« 新しくなったPICA富士吉田 富士五湖キャンプ&ビール旅行記2006春 その2  | トップページ | ドイツ・ビール旅行記1994その6~古城ホテルを目指して »

焚き火 富士五湖キャンプ&ビール旅行記2006春 その3

その5の続き。

 

キャンプの夜には、「焚き火」は欠かせません。

これがなければ、キャンプに行く意味が無いくらい。

06041514

 

その焚き火を見ながら飲んだのが

06041511_2020090607580106041512_20200906075901

富士桜のピルス、ラオホ。

食材を買出しに行ったスーパーで、賞味期限寸前のため半額で売ってたものです。

フレッシュさを重視する私にとってはちょっとイマイチなはずなんですが、焚き火と一緒だと美味いんですねこれが。

“絶対的な味”を感知し記憶する能力に欠けている私は、その時の“状況”にものすごく左右されてしまいます。

素人なので致しかたないですね。

 

その4に続きます。

|

« 新しくなったPICA富士吉田 富士五湖キャンプ&ビール旅行記2006春 その2  | トップページ | ドイツ・ビール旅行記1994その6~古城ホテルを目指して »

コメント

同感です!
仲の良い友達と一緒だと、発泡酒も旨いです。


…は、あんまり関係ないデスか…

投稿: Shun@大阪 | 2006/04/19 23:36

いやいや、私もそうです。
どんな美味しいビールでも環境がイマイチやと、全然美味しないです。

投稿: beer-kichi | 2006/04/20 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焚き火 富士五湖キャンプ&ビール旅行記2006春 その3:

« 新しくなったPICA富士吉田 富士五湖キャンプ&ビール旅行記2006春 その2  | トップページ | ドイツ・ビール旅行記1994その6~古城ホテルを目指して »