« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その123~8時閉店!?

その122の続き。

7日目、午後6時。

坂を上ると、見えてきました。
060615055andechs2005
修道院ブルワリーを実感しますね。
美しい・・・

右手には景色よさげなビアガーデン。
060615056garten2012
いいじゃない!

でもちょっとした問題が・・・
060615057menu2013
はっ、8時閉店!?
ちょっと早すぎんか?
いま6時過ぎやから、これからホテル探して出直すと・・・・・間に合わんがな!

どないしましょ・・・

その124に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊ゲンダイ

熊「見たで、日刊ゲンダイ」

 

吉「ホンマ?何や恥ずかしいなぁ・・・」

 

熊「『読むサイト』っていうコーナーに取り上げられてるがな」

 

061027042252

 

吉「だから、テレるって・・・」

 

熊「あんまり面白ないブログとは言え、こうやって取り上げられるのはエエこっちゃ。良かった良かった」

 

吉「微妙な誉め方やなぁ」

 

熊「ほな、オモロイっちゅうんか!」

 

吉「スイマセン・・・」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

焼肉@北山田「にゅうとんさーかす」

先日、どうにも焼肉気分になったので、家族で北山田交差点近くにある「にゅうとんさーかす」に行ってきました。
焼肉って一回「食べたいっ!」となると、もう引き返せないのが困りモノです。
焼肉@北山田「にゅうとんさーかす」_c0060651_23452470.jpg
家族を降ろし、かなり離れた駐車場に車を停めて、お父さんだけ店へ戻ります。

店に入ると、左側の壁に石ちゃんやら、最近気になるPOLYSICSのサインなど大量のサインがディスプレイされています。
有名店みたいです。

開店直後だったので難なく座れましたが、土日の夕食時には順番待ちになるようです。
写真は豚トロ。
焼肉@北山田「にゅうとんさーかす」_c0060651_23504623.jpg
もちろん牛肉も食べましたよ!
肉質もなかなかのものだと思いました。
そして、割とリーズナブル。

いいんじゃないでしょうか。

「にゅうとんさーかす」
住所:横浜市都筑区北山田5-1-54
電話:045-591-8994

| | コメント (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その122~とりあえずAndechs(アンデックス)へ

その121の続き。

7日目午後5時半。

ヴェルテンブルクから南下し、ミュンヘンの南西にある湖AmmerseeのほとりにあるHerrschingに到着しました。
この街のすぐ近くにある修道院兼「現場」のAndechs(アンデックス)で夕食をとることにしていたので、まずは宿探し。

駅近くのインフォメーションで見ると、そこそこの空きはあるみたいでしたので、あわてずできるだけアンデックスの近くの宿を探すことにしました。

そのためには、まずアンデックスへ行かんとあきません。
何といっても、まだ場所もよくわかってないんで(笑)

東方向に山を登っていくと、何となく「それ」っぽくなってきました・・・

あった!
でかいなぁ、駐車場(笑)
060615047andechs1752

トイレに行ったあと、地図で確認。
060615047andechsk
ほおぉ~、こうなってますか。

地図を見た後は、この目で確認。
と言うわけで、「現場」目指してまず山登り。

上り坂の途中には、ビールジョッキを模したオブジェが。
0606150481755
さすがやなぁ。

その123に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわて蔵ビール スタウト@横濱Cheers

志賀高原IPAの次に飲んだのが、もう一つのゲストビール、いわて蔵ビールのスタウト。
061027032112
ハーフパイントで700円です。

 

いわて蔵ビールの「現場」には、3年前に1度お邪魔しましたが、料理、ビール、雰囲気、三拍子揃ったいい「現場」でした。

 

「焙煎の香ばしい香りと豊かな苦味が特徴。濃い口ながらさっぱりとした後味のビールです」
と説明書きには記されています。
匂いの段階で、かなり香ばしいです。
誤解を恐れずに言うと、焦げ寸前。
なかなか個性的です。

 

金曜日ということもあり、横濱Cheersさんは大盛況。
ただ、The Jamがかからなくなったのは、少々寂しいです。

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

志賀高原ビール IPA@横濱Cheers

先週金曜日に行った横濱Cheersさんで飲んだ一杯目がコレ。
06102702ipa2053
志賀高原ビールのIPA。
昨年スキーで長野に行ったときに飲み損ねた「玉村生」です。
お店に張ってあった説明書きにはこう書いてありました。
「通常よりも多い麦芽を使い、大量のホップを10回にも分けて加え、長期間熟成させた淡い琥珀色のビールです」

 

マスカットの香りがします。
メチャクチャ苦いです。
飲んでるうちに慣れてはきますが・・・
アルコール度は8%あるそうですが、あまりヘビーさは感じさせません。
評価分かれますね、コレ。
ホップ好きには堪えられないと思います。

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その121~ビールの現場から「Weltenburger(ヴェルテンブルガー)」ヴェルテンブルク★4

その120の続き。

7日目午後3時半。

何とか席を見つけ(当然相席)、キョロキョロするものの、誰にも構ってもらえず。
ビール頼ましてぇな。

一緒のテーブルにいたのは、サイクリング中の若者と老婦人。
楽しげに会話をしていたので「連れかぁ」と思っていたら、全くの他人。
たまたま相席した若者と老婦人が楽しげに会話・・・日本ではあまり見かけない光景に微笑ましい気持ちになりました。

で、飲んだのはバロックデュンケル。
060615044barrockdunkel1536
フレッシュな分だけ、フルーティさを感じることができました。
★8

また行ってみたい度は★4(5段階)です。
060615043emblem1516060615045worldbeercup1544

その122に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目
060615040kloster1501


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」その4

その3の続きです。

 

最後3杯目・・・に行く前に。
061026151934
せっかくの日本酒の蔵元ですから、特別純米酒「出世城」をいただきました。
あ~あ、まわるなぁ。

 

そして3杯目のポーター。
061026161953
香ばしくて、甘みが少なく、「なんぼでもいける」タイプのポーターです。
ただ少し残念なのは冷えすぎだったことでしょうか。
★8

 

〆はもりそば。
061026172016
ビシッとしまりました。

 

平日の夜にもかかわらず、地元の人たちで賑わっていたのがとっても好印象でした。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

浜松の現場は、和の「天神蔵」、ドイツスタイルの「マインシュロス」とうまくキャラ分けされてます。

 

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」その3

その2の続きです。

 

おつまみはコレ。
061026121911061026131913
豚角大根煮と自家製さつま揚げ。
「和」で結構、結構。

 

そして2杯目。
061026141918
苦くもなく、甘くもなく。
★7

 

その4に続きます。

 

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」その2

その1の続きです。

 

蔵を改造した店内は、入って右手にお酒などの販売スペースが、左手に木のテーブルが並んだ食事スペースが配置されています。
061026101903
木のテーブルが質感たっぷり。
「和」を感じさせます。

 

で、ビールです。
06102609menu1902
ピルスナー、ヴァイツェン、ポーターの3種が飲めます。

 

1杯目はヴァイツェンにしました。
061026081901
300mlくらいでしょうか?420円です。
結構濃い目の色をしています。
香りがかなりいい感じで、美味しいです。
★8
ただ、もう少し複雑さが加わるとさらに素敵です。

 

その3に続きます。

 

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」その1

名古屋出張の帰りに、浜松に寄って帰ってきました。

 

浜松駅近くの現場と言えば「マインシュロス」と「天神蔵」。
「よっしゃ、ハシゴや!」と意気込んだのも束の間、「マインシュロス」さんがこの日は昼のみ営業だったため行けず。

 

と、言うわけで浜松駅から歩いて「天神蔵」を目指したのですが・・・。
061026051843

 

けっこう遠いのね・・・

 

確かにHP見ると、バスが案内されてました。
以前行ったとき(車で)、駅から近い印象があったんですけど・・・勘違いでした。
とは言え、20分ちょいで着きますので、元気な方は是非。
ちなみに、私は帰りも「歩き」でした。

 

「現場」到着です。
061026061856

 

入ると右手前方に「現場」のしるしが。
061026071857
確かに「現場」です。

 

その2に続きます。

 

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんかけスパ 名古屋「チャオ」

味噌煮込みうどん、ひつまぶし、手羽先、味噌カツ、きしめん、あんトーストと「名古屋グルメ」は数ありますが、今回いただいたのは「あんかけスパ」。

名古屋には結構縁がある私ですが、あんスパは初体験です。

入ったお店は「チャオ 中日ビル店」。


あんかけスパ@チャオ_c0060651_2357652.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルボナーラもボンゴレもアラビアータもありません。

あるのは「ピカタ」?「カントリー」?「コートレット」?「ミートボール」?・・・謎です。

マイオーダーは「豚キムチ」・・・パスタの範疇じゃありません。


あんかけスパ@チャオ_c0060651_051583.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べてビックリしたこと

1.麺がメチャクチャ太い

 普通にフォークでくるくる回すと巨大なお団子状になってしまい、口に入りません。

2.麺がメチャクチャ熱い

 何でこんなに熱いの?炒めてるから?

3.あんがかかっている

 これは存在意義そのものなので、あえてツッコミません(笑)

 

結構お客さん入ってるんですよねぇ・・・名古屋恐るべし。

| | コメント (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その120~ビールの現場から「Weltenburger(ヴェルテンブルガー)」ヴェルテンブルク★4

その119の続き。

7日目、午後2時50分。

まだまだ「現場」は見えません。
ただただドナウが見えるだけです。
060615038donau1448

「ホンマにこのまま歩いてて着くんか?」と思いはじめたあたりで、やっと「現場」到着です。
060615039biergarten060615042biergarten1504
中庭のようなところに広がるビアガーデンは、中途半端な時間にも関わらず満員です。
これは完全に私の推測ですが、ここってビールだけじゃなく、「修道院」としても人気のスポットなんじゃないでしょうか。
そうじゃないと、この混雑が納得できません。

しかし、どこに座りましょうか。

その121に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・フーズ・ガーデン」その2

その1の続きです。

 

2杯目、3杯目はヴァイツェンボック、リーベ。
061024162150061024182212
ですから、香川店と味は同じです(笑)

 

フードも香川店同様、イタリアンベース。
061024172206061024152135
さすがにピザはもう食べられません。

 

しかし、このフーズ・ガーデン(茅ヶ崎店)、事前に勝手にしていた想像を見事に裏切ってくれました。

 

「勝手な想像」の内容は・・・
・茅ヶ崎駅から近いこともあり、庭が印象的な香川店と違い、空間的な面白さより効率重視
・ほとんど同じ商圏での2店目なので、全く違うコンセプトで違う層の取り込みを狙う

 

全然ハズレ。
香川の店とコンセプトはほとんど同じです。
もちろんディテールまで同じではありませんが、方向性は同じ。
061024122125
写真は本棚で、その前にはスタバよろしくソファ席が並んでいますが、天井が高くアンティークな雰囲気は共通です。
「同じコンセプトであること」をどう受け止めるかは人によると思いますが、私はポジティブに受け止めました。
マーケティングではなく、「信念」を感じましたので。

 

また行ってみたい度はこちらも★5(5段階)です。
いいですね、茅ヶ崎って。

 

MOKICHI FOODS GARDEN(モキチ・フーズ・ガーデン)
住所:神奈川県茅ヶ崎市元町13-1
電話:0467-84-0123

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・フーズ・ガーデン」その1

9時前に「モキチ・トラットリア」を出た我々は、二次会へ。

 

二次会の場所は茅ヶ崎駅近くにある、もう一つの湘南ビールの現場「MOKICHI FOODS GARDEN(モキチ・フーズ・ガーデン)」です。
出るビールは同じですが、場所が変わればまた違う体験ですから・・・

 

茅ヶ崎駅から北東へ徒歩5分くらい歩くと、「現場」到着です。
061024102123061024112123

 

新しいんですけど、昔からある雰囲気。
それもそのはず、ところどころに移転した「日本精麦株式会社」の遺構が。
昔はここで麦茶なんかを作っていたようです
061024202256061024192256

 

1杯目(トータル5杯目)はルビーにしました。
061024132128
もちろん味は香川店と同じです。

 

その2に続きます。

 

MOKICHI FOODS GARDEN(モキチ・フーズ・ガーデン)
住所:神奈川県茅ヶ崎市元町13-1
電話:0467-84-0123

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・トラットリア」その3

その2の続きです。

 

3杯目、ヴァイツェンボック。
061024071940
これ美味いなぁ。
香りが良くて、ボディもしっかりしてるのに、ナンボでも飲める。
私好み。
★9

 

4杯目、湘南リーベ。
061024082004
シュヴァルツタイプですね。
これもナンボでも飲める美味しさ。
★8

 

生ハムのピザも美味でした。
061024061938

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。
グラスが小さくて、ガンガン飲めないのはちょっとだけマイナスなんですけどね。
4人集めて飲み放題!といきたいトコです。

 

「MOKICHI Trattoria(モキチ トラットリア)」 住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
電話:0467-52-6111

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・トラットリア」その2

その1の続きです。

 

ビールは全部で4種類。
06102401menu1907
ドイツルーツのラインナップのようです。

 

当然1杯目はピルスナータイプの「湘南ビター」。
061024021908
苦いねぇ。
さしづめ、北ドイツのピルス。
もちろん美味いです。
★8

 

そして2杯目はアルトタイプの「湘南ルビー」。
061024041924
最近、アルトにはうるさいですよ、私(笑)
現場で飲んでるので当たり前なんですが、フレッシュです。
デュッセルドルフで飲んでも違和感のない仕上がりです。
ただ、あまりにオーソドックスで、もう一味あれば・・・というのが正直なところです。
★7

 

茄子のサラダ&フリット。
061024031911061024051926
料理も美味いです。

 

その3に続きます。

 

「MOKICHI Trattoria(モキチ トラットリア)」 住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
電話:0467-52-6111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・トラットリア」その1

ビール友達と茅ヶ崎の「現場」に行ってきました。
前回ここに来たのが昨年の12月。
10ヶ月ぶりの訪問です。

 

集合は茅ヶ崎駅18時45分。
合流するなり、47分発の相模線で「香川」駅へ。
歩道が無く、極めて歩きにくい道を通って、湘南ビールの「現場」到着。
相変わらず、いい雰囲気です。

 

古い家具が並ぶ2階に案内され、いよいよビールです。
061024092016

 

ビールはその2で。

 

「MOKICHI Trattoria(モキチ トラットリア)」 住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
電話:0467-52-6111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その119~Weltenburgへ

その118の続き。

7日目、午後2時40分。

レーゲンスブルクを出て、ドナウ川の上流へ向かうとヴェルテンブルガーの「現場」があります。
ヴェルテンブルガーと言えば、これまでもココとかココとかココでいただきましたが、「現場」は初めて。
ワクワクします。

駐車場。
060615033weltenburg1444060615035parking1445
かなりの台数の車が停まっています。
えらく賑わってるようです。

どこが「現場」か全然わかんないんですが、何となく人の流れに乗って進んで行くと・・・
060615036fish1447
路上にこんなものが、何ヶ所か。
これはなんでしょう?

あと猛烈に印象に残ったのがこのポスター。
0606150371448
モリッシー+イチロー÷2といった趣です。

ホンマに「現場」、あるんやろか?
不安です。

その120に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その118~ドナウ川散歩

その117の続き。

7日目午後1時40分。

ソーセージ&ビールの後は、散歩。
まずはSteinerne橋を渡って、左岸へ。
0606150271341
途中で振り向くと、先ほどのソーセージレストランが見えました。

左岸の風景です。
060615029regensburg1343
川を渡った後、川沿いに東へ。

St. Peters Domが・・・
060615032dom1356

素敵ですねぇ。

その119に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カミングアウト

吉「おうっ、メシでも食いに行こか」

熊「おっ、もう昼か、行こ行こ」

吉「何かオモロイことあった?」

熊「いや・・・特には」

吉「オレの方も特には無いけど・・・そろそろ旅行記も終わりが見えてきたで」

熊「旅行記・・・」

吉「6月から初めて10月まで。エントリにして現時点で117エントリ。予想以上の長丁場になったわ」

熊「ちょっ、ちょっ、ちょっと待てや。お前何の話してんねん?」

吉「何の話ってブログに書いてるドイツの旅行記のことやがな」

熊「ブログ?旅行記?」

吉「あれっ、オレがブログやってるの言ってなかったっけ・・・」

熊「知らんがな。水臭いなぁ」

吉「スマンスマン」

熊「今度読んでみるから、タイトル教えて」

吉「『ビール現場主義』って言うねん」

熊「ビール、現場、主義・・・何やさえへんタイトルやな」

吉「ほっとけ!」

熊「別にビールの知識があるわけやなし、ただの飲んだくれのくせに『主義』って大層な・・・」

吉「うるさいわ!・・・言わんといたらよかった・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビス@PICA富士吉田

土日と家族でキャンプ。

行ったのは「定宿」と言ってもいい「PICA富士吉田」。

ただ今回はいつもの「電源つきサイトA」ではなくB。

これまでは洗い場やトイレに近いことを重視してAを選ぶことが多かったのですが、今回はB。

確かにどこに行くにも、距離を歩かなアカンのは不便ですが、その分サイトが広く、自然な雰囲気が・・・

いいじゃないですか!


PICA富士吉田・電源つきサイトB_c0060651_2344397.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、昼食の準備。

ちゃちゃっと作る昼食として作ったのが、トマトソースのパスタ。


痛恨_c0060651_2215548.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで一つミステイク。

パスタを茹でる時、塩を入れるのを忘れてしまいました。

食べてみて、美味しくなくて気づきました。

皆さん、すいませんでした。

 

食後、妻と娘が取り組んだのがブラウニー作り。

以前フルーツケーキを作って失敗した過去がある私は、最初から除け者です(笑)

で、できたのがコレ。


キャンプでブラウニー作り_c0060651_0484714.jpg

見た目イマイチですが、食べてびっくり、意外にイケました。

 

夕食は鶏の丸焼き。

ダッチオーブンならではの料理です。

スーパーで買ってきた鶏一羽のお腹に、みじん切りしたセロリなどの野菜を詰めて、ダッチオーブンで丸焼き。


ダッチオーブンでスタッフドチキン_c0060651_2244490.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ど迫力。

シンプルに焼いただけなんですけど、美味しいんですね。

子供達も大喜びでした。

 

夕食を終えて、焚き火。

焚き火を見ながら飲むのはやっぱりビール!

そしてこんな時はいつもの発泡酒ではなく、頑張ってエビス!


061021071900

いやぁ、苦いんだねぇエビス。

再認識しました。

 

夕食のチキン。

全部は食べ切れなかったので、翌日は早朝から鶏がらスープを取って、雑炊をつくりました。

これがまた美味!

味わい尽くしました。

大変でしたけど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その117~Historische Wurstkuecheでソーセージ&ビール

その116の続き。

7日目午後1時。

060615019beer1259
やっと来ましたよ、ビールが。
メニューをもらってないので、値段も名前もわかりませんが、恐らくラガー。

体調の悪いビア友Kはラドラー。
060615024radlerk
レモネードが入っているので、さっぱりして美味しかったとのこと。

ここで待ちに待った、ヴルスト(ソーセージ)登場。
060615023wurst1317
結構十分焼いてます。

これがですねぇ、肉々しくて美味です。
さすが、有名店!
ザウアークラウトはやや酸っぱめです。

そして私はもう一杯。
060615024weizen1321
ヴァイツェンです!
ドナウ川の河畔で、美味いソーセージ食べながらヴァイツェン!
最高です。

ちょっと暑かったけど・・・
060615021wurstkueche1309060615026kitchen1339

その118に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その116~ドナウ河畔のソーセージ屋

その115の続き。

7日目午後12時50分。

Domからツーリストインフォメーション経由でドナウ川へ。
地図が無いと、待ち歩きもままなりませんから。
060615015donau1251
ドナウです。
これまで見てきたウィーン、ブダペスト、ブラチスラヴァのどのドナウより、上流のドナウです。

そして、レーゲンスブルク、ドナウ川とくれば「Historische Wurstkueche」。
11世紀から続く、ソーセージ屋さんです。
060615017wurstkueche1253060615018wurstkueche1253
今日のお昼はもちろんココ!

さすが有名店だけあって、席はほぼ満席。
060615020donau1259060615022wurstkueche1309
周りの皆さんに席を空けていただき、何とか席を確保しました。
しかし、6月のドイツは暑いのなんの。

早よビール持ってきてくれっ!

その117に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その115~Regensburgへ

その114の続き。

バンベルクを出発し、レーゲンスブルクに到着したのは正午過ぎ。
060615012regensburgparkingk
まずは街のランドマーク、Domを目指します。

10分ほど歩いたところでDom到着。
060615013dom1239
ケルンのDomに比べると少々小ぶりで女性的な感じもしますが、あくまでケルンのそれと比べてのこと。
偉容であることは間違いありません。

ただこの日は祝日ということもあり、人通りはかなり少なめでした。
060615014dom1239

その116に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その114~またまたまたシュレンケルラ

その113の続き。

7日目午前9時50分。
シュレンケルラです。
060615009menu0958

私「しかし、毎日来てるな、この店の前」
K「一昨日は定休日やったし」
私「昨日は閉店後」
K「つくづく縁ないよな、今回」
私「朝やけど、飲もう思たら飲めるみたいやで」
K「気分ちゃうけど、とりあえず入ってみよか」

060615008schlenferla0957060615007schlenferla0956
立派なお土産の樽です。
さすが今回は買えませんが・・・

私「どうする?」
K「う~ん・・・」
私「今飲んでも絶対美味しく飲まれへんよな」
K「そやな」
私「ほなやめとこ、美味しく飲まんと失礼や」

というわけで、シュレンケルラ前には3回来た我々ですが、今回は断念。
レーゲンスブルクに向かいます。

途中でこんなものに遭遇しました。
060615010paradek060615010parade1002
パレードを待ってるような感じですが・・・何でしょう?

その115に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~東京都八王子市「多摩ビール」その4

その3の続きです。

 

4杯目、ラオホです。
061017072054
365ml、500円です。
「ほのかに漂う桜のチップの香りとすっきりした甘みの燻製ビールです」
色は真っ黒、軽い燻製香がします。
とは言え全体としては抑制が効いていて、バランスは失っていない印象です。
★7
でもちょっと薬っぽいかな・・・

 

5杯目、ボック。
061017092105
量と値段はラオホと同じ。
「アルコール度の高い下面発酵ビール。豊かな香りとふくよかで濃厚な味が特徴の長期間熟成された手間暇かけた一作です」
アルコール度は7%、当然ボディはしっかりしてます。
アルコール度が強いビールはあまり得意ではないほうですが、このビール結構好みです。
タイミング(5杯目)が良いと言うのもあるかもしれませんが・・・
★8

 

料理も結構色々ありましたし、ビールも種類豊富ですし、若干垢抜けない(失礼!)ところも私好み。
また行ってみたい度は★4(5段階)です。

 

ビア倶楽部
住所:八王子市大塚564番地
電話:042-674-8111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~東京都八王子市「多摩ビール」その3

その2の続きです。

 

スーパーエール。
06101704pa2028
アルコール5%、430mlで550円。
「赤みを帯びた色で香ばしい香りと、甘みのあるまろやかな飲みやすいブラウマイスター自慢のビールです」
第一印象は「香ばしい」と言うよりは「すっきり」。
確かに「まろやか」です。
舌にまとわりつく感じ。
★7
もう少しガスが弱い方が好みですが・・・
それはそうと・・・どのへんが・・・スーパー?

 

多摩の黒生。
061017062042
365mlで500円。
「厳選された黒麦芽を使い、香ばしくスッキリとした飲みやすいビールです」
確かにスッキリ!
良いんじゃないでしょうか!!
これなら「黒ビールはちょっと苦手・・・」と言ってるお友達もOK・・・かもしれません。
★8

 

北欧風カツレツ。
061017052032
チーズが入っていて、なかなか美味しかったです。
ハイカルではありますが。

 

その4に続きます。

 

ビア倶楽部
住所:八王子市大塚564番地
電話:042-674-8111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~東京都八王子市「多摩ビール」その2

その1の続き。

 

ヨーロッパ風の彫刻に囲まれた階段を上っていくと、2階がレストランです。
平日の夜ということもあり、お客さんは私を入れて3組。
窓際の席に陣取ります。
061017082103
パチンコ屋&ホテル野猿の看板ビューです(笑)
しかしインパクトある名前ですね、ホテル野猿。

 

そしてビールのメニュー。
06101703menu2026
5種類飲めます。
素晴らしい。
しかも「ウルトラジョッキ」1リットルですって!
これで5杯飲んでみたい・・・無理か。

 

素直にメニューの上から・・・ヴァイツェンです。
061017022016
「小麦を使用した上面発酵ビール。苦味を控えた爽やかな味と喉ごしの良さが特徴」とあります。
白濁してます。
フルーティ!という印象は強くありません。
とんがったところが少ない・・・かな。
★7

 

430mlのグラスで550円。
価格はなかなか良心的です。

 

その3に続きます。

 

ビア倶楽部
住所:八王子市大塚564番地
電話:042-674-8111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~東京都八王子市「多摩ビール」その1

また「現場」に行ってきました。
今回は八王子市にある「ビア倶楽部」です。
仕事で近くまで行ったもので・・・

 

多摩センター駅で下車し、多摩モノレールに乗り換え。
061017102140061017112140
さすが、ピューロランドの街。
ファンシーです。

 

モノレールで2駅、「大塚・帝京大学」駅で下車し、帝京大学方向に5分ほど歩いたところに「現場」はあります。
061017012011
以前家族で1度来たことがあるので、2回目の訪問です。

 

その2に続きます。

 

ビア倶楽部
住所:八王子市大塚564番地
電話:042-674-8111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その113~7日目、朝

その112の続き。

7時半に起床。
相棒のKの体調が悪そうです。
やっぱり、飲みすぎかなぁ・・・

8時朝食。
060615001breakfast0810
パンが美味しいっす。

部屋で少し休憩した後チェックアウト。
060615002informationparking0939
ツーリストインフォメーション地下にあるパーキングに車を停め、市街へ。
0606150030942
何度見てもきれいです。

その114に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その112~6日目まとめ

その111の続き。

私「6日目は・・・クルムバッハにバイロイトにバンベルクか・・・」

K「現場も幾つか行ったし、博物館にも行ったなぁ」

私「バンベルクで行ったビアガーデンなんか最高やで」

K「クルムバッハのKommunbraeuの雰囲気も捨てがたいで」

私「最初の予定では、プラハやったけどな」

K「そやそや」

私「せやから、下調べゼロ」

K「そうとは思えんくらい、充実してたなぁ」

私「俺ら『行き当たりばったり』好きやもんなぁ」

K「ちゃんと調べて行くのもエエけど、こういう『何が起こるかわからへん』のもやっぱりエエな」

私「じゃ、次もコレで」

K「また行く気かいな・・・」

その113に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hommel(ホメル)樽生@川崎「パトラッシュ」

先週末、家族と先月川崎駅西口に出来たLAZONA川崎へ行ってきました。
まだオープンして間もない週末ということもあり、施設内はかなりの混雑でした。

 

お父さん(私)のお目当ては、ベルギービールのお店「パトラッシュ」。
パトラッシュ・・・名前を聞いただけで涙が出てきます。

 

休日のお昼時ということもあり多少待ちましたが、他のレストランに比べるとスムーズに入店。

 

ランチは千円前後で、フレンチフライ、サラダ、パン、ソフトドリンクはビュッフェ形式となってます。
で、気になるビール(樽生)は6種類(ボトルはもっともっとありますが・・・)。
ヒューガルデン680円
デ・コーニック730円
レフブロンド800円
ホメル750円
の4種のベルギービールに、ギネスとエビスの合計6種類。
驚くべきはこの値段。
一般の人からすればこれでも高いんでしょうが、かなり良心的な価格です。

 

私がオーダーしたのはホメル。
061015061303
ベルギービールの中ではホップが私好みに効いているビールです。

 

この後、ヒューガルデンを飲んで店を出ました。

 

結構大バコですし、天井が高く明るいです。
ベルギー系のお店の中でも開放的な雰囲気で、個人的には結構(かなり?)好きです。

 

川崎という立地から、誰でもが行きやすいお店というわけではないと思いますが、横浜に住む私からすると帰り道。
いいかも。

 

パトラッシュ
住所:川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ4階
電話:044-874-8430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その111~シュレンケルラ?

その110の続き。

6日目午後9時45分。

二軒目のシュレンケルラに到着したんですが、入口で拒否されてしまいました。

K「2人なんですけど・・・」
店「10時で閉店なんで、もう入れません」

ガァーン!

このために一軒目早めに切り上げてきたんですけどね。
ま、いつものことと言えばいつものことではありますが。

060614106obstmarkt2152

次に行くあてもないので、とりあえずホテル方向にブラブラと歩いていると、広場に人だかりが。
060614107cafe2159
ドイツ対ポーランドです。

私「観てから帰る?」
K「そうしようか」

というわけで直営のレストランでは飲めなかったシュレンケルラを頼みました。
もちろん、樽生です。
060614108schlenferlak
毎度書きますが、日本で飲むよりスッキリしてます。

試合は試合終了間際の得点でドイツが勝利!
静かに盛り上がってました。

ホテルに着いたのは午後11時過ぎ。
0606141142308
何だかすごく遅くまで飲んだ気がします。

その112に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その110~二軒目へ移動

その109の続き。

6日目午後9時20分。
0606141012121

最高に気持ちいい「現場」をまだ明るいうちに後にしたのも、二軒目のため。
二軒目?そう、シュレンケルラです。

0606141042135060614104k
てくてく山を下ること約20分。

060614105schlenferla2141
シュレンケルラ到着です。
二軒目でシュレンケルラとは・・・・・贅沢。

その111に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エーデルピルス@横濱Cheers

会社帰りに「横濱Cheers」さんへ。
知らない間にタップが一つ増えていたのには驚きました。
デコーニンク
ベアードストロングスコッチエール
エチゴドッペルボック
いつもは2種類のゲストビールが、3種類になってました。

と、いうわけで1杯目はエーデルピルス。

だって、ゲストビール、どれも濃いんですもん。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その109~ビールの現場から「Spezial Keller」バンベルク★5

その108の続き。

060614097keller2012
8時過ぎの、ケラーの風景。

音楽も聞こえてこない。
サッカーの試合が流れてるわけでもない。
皆楽しそうなんだけども、大騒ぎしてるわけでもない。

決して静かな環境だけが好きなわけじゃありません。
酒場のザワザワした雰囲気が好きなときもあります。
ですが、この雰囲気・・・落ち着きます。

そんな素晴らしい環境でいただいた2杯目。
0606140992043
机が傾いてるので、ちょっと気持ち悪い写真になってますが、ご容赦を。

相棒のKはワインを飲んでました。
060614096kellerk

とにかく、素晴らしい「現場」でした。
もちろん、また行ってみたい度は★5(5段階)。

その110に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県厚木市「厚木ビール」2回目 その4

その3の続き。

 

5杯目、マリンスタウト。
061011091957
「ギネススタウトを意識した濃厚で苦味の効いた、かつ飲みやすい黒ビールです」
美味い!
コーヒーのような後味です。
★9

 

飲んだビールはこれで終了。
食べたものの画像も載せておきます。
061011051854061011061915

 

また行ってみたい度は★4(5段階)です。

 

Lambic(ランビック)
住所:神奈川県厚木市水引2-12-36
電話:046-222-5959
061011102010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県厚木市「厚木ビール」2回目 その3

その2の続きです。

 

3杯目ハニーエール。
06101107honeyale1916
色は少し濃い目です。
メニューには「ハチミツをブレンドしたまろやかなエール。しっかりとしたコクとホップの苦味とハチミツの丸みのバランスが最高です」とあります。
確かにまろやかです。
後味に、ハニーらしい甘味がきます。
これはなかなか美味しいです。
★8

 

そして4杯目、しそエール。
061011081929
「世界唯一のしそ入りビール。ワイン感覚でゆっくりアロマを楽しむように召し上がってください」
色はかなり濃いです。
鼻から抜けるしその香り。
しば漬けみたい、というと美味しくなさそうな感じがするかもしれませんが、これ結構イケます。
これは確かに世界にはないわ。
★9

 

その4に続きます。

 

Lambic(ランビック)
住所:神奈川県厚木市水引2-12-36
電話:046-222-5959

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県厚木市「厚木ビール」2回目 その2

その1の続きです。

 

1杯目ホワイトエール。
06101104whiteale1851
全5種類をジョッキで飲むのはつらそうだったので、グラスサイズから。
505円です。
「軽くてさっぱりのライトエール」とメニューにはあります。
ヒューガルテンのような甘味がほとんど感じられない、キリッとした小麦系です。
★7

 

そして2杯目はラガー。
06101105lager1858
今度はジョッキ(610円)です。
こっちのが全然お得な感じです。
「長期熟成による味わいと爽快なのど越しをあわせ持つ」
かなりすっきり系ですね。
苦くもないし、ボディも軽い。
★6

 

その3に続きます。

 

Lambic(ランビック)
住所:神奈川県厚木市水引2-12-36
電話:046-222-5959

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県厚木市「厚木ビール」2回目 その1

「ビールの現場から」、今回は「厚木ビール」さんに行ってきました。
以前家族で一度来ているので、2度目の訪問になります。

 

小田急「本厚木」駅から北西に徒歩20分、246からちょっと入った所に厚木ビールの現場、「Lambic」はあります。
06101101lambic1845
1階はバーと醸造タンク、2階はレストランスペースです。

 

以前来たときは2階でしたが、今度は1階。
カウンターとテーブルが3つくらい並んでます。

 

入るとちょっと醸造臭っていうんでしょうか、麦汁のにおいがします。
一般的にはちょっとマイナスなんじゃないでしょうか。

 

ビールのメニューはコレ。
06101103menu1851

 

さあ、飲みますよ。

 

その2に続きます。

 

Lambic(ランビック)
住所:神奈川県厚木市水引2-12-36
電話:046-222-5959

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その108~ビールの現場から「Spezial Keller」バンベルク★5

その107の続き。

060614091menu1950
ど・れ・に・し・よ・う・か・な。

ヴァイス!
060614093bottle1955
って、瓶かよ!

でもね・・・
060614092weissbier1954
こんな景色で飲めたら、樽生でも瓶でもどっちでもいいでしょ。
向こうに見えるの「世界遺産」ですよ!
写真がちょっと「いいちこ」っぽいのはご愛嬌。

いやぁ、贅沢。
ホント、贅沢。
バンベルク最高。

060614094sourpotato2006
あまり食欲が無かったので、料理はこれだけ。
テーブル係の女の子が勧めてくれたポテト。
サワークリームがかかっています。
う~ん、正直あまり・・・
嫌がらせかなぁ(笑)

その109に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

息子の運動会

息子(年長)の運動会が先日行われました。

ダンスやら体操やら一所懸命やってました。
リレーでも一位でもらったバトンをしっかり一位のまま繋いでましたし・・・ヨカッタ。

娘が年中の時に横浜へ来て、それ以来5年連続で見学してきた幼稚園の運動会も、これで最後になりました。
小学校の運動会も当然観るんですが、個人的には幼稚園の雰囲気の方が好きですね。
一応「勝った」「負けた」とやってますが、基調がのんびりしていて・・・

もう観られないとなると、何だかさびしいです。

| | コメント (0)

ダイナミック(?)な話

この三連休は妻と子供二人が妻の実家に行ってたため、ちょっとだけ独身気分。

「脱いだ服は決して片付けないぞ」
「テレビつけっ放しで寝たりして・・・」
「発泡酒は一切飲まず、『ビール』だけ飲んでやる」
「ジュースをペットボトルに口つけて直接飲んでやる!」

などと夢は膨らむばかりですが、実際にしたのは・・・

「キリンブラウマイスター樽生」一人飲み!!

妻と二人で飲むときも、ちょっとしたイベントなのに、それを何と一人で!
実に、ダイナミック(笑)

ハァ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その107~ビールの現場から「Spezial Keller」バンベルク★5

その106の続き。

バイロイトからバンベルクに戻るともう7時半。
ホテルのご主人に教えてもらったビアガルテン「Spezial Keller」へ行かんとあきません。
まあ、「あきません」ってことは無いんですが、やっぱり行かなあきません(笑)
ホテルのご主人は「タクシーで行け」と行ってましたが、地図で見る限り徒歩圏。
歩いて行くことにしました。

高台にあるので、当然そこに向かう道は上り坂。
地図を頼りに住宅街の中の道を歩きます。
060614088zumspezialkeller1941
道標発見!
道はあってるようです。

20~30分歩いたでしょうか。
やっと駐車場の入り口に到着しました。
0606140891945
皆さん、車で来られているようです。

もう少し行くと、やっとビアガルテンの入り口。
060614089k

平日にもかかわらず、席はほぼ満席。
さすが、地元民に支持されてるだけのことはあります。

何とか席について、まずその景色にやられました。
060614090view1948
いや、もう、オレ・・・バンベルクに住みたい!

その108に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その106~ビールの現場から「Schinner(シュインナー)」バイロイト★4

その105の続き。

0606140821723
トマトソースのフジッリの上に乗っかってるのは、いも天じゃありません。
シュニッツェルです。

そしてピルス。
0606140831731
甘めというわけでもなく、苦めというわけでもなく・・・
とってもニュートラルなピルスナーです。
★8

恒例のまた行ってみたい度は★4(5段階)。

バイロイトの街です。
060614085bayreuth1800

その107に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うなぎ 横浜・センター北「うや川」

南山田小学校の校門前にあるうなぎ屋さん。

まわりは住宅ばかりです。


うなぎ@センター北「うや川」_c0060651_7461569.jpgうなぎ@センター北「うや川」_c0060651_746348.jpg

 

 

 

 

 

こじんまりとしたお店です。

まずはビール。


うなぎ@センター北「うや川」_c0060651_7505686.jpg

 

 

 

 

 

そしてお通し。


うなぎ@センター北「うや川」_c0060651_75126100.jpg

 

 

 

 

 

まぐろです。

うん、なかなか美味しい。

そしてうや川弁当(松)。


うなぎ@センター北「うや川」_c0060651_757833.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鰻重と天ぷらのセットです。

これで2,100円。

まあまあリーズナブルなんじゃないでしょうか。

近所だし、静かだし、美味しいし。

また行きたくなるような気がします。

 

うなぎ割烹 うや川

住所:横浜市都筑区南山田2-23-8

電話:045-593-4507

| | コメント (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その105~ビールの現場から「Schinner(シュインナー)」バイロイト★4

その104の続き。

060614076menu1700_1
プレミアムピルス、ブラウンビア、ケラービア、ヴァイスと飲めるみたいです。

まずはMJ氏が誉めていたブラウンビアをオーダー。
060614077brounbier1706
よく聞く類型で言うと、デュンケルになるんですかね、このビールは。
少し甘めです。
たださすがvomFass(樽生)、少々甘くてもさらりとこなせる程度です。
★8

その106に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その104~ビールの現場から「Schinner(シュインナー)」バイロイト★4

その103の続き。

心地よいお昼寝の後、先ほどまだ開いていなかったバイロイトの「現場」です。
060614084schinner1752
今度は開いてました(笑)

店内はわりとオーソドックス。
もちろんまだお客さんは入ってません。
06061407817150606140811720

さあ、飲みましょう!

その105に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その103~また休み?

その102の続き。

060614071schinner1613060614072schinner1614
Schinnerの「現場」です。

が・・・扉を押しても鍵がかかってます。

私「おえおえ、また空振りかぁ」
K「リューベックの再現?」

私「ん?営業時間が書いてある・・・5時からやって」
K「何や、あと1時間弱か・・・ブラブラして時間つぶそか」
私「それがエエな」

と言うわけで、近くのResidenzplatzへ。
060614073residenzplatz1626
しかし、毎日よう晴れるなぁ。

中に入ると、木が立派に茂った素敵な公園。
060614075residenzplatz
ここのベンチで、二人そろって小一時間昼寝を敢行しました。

気持ちよかったぁ。

その104に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜オクトーバーフェストの後に・・・

赤レンガでオクトーバーフェストを満喫した後に行ったのがこのお店。
06100213ipa2133
って、この写真でわかるかい!

 

すいません、説明遅くなりました。
生麦にある「キング・ペリカン」です。
同じ横浜とは言え、赤レンガ帰りには少々遠いのですが、勢いで行っちゃいました。

 

そうそう、上の画像はここのオリジナルビール。
横濱ビールのIPAです。

 

この日もカウンターでは、常連さんがいい感じに盛り上がってる様子。
いつ来てもエエ雰囲気やなぁ、このお店。
06100214oban2243
Obanをロックでいただいて、帰りました。

 

キング・ペリカン
住所:横浜市鶴見区生麦1-11-12
電話:045-503-1950

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜オクトーバーフェスト2006②

から続いてます。

 

横浜オクトーバーフェスト2006」に行った私とビア友K。

 

つまみはコレ。
0610020420001949
ドーンと盛られて2,000円。

 

そして3杯目。
061002092019
富士桜高原ビールの「森のヴァイツェン」。
ん?ヴァイツェンなのに茶色いの?と思われたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そうなんです。

 

麦芽をスモークしたヴァイツェンなんですって。
富士桜と言えばヴァイツェンとラオホ。
その2つをあわせたのがこの「森のヴァイツェン」というわけです。

 

飲んだ瞬間はヴァイツェン。
ヴァイツェンの風味って強いなぁ、と思った所でラオホが押し寄せます。
面白ぇぇ。

 

4杯目。
061002112049
サンクトガーレンのチョコレートポーター。

 

確かにカカオのような苦味が・・・

 

面白ぇぇ。

 

21時で終ってしまうのが残念と言えば残念ですが、仕方ないですね。

 

値段も安くて、がんがん飲める。
うん、いいイベントです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

横浜オクトーバーフェスト2006①

月曜日、ビア友Kと横浜赤レンガ倉庫で開催された「横浜オクトーバーフェスト2006」に行ってきました。

 

JR横浜駅から、タクシーに乗って赤レンガに着いたのは午後7時半過ぎ。
061002122111
雨が降ってるため、外のベンチには誰もおらず少々寂しめ。
昨年は外で飲めたのですが・・・残念。

 

だが、一歩テント内に入るともう大騒ぎ。
06100203of1946
ブンチャカ、ブンチャカ、賑やかです。
こうでなくっちゃ。

 

今回は日本の地ビール系が充実。
横浜ビール、サンクトガーレン、湘南ビール、富士桜高原麦酒、エチゴビール、新潟麦酒さんが並んでます。
もちろんエルディンガー、シュパーテンなどのドイツビールも飲めますし、キリン、サッポロなどの日本の大手メーカーも飲めます。

 

さて、どれにしましょうか?

 

06100201p1944
新潟麦酒さんのカナディアンピルスナーにしました。
新潟の「現場」には大抵いきましたが、ここはレストランがないので飲んだことはありませんでした。
評判は聞いてたんですが・・・

 

飲んでみました・・・・・美味い!
でもどんな味だったかは忘れました。
でも、美味い!

 

そして2杯目。
061002061959
同じく新潟麦酒さんの麻物語。
いわゆるヴァイツェンですが、麻のエキスを混ぜてるそうです。
確かに普通のヴァイツェンとは一味違います。
一癖あります。

 

しかしこれらのビールが1杯700円なんですから、良心的。
ガンガン飲めるビールのイベントなら大歓迎です(笑)

 

に続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その102~バイロイト

0606140681600その101の続き。

クルムバッハから音楽祭で有名なバイロイトへ移動。
Bayreuthと書いてバイロイト。
読めましぇん・・・

目指したのMJ氏の本「ビール大全」に載っていた現場「Schinner」。
場所のヒントは唯一つ「Richard Wagner Strasse」にあると言うことだけ・・・
たどり着けるかどうか・・・わかりません。

まずはインフォメーションに行って地図をゲット。
いつものように目を皿のようにして、「Richard Wagner Strasse」を探すことからスタート!
・・・見つかりました(←早っ)
今いるマキシミリアン通りから、そんなに離れていないようです。
ラッキー!
060614069st1602

そしてほどなく目的の「Richard Wagner Strasse」を発見。
060614070richardwagnerst1608
「現場」まであと少しです。

その103に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌で紹介していただきました

吉「おお~い、聞いてくれぇ!」

 

熊「何や、大きい声出して」

 

吉「すまん、大きい声は生まれつきや」

 

熊「悪い、今ちょっと忙しいねん」

 

吉「ほな、手短に。このブログが雑誌で紹介されてん」

 

熊「へぇぇ。よかったな、おめでとう。ほな!」

 

吉「『ほな!』やないがな。普通『何て雑誌?』とか聞かへんか?」

 

熊「ふ~んl。じゃ、何て雑誌?」

 

吉「何か言う気なくすなぁ」

 

熊「そう?でも言いたいんやろ」

 

吉「完全に足元見られてるな。ま、エエわ。『Yahoo Internet Guide』っていう雑誌」

 

熊「何て紹介してもらったんや?」

 

吉「それは、ナ・イ・シ・ョ」

 

熊「アイドル気取りか!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その101~「バイエルン醸造博物館」クルムバッハ

その100の続き。

展示が終わった所に出現するのが試飲カウンター。
0606140571349

ここで入場時にもらったビール引き換え用のトークンを渡すとビールが・・・
0606140581350

美味しゅうございました。

隣にはレストランもございます。
060614063restaurant1411

その102に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »