« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

「ビール現場主義」(ほぼ)一周年

拙ブログも何と(ほぼ)一周年!
飽きっぽい私がよく続いたものです。
しかも、書きも書いたりの400エントリ。
それもこれも1つのネタを、2~3エントリに水増ししたりしてるからですね。
ヒマすぎ。

さて。

当初、過去に行ったビール旅行(ビアライゼ)や、ビールの「現場」の記録を残すことを目的にスタートしたのですが、いざ始めてみると、流され流され今に至っております。
目論んでた過去の記録の整理は棚上げになったまま。

そうそう、タイトルも「ビール現場主義」じゃなかったんですよね。
懐かしい・・・

立ち上げるときは、会社のBtoCサイトの運営をかじった時の経験から、
「こんなビール美味いと思ってるなんて、舌おかしいんちゃうか?」
「このビールを誉めへんようでは、ビール飲む資格無し!」
とか言われたらどうしようとか、色んなことを考えたりもしました。

し・か・し、全くの杞憂!
来訪者ほとんど無し!
当然、「荒らし」来るワケもなし!

当たり前っちゃあ当たり前です。
友達にでも教えてればまた違うんでしょうが、誰にも教えてないんですから。
何か「インターネットに公開」→「来訪者わんさか」みたいな、アホな思い込みがありました。
私以外で唯一来てくれてたのが、「ブログしましょう!」と私をそそのかしてくれた不惑さんくらい。

まあ、そんな立ち上がりでしたが、今となっては覗いてくれる方も少しづつですが増えてきてまして・・・
今では「ビール現場主義」で検索するとヤフーでもグーグルでも何とトップ表示!!

まあ、当たり前なんですが。

とは言え、有り難いことです。
励みになります。
特にコメントくださる方、有難うございます。

これからもゆるゆると見守ってやってください。
もう少し続けてみますので、来年もどうぞよろしくお願いします。

<「ビール現場主義」一周年記念プレゼントのお知らせ>

日頃のご愛顧を感謝して(?)、お1人の方に私のオリジナルビール(2本)を差し上げたいと思います。
あまり美味しくないですが、「欲しい」という奇特な方は左サイドバーの「メール送信」からメールをいただけますでしょうか。
不味さについて、決してレビューしないと約束していただける方に、差し上げたいと思います。
一応締切を1月7日にしたいと思いますが、誰からも申し出がないと言う寂しい結果も想定できますので、7日を過ぎてもこの件に触れない場合は「そういうことか・・・」とお察しください。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

赤坂「四川飯店」

ウチのボスと先輩と赤坂の四川飯店に行ってきました。
ご存知陳建一さんのお店で、超有名店ですが初めての訪問です。

全国旅行会館と言う、商売っ気が全然無いビルに入ってます。
「えっ、こんなところにお店が?!」って感じのビルです。

0512140105121402
前菜として、豚肉ときゅうり。
こんな料理名じゃなかったと思いますが、忘れました。

05121403
鶏とフカヒレのスープです。

05121404
そしてそして、陳マーボー。
辛い!でも美味い!
でも辛い!でもやっぱり美味い!

0512140705121409
0512141105121412
一つ一つコメントできませんが、美味かったぁ。
普段食べてる中華と、一味違いますねぇ、やっぱり。

05121413
そして汁無し坦々麺。
左黒酢なし、右黒酢入りです。

05121414
マンゴープリンで締めくくらせてもらいました。

ボス、ごちそうさまでした。

「四川飯店」
住所:千代田区平河町2-5-5全国旅館会館5・6階
電話:03-3263-9371

そうそう、ビールも飲みました。
05121405

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男前な焼肉屋~駿河台「焼肉ランド マルタケ」

会社の先輩と、会社帰りに駿河台にある「焼肉ランド マルタケ」に行ってきました。
05121201
私好みの、男前な外観です。

お洒落とは言い難い店内(失礼!)。
「焼肉って服に臭いがつくからイヤ!」といったお客さんを拒絶するような、男前な雰囲気が漂ってます。

05121202
そして男前なお通し。
キャベツの超大盛りです。

05121203
少し男前な牛刺し。

05121204
肉厚で、食感が男前な塩タン。

05121205
そして、メッチャ男前な「マルタケカルビ」。
店の名前を冠してるだけあって、リーズナブルでかつ美味いっす。

051212083
そしてビールが進む進むのホルモン3種盛り。
ちょっとマッチョ系な男前です。

05121209
そして、ちょっとお高い「特選カルビ」。
見てのとおり、美味いです。
普段「高い」ことを目の敵にしている私ですが、これは値打ちあります。
Let's eat!

何だかアホ丸出しになってきましたが、この辺でサービスカット。
05121210
タイトルは「特選カルビと鉄板」。
そのままです。

ビールですか?
もちろん飲みましたよ。
写真撮るのは忘れましたが・・・

「焼肉ランド マルタケ」
住所:千代田区神田駿河台3-7-5
電話:03-5280-0507

969)ビールなお店ではないお店(焼肉系)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

麻布十番「神戸住吉 作作」

東京右往左往さんのブログで紹介されていたお好み焼のお店に行ってきました。
麻布十番にある「神戸住吉 作作」。
神戸住吉?麻布十番?
ややこしいですが、「神戸住吉」は店名の一部。
あくまでお店は麻布十番にあります。

05120701
お好み焼と言えば、ありきたりですがやっぱりビール。

そして先付。
05120702
しゃれてますヤン。
お好み焼屋さんでこんなん食べたん初めてです。

05120704
イカの鉄板焼きです。
この辺はだいぶ「気分」ですね。

0512070505120706
左がスジ入りお好み焼。
やっぱこれでしょう。
ふわふわしてて、独特の食感。
美味しいっすね。
そして右がダシをつけて食べるお好み焼。
明石焼きと似てますが、やっぱり違う味わいです。

〆はやっぱりこれでしょう!
05120707
今ではすっかりポピュラーになったそばめしです。
ソースがお米に絡んで、濃厚な味に。

そうそう、普段飲まないハーフ&ハーフも飲んじゃいました。
05120703

神戸住吉 作作
住所:港区南麻布1丁目5番4号 FLEG南麻布B1
電話:03-5443-8576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南ルビー(ボトル)

先日湘南ビールの「現場」で飲みそこねた「湘南ルビー」を飲みました。
05121101
私にしては珍しく、「現場」で買ったボトルです。

美味しいですねぇ。
香ばしくて。
でも現場主義者としては、ちょっと物足りません。

頼むから、「現場」で「樽生」で飲ませてくれい!
05121102

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜ビール「北鎌倉の恵み」@洗足「PANGAEA(パンゲア)」

私の仕事納めだった先週金曜日、洗足の「PANGAEA(パンゲア)」さんに行ってきました。

まずはゲストビールの「北鎌倉の恵み」
0512220105122202
美味しかったので、2杯いただきました。

夕食をとっていなかったので、食事も。
0512220305122204
トロ鴨のたたきとチキン&チップス。
チキン&チップスは特製塩ポン酢でいただきます。

満を持して、マスターオリジナルの「Coal for you」を。
05122205coalforyou05122206
木内酒造さんで、私が行った翌週に仕込まれたビール。
5種類のスパイスが入ったクリスマスエールです。
かなり濃色です。
5種類のうち1種類、八角の香りが凄いです。
まだ飲んでいない私の「八角エール」が心配になりました。

最後にRED HOOKの「WINTER HOOK」をボトルで。
05122207RedhookWinterHook
ウィンター系の濃厚なビールはあまり得意ではないのですが、これは私好み。
意外な収穫でした。

パンゲアさんには、今年一年お世話になりました。
マスター、どうも有難うございました。

PANGAEA(パンゲア)
住所:東京都品川区小山7-16-3
電話:03-3782-7699

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・トラットリア」②

に続いて湘南ビールの「現場」です。

0512100205121003
左マルゲリータ。
右豆腐と揚げ茄子のサラダ。

0512100505121007
左湘南ビール煮。
右パン盛り合わせ。
ビール煮、評判どおり美味しかったです。
パンはここで焼いてるもの。
ここの現場は料理のレベルが高いのが嬉しいです。

3杯目は季節限定のクリスマススタウト。
05121006
18世紀ロシア皇帝のためにイギリスで造られたビールがモデルのようです。
色は見てのとおり、かなり濃色。
ボディがしっかりしてます。
甘みと苦みが強く感じられます。
★8

相変わらず満足度が高い現場ですが、あえて二言。
・湘南ルビー飲ませて!(悔しいのでボトルを買って帰りました)
・もっと大きいグラスで飲ませて!
以上です。

また行ってみたい度は★4(5段階)です。

「MOKICHI Trattoria(モキチ トラットリア)」ぐるなび
住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
電話:0467-52-6111
05121008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・トラットリア」①★4

少し前、K氏と沼津のベアードさんに行った翌日、湘南ビールの「現場」に寄って帰りました。
05121009
前回訪問したとき(6月)も確かベアードさんの翌日でした。
つくづくワンパターンな男です。

で。

まずは湘南ビター。
05121001
何がどう、というわけではありませんが、美味しいビールだと思います。
すっきりしてて、バランスがいいですね。
★8

残念ながら2杯目に飲むつもりだった湘南ルビーが品切れ。
前回もこのビールは品切れ。
縁ないなぁ。

気をとり直して湘南リーベ。
05121004
黒いビールって、その外見から濃厚なビールという印象がありますが、
このビールはかなりすっきりしててグイグイいけます。
だからと言って薄っぺらい感じはないんですよね。
★9

に続きます。

「MOKICHI Trattoria(モキチ トラットリア)」ぐるなび
住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
電話:0467-52-6111

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六本木で日本酒飲みまくり

ちょっと色々ありまして、後輩に奢ってもらうことになりました。
場所は六本木。
ガンガン工事をしている防衛庁跡地の道路向かいの魚が美味しいお店。
スイマセン、名前忘れました。

0512010105120103
鯵のお造りと「こち」の薄造りです。
奢りだと特に美味しいです。

05120108
このとおり、日本酒がいっぱい並んでたので、この日は日本酒を中心にオーダー。

0512010205120104
左は梅錦ビールで有名な愛媛、梅錦山川さんのお酒(←逆や!)。
右は湘南ビールで有名な神奈川、熊澤酒造さんの天青(←だから逆やって!)
日本酒飲んでてもビールから離れられないところが、悲しいところです。

05120105
そして豚かつに使うようなお肉に、天婦羅の衣をつけて揚げたもの。
ねぎがふんだんに添えてあって、美味しかったです。

0512010605120107
日本酒まだまだいきます。
左は大阪池田の銘酒、呉春。
右は石川の菊姫。

結構大丈夫だと思ったんですが、この後ボロボロになってしまいました・・・
日本酒侮れません。

奢りだったのでイマイチ実感はありませんが、結構「六本木価格」でした。
自腹では行けんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

St.Feuillien Cuvee de Noel@横濱Cheers

横濱Cheersに行ったときの続きです。

初めて行った店であると必ず頼むフィッシュ&チップス。
05121905fishchips

で、ゲストビールのSt.Feuillien Cuvee de Noel。
05121907StFeuillien
季節モンです。
アルコール度は9%くらいあるそうです。
色はかなり濃いです。
スパイシーですねぇ。
何が入ってるかはわかりませんが、少しアニスが入っているような・・・
樽生だけに、フレッシュさがありますね。

コースターも雰囲気です。
05121908coaster

この辺でやめるつもりだったんですが・・・
05121909Guiness
ギネスを半分だけいただきました。
きれいなシャムロックです。
注いだあと、手で冷やして少し高めの温度での提供でした。

今年の10月にできたばかりとのこと。
これで寄り道のバリエーションが増えました。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

横濱Cheersに行ってきました

沼津のベアードさん(のトイレ)で手に入れた名刺のお店に行ってきました。

横濱Cheers

横浜駅西口から歩いて7~8分歩いたところにあります。
繁華街から少し外れてますので、信じて歩くことが大事です。
路上のギネスの看板が見えたので、地下へ。
05121902cheers
到着です。

入るとすぐサーバーが7本並ぶカウンターがあり、右手にテーブル席が並びます。
席数は60くらいだそうです。

メニューはこれです。
05121904Menu
何からいきます?

私はエーデルピルスからいくことにしました。
05121903Edelpils
色は透き通るゴールド。
ホップが爽やかです。

そして2杯目はPedigree(ペディグリー)をパイントで。
05121906Pedigree
とっても美味しそうに注いでいただきました。
とってもクリーミーな泡は、私の好み。

続きます。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

名古屋「Peat IRISH TAVERN(ピート・アイリッシュ・タバーン)」名駅店

「ランドビアサーカス」に行った後、名古屋駅前に今年出来たらしいアイリッシュパブにお邪魔しました。
名前は「Peat IRISH TAVERN(ピート・アイリッシュ・タバーン)」。
今年の5月にオープンしたてだそうですが、内装にはエイジングした木材を使用するなど、いきなり風格たっぷりです。

まずは定番のギネス。
05113015
いくつか特徴があります。
まずサーブされる温度。
かなり高いです。
今まで色んなところで飲んできましたけど、一番高いです。
お店の人によると、サーバーに特別な調整をしてこの温度で出せるようにしてるとのこと。
好みかどうかは別として、珍しいことは間違いないです。
それとシャムロックが四つ葉。
あとグラスも珍しいそうです。

カウンターだったので、話の流れで頼んだ2杯目はコレ。
05113016
ブッシュミルズのクリームリキュール。
今すごい勢いでベイリーズがプロモーションしてますが、あんな感じです。
恥ずかしいのを覚悟で言うと、トロッとしたコーヒー牛乳みたいな感じ。
あっ、スイマセン、スイマセン。

この店かかってる音楽もほとんどアイリッシュ。
その雰囲気に敬意を表して、アイリッシュウィスキーを3杯目にいただきました。
05113017

この後ホテルに帰り、翌日早朝の新幹線で東京に戻りました。
お疲れさん、って感じです。

Peat IRISH TAVERN(ピート・アイリッシュ・タバーン)
住所:名古屋市中村区名駅3-15-1ダイヤビル2号館1F
電話:052-589-3767
05113018PeatIrishTavern

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~愛知県名古屋市「ランドビアサーカス」③

の続きです。

3杯目は巷で話題の(?)赤味噌ラガーです。
05113011
普段「現場」では樽生(ドラフト)しか飲まないんですが、少し物足りなくて。
珍しいことです。

05113012
アルコール度は6%。
色は赤味噌が入っているからかどうかわかりませんが、ラガーにしては濃い目です。
鼻にぬける苦味を感じます。
赤味噌は・・・気持ち感じるかなぁ・・・自信ありません。
★6

そして最後4杯目はアルト。
05113013
インターナショナルビアコンペティション2004銀賞受賞ビール。
色は当然濃い目。
甘さと苦さのバランスもいい感じ。
確かにコンサバティブではありますが、王道な感じです。
美味しい!
★8

こんな便利な立地にあるということは、名古屋の人が来る前提だと思いますが、地元民からするとどういう位置づけの飲食店なんでしょうか?
気になるところです。

また行ってみたい度は★3です。

ランドビアサーカス
住所:愛知県名古屋市栄1-4-30
電話:052-223-9191

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ビールの現場から~愛知県名古屋市「ランドビアサーカス」②

の続きです。

2杯目は「褐色の雄山羊」デュンケルボック。
05113009
アルコール度6%。
色はもちろん「褐色」。
飲んだ瞬間は甘さをまず感じるのですが、あとで苦味が来ます。
さすが、複雑な味です。
★7

ここで料理紹介。
0511300705113008
何故かのじゃがバターと当然の味噌カツ。
母の実家が名古屋なので、八丁味噌大好きなのですが、豚カツにかけるのはちょっと・・・
いまだに馴染めません(←注文すな!)。

に続きます。

ランドビアサーカス
住所:愛知県名古屋市栄1-4-30
電話:052-223-9191

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビールの現場から~愛知県名古屋市「ランドビアサーカス」①

「ビールの現場から」、今回は名古屋の「現場」です。
ヒルトンホテルの前、老舗名古屋観光ホテルのすぐ近くという、大変便利な立地に金しゃちビールの現場「ランドビアサーカス」はあります。
05113004
ここの訪問は3年前に続き2度目。
両方とも出張のついでです。

まずは店内。
普通のディナータイムだったのですが、ちょっとさびしかったです。
05113010

MENUです。
05113006MENU
樽生(ドラフト)で飲めるのは3種類。
全てのビールに短いコピーが付いてます。
ゴールデンピルスナーは「黄金の麦芽」
アルトは「昔ながらの」
デュンケルボックは何と「褐色の雄山羊」。
プロレスか!
まあ、そのままといえばそのままですが。

1杯目は手堅くゴールデンピルスナーから。
05113005
2003、2004のインターナショナルビアコンペティションで金賞を受賞したそうです。
泡がとってもリッチです。
色は薄め。
後味が苦めで、キリッとしてます。
かなり美味しいです。
ピルスナー好きの私にはイイですねぇ、このビール。
★9

へ続きます。

ランドビアサーカス
住所:愛知県名古屋市栄1-4-30
電話:052-223-9191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・ビール旅行記1994その2~バンベルクへ

ドイツ・ビール旅行記1994その1の続き。

ミュンヘン駅近くのEuropeCarで借りた車がコレ!
043audi
Audi80です。
それまで借りた最安クラスとは全然違います。
以前FiatUnoでアウトバーンを走ったとき、メチャクチャ怖かったので、今回思い切って奮発しました。

市内を抜けるあたりで見えてきたのがBMW本社。
044bmw
左前方に見える円柱を4本束ねたようなビルです。
ここにはBMWミュージアムがあって、1989年に訪問しました。
この時は素通りして、先を急ぎます。

最初に入ったサービスエリアらしきところで、道路地図購入。
045gasstand046autobahn
アウトバーンをラオホビールの「現場」バンベルク目指してひた走ります。

ドイツ・ビール旅行記その3に続きます。

ドイツ ビール旅行記1994

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神田「82ALEHOUSE」

神田の「82ALEHOUSE」に初めて行ってきました。
0511220682
神田駅のすぐ近く。
HUBの別業態だそうです。
ずっと行ってみたかったのですが、やっと来れました。

階段を下りると、パブにしては少々明るめな店内。
20代~30代くらいのお客さんで、結構店内は一杯。
立って飲む人あり、座って飲む人あり、でした。

05112208
ビールは一番搾り、バス、ギネス、82リアルエールとハウスエールです。
樽生(ドラフト)5種類。
イイですねぇ。

まずいただいたのは82リアルエール。
すでに別のところで飲んでいたので、ハーフパイントで。
05112207
まず、グラスが特徴的。
とってもガラスが分厚いんです。
手に持ったときの重量感と、口に当てたときの感触が違います。
で、ビール。
「ケントゴールディングスのビターテイストと、クリスタルモルトの香ばしさがみごとに調和」とあります。
イギリスのスタンダードなビターに比べると、わかりやすくホップが効いてますね。
それもそのはず、エチゴビールで造ってるんですって。

2杯目はハウスエール。
05112209
「圧倒的な鮮度と生きた酵母。世界から選りすぐった上質ホップの苦味、小麦モルトのボディー感、上面発酵由来のフルーティな甘みが絶妙なバランス」だそうです。
確かにフルーティです。
いわゆる「地ビールっぽい」ビールでした。
サーバーの問題か、ちょっとガスが強めだったのが個人的には残念でした。

この日はここで終了。
今のところ一人で行ってくつろげる雰囲気じゃないですね。
もう少し落ち着いてから、また行ってみます。

82ALEHOUSE
住所:千代田区内神田3-11-1三恵ビルB1
電話:03-5256-8682

| | コメント (10) | トラックバック (1)

