« 変わった蕎麦屋 錦糸町「松月庵」2回目 | トップページ | 東北・北海道ビール旅行記2005 その5 »

初訪問! 東北・北海道ビール旅行記2005 その4〜ビールの現場から 秋田県仙北市「湖畔の杜ビール」

その3の続き。

 

バスと徒歩で、田沢湖畔まで何とかたどり着いたところまでが前回。

 

田沢湖畔は日本一深い湖(らしい)。

とは言え、外からは全然わかりません。

05102212

しかしこんな風景の中を、キャリーバッグゴロゴロ転がしながら、たった一人で歩いているオッサンって危なくないか?などと考えると、衝動的に日本一深い湖に吸い込まれそうになりましたが、危ういところで踏みとどまりました。

子供も二人いますし。

 

05102203ORAE05102207interior

湖畔を10分くらい歩いたあたりで、やっと看板が見えてきました。

オフシーズンだからでしょうか、お客さんは私を入れて4組。

 

05102204

330mlで500円。

まあ「相場」ですかね。

 

左の「こまちラガー」から。

あきたこまちを使ってるらしいです。

色は薄め、と言っても一般のビール並です。

さっぱりしたラガーです。

★7

 

右の「風そよぐピルス」。

これもかなりさっぱり。

少し苦いかな。

★7

でも・・・この二つキャラ近すぎ。

 

食べたのは何だかんだで12時ごろでしたが、一応私の中では「朝食」。

何せこの後「田沢湖ビール」で「昼食」食べなアキマセンから、これはあくまでも「朝食」です。

 

0510220905102210

左は「里芋の素揚げと寒セリのしょうゆ炒め」、右は「揚げ豆腐の秋山ソースがけ」。

洋風のメニューもあったんですけど、何となく和風をチョイス。

ちょっとレストランの雰囲気とは違いましたが、美味しかったですよ。

 

05102206foodmenu

食事メニューです。

少し高めですが、ヴァリエーションがあって楽しめます。

さあ、ビールはあと2杯です。

 

05102211

まずは「味わいデュンケル」(写真左)。

色は見てのとおり。

お昼に撮るとさすがキレイに撮れますね。

このデュンケルはさすがにキャラ立ちしてます。

ボディしっかりめで、わりと好きなバランス。

★8

ただ、ダークな感じを期待するとがっかりするかも。

 

最後は「湖畔スペシャル」(写真右)。

限定醸造です。

これ何のスタイル?

★6

 

総じてここのビールは「スッキリ系」ですね。

お店にあるリーフレットなんかを読むと、そこを狙っているようです。

ビールマニアだと少し物足りないかな?と思いますが、田沢湖観光に来ているお客さんが料理と一緒に飲むには悪くないんじゃないでしょうか。

料理も美味しいし、田沢湖畔のロケーションは最高ですし、テラスもあるし、観光地のレストランとしてはレベル高いと思います。

05102208terrace

 

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

その5に続きます。

 

ORAE

住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字春山37-5

電話:0187-58-0608

|

« 変わった蕎麦屋 錦糸町「松月庵」2回目 | トップページ | 東北・北海道ビール旅行記2005 その5 »

コメント

こんにちは。
毎回楽しくビールな旅行記拝見させてもらってます。
先日、beer-kichiさんと同じようなルートで現場を回ってきたので、勝手ながらトラバさせていただきました。

これからもビール現場周り、楽しみにしてますよ~^^

投稿: こだれでら | 2005/11/30 00:19

こだれでら様
逆周りですね!
全国出張月間だったので、この後も大阪、広島、福岡、名古屋と続きます。
面白いかどうかわかりませんが、とにかく続きます(笑)。
よろしくお願いしますね!

投稿: beer-kichi | 2005/11/30 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初訪問! 東北・北海道ビール旅行記2005 その4〜ビールの現場から 秋田県仙北市「湖畔の杜ビール」:

» 醸造所探訪旅行 「田沢湖ビール&湖畔の杜ビール」③ [妻と子供とビールな男]
②の続きです。 バスで田沢湖にやってきました。 もうすっかり陽が沈みそうです。 ここ田沢湖は、日本一深い湖だそうで、湖の底には龍が眠ってるとの伝承もあるとか。 湖畔を家族でぶらぶらと歩きながら、目的地に向かいます。つーか、この時期寒いです。かなり修... [続きを読む]

受信: 2005/11/30 00:08

« 変わった蕎麦屋 錦糸町「松月庵」2回目 | トップページ | 東北・北海道ビール旅行記2005 その5 »