« ビールの現場から~新潟県新潟市「エチゴビール」その4 | トップページ | ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「雑蔵」その1 »

Greut Lawauitj(フルート・ラワート)樽生@水道橋「Frigo Est(フリゴ・エスト)」

先週、水道橋の「Frigo Est(フリゴ・エスト)」におじゃましました。
07051002frigoest2140
水道橋の駅から白山通りを南に少し行ったところ、かなり賑やかなエリアにあるビルの2階です。

最初にいただいたのは「Greut Lawauitj(フルート・ラワート)」樽生。
アルコール度5.5%、250mlで950円です。
(画像はありません)
濁り系で、ブラウン系です。
飲むと、見た目から想像していたより、スッキリしていて驚きました。

そして2杯目はシメイホワイトの樽生。
カウンターの中の店員さんが「シメイホワイトは瓶の方が美味しい」と話しているのが聞こえていたので、ちょっと頼みづらかったですが・・・(笑)
ま、好みは人それぞれ。
私は樽生の方がスッキリしていて、好みです。
味覚が単純で、すいません。

Frigo Est(フリゴ・エスト)
住所:千代田区西神田2-1-12梅沢ビル2F
電話:03-3262-1138

|

« ビールの現場から~新潟県新潟市「エチゴビール」その4 | トップページ | ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「雑蔵」その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Greut Lawauitj(フルート・ラワート)樽生@水道橋「Frigo Est(フリゴ・エスト)」:

« ビールの現場から~新潟県新潟市「エチゴビール」その4 | トップページ | ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「雑蔵」その1 »