« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2006年12月

お休みいたします

吉「やっと書き終わったで、『ドイツ・チェコ ビール旅行記2006』」

熊「お疲れさんやったなぁ」

吉「で、『ビール現場主義』もお休みしょうかなぁと思てんねん」

熊「えっ、ホンマ?どれくらい続いたんやったっけ?

吉「ちょうど2年や」

熊「ま、しゃあないわ、おもろないもん・・・」

吉「こういう場合お世辞でも、『もったいない』とか、『おもろいんやから続けたほうがエエんちゃうか』とか言わんか?」

熊「『もったいない』とも『おもろい』とも思てへんから、それはちょっと言えんなぁ・・・」

吉「相変わらずキツイなぁ」

熊「てことは、閉鎖すんの?あのブログ」

吉「とりあえず、閉鎖はせんとあのまま残しとこうとは思てんねん。すでにかなり見づらくなってるから、インデックス付けたり、リンク切れ直したりもしたいし・・・」

熊「あと忘れたらアカンのが、昔書いた恥ずかしい記事の削除」

吉「お前が言うな!」

と言うわけで、新規の書き込みを当分の間お休みいたします。
追いつけ追い越せ「しょこたんブログ」で頑張ってきた「ビール現場主義」ですが、このあたりが限界です(嘘)

気が向いたら復活しますので、その時はよろしくお願いします。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その159~やっと、最終回

その158の続き。

10日目、午前10時15分。

やっと、成田に到着です。
060618002narita1018
さすがに疲れました。

これがビア友Kがミュンヘンの空港で購入したリモワ。
060618003rimoa1046
カッコエエなぁ。


これにて「ドイツ・チェコ ビール旅行記2006」終了です。
スタートしたのが、帰国翌日の6月19日。
全部で159エントリ、飲んだビール大小とりまぜ72杯。

途中何度かくじけそうになりましたが、何とか書ききることができました。

読んでいただいた方へ・・・・・有難うございました。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ビールの現場から~熊本県熊本市「熊本クラフトビール」その4

その3の続きです。

4杯目、ペールエール。
061217221856
「英国を代表するビールで、その色合いでこの様に呼ばれる。ほのかな柑橘系の香りでマイルドな苦味のビール」
美味いっ!
香りもいいです。
日本で飲むよりバスペールエールより、好きです。
★9

いやぁ、相変わらず美味しいですねぇ、ココ。
場所もいいですし・・・
あとは雰囲気かなぁ・・・

また行ってみたい度は★4(5段階)。

駅前地ビール館
住所:熊本県熊本市春日2-3-21
電話:096-325-3533
061217231930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール「好み度」別INDEX

個人的な「好み度」別に並べてみました(★1~★10)。
おわかりかとは思いますが、ビールの「評価」ではないつもりです。
(まあ、やろうと思ってもできませんが・・・)
ですから同じビールでもシチュエーションや飲む順番などにより、★の数は変わってきます。
実にいい加減です。

40)メッチャクチャ美味しかったビール(★10)
見返してみると、ほとんどラガー/ピルスナー系です。
そういう人なんです。

41)かなり美味しかったビール(★9)

42)相当美味しかったビール(★8)

43)結構イケたビール(★7)

44)そこそこだったビール(★6)

45)まあまあだったビール(★5)

46)ちょっと?だったビール(★4)

47)イマイチだったビール(★3)

48)飲み干すのがキツかったビール(★2)

49)勘弁してほしかったビール(★1)

最後のカテゴリーは該当無しになっております。

| | コメント (0)

ビールの現場から~熊本県熊本市「熊本クラフトビール」その3

その2の続きです。

2杯目は、ピルスナー。
061217191828
「日本のビールの主流タイプ。ホップが効いた味わいで、サッパリとした喉ごしのビール。発祥の地、チェコのピルゼンにその名前の由来を持つ」
確かに「ピルスナー」、ホップが良い感じで効いています。
少し苦めですね。
★8

続いて3杯目、ダークラガー。
061217201841
「濃色のラガータイプでチェコスタイルのビール。コクと香りが豊潤でまろやかな苦味の黒ビール」
色は真っ黒です。
焦げくさい一歩手前なくらい香ばしいです。
もう少しボディがしっかりしてると、より私好みなんですが・・・
★8

その4に続きます。

駅前地ビール館
住所:熊本県熊本市春日2-3-21
電話:096-325-3533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~熊本県熊本市「熊本クラフトビール」その2

その1の続きです。

1杯目、ヴァイツェン。
061217161820
300mlくらいのグラスで520円。
「小麦モルトを使用したドイツのバイエルン地方に由来するビール。フルーティな香りで甘酸っぱい味のライトテイストのビール」だそうです。
クローブの良い香りです。
泡もちはあまり良くありません。
バランスはやや甘め。
美味しいヴァイツェンです。
★8

つまみは熊本らしく「馬ハラミのたたき」。
061217171824
つまみも「現場主義」で。

その3に続きます。

駅前地ビール館
住所:熊本県熊本市春日2-3-21
電話:096-325-3533

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールなお店ではないお店INDEX

魚系、肉系、その他に分けてます。

968)ビールなお店ではないお店(魚系)

969)ビールなお店ではないお店(肉系)

970)ビールなお店ではないお店(上記以外)

| | コメント (0)

ビールの現場から~熊本県熊本市「熊本クラフトビール」その1

行ってきました、熊本の「現場」。
以前訪れたのは2001年ですから、5年前になります。
061217111815061217121815
ここは熊本駅から歩いてすぐ。
市の中心部から少し離れてはいますが、電車を利用して熊本入りする方にはかなり便利な立地です。

少し早い時間だったので、客は私一人。
061217181826

飲めるビールは4種類。
061217141819
参りましょう!

その2に続きます。

駅前地ビール館
住所:熊本県熊本市春日2-3-21
電話:096-325-3533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その158~日本へ

その157の続き。

9日目、午後3時15分。

色々ありましたが、何とか成田行きの飛行機に乗り込むことができました。
060617044airplane1513
事前に窓側2席を座席指定していたにもかかわらず、席はバラバラ。
何だったんでしょうか、事前の座席指定って。

しかも、当初予定していた余っていたユーロでのお土産も買えず。
免税手続きも出来ず・・・

まあ、忘れましょ。
飛行機の中で、この旅最後のビール。
060617045warsteiner2349
銘柄は行きと同じWarsteinerです。

機内では結局2杯のみ、今回の旅行通算で72杯となりました。
当初100杯を目指していたのですが、全然届きませんでした・・・

その159に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その11~大洲「ふるさとの宿」

その10の続きです。

内子から横道にそれると狭い道が・・・
061216111627
すれ違い不可能な道を行くこと数十分。

やっと本日の宿にたどり着きました。
061216121702
ふるさとの宿」です。
廃校を改造した宿泊施設です。

その中で我々が泊まったのが、川を渡ったところにある離れ「才谷屋」。
061216131708
もう、完全な民家。

玄関の引き戸を開けると、いきなり広い広い土間。
靴を脱いで、最初の部屋がこの囲炉裏の部屋。
061216141713
寒々しいくらいに広々してます。

この日の夕食はこの囲炉裏で食べる「きじすき」!
メチャクチャ楽しみなんですが、あまりに広くて寒すぎないか、最初は心配でしたが・・・
061216151757
炭火が焚かれたら、もう心配御無用!
ぽっかぽかです。

にじますの刺身。
061216181808

そして、メインの「きじすき」。
061216171800

これを囲炉裏の自在かぎにかけてワイルドに楽しみます。
061216201818
いやぁ、酒がすすむこと、すすむこと。

冷蔵庫にあったのはスーパードライだけでしたが、2人で大瓶8本飲んでしまいました。
こんなにスーパードライ飲んだの久しぶりです。

次の日、午前中の飛行機で羽田に戻ってきました。

Kさん、また行きましょう!
次は盛岡・・・ですか?

愛媛ビール旅行記2006
061217010634

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その10~内子観光

その9の続きです。

以前愛媛に来たときに大洲に行ったので、今回は内子に行ってみることにしました。
最初に観たのが、内子座。
061216051536061216071537
大正時代に建てられた歌舞伎劇場だそうです。
エエ雰囲気です。

少し歩くと、趣のある通りにぶち当たりました。
061216101608
大洲が殿様の町とするならば、内子は庶民の町という感じ。

少し歩くと和蝋燭の店が。
061216081548
買いたかったんですが、今回はやめておきました。

このお庭がなかなかに素敵でした。
061216091553

その11に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その9~2日目

その8の続きです。

2日目。
朝イチのスタートなので、6時起床。
名門、松山ゴルフ倶楽部に向かいます。
フロント9は1時間半ほどであっという間に終了。
スコアは「まあまあ」と言ったところでしょうか。

約1時間の休憩でしたが、まだ10時なので昼食はまだ食べる気になりません。
暇つぶしにK氏と将棋。
将棋をするなんて約25年ぶりでしたが、そこそこ戦えました。
(もちろん負けましたが・・・)

バック9は私もK氏ともにボロボロ。
さすが名門コース、一筋縄では行きません・・・

お風呂に入って、昼食を求めて車で海沿いの道(夕やけこやけライン)を走っていると、道の駅を発見。
061216011434061216041456
車の向こうに見える海に、きれいな夕日が沈むようです。

海かぶりつきのレストランで食べたのがこの丼。
061216021442
夕日丼ですって。

夕日丼到着。
061216031445
鯛の刺身の上に、夕日をイメージした(?)黄身がのっかってます。

さあ、お腹もいっぱいになったことですし、内子を目指しましょう。

その10に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その8~鯖!さば!サバ!

その7の続きです。

「にきたつ庵」を出た我々。
ホテルに帰ってもよかったんですが、すっかり盛り上がっていたK氏と私、もう一軒行かずには帰れない気分でした。

市電で「大街道」まで戻り、繁華街をよさげな店を求めて徘徊します。
1軒満員で断られた後、入ったのがこのお店。
061215412242
9時過ぎにもかかわらず、店内はほぼ満員。
期待できます。

さて何飲むかなぁ・・・
061215332059
東京ではなかなかお目にかかれない「魔王」が、さりげなくメニューに載っています。

早速いただきました。
061215342101

そして食べたのがコレ。
061215352108
「釣りサバの刺身」。
もうねぇ、これはねぇ・・・・・美味いっ!
サバって特に好きな魚じゃなかったんですが、これはもう最高。
美味いサバって最高に美味いんですね(←若干意味不明)

勢いあまって、もう一人前食べてしまいました。
061215402210

他にも「ほうたれ明太子焼」「じゃこ天」をいただきました。
061215362129061215392142

いやぁ、最高。
同行のK氏は結局この店で記憶をなくしました。

明日のゴルフ、大丈夫やろか。

「しら川」
住所:愛媛県松山市二番町2-4-6
電話:089-945-9866

その9に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その7~ビールの現場から「道後ビール」松山★5

その6の続きです。

3種類目、漱石(スタウト)です。
061215271903
色は見てのとおり。
納豆感もなく、正統派な印象のスタウトです。
★8
ジョッキで飲むのはやや興ざめですが・・・

関東ではあまり食べない「太刀魚」のみりん干し。
061215291922

写真はありませんが、もう1杯マドンナ(アルト)を飲んで、お酒は終了。

結構飲んでいたので、「現場主義」についてKさんに語ってしまいました・・・恥ずかしい。
と言うのも、店の外にかかっていたコレ↓に触発されまして・・・
061215301946
「Enjoy our local sake and beer in the hot spring town Dogo.」と書いてあります。
メッセージと言うほどのものではない、非常にシンプルな言葉ですが、グッときました。

8時過ぎに、コースに付いていた「ご飯」で締めました。
061215312012

行ったから言うわけじゃないですが、「道後ビール」の美味しさはここでしか味わえないものです。
温泉よし、料理よし、雰囲気よし、そしてビールよし。

素敵な「現場」です。
また行ってみたい度はもちろん★5(5段階)。

いやぁ、素晴らしい。

にきたつ庵
住所:松山市道後喜多町3-18
電話:089-924-6617

その8に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その6~ビールの現場から「道後ビール」松山★5

その5の続きです。

漱石(スタウト)に行く前に、日本酒を飲むことにしました。
そもそもは日本酒の蔵元ですから、「現場主義」的には当然です。
しかも桶料理って日本酒にメチャ合いそうなんですもん。
061215171809

メニュー左上の「仁喜多津 大吟醸」にしました。
061215251844
いやぁ、美味い!
実に料理によく合います。

そして名物の「じゃこ天」2連発。
061215261858061215281921
美味っ!
熱々なのも素敵ですが、食感が一様でないのもいいですね。
「ざっくり感」「まるごと感」があって。

にきたつ庵
住所:松山市道後喜多町3-18
電話:089-924-6617

その7に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その5~ビールの現場から「道後ビール」松山★5

その4の続きです。

もちろん食事もしております。
061215221817
頼んだのは「酒みづき膳 甑(こしき)」2,500円。
他のコースも、もちろん一品料理もあるのですが、このコースをチョイスしたのは「桶料理」がコースに入っているから。
061215201812
しゃれた料理がちょっとづつ8種類もあって、彩りもきれいなんです。
うちの妻が大好きで・・・

順に紹介します、まずは先付の切干大根。
061215191812

そしてお造り。
061215211814
左から鯛、鰤、鮪です。

そしてそして桶料理。
061215231821
酒の肴にはピッタリやと思いません?!

ビール2杯目はマドンナ(アルト)。
061215241823
これも本場っぽいアルトです。
ケルシュ同様、苦味がもう少しあれば・・・
★7

にきたつ庵
住所:松山市道後喜多町3-18
電話:089-924-6617

その6に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その4~ビールの現場から「道後ビール」松山★5

その3の続きです。

店内に入るとすぐ靴を脱ぎ、「和」の世界へ。
このしつらえが、ここの「現場」の魅力です。
ドイツっぽいのも、イギリスっぽいのも、ベルギーっぽいのも好きなんですが、この「和」+ビールというのもいいものです。
061215161808
飲めるビールは坊っちゃん(ケルシュ)、マドンナ(アルト)、漱石(スタウト)の3種類。
ジョッキ(500ml)で840円は少々高いですが・・・

1杯目は坊っちゃん(ケルシュ)。
061215181809
以前来たときは、ケルシュについて経験が不足していたため「すっきりしたビールやなぁ」くらいの印象でしたが、ケルン帰りの今は違います(笑)
さすが「現場」だけあって、ケルンで飲むケルシュに近いです。
ただし、私の好きな苦みが利いたタイプではありませんが・・・
でも美味い!
★8

話は変わりますが、以前は「掴み所がない」と思ったロコビアの「香りの生」もまた飲みたくなりました。

にきたつ庵
住所:松山市道後喜多町3-18
電話:089-924-6617

その5に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その3~ビールの現場から「道後ビール」松山★5

その2の続きです。

道後温泉本館を出たのが、午後6時。
温泉の効用か、もうポッカポカです。

道後ビールの現場、「にきたつ庵」の予約が6時半だったので、その前に1杯引っかけるつもりで道後温泉本館のすぐ隣にある「道後麦酒館」に寄る事にしました。

私「すいませ~ん、二人なんですけど・・・」

店「申しわけありません、満席なんです」

あらあら、すごい人気です。
場所がエエもんなぁ・・・
松山には3度来てますが、まだここには一度も入ったことがありません。
縁がないんでしょうかねぇ・・・

私「ちょっと早いですけど、『にきたつ庵』行きますか?」
K氏「そうしましょう」

というわけで、商店街から横にそれて歩くこと1~2分。
ついに「現場」到着です。
061215151804

にきたつ庵
住所:松山市道後喜多町3-18
電話:089-924-6617

その4に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (2) | トラックバック (2)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その2~次は温泉

その1の続きです。

ホテルに荷物を置いて、JR松山駅から市電に乗って道後温泉に向かいます。
061215021646061215031648
大人150円、広島市内と同じ値段です。
200円だと高いし、100円では安い。
確かに妥当な感じがします。

左手にイスラム寺院のような愛媛県庁を見ながら、のんびりのんびりと道後温泉駅到着。
061215041702061215051717
右の写真は「坊っちゃん列車」です。

061215061720
商店街を抜けるとそこは・・・

道後温泉本館
061215131758
ここは入るお風呂と受けるサービスによって、値段が違います。
我々が入ったのは「神の湯(安いほう)」の「貸し浴衣、せんべい、お茶付き(高いほう)」で、大人800円。
お金を払って入場すると、左手にある浴場ではなく2階に上がります。
2階の大広間に並んでいるかごに貸し浴衣があるので、そこで浴衣に着替え。
着替えたところで、専用の階段を降りて浴場へ。

「神の湯」に入って最初に受ける印象は「狭い銭湯」。
露天風呂もなければ、ジェットバスも、うたせ湯もありません。
そういうものを求めている人は物足りないと思いますが、ここには他のどこにもない「歴史」があります。

ゴルフで疲れた体を、ちょっと熱めのお湯でほぐしたらまた2階へ。
先ほどのかごの前に座ると、お茶とせんべいがサービスされます。
061215081745
12月ですが、窓は開けっ放し。
ただ体はポカポカあたたかいので、全く寒くはありません。
むしろ心地いいくらい。
この瞬間が「道後温泉」!なんですよね、ワタシ的には。
061215111749

そして窓から見えるはコレ!
061215091749
ゴルフやって、温泉入って、美味いビール!
これこそ「完全なるパッケージ」だと思います。

いざ!

その3に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行記その1~まずはゴルフ

朝一番の羽田発松山行のANA便で、松山へ。

松山に到着したのは、定刻の8時50分。
予約していたレンタカーの手続きを10分で終え、早速「松山国際ゴルフ倶楽部」へ。
スタートが10時18分なので、結構急ぎです。

環状道路が渋滞していたのが誤算ではあったものの、何とか無事にゴルフ場到着。
先ほどまで降っていた雨もやみ、天気は晴れ。
おかげで、ほぼ1年半ぶりのゴルフにしては、まあまあの出来でした。

風呂も入らず、早々にゴルフ場を後にし、松山市内のホテルへ。
061215011625
なかなか素敵な「キャッスルビュー」です。

その2に続きます。

愛媛ビール旅行記2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛ビール&ゴルフ旅行

鹿児島会津とビール&ゴルフ旅行を一緒に行ったK氏と(ビア友Kとは別人です)、またまたビール&ゴルフ旅行を敢行しました。

今回の目的地は愛媛。

ゴルフして、温泉入って、「現場」行って、またゴルフして、観光して、美味いもん食って帰ってきました。

明日からの自慢話、聞いてやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その157~席が無い!

その156の続き。

9日目、午後1時50分。
ミュンヘン空港到着です。
060617041germany1350
クリンスマン監督率いるドイツ代表に迎えていただきました。

荷物預かり所で、スーツケースを受けだし、ビア友Kがスーツケース(リモワ)購入。
ここでちょっと時間を食ってしまったので、慌ててチェックインカウンターに向かったところで、事件発生。

「席はありません」

「オイオイ、エエ加減にせえよ、ルフトハンザ。何のために、正規割引運賃にしたと思ってんねん!」

・・・と、思ったものの、標準語ですら表現できないものが、ドイツ語もしくは英語で表現できるわけもなく、とりあえず空席待ちの状態で搭乗口で待たされることになりました。
060617043gate1504

K「帰国、1日くらい遅れるんやろか」

私「月曜日に出社でけへんがな」

K「ミュンヘンでもう1泊かぁ・・・別にエエっちゅえばエエかも」

私「確かに、そんなに悪くないな」

などと言っていると、搭乗時間が近づいてきました。

その158に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~広島県呉市「呉ビール」その4

その3の続きです。

3杯目、アルトです。
061208301735
でかいヴァイツェングラスで飲むアルト・・・違和感たっぷりです。
デュッセルドルフ帰りの私としては(←嫌味やなぁ)、アルトは小さいグラスでないと(笑)

甘くないアルト。
「現場」で飲むアルトですね。
もう少し苦いと、もっと好みなんですが・・・
★7

料理のラインナップに「呉らしさ」が少なかったことが少々残念でしたが、何はともあれ地元の人で賑わっているのはいいことです。

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

麦酒館クレール
住所:呉市中通1-1-2ビューポートくれ1F
電話:0823-26-9191
061208241704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~広島県呉市「呉ビール」その3

その2の続き。

フードメニューです。
061208271712
「呉らしい料理」が並んでいると言うよりは、洋風居酒屋という感じのラインナップ。

まずは「地たこのわさび漬け」。
061208281716

そして「元祖 海軍さんの肉じゃが」。
061208261709
わりと大げさに登場してきました。
どのへんが「元祖」で、どのへんが「海軍さんの」なのかは、最後まで分からずじまいでした。

そうそう、ビール忘れてました。
061208291719
2杯目、ヴァイツェンです。
泡もち良し、香り良し。
典型的なヴァイツェンです。
★8

その4に続きます。

麦酒館クレール
住所:呉市中通1-1-2ビューポートくれ1F
電話:0823-26-9191

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~広島県呉市「呉ビール」その2

その1の続き。

午後5時の開店とほぼ同時に入店しました。
061208211648
当然お客さんは誰も入ってません。
ただこの日は大人数の予約が入っていたらしく、店員さんはその準備でてんてこ舞いです。

外を眺めると、こんな景色が見えます。
061208231704
窓の外は、川に面したテラス席になっていて、さすがに12月は無理ですが、初夏あたりは気持ちよさそうです。

ビールのメニューです。
061208221704
ハーフ&ハーフを除くと、飲めるビールは3種類。

まずはピルスナーから。
061208251706
500mlで750円。
何故かヴァイツェングラスで出てきます。
メニューには「日本のビールに似て、飲み心地がすっきりとした爽快感あふれるビール」。
ちょっと「?」という箇所がありますが、スルーしときましょ(笑)
苦くも甘くもないところでバランスしてます。
確かに「スッキリ」。
手堅いピルスナーですが、やや特徴に欠けるかなぁ・・・
★7

その3に続きます。

麦酒館クレール
住所:呉市中通1-1-2ビューポートくれ1F
電話:0823-26-9191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~広島県呉市「呉ビール」その1

広島での仕事を終えたのが、午後3時半。
このまますんなり帰ってもよかったんですが、せっかくなので呉ビールの「現場」を求めて呉へ。

広島駅からJRで30分くらい乗ると、呉到着。
以前来たのは1998年ですから、8年ぶり・・・ですね。

「現場」開店まで1時間ほど時間があったので、昔来たときには無かった「大和ミュージアム」へ。

061208071619
おおっー!

061208121627
すんげー!

そろそろ5時なので、「現場」へ向かいました。
061208201647

はよ飲め!

その2に続きます。

麦酒館クレール
住所:呉市中通1-1-2ビューポートくれ1F
電話:0823-26-9191

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その156~空港へ

その155の続き。

9日目、午後1時30分。

乗り換えのNeufahrn駅です。
060617039db1332
午後3時半発の成田行きに乗るわけですから、ちょっと時間が押してます。

ミュンヘン空港に近づくと、見えてきたのがオリバー・カーンを模したゲート。
060617040kahn1345

ただいま午後1時45分。
チェックインまだだし、ちょっと焦るなぁ。

その157に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベアード・ライジングサンペールエール@横濱Cheers

志賀高原のMiyama Blondeの次に飲んだのが、定番ベアードのライジングサンです。
06120606pa1833
苦い!きれる!
志賀高原の後に飲むと、個性がさらに引き立ちました。
飲む順番にもよるんでしょうが、この日はこちらの方が好印象でした。

そして3杯目はローグのシェイクスピアスタウト。
061206071850
何故だか、ポパイで以前飲んだときより「フツー」に感じました。
何ででしょう??
もちろん美味しいスタウトでした。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志賀高原ビール Miyama Blonde@横濱Cheers

先週行った「横濱Cheers」で、志賀高原ビールのHarvest Brewシリーズの第一弾「Miyama Blonde」の樽生を飲んできました。
061206041810
自作のホップ「信州早生」を獲れたてで使用したビールだそうです。
アルコール度は7%、USパイントサイズで1,100円です(ハッピーアワーだと900円)。

飲んだ瞬間、さっと苦味がくるんですが、パッと切れ、後味に甘みが残ります。
ホップの風味はマイルドなカスケード、といった感じでしょうか。

最後に感じる甘みのせいか、個人的にはちょっと量を飲むにはつらい印象を受けました。
少なくとも、一杯目としては。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バスペールエール@横浜・綱島「LOITER」

東横線方面に仕事で行くことがあったので、綱島駅近くのお店「LOITER」にちょこっと寄ってみました。
06112704loiter1946
いかにも“アイリッシュ”なカラーリングです。

ドラフト(樽生)で飲めるビールは、ギネス、エビス、バスペールエールの3種類。
で、私はバス。

早い時間だったということもあり、お客さんは私以外に一組。
地元にしっかり根ざした感じのお店でした。

「LOITER」
住所:横浜市港北区綱島西3-1-16
電話:045-548-0671

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その155~Freising駅へ

その154の続き。

9日目、午後12時30分。

ヴァイエンシュテファンの「現場」を出て、駅へ歩いて向かいます。
060617034view1228

山を降りる道。
060617035footpath1233060617036ausgang1237

Freising市街では、何かのイベントが行われていました。
060617037event1242
結構な人だかりです。

Fresing駅に到着したのは、午後12時50分。
徒歩で約20分かかったことになります。

その156に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒中ビール@ミュンヘン クリスマス市 in Sapporo

札幌出張に行ったときのこと。

一通り仕事を終え、夜の会食まで1時間くらいあったので、近くの大通公園に行きました。
061129051658
なかなか素敵なイルミネーションです。

灯りに誘われてフラフラとテレビ塔方向に歩いていくと、こんなものが。
061129091704
「ミュンヘンクリスマス市」ですって。
そういえば、クリスマスに行ったのは何年前だったか・・・
・・・スイマセン、嘘つきました。

小樽ビールのブースもあります。
061129071701
しかし、この寒い中、ホットチョコレートを飲む人はあっても、ビールを飲む人はいません。
ミュンヘンでは飲んでるんでしょうか??

とは言え、ここでは飲めなくとも、すぐ近くに最適な場所があることを私は知っています。
06112912leibspeise1707
以前一度ご紹介した、小樽ビールの「LEIBSPEISE」です。

ここでしっかり(と言っても1杯だけ)ピルスナーをいただきました。
061129131710
ボディがしっかりしたビールを飲むのが王道でしょうが・・・私はやっぱりピルスナーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その154~ビールの現場から「Weihenstephan(ヴァイエンシュテファン)」フライジンク★5

その153の続き。

9日目、正午。

3杯目はトラディション(デュンケル)を、再び1リットルジョッキで。
060617031dunkel1157
ド迫力です。
赤褐色で、麦の香りがすごいです。
ボディもしっかり、しっかり。
★8

一緒にカウンターに並んでいた若者ならって、ヴァイスヴルストをいただきました。
060617027weisswurst1119
ナイフとフォークを使って、きちんと皮をむいて食べました。

これで、最後の「現場」訪問が終了です。
もちろん、また行ってみたい度は★5(5段階)。

名残惜しいですが、飛行機の時間がありますので・・・
060617032view1159

その155に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神田黒@神田「THE Jha BAR」

少々前の話で恐縮ですが・・・
THE Jha BAR」さんのオリジナルビール第三弾の「神田黒ビール」を飲んできました。
(注:たぶん現時点ではもう品切れだと思います)
061121012107
(フラッシュ焚いちゃいました、スイマセン)
スタウトでもポーターでもなく、ドイツの黒ビールのシュヴァルツタイプ。
シュヴァルツにしては、甘さを抑えた仕上がりを目指されたとの事。

瓶や缶で輸入されたものを飲むと、ホップの風味が少なくなっているからか、相対的に甘めに感じることが多いシュヴァルツですが、これは確かに甘さ抑え目です。
限りなく、ドイツで飲むシュヴァルツに近い印象です。

ただ、それでもギネスなどを飲みなれてる方が飲むと、少し甘いかもしれません。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その153~ビールの現場から「Weihenstephan(ヴァイエンシュテファン)」フライジンク★5

その152の続き。

9日目、午前11時30分。

2杯目は、ヘーフェヴァイス。
普通のヤツです。
060617028weiss1134
うーん、これぞヴァイエンシュテファン!
華やかな香りと、適度な酸味と、味わいの深さは格別です。
美味いなぁ・・・
★10

060617020biergarten1050
あと数時間で、日本行きの飛行機に乗るとは思えないっす。

その154に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビールの現場から~茨城県大子町「やみぞ森林のビール」その3

その2の続き。

ここで一緒に食べた“奥久慈らしい”つまみを紹介。
061112161657061112171659
左、こんにゃくそうめん。
右、奥久慈しゃも唐揚げ。
奥久慈しゃもは、いつ食べても噛みごたえあります。

で、最後3杯目はシーズンビールのレッド。
061112191717
色から受ける印象どおり、ボディしっかりです。
★7

もう一種類ヴァイツェンがあったんですが、ここでやめておきました。
また行ってみたい度は★3(5段階)。
ちょっと不便かなぁ・・・

大子ブルワリー
住所:茨城県久慈郡大子町大字上金沢1653
電話:02957-2-8888

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その152~ビールの現場から「Weihenstephan(ヴァイエンシュテファン)」フライジンク★5

その151の続き。

9日目、午前10時55分。

060617029beermenu1154
オリジナル、ピルスナー、ラドラー、RUSSN(ちょっとわかりません)。

060617030beermenu1154
ヘーフェヴァイス3種(ノンアルコール除く)、クリスタルヴァイス、トラディション、コルビニアン。

・・・すごい種類です。

その中で、私の1杯目は「オリジナル」1リットル。
060617023einemass1055
男は黙って、1リットル。
・・・美味い!
★8

その153に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~茨城県大子町「やみぞ森林のビール」その2

その1の続きです。

まずはヘレスから。
061112151649
見た目は普通のピルスナーですが、苦味抑え目。
微妙にモルトが主張しているあたりが、“ヘレス”らしいです。
★7

そしてピルスナー。
061112181701
色薄めで、酵母が残っているためか、少し白濁してます。
バランスがいいですねぇ。
★8

その3に続きます。

大子ブルワリー
住所:茨城県久慈郡大子町大字上金沢1653
電話:02957-2-8888

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その151~ビールの現場から「Weihenstephan(ヴァイエンシュテファン)」フライジンク★5

その150の続き。

9日目、午前10時50分。

入り口。
060617033braustueberl1224

ここから入ると・・・
060617024view1056
素敵なガーデンが広がります。

セルフサービスなんで、ビールを買いにカウンターまで行かねばなりません。
060617021server1054060617022server1054

その152に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~茨城県大子町「やみぞ森林のビール」その1

先月のことになりますが、家族で益子に行った後、「大子ブルワリー」に行きました。
061112131641
ここを訪れるのは2回目。
以前来たときは、ビア友Kと。
木内さんにビールを造りに行く前日のことでした。

その時は、会社を早めに出て上野から「スーパーひたち」で水戸。
水戸から水郡線で大子へ行き、駅前の宿に荷物を置いて、タクシーでここまで来ました。
タクシーで最寄の駅から数千円とは、キツイなぁと思ったのを覚えています。
ビールを飲んだ後、温泉に入り、宿で奥久慈しゃも鍋を満喫・・・美味かった・・・って昔のことは置いといて。

飲めるビールは4種類。
06111214menu1648
さて、どれから行きますか・・・

その2に続きます。

大子ブルワリー
住所:茨城県久慈郡大子町大字上金沢1653
電話:02957-2-8888

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その150~ビールの現場から「Weihenstephan(ヴァイエンシュテファン)」フライジンク★5

その149の続き。

9日目、10時40分。

迷いながら、とにかく坂を上へ上へと行くと、やっと見覚えのある風景が・・・
060617012footpath1040060617015view1041
コレ!コレ!、この景色!
12年前に来たときも、ここを通ったことをハッキリと思い出しました。

7~8分歩くと、「現場」到着。
060617017weihenstephan1047

そしてビアガーデンはコチラ。
060617018brewpub1047

まだお昼には少し早いですが、今回の旅行最後の「現場」。
飲みますよ!

その151に続く。

ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »