« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その43~「Zum Schiffchen(ツム・シッフェン)」デュッセルドルフ | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その44~「Zum Schiffchen(ツム・シッフェン)」デュッセルドルフ »

ビールの準現場から~北海道石狩市「石狩番屋の麦酒」③~そしてゴールドラガー!

の続きです。

2杯目、ゴールドラガー。
06070311
「石狩産米ほしのゆめ『加夢加夢』がもたらすやわらかい風味と麦芽の深い味わいが調和され、爽快な喉ごしが特徴のビール」と説明にはあります。
確かによく出来たビールですが、少々個性に欠ける印象です。
大手ビールとの差別化が難しそうです。
★7

鹿肉ハンバーグです。
06070310

お店を出て、川を渡り、振り返って撮ったのがこの写真。
06070313
お店が遠~くに見えました。

帰りは国道を走る路線バス(1時間に1本)に乗って帰りました。

オマケ
06070314

|

« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その43~「Zum Schiffchen(ツム・シッフェン)」デュッセルドルフ | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その44~「Zum Schiffchen(ツム・シッフェン)」デュッセルドルフ »

コメント

こんにちは。私も最近札幌出張が多いので、夜はビールが楽しみであります。が、ここのブルワリーは行ったことありません。ビールよりも(グラスのデザインきれいですね)、鹿肉ハンバーグが激しく気になります。お味はいかがでしたか?

投稿: えり | 2006/07/22 23:42

えり様
お久しぶりです。
鹿肉のハンバーグ、挽肉自体はちょっぴりワイルドな味がするのですが、いかんせんソースが普通で・・・。
全体としては「普通」でした。
そうそう、ここは「ブルワリー」というわけではないので、ご注意ください。

投稿: beer-kichi | 2006/07/23 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビールの準現場から~北海道石狩市「石狩番屋の麦酒」③~そしてゴールドラガー!:

« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その43~「Zum Schiffchen(ツム・シッフェン)」デュッセルドルフ | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その44~「Zum Schiffchen(ツム・シッフェン)」デュッセルドルフ »