« 大人1,300円 会津スキー&ビール旅行記2006冬 その2〜栃木・鹿沼「出会いの森 いちご園」 | トップページ | 居酒屋百名山 会津スキー&ビール旅行記2006冬 その4〜会津若松「籠太」 »

新規155ヶ所目! 会津スキー&ビール旅行記2006冬 その3〜ビールの現場から 福島県猪苗代町「猪苗代地ビール」

その2の続き。

 

猪苗代磐梯高原ICで高速を降り、向かったのは猪苗代地ビール。

時刻は午後5時。

昼食を食べてないとは言え、夕食の予定は7時。

ビール好きの私が、わがままを言って寄らせてもらいました。

 

新規155ヶ所目の現場、「猪苗代地ビール」。

06032512_20200823083901

猪苗代湖からほど近い幹線道路沿いに「世界のガラス館」と並んでます。

わかる方にはわかっていただけるかと思いますが、「加賀地ビール館」みたいな感じです。

観光バスがバンバン立ち寄るようなスポット。

 

06032514_2020082308520106032520

2階に上がると、天井の高い広々とした空間が広がってます

 

06032513

そして右を向けば立派な磐梯山ビュー!

おおーっ、美しい!

 

06032515

ビールメニュー。

ピルスナー、ヴァイツェン、ラオホ、ゴールデンエンジェルの4種が飲めるようです。

 

06032518

ヴァイツェン&ピルスナー。

いつもの2種同時注文です。

並べてみるとヴァイツェンの白濁がよくわかります。

 

まずはヴァイツェン。

「まろやかな味とフルーティな香り」。

こんもりとした立派な泡・・・素敵です。

香りがきっちりとあって、爽やかで、よく出来たヴァイツェンだと思います。

これからの季節、いいんじゃない?

★8

 

ピルスナー。

「のどごし爽やかなビール」

キチンと苦くて、ボディしっかり。

美味しいじゃないですか!

★8

 

06032519_1

左ゴールデンエンジェル、右ラオホです。

 

まずはゴールデンエンジェル。

「すっきり味の赤みのかかったビール」

見た目はアンバーエールっぽい感じですが、エールではなくラガー。

下面好きの私としては、期待せざるを得ません・・・が。

すっきりしすぎかなぁ。

もう少し色んな味がするビールを期待してたのですが・・・

★6

 

そしてラオホ。

「ブナのチップでモルトを燻製し、より一層の旨みと香りを引き出した黒ビール」

これ、美味いっす。

燻製香は少な目ですかが、バランスも後味も素晴らしいです。

泡もちもいいんです。

富士桜のラオホと飲み比べたい!

★9

受賞ビールだというのも納得です。

 

060325162

全体としては「意外に美味しかった(失礼!)」という印象です。

ただ、ちょっと雰囲気と料理が?かな・・・

あと、夜の営業が無いのは、飲みたい私としてはツライとこです。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

 

その4に続きます。

 

猪苗代地ビール

住所:福島県耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字村東85

電話:0242-63-2177

|

« 大人1,300円 会津スキー&ビール旅行記2006冬 その2〜栃木・鹿沼「出会いの森 いちご園」 | トップページ | 居酒屋百名山 会津スキー&ビール旅行記2006冬 その4〜会津若松「籠太」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新規155ヶ所目! 会津スキー&ビール旅行記2006冬 その3〜ビールの現場から 福島県猪苗代町「猪苗代地ビール」:

« 大人1,300円 会津スキー&ビール旅行記2006冬 その2〜栃木・鹿沼「出会いの森 いちご園」 | トップページ | 居酒屋百名山 会津スキー&ビール旅行記2006冬 その4〜会津若松「籠太」 »