« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

「ドイツ・チェコビール旅行2006」を振り返って~ビールばっかりではアカンみたい・・・

私「今回の旅行、成功やったんやろか?」

K「楽しかったんやから、成功やろ」

私「それはそやねんけど・・・もんのすごい期待してた割には、楽しくなかったような・・・」

K「やっぱり『ビール』を最大の目的にしたのが、良くなかったんちゃうか」

私「ビール好きな二人がビール目的の旅行をする・・・普通に考えたら盛り上がり必至やけどな」

K「今までの旅行を思い出してみぃ、ビールばっかり飲んでる旅行なんかないで」

私「そやな。チェコ・オーストリア行ったときのメインは、ドナウ川下りとザルツカンマーグート観光やったな」

K「そうそう。ベルギー・ドイツの時は古城ホテルバーデンバーデンの温泉ツークシュピッツェ登山やし」

私「イングランド・スコットランドの時は、何と言ってもゴルフがメインやったからなぁ」

K「なっ?確かにビールの『現場』には何箇所か行ってるけど、ビールそのものを最大の目的にしてた旅行は今回が初めてやろ」

私「ホンマや」

K「今回もワールドカップ観戦があったからよかったものの・・・」

私「無かったらと思うと・・・」

K「辛かったやろなぁ」

私「俺ら、ビール好きでもあるけど、それ以上に旅行好きやからな」

K「確かに」

私「次行くときは、もう少し観光の比率を上げんとな」

K「また行く気かいな!!何べんもツッコますな!」

私「やっぱり、アカンか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その149~迷子 in Freising

その148の続き。

9日目、午前10時15分。

Freisingの中心部・・・かな?
060617008city1015
何となく、来たことあるような、無いような。

持ってる地図が極めて分かりづらいので、サイン(標識)を頼りたかったんですが・・・
060617011sign1034
どちらに行けばいいのか、実に悩ましい(笑)

この坂を登らず、左に行ったのが間違いでした。
060617010footpath1022

認めたくは無かったんですが、完全に「迷子」です。

その150に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ドイツ・チェコビール旅行2006」を振り返って~寄る年波

K「12年前に行った時と、何が一番変わってたかなぁ?」

私「マルクが無くなって、ユーロになってたのが一番大きい変化ちゃうか」

K「あとは?」

私「ドイツの変化より、俺らの変化の方が大きい気がするな」

K「と、言うと?」

私「まず経済面、昔ほどセコクなくなった」

K「金で解決出来るんやったら・・・みたいな余裕は出たね」

私「あと体力面、昔ほど飲めんようになった」

K「俺、7日目辛かった・・・」

私「ラドラー美味い!って言うてたもんな」

K「12年前では、考えられへん」

私「酔っ払うこともあんまり無かったしな」

K「毎日、昼もビール、おやつもビール、夜もビール、っていう当初の設定に無理があったよな」

私「じゃあ、次回行くときは休肝日も考慮した日程を・・・」

K「また行く気か!・・・しかし、何べん言わすねん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その148~Freising!

その147の続き。

9日目、午前10時。
Freising駅到着です。
060617006freising1007
本日、日本に帰国するとは思えないのどかさです。
しかもスーツケース、もう空港やし。

「12年前に来たときと、全然変わりません」とか書きたいところですが、よく覚えてません(笑)
もうちょっと、覚えてるかと思ったんですが、意外に覚えてないものです。
したがって、道も分からず、とりあえずサインにしたがって歩いていきます。
060617007sign1008
そうそう、言い忘れてましたが、Freisingと言えば「Weihenstephan」の現場がある街。
これからその「現場」に12年ぶりに向かうと言うワケです。

一応地図もあるんですが、こんなレベル。
060617013map1040
まあ、何も無かった12年前に比べれば100倍マシですが。

その149に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドイツ・チェコビール旅行2006」を振り返って~リピートって難しい?

私「リピートするって微妙やと思わへん」

K「アウグスティナー・ケラーのことやな」

私「そやねん。前行ったときはあんなに良かったのに・・・」

K「まあ、ブンチャカ(バンド演奏のこと)が無かったっちゅうのも大きいけど、期待値が高すぎたっちゅうのも大きいんとちゃうか」

私「期待値?」

K「あくまで満足するかどうかは相対的やから、事前期待が高ければ高いほど、ホンマに満足するのは難しくなるっちゅうワケや」

私「なるほど」

K「そやから、ロクに調べもせんで行ったところが結構良かったりするやろ」

私「バンベルクとか、アンデックスとかな」

K「そうそう」

私「ほな、次行くときはその辺も考慮せんとアカンな」

K「また行く気か!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その147~電車に乗って・・・

その146の続き。

9日目、午前9時15分。

出発時間まで6時間以上あるので(!)、まだチェックインはできません。
スーツケースを荷物預かり所に預け、電車に乗ってNeufahrnへ。
060617003db0938060617004neufahrn0947

何故Neufahrn?と思う方、こちらの写真を見てください。
060617005abfahrt0950
そう!Neufahrn駅は、Freising駅への乗り換え駅なんです。

ん?Freising?っていう方は、もう少し待ってください。

その148に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドイツ・チェコビール旅行2006」を振り返って~No.1の「現場」

私「今回アホほど『現場』行ったけど、どこが一番良かった?」

K「そやなぁ・・・ケルンではペフゲンかなぁ」

私「ふんふん、同感、同感」

K「デュッセルはどこも良かったけど・・・ユーリゲやろなぁ」

私「極めて同感!」

K「クルムバッハのKommunbraeuも捨てがたいし・・・」

私「ビールはさほど美味しなかったけどな」

K「そうそう(笑)」

私「バンベルクのSpezial Kellerは?」

K「あそこ最高!」

私「アンデックスも良かったなぁ」

K「アイインク忘れたらアカンで」

私「で、No.1は?」

K「それが難しいんやが・・・ユーリゲかな、やっぱり」

私「俺的にはSpezialも良かったんやけど・・・」

K「ユーリゲと比べて、どや?」

私「・・・ユーリゲ・・・やな、やっぱり」

と言うわけで、今回の旅行のNo.1「現場」はデュッセルドルフの「Zum Uerige(ツム・ユーリゲ)」に決めました。
ビールは実質アルトしか飲めないんですが、何と言いましょうか・・・最高なんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その146~最終日!

その145の続き。

いよいよ最終日、6時に起床し免税手続きの用紙に記入し、帰国の準備。
0606170010728
窓からの眺めです。

安ホテルで、各国のサポーターが多く宿泊してるため、廊下には割れたビール瓶が散乱。
血痕もあるような・・・コワイコワイ。

朝食も付いていましたが、もう面倒くさくなったので、食べずにチェックアウトし空港へ。
060617002arenak
開幕戦が行われたアレナの横を通りました。
車なので楽チンです。

ただ一つ心配だったのが、車の返却場所だったんですが、これも全然問題なし。
空港の近くにはガソリンスタンドもありますし、空港に近づいても標識に従って進むだけで、返却場所に誘導されました。

さすが!

刺激的な走りで、我々を楽しませてくれたアルファロメオとも、ここでお別れです。
060617002airportparking0856

その147に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ドイツ・チェコビール旅行2006」を振り返って~チェコ入国拒否!

6月からダラダラ続けてきた「ドイツ・チェコビール旅行記2006」ですが、ようやくあと1日分を残すのみとなりました。
全部書き終えてから振り返るのが普通だと思うのですが、書き終えた瞬間にやる気が雲散霧消する可能性が高いので、このタイミングで振り返りはじめたいと思います。

私「今回の旅行で何が印象に残ってる?」

K「やっぱりチェコに行けんかったことちゃうか」

私「そやなぁ、あれはショックやった」

K「ウルケルの現場とブドワイゼの現場訪問が吹っ飛んだもんなぁ」

私「立ち直られへんで、普通」

K「じゃあ、そのあと全く楽しくなかったかと言うと・・・」

私「それがそんなことないのが不思議」

K「バンベルククルムバッハアンデックスアイインク・・・どこの「現場」も良かったもんなぁ・・・」

私「全く予定してなかったわりには、上出来やった」

K「俺らって、予定通りに事が進むより、ハプニングあったほうが燃えへん?」

私「ある、ある、そういうとこ」

K「前半はキメキメやったもんなぁ」

私「確かに効率的にはまわれるんやけど・・・刺激がちょっと足らんねんな」

K「それはそれでエエんやけど、ずっとはキツイなぁ」

私「次回は半分決めて、半分フリーがエエんちゃうか?」

K「次回って!?また家族置いて行く気かいな!」

私「アカンか?」

色んなビールの「現場」を訪問しようと思うと、インターネットを駆使した事前の「下調べ」は必須です。
でも、我々に「放浪癖」があるのか、「束縛」が嫌いなのかわかりませんが、何の予定もなく動いた数日間の方が「旅行」として楽しかったのも事実です。
大学時代にバックパッカーとしてヨーロッパをフラフラしたのが、旅の原体験としてあるからなんじゃないかと自己分析しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その145~初めての雨

その144の続き。

8日目、午後9時半。

アウグスティナーを出ようとしたその時、雨が降ってきました。
060616072rain2124
雨が降ってきたから帰るわけじゃなく、帰ろうとしたときに雨。
ある意味絶妙のタイミング。

この後、小走りでホテルに帰りました。
060616073rain2134
近くのホテルを予約してて良かった・・・

8日目終了です。
いよいよ残すところ、あと1日。

その146に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COEDO@ブラウステューベル横浜

お気に入りの「ブラウステューベル横浜」のビールが「COEDO」ブランドに変わっていました。
06110601coedomenu2113
それにともない(?)、500mlのジョッキが800円に値上げ。
ちょっと前まで700円やったんですけどねぇ・・・
絶対レベルでは決して「高い」わけではないんですが・・・残念。

また行ってみたい度★4(5段階)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その144~ビールの現場から「Augstiner Keller(アウグスティナー・ケラー)」★5

その143の続き。

ガーデンの写真ばかりですが、アウグスティナー・ケラーはガーデンだけではありません。
060616067interior2026
何せ「ケラー」ですから。

結局アウグスティナーでは、3杯いただきました。
0606160692102
「たった3杯?」と思ったあなた、謝罪してください。
ここの1杯は1リットル(注:もちろん小さいサイズもあります)
合計3リットル。

相変わらずいい「現場」ではありましたが、ワールドカップ中継をやっていた影響でバンド演奏がなかったのがちょっと・・・

聞きたかったなぁ・・・演奏。

とは言え、また行ってみたい度は★5(5段階)。
060616070garten2109

その145に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」その3

その2の続きです。

3杯目、ペールエールです。
061103211248
「創業以来当店で一番人気のあるビール。ホップによる苦味とフルーティな香りを生かした自信作」
後に引かない適度な苦味がいいんじゃないでしょうか。
★8

そして最後、黒壁スタウト。
061103241313
「濃厚な味わいと、芳醇でスモーキーな香りが特徴。ギネス社で有名な黒ビール」
4%なのに少々アルコールっぽいのが気になりますが、香ばしいスタウトです。
★7

駅からも近いですし、周辺も観光(散策)に適した環境。
トータルとしては、なかなか良い「現場」なんじゃないでしょうか。
というわけで、また行ってみたい度は★4(5段階)です。

長濱浪漫ビール
住所:滋賀県長浜市朝日町14-1
電話:0749-63-4300 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その143~ビールの現場から「Augstiner Keller(アウグスティナー・ケラー)」★5

その142の続き。

しばらく飲み食いしていると、地元の老婦人&ご婦人から「相席していいですか」と声をかけられました。
「いいですよ」と返すと、座るやいなや持ってきた荷物を開けはじめました。

私「何やろ」
K「メシ持ち込み?」

そう、食事持ち込みです。
0606160621912
巨大なサラダを混ぜ混ぜして食べてました。
もちろんビールはここで買って飲んでました。
それがなかったら、公園のベンチと変わりませんから。

母と娘?
それとも嫁と姑?
060616068garten2027

その144に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」その2

その1の続きです。

1杯目、淡海ピルスナー。
061103181232
パイングラス(PintGlass)380ml、680円。
謎だらけです。
見た目はUSパイントっぽいんですが、380mlって書いてあるし・・・
そのまま信じるならちょっと高いですね、値段。
「チェコのピルゼン発祥。喉越しが良く、黄金色に輝き、雪のように白くきめ細かい泡を持つ世界の下面発酵ビールの元祖」とメニューにはあります。
なかなかに文学的な紹介です。
「世界の下面発酵ビールの元祖」・・・ちょっと違うような・・・

飲んだ瞬間は苦みも甘みも勝ってないのですが、後味に苦みが感じられます。
★7

2杯目、伊吹バイツェン。
061103201240
「ドイツで親しまれている淡黄色のビール。原料に小麦を使用し、やわらかい酸味を持つのが特徴。酵母が健康に良いという言い伝えがある」
これはなかなかgoodです。
とんがったところがなく、かつ美味しいヴァイツェンなので、多くの人に薦められるビールだと思いました。
★8

ステーキ御膳。
061103191234

その3に続きます。

長濱浪漫ビール
住所:滋賀県長浜市朝日町14-1
電話:0749-63-4300 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その142~ビールの現場から「Augstiner Keller(アウグスティナー・ケラー)」★5

その141の続き。

アウグスティナーの「現場」でいただいた食べ物。

まずはプレッツェル。
0606160651917
これは定番。
うしろにラディも見えます。

そして肉とポテト。
0606160641917
料理の名前はわかりません・・・

こんな魚も売ってました(食べてませんが)
0606160661947

その143に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」その1

伊勢角屋に行った翌日、京都経由で長浜に行ってきました。
もちろん目的は「長濱浪漫ビール」。

「現場」はJR北陸線「長浜」駅から徒歩5分。
駅から近くて便利です。
061103131220061103141220
休日ということもあり、店内は結構混雑してます。
私は一人でカウンターに座ります。

目の前にはタンクが。
061103171229
上を見上げると、2階にもタンクが見えます。

飲めるビールは4種類、ですね。
06110315menu1224

その2に続きます。

長濱浪漫ビール
住所:滋賀県長浜市朝日町14-1
電話:0749-63-4300 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その141~ビールの現場から「Augstiner Keller(アウグスティナー・ケラー)」★5

その140の続き。

8日目、午後7時。

セルフサービスエリアに席を取り、ビールを買いにカウンターへ。
060616058augustinerkeller1852060616060counter1907

ここで飲むのはもちろんヘル、1リットルジョッキで!
060616059hell1854
12年ぶりに飲むんですが(!)、相変わらず美味いです。
★9

空いたジョッキを回収する車まであります。
0606160611910
さすが、巨大ビアガーデン。

その142に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やきもの現場主義?

吉「こないだ益子に行ってきてん」

熊「益子ってあのやきものの?」

吉「ウチの嫁ハン、やきもの好きなんよ」

熊「そう言えば前もどっか行ったって言うとったなぁ」

吉「結構行ってるで。萩やろ伊万里やろ清水やろ壺屋やろ常滑やろ信楽・・・」

熊「全部言わんでエエっちゅうねん」

吉「最初は嫁ハンの後をついて行ってるだけやったんやけど、最近必ずビアマグ買うようにしてんねん」
061112232322

熊「おっ!」

吉「左が常滑焼、右が信楽焼、真ん中が今回買った益子焼や」

熊「ゴメン、俺やきものの良し悪し全くわからんねん」

吉「俺かてわからんがな。でもな・・・辛抱して数見てるとだんだん自分好みのものが分かるようになってくるもんやで」

熊「ホンマかいな」

吉「で、『ビビッ』と来たところで購入するっちゅうわけや」

熊「お前は松田聖子か!」

吉「古っ!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その140~ビールの現場から「Augstiner Keller(アウグスティナー・ケラー)」★5

その139の続き。

お土産買出しを終え一旦ホテルに帰り、ワールドカップを観ながら小一時間休憩。
英気を養ったところで、いよいよ前回のドイツ旅行でメチャクチャよかった現場「Augstiner Keller(アウグスティナー・ケラー)」に向かいます。

午後6時45分、「現場」到着です。
060616053augustinerkeller1716060616057augustinerkeller1844

一歩中に足を踏み入れると・・・
060616058augustinerkeller1844
おおーっ!
これ!これ!

でもちょっとだけ、以前と雰囲気が違うような気も・・・何で?
060616063wm1914
以前はあったバンド演奏の代わりに、ワールドカップの中継を大スクリーンでやってるから、と言うのがその理由。
そらそうですね、会期中ですもん。

これが吉と出るか凶と出るか??

その141に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~三重県伊勢市「伊勢角屋ビール」その4★5

その3の続きです。

さあ、5杯目。
お店イチオシのペールエールです。
061102212026
飲み放題なんで、あんまり関係ありませんが、中ジョッキサイズ(430mlで650円)でいただきました。
さすがイチオシ、美味です。
バランスが最高!これが大事!
★9

そして6杯目。
これで全種類制覇したことになります。
061102232055
スタウトです。
苦い系のスタウト、ドライな感じです。
アイスコーヒーのような香ばしさがあります。
★8

最後にペールエールをジョッキでいただいて、失礼しました。
そうそう、味噌ピザも食べました。
061102252104

料理の種類が沢山あるのと、雰囲気がレトロでいい感じなので、また行ってみたい度は★5(5段階)です。
飲み放題があるおかげで、お勘定もこんなんですもん。
061102262112_1

伊勢角屋麦酒蔵(びあぐら)
住所:三重県伊勢市神久6丁目428
電話:0596-23-2880 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その139~各種お土産購入

その138の続き。

8日目、午後3時半。

マリエン広場を後にして、お土産買出しのため、マキシミリアン・シュトラーセへ。
その途中で右手に見えたのが、ホフブロイの「現場」。
060616049hofbraeuhaus1540
飲まずに素通りとは、贅沢です。

まずはKのリクエストでRimoa。
スーツケース買うんですって。
ドイツ代表も、オススメです。
060616050rimoa1549

国立オペラ劇場。
060616051residenz1552
この近くのAignerで、妻にバッグ購入。
色々有難う。

そしてお土産用に、ヘンケルで皮むき器を大量に購入。
デパートで、子供用に色鉛筆やらドイツ代表のレプリカユニフォームやらを購入し、買出し終了。
あとは飲むだけです。

その140に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~三重県伊勢市「伊勢角屋ビール」その3★5

その2の続きです。

3杯目、神都麦酒。
061102162002
ちょっと泡が多いです。
飲み放題じゃなければちょっと・・・・・
伊勢産黒米を使用した「普段使いのビール」だそうです。
いいですねぇ、「普段使い」。
良い香りがほのかにします。
方向性としては新しい「モルツ」に近いでしょうか。
香りの種類は違いますが。
★8

そして4杯目は「よその地ビール」
田沢湖ビールだそうです。
061102192012
恐らくダークラガーでしょうか。
香ばしくて美味しいです。
昨年の11月に「現場」に行きましたが、正直その時より美味しいです。
何ででしょう??
★8

豚トロ味噌煮込みです。
061102141951_1

その4に続きます。

伊勢角屋麦酒蔵(びあぐら)
住所:三重県伊勢市神久6丁目428
電話:0596-23-2880 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その138~マリエン広場へ

その137の続き。

8日目、午後3時10分。

ミュンヘン駅からカール広場へ。
060616044karlsplatz1516
さすがワールドカップ開催地、世界各国のサポーターがわんさかいます。
中でも幅を利かせているのが、ブラジルサポーター。
あまりの傍若無人ぶりに、ちょっと嫌いになってしまいました。
ブラジル・・・割と好きやったんですけど・・・

しばらく歩くと右手にアウグスティナーの「現場」があります。
060616045augustiner1519
ブルーがきれいですね。
ここで一杯!といきたいとこですが、ここは我慢です。

060616046frauen1525
巨大玉ねぎ、フラウエン教会を左手に見ながらひたすら進むと・・・

マリエン広場到着です。
060616047marien1528

その139に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビールの現場から~三重県伊勢市「伊勢角屋ビール」その2★5

その1の続きです。

なんとこの「現場」、飲み放題がございます。
06110210menu1943
一人でカウンターで飲み放題を頼むのは、ちょっと気がひけますが、仕方ありません(←何が!)
さあ、飲むでぇ!

と、言うわけで1杯目はヴァイツェン。
061102121945
普通に買うと、300mlで500円です。
ちょっぴり白濁。
バナナの香り。
すっきりさっぱり。
★7

そして2杯目は期間限定ビールのライムミックス。
061102151955
ラムネ菓子のような香りがします。
色はやや濃い目です。
★6

フードは干物炙り焼き。
061102131949
固形燃料で焼くのが、ちょっと残念です。

その3に続きます。

伊勢角屋麦酒蔵(びあぐら)
住所:三重県伊勢市神久6丁目428
電話:0596-23-2880 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その137~ミュンヘンへ

その136の続き。

8日目、午後1時50分。

ミュンヘン到着。
宿は日本でネットで予約したミュンヘン駅北西にある安ホテル。
060616038munchenhotel1401060616039aohotel1432

30分ほど休憩した後、お土産等買出しのため街中へ出かけました・・・歩きで。

中央駅に行く途中で遭遇したのがコレ。
060616040spatentank1444
「現場」です。

この赤いマークって何やったっけ?と思いながら少し歩くと・・・
060616041spaten1447060616042spaten1447
そうそう、SPATENでした。

午後3時、ミュンヘン中央駅到着です。
060616043station1501
1989年に初めて来たときと、あまり変わらない印象でした。

その138に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~三重県伊勢市「伊勢角屋ビール」その1★5

さあ、大阪からはるばるやってきた伊勢の「現場」。
時刻は午後7時40分です。

西宮時代に2回来た事があるのですが、それはいずれも昼。
夜訪れたのは初めてです。

座ったカウンターからの眺め。
061102222029

まずはいつものようにビールのメニュー。
06110209menu1943
飲めるビールは5種類。
・・・ですが
06110217pop2009
「よその地ビール」。
他の地ビールメーカーのビールを樽生で提供してるようです。

すごい!

その心意気が素晴らしいと思いました。

今日はここまで。
その2に続きます。

伊勢角屋麦酒蔵(びあぐら)
住所:三重県伊勢市神久6丁目428
電話:0596-23-2880 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その136~ビールの現場から「Aying(アイインク)」★5

その135の続き。

最後の一杯はケラービア。
060616030keller1230
ごくごくとはいけないビールですが、美味しいビールです。
★9

060616032garten1250
老若男女が集っています。
我々は頼んでないんですが、シュニッツェルのデカさは半端じゃないので、大食漢の方にはオススメです。

アイインクの「現場」、また行ってみたい度は★5(5段階)です。
060616031parasol1234

その137に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伊勢角屋への道

伊勢角屋の「現場」に行くために、伊勢に来ました。
最寄の駅「伊勢市」に着いたのは午後7時前。
061102051855
外宮と反対側の出口とは言え、かなりの寂しさです。

楽天で予約をした和風旅館は、駅から歩いて7~8分のところにありました。
061102061901

和風旅館ですから、廊下とは襖一枚。
061102071907
隣の部屋とは欄間がつながってるので、音まる聞こえ。
落ち着くような、落ち着かんような・・・
外人さんがいっぱい泊まってました。

宿から歩くこと約25分。
やっと伊勢角屋の「現場」に到着しました。
061102081937
あまりに遠いので、途中でうっかり焼肉屋に入ってしまいそうになりましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その135~ビールの現場から「Aying(アイインク)」★5

その134の続き。

アイインクでの2杯目はデュンケル。
060616026dunkel1210
苦さと甘さのバランスが抜群です。
濃いけどガンガンいけそうなビールです。
★9

Kが飲んだのはピルス。
060616027pils1213

そして3杯目はウルヴァイス(デュンケルヴァイス)。
060616029dunkelweisse
味は普通のヴァイスとあんまり変わらない感じです。
少し香ばしいかな。
★8

その136に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪から伊勢へ

吉「こないだ大阪出張行ったやろ」

熊「行っとたなぁ・・・俺のオカン元気やった?」

吉「知るかい!何でお前のオカンのとこ行かなアカンねん」

熊「何や冷たいやっちゃな」

吉「で、ただ大阪行って帰ってくるのも何なんで、伊勢に寄って来たわけや」

熊「ほおぉ、伊勢ちゅうことは近鉄か」

吉「久しぶりに乗ったで、近鉄特急。これがその写真」
061102021658
熊「さすが鉄っちゃん!」

吉「そやろか・・・自覚は全くないんやけどなぁ。でもこんな写真も撮ってるし」
061102031703
熊「えらいガラガラやな。しかも気持ちゴージャスなような・・・」

吉「デラックスカーっちゅうて、410円プラスで払うと乗れんねん。一人席があるところなんか、ちょっとヨーロッパぽいやろ」

熊「ほんまやなぁ。鉄っちゃんのキミにはたまらんやろなぁ」

吉「だからちゃうっちゅうねん」
061102041706
熊「この写真は?」

吉「難波の高島屋で買うたお弁当。これをつまみながら伊勢へ、や」

熊「そこまでして赤福食べたいかね」

吉「なんでやねん」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その134~ビールの現場から「Aying(アイインク)」アイインク★5

その133の続き。

1杯目はいつものヘル。
060616021hell1143
500mlで2.6ユーロ(約390円)。
いつも思いますが、外で飲む一杯目に最適。
★8

テーブルの上にはプレッツェルが無造作においてあるのも、バイエルン流でしょうか。
0606160241200

ポテトといんげん豆の上にお肉が乗っています。
0606160231158
カロリー高そー!

その135に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その133~ビールの現場から「Aying(アイインク)」アイインク★5

その132の続き。

8日目11時半、いよいよアイインクの現場です。
060616017ayinghotel1134
写真は道路を挟んで向かいにあるホテルです。
ここに泊まって飲みまくる・・・憧れますねぇ。

お昼前ということもあるのか、まだまだ空いています。
060616018ayingbiergarten1134
しかし、これぞビアガーデン(ドイツではビアガルテン)ですな。

ビールのメニュー見ます?
060616020biermenu1137
いわゆる樽生のビールだけで7種類!
毎度毎度どこの現場でもこんな調子ですから、バイエルンはすごいですね。
060616022braeustueberl1157

その134に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その132~Aying(アイインク)への道

その131の続き。

8日目午前9時、アンデックスのホテルをチェックアウト。

アンデックスの近くには幾つも湖があるので、そのうちの一つ「アンマーゼー」を車でぐるっと一周した後、Aying(アイインク)を目指します。

アンデックスはミュンヘンの左下、アイインクはミュンヘンの右下なので、地図上はそんなに遠くないんですが・・・
060616013river1055060616014map1055
真っ直ぐ行く道がほとんど無くて、意外に苦労しました。

とは言え、やっとアイインクが見えてきました。
0606160151117

そして11時半、アイインク到着です。
060616016aying1134

その133に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」その4

その3の続きです。

最後3杯目・・・に行く前に。
061026151934
せっかくの日本酒の蔵元ですから、特別純米酒「出世城」をいただきました。
あ~あ、まわるなぁ。

そして3杯目のポーター。
061026161953
香ばしくて、甘みが少なく、「なんぼでもいける」タイプのポーターです。
ただ少し残念なのは冷えすぎだったことでしょうか。
★8

〆はもりそば。
061026172016
ビシッとしまりました。

平日の夜にもかかわらず、地元の人たちで賑わっていたのがとっても好印象でした。
また行ってみたい度は★4(5段階)。

浜松の現場は、和の「天神蔵」、ドイツスタイルの「マインシュロス」とうまくキャラ分けされてます。

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その131~8日目スタート!

その130の続き。

8日目、午前8時。

起床し、別棟の朝食会場へ。
060616010hotel0851

朝食会場。
060616009table0825
清潔で、明るくて、朝からとても気分がいいです。

そして何といってもこの品揃え。
060616007breakfast0820
間違いなく今回の旅行のベスト朝食!
美味しい!きれい!

その132に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」その3

その2の続きです。

おつまみはコレ。
061026121911061026131913
豚角大根煮と自家製さつま揚げ。
「和」で結構、結構。

そして2杯目。
061026141918
苦くもなく、甘くもなく。
★7

その4に続きます。

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その130~ビールの現場から「Andechs(アンデックス)」★5

その129の続き。

7日目、午後9時。

ここのビアガルテン、とても居心地が良かったんですが、それは景色が良かったからだけではありません。
この方のサービスが絶妙。
0606150692047
お代わり頼みたい!と思ったときにそこにいるって感じですし、サーブの間隔も完璧。
もちろんオーダー忘れもありません。

で、3杯目スペツィアルヘル。
060615072spezialhell2103
ゴクゴクいくビールではありませんが、美味い!
★9

ヴルストもうめー!
060615073wurst2112

夜だよー!
060615075nightview2135

景色よし、ビールよし、サービスよし、フードよし、色々よし!
よってまた行ってみたい度は★5(5段階)!?

さあ、帰ります。
060615077entrance2202
7日目、終了です。

その131に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」その2

その1の続きです。

蔵を改造した店内は、入って右手にお酒などの販売スペースが、左手に木のテーブルが並んだ食事スペースが配置されています。
061026101903
木のテーブルが質感たっぷり。
「和」を感じさせます。

で、ビールです。
06102609menu1902
ピルスナー、ヴァイツェン、ポーターの3種が飲めます。

1杯目はヴァイツェンにしました。
061026081901
300mlくらいでしょうか?420円です。
結構濃い目の色をしています。
香りがかなりいい感じで、美味しいです。
★8
ただ、もう少し複雑さが加わるとさらに素敵です。

その3に続きます。

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その129~ビールの現場から「Andechs(アンデックス)」★5

その128の続き。

7日目、午後8時40分。

アンデックス2杯目はヴァイス。
060615068weiss2039
いやぁ、美味いなぁ。
泡もきめ細かくて素敵です。
★9

Kが頼んだヴァイスドゥンケル。
060615071weissdunkel2053
こちらも当然ながら、美味でした。

グヤーシュ・・・やったかな?
0606150702047

その130に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」その1

名古屋出張の帰りに、浜松に寄って帰ってきました。

浜松駅近くの現場と言えば「マインシュロス」と「天神蔵」。
「よっしゃ、ハシゴや!」と意気込んだのも束の間、「マインシュロス」さんがこの日は昼のみ営業だったため行けず。

と、言うわけで浜松駅から歩いて「天神蔵」を目指したのですが・・・。
061026051843

けっこう遠いのね・・・

確かにHP見ると、バスが案内されてました。
以前行ったとき(車で)、駅から近い印象があったんですけど・・・勘違いでした。
とは言え、20分ちょいで着きますので、元気な方は是非。
ちなみに、私は帰りも「歩き」でした。

「現場」到着です。
061026061856

入ると右手前方に「現場」のしるしが。
061026071857
確かに「現場」です。

その2に続きます。

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その128~ビールの現場から「Andechs(アンデックス)」★5

その127の続き。

7日目、午後8時20分。

ビールのメニューを見ましょう。
060615061beermenu2020
7種類も飲めるみたいです!
すごい!

ただ私もKも、完飲する体力がなさそうなのが残念ですが・・・

まずはヘルから。
060615064hell2024
ヘルですから、グイグイと行かせてもらいました。
★8

旬のシュパーゲル(ホワイトアスパラ)と一緒に。
060615066spargel2034

その129に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Anchor Liberty Ale(アンカー・リバティ・エール)@神田「THE Jha BAR」

吉「先週神田のTHE Jha BAR行ってきてん」

熊「ああ、前連れて行ってくれたとこやな」

吉「そうそう。そこのゲスト樽生がアンカーリバティやってん」

熊「アンカーリバティ・・・瓶では飲んだことあるけど樽生ってあんまり聞かんな」

吉「俺も初めてやったんやけど、これが美味いのなんの」

熊「そんなに美味かったか」

吉「カスケード系って最近ちょっと距離置いてたんやけど、これはエエ按配やねん」

熊「ボトルとは違うか?」

吉「まあ大体樽生になると、角がとれた感じになるんやけど、それが良かったんやろうと思うわ」

熊「アメリカ行きたくなったんちゃうか」

吉「『現場』で飲んだら美味いと思うわ」

熊「わかった、俺が行こう!」

吉「何でやねん」

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その127~ビールの現場から「Andechs(アンデックス)」★5

その126の続き。

7日目、午後8時。

部屋でワールドカップをTV観戦後、改めて出発です。

ドアを開けると、やはり鹿が。
060615054deer1957
力が抜けます(笑)

そうこうしてるうちに、Andechsの「現場」。
060615059restaurant2018
もう8時半ですけど、まだまだ明るいですねぇ。

景色も最高です。
060615063view2023
こんなところで日常的に美味いビールが飲めるドイツの人が羨ましいです。

カトラリーが何故か「手桶」に・・・
0606150622023

その128に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわて蔵ビール スタウト@横濱Cheers

志賀高原IPAの次に飲んだのが、もう一つのゲストビール、いわて蔵ビールのスタウト。
061027032112
ハーフパイントで700円です。

いわて蔵ビールの「現場」には、3年前に1度お邪魔しましたが、料理、ビール、雰囲気、三拍子揃ったいい「現場」でした。

「焙煎の香ばしい香りと豊かな苦味が特徴。濃い口ながらさっぱりとした後味のビールです」
と説明書きには記されています。
匂いの段階で、かなり香ばしいです。
誤解を恐れずに言うと、焦げ寸前。
なかなか個性的です。

金曜日ということもあり、横濱Cheersさんは大盛況。
ただ、The Jamがかからなくなったのは、少々寂しいです。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その126~アンデックスのホテルでビックリ

その125の続き。

7日目、午後6時30分。

ホテルの可愛いおばあちゃんに部屋に案内されたんですが、いくつかビックリしたことが。

ビックリポイント1・・・部屋の前に鹿がいる

いるんです、鹿が。
ホラ。
060615051deer1825
これ、ドアの前の景色ですよ。
1頭や2頭ちゃいますからね。
ビックリしました。

ビックリポイント2・・・ゴージャス
060616004stairs0816060616001stairs0808
何ですか、この階段。
何ですか、この大理石。

ビックリポイント3・・・広い
060615052room1828060615053room1829
この写真だけではわかりにくいですが、メチャクチャ広いです。
ベッドも4つありますし。

洗面所の写真も載せときます。
060616002shower0808

ビックリポイント4・・・安い
最初に聞いた値段は、朝食付きで1部屋160ユーロ(約2万4千円)。
正直高いです。
値切ろうと思って、もう一度値段を聞いてみました。

私「おいくらでしたっけ?」
フ「ワンハンドレットシックスティーン」
私「ワンハンドレットシックスティーン(116ユーロ)?」
フ「イエス!」

何と、聞き間違えてました(中学生並)。
116ユーロですから2人で約1万7千円。
まだ高いですが、もう面倒くさくなって決めることにしました。

私「じゃ、お願いします」
フ「それは良かった!あと3人はどこにいるの?」
私「3人?あと1人しかいませんけど・・・」
フ「あらあら・・・じゃ、58ユーロでいいわ」
私「58ユーロ!」

何と、またまた間違えてました。
2人で朝食付き58ユーロ(約8,700円)。
1人あたり4,350円です。
オイ、オイ。

お騒がせしました。
060615050hausanna1824060615050hausannak

その127に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志賀高原ビール IPA@横濱Cheers

先週金曜日に行った横濱Cheersさんで飲んだ一杯目がコレ。
06102702ipa2053
志賀高原ビールのIPA。
昨年スキーで長野に行ったときに飲み損ねた「玉村生」です。
お店に張ってあった説明書きにはこう書いてありました。
「通常よりも多い麦芽を使い、大量のホップを10回にも分けて加え、長期間熟成させた淡い琥珀色のビールです」

マスカットの香りがします。
メチャクチャ苦いです。
飲んでるうちに慣れてはきますが・・・
アルコール度は8%あるそうですが、あまりヘビーさは感じさせません。
評価分かれますね、コレ。
ホップ好きには堪えられないと思います。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その125~アンデックスでホテル探し

その124の続き。

7日目、午後6時20分。

アンデックスの「現場」の前の道を南へ少し行ったところで、ホテルを発見しました。
060615049hausanna1823

名前は「Haus Anna」。
車を停めて、とりあえず私がフロントへ。
フロントには可愛らしいおばあちゃんがいました。

060616005front0818060616006front0818

私「すいません、お部屋ありますか?」
フ「ありますよ」
私「2人でツインルームに泊まりたいんですが、幾らですか?」
フ「ワンハンドレッドシックスティ」

2人で160ユーロってことは、1人80ユーロ(約1万2千円)。
正直かなり高いです。
ただ、この時間なんで値切れるかな?とも思い、もう少し話を聞いてみることにしました。

フ「とりあえず、部屋みますか?」
私「はい・・・」

その126に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・フーズ・ガーデン」その2★5

その1の続きです。

2杯目、3杯目はヴァイツェンボック、リーベ。
061024162150061024182212
ですから、香川店と味は同じです(笑)

フードも香川店同様、イタリアンベース。
061024172206061024152135
さすがにピザはもう食べられません。

しかし、このフーズ・ガーデン(茅ヶ崎店)、事前に勝手にしていた想像を見事に裏切ってくれました。

「勝手な想像」の内容は・・・
・茅ヶ崎駅から近いこともあり、庭が印象的な香川店と違い、空間的な面白さより効率重視
・ほとんど同じ商圏での2店目なので、全く違うコンセプトで違う層の取り込みを狙う

全然ハズレ。
香川の店とコンセプトはほとんど同じです。
もちろんディテールまで同じではありませんが、方向性は同じ。
061024122125
写真は本棚で、その前にはスタバよろしくソファ席が並んでいますが、天井が高くアンティークな雰囲気は共通です。
「同じコンセプトであること」をどう受け止めるかは人によると思いますが、私はポジティブに受け止めました。
マーケティングではなく、「信念」を感じましたので。

また行ってみたい度はこちらも★5(5段階)です。
いいですね、茅ヶ崎って。

MOKICHI FOODS GARDEN(モキチ・フーズ・ガーデン)
住所:神奈川県茅ヶ崎市元町13-1
電話:0467-84-0123

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その124~あいててよかった!アンデックス

その123の続き。

7日目、午後6時10分。

私「まずいねぇ」
K「まずいなぁ」
私「ここまで来て飲まんわけには行かんし・・・」
K「8時からホテル探すのもなぁ・・・」
私「左手のほうに違うレストランあったけど、あっちはアカンかなぁ・・・」
K「おんなじアンデックスやからなぁ・・・営業時間も一緒ちゃうか」
私「そらそやな・・・でもダメもとで聞いてみるか」
K「ダメもとやけどな」

060615058view2018
私「おおっ!」
K「景色エエなぁ」

私「すいません、ここのレストランは何時までですか?」
店「22時です」
私「エッ?すいません、もう一回言ってもらえますか」
店「(何べん聞くねん、この日本人)22時です」
私「あっちのビアガーデンは20時までみたいですけど・・・」
店「ここは22時です(しつこい!)」

ラッキー!

さあ、ホテル探し、ホテル探し!

その125に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »