« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その118~ドナウ川散歩 | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その119~Weltenburgへ »

ビールの現場から~東京都八王子市「多摩ビール」その4

その3の続きです。

4杯目、ラオホです。
061017072054
365ml、500円です。
「ほのかに漂う桜のチップの香りとすっきりした甘みの燻製ビールです」
色は真っ黒、軽い燻製香がします。
とは言え全体としては抑制が効いていて、バランスは失っていない印象です。
★7
でもちょっと薬っぽいかな・・・

5杯目、ボック。
061017092105
量と値段はラオホと同じ。
「アルコール度の高い下面発酵ビール。豊かな香りとふくよかで濃厚な味が特徴の長期間熟成された手間暇かけた一作です」
アルコール度は7%、当然ボディはしっかりしてます。
アルコール度が強いビールはあまり得意ではないほうですが、このビール結構好みです。
タイミング(5杯目)が良いと言うのもあるかもしれませんが・・・
★8

料理も結構色々ありましたし、ビールも種類豊富ですし、若干垢抜けない(失礼!)ところも私好み。
また行ってみたい度は★4(5段階)です。

ビア倶楽部
住所:八王子市大塚564番地
電話:042-674-8111

|

« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その118~ドナウ川散歩 | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その119~Weltenburgへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビールの現場から~東京都八王子市「多摩ビール」その4:

« ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その118~ドナウ川散歩 | トップページ | ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その119~Weltenburgへ »