« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

ドイツ・ビール旅行記1994その14~ツークシュピッツェ

ドイツ・ビール旅行記1994その13の続き。

ノイシュヴァンシュタイン城を見終え、ミュンヘンに向かうと思いきや、またも寄り道。
はよ行け!

寄り道先はガルミッシュ・パルテンキルヘン。
ドイツ最高峰ツークシュピッツェ(標高2,962m)の玄関です。
ここからロープウェイで一気に山頂を目指します。
086zugspitze
中国製の花火のような怪しい日本語案内はご愛嬌です。

チケットを買ってロープウェイが来るのを待ちます。
087zugspitze

ところが・・・

後から来る客来る客、みんな防寒具を着てるんです。
半袖の軽装なのは我々くらい。
6月だから油断してたんですが、よく考えたら標高3,000mです。
「日本人はこれだから(笑)」とか思われたかもしれません。

まあ、じたばたしても今さらどうしようもありませんので、とりあえず乗車。
088cablecar
素晴らしい眺めです。

で、頂上についたらこの景色。
089atthepeak
霧かかってるし、メチャクチャ寒いし、エライ目にあいました。
ホンマは頂上で素晴らしいパノラマを見ながら昼食を食べるつもりだったんですけどね。

090mountain
下山して麓からのツークシュピッツェです。
下から雲で頂上が見えへんと言う事は、当然上から下も見えません。
こんな簡単なことに気づかなかったとは・・・情けない。

ドイツ・ビール旅行記1994その15に続きます。

ドイツ・ビール旅行記1994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・ビール旅行記1994その13~ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツ・ビール旅行記1994その12の続き。

大満足の夜から一夜明けた朝。
082breakfast
きれいな庭で食べる爽やかな夕食です。

この日の最終目的地は、あのミュンヘンですが、その前に幾つか寄り道。

ノイシュヴァンシュタイン城です。
083neuschwanstein
駐車場に車を停めて、てくてく山を登ります。

084neuschwanstein
城内は真っ青な部屋があったり、なかなか凡人には理解できないセンスのものが多数。
さすが王様!

眺めはここでもすごいです。
085neuschwanstein

ビール旅行記のクセに、ビール飲んでねぇな。

ドイツ・ビール旅行記1994その14に続きます。

ドイツ・ビール旅行記1994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・ビール旅行記1994その12~Wasserburgで予想外の大満足

ドイツ・ビール旅行記1994その11の続き。

ホーエンツォレルン城に寄り道してしまった関係で、ホテルも決まってないのに、すっかり遅くなってしまった我々。
一応の目的地はボーデン湖畔の町リンダウなんですが、そこまで行ったら、とてもホテルを探した上でゆっくり夕食をとる時間がとれそうにありません。
仕方がないので、適当な町でホテルを探すことにしました。

その町の名はWasserburg。
リンダウの少し手前(西側)に位置する町です。
ここでフラフラと湖を目指して走っていると、道の突き当たりにいい感じのレストランを発見しました。

私「ここのそばに泊まるところがあったらエエなぁ」
K「そやなぁ」
私「あっ、ガストホフって書いてあるぞ!」
K「よし、早速聞いてみよう」

K「泊まれるって!」
私「よっしゃぁ!」

というわけで、湖畔のレストランのさらにその隣のガストホフに宿泊決定。
確か当時の金額で、一人3千円くらいだったと思いますが、その値段のわりには清潔ないい感じの宿でした。

荷物を部屋に置くやいなや、湖畔のレストランへ。
地元の方と思しき方々で、そこそこ賑わってます。
078wasserburg
賑わってない角度の画像ですけどね。

食べた料理の一つがコレ。
079wasserburg
素朴で美味しかった記憶があります。

そしてここのレストランで圧巻だったのがこの眺め。
080wasserburg
湖に沈んでいく夕日を眺めながら、湖畔で食べる夕食・・・最高で当たり前です。

もちろんビールも飲んでおります。
081wasserburg
生じゃなく瓶で飲んでます。

今もKと私が一緒に飲むと「どこの晩飯が一番よかった?」みたいな話をするわけですが、この日この場所での夕食は、必ず上位にランクインしてきます。

適当に行った町、適当に入ったレストランなんですけどね。

ドイツ・ビール旅行記1994その13に続きます。

ドイツ・ビール旅行記1994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・ビール旅行記1994その11~ホーエンツォレルン城

ドイツ・ビール旅行記1994その10の続き。

黒い森(シュヴァルツヴァルト)でちょっと遅めの昼食をとり、この日の宿泊(予定)地であるボーデン湖畔の町、リンダウを目指して走り始めましたんですが、途中でちょっと寄り道しました。

リンダウまでは結構距離があるので、寄り道している余裕はないはずなんけどね。

寄り道したのはホーエンツォレルン城。
ガイドブック(地球の歩き方)には「ドイツで最も美しいと言われる」とありました。
そそられますよね、普通。

いやぁ、すごかったぁ。
もう絶景。
山の上にそびえてるんですもん、こんな風に。
075hohenzollern
ちょっと画像が悪くてわからないかもしれませんが、とにかくすごいです。
行く価値アリアリです。

お城に入ってガイドツアーに参加しました。
076hohenzollern
さすがに日本語はなく、英語。
ほっぺの赤いかわいい娘さんが案内してくれました。

お城からの眺めです。
077hohenzollern
360度こんな感じです。
こういう山の頂上にお城を建てるということに、どういう意味があるんでしょうか?
もちろん景色がいい、という以外に。

ドイツ・ビール旅行記1994その12に続きます。

ドイツ・ビール旅行記1994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「春秋」三宿店

会社帰りに「春秋」三宿店に行ってきました。


「春秋」三宿店_c0060651_22194017.jpg

 

 

 

 

 

まずはビール。

いつものことですが。

店内は三宿と言う事もあり、お洒落な感じ。

こういう店多いんですよねぇ。


「春秋」三宿店_c0060651_22211735.jpg「春秋」三宿店_c0060651_2221599.jpg

 

 

 

 

 

付き出しと空豆。

「春秋」三宿店_c0060651_22233855.jpg「春秋」三宿店_c0060651_22273396.jpg

 

 

 

 

 

たこの薄造りとだし巻たまご。

普通に美味しいです。

「春秋」三宿店_c0060651_22263565.jpg

ちょっと最近ビール飲み過ぎなので、2杯飲んだところで焼酎にスイッチ。

場所柄なんでしょうけど、いい値段しました。

 


「春秋」三宿店

住所:世田谷区三宿1-3-22 

電話:03-3795-3952 

 

ところで「春秋」って昔三宮とか心斎橋にあった店と同じなんですかね?

公式HPには東京の店しかないみたいですけど。

ロゴとか雰囲気はよく似てるんですよね。

誰か教えて! 

| | コメント (0)

ドイツ・ビール旅行記1994その10~バーデン・バーデンから黒い森

ドイツ・ビール旅行記その9の続き。

ハイデルベルクを素通りし、目指した場所はバーデン・バーデン。
別に腰が痛いとか、肩が凝るとか、冷え性だとかいうわけではないのですが、何となく外国の「温泉」に行ってみたくて。
ガイドブックによれば、有名な温泉は2ヶ所。
カラカラ浴場とフリードリヒ浴場。
大きな違いは前者が水着着用で、後者がすっぽんぽん。
しかもすっぽんぽんの方にも「混浴」があるとのこと。

チキンな我々は混浴but水着ありのカラカラ浴場へ。
073caracalla_1
当然中で写真は撮れず、駐車場の写真。
で、肝心の温泉はまあ何ちゅうか温水プール。
気持ちいいっちゃあ気持ちいいんですが、やっぱり日本式じゃないとね、って感じでした。

温泉を出て町のパン屋でパンを買い、昼食を「黒い森(シュヴァルツヴァルト)」の見晴らしのいいところで食べました。
074schwarzwald

ドイツ・ビール旅行記1994その11に続きます。

ドイツ・ビール旅行記1994

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルトの予習@市ヶ谷「PAUKE(パウケ)」

ケルシュに引き続き、市ヶ谷「PAUKE(パウケ)」で、アルトの予習です。

 

06052510hannen
ハンネン・アルト。
酔いが進んでいたこともあり、ケルシュよりぐっと来ましたねぇ。
モルトの風味が豊かです。

 

06052513frankenheim
そしてフランケンハイム・アルト。
こちらは少しスパイシーな感じです。
と言っても、ベルギーのそれに比べればおとなしいものですが。

 

1次会ケルンで、2次会デュッセルドルフっていうのも悪くないかも。
メチャクチャ贅沢ですけど。

 

0605250606052511
ニュールンベルガー&タンシチュー。

 

「PAUKE(パウケ)」

住所:千代田区四番町4-8野村ビルB1階

電話:03-3264-7890

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケルシュの予習@市ヶ谷「PAUKE(パウケ)」

ドイツの予習をしに、市ヶ谷にある老舗ドイツレストラン「PAUKE(パウケ)」に行ってきました。
日テレが汐留に移転してからは、初めてかもしれません。

 

まず頼んだのは樽生ページに書いてあったコレ。
06052507organic
オイオイ!ボトルやないの!
あんまり文句を言うのも野暮だと思いましたので、おとなしく飲みました。
大人ですから。

 

聞いてみるとドイツ系樽生はレーベンブロイくらいしかないようなので、ボトル中心にスイッチ。
06052509domgaffel
ドム・ケルシュとガッフェル・ケルシュ。
ケルンの予習です。
飲み比べてみましたが、微妙ですね。
今まで何度か「ケルシュはよくわからん」と書きましたが、その感を強くした次第です。
ガッフェルの方が気持ちキリッとしてるかな?というくらいの印象しか持ちませんでした。
「現場」でもこれだとちょっと辛いですが、そんなことないと信じて、ケルンの「現場」に行ってこようと思っております!

 

ビア友Kに好評だった田舎風オムレツ。
06052505

 

「PAUKE(パウケ)」

住所:千代田区四番町4-8野村ビルB1階

電話:03-3264-7890
06052504

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年も行きました!信濃町・明治記念館「ビアテラス鶺鴒(せきれい)」

今年も行ってまいりました、日本のビアガーデン、明治記念館「ビアテラス鶺鴒(せきれい)」。
行ったのは5月下旬。
本格オープンは6月1日なので、こんなイベントはまだやってませんし、一部のメニューに制限はありますが、気持ちのよさは相変わらずです。
06052501
設定されてる席も、まだ少ないですね。

 

06052502
ビールはアサヒスーパードライです。

 

06052503
新潟風(栃尾風?)油揚げをおつまみに・・・

 

風が心地いいです。
もう少し暑くなったらもう一回来たいところです。

 

昨年のエントリ。
信濃町・明治記念館「ビアテラス鶺鴒(せきれい)」其の壱 信濃町・明治記念館「ビアテラス鶺鴒(せきれい)」其の弐

 

ビアテラス鶺鴒(せきれい)
住所:港区元赤坂2-2-23
電話:03-3746-7723

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROAD TO GERMANY⑧~ピルゼンでピルスナー

ROAD TO GERMANY⑦の続き。

デュッセルドルフケルンに行った後は、飛行機で一旦ミュンヘンに帰った後、レンタカーでチェコに行く予定です。

まずはピルゼン。
1992年に続き、2回目の訪問になります。
前回はウルケルの工場にも行ってないし、ビール醸造博物館も閉まってて行けてないし、ビールは辛うじて飲めたものの、食事もしてないし・・・もう全然ダメダメ。

今回はリベンジ!
ウルケルの工場にも行くつもりですし、食事もしますよ!
ああ、楽しみ。
いや、ホンマ。

関連エントリ
Pilsner Urquell(ピルスナー・ウルケル)樽生@本郷「Tail's Ale House(テイルズ・エール・ハウス)」②
Pilsner Urquell(ピルスナー・ウルケル)@本郷「Tail's Ale House(テイルズ・エール・ハウス)」その2


ROAD TO GERMANY⑨に続きます。

131)ドイツ・チェコ ビール旅行(準備編)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ベアード「夏みかんエール」@横濱Cheers

先週行った「横濱Cheers」さんで、ベアードさんの季節モノ、夏みかんエールを飲みました。
06052401
みかんエールより少し苦めかな?
ホップの苦味プラス夏みかんの苦味って感じです。

 

すてきなシャムロックのギネスもいただきました。
06052402

 

最近、この店ではカウンターではなくテーブル席がお気に入りです。
広いし。

 

そういや、去年の今頃は沼津の「現場」で飲んだなぁ。
サッカー日本代表のアジア予選突破の日でした・・・1年って早いなぁ。
興味のある方はコチラ

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ROAD TO GERMANY⑦~ケルンでケルシュ

ROAD TO GERMANY⑥の続き。

デュッセルドルフに続いては、ケルン。

ケルンと言えば、ケルシュ!
ケルンの人はこればっかり飲んでるとの事。
デュッセルドルフのアルトと同じく上面発酵でありながら、色は淡色。
電車だと1時間前後の距離にあるのに、全然違うビール文化があるんですね。

マイケル・ジャクソンさんの「ビール大全」にはこうあります。
「ケルンはケルシュビア一色だ。街のごくふつうのバーに行って、外に看板が出ていたからとピルスナーを注文しても店に置いていないと言われることさえある」
「街の自家醸造の店は、もちろんケルシュビアしか置いていない。ケルンはドイツでももっとも醸造所の多い街である」

そそられるじゃないですか、特に「ドイツで最も醸造所(わたし的には『現場』)が多い」あたりなんか・・・

引き続き「ビール大全」から。
「このように充実したビール事情ゆえに、街には自家醸造の店をはじめ、よいバーや居酒屋がたくさんある」
「このような酒場は個性あふれるビールを味わうには最適の場所だ」

今まで行かなかったのが不思議なくらい、魅惑的な言葉が並んでます。
デュッセルドルフも期待大なんですが、ケルンも凄そうです。

単純に大聖堂も観たいですしね。
デカイらしいっすねぇ。

ROAD TO GERMANY⑧に続きます。

131)ドイツ・チェコ ビール旅行(準備編)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Tさんと2軒目@武蔵小杉「McCANN'S(マッキャンズ)」

Tさんと2軒目。

 

1軒目は「私が行ったことあって、Tさんが行ったことない店」
2軒目は「私が行ったことなくて、Tさんが行ったことある店」というわけで、武蔵小杉の「McCANN'S(マッキャンズ)」に行きました。

 

06052303
写真はエーデルピルス樽生です。
他の樽生はギネス、キルケニー、よなよなリアルエールあたりがレギュラーのようです。

 

2杯目の、よなよなリアルエール飲みながら、まあしゃべるしゃべる(主に私が)。
お店の居心地が良かったこともありますが、何よりTさんとの話が尽きない感じでした。

 

その節はTさん、有難うございました。
次は横濱Cheersあたりでどうですか?

 

ブログ、何らかの形での再開を待っております!

 

「McCANN'S(マッキャンズ)」

住所:川崎市中原区小杉町3-262-1中原市民舘ビル2F

電話:044-711-1761 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Tさんと飲み@六本木「Abbot choice(アボット・チョイス)」

先日、なかなか素敵なビール系のブログをやられていたTさんが、ブログを一時休止されました。
私のスタイルとはだいぶ違うブログでしたが、だからこそ毎回楽しみに読ませていただいていました。

 

あまり(全く?)オフ会とかイベントとかに顔を出す方ではなく、ブログ界の方とお会いする機会はほとんどない私ですが、あまりにも残念だったので、最後に「一度是非飲みにいきましょう」と思い切ってお誘いしたところ「サシ」で飲むことに。

 

何度かメールをやりとりして、六本木の「Abbot's Choice(アボット・チョイス)」で待ち合わせ。
少し早く着いたので、これを飲んで待ちます。
06052301_1
ヒューガルテン。
一口二口飲んだところで、Tさん到着。
思っていたより若い方でしたが、考え方がとってもしっかりしている印象を受けました。
06052302
イサキ(だったかな?)を使ったフィッシュ&チップスを食べ、アボットエール、バスペールエールらを飲みながら、ビールのことやらブログのことやら話をしました。

 

いやぁ、楽しかった。

 

ビールドリンカーとしてのキャリアは、さすがに私のほうが上ですが、Tさんのような若手がどんどん増えてくれば日本の未来も希望が持てます(お前何様?)。

 

さぁ二軒目行くよ、T君!

 

「Abbot's Choice(アボット・チョイス)」

住所:港区六本木5-1-5加藤ビル2階

電話:03-3475-0353

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ROAD TO GERMANY⑥~デュッセルドルフでアルト

ROAD TO GERMANY⑤の続き。

ドイツにはこれまで2回だけ行ったことがありますが、どちらもミュンヘンを基点としたもの。
北の方にも行ってないですし、ライン川周辺にも行ったことありません。
もうバリバリの「バイエルン派」。

とは言え、前から行きたいとは思ってたんですよね、ケルンとかデュッセルドルフとかドルトムントとか。
で、今回は思い切ってデュッセルドルフに4泊してここら一帯をまわることにしました。

デュッセルドルフと言えば「アルト」。
上面発酵の銅褐色のビールです。
日本で手に入りやすいのは、シュロッサーとかディベルスとかハンネンとかでしょうか。
地ビールにも、「アルト」タイプとか言うのがありますのが、今まで「これは!」と言うのに出会った記憶がありません。
これはアルト君にとってはとっても不幸なこと。
「現場」で飲んでやらねばなりません。

調べました、「現場」。
そしたら、出るわ出るわ。
街中「現場」だらけ。
えらいことです。

マイケル・ジャクソンさんの「ビール大全」にはこう書いてあります。
「デュッセルドルフは、独特のスタイルを持つビールがあるだけでなく、自家醸造の居酒屋が4軒もあるという、ビール愛飲家にとってはうれしい街である」
何ということ!
ちなみにその4軒とは「イム・ファックスヒェン」「ツム・シュルッセル」「フェルディナンド・シューマッハー」「ツム・ユーリゲ」。

「デュッセルドルフを訪れるビール愛飲家は、その4軒すべてを試し、さらに近隣の小さな町のビールも試飲するとよい」
指示されちゃいました、マイケルに。
わかりました、ご指示に従いましょう!

ブラボー!デュッセルドルフ。

ROAD TO GERMANY⑦に続きます。

131)ドイツ・チェコ ビール旅行(準備編)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ・ビール旅行記1994その9~ハイデルベルクからバーデン・バーデンへ

ドイツ・ビール旅行記1994その8の続き。

ヒルシュホルン古城ホテルの朝食。
071breakfast
我々以外にも日本人の観光客はいますが、そちらは新婚さん。

どう思われてるんでしょ、心配です。

ホテルを出て、ネッカー川沿いの道を一路ハイデルベルクへ。
ハイデルベルクと言えば、ハイデルベルク大学やシューマン、ブラームス、ショパン、ゲーテゆかりの地があるドイツ屈指の観光の街。
是非寄ってみたい・・・ところではありますが、素通り。

今思うと「何ともったいない」と思いますが、当時の我々にとってはバーデン・バーデンで温泉に入ることの方が大事だったようです。
辛うじてある画像がコレ。
072heidelberg
ハイデルベルク駅近くを通過中。

ホントこれだけ、ハイデルベルク。

失礼しました。

ドイツ・ビール旅行記1994その10に続きます。

ドイツ・ビール旅行記1994

| | コメント (0) | トラックバック (1)

札幌プチビール旅行記2006春その2 ビールの現場から~札幌「ビヤケラー札幌開拓使」再訪

その1の続き。

 

翌日の昼食は「サッポロファクトリー」。

昨年の秋に来たときにも、お昼を食べに来ました。

(その時のエントリはコチラ

飲める地ビールは5種ですが、そのうち飲んだは次の2種。

06051902

ヴァイツェンタイプの「ハリー」とアルトタイプの「クラーク」。

 

まずはハリー。

何せ今度ミュンヘン、行きますから(自慢)。

 

06051903_20201006211201

300mlで550円。

香りもキャラも弱いなぁ・・・

良くも悪くも特徴を抑えてる感じ。

小麦系は好き嫌いがあるから、ですか?

 

そしてクラーク。

何せ今度デュッセルドルフ、行きますから(またまた自慢)。

06051905_20201006211301

430mlで780円。

今ひとつ掴みどころがないんですよねぇ、日本で飲むアルトって。

こんなモンなのかなぁ、アルトの「現場」でも・・・

 

沢山の種類を用意してるってことは、「多様性」をアピールしたいんだと思うのですが、それだったらもう少しキャラを立てておいたほうがいいと思うのは私だけでしょうか?

 

06051904_20201006211301

食べたのはこんなランチ。

 

超短いけど、これで終わりです。

 

サッポロファクトリー

住所:札幌市中央区北2条東4丁目

電話:011-207-5000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

札幌プチビール旅行記2006春その1 札幌「海へ」

またまたまたの札幌出張。

翌日朝からの打合せに備えて、前日夜に札幌入りしたのですが、市内に到着したのが10時過ぎ。

すっかり疲れ果てていたので、すすきのの居酒屋さん「海へ」でかなり遅めの夕食。

 

06051802_20201006204001

プレミアムモルツの樽生を飲みながら・・・

 

06051801-1

メニューを吟味。

 

06051804_20201006204401

名物芋バター煮(360円)。

 

06051805_20201006204901 06051806_20201006204901

真イカの刺身(580円)とモルツ生。

艶が違いますね。

 

06051803 06051807_20201006205101

ふらのビール(680円)。

 

06051808

白身魚と南瓜のグラタン。

ごちそうさまでした。

 

その2に続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ROAD TO GERMANY⑤~情報収集(Web編)

ROAD TO GERMANY④の続き。

前回は今回の準備にあたって参考にした書籍について書きましたが、今回はWeb編。
これまでのヨーロッパ旅行と最も違うのがココです。

今回Webでやったこと。

・航空券手配(ルフトハンザ

・ドイツでのホテル予約(BOOKINGS

・レンタカー手配(AUTO EUROPE

便利な世の中になったものです。
他には・・・

ピルスナー・ウルケル
チェコ語で書いてあるので、ほぼ意味不明。

ブドヴァー
こちらは英語アリです。
助かります。

そして忘れちゃいけないビール情報は・・・

Beer Advocate
これはイイ!
ブリューパブ情報(現場情報)が多いのが助かります。
複数の方のレビューが載ってるのも有り難い。
地図のリンクもあるし、言うことないです。
難があるとしたら英語なこと・・・

ビール文化研究所
ご存知、ビール文化研究所さん。
ドイツビール情報はこちらに頼りまくりです。
写真もきれいですし、私が思いつくドイツの「現場」は大抵載ってます。

もちろん他にも参考にしたサイトはありますが、代表的なものは以上です。
そうそう、コレを忘れてました。

というわけで今までのビアライゼに比べると、情報量は圧倒的。
でも、却ってプランニングしにくくなってます。
不思議なものです。
切る勇気が必要ですね。
辛いですが・・・

ROAD TO GERMANY⑥に続きます。

131)ドイツ・チェコ ビール旅行(準備編)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ROAD TO GERMANY④~情報収集(書籍編)

ROAD TO GERMANY③の続きです。

あらかた予定が決まったので、詳細な情報収集ステージに入ります。

まず参考にしたのがガイドブック。
ですが・・・所詮ガイドブックでは十分な情報収集はできません。
せいぜい、ピルゼンの地図でウルケルの工場が意外に中心部に近いことを知ったぐらいですかね。

次に見たのがビール本。
まずはコレ。
Photo
マイケル・ジャクソン尊師のビール大全。
買うばっかりで読んでなかったんですが、これ優秀。
ビールの評価だけでなく、どこで飲むかの情報が結構豊富に入ってるんです。

これも参考になりました。
500_1
ビールのテイスティングが載ってるだけかと思っていたら、よく読むとこれも「どこで飲むのか」について、結構書いてあるんですよね。
マイケル・ジャクソンも「現場主義」みたいですね(←僭越)

あと「プラハの浮世酒場」(画像無し)も参考にさせていただきました。

今度の旅行は密度が濃そう・・・肝臓大丈夫かな?

ROAD TO GERMANY⑤に続きます。

131)ドイツ・チェコ ビール旅行(準備編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜ビール「ピアノ」@横濱Cheers

会社からの帰り道「横濱Cheers」さんに寄らせてもらいました。

お店に入るとカウンターがほぼいっぱいだったので、あまり座ったことのないテーブル席へ。

この日はドイツ・チェコ旅行の下調べをするつもりだったので、資料も広げたかったですし。

 

まず飲んだのはいつもの樽替わりベアード。

06051701

この日はレッドローズアンバーエール。

華やかですね、相変わらず。

 

そして、横浜ビールの「ピアノ」1,100円。

06051703

ラガーっぽいエールとのこと。

確かに色は普通のラガーみたい。

甘みはほとんどないですね。

飲んだときはさほどではないですが、後でじわ~と苦くなってきます。

 

余談ですが、お店でこのブログを読んでいただいている方から声をかけていただきました。

笑顔で「面白いです」と言っていただきました。

お世辞込みとは言え(?)、有難うございます。

励みになります。

 

横濱Cheers

住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F

電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ダブリンのお土産、いただきました

06052001
ビア友K氏からいただいた、ダブリン土産。
ギネスの「現場」で買った、マグネットです。
あの冷蔵庫に貼り付けるやつ。
なかなか強力な磁力で重宝しそうです。

 

Kさん、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿「Frigo」

代々木「TANNE(タンネ)」でしこたまドイツビールを飲んだ後、てくてく歩いて新宿へ。

あの辺に幾つかあるお店のうち、最初にたどり着いたのが「Frigo」。

 

銀座のFavoriさんよりは若干明るいものの、ここも暗いです。

だから写真はこんな感じ。

06051612

サンフーヤンです。

しかし暗いなぁ。

 

でもムール貝の写真はもっと暗いですよ。

06051613

って、自慢してどうする!

でもこのムール貝メチャうま。

瑞々しいというか、プリプリというか・・・

結構お腹いっぱいだったにもかかわらず、完食いたしました。

 

旅行の前にカラダ壊しそう・・・

 

Frigo

住所:渋谷区代々木2-11-20 新宿島津ビルB1F

電話:03-5371-0666

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンデックス&シュレンケルラ@代々木「TANNE(タンネ)」

代々木「TANNE(タンネ)」での、ドイツ予行演習。

 

06051609
アンデックスのデュンケル。
ここはひょっとしたら、「現場」に行くかもしれません、ワクワク。
しっかりモルトの風味がして、ボトルで飲んでも美味しいビールですが、「現場」で飲んだらどうなんでしょう?

 

06051610_1
ご存知シュレンケルラ。
今回残念ながらバンベルクへは行く予定がないんですけど、同行のK氏がラオホ飲んだことないとの事なので。
飲みなれたせいでしょうか、昔受けたような強烈なインパクトは感じませんでしたが、相変わらず個性的。

 

ちなみに、昔「現場」に行ったときのレポはコチラ

 

「TANNE(タンネ)」
住所:渋谷区代々木1-32-15第3白倉ビル1階
電話:03-3373-6888

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DAB@代々木「TANNE(タンネ)」

前回に引き続きK氏とタンネ。

 

06051607dab

ドイツ系をボトルで頼むのは私にしては珍しいのですが、今度行く予定のドルトムントの前哨戦ということで・・・

ま、これを向こうで飲む(飲める)かどうかはわかりませんが・・・

マイケル・ジャクソン尊師曰く、ドルトムントのビールはミュンヘン系と北部系の中間との事。

なるほど、なるほど。

ホントの実力は「現場」で確かめよっと。

 

そしてソーセージ連発。

060516040605160806051610

普段こんな頼み方はしないんですけどね。

ドイツ気分が盛り上がってるっちゅうことですね、たぶん。

 

「TANNE(タンネ)」

住所:渋谷区代々木1-32-15第3白倉ビル1階

電話:03-3373-6888

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビットブルガー&レーベンブロイ@代々木「タンネ」

K氏(今度ドイツ・チェコに一緒に行く「ビア友K」ではありません、念のため)からメールが来ました。

 

K氏「先日ダブリンから帰ってきました。来週あたり飲みませんか」

現「いいですねぇ、店どこにします?」

K氏「アイリッシュ系以外がいいですね」

現「了解」

 

と、言うわけで代々木の「タンネ」に行くことになりました。

 

現「ダブリンにはどれぐらい行ってたんですか?」

K氏「4泊です」

現「いいなぁ・・・どうでした、ダブリン?」

K氏「あんなに夜が盛り上がってるところは初めて行きました」

現「いいなぁ・・・」

って、「いいなぁ」以外言ってみろ!

 

現「ゴルフもしたんですよね」

K氏「行きましたよ、結構名門なところで1回、そうじゃないところで1回。両方ともリンクスですけどね」

現「いいなぁ」

だから「いいなぁ」以外言えっつってんだ!

 

飲んだのはビットブルガー。

06051602

キリッと苦い、ドイツっぽいピルスナーです。

でも今度の旅行では、ビットブルガーには行く予定はありません。

 

そしてレーベンブロイ。

06051606

何だか、グッとこないなぁ・・・

美味しくないわけじゃないんですが・・・

 

「TANNE(タンネ)」

住所:渋谷区代々木1-32-15第3白倉ビル1階

電話:03-3373-6888

06051611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Grisette fruits des bois(グリゼット・フリュイ・ド・ボア)@渋谷「イドロパット」

武蔵小杉に仕事で行った帰り、めったに行かない渋谷で「イドロパット」に行ってきました。

 

渋谷でしかもパルコの地下。
こりゃ、縁ないですね、私には。

 

隣にある本屋で本を買って、入店。
樽生が3種類あったのですが、私が選んだのはコレ。
06051601
Grisette fruits des bois(グリゼット・フリュイ・ド・ボア)950円。
3種のベリーを使った、私があまり飲まないフルーツ系のビールです。

 

頼んだ瞬間、店のお兄さんから「甘いけど大丈夫ですか?」と聞かれました。
そら、聞きたくなりますわな。

 

いい年こいたオッサンが、

 

渋谷のパルコの地下の、おしゃれな店で、だ。

 

何を頼むかと思えば、「フリュイ・ド・ボア」だ。

 

「間違えてんじゃないかな?この人」
思う方が正常。
親切なお店です。

 

でもね、間違えてないんですよ。
私もたまにはこういうのが飲みたくなることもあるんです。

 

で、だ。
このフルーツ系のビール・・・意外に大丈夫だったんですね。
多少移動で疲れてたことや、食中酒として飲んだわけじゃないことが良かったんだと思います。

 

「イドロパット」
住所:渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO Part1 B1F
電話:03-5456-9123

 

※たぶん無くなっちゃってます、このお店。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ROAD TO GERMANY③~航空券予約

ROAD TO GERMANY②の続き。

大体のイメージが出来てきたので、実務に入ります。
まずは航空券。
これが無いとどうしようもありませんから。

昔であれば価格優先でアエロフロートなども考えたのですが、今回は忙しいのでコストよりも時間の効率性と確実性を重視。
私もKもユナイテッドのマイレージ会員のため、多少高いですがルフトハンザにターゲットを絞りました。
ネットで幾つか格安航空券も見てみたのですが、正規割引運賃とさほど差がなかったので正規で申込。

当初フランクフルトin、フランクフルトoutを軸に考えていたのですが、思っていた日程の便が取れず断念。
結局ミュンヘン経由デュッセルドルフ往復、帰りミュンヘンでストップオーバーすることにしました。

エアが決まった時点での、大まかな日程のイメージ(8泊10日)。
1日目 ミュンヘン経由デュッセルドルフ(19時過ぎ)着。デュッセルドルフ飲み。
2日目~4日目 デュッセルドルフを基点に、ケルン・ドルトムント巡り。
5日目 デュッセルドルフからミュンヘンに飛び、ミュンヘンでレンタカーを借り、チェコへ。
6日目~7日目 チェコ(詳細未定)
8日目 ミュンヘンに戻り、最後の夜をアウグスティナーケラーで。
9日目 ミュンヘンから日本へ。

あくまで予定は未定。
何せ決めたとおりに旅行したことないもので・・・

ROAD TO GERMANY④に続きます。

131)ドイツ・チェコ ビール旅行(準備編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌旅行記2006春その3 新千歳空港「まつじん」

その2の続き。

札幌からの帰りはいつものように新千歳空港(←当たり前ですが)。

 

06051109_20201006182701

夕食はココ。

松尾ジンギスカン、まつじんです。

 

06051107_20201006182801 06051108

そして食べたのが特上ジンギスカン定食。

 

06051106_20201006182901

もちろん、with beer。

それもサッポロクラシック。

 

ジンギスカンは独特のタレに漬けてあります。

ちょっと個人的には醤油が強いかな?

 

短いけど、これで終了です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

札幌旅行記2006春その2 札幌「味の三平」

その1の続き。

 

06051101

午前中で打合せを終え、昼食。

先輩のたっての希望で、会社から歩いていける「味の三平」でラーメンです。

 

06051104central

大通近くの文具店ビルの4階だか5階だかにあります。

ここは「味噌ラーメン」の元祖だそうです。

 

06051102

まずはしゅうまいから。

 


札幌「味の三平」_c0060651_2327287.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてラーメン。

見た目はあんまり味噌っぽくありませんが、食べた感じもいわゆる味噌っぽくはありません。

ちょっと塩辛いかな・・・

店員さんの接客はとても慣れた感じで、悪くなかったです。

 

その3に続きます。

 

味の三平

住所:北海道札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸藤井セントラル4F

電話:011-231-0377

| | コメント (0)

札幌旅行記2006春その1 札幌「磯金」

今年に入って5回目の札幌。

さすがにもうビールの店を探して行くガッツがなくなってたので、普通に札幌の美味い店へ。

 

06051007_20201006180201

すすきのにある「磯金」。

 

06051001_20201006180401

まずはビール。

一番搾りでございます。

 

06051002_20201006180401

まずは釣りサバのうす〆。

美味い!

美味い!

 

06051004_20201006180601

そして子持ちししゃも!

なぜししゃも!とビックリマークがつくのかは、自分でもよくわかりませんが。

写真で伝わりますかねぇ、美味しさが。

 

06051005_20201006180901 06051006_20201006180901

そしてカニ身がいっぱいの甲羅揚げ。

素朴に良かった。

初心を思い出しました(←何の?)

06051003

メニューのっけときます。

 

その2に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROAD TO GERMANY②~第一回打合せ@下北沢「うしとら」

ROAD TO GERMANY①の続き。

家族を置いてドイツ・チェコ行きを決めたビア友Kと私。
早速プランニング会議を下北沢の「うしとら」さんで開催しました。
まず一杯目は「やっぱドイツでしょう!」ということでフランツィスカーナー。
06050101
ちなみにKはヴァイエンシュテファンでした。

私が提出した再訪およびリベンジを中心とした「たたき台」は次のようなもの。
ミュンヘン行って、アイインク行って、ヴァイエンシュテファン行って、ヴェルテンブルガー行って、バンベルグ行ってチェコへ。
ヘプ経由でピルゼン行って、チェスケー・ブディェヨヴィツェ行って、プラハ。
ここでドイツに戻って、デュッセルドルフ行って、ケルン行って、ドルトムントを回って、ミュンヘンでフィニッシュ。

って、9日間で行けるかい!
「水曜どうでしょう」やないんやから。

ここでビールを飲みながらあーだこーだ。
06050102pa0605010306050107

真剣な議論の結果、お互い未訪問のケルン・デュッセルドルフと再訪になるチェコを軸として旅程を組むこととし、バイエルンは泣く泣く諦めることにしました。

よし、これからディテール!
06050106

ROAD TO GERMANY③に続きます。

131)ドイツ・チェコ ビール旅行2006(準備編)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ROAD TO GERMANY①~ドイツとチェコに行ってきます!

唐突ですが、来月ドイツとチェコに行ってまいります。
出張ではございません、純然たる旅行。
家族旅行ではありません、ビア友Kとのビール飲みまくりの「ビアライゼ」です。

ビア友Kとはこれまでも1992年のチェコ・オーストリア、1994年のベルギー・ドイツ、1995年のイングランド・スコットランドと3回「ビアライゼ」に出かけてますが、今回は11年ぶり4回目の海外です。

ここに至るまでの道のりは、決して順調なものではありませんでした。
私もKも小学生と幼稚園児の2児の父。
小さいお子さんお持ちの方にはご理解いただけると思いますが、お父さんが家族を置いて海外旅行に行くなんてまあ普通に考えて無理。
私もそういう人が身近にいたら「道楽親父」だと思いますもん。

そんな中、何とか私もKもそれなりに家族の同意を得、今回の実現にこぎつけました。

旅程についてもぼちぼちと書いていきたいと思っていますが、11年ぶりのビアライゼなので少々興奮しているようです。
とりあえず、今日はこの辺で失礼します。

131)ドイツ・チェコ ビール旅行2006(準備編)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ドイツ・ビール旅行記1994その8~1603 PREMIUM PILSENER

ドイツ ビール旅行記1994その7の続き。

やっとビールにたどりつきましたl
066beer
当時は何飲んでるかさっぱりわかりませんでしたが、今調べるとHEIDELBERGER BRAUEREIというところが醸造してる1603 PREMIUM PILSENERというビールのようです。
感想ですか?
覚えてるわけないでしょ!

そして、次はこれを飲んだみたいです。
067beer
これ何と言うビールですか?
教えてください。

料理は確か鹿肉の煮込み。
068deer

069restaurant
まだ明るいですが、何ともう10時前。
恐るべし夏のドイツ。

ドイツ・ビール旅行記1994その9に続きます。

1994ドイツ ビール旅行記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本橋「皆美」初訪問

コレド日本橋4階にある「皆美」という鯛めしのお店に行ってきました。

食べたのは「特選鯛めし会席」8,000円也。

松江の味「皆美」鯛めし@コレド日本橋_c0060651_032011.jpg

 

 

 

 

 

先附けのあとに出てきたのがこの前菜。

蛍烏賊ゼリー掛け、穴子押し寿司、巻き海老芝煮、細魚紫蘇揚げ、桜海老みぞれ、蕗の薫ぼんぼり・・・だそうです。

会席って名前が大層ですね・・・

松江の味「皆美」鯛めし@コレド日本橋_c0060651_039560.jpg

 

 

 

 

 

そして吸い物、造りと続いた後、焼物。

太刀魚の八幡焼き、竹の子木の芽焼き、酢取り茗荷、花豆。

煮物は島根牛柔煮でしたが、画像なし。

松江の味「皆美」鯛めし@コレド日本橋_c0060651_041510.jpg

 

 

 

 

 

強肴。

合鴨ロース煮と山菜天ぷらと白魚柳川の三品からチョイスしたのが合鴨。

松江の味「皆美」鯛めし@コレド日本橋_c0060651_0423296.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして〆であり、最大の見せ場「鯛めし」。

鯛がデーンと乗っかってて、ほぐして食べる鯛めしは大阪時代に食べたことがあるんですが、ここの鯛めしは違います。


松江の味「皆美」鯛めし@コレド日本橋_c0060651_0433852.jpg

 

 

 

 

 

こんな感じなんです。

鯛は鯛でも鯛のそぼろを使ってるんです。

そして、これがメチャうまなんです。

いや、ホント、正直ちょっと侮ってたんですが、美味かったです。

 

| | コメント (0)

ビアライゼ打合せ@神田「THE Jha BAR」

ビア友Kと急遽ビアライゼの打合せをすることになり、午後9時ごろ会社から近い神田の「THE Jha BAR」さんに行ってきました。

 

ホントたまたまなんですが、ここのハウスエール2種(神田エール&IPA)が2つとも樽生で飲める日だったんでラッキーでした。

06050802jha

打合せ自体は面倒くさいばかりで、「楽しい」というよりは「苦しい」ものでしたが(ホンマか?)、美味しいビールのおかげで順調に進みました。

 

この写真は神田エール。

06050801

もちろん神田IPAも含めて4パイントくらい飲んだかな?

ご馳走様でした。

 

THE Jha BAR

住所:千代田区神田多町2-5

電話:03-3252-3258

 

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その12

その11の続き。

 

食事が終った時点で、まだまだ関越道も東北道も30キロ前後の渋滞中。

まだまだ突っ込む気にはなれません。

と、言うわけで埼玉県行田近辺で、これまた偶然見つけた立ち寄り湯「茂美の湯」でひとっ風呂。

06050542

ここの風呂、源泉かけ流しで、露天風呂がいくつもある上に、一つ一つに大型TVが設置されていて、皆さんお風呂に入りながら「亀田の日」やナイターを観戦中。

お湯もぬるめで、子供もゆっくり入れたのが有難かったです。

 

9時過ぎにお風呂を出て、東北道岩槻インターから高速。

ほとんど渋滞知らずで、何とか横浜の自宅に帰り着いたのが11時。

確かに満喫できましたが、少々疲れました・・・

 

| | コメント (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その11 ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」

その10の続き。

 

06050530a

左がヴァイツェン。

「爽やかな香りとフルーティな味わい」

さっぱり・・・しすぎかな。

★6

右はジャーマンスタイルエール。

季節限定です。

「クリーンでみずみずしい口当たり」

ほのかな甘味がします。

でもこちらもさっぱりしすぎ。

★6

 

06050539pa

最後3杯目、ペールエール。

「のど元に広がるキリッとした軽い苦味と、香りとコクのハーモニー」

これもちょっと薄いなぁ・・・。

★6

 

食べ物は石窯で焼くピザが自慢とのこと。

06050535_20201006153101

ピザだけでなく、こんなものも。

06050541

太田って焼きそばって有名なんですね。

富士宮(これは行った)、横手(これは行ってない)と並んで焼きそばの町なんですって。

 

06050540

もちろん頼みましたよ。

富士宮に比べると、特長がよくわかりません・・・

今のところ富士宮派かなぁ。

他でも食べてみないと何とも言えませんが・・・ 

 

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

 

その12に続きます。

 

「ブロイハウス・ヨラッセ(現:ダニエルハウス)」

住所:群馬県太田市飯田町895

電話:0276-47-1222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その10 ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」

その9の続き。

 

太田市に来た目的は「ブロイハウスヨラッセ」、またまた地ビールの「現場」です。

06050528_20201006152301 06050529

ビールの現場から、新規157番目の「現場」は「ブロイハウス・ヨラッセ(現:ダニエルハウス)」、呑龍夢麦酒の「現場」です。

東武伊勢崎線の太田駅からも徒歩6分とのこと。

 

ドイツ南部(バイエルンのこと?)の田舎風建築がコンセプトになっている建物は、天井も高くなかなか立派。

06050533_20201006152501 06050534_20201006152501

ビールも「ビール純粋令」を意識して、麦芽100%だそうです。

 

06050538menu

ビールは季節限定のジャーマンスタイルエールを入れて3種類。

値段もまあまあお手軽です。

 

その11に続きます。

 

「ブロイハウス・ヨラッセ(現:ダニエルハウス)」

住所:群馬県太田市飯田町895

電話:0276-47-1222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その9 「食の駅ぐんま」〜「群馬県立敷島公園」

その8の続き。

 

ロックハート城から、景色のいい一般道をドライブ気分で前橋へ。

特にあてはなかったのですが、通りすがりにそそられた「食の駅 ぐんま」にまたまた寄り道。

06050526

ここ適当に入った割には結構いい施設でした。

新鮮な野菜も買えますし、群馬のお土産も豊富。

子供達は子供の日ということもあり、アイスクリームをサービスしてもらっちゃいました。

 

「食の駅 ぐんま」を3時半頃に出たあと、利根川沿いを走っていると、前橋市内で良さげな公園を発見。

群馬県立敷島公園

ここに寄らなきゃいけない必然性は全くなかったんですが、今日は家に帰るんではなく、GWらしく楽しむのが目的なので、迷わず寄り道です。

子供用の遊具で遊んだり、ばら園を散歩したりしながら、小一時間過ごした後、ちょっと早めの夕食をとるために群馬県を西から東に横断し、太田市へ。

 

その10に続きます。

| | コメント (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その8 ビールの現場から~群馬県高山村「シャトーエール」

その7の続き。

 

最後3杯目はポーター。

06050512
見た目から想像するよりさっぱりしてますね。

酵母の香りがします。

★5

 

料理も載せときます。

06050509_20200921220301 06050510_20200921220301

定番中の定番、ポテトとソーセージです。

料理は全くイギリス(スコットランド)は意識してないみたいですね。

 

そしてコレ見てください。

06050513

ウスターソースを薄めて作ったようなスープに浸かった麺。

見た目美味しくなさそうですが、実際食べても美味しくありません。

断固オススメしません!

 

また行ってみたい度は★2(5段階)で。

 

食後、園内散策。

TVシリーズの「シャーロックホームズの冒険」で使われた馬車。

06050514

何故ここにあるのかは不明ですが。

そして城内には津川雅彦コレクションのサンタミュージアム。

06050518

名誉城主(津川雅彦氏)のお部屋もあります。

06050520

どういうわけかダイアナ妃が使用していたロールスロイスも拝めます。

06050522

この他にも、バンジージャンプやちょっとした遊び場もあります。

ここで2時前まで観光。

入場料大人千円は少々高いかな?

 

その9に続きます。

 

「大理石村 ロックハート城」

住所:群馬県吾妻郡高山村5583-1

電話:0279-63-2101 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その7 ビールの現場から~群馬県高山村「シャトーエール」

その6の続き。

 

レストラン「ビッグハート」に入りました。

06050504_20200921215301 06050505_20200921215301

結構大バコです。

でも従業員が少なくて、イッパイイッパイ状態。

大丈夫かな?

 

ビールのメニュー。

06050506

3種類飲めます。

値段も頼みやすい感じですね。

 

06050507paa

左ペールエール。

イギリスっぽいペールエールですが、冷えすぎかなぁ。

生ホップっぽい味がします。

もう少しモルトが強い方が好きです。

★5

右アップルエール。

沼田産のりんごを使用したエールです。

色は結構濃い目です。

甘くないですね。

酸味と苦味が中心です。

★6

 

その8に続きます。

 

「大理石村 ロックハート城」

住所:群馬県吾妻郡高山村5583-1

電話:0279-63-2101 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その6 ビールの現場から~群馬県高山村「シャトーエール」

その5の続き。

 

5月5日午前9時半新潟の実家を出発。

もう少し早く出て、一目散に帰れば渋滞はないことはわかっているんですが、それじゃあ楽しくないじゃないですか。

まずは月夜野で寄り道、

ロックハート城です。

GW渋滞回避ドキュメント2006年5月5日①_c0060651_21264992.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時頃到着。

駐車場、結構混んでます。

入場料大人1,000円(HPの割引券で900円)。

たけぇなぁ。

元取れるんかなぁ(笑)

ここはスコットランドに実際にあったお城を移築したお城を中心とした施設。

さすがにお城は本格的。

でもまあ、スコットランドの城はスコットランドで見たいですけどね。

何で群馬で?っちゅうのが正直な感想です。

 

お城から見たレストラン「ビッグハート」。

156番目の「現場」になります。

06050516

ここでビールが飲めるわけです。

 

さて飲みますか、ビール。

その7に続きます。

 

「大理石村 ロックハート城」

住所:群馬県吾妻郡高山村5583-1

電話:0279-63-2101 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その5 ビールの現場から~新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」

その4の続き。

 

06050308aara

左のアンバーエールから。

美味い!

香ばしくって、かつ飲みやすい。

いいなぁ・・・大好き。

★9

 

右のゴールデンエールのリアルエール版。

リアルエールの常として、角がとれたまろやかな味わいになりますね。

どっちが好きかは、完全に好みの問題。

ホップのキャラがくっきり感じられます。

★8

 

06050309-1

ポーター。

当たり前ですが、色は濃い目。

しっかりした、へヴィーなビールです。

納豆臭はわずかに感じられますが、許容できる範囲です。

やや苦めですね。

★8

濃い目のソースのパスタによく合いました。

このほかにもバーレーワインもあったんですが、パスしました。

 

06050311

最後はパフェで〆。

 

ちょっと後悔したのが、食事も終盤に入った頃にコレを見つけたこと。

06050310_20200915184001

私の大好きな「飲み放題」。

頼んどきゃよかった・・・

 

また行ってみたい度は相変わらずの★5(5段階)。

やっぱエエわ。

 

その6に続きます。

 

レストランスワンレイク

住所:新潟県阿賀野市金屋345-11

電話:0250-63-2000

06050312 06050313

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その4 ビールの現場から~新潟県阿賀野市「スワンレイクビール」

その3の続き。

 

5月3日。

子供達をおじいちゃん、おばあちゃんに預け、夫婦でスワンレイクへ。

結構辺鄙なとこなんですけど、さすがGW、エライ人です。

行ってみたかった「五十嵐邸離れ Kura凛」は予約でイッパイでした。

 

そういうわけで、「レストラン・スワンレイク」。

 

まずはビールメニュー。

06050302menu

 

最初に頼んだのが・・・

06050304ga_1

まずは写真左のゴールデンエール、240ml400円。

「少し苦みも味わえる風味の豊かさが特徴です」

色は見てのとおり薄め。

ちょい苦で、美味い!

真っ白な泡が印象的でした。

★8

 

そして写真右、越乃米こしひかり仕込み。

「キレがあり香り豊かなスペシャルラガービール」

さすがこしひかりを使用してるだけあって、口当たりが軽い!

甘みも苦みも控えめのところでの、いいバランス。

好きなタイプではありませんが、これはこれで美味しいと思います。

★7

 

06050305-1

ホワイトスワンヴァイツェン。

「フルーティな味と香りが特徴です」

色は薄く、黄色。

とがったところのない、まろやかなヴァイツェンです。

★8

 

06050306_20200915183401

鴨肉のラグーソースリガトーニ。

 

06050307_20200915183401

キャベツとミモレットチーズのからすみパスタ。

 

その5に続きます。

 

レストランスワンレイク

住所:新潟県阿賀野市金屋345-11

電話:0250-63-2000

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その3 ビールの現場から~新潟県南魚沼市「八海山泉ビール」

その2の続きです。

 

最後はコレ。

06050213pamenu

 

ペールエールのリアルエール版です。

06050214para

泡もちはいいです。

ちょっと薄めな感じもしますが、そこがまたイギリスっぽい感じのエールです。

★8

 

ここの「現場」、フードが地元色があっていいです。

06050212_20200915174501

もち豚しゃぶしゃぶ。

 

06050211_20200915174501

名物の「へぎそば」なんかもあったりして。

 

夜に訪問したこともあり、ここの最大の売りの「ロケーション」が満喫できなかったこともあり、また行ってみたい度は★4(5段階)ってことで。

 

その4に続きます。

 

八海山泉ビール苑

住所:新潟県南魚沼市泉564-1

電話:025-775-3939

06050215_20200915175001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その2 ビールの現場から~新潟県南魚沼市「八海山泉ビール」

その1の続き。

 

3杯目、4杯目。

06050210

反省して、390ml入りのグラスに変更しました。

 

ピルスナー(左)。

「どっしりとしたコクのある味わい」

そうかなぁ?

色は薄め、少し苦めです。

★6

 

アルト(右)。

「ほのかに感じる甘味とすっきりとしたホップの苦味」

うん、確かにいい感じ。

こういう甘味と苦味がうまいこと同居してるビールが好きみたいです、個人的に。

★8

 

06050206_20200915174101

サラミ。

 

06050207_20200915174101

ピザ。

 

06050208_20200915174101

もち豚。

 

その3に続きます。

 

八海山泉ビール苑

住所:新潟県南魚沼市泉564-1

電話:025-775-3939

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟帰省&ビール旅行記2006春その1 ビールの現場から~新潟県南魚沼市「八海山泉ビール」

GWの5連休は、妻の実家がある新潟に帰ってました。

新潟と言えば「現場」!

まあ、あくまでワタシ的にではありますが・・・

八海山は昨年もこのタイミングで訪問したので、約1年ぶりになります。

06050216_20200915172801

東京都内の渋滞が思ったよりひどく、横浜の自宅から練馬ICまで何と3時間!

したがって、ここに到着したのが8時過ぎ。

ラストオーダーが8時半なので、結構ぎりぎりでした。

 

何度来ても、この木をふんだんに使った空間は贅沢です。

06050201_20200915172901

 

レギュラービールはこの3種類。

06050202menu

 

最初に頼んだのはこの2杯、ヴァイツェンと春限定のゴールデンエール。

06050205ga

グラス小さすぎました・・・

全部で5杯飲まなきゃいけないので、小さいグラス(170ml)で頼んだのが失敗でした。

あまりに少なすぎ。

2口くらい飲んだら終っちゃいます。

ヴァイツェン。

全体的にどこがどうということはないんですが、ちょっとあっさりしすぎかなぁ?

★6

ゴールデンエール。

すっきりしてるんですが、何だかなぁ・・・ひっかかりが少ない感じですね。

★6

 

その2に続きます。

 

八海山泉ビール苑

住所:新潟県南魚沼市泉564-1

電話:025-775-3939

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下北沢飲み歩き三軒目「ALGONQUIN'S BAR」

下北沢飲み歩き、三軒目は少し外れにある「ALGONQUIN’S BAR」。
06042120algonquinsbar

 

下北には私より土地勘があるビア友K氏が連れてってくれました。
こじんまりとしたバーです。
店内真っ暗です。
06042119
ウォッカトニックもブラックライトを浴びて光ってます。

 

40になんなんとする二人がよう飲みますわ。
さすがにこの日はこれで終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北沢飲み歩き二軒目「うしとら」②

の続き。

06042116100
エチゴのビタネスユニット100。
すごい名前です。
50もあったらかなり苦いビタネスユニットが何と100!
何すんねん、と思わず言わずにおれません。

色は赤褐色。
意を決して飲んでみました・・・
ん?
いきなり苦いわけじゃありません。
後からじわじわとは来るんですけど。

06042115
ごぼうの辛揚げ。
辛くて美味いです。

06042118
酒盗クリームチーズ。
美味いです。
しっかりした白ワインなんかと一緒に食べたいですね。

二軒目なんでそんなに飲めませんでしたが、次回はしっかり飲みたいです。

うしとら
住所:世田谷区北沢2-9-3
電話:03-3485-9090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北沢飲み歩き二軒目「うしとら」①

二軒目は本多劇場近くの「うしとら」さん。
今年3月にオープンしたお店です。
0604211106042112

この店の自慢は23種ある樽生。
メニュー見てください。
06042113
すごいですねぇ。
しかも店内なかなかおしゃれな感じです。

そしてここの店での1杯目、いわて蔵ビールのIPA。
06042114ipa
後での襲ってくるタイプの苦味です。

連れのK氏が注文したのは同じいわて蔵のオイスタースタウト。
そしてフードが牡蠣の燻製。
06042117
ふんふん、なるほど、濃厚だね、この組み合わせは。

に続きます。

うしとら
住所:世田谷区北沢2-9-3
電話:03-3485-9090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北沢飲み歩き一軒目「蔵くら」③

の続き。

06042107ipa
箕面のIPAです。
IPAだけにカスケードホップが効いてますが、先ほどのサンクトガーレンほどじゃないかな?
ホップの快い刺激とモルトの甘味が同時に感じます。

06042108
宮崎ひでじビールの「むささび」。
ダークラガータイプです。
これだけ瓶でいただきました。
ひでじビールの「現場」に行ったのは2001年ですから、今から5年前。
正直「ショボイ」現場でしたが(スイマセン!)、ビールは美味しかったのを覚えています。
香ばしくて軽いですね、見た目と違って。
フレッシュなのが、また飲みたくなってしまいました。

そして最後はスワンレイクのポーター。
06042110
苦くて甘くて、甘くて苦い。
ハイレベルでバランスしてるなぁ・・・

ここのお店、ビールももちろん素晴らしいんですが、メニューが素晴らしいんです。
見た目もきれいだし、ビールの説明もわかりやすいし。

いいなぁ、下北沢遠くないし、また来ようかなぁ。

と、言うわけで二軒目に移動です。

蔵くら
住所:世田谷区北沢2-20-19
電話:03-5433-2323

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北沢飲み歩き一軒目「蔵くら」②

の続き。

1杯目は実は決まってたんです。
ぎりぎりハッピーアワー(~19時)だったので、対象商品であるサンクトガーレンペールエール。
06042102pa
ハッピーアワー価格420円。
アメリカンな感じですね。
カスケード効き効きです。
ちょっとこの時の気分じゃなかったので★7。

2杯目はベアレンピルス683円(通常価格)。
06042105
先日飲んだクラシックほどガツンとは来ませんが、その分好バランス。
良いなぁ、ベアレン。★8

おつまみのささみとチーズの香り揚げの写真も載せときますね。
06042106

へ続きます。

蔵くら
住所:世田谷区北沢2-20-19
電話:03-5433-2323

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »