« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

「TULLAMORE(タラモア)」代々木八幡

先週金曜日、原宿で飲む機会があったので、少々足を伸ばして、代々木八幡駅近くにあるアイリッシュパブ「TULLAMORE(タラモア)」に行くことにしました。

JR原宿駅から代々木公園の横を10分少し歩くと、目指すお店に到着です。
070622012229
「さぁて」と意気込んで店内に入ると、週末ということもあるのか、見事に満席。
あっさりした性格の私は、あっさりと撤退。

今度また来てやる!(←どこが「あっさり」やねん)

TULLAMORE(タラモア)」
住所:渋谷区富ヶ谷1-6-10
電話:03-3481-0216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいがたビアフェスタin日本橋

会社の近くで行われていた、「にいがたビアフェスタin日本橋」にビア友Kとちょこっと行ってきました。
07062704183807062701nico1827
場所は日本橋にある「NICOプラザ」。

狭いスペースが、立ち飲み客でいっぱい。
一昨年に引き続き、盛況です。
(昨年は行きそびれました)

出展ブルワリーは、八海山泉ビール、スワンレイクビール、エチゴビール、新潟麦酒、北雪酒造、胎内高原ビール、日本海夕陽ブルワリーの7つ。
仕事もあるので飲んだのは、今まで飲んだことが無いものを中心に2杯。
070627031828070627051839
左:北雪ラガー(北雪酒造)、右:ヨーロピアンケルシュ(新潟麦酒)。
この二つ以外のビールは、全て「現場」があって、行ったことありますので。

どちらも美味しゅうございました。
心を鷲掴みにされるほどではありませんでしたが。

ビア友Kと佐賀ゴルフ旅行の打合せをして、20分ほどで失礼しました。
このイベントは29日までです。
070627021827

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その5~横浜から

その4の続き。

19:10 台町

070611011910

弥次「ここはどこ?」
喜多「向こうに見えるのが、横浜Cheersの隣の100円コンビニ」
弥次「ローカルやなぁ」

19:31 追分

070611021931

喜「ここを右に行けば八王子っと」
弥「行くの?」
喜「行くわけないやろ!」
弥「何で?」
喜「何で?って・・・東海道やし・・・」

19:53 保土ヶ谷駅近く

070611041953

弥「こういう看板があると歩きやすいな」
喜「道間違ってないことが、確認できるもんな」
弥「しょうもないことやけど、大事やな」
喜「そう、大事」

20:20 権太坂前

070611052020

弥「ここが有名な権太坂かぁ」
喜「有名って?」
弥「箱根駅伝とか観てたら出てくるやろ、権太坂って」
喜「駅伝観いひんから、俺」
弥「そう言われたら、身も蓋もないけど」

弥「ハア、ハア、ハア」
喜「はあ、はあ、はあ」
070611062023
弥「ハア、あれが、ハア、ランドマーク、ハア、タワーやな、ハア」
喜「そんなにしんどいか?」
弥「ちょっと大げさやったかな」

20:43 境木地蔵尊前

070611082043

喜「今度は下りみたいやな」
弥「焼餅坂ゆうらしいな」
喜「ところで、今回ビールネタは?」
弥「・・・さあ、あと一息や!」

20:54 東戸塚

弥「東戸塚到着!」
喜「戸塚まで行けへんの?」
弥「ちょっとしんどいやろ、ここでやめよ」
喜「ところで、今回ビールネタは?」
弥「ハイ!お疲れぇ~!」

結局、ビールネタはゼロでしたが、めげずにその6は東戸塚から。

終了時刻は20:54。
所要時間2時間弱、走破距離7.5km(日本橋から38km)。

ビール東海道中膝栗毛~目指せ!箱根編

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Witkap Pater樽生@水道橋「Frigo Est」

銀座「BULLDOG」の後、タクシーで水道橋の「Frigo Est」へ流れました。
ここへ来たからには、久しぶりにベルギービールをいただきます。
07061801witkap2225
ゲスト樽生の「Witkap Pater」の何か。
小麦系だったということしか覚えておりません、残念ながら(笑)

そしてこちらも、味はあまり覚えていない2杯目。
07061802degraal231307061803degraal2313
冷蔵庫で見かけて、見たことがなかったので「ジャケ買い」しました。
「de graal dubbel」。

この日はよく飲みました。

Frigo Est(フリゴ・エスト)
住所:千代田区西神田2-1-12梅沢ビル2F
電話:03-3262-1138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラガー祭り@銀座「BULLDOG(ブルドッグ)」

1週間ほど前のことですが、K氏と銀座にある「BULLDOG(ブルドッグ)」に行ってきました。
この店を訪れたのは2回目ですが、このブログへ登場するのは初めてです。
初めて訪れた時、このブログ、お休み中だったもので(笑)

樽生は種類豊富。
ギネス、ヒューガルデン、キルケニー、ベルビュークリーク、バスペールエール、スーパードライ、レーベンブロイなどのレギュラー陣に加え、数種のゲスト樽生が飲めます。
この日は「ラガー祭り」とのことで、数種類のラガーがゲストとしてラインナップされてました。

1杯目は沼津ラガー。
ベアードさんのラガーです。
色は、ラガーにしては濃い目。
泡が細かく、美味しそうです。
ベアードさんのビールにしてはスッキリしてますが、私が思う標準的なラガーよりは複雑な味わいです。
複雑さが好みの方には良いビールじゃないでしょうか。
一転名前はベアードさんにしては珍しくシンプルに「沼津ラガー」。
いい感じです。

そして2杯目はCOEDOの紅赤プレミアムラガー。
2007年のモンドセレクション金賞受賞だそうです。
色は褐色。
サツマイモを使っているらしいんですが、何故かリンゴの風味にも感じるところが不思議です。

3杯目、太陽のラガー。
ひでじさんです。
このビールが今日イチかな。
コンサバティブなラガー好きの口には、一番合いました。

この後何杯か飲んで、お店を後に。
銀座インズ内というロケーションを除けば、いいお店だと思いました。

BULLDOG(ブルドッグ)」(←ぐるなび)
住所:中央区銀座西3-1銀座インズ1 2F
電話:03-3564-0996

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(ビアポート)」その2

その1の続き。

1杯目は、スプリングバレーでは飲めない一番搾り。
淡麗、ラガーと並んで、この横浜工場の生産品だそうです。
070606071745_1
美味い!・・・けど、ちょっとガスが強い感じがします。
かなりスッキリサッパリ系です。
★7

そして2杯目は、先日スプリングバレーで飲んで、すっかり恐れ入ったラガー。
070606091755_1
苦味がいいですねぇ。
やっぱり美味いです。
★9
ジョッキ希望です。

これから数キロ歩くわけですから、この辺でやめようとも思ったんですが、ついもう一杯。
070606101803
スプリングバレーです。
一番搾りよりは好みですが、バランスでラガーに劣る感じ。
★8

つまみはソーセージ一品だけ。
070606081749
これから数キロ歩かなあきませんから。

しつこいですが。

また行ってみたい度は★4。
スプリングバレーの方が好みです。

ビアポート
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013
070606041742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(ビアポート)」その1

ビール東海道中膝栗毛で立ち寄りました。

生麦にあるキリンの「現場」、ビアビレッジには3つのレストランがあります。
樽生の種類が一番豊富な「スプリングバレー」。
港に停まる船をイメージした「ビアポート」。
夏季限定の「バーベキューガーデン」。
先日スプリングバレーには行ったので、今回はビアポートに行くことにしました。
歩く前なので、そんなに飲めませんし・・・

まずは店内。
070606031742_1
向こうに見える窓の外が、バーベキューガーデンになってます。

ビールのメニュー。
070606021742
スプリングバレーより、少々樽生の種類は少なめですが、向こうでは飲めない一番搾りがこちらでは飲めます。

フードのメニュー。
070606061744

と、ここでその2へ。

ビアポート
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その4~生麦から

その3の続き。

17:30 生麦

070606011730

弥「さ、ここからリスタート」
喜「頑張って行こか」
弥「何や左手見えるは・・・」
喜「キリンの工場やね」
弥「いきなりくじけそうな雰囲気・・・」

070606091755

喜「くじけたねぇ」
弥「見事にくじけた」
喜「でもここでくじけん奴とは、友達ちゃうな」
弥「ホンマホンマ、くじけて正解」

※くじけた詳細はコチラ

18:20 再出発

弥「工場の外に出ても、結構麦汁の臭いするな」
喜「ずっと住んでると慣れるんやろうけど、外から来た人は気になるかもしれんね」

新子安を過ぎ、子安の駅も過ぎたあたり

弥「ちょっとトイレに行きたいんやけど・・・」
喜「レストラン出る時にトイレ行ってなかったっけ?」
弥「行ったけど、またしたなってん」
喜「さすが、ビールの利尿作用はすごいな」
弥「そうそう!そう言えばスコットランド行ったときも利尿作用のおかげでエライ目おうたわ」
喜「人通りもあんまりないし、そのへんの暗がりでチョチョッとしてきたらどないや」
弥「さすがにこの年になって、そうもいかんやろ。もうちょっと頑張るわ」

神奈川新町駅

喜「あっ、ドトール発見!」
弥「もうドトールがトイレにしか見えへん」

19:45 神奈川駅

070606111945

弥「あれランドマークタワーちゃう?」
喜「ついに横浜まで来たな」
弥「ここから進路を西にとるわけや」
喜「関内とかに行くわけやないんや」
弥「クラフトビアバーさんの方じゃなく、チアーズさんの方に向かうわけやな」
喜「神奈川のビール好きしかわからん言い方すなっ!」

19:59 鶴屋町三丁目交差点北側

070606131959

弥「あれがよく通る鶴屋町三丁目の交差点やな」
喜「ここまで来たら、もうゴールはすぐそこ」
弥「ああ、早く飲みたい・・・」

20:04 横濱Cheers

07060614cheers2004

弥「やったー」
喜「飲めるぞー」

070606152008

弥「角屋やー」
喜「柚子の香エールやー」
弥「柚子のほろ苦さと、ホップの苦さがエエ感じでマッチしてるぞー」
喜「甘さもそんなに感じへんぞー」

070606172045

弥「写真ではよーわからんけど、いわて蔵のサマーブロンドやぞー」
喜「グレープの香りがするぞー」
弥「苦味がズンとくるぞー」
喜「今日はこれで終わりじゃー」
弥「いつもより距離いってへんぞー」
喜「トイレ休憩なんかしてるからじゃー」
弥「すまーん」

その5は横浜から。

終了時刻は20:04。
所要時間2時間強(トイレ休憩含む)、走破距離5.7km(日本橋から31km)。

ビール東海道中膝栗毛~目指せ!箱根編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その9~宇佐神宮から湯布院へ

その8の続き。

大平麦酒館を出て、大分・宇佐神宮へ。
Photo_12
ここは八幡宮の総本宮。
しっかりお祈りして、お札を買ってきました。

この後湯布院に移動し、温泉に入り、宿でゆっくり食事をして寝ました。
2日目終了です。
この時点で、4現場。
なかなかのハイペースです。

その10に続きます。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝「THE Jha BAR(ジャハ・バー)5周年

最近ちょっとご無沙汰していた神田の「THE Jha BAR」。
5周年を迎えられたそうで、記念イベントを明日(6/21)まで開催しています。
幾つかの樽生が1杯500円で飲めるとのこと。
是非お伺いしたかったんですが、期間中の都合がつかず・・・
イベント前日にお邪魔してグリゼット・ブロンシュを1杯だけいただきました。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その3~蒲田から

その2の続き。

「歩く」ために、JR蒲田駅から「歩いて」京急蒲田方面へ。

19:11 京急蒲田駅前

070605021911

弥次「はい、京急蒲田駅前」
喜多「JR蒲田駅から歩いてくると、ちょっとした達成感あるな」
弥次「こんなところで、達成感感じてどないすんねん」

19:39 六郷橋

070605041939

弥「おおっー、この橋渡れば神奈川県やな」
喜「ついに来たねぇ」

070605051946070605061949

左の写真が六郷橋からみたJR川崎駅周辺。
弥「ようけビル建ってるなぁ」
喜「ホンマやなぁ」
弥「そうこうしてるうちに、神奈川県やで」
喜「東京ともこれでおさらばか」

20:21 八丁畷

070605072021

喜「何写真とってんねん・・・麦の別れ?」
弥「いや、ここまでビールネタ何にもなかったやろ・・・だから」
喜「ビールネタに困って『麦の別れ』・・・無理あるなぁ」

20:54 京急鶴見駅近く

07060509ggc2054

喜「またGGCや!」
弥「鶴見店かぁ、蒲田よりこじんまりしてるし、ちょっとお客も少ないんちゃうか」
喜「ビール・・・飲む?」
弥「さすがにもうちょっと我慢やろ」

21:16 生麦事件発生「現場」

喜「あっ、こんなもんが!」
070605102116
弥「ここで起きたんか、生麦事件」
喜「何の変哲も無い、住宅地やけどな・・・」
弥「尊皇攘夷か・・・」
喜「出たな、四文字熟語」

21:24 「キング・ペリカン」前

070605112124
弥「何や知らんうちに吸い寄せられとったな、ココに」
喜「もう足、限界やし」
弥「出来れば神奈川宿まで行きたかったとこやけど・・・」
喜「しゃあないんちゃうか、次頑張ろ」

弥「すいません、一番搾りの生」
喜「俺も」

その4は生麦から。

終了時刻は21:24。
所要時間2時間強、走破距離9.5km(日本橋から25km)。
この日は結構歩きました。

ビール東海道中膝栗毛~目指せ!箱根編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Jever樽生@GGC(グレート・ジャーマン・クック)蒲田店

ビール東海道中膝栗毛で立ち寄りました。

午後9時過ぎに入店したんですが、店内は結構満員。
奥のテーブル席に座り、まずメニューを一瞥。
070604122119
樽生はかなり豊富です。
ヴァイエン、エルディンガー、ドイツ黒生・・・ん、ヴァイエン?
どうもヴァイエンシュテファンをこの店では「ヴァイエン」と呼ぶらしいです。
確かに言いにくいですもんね。
他にビットブルガー、イエバー、バスなどが樽生で飲めます。

私が頼んだのはイエバー。
07060413jever2119
ジャーマンポテトと一緒にいただきました。
歩いた後だったので、メチャうまでした。

料理のメニューもかなり豊富ですが、ドイツ料理というよりは洋風居酒屋といった趣。
隣のサラリーマングループもメチャ盛り上がってました。

GGC(グレート・ジャーマン・クック)」蒲田店
住所:大田区蒲田4-15-7
電話:03-3732-2704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その2~品川から

その1の続き。

19:15 品川駅

JR品川駅をスタート。
第一京浜海側を南へ。
弥次「さ、今日も張り切って行こか」
喜多「今日は頑張って行くぞ!青物横丁」
弥次「近すぎるっちゅうねん!今日の目標は川崎」
喜多「遠すぎるっちゅうねん」

070604011916
道路の反対側に、ハンバーグの名店「つばめグリル」発見。
喜「ハンブルグステーキ、食べたいなぁ・・・」
弥「いくらなんでも早すぎんか」
喜「さすがの俺もそう思うわ」

070604021918
京急の高架下に、ラーメン屋7軒、丼屋5軒が並んだ「品達」。
喜「何やラーメン屋と丼屋がいっぱい並んでるで」
弥「テレビで見たことあるある」
喜「お手軽なラー博、ってとこかな?」

19:26 八つ山橋を越えて北品川あたり

070604031926

弥「雰囲気出てきたで」
喜「いかにも『旧街道』って感じやな」
弥「日本橋~品川間とは風情が違うで」
喜「エエ感じの飲み屋も多いし・・・盛り上がって参りました!」

19:29 とある酒屋にて

魅力的な幟が・・・
070604041929

弥「これは・・・素通りでけへんやろ」
喜「とりあえず買おう」

店「いらっしゃぁい」
弥「すいません、このビールください」
店「有難うございます」
070613010043
弥「あの・・・ここで栓抜いてもらえますか」
店「はっ?」
弥「すぐ飲みたいんで・・・すいません」
070613020043
弥「田沢湖ビールさんが造ってるんや」
喜「日本最古の酵母か・・・なるほど」
弥「ホップはあんまり感じへんね」
喜「モルトの味わいの方が強いな」
弥「しかし、歩きながら飲むのはものすごく行儀が悪いね」
喜「このブログを読んでる子供達は真似しないように」
弥「そもそも飲んだらアカンけどな、子供は」

19:33 品川宿付近

070604051933

20:04 立会川

喜「青物横丁過ぎたら、だいぶ寂しくなるな」
弥「でも、ぽつぽつとエエ感じのお店もあるんよ、例えばココとか」
070604062004
喜「蕎麦屋さん?」
弥「吉田家さんやて。メモメモ」

20:18 鈴ヶ森刑場跡

ここで第一京浜と合流。
弥「・・・」
喜「・・・」

21:08 京急蒲田駅

京急蒲田駅到着。
070604092108
喜「京急蒲田や」
弥「京急蒲田やね」
喜「今日の目標は、川崎やったっけ」
弥「そう」
喜「すぐ近くにGGC(グレート・ジャーマン・クック)あるけど、それでも川崎?」
弥「ドイツビール!と聞いたら飲まんわけにはイカンでしょ」

21:14 GGC(グレートジャーマン・クック)蒲田店

07060410ggc2114

弥「美味いねぇ」
喜「ホンマやなぁ」
弥「川崎は今度にしよっか」
喜「そうしよう、そうしよう」
詳しくはコチラ参照。

というわけで、その3は蒲田から。

終了時刻は21:08。
所要時間2時間弱、走破距離8.3km(日本橋から16km)。
歩いたねぇ。

ビール東海道中膝栗毛~目指せ!箱根編

| | コメント (4) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その8~ビールの現場から「ビューゼンビール」福岡・上毛町

その7の続き。

関門橋を渡り、いよいよ九州入り。
この年(2001年)は、2月にも九州(福岡・佐賀・長崎)に来ていたので、2度目になります。
小倉東ICで高速を降り、国道10号線を大分方面へ。
大分県に入るちょっと手前に、この日昼食を食べる「大平麦酒館」があります。
そう、「現場」です

※2007年6月現在、この現場ではビール飲めなくなってるみたいです・・・残念ですが。
Photo_9
平日昼間ということもあり、店内はガラガラ。
Photo_10
当時のメモを見ると・・・
「890円のバイキング、激しくお得だが、品数少ない」とあります。
覚えてませんが、そうだったみたいです。

ビールは4種。
Pada
左からピルスナー、ラガー、ペールエール、ダークエール。
ラガーとペールエールの色が濃いですね。
全体的にガスが強めで、冷やしすぎだったのは残念だったようですが、当時の評価はそれぞれ18、15、14、16とわりと高め(20点満点)。
特にピルスナーが良かったみたいです。

また行ってみたい度は★3(5段階)。
もう行けませんが・・・

その9に続きます。

大平麦酒館
住所:福岡県築上郡上毛町大字下唐原1685-33
電話:0979-72ー3915

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志賀高原ビールIPAなど@横浜・関内「CRAFT BEER BAR(クラフトビアバー)」

関内へ行く機会があったので、「CRAFT BEER BAR(クラフトビアバー)」。
3回目の訪問です。

実は2週間ほど前にも一度店の前まで来たんですが、開いたドアから見えた店内がかなり賑わっていたので断念。
この日は有難いことにすんなり入れました。

1杯目は箕面のピルスナー。
ちょい苦が○。

2杯目、常陸野ネストのリアルジンジャーエール。
色はアンバー、結構濃いです。
「リアル」、「ジンジャー」とありますが、あまり「ジンジャー」っぽくはありません。
結構普通の人にも薦められる仕上がりです。

3杯目、志賀高原のIPA。
以前Cheersさんで飲んだときはすごく苦く感じたんですが、今回はそれほどではなかったです。
って言うか、絶妙?
味自体が違うのか、私の感じ方が違うのか・・・
・・・後者やろな、冷静に考えて。

CRAFT BEER BAR(クラフトビアバー)
住所:横浜市中区太田町2-31-3
電話:045-651-0440

722)ビールなお店(横浜・CRAFT BEER BAR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その1~日本橋から

19:20 日本橋

弥次「いよいよやね、てくてく歩いて東海道」
喜多「ここが日本橋やな」
070524021923070524031924
弥「しかし、不細工な眺めやな」
喜「首都高が覆いかぶさって、橋がまともに見えへんがな」

喜「それはそうと、周りは会社帰りの男女だらけやがな。歩く同士はおらんのかいな、同士は」
弥「おるか、アホ!」
喜「日本橋にきたら、これから東海道を歩く人がウヨウヨいるんかと思てた」
弥「江戸時代ならいざ知らず、今はそんなことないやろ」

高島屋日本橋店前を通過。

弥「あっと言う間に高島屋」
喜「こんだけ近けりゃ、そらあっと言う間や」
弥「この調子で行ったら、品川くらい楽勝かもな」
喜「どんだけ楽観的やねん・・・ま、行けるだけ行ってみよ」

19:45 銀座(日本橋から1.7km)
070524041946
弥「まだまだ行ける、行ける」
喜「確かに」

銀座七丁目付近

喜「ええもん、見つけた!」
070524051951
弥「ライオンか、飲みたいなぁ」
喜「休憩しよう、休憩」
弥「ここで休憩したら、俺らのことやから二度と歩き出されへんで。せっかくやから新橋の『ビアライゼ』あたりまで頑張らんか」
喜「それもそやな・・・よし、もう少し頑張ろ」

20:15 浜松町

喜「ちょっ、ちょっ、ちょっと待って。過ぎてへんか?新橋」
弥「あっ、芝大門って書いてある!」
喜「過ぎてるがな、ビアライゼ。最高のアサヒ樽生飲まれへんがな」
弥「どうするもこうするも、過ぎてしもたもんはしょうがないやろ。これから戻るか?」
喜「ん・・・、それもイヤやなぁ」
弥「芝大門ゆうたら、ちょっと行ったらAgooあるで。そこでヒューガルデン飲む、ちゅうのはどや?歩いた後の小麦系は美味いで」
喜「乗った!」

20:18 Agoo
07052406agoo2018
ヒューガルデン樽生(この店ではシロナマ)を注文
弥「運動の後の、ヒューガルデンはたまらんなぁ」
喜「ほんまやね、実に美味い」
弥「1杯飲んだら、先を急ぐで。早く品川行きたなってきた」

21:16 品川駅
070524072116
喜「おおっー、着いた着いた、品川や。日本橋をスタートした頃は、新橋あたりが限界かなぁ、思てたけど」
弥「昔の宿場はもう少し先らしいで」
喜「そんなんエエやん、ここで今日はおしまい」
弥「そやな。これでも結構歩いたわ」

所要時間2時間弱(ヒューガルデン1杯含む)、走破距離7.4km。

その2

注)弥次さん喜多さんは、本来江戸っ子ですが、本編では執筆者の都合上、関西弁とさせていただきます。

ビール東海道中膝栗毛~目指せ!箱根編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ビール東海道中膝栗毛」始めます

突如、東海道を歩いてみたくなりました。

大阪出身で、東京・神奈川に通算10年以上住んでますから、東京-大阪間はこれまで何十回も行ったり来たりしています。
多くは新幹線、多くは飛行機、多くは車で。
変わったところでは、2度ほど普通列車(青春18きっぷ)、1度だけ深夜バス。
あ、そうそう、バイクを使ったことも1度だけありました。
でも徒歩では1度もなし。
当たり前か(笑)

とは言え、会社勤めをしながら東海道を完全走破するのは到底無理。
でも歩いてみたい・・・

で、少しずつ歩いてみることにしました。
しかもいきなり京都を目指すのではなく、箱根あたりを目標に。
何せ、会社帰り(!?)に歩くんですから、箱根が限界でしょう。
それでも行けるかどうか・・・

私が歩くんですから、もちろん色んな所でビールを飲みながら歩いて行こうと思います。

と言うわけで、東海道の起点「日本橋」からスタートします。
070524011923

「東海道を歩いてみたいけど、どこでどんなビールが飲めるかとても不安・・・」
と思っている方、必見です(笑)

ビール東海道中膝栗毛~目指せ!箱根編

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県小田原市「箱根ビール」その2

その1の続きです。

飲めるビールは3種類。
070602031422
箱根ピルス、小田原エール、そして季節限定の春めきペールエール。

ちなみに6月4日からはペールエールに替わってヴァイツェンが登場するそうです。
070602021421

で、1杯目はピルス・・・なんですが、珍しく撮り忘れ。
美味しかったんですけど。
キリッと苦くて、素敵でした。
★8

そして2杯目。
07060210pa1434
春めきペールエール。
これがなかなかいい感じ。
苦味が強すぎず弱すぎず。
ボディもしっかり。
★8

最後は小田原エール。
070602131444
ちょっとスッキリしすぎかなぁ・・・
★7

また行ってみたい度は★4(5段階)。

6月15日に、これまで仮設だった「鈴なり市場」が新しくなります。
かまぼこ好き、練り物好きの方は急げ!

箱根ビール蔵
住所:神奈川県小田原市風祭245
電話:0465-23-7373


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県小田原市「箱根ビール」その1

御殿場プレミアムアウトレットに行った帰り、箱根を越えて「箱根ビール蔵」で少々遅めの昼食をいただきました。

いつ来ても混んでいるのですが、午後2時過ぎということもありこの日はスンナリ。

食事のメニューは相変わらず練り物のオンパレード。
070602041423
板わさ、プリップリでした。

070602051426
季節のすり身揚げ。

070602091428
食感が面白かった、蓮根のフリッター。
サクサクの蓮根をふわっふわのすり身が包んでいます。

070602111434
手巻きちくわ。
もう練りまくり(笑)。

ビールはその2で。

箱根ビール蔵
住所:神奈川県小田原市風祭245
電話:0465-23-7373


| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その7~2日目は秋芳洞から

その6の続きです。

さて、2日目。
あいにくの雨模様の中、朝8時前に萩市内の旅館を出発し、秋芳洞へ。

入り口近くの駐車場に車を停め、洞窟まで傘をさして歩くのが大変だった記憶があります。
何せ娘3歳、息子1歳でしたから・・・
Photo_11
ただ、鍾乳洞に入ってしまえば、後は晴れの日の観光と何ら変わることなし。
上の娘がはしゃいで走るので、転んで頭でも打ちゃぁしないかとハラハラしました。

美祢ICから高速に乗り、ついに九州へ。
本日の昼食をとる「現場」に向かいます。

その8に続く。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ」その4

その3の続き。

6杯目、ペールエール。
07052315pa2052
大手のペールエールって、すっきりしすぎてワケわからん印象があるんですが、これはソコソコ。
★7

で、最後デュンケル。
070523162123
ロースト!ロースト!ロースト!
★7

ここの「現場」、料理も結構イケます。
0705230619350705230741935070523142042
特に気に入ったのが、左の写真のキャベツ酢漬け。
ビールに合うんです・・・って当たり前か。

また行ってみたい度は★5(5段階)。
さほど期待してなかったからか、満足度高かったです。

スプリングバレー
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ」その3

その2の続き。

3杯目はハートランド。
070523101955
ラガーがメチャクチャ美味かっただけに、期待したんですが・・・
この工場でつくってないからか、ラガーに比べるとフレッシュさが足りません。
★7

そしていよいよブラウマイスター。
070523112009
さすがに味が「濃い」です。
ただ濃けりゃいいかと言うと・・・
さっき飲んだラガーの軽やかながら力強い美味しさに比べると、インパクトに欠けます。
もちろん美味しいんですよ。
とっても高いレベルの話です。
★8

ラガー系の締めは、ここの現場オリジナルのスプリングバレー。
070523132036
うぬぬ・・・
ブラウマイスターの後に飲むとスッキリなんですが、個人的にはラガーに軍配。
★8

ラガー系飲み比べ@ビアビレッジは、ラガーの先行逃げ切りに終りました。
ラガー恐るべし、現場恐るべし。

その4に続きます。

スプリングバレー
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ」その2

その1の続き。
070523041928
飲めるビール(樽生)は・・・
スプリングバレー、シーズンビール(ヴァイツェン)、デュンケル(以上がこの店オリジナル)。
ブラウマイスター、ハートランド、ペールエール、ラガー。
合計7種類です(ハーフ&ハーフもありましたが、それはカウントしてません)。

似たタイプが多いので、大事なのが飲む順番。
熟考した結果、ヴァイツェン→ラガー→ハートランド→ブラウマイスター→スプリングバレー→ペールエール→デュンケルに決定。
悩んだのが2~5番目ですね、全てラガー系ですから。
一応尻上がりに濃くなっていくようにセレクトしたつもりです。

というわけで、1杯目ヴァイツェン。
070523051932
うおお、いいじゃないの、コレ。
香りがいい!
これは大手では(限定醸造でも)珍しいんじゃないでしょうか。
しかも、大手らしくスッキリ。
やるやるとは聞いてましたが、さすがですねキリンさん。
★8

そして2杯目ラガー。
070523091945
ん・・・メチャクチャ美味くないか・・・コレ。
かなり油断して飲みましたが、これホンマ美味い。
普段飲んでるラガーとは、別モンですわ別モン。

私「すいません、これ美味しいんですけど・・・」
店「このラガーはこの工場で造ってるんですよ」
私の実に間抜けな質問に、きちんと答えてくれた店員さん有難う。
「現場」やからか!
注)ここのお店で飲める樽生7種全てが、ここで造られているわけではありません。
★9.5
前からわかってましたが、日本のラガーは捨てたもんではありません。

いきなりクライマックスがきてしまったところで、その3に続きます。

スプリングバレー
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(スプリングバレー)」その1

近所に住んでる会社の後輩と生麦に行ってきました。
070523172153

生麦事件の「現場」を訪ねて・・・ではなくて・・・

070523011917
こっちこっち、言わずと知れたキリンビールの現場「ビアビレッジ」です。
生麦駅から第一京浜沿いを歩いて、10分くらいでしょうか。

門を入るとすぐ右に「スプリングバレー」。
そのまま真っ直ぐ進むと「ビアポート」。
070523021921
この日は団体さんで結構賑わってました。

引き返してやっぱり「スプリングバレー」。
樽生が7種類飲めるのが魅力です。
070523031923

店内は天井が高く、気持ちいい空間が広がります。
070523122010
こんな立地(失礼!)で平日にもかかわらず、テーブルはほぼ埋まってます。
皆さん「現場」お好きですねぇ。

その2に続きます。

スプリングバレー
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その6~ビールの現場から「チョンマゲビール」萩

その5の続きです。

「萩ビール村塾」を一人で飲んだ後、宿に戻ってしばし休憩した後、家族4人で夕食へ。
場所は萩にあるもう一つの現場、チョンマゲビールのブルワリーレストラン「タルタル21」です。
萩港のマリーナ内にあるんですが、萩市の中心部から少々離れています。
ヨットなんかも見えたりして、リゾート感ありです。

店内の写真です。
Photo_8
う~ん、全然わからん(笑)

周辺環境にあわせて、造りこんでいて、なかなか好印象です。

で、ビール。
飲めるのはウィート、ペールエール、アルトの3種類。
当時もそうでしたし、今でも変わってないようです
Pa
当時のメモによると、それぞれ13点、13点、13点(20点満点)。
ペールエールが苦めだったようです。

また行ってみたい度は★3(5段階)。

これで1日目、終了です。
さすがに3ヶ所「現場」を巡ると、疲れます(笑)

その7に続きます。

タルタル21
住所:萩市後小畑(マリーナ萩)
電話:0838-24-3500
   
九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南ビター@「横濱Cheers」横浜

先週の雨の日、「横濱Cheers」へ。

ゲスト樽生のメニューがいたるところに貼ってあって、何にしようか本気で悩みます。
あまり飲んだことがないピルスナー系が飲みたかったのですが、それは無く・・・

1杯目、湘南ビター。
070531012022
スターターとして、完璧な仕事ぶり。
こういうのが飲みたいんです、私の場合。

2杯目、いわて蔵のIPAをハンドポンプで。
07053102ipa2037
ものすごい生ホップ。
昔はこういうの好きだったんですが、今は少々厳しくなってます。
後味も甘めです。

3杯目、ヴァイエンシュテファンのデュンケルヴァイス。
07053103weihenstephandunkelweiss2055
先日飲んだ富士桜のデュンケルヴァイツェンと比較しようと思って飲んだんですが、記憶の中のそれと結構違っていてビックリ。
私の軍配は富士桜。
もちろん日本で飲む場合ですが。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「福生のビール小屋」その3

その2の続きです。

3杯目、ペールエール。
07051408pa1959
前回同様美味いです。
★8

070514122035
蛸のラグーソースのパスタ。

4杯目、ミュンヒナーダーク。
070514112030
ボディがしっかりしたビールです。
★7

これで樽生はひと通り飲みました。
もちろん飲み放題ですから、ここで終るわけにはいかず・・・
ベルジャンウィットとペールエールを追加したことは覚えています(笑)

メインの魚&肉。
070514132048070514142110

そしてデザート。
070514152151

これだけ飲んで食べて、一人7,000円ポッキリ!
よろしいんじゃないでしょうか?

また行ってみたい度★5(5段階)。

次回は是非屋外で飲みたいものです。

福生のビール小屋
住所:東京都福生市熊川一番地
電話:042-530-5057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「福生のビール小屋」その2

その1の続き。

1杯目は、季節のビール「ベルジャンウィット」。
070514031936
小麦は小麦でも、その名のとおりベルジャンなスパイシーなテイスト、って何書いてんだか・・・
なかなか美味です。
★8

そしてコース料理が少しづつ登場(コースだから当たり前ですが)。
070514041945070514071949
アスパラと、前菜各種。

イイ感じのスタートです。
これで飲み放題・・・胸が躍るなぁ。

2杯目、ピルスナー。
070514051946
前も書きましたが、穏やか系のピルスナー。
★7

070514092012070514102023
カルパッチョ&ブルスケッタ。

もう少しだけ続きます

福生のビール小屋
住所:東京都福生市熊川一番地
電話:042-530-5057


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「福生のビール小屋」その1

先日家族で「雑蔵」を訪問し、その気持ちよさにすっかりやられてしまったこの私。
早速K氏を誘って再訪しました。

会社帰りに「福生」なんて有り得へん・・・と思ってましたが、なかなかどうして近いんですね。
新宿から最寄り駅の「拝島」まで、ものの40分。
結構電車も混んでますし。
すごく遠くに行く印象があったんですが・・・

「拝島」駅から歩いて10分少しで、「現場」に到着。
070514011934
敷地内にそびえる2本の大木がお出迎えです。

先日の「雑蔵」より少し奥に進んだところに、本日の目的地「福生のビール小屋」があります。
当初気持ちがよさそうな外の席を予約していたのですが、風が強かったからか、ガラス屋根つきのスペースに案内されました。
070514061946
仕方ありませんが、少々残念。

さあ、この日はコース料理+飲み放題で7,000円のコース。
070514021935
飲みまっせぇ。

その2に続きます。

福生のビール小屋
住所:東京都福生市熊川一番地
電話:042-530-5057


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »