« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

九州14泊15日ビール旅行記2001・その3~ビールの現場から「山口地ビール」山口

その2の続き。

ペールエール&アンバーエール。
Paaa
ペールエールはややホップの苦み強めですが、アンバーエールは逆に甘みが勝っています。
当時の記録によると双方とも★7。

そして最後に飲んだスタウト。
Photo_6
ボディがしっかりしたスタウトですね。
これも★7。

料理は基本的にはイタリアン系。
Photo_7
なかなか美味しかったです。

また行ってみたい度は★4。
ただ、遠いですね横浜からは・・・

その4に続きます。

サン・レミ・ド・プロヴァンス
住所:山口県山口市下小鯖1360-4
電話:083-941-0100

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その2~ビールの現場から「山口地ビール」山口

その1の続き。

山口地ビール」の現場です。
Photo_2Photo_3
山口ICから少し車で行ったところにあるんですが、何も無い所に突然立派な建物が現れます。

店内も天井が高くて、いい気持ちです。
Photo_4

まずはヴァイツェン&ピルスナー。
Photo_5
グラス各々280mlで450円(当時)。
ヴァイツェンは香り高くgood。
★8
ピルスナーはやや苦めで、手堅い仕上がりでした。
★7

その3に続きます。

サン・レミ・ド・プロヴァンス
住所:山口県山口市下小鯖1360-4
電話:083-941-0100

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その1~萩へ

2001年10月21日(日)

いよいよ九州14泊15日の旅に出発です。
当時住んでいた西宮の自宅を車で出たのが、朝の7時。
車内でおにぎりなどを食べながら、中国自動車道の西宮北ICから山口IC経由で本日の目的地「萩」を目指します。

山口ICに到着したのは、お昼過ぎ。
当初の予定ではいきなり萩まで行って、「チョンマゲビール」の現場に行く予定でしたが、子供もいい加減長距離移動に飽きていたので、この年の2月に一度訪れていた「山口地ビール」の現場で昼食をとることにしました。

さて、いよいよ最初の「現場」です。

その2に続きます。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリランカ料理 新中野「スジャータ」

新中野での打合せを終えて、近くのスリランカレストランに連れて行ってもらいました。
ただ不安なのは、事前に電話しても繋がらないこと。
もう6時なんですけどねぇ・・・

新中野の駅から2~3分歩くと、お店に到着。
時計を見ると、18時半です。

う~ん、電気がついていません。
そら電話、繋がらんわけです。
「やっぱり休みか・・・」と意気消沈しかけたんですが、ドアの前に貼ってある紙に「19時~」の文字を発見し、一安心。
道路向かいの焼き鳥屋で、ビールを1杯飲んで時間つぶし。

スリランカ料理@新中野「スジャータ」_c0060651_819682.jpg
19時。
やっと看板にも灯りがともりました。
店内はレストランというより、喫茶店。
たとえカレー好きの彼女でも、つきあって間もないカップルにはおすすめしません。
まだ他に行く店あります。
とは言え、ある種の「本場感」は漂っています。
シェフ、スリランカの方ですし。

食べたのはサラダとタンドリーチキン(のようなもの)と、カレー。
スリランカ料理@新中野「スジャータ」_c0060651_8375524.jpg

確かに、普段インドレストランで食べるカレーと一味違いますが、それが何なのかはよくわかりませんでした。
スイマセン、使えなくて。

スリランカ人らしき団体さんが来ていたくらいですから、本場に近い味を提供しているのは確かだと思われます。

「スジャータ」
中野区中央4-21-18 コリンズ14ビル2F
Tel. 03-3380-3960

| | コメント (0)

「九州14泊15日ビール旅行記2001」始めます

昨年ドイツの旅行記を書いて燃え尽きてしまったのに懲りず、また始めちゃいます「旅行記」。

今回は2001年の10月に敢行した、九州14泊15日ビール(&温泉)旅行。
4歳と1歳の子供達を連れて、18現場を訪れた旅の記録です。
当時住んでた兵庫県の西宮から、山口、福岡、熊本、鹿児島、宮崎、大分、愛媛、香川と回って帰りました。
移動手段はです。

本当はマレーシアのランカウイ島でのんびりするはずだったのですが、9.11テロのせいで九州になってしまいました・・・
たぶん国内の方がお金かかったと思います。

ソースは、80万画素(!?)のデジカメで撮った画像、ビデオ、当時作った予定表、各現場ごとに書いたメモなので、ちゃんと書けるかどうかも現時点ではわかりません。

見苦しい、読み苦しいとは思いますが、お時間があって寛大の心の持ち主の方は、読んでやってください・・・

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

八海山ヴァイツェン樽生@市ヶ谷「嘉多蔵」

市ヶ谷の「嘉多蔵 (かたくら)」
焼酎のお店ですね。

 

でも八海山のヴァイツェンが樽生で飲めるんです。
070327011917
不覚にもフラッシュ焚いてしまいました・・・
いい感じで濁ったヴァイツェンらしいヴァイツェンです。

 

大変美味しかったんですが、この日のビールはこれで終わり。
あとはお店なりで、焼酎ばかりいただきました。

 

大きい通りに面してますし、駅からも近いので「隠れ家感」は一切ありませんが、いいお店やと思います。
焼酎飲みに、また来たいとこです。

 

「嘉多蔵 (かたくら)」 
住所:新宿区市谷田町1-3片倉ビル1F
電話:03-3260-4504 
070327022328

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キリン「ザ・ゴールド」

自宅で発売されたばかりのキリン「ザ・ゴールド」を飲みました。
070323092120
グラスは見なかったことにしてください(笑)

 

キリンさんの主力(を目指した)商品ですから、色も香りも取り立てて書くことはありません。

 

ですが・・・これ、美味くないですか?
個人的にはかなり好み!

 

同時に飲んだのがホップのキャラクターが強くない「日本のビールの先駆け」だったからかもしれませんが、ホップの効きが丁度良く感じました。
あとからじわ~っとくるタイプですね。
贅沢を言うと、パッと苦味が広がってすっと消えていくタイプが好みと言えば好みですが、いやいやこれも美味しいです。

 

確かに、外国のビールや日本の地ビールに比べるとキャラクターはおとなしめかもしれません。
そらそうです、そういうビールですから。
美味しい料理をたっぷりいただきながら、ガンガン飲みたいですね。
もちろん樽生で。

 

どこに行ったら飲めるんやろか?
キリンシティあたり?

 

素食讃歌さんにトラックバック送らせていただきました。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

神田エール@神田「THE Jha BAR(ザ・ジャハ・バー)

先週のこと。

会社帰りに「THE Jha BAR」。

樽生は3種がベルギービール。
私はそのどれでもなく、この店のオリジナル「神田エール」をいただきました。

以前飲んだ「神田エール」よりは、ほんの少しアメリカンな感じでした。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しみじみ美味しい「シメイ・ホワイト」樽生@横浜・青葉台「地ビール厨房COPA」

青葉台に用事があったので、帰りに「地ビール厨房COPA」へ。

 

1杯目にハートランドを飲んだ後、シメイ・ホワイトの樽生をいただきました。
070322032123
いやいやいや・・・・・美味いねぇ。
赤・白・青のシメイの中でも一番好きなのが白シメイでしたが、樽生はより私の好みに近いです!
しっかりしてるのに、軽やかさがあって、しつこすぎず、あっさりしすぎず。
さすがやねぇ。

 

結局3杯飲みました、樽生白シメイ。
店長さん曰く「今後レギュラー化させる予定です」。
おおっー!

 

ベアレンさんのチョコレートスタウトもいただきました。
070322012111

 

地ビール厨房COPA
住所:横浜市青葉区しらとり台1-9 安藤ビル2F
電話:045-985-0037

 

75)ビールなお店(青葉台・COPA) 070322022118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・フーズ・ガーデン」

湘南ビールの「現場」です(茅ヶ崎駅のほう)。
070321011441070321021451
御殿場プレミアムアウトレットの帰り、ぽかぽかのテラスで遅い昼食です。

 

ランチタイムではなく、カフェタイムに訪問したため、食べられるのはピザくらい。
070321041500070321051500
ま、美味しいからいいんですけど。
ウチの子ら、ピザ大好きですし。

 

湘南ビター。
070321031454
なんてきれいなゴールド!

 

湘南ルビー。
070321061506
実にきれいなルビー色!

 

そして限定のチョコレートポーター。
070321071515
きれいな・・・黒?

 

MOKICHI FOODS GARDEN(モキチ・フーズ・ガーデン)
住所:神奈川県茅ヶ崎市元町13-1
電話:0467-84-0123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々3杯@横濱Cheers

1杯目、オゼノユキドケ「ホワイトバイツェン」。
070320011958
マイルドで角の取れた小麦系。
甘さも残りませんし。

 

2杯目、ベアード「ダークウィートエール」。
070320032020
軽い焦げ風味。
色はアンバー。
「小麦感」はあまりありません。

 

3杯目、サンクトガーレン「ペールエール」
07032004pa2056
フルーティー!
ほんの少しだけ、後に残る甘さが気になりました。

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こぶし花ビール・ピルスナー@羽生「ORTON(オルトン)」

先週の土曜日、今年初めてのゴルフに行ってきました。

コースは「古河ゴルフリンクス」。
渡良瀬川の河川敷に広がる、日本の「リンクス」です。
リーズナブルな料金で、結構本格的なプレーが楽しめる良コースです。

そこで遭遇したのがこの風景。
ヨシ焼き@古河ゴルフリンクス_c0060651_23343354.jpg
山火事?
いえいえ、毎年一回この時期に行われる「ヨシ焼き」という行事だそうです。
立ち枯れした「よしず」を焼くことで、春植物の芽生えを促進するそうです。

プレー中もすぐそこで、大きな火の手が上がってます。
ヨシ焼き@古河ゴルフリンクス_c0060651_2339352.jpg
空からは黒い灰が降り注ぎます。

リンクスでヨシ焼き・・・スコットランド人もビックリです。

 

プレー後、タクシーで羽生へ移動。

 

最初はこぶし花ビールの現場「キャッセ羽生」に行くつもりだったんですが、樽生が飲めるのが午後3時まで(!)ということで、泣く泣く断念。

 

夕食を兼ねて、羽生駅から徒歩10分くらいのところにある、イタリアン「ORTON(オルトン)」に行ってきました。
070317111949
「エッ、こんなところに、こんなイタリアンがっ!?」と思えるお店です。

 

案内されたのはテラス席。
070317031702
気持ちイイです・・・

 

この店ではこぶし花ビールのピルスナーが、樽生で飲めます。
070317051707
こんな感じで。
ゴルフの後ということもあり、かんなり美味いです。

 

料理もなかなか素敵です。
070317061710
前菜の盛り合わせ。

 

そしてピザ2種。
070317091759070317101833

 

どれもリーズナブルで、美味でした。

 

それにしても、明るいうちから飲むっていいですねぇ(笑)

 

「ORTON(オルトン)」 住所:埼玉県羽生市桑崎35-1
電話:048-563-2100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人形町「今半」2回目

昨年9月に「すきやき」を食べに行った、「人形町 今半」に約半年振りに行ってきました。

ただ今回は「すきやき」ではなく、「しゃぶしゃぶ」。
楽しみです。

前菜。
しゃぶしゃぶ@人形町「今半」_c0060651_650812.jpg
彩りが鮮やかです。

お造り。
しゃぶしゃぶ@人形町「今半」_c0060651_652150.jpg
もうこのへんは「お約束」という感じですね。

そしてお待ちかねのしゃぶしゃぶ。
しゃぶしゃぶ@人形町「今半」_c0060651_6534482.jpg
普段食べている肉とは、サシの入り方が違います。
さすが特上。

十分食べ応えアリ、なんですが、あっという間になくなってしまいました。

締めは小豆のアイス。
しゃぶしゃぶ@人形町「今半」_c0060651_65834100.jpg

ごちそうさまでした。

人形町 今半
住所:中央区日本橋蛎殻町1-4-5
電話:03-3666-2350

| | コメント (0)

ビールの現場から~神奈川県横浜市「横浜ビール」

横浜に住んでいるのを最大限活用し、会社帰りにちょこっと桜木町の「現場」に寄ってきました。
※あらかじめお断りしますが、お客さんが結構いたので今回ビールの写真はありません。

 

あまりに身近にありすぎて、つい見逃してしまうのですが、ここは本当にいい「現場」です。
樽生の種類は多いし(この日は9種類)、値段もリーズナブルですし(ジョッキで700円前後)、料理も美味しいし、アクセスもいいし・・・

 

初めて訪れた頃は、お店の規模の割りにお客さんが少なくて、結構寂しい感じもあったのですが、最近はそんな事もないですし。
訪れた日は無料のジャズライブをやっていて、これが「横浜」のパブリックイメージにピッタリ。
地中海風な雰囲気のお店ですが、もう少しクラシカルな洋館風の雰囲気にした方がさらにいいかも・・・などと思ったりしました。

 

さて、ビール。
1杯目はドライハニーをジョッキで(670円)。
色はかなり黄色。
飲むと微かにスパイシー。
この「蜂蜜入り」のビールを、メニューの一番上に載せるところに、横浜ビールさんの心意気を感じました。

 

2杯目は横浜クラシカル(IPA)。
「ジーン」とくる苦味が印象的です。

 

3杯目は北鎌倉の恵み(アルト)。
美味しいアルトです。
昨年デュッセルドルフでアルト大好きになって帰ってきましたが、アルトほどコメントが書きづらいビールないです。
美味しいんですけど、語りやすい突出したものがないので・・・
ですから、色々なスタイルのビールと一緒に飲むと埋没しちゃうんですよね、印象が。
そして「あまり美味しくない」と錯覚しちゃうんです、私の場合。
たぶん、このアルトばっかり何杯も飲んだらじわじわくると思います、美味しさが。
今度ここに来たときは、アルトばっかり飲んでみたいと思います。
いや、マジで。

 

また行ってみたい度は★5(5段階)

 

横浜ビール・驛の食卓
住所:神奈川県横浜市中区住吉町6-68-1
電話:045-641-9901
070314021959
アボガドがのったわさびクリームパスタ。
美味でした。
今度作ってみようと思いました。
いや、マジで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Watou's Wit(ワトウズ・ウィット)樽生@川崎「パトラッシュ」

ラゾーナ川崎にある「パトラッシュ」を再訪しました。

 

1杯目は「Watou's Wit(ワトウズ・ウィット)」、“本日の樽生”です。
070312021753
200mlとは言え、600円という価格はベルギービールにしてはリーズナブル。
有難いです。

 

いわゆるベルギー小麦系ですが、さほどスパイスは強くないです。
少し金(カネ)くさい後味がしたのは樽のせい?

 

つまみは砂肝(写真左)とアスパラのグラタン(写真右)。
070312031759070312041837
ちょっとしたつまみが何品かあるのは、個人的には有難いですね。

 

この後、2杯目にホメル(樽生)、3杯目にデ・コーニンク(樽生)を飲んで帰りました。

 

パトラッシュ
住所:川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ4階
電話:044-874-8430

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キリン「日本のビールの先駆け」当選!

ここ数年、年末年始はキリンのシール集めに夢中です。
復刻ラガーのキャンペーンあたりではまってから、我が家の年中行事になっている感すらあります。

 

そして今年の獲物は限定復元醸造ビール「日本の先駆け」。
「日本ビール産業の祖」ウィリアム・コープランドが、明治時代初期に醸造・販売したビールだそうです。

 

当たりました。
070311011904

 

飲みました。
味は正直好みではないです。
とは言え、歴史の重みを感じました。
070311021904

| | コメント (12) | トラックバック (1)

ボンヴー(デュポン・スリー)@赤坂「Bar DECE」

赤坂見附駅からすぐ近くにある「Bar DECE」。
前は何度も何度も通ってるんですが、行ったのは初めてです。

ビルの6階にあるそのバーは、景色もよくちょっと隠れ家的な雰囲気。
総勢5名で行ったんですが、丁度空いていたテーブル席に座れました。

人数も人数だったので、普段飲まないビールをオーダー。
070126012209
ボンヴー(デュポン・スリー)、750mlです。
香り高く、味わい深く、豊潤。
勝手に予想していた味より、キリッとドライな感じです。
これでアルコール度9.5%は驚きですね。

あまりベルギー系のビールは飲まないのですが、やはり素敵ですね。
大きなボトルなので、上の方と下の方との味の違いも、マニアには堪らないんじゃないでしょうか。

Bar DECE
住所:港区赤坂3-10-1
電話:03-3505-7891
070126022232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひでじビール「けむりひげ」@横濱Cheers

会社帰りに「横濱Cheers」。

 

ちょっと久しぶりでしょうか。
いつものように席に着き、カバンを置いたりコートを脱いだりしていると、店員さんがずっと後ろに・・・

 

私「何でしょう?」
店「いや・・・ご注文は?」
私「後でレジに行って注文します」
店「えっと・・・3月から後会計になったんです」
私「ああ、そうなんですか!」

 

と言うワケでそれまでのキャッシュオンから、支払い方法が変更になっていた「横濱Cheers」で飲んだ1杯目はベアードの80シリングエール。
070308011925
ベアードにしてはトラディショナルな味わい。
とは言え、ホップの風味はやや強めで、そこがベアードさんらしいところでしょうか。

 

2杯目は伊勢角屋のヴァイツェンボック。
070308031951
アルコール6%です。
メチャクチャボディがしっかりしてるのに、香り高く飲みやすい。
美味いっ!

 

3杯目はひでじのスタウト「けむりひげ」。
070308042023
少々甘めでバランスしています。
個人的な好みとしては、もう少し苦めが好きなんですが・・・

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

070308021938

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オススメの「現場」(海外)INDEX

「現場」ごとにつけている「また行ってみたい度(5段階)」で、★5をつけたものだけをピックアップしてみました。
あくまで私の主観的な「また行ってみたい度」ですので、私と趣味が近い方にはオススメです。

<ドイツ>
デュッセルドルフ「Zum Uerige

デュッセルドルフ「Im Fuechschen

デュッセルドルフ「Zum Schluessel

デュッセルドルフ「Schmacher

ケルン「Paeffgen

クルムバッハ「Kommunbraeu

バンベルク「Spezial

バンベルク「Spezial Keller

ミュンヘン「Augstiner Keller
1994年に訪れた時の模様はコチラ

フライジンク「Weihenstephan
1994年に訪れた時の模様はコチラ

アイインク「Aying

アンデックス「Andechs

<チェコ>
プラハ「ウ・フレク

ドイツとチェコしかありませんね・・・
イギリスもベルギーも行ってるんですが(笑)

| | コメント (0)

銀座「六雁(むつかり)」初訪問

銀座並木通りにある、日本料理「六雁(むつかり)」に上司と行ってきました。

わかりづら~い入口から店内に入ると、オープンキッチンの空間。

いかにも銀座、いかにも高級な感じ。

とても自腹では来れそうにありません。

 

頼んだのは1万5千円のコース。
銀座「六雁(むつかり)」その1_c0060651_2331197.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜と煮物椀の後に出てきたのがこの「お造り」。
銀座「六雁(むつかり)」その1_c0060651_23333211.jpg銀座「六雁(むつかり)」その1_c0060651_23335524.jpg銀座「六雁(むつかり)」その1_c0060651_23341451.jpg

 

 

 

 

 

洒落た器に入ってました。

さすが、高級店(笑)。

 

次は「野菜の吹奏楽(ふきよせ、と読むそうです)」。
銀座「六雁(むつかり)」その1_c0060651_23362769.jpg

 

 

 

 

 

「関西の魚」のイメージがある、まながつおの味噌漬け。

銀座「六雁(むつかり)」その2_c0060651_824116.jpg

 

 

 

 

 

味噌漬け系ってどれも大好きです。

母親が名古屋出身だからだと、自分では分析してますが・・・

 

そして次に運ばれてきたのが、この異様な物体。
銀座「六雁(むつかり)」その2_c0060651_8131779.jpg
??

銀座「六雁(むつかり)」その2_c0060651_8142623.jpg
「きりたんぽ六雁ver.」という、この店オリジナルの料理だそうです。
「きりたんぽ」というよりは「おこげ」といった感じでしたが(笑)

そして串揚げ数種。
銀座「六雁(むつかり)」その2_c0060651_8162994.jpg銀座「六雁(むつかり)」その2_c0060651_8164554.jpg
左グリーンアスパラ、右稚鮎。
そういう店ではないので、「ストップ」と言わなくても止まります。

もう何品目か忘れましたが、蒸し鮑と長芋ソーメン。
銀座「六雁(むつかり)」その3_c0060651_17233951.jpg

そして御飯達。
銀座「六雁(むつかり)」その3_c0060651_17254882.jpg
御飯としじみ汁と香の物。
しみじみ日本人で良かった・・・

そしてそしてデザート。
銀座「六雁(むつかり)」その3_c0060651_17302683.jpg
パッションフルーツ。
えっ、これだけ?と思ったところで、デザート第二弾。
銀座「六雁(むつかり)」その3_c0060651_17323215.jpg
さすがに、これで終わりかな?と思ったところで、デザート第三弾。
銀座「六雁(むつかり)」その3_c0060651_17335116.jpg
駄菓子だそうです。

ご馳走様でした。

「六雁(むつかり)」
住所:中央区銀座5-5-19銀座ポニービル6F/7F
電話:03-5568-6266

| | コメント (0)

長野・白馬スキー旅行記2007その5 ビールの現場から~長野県長野市「蕃龍」

その4の続き。

 

070304021328

樽生はこの1種類のみ。

種類?・・・聞いてないんです・・・。

色から判断するに、マウンテンでもドラゴンでもスタウトでもありません(笑)

信濃かなぁ・・・ちょっと違うような・・・

ま、そんなことどうでもいいんです。

餃子にあってて、美味しいから。

★8

 

沢山飲むつもりはなかったのですが、もう一本だけ。


070304061344

ドラゴンエール(瓶)です。

相変わらずのガツンとくる苦味。

今でこそそんなに驚くレベルではありませんが、初めて飲んだ時(8年前頃)の衝撃は相当なものでした。

★8

 

信州味噌を使用した味噌ラーメンもいただきました。


070304041336

味噌大好きな私は、美味しくいただきました。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

「蕃龍」

住所:長野県長野市三輪10-2-5

電話:026-244-1226

 

昼食後、善光寺へ。


白馬スキー旅行記2007その8~善光寺参り_c0060651_2321597.jpg白馬スキー旅行記2007その8~善光寺参り_c0060651_23244280.jpg

 

 

 

 

 

いつ来ても立派ですねぇ。

3月上旬とは思えないぽかぽか陽気だったので、妻と子供達はソフトクリームを参道で食べてました。

お土産に七味を買って、横浜へ。


白馬スキー旅行記2007その8~善光寺参り_c0060651_23283392.jpg

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野・白馬スキー旅行記2007その4 ビールの現場から~長野県長野市「蕃龍」

その3の続き。

 

3日目。

朝食をとって、部屋へ帰ろうとエレベーターを待っていた時、横の廊下を知っている顔が通り過ぎました。

 

「どこかで見たような・・・?」

 

「銀色のシーズン」撮影中の瑛太さんでした。

午前中は、昨日に引き続き白馬でスキー。

 

070303061335 070303071337

お昼前には切り上げて、信濃ビールの「現場」の一つ、餃子とラーメンの店「蕃龍」に寄りました。


070304031328

「現場」と言うよりは、見事なラーメン屋。

カウンターだけじゃなく、テーブル席や座敷があるのは、家族連れには助かります。

「現場」とは言っても樽生が何種類も飲めるわけではありません。


070304011328

1種類だけです。

もちろん、ボトルでは何種類も飲めますのでご安心を。

息子の大好物の餃子が到着。


070304051338

 

その5に続きます。

 

「蕃龍」

住所:長野県長野市三輪10-2-5

電話:026-244-1226 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

長野・白馬スキー旅行記2007その3 田中麗奈!

その2の続き。

 

070303041334

白馬47で3時過ぎまで滑った後、4時発のシャトルバスでホテルへ。

ここのスキー場って、子供連れでも山頂まで行けて、6キロのロングコースを下れるのが嬉しいです。

明日も来ます(笑)

 

ホテル到着。

停めてあった車から荷物を出して、チェックイン。

よかった、鍵があって(笑)

 

部屋で着替えて、息子と風呂へ。

やっと、うちの息子、お風呂好きになってくれたので、有難いです。

風呂からの帰り道、エレベーターで気になる情報をゲット。

 

「映画のロケ隊がこのホテルに泊まってるらしいよ」

何っ!

有名人に会えるチャンスかも・・・

白馬スキー旅行記2007その6~有名人!_c0060651_2385377.jpg

 

 

 

 

 

夕食は、ホテルのブッフェ。

妻「ここに泊まってるっていうロケ隊って何の映画撮ってんの?」

現『銀色のシーズン』っていう映画らしいで。スキー場にポスター張ってあった」

妻「誰が出てるの?」

現「田中麗奈とか玉山鉄二とか瑛太とか・・・」

妻「玉山鉄二って生で見たらカッコよさそう!

現「そら、そやろなぁ・・・」

 

夕食後、妻と娘がお風呂。

私と息子が任天堂DS。

 

1時間後、興奮した妻と娘がお風呂から帰ってきました。

妻「田中麗奈さんとお風呂一緒だった!」

娘「きれいだった!他の人と全然違う!!」

妻「スッとしてるのよ、スッと!」

私「お風呂ってことは・・・エー!」

妻「きれいだったぁ・・・」

 

いやぁ、こんなことってあるんですねぇ・・・

私も見たかった、田中麗奈・・・

 

その4に続きます。

| | コメント (0)

長野・白馬スキー旅行記2007その2 見つかった!

その1の続き。

 

キーホルダーを落としたらしい場所(前回転倒した場所)あたりに到着しました。

一見したところ真っ白な斜面。

キーホルダーは落ちてません。

誰か拾ってくれて、どこかに届けてくれる・・・なんて楽観的な観測に頼るわけにはいかないので、怪しい場所を雪を削りながら滑り降ります。

すると、微かに黒いものが・・・・・ありました!

ほとんど雪に埋まって凍りついていましたが、確かに私のキーホルダーです!

良かったぁ~。

車にも乗れるし、家にも帰れる!

2本しか滑ってないくせに、すっかり疲れてしまったので少し早めに昼食。

070303021231

何と外でピザ!

暑すぎるっちゅうねん!

春スキーみたい・・・って春スキーしたことないけど。

その3に続きます。

| | コメント (0)

長野・白馬スキー旅行記2007その1 白馬47で1本目!

年末の蔵王、年明けの車山高原に続き、長野県の白馬に行ってきました。

金曜日、仕事を終えてからの出発なので、横浜を発ったのが午後7時。

調布ICから中央道経由で長野まで一気に走破し、長野市内のホテルに着いたのが午後11時。

ノンストップで所要時間4時間。

お父さんは疲れました・・・

 

翌朝。

午前8時、長野のホテル出発。

市内に全く雪はありません。

ホントに、全く無し。

地球温暖化(?)を実感しました。

 

オリンピック道路を1時間弱くらい走るとそこは白馬ですが、そこにも雪はありません。

ううむ・・・

今夜泊まるホテルでリフト券をもらい、シャトルバスで「白馬47」へ。

オーストラリア人と思われる方が結構いらっしゃいます。

070303011142

さあ、オーストラリア人たちと一緒に滑りますか!

白馬スキー旅行記2007その3~白馬47でスキー_c0060651_14411972.jpg

ゴンドラリフトで上まで上がり、まずは一本目。

上の娘はモチロン、下の息子もこれくらいの中級斜面はもうへっちゃらです。

へっちゃらじゃ無かったのは、どちらかと言うと私で、コブで1回転んでしまいました・・・面目丸つぶれ。

オマケにこの転倒の時、ポケットに入れていた自宅の鍵と車の鍵をつけたキーホルダーを落としたらしく、もう真っ青!

車が動かせない上に、何とか家に帰っても自宅に入れない!

 

控えめに言って、地獄。

想像するだけで恐ろしい・・・

 

当初2本目はもう少し上まで行くつもりでしたが、キーホルダー捜索のため、同じコースを丹念に蛇行しながら行くことにしました。

誰か見つけて届けてくれればいいんですが、ボーダーが巻き上げる雪に埋もれてたら、雪解けまで発見できません・・・

 

その2に続きます。

| | コメント (0)

穂高ブルワリーのアルトを樽生で

熊「また家族でスキー行ってたらしいな」

 

吉「ああ、白馬のことか」

 

熊「雪あったか?」

 

吉「さすがに白馬まで行くと何とか滑れたわ」

 

熊「お前のことやから、どうせビールも飲んだんちゃうか」

 

吉「当たりや」

 

070303081752

 

熊「何ちゅうビール?」

 

吉「たぶん穂高ブルワリーのアルトやと思うんや」

 

熊「思うんや・・・て、何や頼りないな」

 

吉「いや・・・たまたま泊まったホテルで飲めただけやから・・・」

 

熊「えっ、『現場』行ってへんの?あっ、『現場』ないんやこのビール」

 

吉「いや・・・どうもあるみたいやねん、近くに」

 

熊「近くにあるのに何で行けへんかったん?珍しいなぁ、お前にしては」

 

吉「いや・・・知らんかってん・・・」

 

熊「知らんかった?現場主義者とか言ってる癖して?」

 

吉「お恥ずかしい・・・」

 

熊「有り得へんわ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧島高原ビール「ボヘミアンブロンド」@神田「THE Jha BAR」

先週木曜日のこと。

 

九州イベントを実施している神田の「THE Jha BAR」に行ってきました。
このイベント開催中の来店はこの日で3回目。
いやぁ、すっかりハマってしまいました・・・

 

07030102jha1853

 

どのビールも魅力的ですが、なかでも目的は霧島高原ビールのボヘミアンブロンド。
以前鹿児島の「現場」で飲んで、すっかり虜になっていたビールの「樽生」です。

 

070301042020

 

おおーっ!久しぶりぃ!
いただきますっ!

 

美味いなぁ、さすがやなぁ。
マニア受けする要素はほとんど無いんですが、ほんとチェコで飲んだピルスナーに近いんですよね、このビール。
ただ・・・以前「現場」で飲んだときより苦みが強いような・・・?
ちょっと考えて原因がわかりました。
温度です!
私の好みはもう少しぬるめ。
両手で暖めてから飲むと、さらに美味しくいただけました。

 

こら鹿児島行かなあきません。

 

この日は他に石垣島のヴァイツェンと熊本のペールエールをいただきました。

 

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

 

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »