« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その92~クルムバッハ | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その93~クルムバッハ街歩き »

ビールの現場から~宮城県角田市「仙南クラフトビール」その3

その2の続き。

060910151307
左ピルスナー、右シンケンラガー。

ピルスナー。
「淡色ラガー系、長期熟成からつくり出されるすっきりタイプ」
色は薄めで、香りはわりと普通。
ですが飲んだ瞬間パッと、そしてキリリと苦味が広がるんです。
これが最高。
王道のピルスナーという感じがします。
★9

シンケンラガー。
「長期熟成からつくり出されるまろやかな味、アルコール度数高め。通称ロッキーヘッドと呼ばれる銘柄」
やや濁ってます。
甘さと苦さのバランスがニュートラルですね、特に苦めのピルスナーと比べると。
もう少しサーブ温度が高めだともっと美味しく感じたかも・・・
★8

いやぁ、どちらも素晴らしい!
下面発酵好きには堪えられません。

しつこいですが、ここまで飲んでビール代わずか400円!
エクセレント!

オマケ。
ランチメニューを載せておきます。
060910131257

その4に続きます。

仙南シンケンファクトリー
住所:宮城県角田市角田字流197-4
電話:0224-61-1150

|

« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その92~クルムバッハ | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その93~クルムバッハ街歩き »

コメント

ご無沙汰しております、wawawaです。
wawawaならBセットとビール2杯でかなり満足でねぇ。
会社の周りのランチ事情が貧しいため、思わずいろいろ
想像してしまいました・・・。

投稿: wawawa | 2006/09/30 21:20

wawawa様
私も近所でこんなランチが食べられたら・・・
いかんせん宮城は少々遠いです(笑)

投稿: beer-kichi | 2006/09/30 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビールの現場から~宮城県角田市「仙南クラフトビール」その3:

« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その92~クルムバッハ | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その93~クルムバッハ街歩き »