ドイツ・ビール旅行記1994その1~ドイツ入国

さあ、新シリーズスタートです。
その名も「ドイツ ビール旅行記1994」(古っ!)。
まあ、読んでくれてる人のことを考えたらこんなエントリ書けません!
マイペースで行きます・・・行くしかないでしょ。

1994年のこと、この年の旅行はベルギー&ドイツ。
ベルギーも書きたいのは山々ですが、また今度。
ブリュッセルで夜行に乗って、目が覚めたところから始まります。

040charge
寝台から撮った絵です。
窓枠の上に置いてある、コンセントに繋がってるのがビデオバッテリーの充電器。
ホテルに泊まらないと、充電するのも一苦労です。

041station
午前7時半過ぎ、ミュンヘン駅到着。
まずは腹ごしらえ。
駅のカフェテリアで朝食です。
042breakfast
服、ほとんど寝巻きですね。
恥ずかしい・・・

さあ、レンタカーを借りて出発です。

ドイツ・ビール旅行記その2に続きます。

ドイツ ビール旅行記1994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今さら感バリバリですが・・・サントリー「BONNE BIERE(ボンビエール)」

もう皆さん色んなところで書かれているので、今さらではありますが・・・
サントリー「ボンビエール」。
05121601
色、薄いですねぇ。
発泡のしかたは違いますが、シャンパンみたいです。

あっ!まさか!

サン「今度の新製品どうしようか・・・」
リー「そんなに費用はかけられませんからねぇ。変化球に例えて言うなら、直球と同じ投げ方で、ちょっと握りを変えるだけで手元でスライドするような・・・」
サン「何じゃそら、そんな都合のいい企画あるかいな」
リー「例えば・・・シャンパーニュの麦使って、色薄めにしてシャンパン風な感じはどうでしょう?」
サン「ん?」
リー「スイマセン、冗談です」
サン「いやいや、エエんちゃう。シャンパーニュの大麦で、色薄めで、シャンパンみたいな色で・・・」
リー「でも泡の立ち方が全然違いますよ・・・」
サン「エエねん、エエねん。細かいこと言うなや。そう・・・名前はフランス語がエエなぁ」
リー「フランス語ですか・・・ボンビエールとかじゃベタですもんねぇ・・・」
サン「何でベタやねん?」
リー「『おいしいビール』っちゅう意味ですから・・・スイマセン、冗談です」
サン「よし!それで行こう!」
リー「ホンマっすか?!」

みたいな会話がなかったことを切に願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンカー・クリスマスエール2005@神田「THE Jha BAR(ジャハ・バー)」

ちょっとご無沙汰してた、神田の「THE Jha BAR」。

久しぶりに行くと、キッチン周りがリニューアルしてました。
キッチン前のカウンター席がなくなり、その分キッチンが広くなったとのこと。
たまにキッチン前に座る事もあったので、少し複雑な気分です。

まずカールスバーグの樽生で喉を潤したあと・・・
051213012005
季節モノ、アンカー・クリスマスエール2005をいただきました。
かなり濃い色です。
複雑なスパイスの味がします。

その頃店でかかっていたBGVがコレ。
05121303MJ
昔一緒に連れションした(!)マイケル・ジャクソンのビデオ。
ドイツ・チェコ編に見入ってしまいました。

もう一杯いくか!と飲んだのがRED HOOKのIPA。
05121302REDHOOKIPA
ラベルがモダンな感じに変わっています。
レシピも変わったとのこと。
飲んでみると、ホップの香りはしっかりあるものの、口に残る苦味は少ない感じ。
以前の味を覚えてるわけではないので、あくまでこれだけ飲んだ感想です。

12時をまわった頃、お客さんが私以外いなくなりました。
リラ~ックス。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258
05121304JHA

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

猫又屋のまたたび日記さんにTB送らせていただきました

| | コメント (4) | トラックバック (1)

チェコ(スロバキア)旅行記1992⑯~ブドヴァル!~

チェコ ビール旅行記

チェスキー・ブディヨヴィツェの街に到着しました。
きれいな街です。
一応それなりにヨーロッパは行ってる方だと思いますが、
その中でも、かなり好きな感じです。

少し歩くといきなりこんなものが。
41budvar
ここまでウルケルの緑色が多かったので、ブドヴァルの赤色は新鮮です。

42ceske
広場到着です。
こじんまりした広場でした。
でも、ガイドブックもないし、どこに行けばいいかも全然わかりません。
ひたすら“唯一の目的”ブドヴァルー目指して歩き回ります。

43budvar47crown
あっ、ブドヴァル発見!
行くぜ!

44menu
店の前にあった、メニュー。
画像が悪くてスイマセン。

時間が中途半端だったので、お客さんは我々ともう一組だけ。

45pivo
ブドヴァル注いでくれてます。

46budvar
これがブドヴァル!
こちらの思い入れを全く受け止めてくれない、素っ気無いグラスがまた・・・

詳しくは覚えてませんが(13年前!)、ウルケルより華やかでした。
どちらかというと、ブドヴァル派?かな。
★10

こういう風景がきれいでした・・・
48ceske

この後、オーストリアに入国して、ザルツブルグに行きました。
その話はまたいつか。

ハイ、チェコ終了!
また行きてぇ~

ほな!

チェコ ビール旅行記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本橋「ふらの」ジンギスカン

会社の近くにあるジンギスカン屋さん「ふらの」に行ってきました。
中央通りからちょっと入ったところにあるお店で、えりさんのブログ「ねこちぐらな日々」を読んで知りました。

それではいきなりメニュー!
05112201
ジンギスカンは、生ラム焼、特選ロース焼、漬込み熟成ジンギスカンが食べられます。

店内は新しくて、わりときれいな感じ。
上着を預けて、いざ出陣です(大げさ)。

写真は生ラム焼。
05112202
うん、美味しいです。
あまりジンギスカンを語る言葉を持ってないので・・・見逃してください。

05112203
この「いかの塩辛じゃがバタ」がサイコー(じゃがいもが見えませんが)。
「意外に合うんです!」レベルを超えた美味しさです。

05112204
〆はいくら御飯。
北海道気分です。

会社に近いし、いい店です。

「ふらの」
住所:中央区日本橋室町4-3-14
電話:03-3272-6702
05112205

969)ビールなお店ではないお店(焼肉系)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

沼津・ベアードの前に・・・

先日沼津の「フィッシュマーケット・タップルーム」に行ったときのこと
よくあるパターンですが、まずは寿司から。

私は港派ではなく、駅前派。
駅近くのお寿司屋さんで、腹ごしらえです。

05120902
駿河湾と言えばコレ、でしょうか。
生シラスです。

0512090305120904
どうですか?
美味しそうでしょ?

0512090505120907
甘エビ、穴子、ズワイガニ。
穴子、しっかり炊いてあります。
もちろん、美味しいです。

0512090805120909
軍艦軍団と巻物軍団。
巻物軍団の一番右端に見えるのが芽ねぎ。
これが美味しかったぁぁ。
ここで終ってもいいくらい、満足しました。
もちろん、この後港へ行ってベアードビールを飲んだわけですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長浜の屋台でラーメン!

ホークスタウンで杉能舎ビールを飲んだ後、タクシーで長浜に移動しました。
もちろん、目的はとんこつラーメン!
ラーメンをスープで序列をつけるならば、とんこつ>味噌>塩>醤油な私。
というわけで、福岡に行ったときは必ず1回はラーメンを食べるようにしてます。
が、実は長浜は未体験。
「別にわざわざ行くことない」
といった声も聞きますが、一応行っとかんと。

05111823
到着。
さすが、屋台がいっぱい並んでます。
でもどこが美味しいかなんて、全然わかりません。

えいや!っと決めたのがココ、「若大将」。
05111824
理由はお客さんが多かったから。
それ以上でも、それ以下でもありません。

店内(屋台内?)はこんな感じ。
05111826
鮮魚がいっぱい並んでますが、衛生上生では出せないそうです。

そしてラーメン。
05111827
味のことは正直よくわかりませんが、雰囲気も含めて十分満足できました。
麺の湯切りをするときのパフォーマンスが、売りみたいでした。

これでダラダラ続いていた「広島・福岡ツアー(出張ですが)」も終了です。
ご静聴有難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビールの現場から~福岡県福岡市「杉能舎(すぎのや」②

の続きです。

ちょっと料理紹介。
0511181705111819
左が穴子の一本揚げ。
奥に見えるのが穴子です。
ボリュームたっぷりです。
2人以上で食べたかったところ・・・ですね。
で、右が豚トロの味噌漬け焼。
ビールが進みます。

2杯目はカナディアンペールエール。
05111818
シトラスの風味がします。
ちょっと甘くてジュースっぽい感じ。
甘いペールエールです。
★7

3杯目はアンバーエール。
05111820
インターナショナルビアサミット1997、2004で金賞受賞です。

色は濃い目。
ホップとモルトはどちらかが突出することなくバランスしてます。
美味い!
美味いだけに、もっとデカイグラスで飲みたい!
★9

そしてラスト、スタウトです。
05111821
ドライなスタウトです。
甘さ控えめ、苦味も少々少なめです。
でも、鼻に抜ける香ばしさがあります。
★7

相変わらず、ビールのレベルは高いです。
福岡へ野球観戦に来られたおりには、寄ってみられてはいかがでしょうか。

また行ってみたい度は★4です。

杉能舎
住所:福岡市中央区地行浜2-2-1
電話:092-833-8207

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~福岡県福岡市「杉能舎(すぎのや)」①

昼はオークラ、夜は杉能舎です。
杉能舎ビールの本当の「現場」は西区にあるんですけど、難点は料理が充実してないこと。
私が5年前に行ったときも、道端みたいなところでビールを飲みながら、パンを食べたのを覚えてます。

で、今回。
ヤフードームの近く(ホークスタウン)に、杉能舎さん直営の居酒屋が出来たと聞いてお邪魔しました。
05111813YahooDome05111814

第一印象は「小奇麗な居酒屋さん」。
少々時間も早めだったので、すんなり入れました。
店内にはジャズが流れてます。
05111822

飲めるビールは4種類。
ピルゼン、カナディアンペールエール、アンバーエール、スタウトです。
05111816menu

1杯目、定石どおりピルゼン。
05111815
ホップの香りが適度でいいですねぇ。
しっかりした味わいがあるのに、スルスル飲めます。
さすが、2001、2004インターナショナルビアサミット金賞ビール!
★9

あと3杯、楽しみです。
へ続きます。

杉能舎
住所:福岡市中央区地行浜2-2-1
電話:092-833-8207

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ビールの現場から~福岡県福岡市「オオクラブルワリー」②

の続きです。

飲める4種のビールのうち、お昼ということもあり飲んだのは2種類。
05111803silver
ズィルバァー・ヴァイツェンです。
変な名前やと思ったんですが、アルファベットで書くと「Silver Weizen」。
ドイツ語ってことですね。
いやぁ、もう、すっきりさっぱり。
確かにオークラの料理の邪魔はしない感じです。
★6

05111807schwarz
そしてシュヴァルツ・ヴァイツェン(Schwarz Weizen)。
真っ黒けです。
ただ濃厚なのは色だけ。
こちらもすっきりさっぱりです。
個人的にはちょっと物足りません。
★5

全部飲んだわけじゃありませんが、また行ってみたい度は★2です。

オオクラブルワリー
住所:福岡市博多区下川端町3-2
電話:092-262-1172
05111806

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~福岡県福岡市「オオクラブルワリー」①

福岡で訪れた最初の「現場」は「オオクラブルワリー」。
あの「ホテルオークラ」の中にあるブルワリーです。
高そー。

お昼時だったので、ランチヴァイキング(2000円)のみでした。
広島の「平和工房」に引き続きのヴァイキング。
でもさすが「オークラ」、価格は2倍です。
料理もゴージャスです。
0511180405111805

飲めるビールは4種類。
ズィルバー・ヴァイツェン(淡色ヴァイツェン)
クプファー・ヴァイツェン(濃色ヴァイツェン)
シュヴァルツ・ヴァイツェン(黒色ヴァイツェン)
ゴルド・ピルスナー(ピルスナー)
ヴァイツェン率が75%!
これまでの「現場」訪問史上(?)最高です。

しかもビールはグラス1杯700円!
これだけでも十分高いのに、税・サ別!
キャー!!ガンガン飲めねーー。

に続きます。

オオクラブルワリー
住所:福岡市博多区下川端町3-2
電話:092-262-1172
05111809

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島・福岡ビール旅行記~快適!ひかりレールスター

広島から福岡(博多)への移動は新幹線。
ここでオススメしたいのがコレ!
05111801Railstar
ひかり「Railstar(レールスター)」です。
見た目は普通の新幹線ですが、東京~博多間を通して走っている「のぞみ」とは快適さが違います。

05111802Railstar
指定席ならば、グリーン車じゃないのに2×2のシートレイアウト。
ゆったり福岡(博多)へ行けます!

ビール関係ないがな!

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八角エール&コーヒースタウト到着

先月木内酒造さんで仕込んだビールが到着しました!
(造ったときのエントリはコチラコチラ

05121101
左コーヒースタウト24本。
右八角エール同じく24本。

まだ飲んでません。
どんな味するんやろ・・・?

楽しみなような、不安なような・・・

とりあえず、美味しかろうが不味かろうがレビューだけはしますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県沼津市「Fishmarket Taproom(フィッシュマーケット・タップルーム)」②★5

の続きです。

05120916
黒船ポーターと島国スタウト。
どっちがどっちでもいいでしょ?

黒船ポーター。
アルコール度は6%。
少し甘め。
フルボディで、濃厚。
美味しいなぁ・・・
でも、そろそろパイントはきつくなってきました。
★8

島国スタウト。
アルコール度は4.6%。
苦味が適度でステキです。
ポーターと比べて飲むとわかりやすいんですが、軽いです。
こっちの方が好きです。
★9

05120917
この日飲める7種類の樽生の最後は、アングリーボーイブラウンエール。
苦くて甘くて美味しいです。
これがこの日一番美味しかったビールです。
★9

何故か最後にOrval(オルヴァル)。
05120919Orval
私にとってのザ・ベルギービール。
グラスの脚の部分の質感がたまりません。

半年振りに来ましたが、なんだか勢いがありますね、タップルーム。
ただ、7種類飲めるのに、キャラクターが近いのが多いのが少し気になりました。

とは言えまた行ってみたい度は★5

「Fishmarket Taproom(フィッシュマーケット・タップルーム)」
住所:静岡県沼津市千本港町19-4
電話:055-963-2628
05120913

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県沼津市「Fishmarket Taproom(フィッシュマーケット・タップルーム)」①★5

金曜日に沼津の「Fishmarket Taproom(フィッシュマーケット・タップルーム)」にタップルーム未体験のK氏と行ってきました。

6時過ぎの「こだま」で三島へ、そして沼津。
駅近くのビジネスホテルにチェックインして、電話を入れていたお寿司屋に。
ここの寿司が美味しくて・・・ですが、それはまた今度。

タクシーを呼んでもらい、港のタップルームへ。
いつもと同じ金曜日の9時なんですが、結構混んでます。
流行ってきてますねぇ。
いいことです。

まずはメニューを上から。
05120910
左レッドローズアンバーエール、右ライジングサンペールエール。

まずは、ライジングサン。
ベアードさんと言えば!という感じでホップの香りが嗅覚を刺激します。
飲むと、マスカットのような甘みを感じます。
しかも、あと味がキリッとしてるんです。
美味しいです。
★8

そして、レッドローズ。
これも強いホップの香り。
でも飲むと「苦っ!」って感じはしません。
★7

そして、季節のビールの登場です。
05120912
左帝国IPA、右ホリデージョイスパイスエール。

定番の帝国IPAは、さすがIPA。
ホップ最強。
ホッピスト(ホップ好きのことです)には堪りません。
★8

そして季節限定のホリデージョイスパイスエール。
この日開栓したてだそうです。
05120911menu
シナモン・ナツメグ・クローブが入ってるんですって、奥さん。
飲むとシナモンが印象的です。
アルコール度は6%。
う~ん・・・ちょっとパイントグラスはデカイかなぁ。
小さいグラスで飲みたいです。
★6

に続きます。

「Fishmarket Taproom(フィッシュマーケット・タップルーム)」
住所:静岡県沼津市千本港町19-4
電話:055-963-2628

| | コメント (6) | トラックバック (0)

GUINESS EXTRA STOUT(ギネス・エキストラ・スタウト)

05112501ExtraStout
ギネスのエキストラスタウト、飲みました。
いつも飲んでるギネスドラフトとは全く別物。
甘めでどっしりとした印象のビールです。
ドラフトに馴れてしまったのであまりピンときませんが、こちらのほうがよりコンサバティブ。

でも、ドラフトのが好きですね、個人的には。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼津へ

これから新幹線で沼津に行ってきます!
いつものとおり、魚食べて「タップルーム」です。
ドイツワールドカップ予選突破を「タップルーム」で見届けて以来ですから、
半年振りになります。

当初の予定では、土曜日沼津ゴルフをして帰る予定でしたが、諸般の事情によりキャンセル。
頓挫するかと思いましたが、「沼津飲み&宿泊」だけ残りました。

翌日のゴルフもないし、これは飲むしかないでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島「Molly Malone's(モリー・マロンズ)」アイリッシュ・パブ

美味しい美味しい食事のあとは、アイリッシュ・パブ「Molly Malone's(モリー・マロンズ)」へ。
ここはWaterDragonさんのブログで知りました。

結構いい雰囲気のパブです。
東京にあっても全然OKです。
全く侮れません。
05111728mollymalones

メニューはこんな感じ。
05111731menu
樽生はギネス、キルケニー、バス、ヒューガルテン、ハイネケン、ボディントン、サッポロ。

っと言うわけでボディントン。
05111729Boddington
スルスルスルスル飲めます。
これは広島で飲んでも同じ(当たり前)。

つまみはキッシュ。
05111732

アイリッシュパブって、全国的に人気なんですね。
再認識しました。

「Molly Malone's(モリー・マロンズ)」
住所:広島市中区新天地1-20広島帝劇会館4F
電話:082-244-2554

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島・福岡ビール旅行記~秋ディナーin広島

広島で仕事をした後、支店にいる先輩、同期、後輩と食事です。

まずはふぐの白子と刺身。
0511172205111723
へへへ。
ハハハ。
ビバ!瀬戸内!

そして、日本海の逸品、のどぐろの煮付です。
05111724
のどの部分が黒いので、のどぐろ。
結構高いんです。
ビバ!日本海!

ビールも飲んだんですが、この食事には日本酒でしょう!
05111725
オッターフェストビールを造ってる蔵元さんの日本酒「獺祭」です。

そして、そして・・・広島と言えば。
05111726
ついこの間仙台で三陸の牡蠣もいただきましたが、こちらは少し大ぶり。
甲乙つけがたいですね。

〆はいくらご飯。
05111727

支店の皆様、ご馳走様です。

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~広島県広島市「平和工房」

さて、広島の「現場」です。
広島の繁華街にある「平和工房」。
何度か広島には来てるんですが、これまで縁が無かったので、これが初めての訪問です。
05111712

ランチタイムに行ったのですが、食事はバイキング(1,050円)のみ。
05111717
それほど品数はありません。
そんなに量を食べる方ではないので、それほどお得感はありません。

さて、ビール。
05111713beermenu
通常ならば3種類飲めるみたいですが、この日はアルトが品切れだったので、2種類のみ。
まあ、昼なんでこれくらいがちょうどいいかな?

05111715
「ピュアドライ」440円。
ピルスナータイプです。
ホップの爽やかな香り・・・結構苦めです。
あとは・・・炭酸が強めです。
★6

05111716
そして数量限定の「ハーベストエール」。
ほんの少し色が濃い目で、麦の味も強め。
★6

極私的また行ってみたい度は★2です。

「平和工房」
住所:広島市中区堀川町3-13ラッキー会館B1
電話:082-243-0003

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (0) | トラックバック (1)

広島・福岡ビール旅行記~広島へ

またまた出張、広島です。

広島と言えば、私がビールを好きになるキッカケを作った「ひろしま美術館」があるところです。
0511172005111721

高校の卒業旅行ですから、今から20年前のことです。
青春18キップで大阪から広島を訪れた我々は、色々観光していく中でこの美術館に来ました。
ドラクロワ、ミレー、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ロートレック・・・
それまで知識としてしか知らなかった有名な画家達の作品が並んでいます。

「本物かなぁ、これ?」

それが最初の感想でした。
だって、全然観てる人いないんですもん、我々以外に。

そこで絵画に興味をもった我々は、その4年後みんなで行ったヨーロッパへ美術館巡りの旅でヨーロッパにはまり、その翌年に行ったプラハでビールの魅力にとりつかれたわけです。

05111719
広島の市電です。
路面電車のある街って好きです。

広島・福岡 ビール旅行記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」3回目

Barrel」さんを出て、「ROYAL HAT」さんの前を通って先月2日連続で行ったにも関わらず、またまた「BEER BELLY(ビア・ベリー)」さんへ。
ココのお店、大好きなんです。

で、この日は先月来たとき飲めなかったAJIビアさんのヴァイツェンから。
05111609
美味しい!
さすが!
以上!
(忘れただけですが・・・)

そして、ダークラガー。
05111611
美味い!
以上!

つまんだのはこの店の最高級メニュー「淡路牛フィレ肉わさびソース」980円也。
05111610

BEER BELLY
住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F
電話:06-6441-0717
05111613aji

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪・淀屋橋「ROYAL HAT(ロイヤル・ハット)」

05111608ROYALHAT
「Barrel(バレル)」さんに行った後、1ブロック南にある「ROYAL HAT(ロイヤル・ハット)」の前を通ってみました。
ここは大阪勤務時代によく行ったお店。
会社の近くでギネスやバスのドラフトが飲める店は貴重だったんです、少なくとも当時は。
サンクンガーデンに面してるんですが、そのガーデンに出されたテーブルで飲むのがお気に入りでした。
懐かしいなぁ。
楽しかったなぁ。

ROYAL HAT(ロイヤル・ハット)
住所:大阪市中央区今橋4-3-17住友海上大阪ビルB1
電話:06-6204-1327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gale's ConquestAle(コンケスト・エール)@洗足「PANGAEA(パンゲア)」

先週の木曜日、散々日本酒を飲んだ後、後輩を連れて洗足の「PANGAEA(パンゲア)」さんへ。
いきなり入ったばかりの「コンケスト・エール」をパイントで。
05120109
横に瓶が写ってますが、ドラフトです。樽生です。
そして何とアルコール9%なんですって!
しかもパイント!
しかもその前に日本酒飲みまくり!

全然、覚えてません。

後でデジカメ見てビックリしたんですけど、
こんなものを食べたり、
05120110

こんなものを飲んだりもしたようです。
05120111

何もかも、全て覚えてないんですけど・・・

コートをタクシーに忘れるし、ボロボロでした、この日は。
やっぱり日本酒はキツイ・・・美味しかったけど・・・

PANGAEA(パンゲア)
住所:東京都品川区小山7-16-3
電話:03-3782-7699

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・淀屋橋「Belgian Beer CAFE Barrel(バレル)」

最近話題のビールのお店と言えば、TOKIAに出来た「アントワープ・セントラル」。
ベルギースタイルのビアカフェです。

で、今回行ったのはその「アントワープ」ではなく、大阪にある日本1号店「バレル」。
相変わらず、ひねくれてます。
TOKIA、会社から近いんやから行けっちゅうねん。

さて。
お店があるのは、以前紹介した「BEER BELLY」さんからすぐ近く、淀屋橋駅と肥後橋駅のちょうど中間あたり。
クラッシックな佇まいの住友本館の1ブロック南です。
05111601
ビジネス街にポツンという感じです。

中に入ると、その雰囲気にビックリ。
外人さんが居たからというのもチョットありますが、もうまんまベルギーのビアカフェ!
0511160305111605stella
ねっ!

メニューも当然ながら、ベルギービールが豊富。
05111602MENU

ただビール界の超巨人、InBevさんのお店にしては、少々気になることが・・・
・レフブロンドとステラアルトワの樽生が「Barrel限定」となっていたこと。
他の店で見たことあるような・・・。
大阪の店では、ということなんでしょうか。

・ヒューガルデンの説明文に?
05111606
「大豆麦芽」と書いてありますけど、これって「大麦麦芽」の間違いでは・・・

まあ、そういう細かいことは置いといて・・・
ステラ、飲みました。
05111604stellaartois

つまんだのはフリット。
05111607

この後、すぐ近くの「BEER BELLY」に移動しました。
それはまた今度

Belgian Beer CAFE Barrel(バレル)
住所:大阪市中央区北浜4-7-28
電話:06-6233-0455

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンチルドビールシリーズ⑤「GOLDEN HOP(ゴールデン・ホップ)」

久しぶりのキリンチルドビール。
このブログを始めた頃何回か書かせてもらいました。
で、今回は「GOLDEN HOP(ゴールデン・ホップ)」。
05120409
「後熟ホップのしっかりした苦味」
「爽やかな余韻が楽しめる」
とのことです。

色は普通のビールより少しだけ濃い目。
確かにホップが強いですが、華やかに「パァー」とくる感じではないです。
飲んだ瞬間と言うよりは、後でくる苦味です。

その後飲んだのが同じチルドシリーズの「豊潤」。
ゴールデンホップと比べると、華やか華やか。
色も少し濃い目ですね、コチラの方が。
05120410

好きなのはどっちかと言われると、ソリッドな感じのゴールデンホップかな?
微妙ですが。
★7

以前書いたチルドシリーズのエントリはコチラ

カコログにもレポートがありましたので、TBさせていただきました。

| | コメント (12) | トラックバック (5)

Staropramen Dark(スタロプラメン・ダーク)

05112701StaropramenDark
先日のガーネットに続き、スタロプラメンのダークです。
やぁ、チェコの濃色ビールですね。
香ばしくってスルスル飲める、例のタイプです。
でもチョット大事にしすぎて、飲み頃を逃したかも・・・
貧乏性はダメですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シメイ・ホワイト

05112314CHIMAY
ベルギービールと言えば・・・という感じのCHIMAY(シメイ)。
今を去ること12年前、ベルギーに行ったときのこと・・・
グランプラスに面したカフェで「べるじゃんびあぷりーず!」と言って出てきたのが、シメイ・レッド。
さすがやねぇ!

さて、シメイ3兄弟の中では、私が一番好きなのがホワイト。
ホップが効きかたがイイ感じなのが、その理由。
もちろん、酔いが進むにつれブルーが飲みたくなったりもするのですが・・・

そんなもんちゃいます?

★7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~茨城県那珂市「常陸野ネストビール」②

の続き。

この日は樽生のヴァリエーションがさほどでもなかったこともあり、瓶に移行。
05111218XH
高アルコール(8%)のエキストラハイ。
ボディもしっかりしてるし、ホップも効いてます。
もう少し酔っ払ってから飲むほうがしっくりくるビールです。
まだお昼やしなぁ・・・
★7

05111219
赤米を使って大吟醸酵母をつかって発酵させたレッドライスエール。
ブルワーの高さんによると、アメリカ人はこれを「バブルガムのよう」というらしいです。
言われてみれば・・・
でも私は「ハムの味」がしました・・・
どんな舌してんねん、俺。
★7

05111221
クラッシックです。
IPAベースで、アルコール7%。
美味いです、このビール。
これくらいのホップとモルトのバランスが好きみたいです、私。
★9

05111222
最後はジンジャーエール。
カナダドライと比較すると、全然甘くありません。
って何と比較してんねん。
その名のとおり、ラベルのとおり、生姜を使ったエールです。
わりと苦めです。
思ってたより生姜の味はしませんでした。
何となく「変り種ビール」感が漂いますが、普通に美味しいビールです。
★8

ここらで終了です。
欲を言えば、美味しいつまみがあるともっといいんですけど・・・
と言うわけで、また行ってみたい度は★4(5段階)です。

木内酒造
住所:茨城県那珂市鴻巣1257
電話:029-298-0105

「妻と子供とビールな男」のこだれでらさんも、エキストラハイ飲まれたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~茨城県那珂市「常陸野ネストビール」①

最初に書きます。
木内酒造さんにはレストランはありません。
お昼時に近くを通ったからといって、お腹を空かせて行っても何もいいことはありません。

さて、そんな木内さんですが、ビール造りをすると、一人1,050円で何とビール飲み放題!
私にとっては、ビール造りよりこっちがメインと言っても過言じゃないです。

ちょっとしたカウンターもあってそこで飲めるんですが、ビール造りスペースにも3本のサーバーが・・・
05111208
ブルーベリーエールとヴァイツェンとホワイトエール。
もう、どんどん勝手に注いじゃいます!

で、最初に飲んだのがコレ。
05111209
ブルーベリーエールです。
前日牛久で飲んだクランベリーラガーと似たものを想像しましたが、全然違います。
全然甘くない!
ビールとしていけます。
★6

次がヴァイツェン。
05111211
香りが爽やかで、美味しいですねぇ。
注ぎ方がよければもっと美味しかったんでしょうが(笑)・・・
★8

そしてホワイトエール。
05111214
相変わらず美味いですね。
スルスル飲めます。
★8

こんなに飲みながらビール造りなんて・・・
ビールなめとったらアカンぞ!とお怒りの声を頂戴しそうです。

でも、まだ飲むんです・・・続きます

木内酒造
住所:茨城県那珂市鴻巣1257
電話:029-298-0105

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手造りビール工房@木内酒造②

糖化、ホップの計量までがです。

05111213ヨウ素テスト。
糖化がきちんと出来ているかを確認します。
紫になれば、まだでんぷんが残ってるっちゅうことで×。
ついでに麦汁を一口。
不味いです。

05111216ろ過工程。
麦汁を静かに循環させ、麦芽の層とクリアーな麦汁の層に分けます。
ちょっとだけめんどくさい作業。
この後、隣の釜に麦汁をジョッキで移動させます。

05111220煮沸。
このとき先ほど計量したホップを3回に分けて投入します。

05111224最後に香り付けとして八角投入。
ブルワーの高さんも八角は初めてだったらしく、分量は適当です。
持ってきた分全部入れちゃいました。

05111225ビア友Kがメインで造ってる方はコーヒーを投入。
今回の二人のテーマは「持ち込み材料を何か投入」だったもので・・・
あ、ちなみにこちらはコーヒースタウト。
どっかで聞いたことあるような・・・(笑)

今回は今までで一番賑わってました。
そう言われてみると周りで結構いますもんねぇ、造ってる人。
賑わうはずです。

ここで、ビール造りは終了。
もちろんこの後もやることあるんですけど、ここからは木内さん任せ。

あとは約1ヵ月後に届くビールを待つばかりです。

木内酒造
住所:茨城県那珂市鴻巣1257
電話:029-298-0105

| | コメント (8) | トラックバック (0)

手造りビール工房@木内酒造①

さあ、ビール造りです。
一応ビール造りキットも持ってるんですが、温度管理や衛生管理があまりにめんどくさく、同じレシピで造っても味が変わってしまうという状況に納得できず、最近はもっぱら木内さんで造らせてもらってます。

今回作るビールは「八角ペールエール」(美味しなさそ~)。

ビール作りの工程は知ってる人は結構知ってますが、知らない人は全然知らないと思いますので、少し丁寧に。

05111205モルト計量。
今回はペール6kg、クリスタル0.5kg、ブラック60g、チョコレート70gを計量します。
全ての分量が気持ち「多め」になってしまう私は完全な貧乏性です。

05111206モルト破砕。
麦の形をしているモルトを粉状にします。
スーツ姿で造る場合は、ネクタイに注意してください。
粉状になります。

05111207糖化。
煮沸釜にモルトを投入して、温度を上げます。
下からジョッキで麦汁を出しては上からかけ、循環させます。
極めて地道な作業です。
袖のところが汚れやすいので、一張羅は(古っ)着ない方がいいです。

05111210これが煮沸釜。
手前に見えるのは温度計ですが、これは使いません。
めんどくさくても手にもった棒温度計で温度を計りながら作業するのが、ココ、木内酒造のならわしです。

05111212ホップ計量。
1回目投入分としてチヌーク13g、2回目チャレンジャー20g、3回目ケントゴールディング45gを計量し、別々のボールに取り分けます。
カスケードはあえて使ってません。
最初は色々なホップを嗅いでどれを使うか決めようと思ってたのですが、嗅いでるうちにワケわからんようになってしまったので、やめときました。

ふぅ、疲れてきました。
このへんで失礼します。
続きはで。

木内酒造
住所:茨城県那珂市鴻巣1257
電話:029-298-0105

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »