何にも飲めなかったので、鯉川筋からトアロードを越え、三宮駅前のアイリッシュパブ「ライアンズ」に行ってみました。
ここはホント三宮の駅前。
山側、マクドナルドが入ってるビルの7階にあります。
05101030ryans
入店するとお客さんの7割は外人さん。
しかも店員の10割も外人さん。
さすが、神戸。
樽生はギネスとキルケニーとサッポロ。
でっかいスクリーンではヨーロッパのサッカーが流れてます。

05101029kilkenny
注文したのはキルケニー。
オアシスのノエルを少し毛深くしたような店員さんが注いでくれます。
味は定番ですから省略。

ココの店、少し照明が明るいんです。
落ち着かないくらいに。
もう少し暗いほうが好みなんですけど。

しかし、いつ出来たんでしょう?
大阪時代の私のアンテナには引っかかりませんでした。

ライアンズ
住所:神戸市中央区加納町4-3-2近藤ビル7F
電話:078-391-6902

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「神戸ビアストリート」に行くには行ったが・・・

先日の帰省のついでに神戸・三宮に行き、「神戸ビアストリート」に行ってきました。
(ちょっとついでが多いような気はしますが・・・)
05101018beerstreet
ヒューガルテンの樽生やベルビュークリークの樽生に加えて、
BOPを主にやられているビアクラブさん(グッドビアクラブさんにあらず)のエールが樽生で飲めるとのこと。
2002年に出来た店のようなので、ちょうど私が横浜に行くのと入れ替わりですね。

鯉川筋の東側にある店に着いたのは午後9時過ぎ。
お客さんは私だけでした。
食事はもうすませていたので、席につくなりビアクラブエールを注文。

が・・・・・2種類とも品切れ。

飲み損ねました。

まあ、神戸には今後もしょっちゅう行くと思うので、すぐリベンジします!

05101019beerstreet
神戸ビアストリート
住所:神戸市中央区下山手通3丁目15-10万葉ハイツ104号
電話:078-332-6020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜北市「浜名湖ビール」③★4

から続いてきてます。

最後は5杯目、季節限定のハニースタウト。
05100709Honeystout
「スタウトをもとに、ピュアな蜂蜜をたっぷり使い」
「蜂蜜の甘さと香りがほのかに香る黒ビール」
アルコール度は6.5%。
ラオホか?と思うくらい香ばしいです。
蜂蜜はあんまり感じませんね。
★7

これで全種類飲みました。
ビールは総じて美味いですね。
改めて感心しました。

「現場」的にいうと、料理にもう一ひねりあるといいかなって感じです。
まあ、ビールが美味いからいいんですけど。

あとちょっと、ロケーションが中途半端かな。
もっと都心とか、もっと景色がイイとこにあるほうがいいなぁ。
また行って見たい度は★4(5段階)です。

この後、車で(もちろん妻運転)10分くらいいったとこにある
県立の「森の家」というところに泊まりました。
0510080105100804
華美ではありませんが、清潔ですし、環境はいいし、お風呂もまあまあいいしオススメです。
ちなみに一人素泊まり4500円ほど。
ゴルフやって、浜名湖ビール飲んで、ココに泊まる。
いいじゃないですか!

「浜名湖ブルワリー」
住所:静岡県浜北市於呂875-1
電話:053-588-5353

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜北市「浜名湖ビール」②★4

の続きです。

ここで食べた料理の紹介です。
05100706sausage05100707Pizza
左のソーセージがなかなかの美味でした。
シャウエッセン系の「パキッ!!」ってやつです。

さてさて、ビール。
05100708weizenbockheavensdoor
左がヴァイツェンボック、右がヘブンズドアです。

まずはヴァイツェンボックから。
「小麦胚芽をふんだんに使ったビール」
「小麦の香りが清涼感とともにお口の中に広がります」
「ヴァイツェンビールよりコクがありアルコール度数も少し高くなっています」
アルコール度は6%。
ヴァイツェンボックってもう少し黒っぽいのが多いような気がするのですが、
ここのヴァイツェンボックは普通のゴールド色です。

飲みました。

メチャうま。
大好き。
爽やかなのに、しっかりとコクがあって。
もう一回言います。
メチャうま。
★10
あ~あ、書いてたらまた飲みたくなってきた。

ヘブンズドア。
「淡い黄金色のアロマが豊かで、注いだときの泡が芳醇なビール」
「口当たりがソフトで飲みやすいが、喉を通り過ぎたときにグッと熱さが走り抜ける」
「飲みやすさと裏腹なアルコール度数の高さのギャップが面白いビールです」
アルコール度9%。
デュベルっぽい感じなのかな?
すごく華やかな後味のビールです。
とっても美味しいです。
★9

もう少し続きます

「浜名湖ブルワリー」
住所:静岡県浜北市於呂875-1
電話:053-588-5353

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜北市「浜名湖ビール」①★4

大阪に帰る途中、1泊して浜名湖ビールの「現場」に行ってきました。
先日ASAYA'S BARさんでボトルを飲んで、急に飲みたくなったもので・・・
05100712Hamanako05100703interior
5年前くらいに一度訪問しているので、今回で2回目の訪問です。

到着したのは午後8時半ごろ。
お客さんは我々以外1組だけにもかかわらず、明るく気持ちよく迎えてくれました。
うん、好印象。

さぁて、ビール。
この日の飲めるのは以下の5種類。
ゴールデンエール
インディアペールエール(IPA)
ヴァイツェンボック
ヘブンズドア
ハニースタウト(季節限定)

さて、最初に注文したのはゴールデンエールとIPA。
05100704gaipa
あっ、言い忘れましたけど2種類づつ頼むのが私のスタイルなんです(←どうでもいい)。

まずはゴールデンエール(左)。
公式HPにはこうあります。
「淡色でホップの苦味を抑えた口当たりのソフトなビールです」
「すっきりさわやかな香りとバランスのとれた味わい」

色はそんなに薄くないです。

飲んでみました。

ASAYAさんでも思ったんですけど、すんごい柔らかいんです、口当たりが。
これ何なんでしょう?水が違うから?
後味がほんのりバナナです。
軽いようでしっかり深みがあって・・・私、とっても好きです。
★9

そしてIPA(右)。
「甘みを抑え、力強い苦味と香りが引き立っています」

飲みました。

IPAらしく苦々です。
苦いが好きな人はたまんないんじゃないでしょうか。
口当たりが柔らかいのはこちらも同じ。
やっぱ水かなぁ・・・
★8

まだまだ続きます。

「浜名湖ブルワリー」
住所:静岡県浜北市於呂875-1
電話:053-588-5353

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱ、沖縄料理にはコレでしょ!

実家の近くに出来た巨大なショッピングセンター。
そこのレストラン街の沖縄料理屋に行ってきました。
05100921
沖縄そば定食。
まあ、沖縄で食べるのとは全然違いますが、たまにはいいんじゃないでしょうか。

で、飲むのは当然コレ!
05100922
最近飲んだビールの中ではやっぱりシンハーに近い気がするなぁ。
沖縄料理食べるなら、やっぱりシンハー!
あっ、間違えた、オリオン!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チェコ(スロバキア)旅行記1992⑬~ヨーロッパ旅行史上最高の朝食?~

チェコ ビール旅行記

「ウ・フレク」で飲んだ翌日、プラハ出発の日(早っ!)。
4つ星ホテル「Pariz(パジーシュ)」での朝食です。
32breakfast31breakfast
今見るとそんなビックリするほど素敵じゃないんですけど、当時は貧乏旅行ばっかりでちゃんとしたホテルなんか泊まったことなかったですから。
こんな空間で、ビュッフェ形式だというだけで感激してました。
(可愛い時代もあったということです)

とにかく朝からひたすら食べまくった後は、食後の散歩。
と言うよりは・・・買物に出発です。
何としても買いたいものがありましたから・・・
ビールグッズ?・・・ではなく、カーステ修理用の道具。
前にも書きましたが、日本から持ってきたテープ(懐かしい!)がレンタカーのカーステに絡まっちゃったので・・・

プラハのデパート(らしきもの)の陳列棚の写真。
33depart
先の細いピンセットのようなものが欲しかったのですが、見つからず断念・・・残念。

ホテルに戻り、チェックアウト。
車でピルスナーの故郷、ピルゼンに向け出発します。
行く途中の道で、こんなものに出会ったりして・・・
34urquelle
否が応でも期待は高まるわけです。

で、次回いよいよピルゼンです。

チェコ ビール旅行記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場?から~奈良・大和高田「倭王」

大阪帰省の途中、昔好きだった倭王の「現場」に寄りました。
大阪勤務時代(1996~2002)何度か行ったものです。
当時の倭王は、店はショボイ(失礼!)ものの、ビールはとっても美味しい「現場」でした。
後輩を強引に連れて行ったりもしたものです。

さて、「現場」の写真。

05100809WAOH

わかってはいたものの、あらためてみてもキツイ外観です。

中に入るとエレベータで2階へ。

05100810ev

これもキツイ。
「美味いビールを飲むぞ!」という気持ちに冷水を浴びせかけるエレベータですね(笑)

2階に行くと、レストランは閉店状態でガラ~ン。
とは言え、前からヤバイ、ヤバイと思っていたのでさほど驚きませんでした。
ビールを買って帰ろうとキョロキョロしたのですが、見えるのはカラオケボックスの受付のみ。
1階に戻って、防災センターで聞いてビックリ。
ここで買えるそうです。

何かボロボロ。

実家に着いて、夜飲みました。

05100926

ヤマブキ、ペールエールタイプです。
ただ、写真の状態にするまでが大変で、注ぐと大量の泡が・・・
どうなってるんや?と思いラベルを見ると・・・

05100925

製造7月って!
「現場」まで行って買った意味ないやん!

味はそこそこでしたが、往年の輝きは感じられず・・・
さびしい・・・
★7

05100927

そしてコハク、アンバーエールタイプです。
これは泡は普通でしたが、味がなぁ。
こんな感じでしたっけ?
これもさびしい・・・
★5

まあ、もう現場ではないわけですが、
また行ってみたい度は★1で。

いやぁ、ある程度予想していたものの、がっかりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァイエンシュテファン(Weihenstephan)オクトーバーフェスト樽生@洗足「PANGAEA(パンゲア)」

先週のことになりますが、洗足の「PANGAEA(パンゲア)」さんに行って、
ヴァイエンシュテファンのオクトーバーフェストビールの樽生をいただきました。

05100605WeihenstephanFest

今ひとつピンとこなかったので、
先日飲んだシュパーテンのオクトーバーフェストと飲み比べ。

05100606spatenweihenstephan

それでも、相変わらずピンときません・・・
先日飲んだシュパーテンも印象違うし・・・
まあもともとちゃんとしたテイスティングではありませんが、
体調悪いんかなぁ・・・

せっかくのヴァイエンシュテファン、
せっかくのオクトーバーフェストなのにもったいないことをしました。
機会があれば飲みなおしたいですね。

PANGAEA(パンゲア)
住所:東京都品川区小山7-16-3
電話:03-3782-7699

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インターナショナル・ビール・サミット OSAKA 2005②

の続きです。

日本地ビール協会のブースで買ったビール達です。

0510090805100910
0510091205100917

出雲路ピルスナー、赤城エール、
古里古里の国(ケルシュ)、飛騨高山スタウト、です。
画像のとおり、3つが樽生です。
詳細なコメント書くほど記憶が鮮明でないので省略です。
場の雰囲気も含めて一番美味しかったのが、出雲路でした。
飲んでませんが、これ以外にもドイツビールやベルギービールが樽生で飲めましたし、
その他の国のビールもボトルで飲めました。

食べたおつまみはコレ。

051009110510091405100915

ハハ、とっても多国籍ですね。
さすが、サミット。


初参加の感想を。

・色んな料理が食べられて、イイ!

・色んなビールが飲めて、イイ!

・ライブが楽しくて、イイ!
 大阪は素人はホンマ最強です(あくまでお笑いの面ですが)。


ただ、個人的には幾つか「んん?」と思った点もありまして・・・

・せっかく料理が美味しいのに、座って食べられる席が少ない。
 私、座って食べたい派なんで・・・

・プラカップを買うのに100円かかる。
 本当にお好きな方はグラスを買って飲まれていたようですが、
 そうで無い方が樽生ビールを飲むときは
 プラカップを100円で買うしかありません。
 ちょっと抵抗あるんじゃないでしょうか?
 モロゾフのプリン容器みたいに、
 他で使えるわけでもありませんし。

・ビールがちと高い。
 日本地ビール協会ブースの場合、画像のプラカップ1杯(200ml)400円。
 せっかく一般の方が美味しい地ビールに接する機会なので、
 もう少し親しみやすい価格設定のほうがいいと思いました。
 もちろん原価が高いのは十分承知してますが、そこを何とか。
 サーバーの調子が悪いのか泡も多かったし・・・
 (細かくてスイマセン、でも大事なことだと思うので)
 60mlが100円でテイスティング可能と言うのもあったので
 そちらを飲みたい!と思われる方がメインターゲットなんでしょうかねぇ。
 個人的には60mlでは飲んだ気しない人なので、ちょっと「んん?」でした。


文句言うなら他で飲め!って思われてしまうかもしれませんね。
でも、基本的には日本で飲むなら日本のビール!と思っていて、
そのためには、美味しい地ビールがもっと広まってほしいと思ってのコメントなのでお許しを。
そう感じる人もいた、ということで。

そうそう、最後にドルフィンズさんのブースでピンクの象の瓶で知られている
デリリウムの樽生をいただきました。
05100918
やっぱり瓶で飲むより、フレッシュ、まろやかで美味しかったっす。
高いけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インターナショナル・ビール・サミット OSAKA 2005①

先日の三連休、実家(大阪)に帰ってました。
長女(7歳)を妹に預け、妻と長男(5歳)を連れて電車で阪神百貨店へ。
阪神グッズをしこたま買い込んだあと
スカイビルで開催されていた
「インターナショナル・ビール・サミット OSAKA 2005」を覗きに行きました。
実はこのイベント、初めてなんです。
ずいぶん前から開催されていたイベントですし、
すぐ近くの西宮にも住んでたんですけど・・・

人込みがダメなので、この手のイベントって苦手なんです。
日比谷横浜のオクトーバーフェストに行ってる私が、
今更何言っても信じてもらえないかも知れませんが、ホントです。
ビアフェスティバルとか未だに行ったことありませんし。
良いか悪いかわかりませんが、完全にブログ効果ですね。

05100903beersumit05100904sumit
さすがビア「サミット」というだけあって、国際色豊かです。
ドイツ、ベルギー、タイ、ベトナム、インドなど
様々なビール・料理を出す屋台が並んでます。
スポット的に天気が良かったこともあり、結構な賑わい。
椅子・テーブルがあまりないので、適当に腰掛けるところを探します。
(テーブルだけの席ならあるんですが・・・)

私が主に通ったのは日本地ビール協会のブース。
受賞ビールが樽生で飲めます。
0510090605100907
こんな感じです。
会長さんもいらっしゃってました。

長くなってきたのでに続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴェルテンブルガー・ピルス@神田「THE Jha BAR(ジャハ・バー)」

先週、久しぶりに神田の「THE Jha BAR(ジャハ・バー)」に行きました。

この日のゲストビール(樽生)は、ヴェルテンブルガーのピルス。
05100401weltenpils
ちょっとひっかかりが少ないかなぁ・・・
「麦が・・・」とか「ホップが・・・」って言うのがあんまり感じられなくて。
とは言え、ドイツのピルスナーはガッツリ行かなきゃ、ということで2杯1リットルいかせていただきました。

近々ヴァイエンシュテファンのフェストビールが入るそうです。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜・野毛「ル・タン・ペルデュ」

前から名前はよく存じ上げてたのですが、行ったことがなかった横浜・野毛にある「ル・タン・ペルデュ」に行ってきました。
桜木町から野毛小路をずんずん進み、ちょっと不安になるあたりで道路を一本渡って右側にあるお店です。
お店の人に伺ったところによると、今年で17年(!)になるそうです。

カウンターに7~8人、テーブルに10人くらい座れそうなこじんまりしたお店です。
店内には、ちょっとアンティークな雰囲気が漂っています。
05092602

カウンターに座り、まずはヒューガルテンの樽生。
05092601hoegaarden
明らかにサーブ温度が他で飲むより高かったので店員の方に聞いてみました。

私「いつもこれくらいの温度で出されてるんですか?」
店「そうです」

とのこと。

「温い」と言えば「温い」ですが、個人的には結構アリかな、と。
当然のように甘味が前面に出てきます。
真夏だと、感想は変わると思いますが、今はもう秋・・・

2杯目はエビス黒生。
05092603yebisublack
幸いなことに、開栓仕立てでした。
缶で飲むより、角が取れていいですね。
どっしりした印象が薄れ、ひたすら香ばしい感じ。

樽生では他にエビスもあったのですが、この日は一人だったので、これで終了。
なかなか雰囲気のあるお店です。
あと、この「野毛」っていうエリアもナカナカ魅力的ですね。
攻めたくなりました。

「ル・タン・ペルデュ」
住所:横浜市中区野毛町2-78
電話:045-242-9777
05092604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルナルド「スペシャルダーク」

ちょっと前にベルナルドの「セレブレーション・ラガー」をご紹介しましたが、
今回は同じベルナルドの「スペシャルダーク」。
05091908BernardDark
色は真っ黒。
でもギネスや他のスタウトとは違います。
何ていうんでしょう、香ばしいけど軽い?
ずっしり来ないんです。
やっぱりチェコの黒はいいですね、フフ。
★8

また鹿児島行って、美味しいチェコビール飲みたいなぁ。
チェコは簡単に行けないので・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チェコ(スロバキア)旅行記1992⑫~ビールの現場から ウ・フレク★5

チェコ ビール旅行記

カレル橋観光を終え、いよいよ夕食。
楽しみにしていた「U Fleku(ウ・フレク)」に向かいます。
当時はインターネットなんていう代物は無かったので、完全に手探り。
「黒ビールで有名」とガイドブックに書いてあったことだけが手がかりでした。

で、ついに到着。
22ufleku
人気店のハズが何故かガラガラ。
「ホンマにウ・フレク?」
不安がよぎります。

25uflekubeer
ビールを飲んで、不安は吹っ飛びました。
今でこそ、チェコスタイルのダークラガーはそれなりに飲んでますが、その原点はココ。
それまでの「黒ビール」のイメージとはかけ離れ、甘ったるくなくぐんぐん飲める香ばしさが印象的でした。
過去の記憶なんで美化されてる可能性無きにしも非ずですが・・・
★10

料理はこんな感じ。
24uflekufood
いかにもチェコ料理!
素敵!
ソースがビールに良く合うんです。

ここはバンドの演奏もありました。
26uflekuband
沢山の観客を前に、やる気満々の皆さん(笑)。

いやぁ、良かったぁ。
27ufleku
また行ってみたい度は★5です。

帰りはひたすら歩いてホテルにたどり着きました。
28castle29clock

チェコ ビール旅行記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

博石館ペールエール@上石神井「ASAYA's BAR」

引き続き、上石神井にある「ASAYA's BAR」さんから。

05092206HakusekikanPA3杯目は博石館のペールエール。
う~ん、博石館は「現場」にも行ったことあるんですけど、ちょっと私との相性が悪いようです。
独特の香りがするんですが・・・個人的にチョット・・・

05092208Smokeそして4杯目は博石館のスモーク。
スモークということもあり、香りが色んな意味でスゴイです。
富士桜のラオホなんて、このスモークと比べると飲みやすい飲みやすい。

これも苦手かなぁ・・・スイマセン。

博石館さんは他の方の評価は高そうなので、あくまでも私との相性が悪いんだと思います。

05092207Pizza05092202Asaya

ASAYA's BAR
住所:練馬区上石神井1-23-6
電話:03-3920-9248

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浜名湖ビール「IPA」@上石神井「ASAYA's BAR」

少し前になりますが、西武新宿線方面に行く用事があったので、上石神井にある「ASAYA's BAR」さんに行ってきました。
ここの店のことは何で知ったのだか忘れてしまいましたが、上石神井という立地と酒屋さんのとなりにあるバーというロケーションで気になってました。
05092209Asaya05092202Asaya
気になる樽生(私だけ?)はレーベンブロイとよなよなのリアルエールとサンクトガーレンやったかな?
このブログ読んでいただいてる方はお分かりかと思いますが、どれもつい最近飲んだところ。
結局、1杯目ということもあり、レーベンにしました。
473mlで470円、良心的ですね。
05092201Lowenbrau
それにしても、レーベンなんてここ数年飲んでなかったのに、この数日でこんなに飲むとは・・・

店内を見回すと、博石館、ハーベストムーン、浜名湖あたりの品揃えが豊富な模様。
というわけで頼んだのが、浜名湖のIPA。
浜名湖の「現場」にも行ったことがあるのですが、
ここ、ビールが美味しいんです。
05092204HamanakoIPA
口に当たった瞬間がやわらかいのが印象的なIPAでした。
でもやっぱり現場で飲みたいですね。

あくまでもバーなので、本格的な料理はありません。
で、食べたのはジャーマンポテト。
05092205GermanPotato
もうちょっと飲んだのですが、それはまた次回ということで。

ASAYA's BAR
住所:練馬区上石神井1-23-6
電話:03-3920-9248

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イギリス土産

8月にイギリスに行っていたK氏から、写真の冊子をいただきました。
05092302
左はLONDONで行われた「GREAT BRITISH BEER FESTIVAL 2005」のパンフレット。
右は「THE PORTER HOUSE」というビール会社?のパンフレット。
K氏が現地のコーディネータに話題の「ビアスポットに連れてって」とお願いしたところ、右の「THE PORTER HOUSE」のパブに連れて行かれたそうです。
K氏の話によると、そのお店はかなりお洒落な感じで、若いお客さんでかなり賑わっていたとのこと。
パンフレットもなかなかいい紙(!)を使っているところから、気合が感じられます。
品揃えを見る限りでは、自分のブランドのビールが10種類。
そのほかにもベルギービールを中心とした200種類を超える世界のビールが・・・
しかも冒頭にビアスタイルの紹介が丁寧にしてあるところから想像すると、「世界の色々なスタイルのビールを紹介してやるぜ!」的な意気込みを感じます。
私なんかイギリスに行くと、ついついトラディショナルっぽいところに行ってしまう傾向があるのですが、こういうパンフレットを見て向こうのビール事情に思いを馳せてみるのも楽しいですね。

英語が堪能なわけでもないので、極めていい加減ですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (2)

横浜オクトーバーフェスト2005in赤レンガ倉庫③

05100221
横浜オクトーバーフェスト2005in赤レンガ倉庫①
横浜オクトーバーフェスト2005in赤レンガ倉庫②

一応、日比谷と横浜と両方経験したものとして、私なりに感じたことをまとめてみました。

○横浜はビールが飲みたいときに飲めるのがイイ!(ドイツビールを除く)

 <横浜における「お代わり」注文フロー(神奈川の地ビールの場合)>
  1.「お代わり」が飲みたい、と思う
  2.グラスを持って席を立ち、ビールブースへ向かう(約30秒)
  3.順番待ち&何を飲むか検討(約1分)
  4.注文&支払い(約30秒)
  5.注ぎ(約20秒)
  6.こぼさないように慎重に席まで持って帰る(約40秒)

「飲みたい」と思ってから、席について飲みはじめるまで約3分。なるほど。

 <日比谷における「お代わり」注文フロー(シュパーテンの場合)>
  1.「お代わり」が飲みたい、と思う
  2.席を立ち、シュパーテンのブースへ向かう(約30秒)
  3.ブースの前でしばし呆然とし、自分の意思の強さを確認する(約1分)
  4.列の最後尾を探す(約1分)
  5.列の最後尾につく
  6.暇つぶしにデジカメで写真を撮る
  7.待つ
  8.サーバーを偵察しに行く
  9.悪態をつく
  10.ひたすら待つ
  11.酔いが醒め始める
  12.それでも待つ(5~11で約30分~1時間)
  13.注文&支払い(約30秒)
  14.注ぎ(約40秒)
  15.ごぼさないように慎重に席まで持って帰る(約40秒)

「飲みたい」と思ってから、席について飲みはじめるまで
ナント約34分10秒~約1時間4分10秒かかってます。
(同じドイツビールで比較してないのはご容赦を・・・)
  
う~ん、「ビール祭り」でビールが飲めないってのはちょっと致命的かも。

とは言え、日比谷を体験して思ったのは、「ビールを飲みたいときに飲めるようにする」ことの難しさです。
「日比谷のボケェェ」という気持ちよりは、
「横浜頑張ってるなぁ!」という気持ちが強いです。

毎年やってる経験は大きいですね。  
 
○横浜はテーブル、椅子の質感が、イイ!
 日比谷は市民プールとかでよく見る青いプラスチック製の椅子。
 横浜は木製ではなかったと思いますが、あくまで「木製風」の椅子。

○横浜の一番絞りの大ジョッキは重量があってイイ!
 ビール祭りのジョッキは大きくないと。

○横浜では地元(神奈川)の地ビールが飲めるのがイイ!
 「現場主義者」としてはね。
 キリンもすぐ近くに工場があるので、OK。

横浜のいいとこばかり書いてますが、テントの雰囲気は日比谷のが開放的で好きです。
中の演奏が外でも聞こえましたし。
横浜のテントは囲まれ感が強くて、外に座るとほとんど音楽が聞こえないんですよね。

ドイツの「現場」に行くのはまだ先になりそうなので、
来年は御殿場に行ってみます(←横浜ちゃうんかい!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

横浜オクトーバーフェスト2005in赤レンガ倉庫②

の続きです。

05100220yebisu
左が一番絞り(大)、右がエビスです。
素晴らしいのが、一番絞りのジョッキ。
やっぱりこれくらいでっかいジョッキで飲むと、一層「気分」ですね。
何せ「ビール祭り」ですから。

05100218
日も暮れてきて、イイ感じ、加速です。

0510021305100214
元町霧笛楼「茸とポテトのソテー」「ローストポーク」です。
1000円と少々値ははりますが、満足度高かったです。

でまとめます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

横浜オクトーバーフェスト2005in赤レンガ倉庫①

日比谷で痛い目にあったから・・・というわけではありませんが、日曜日に行ってきました「横浜オクトーバーフェスト2005in赤レンガ倉庫」。
家族で行ったので「覗いてみて混んでたら帰ろう・・・」くらいの軽いスタンスで。

続きを読む "横浜オクトーバーフェスト2005in赤レンガ倉庫①"

| | コメント (14) | トラックバック (2)

シュパーテン・オクトーバーフェスト@洗足「PANGAEA(パンゲア)」

前回に引き続き洗足の「PANGAEA(パンゲア)」さんから。

05092704spatenfest
2杯目はシュパーテンのオクトーバーフェスト。
これもエルディンガーのフェスト同様「しっかり系」。
麦汁が濃い!って感じです。
ドイツの気候で飲んでみたいですね。
たぶん印象も変わるんやろなぁ。
★7

05092705schneiderweisse
3杯目は樽生ではなく、瓶で。
シュナイダー(あの紺のラベルのずんぐりしたヤツ)のオクトーバーフェストらしいです。
これもしっかりしっかり。

これだけフェスト系をまとめて飲んだことは無かったのですが、この指し示すベクトルの向こうにある「秋のドイツ」に行ってみたい気持ちが高まるばかりです。
(今までは3月、5月しかないので・・・)

その他メモ
05092706bass05092707

PANGAEA(パンゲア)
住所:東京都品川区小山7-16-3
電話:03-3782-7699

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エルディンガー・ヴァイス・フェスト・ビア@洗足「PANGAEA(パンゲア)」

05092701erdingerfest
GUINESS BOOK」のイワサさんが書かれていたオクトーバーフェストビールを飲むために、洗足の「PANGAEA(パンゲア)」さんに行ってきました。
写真は1杯目に飲んだエルディンガーのフェスト・ビア。

続きを読む "エルディンガー・ヴァイス・フェスト・ビア@洗足「PANGAEA(パンゲア)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、よなよなリアルエール@六本木「Abbot' Choice(アボット・チョイス)」

またまた行ってきました、六本木「Abbot' Choice(アボット・チョイス)」。
(前回のエントリはコチラ

この日飲んだのも前回同様、アボットとよなよなリアルエール。

続きを読む "再び、よなよなリアルエール@六本木「Abbot' Choice(アボット・チョイス)」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とっても残念・・・

一度おうかがいしてとっても美味しかったお店(当ブログでも紹介させていただいてました)を再訪したのですが、接客面でとても不愉快な思いをしました(ビールなお店ではありません)。
結局何も飲まず、食べずに帰ってきました。

たまたまだと思います。
別に名前を挙げて糾弾する気もありません。

ただ、このブログでオススメするのもチョット・・・と思い、とりあえず以前のエントリは削除しました。
いくつかコメント、TBをつけていただいていたのですが、申し訳ありません。
そういう事情なので、お察しいただけるとありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »