« 大阪から伊勢へ | トップページ | 伊勢角屋への道 »

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その135~ビールの現場から「Aying(アイインク)」★5

その134の続き。

アイインクでの2杯目はデュンケル。
060616026dunkel1210
苦さと甘さのバランスが抜群です。
濃いけどガンガンいけそうなビールです。
★9

Kが飲んだのはピルス。
060616027pils1213

そして3杯目はウルヴァイス(デュンケルヴァイス)。
060616029dunkelweisse
味は普通のヴァイスとあんまり変わらない感じです。
少し香ばしいかな。
★8

その136に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

|

« 大阪から伊勢へ | トップページ | 伊勢角屋への道 »

コメント

でましたAyingerのデュンケル!!陶器製のジョッキで色が見えないのが残念ですが、秀逸でしょ!?私にとってはこれがベストビアin Germany でした。どうやらこの現場はタンクからサーバーへ直管らしいですよ。

投稿: fujiwara | 2006/11/13 22:35

fujiwara様
デュンケルがfujiwaraさんのベストでしたか!
確かに美味しかったです。
できれば向かいのホテルに泊まって、ゆっくり飲みたい「現場」でした。

投稿: beer-kichi | 2006/11/14 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その135~ビールの現場から「Aying(アイインク)」★5:

« 大阪から伊勢へ | トップページ | 伊勢角屋への道 »