« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

にいがたビアフェスタin日本橋

会社の近くで行われていた、「にいがたビアフェスタin日本橋」にビア友Kとちょこっと行ってきました。
07062704183807062701nico1827
場所は日本橋にある「NICOプラザ」。

 

狭いスペースが、立ち飲み客でいっぱい。
一昨年に引き続き、盛況です。
(昨年は行きそびれました)

 

出展ブルワリーは、八海山泉ビール、スワンレイクビール、エチゴビール、新潟麦酒、北雪酒造、胎内高原ビール、日本海夕陽ブルワリーの7つ。
仕事もあるので飲んだのは、今まで飲んだことが無いものを中心に2杯。
070627031828070627051839
左:北雪ラガー(北雪酒造)、右:ヨーロピアンケルシュ(新潟麦酒)。
この二つ以外のビールは、全て「現場」があって、行ったことありますので。

 

どちらも美味しゅうございました。
心を鷲掴みにされるほどではありませんでしたが。

 

ビア友Kと佐賀ゴルフ旅行の打合せをして、20分ほどで失礼しました。
このイベントは29日までです。
070627021827

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KILKENNY(キルケニー)@平塚「Sham Rock(シャムロック)」

ビール東海道中膝栗毛で寄りました。

 

JR平塚駅から徒歩8分歩くとそのお店があります。
07062611shamrock2045
繁華街から少し離れているので、一瞬入るのをためらいましたが、思い切って入店。

 

名前の印象から「トラディショナルな内装のパブでは?」と想像していたのですが、入ると意外にモダン。
070626122053
縦方向の空間の使い方が、面白いです。
私が座ったカウンターの他に、テーブル席もソファ席もあります。
結構居心地よさそうです。

 

そして気になるメニュー。
070626132102
エビスとギネスとキルケニーが樽生で飲めます。
歩いた後とあって、1杯目はエビス。
そして2杯目にKILKENNY(キルケニー)。
070626142106

 

お腹も減っていたので、ゴルゴンゾーラのピザをオーダー。
070626152111
何と奥に見えるのは蜂蜜。
かけて食べると美味しいんだそうです。

 

かけてみました。
070626162112
ゴルゴンゾーラの独特の風味が、少しまろやかになりました。

 

平塚は七夕祭りの準備一色でした(訪問は6/26)。
070626172143070626091932

 

Sham Rock(シャムロック)
住所:平塚市明石町27-2
電話:0463-24-0377

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その8 茅ヶ崎〜平塚

その7の続き。

 

18:34 茅ヶ崎一里塚

070626011834

弥次「さあ、スタート!」

喜多「そのセリフ、マンネリもエエとこやな」

弥「ほな・・・いざ、出発じゃ!」

喜「うーん・・・」

 

18:54

喜「あれは何や?」

070626021854

弥「ビール関係ではないような・・・」

喜「車関係みたいやで」

弥「湘南オートモビルビジネス専門学校って書いたある」

喜「こんな学校あるんや」

 

18:56

070626031856

喜「南湖の左富士って?」

弥「江戸から見て、左側に富士が見える名所ってことちゃうか」

 

19:13

07062604umedia1913

喜「何写真撮ってんねん?」

弥「見てみ、やたらバイク屋が集まってんねん」

喜「ホンマや」

弥「ハーレー、ドゥカティ、ホンダ、ヤマハ・・・」

喜「すごいけど・・・このブログ読んでる人は全然興味ないんちゃうか」

弥「ビールのビの字も無いもんな」

喜「あるで!ビモータの『ビ』!」

弥「・・・」

 

19:14

070626051914070626061914

喜「これって、あれちゃうか?」

弥「そうや、あれあれ」

喜「なるほど、あれかぁ」

弥「わからへんがな!」

 

19:18

070626071918

弥「平塚市に入りました」

喜「ないねぇ、カントリーサイン」

弥「『どうでしょう』やないっちゅうねん!」

 

19:21

070626081921

喜「この川は?」

弥「相模川」

喜「川の上は、風が気持ちエエね」

 

19:40

070626101940

弥「平塚駅到着」

喜「やったな」

弥「もうちょっと頑張ろか?」

喜「次って?」

弥「大磯や、そんなに遠ないで」

喜「大磯にビールの美味しい店あるんか?」

弥「大磯 ビール でググっても大したもん出てけえへんかったから、期待でけへんのちゃうか」

喜「ほな、ここでやめとかへん。多少行くあてあるし・・・」

弥「わかった、いつもより少ないけど、今日はこれでやめや。お疲れさん」

喜「お疲れさん」

弥「ほな行こか」

喜「行こ!」

 

その9は平塚から。

 

終了時刻は19:40。

所要時間1時間強、走破距離5.5km(日本橋から64km)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷺沼「Bourbon Bar Sal's(バーボン・バー・サルズ)」

我が家に一番近い「ビールなお店」だと思われるんですが、今までご縁がありませんでした。

 

鷺沼「Bourbon Bar Sal's(バーボン・バー・サルズ)」。

 

鷺沼の近くに住んでる後輩と飲む機会があったので、訪問することにしました。

 

東急田園都市線「鷺沼」駅の改札を出て、線路の上にかかってる陸橋を越え、少し行ったところを左に入ってまた少し進んだところにその「ビールなお店」はあります。
07062501sals2005
正直「エッ、こんなところに?」っていう立地です。

 

ウィスキーのボトルが壁のそこかしこに置かれた店内は、常連さんが醸し出す空気が支配しています。
初めての私には少々敷居が高いですが、慣れれば居心地が良くなりそうです。

 

常時3種類の樽生が飲めるとのこと。
070625022211
私が飲んだのは、写真の富士桜「ラオホ」とベアード「アングリーボーイ」。

 

また来たいですね。
何せ近いですから(笑)

 

Bourbon Bar Sal's(バーボン・バー・サルズ)」
住所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-3-12
電話:044-870-5454

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「TULLAMORE(タラモア)」代々木八幡

原宿で飲む機会があったので、少々足を伸ばして、代々木八幡駅近くにあるアイリッシュパブ「TULLAMORE(タラモア)」に行くことにしました。

 

JR原宿駅から代々木公園の横を10分少し歩くと、目指すお店に到着です。
070622012229
「さぁて」と意気込んで店内に入ると、週末ということもあるのか、見事に満席。
あっさりした性格の私は、あっさりと撤退。

 

今度また来てやる!(←どこが「あっさり」やねん)

 

TULLAMORE(タラモア)」
住所:渋谷区富ヶ谷1-6-10
電話:03-3481-0216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その9~宇佐神宮から湯布院へ

その8の続き。

大平麦酒館を出て、大分・宇佐神宮へ。
Photo_12
ここは八幡宮の総本宮。
しっかりお祈りして、お札を買ってきました。

この後湯布院に移動し、温泉に入り、宿でゆっくり食事をして寝ました。
2日目終了です。
この時点で、4現場。
なかなかのハイペースです。

その10に続きます。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・フーズ・ガーデン」その2

ビール東海道中膝栗毛で寄りました。

 

その1の続き。

 

3杯目は限定醸造のスーパービター。
070620172114
いい香りです。
限定系、季節系は飲む順番が難しいんですが、今回は完璧でした。

 

4杯目湘南リーベ。
070620192142
ほのかな甘味・・・でもスッキリ。
美味いっす。

 

歩くとお腹が減るので、パスタも食べちゃいました。
070620182137

 

コンディションが良かったこともあり、満足度高しでした。
もちろん、また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

MOKICHI FOODS GARDEN(モキチ・フーズ・ガーデン)
住所:神奈川県茅ヶ崎市元町13-1
電話:0467-84-0123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール@モキチ・フーズ・ガーデン」その1

ビール東海道中膝栗毛で寄りました。

 

藤沢から茅ヶ崎まで8km歩いてやっとたどり着きました。
070620122108
これが飲みたかった・・・

 

1杯目湘南ビター。
070620142109
歩いた後にこれ飲んで、美味しないわけあらへんがな。
バランス取れまくりです。
それにしてもグラス小さいなぁ・・・

 

2杯目もビターでよかったんですが、湘南ルビー。
070620162114
軽い運動の後でも全然OKなくらいスッキリ。
素敵!

 

初鰹のカルパッチョ和風ソースを食べながら、いただきました。
070620152113

 

その2に続きます。

 

MOKICHI FOODS GARDEN(モキチ・フーズ・ガーデン)
住所:神奈川県茅ヶ崎市元町13-1
電話:0467-84-0123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その7 藤沢〜茅ヶ崎

その6の続き。

 

19:11 藤沢駅

070620011911

喜多「さあ、スタート!」

弥次「いや、まだまだ」

喜「なんでや?」

弥「東海道に戻らんと・・・」

喜「あっ、そっか」

 

19:21 藤沢橋

070620031921

弥「やっとスタート地点に到着」

喜「何や早速休憩したなってきたで、見てみ」

070620021921

弥「街角ビアガーデンやな」

喜「生ビール300円やって」

弥「たまらんなぁ」

喜「今日のゴール地点には『現場』があるから、ここは我慢や」

弥「そやな」

 

19:46 おしゃれ地蔵

070620041946070620051946

喜「おしゃれ地蔵やて」

弥「願いがかなったら顔に白粉を塗るから『おしゃれ』地蔵・・・」

喜「確かに真っ白やな」

 

20:03 辻堂駅近く

070620062003

弥「ここを左に入ると辻堂駅か」

喜「知らんかった・・・」

弥「何がや?」

喜「辻堂って、藤沢市なんやな」

弥「ん?何のこっちゃ」

喜「いや、何となく茅ヶ崎市のイメージがあったんで・・・」

弥「なるほど、言われてみればそやな」

喜「収穫、収穫」

 

20:49 マイカル茅ヶ崎

070620082049

喜「ここを左に入ると、『MOKICHI FOODS GARDEN』!」

弥「その前にちょっと本屋寄らせて」

喜「了解!」

 

21:00 一里塚交差点

070620092100070620102100

喜「はい、歩き終了」

弥「行きますか、ビールの現場?」

喜「行きましょう、ビールの現場へ!」

 

070620112104_1

喜「やったー」

弥「やったぞー」

 

その8は茅ヶ崎から。

 

終了時刻は21:00。

所要時間2時間弱、走破距離8.0km(日本橋から58km)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝「THE Jha BAR(ジャハ・バー)5周年

最近ちょっとご無沙汰していた神田の「THE Jha BAR」。
5周年を迎えられたそうで、記念イベントを明日(6/21)まで開催しています。
幾つかの樽生が1杯500円で飲めるとのこと。
是非お伺いしたかったんですが、期間中の都合がつかず・・・
イベント前日にお邪魔してグリゼット・ブロンシュを1杯だけいただきました。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Witkap Pater樽生@水道橋「Frigo Est」

銀座「BULLDOG」の後、タクシーで水道橋の「Frigo Est」へ流れました。
ここへ来たからには、久しぶりにベルギービールをいただきます。
07061801witkap2225
ゲスト樽生の「Witkap Pater」の何か。
小麦系だったということしか覚えておりません、残念ながら(笑)

 

そしてこちらも、味はあまり覚えていない2杯目。
07061802degraal231307061803degraal2313
冷蔵庫で見かけて、見たことがなかったので「ジャケ買い」しました。
「de graal dubbel」。

 

この日はよく飲みました。

 

Frigo Est(フリゴ・エスト)
住所:千代田区西神田2-1-12梅沢ビル2F
電話:03-3262-1138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラガー祭り@銀座「BULLDOG(ブルドッグ)」

1週間ほど前のことですが、K氏と銀座にある「BULLDOG(ブルドッグ)」に行ってきました。
この店を訪れたのは2回目ですが、このブログに登場するのは初めてです。
初めて訪れた時、このブログ、お休み中だったもので(笑)

 

樽生は種類豊富。
ギネス、ヒューガルデン、キルケニー、ベルビュークリーク、バスペールエール、スーパードライ、レーベンブロイなどのレギュラー陣に加え、数種のゲスト樽生が飲めます。
この日は「ラガー祭り」とのことで、数種類のラガーがゲストとしてラインナップされてました。

 

1杯目は沼津ラガー。
ベアードさんのラガーです。
色は、ラガーにしては濃い目。
泡が細かく、美味しそうです。
ベアードさんのビールにしてはスッキリしてますが、私が思う標準的なラガーよりは複雑な味わいです。
複雑さが好みの方には良いビールじゃないでしょうか。
一転名前はベアードさんにしては珍しくシンプルに「沼津ラガー」。
いい感じです。

 

そして2杯目はCOEDOの紅赤プレミアムラガー。
2007年のモンドセレクション金賞受賞だそうです。
色は褐色。
サツマイモを使っているらしいんですが、何故かリンゴの風味にも感じるところが不思議です。

 

3杯目、太陽のラガー。
ひでじさんです。
このビールが今日イチかな。
コンサバティブなラガー好きの口には、一番合いました。

 

この後何杯か飲んで、お店を後に。
銀座インズ内というロケーションを除けば、いいお店だと思いました。

 

BULLDOG(ブルドッグ)」(←ぐるなび)
住所:中央区銀座西3-1銀座インズ1 2F
電話:03-3564-0996

| | コメント (10) | トラックバック (0)

中国小皿料理「龍山坊(ろんさんぼー)」@センター南

センター南の東急で買物したあと昼食。
「トイザらス」横の中華、「龍山坊(ろんさんぼー)」です。
中国小皿料理「龍山坊(ろんさんぼー)」@センター南_c0060651_1213350.jpg
屋外のテーブル席に座りたかったんですが、先客がいたので店内に。

坦々麺をいただきました。
中国小皿料理「龍山坊(ろんさんぼー)」@センター南_c0060651_12391111.jpg
胡麻の風味がしっかりあり、辛さはさほどでもありません。

小さいお店ですが、点心や四川料理が充実してました。

龍山坊(ろんさんぼー)
住所:横浜市都筑区茅ケ崎中央13-2
電話:045-941-0860

| | コメント (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その8~ビールの現場から「ビューゼンビール」福岡・上毛町

その7の続き。

関門橋を渡り、いよいよ九州入り。
この年(2001年)は、2月にも九州(福岡・佐賀・長崎)に来ていたので、2度目になります。
小倉東ICで高速を降り、国道10号線を大分方面へ。
大分県に入るちょっと手前に、この日昼食を食べる「大平麦酒館」があります。
そう、「現場」です

※2007年6月現在、この現場ではビール飲めなくなってるみたいです・・・残念ですが。
Photo_9
平日昼間ということもあり、店内はガラガラ。
Photo_10
当時のメモを見ると・・・
「890円のバイキング、激しくお得だが、品数少ない」とあります。
覚えてませんが、そうだったみたいです。

ビールは4種。
Pada
左からピルスナー、ラガー、ペールエール、ダークエール。
ラガーとペールエールの色が濃いですね。
全体的にガスが強めで、冷やしすぎだったのは残念だったようですが、当時の評価はそれぞれ18、15、14、16とわりと高め(20点満点)。
特にピルスナーが良かったみたいです。

また行ってみたい度は★3(5段階)。
もう行けませんが・・・

その9に続きます。

大平麦酒館
住所:福岡県築上郡上毛町大字下唐原1685-33
電話:0979-72ー3915

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その6 東戸塚〜藤沢

その5の続き。

 

18:47 東戸塚

070615011847

弥次「ここからスタート!」

喜多「えらいいっぱい、タワーマンションが建ってるな」

弥「そうそう、俺もびっくりした。東戸塚ってこんなとこやったとは・・・」

 

18:49

環状2号を陸橋で越えたとたん、それまでの近代的な街の雰囲気が一変します。

070615021849

喜「これは何や?」

弥「梨ちゃうか」

喜「こんなところで、梨作ってるんや」

弥「さっきまでの風景とエライ違いやな」

喜「ところで、今日はどこまで歩くつもり?」

弥「戸塚まででは近すぎるやろ」

喜「戸塚の次の駅っちゅうたら?」

弥「大船やけど、東海道から離れてんねん、駅が」

喜「そしたら・・・?」

弥「藤沢まで行こかなぁ、と思てんねんけど・・・」

喜「東戸塚から藤沢!?無茶言うなや」

弥「・・・」

 

19:15 戸塚駅

喜「もうやめよか」

弥「何でやねん、全然歩き足りんやろ」

喜「確かに歩き足りんけど、ここから進んだら藤沢まで行かんとアカンねやろ。そら無理や」

弥「藤沢まで行ったら、『センチュリーブレイク』あるんやけどなぁ・・・」

喜「それ魅力!頑張ってみよか」

弥「単純な奴やなぁ」

 

20:05 横浜-藤沢市境あたり

喜「まだか?センチュリーブレイク

弥「まだや。だいいちまだ横浜市やし」

喜「そうか・・・もう俺しんどい・・・」

弥「俺も」

喜「今までで一番しんどないか?」

弥「そうかもしれんなぁ」

喜「藤沢行くのやめて、大船行けへん」

弥「ここまで来たら大船駅も藤沢駅も同じくらいの距離やで」

喜「マジかいな・・・あっ!」

070615042005_1

弥「ついに藤沢市や」

喜「もうすぐやな、センチュリーブレイク

弥「もうすぐや、センチュリーブレイク

喜「この1時間、センチュリーブレイクのことしか考えてへん」

弥「俺もや」

 

21:30 藤沢橋

喜「到着!」

弥「よう歩いたなぁ、今日は」

喜「センチュリーブレイクどこ?」

弥「駅の南側やから、あと15分くらい歩かなアカンで」

喜「タクシー拾わへん?」

弥「ダメ!」

 

21:43 センチュリーブレイク前

070615052143

喜「今度こそ到着!」

弥「飲むでー!」

 

喜「まずはエチゴのピルスナー」

弥「そんなに苦ないなぁ」

 

喜「そして湘南スーパービター」

弥「後味でしっかり苦いね」

喜「アルコール度が高い割にはドンドンいけるな」

 

喜「そしてベアレンポーター」

弥「しっかりローストしてあるから、飲んだ瞬間のインパクトは強いけど、スッと引くね」

 

喜「今日は歩いたなぁ」

弥「お疲れさんでした」

 

その7は藤沢から。

 

終了時刻は21:30。

所要時間3時間弱、走破距離11.9km(日本橋から50km)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

志賀高原ビールIPAなど@横浜・関内「CRAFT BEER BAR(クラフトビアバー)」

関内へ行く機会があったので、「CRAFT BEER BAR(クラフトビアバー)」。
3回目の訪問です。

実は2週間ほど前にも一度店の前まで来たんですが、開いたドアから見えた店内がかなり賑わっていたので断念。
この日は有難いことにすんなり入れました。

1杯目は箕面のピルスナー。
ちょい苦が○。

2杯目、常陸野ネストのリアルジンジャーエール。
色はアンバー、結構濃いです。
「リアル」、「ジンジャー」とありますが、あまり「ジンジャー」っぽくはありません。
結構普通の人にも薦められる仕上がりです。

3杯目、志賀高原のIPA。
以前Cheersさんで飲んだときはすごく苦く感じたんですが、今回はそれほどではなかったです。
って言うか、絶妙?
味自体が違うのか、私の感じ方が違うのか・・・
・・・後者やろな、冷静に考えて。

CRAFT BEER BAR(クラフトビアバー)
住所:横浜市中区太田町2-31-3
電話:045-651-0440

722)ビールなお店(横浜・CRAFT BEER BAR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェコ料理教室@渋谷「カフェano」その3~チェコ風リゾット

チェコ料理教室のその3は、チェコ風リゾット。

 

①お米を炊く
②玉ねぎのみじん切りを金色になるまで炒める
③鶏胸肉の脂を取り、1~2cm角に切る
④③を②に加え、鶏肉が白くなるまで炒める
⑤スイートパプリカ、ホットパプリカ、塩、胡椒を入れる
070612011954
⑥赤パプリカ、グリーンピース、マッシュルームを加える
⑦チキンコンソメを溶かしたスープを加え、鶏肉が柔らかくなるまで煮る
⑧ご飯を加え、よく混ぜ、チーズやピクルスをトッピングして完成
070612032036
とにかくパプリカ(香辛料のほう)を入れるのがポイント。
これを入れると、一気に中欧風になります。

 

ちなみに左のビールはエーデルピルス生。
チェコ人シェフもお気に入りだそうです。

 

この日も調子に乗ってもう一杯。
070612042042
スタロプラメンです。

 

カフェano
住所:渋谷区渋谷1-20-3
電話:03-5467-0861
070515011919

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チェコ料理教室@渋谷「カフェano」その1~ガーリックスープ

チェコビール好きが高じて、渋谷にあるチェコ料理レストラン「カフェano」で開催されている「チェコ料理教室」に行くことにしました。
07061205ano2100
毎週火曜日に開催されているんですが、ありがたいのは19時半という開始時間。
これなら仕事を終えて、何とか間に合います。

 

私が初めて参加した会のメニューは「ベジタブル・ガーリック・スープ」。
手順は以下のとおり。

 

1.玉ねぎとニンニクをみじん切りにして、キツネ色になるまで炒める。
2.5mm角に切った人参、root celery、じゃがいもを加えて、さらに炒める。
3.水、塩、胡椒、ローレル、carraway seed、チキンブイヨンを投入。
4.じゃがいもが柔らかくなるまで煮込む。
5.食パンを1cm角に切り、フライパンで焼きクルトンを作る。
070515032042
6.クルトン、すりおろしたチーズとニンニク、みじん切りにしたパセリをトッピングして完成。
070515042045

 

最初レシピを見た時は「普通のスープやん」と思いましたが、食べると結構特徴的でした。
私が勝手に考えたこの料理のポイントは・・・
・スパイス
・結構な量のニンニク
・トッピングに使った大量のチーズ
あたりでしょうか。

 

いやぁ、なかなか美味しかったです。

 

あっ!ビール飲むの忘れた!

 

カフェano
住所:渋谷区渋谷1-20-3
電話:03-5467-0861

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビール東海道中膝栗毛その5 横浜〜東戸塚

その4の続き。

 

19:10 台町

070611011910

弥次「ここはどこ?」

喜多「向こうに見えるのが、横浜Cheersの隣の100円コンビニ」

弥「ローカルやなぁ」

 

19:31 追分

070611021931

喜「ここを右に行けば八王子っと」

弥「行くの?」

喜「行くわけないやろ!」

弥「何で?」

喜「何で?って・・・東海道やし・・・」

 

19:53 保土ヶ谷駅近く

070611041953

弥「こういう看板があると歩きやすいな」

喜「道間違ってないことが、確認できるもんな」

弥「しょうもないことやけど、大事やな」

喜「そう、大事」

 

20:20 権太坂前

070611052020

弥「ここが有名な権太坂かぁ」

喜「有名って?」

弥「箱根駅伝とか観てたら出てくるやろ、権太坂って」

喜「駅伝観いひんから、俺」

弥「そう言われたら、身も蓋もないけど」

 

弥「ハア、ハア、ハア」

喜「はあ、はあ、はあ」

070611062023

弥「ハア、あれが、ハア、ランドマーク、ハア、タワーやな、ハア」

喜「そんなにしんどいか?」

弥「ちょっと大げさやったかな」

 

20:43 境木地蔵尊前

070611082043

喜「今度は下りみたいやな」

弥「焼餅坂ゆうらしいな」

喜「ところで、今回ビールネタは?」

弥「・・・さあ、あと一息や!」

 

20:54 東戸塚

弥「東戸塚到着!」

喜「戸塚まで行けへんの?」

弥「ちょっとしんどいやろ、ここでやめよ」

喜「ところで、今回ビールネタは?」

弥「ハイ!お疲れぇ~!」

 

結局、ビールネタはゼロでしたが、めげずにその6は東戸塚から。

 

終了時刻は20:54。

所要時間2時間弱、走破距離7.5km(日本橋から38km)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その7~2日目は秋芳洞から

その6の続きです。

さて、2日目。
あいにくの雨模様の中、朝8時前に萩市内の旅館を出発し、秋芳洞へ。

入り口近くの駐車場に車を停め、洞窟まで傘をさして歩くのが大変だった記憶があります。
何せ娘3歳、息子1歳でしたから・・・
Photo_11
ただ、鍾乳洞に入ってしまえば、後は晴れの日の観光と何ら変わることなし。
上の娘がはしゃいで走るので、転んで頭でも打ちゃぁしないかとハラハラしました。

美祢ICから高速に乗り、ついに九州へ。
本日の昼食をとる「現場」に向かいます。

その8に続く。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビール東海道中膝栗毛その4 生麦〜横浜

その3の続き。

 

17:30 生麦

070606011730

弥次「さ、ここからリスタート」

喜多「頑張って行こか」

弥「何や左手に見えるのは・・・」

喜「キリンの工場やね」

弥「いきなりくじけそうな雰囲気・・・」

070606091755

喜「くじけたねぇ」

弥「見事にくじけた」

喜「でもここでくじけん奴とは、友達ちゃうな」

弥「ホンマホンマ、くじけて正解」

※くじけた詳細はコチラ

 

18:20 再出発

弥「工場の外に出ても、結構麦汁の臭いするな」

喜「ずっと住んでると慣れるんやろうけど、外から来た人は気になるかもしれんね」

 

弥「ちょっとトイレに行きたいんやけど・・・」

喜「レストラン出る時にトイレ行ってなかったっけ?」

弥「行ったけど、またしたなってん」

喜「さすが、ビールの利尿作用はすごいな」

弥「そうそう!そう言えばスコットランド行ったときも利尿作用のおかげでエライ目おうたわ」

喜「人通りもあんまりないし、そのへんの暗がりでチョチョッとしてきたらどないや」

弥「さすがにこの年になって、そうもいかんやろ。もうちょっと頑張るわ」

 

神奈川新町駅

喜「あっ、ドトール発見!」

弥「もうドトールがトイレにしか見えへん」

 

19:45 神奈川駅

070606111945

弥「あれランドマークタワーちゃう?」

喜「ついに横浜まで来たな」

弥「ここから進路を西にとるわけや」

喜「関内とかに行くわけやないんや」

弥「クラフトビアバーさんの方じゃなく、チアーズさんの方に向かうわけやな」

喜「神奈川のビール好きしかわからん言い方すなっ!」

 

19:59 鶴屋町三丁目交差点北側

070606131959

弥「あれがよく通る鶴屋町三丁目の交差点やな」

喜「ここまで来たら、もうゴールはすぐそこ」

弥「ああ、早く飲みたい・・・」

 

20:04 横濱Cheers

07060614cheers2004

弥「やったー」

喜「飲めるぞー」

 

070606152008

弥「角屋やー」

喜「柚子の香エールやー」

弥「柚子のほろ苦さと、ホップの苦さがエエ感じでマッチしてるぞー」

喜「甘さもそんなに感じへんぞー」

 

070606172045

弥「写真ではよーわからんけど、いわて蔵のサマーブロンドやぞー」

喜「グレープの香りがするぞー」

弥「苦味がズンとくるぞー」

喜「今日はこれで終わりじゃー」

弥「いつもより距離いってへんぞー」

喜「トイレ休憩なんかしてるからじゃー」

弥「すまーん」

 

その5は横浜から。

 

終了時刻は20:04。

所要時間2時間強(トイレ休憩含む)、走破距離5.7km(日本橋から31km)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(ビアポート)」その2

その1の続き。

 

1杯目は、スプリングバレーでは飲めない一番搾り。
淡麗、ラガーと並んで、この横浜工場の生産品だそうです。
070606071745_1
美味い!・・・けど、ちょっとガスが強い感じがします。
かなりスッキリサッパリ系です。
★7

 

そして2杯目は、先日スプリングバレーで飲んで、すっかり恐れ入ったラガー。
070606091755_1
苦味がいいですねぇ。
やっぱり美味いです。
★9
ジョッキ希望です。

 

これから数キロ歩くわけですから、この辺でやめようとも思ったんですが、ついもう一杯。
070606101803
スプリングバレーです。
一番搾りよりは好みですが、バランスでラガーに劣る感じ。
★8

 

つまみはソーセージ一品だけ。
070606081749
これから数キロ歩かなあきませんから。

 

しつこいですが。

 

また行ってみたい度は★4。
スプリングバレーの方が好みです。

 

ビアポート
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013
070606041742

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(ビアポート)」その1

ビール東海道中膝栗毛で立ち寄りました。

 

生麦にあるキリンの「現場」、ビアビレッジには3つのレストランがあります。
樽生の種類が一番豊富な「スプリングバレー」。
港に停まる船をイメージした「ビアポート」。
夏季限定の「バーベキューガーデン」。
先日スプリングバレーには行ったので、今回はビアポートに行くことにしました。
歩く前なので、そんなに飲めませんし・・・

 

まずは店内。
070606031742_1
向こうに見える窓の外が、バーベキューガーデンになってます。

 

ビールのメニュー。
070606021742
スプリングバレーより、少々樽生の種類は少なめですが、向こうでは飲めない一番搾りがこちらでは飲めます。

 

フードのメニュー。
070606061744

 

と、ここでその2へ。

 

ビアポート
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その3 蒲田〜生麦

その2の続き。

 

19:11 京急蒲田駅前

070605021911

弥次「はい、京急蒲田駅前」

喜多「JR蒲田駅から歩いてくると、ちょっとした達成感あるな」

弥「こんなところで、達成感感じてどないすんねん」

 

19:39 六郷橋

070605041939

弥「おおっー、この橋渡れば神奈川県やな」

喜「ついに来たねぇ」

070605051946070605061949

左の写真が六郷橋からみたJR川崎駅周辺。

弥「ようけビル建ってるなぁ」

喜「ホンマやなぁ」

弥「そうこうしてるうちに、神奈川県やで」

喜「東京ともこれでおさらばか」

 

20:21 八丁畷

070605072021

喜「何写真とってんねん・・・麦の別れ?」

弥「いや、ここまでビールネタ何にもなかったやろ・・・だから」

喜「ビールネタに困って『麦の別れ』・・・無理あるなぁ」

 

20:54 京急鶴見駅近く

07060509ggc2054

喜「またGGCや!」

弥「鶴見店かぁ、蒲田よりこじんまりしてるし、ちょっとお客も少ないんちゃうか」

喜「ビール・・・飲む?」

弥「さすがにもうちょっと我慢やろ」

 

21:16 生麦事件発生「現場」

070605102116

弥「ここで起きたんか、生麦事件」

喜「何の変哲も無い、住宅地やけどな・・・」

弥「尊皇攘夷か・・・」

喜「出たな、四文字熟語」

 

21:24 「キング・ペリカン」前

070605112124

弥「何や知らんうちに吸い寄せられとったな、ココに」

喜「もう足、限界やし」

弥「出来れば神奈川宿まで行きたかったとこやけど・・・」

喜「しゃあないんちゃうか、次頑張ろ」

弥「すいません、一番搾りの生」

喜「俺も」

 

その4は生麦から。

 

終了時刻は21:24。

所要時間2時間強、走破距離9.5km(日本橋から25km)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その6~ビールの現場から「チョンマゲビール」萩

その5の続きです。

「萩ビール村塾」を一人で飲んだ後、宿に戻ってしばし休憩した後、家族4人で夕食へ。
場所は萩にあるもう一つの現場、チョンマゲビールのブルワリーレストラン「タルタル21」です。
萩港のマリーナ内にあるんですが、萩市の中心部から少々離れています。
ヨットなんかも見えたりして、リゾート感ありです。

店内の写真です。
Photo_8
う~ん、全然わからん(笑)

周辺環境にあわせて、造りこんでいて、なかなか好印象です。

で、ビール。
飲めるのはウィート、ペールエール、アルトの3種類。
当時もそうでしたし、今でも変わってないようです
Pa
当時のメモによると、それぞれ13点、13点、13点(20点満点)。
ペールエールが苦めだったようです。

また行ってみたい度は★3(5段階)。

これで1日目、終了です。
さすがに3ヶ所「現場」を巡ると、疲れます(笑)

その7に続きます。

タルタル21
住所:萩市後小畑(マリーナ萩)
電話:0838-24-3500
   
九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jever樽生@GGC(グレート・ジャーマン・クック)蒲田店

ビール東海道中膝栗毛で立ち寄りました。

 

午後9時過ぎに入店したんですが、店内は結構満員。
奥のテーブル席に座り、まずメニューを一瞥。
070604122119
樽生はかなり豊富です。
ヴァイエン、エルディンガー、ドイツ黒生・・・ん、ヴァイエン?
どうもヴァイエンシュテファンをこの店では「ヴァイエン」と呼ぶらしいです。
確かに言いにくいですもんね。
他にビットブルガー、イエバー、バスなどが樽生で飲めます。

 

私が頼んだのはイエバー。
07060413jever2119
ジャーマンポテトと一緒にいただきました。
歩いた後だったので、メチャうまでした。

 

料理のメニューもかなり豊富ですが、ドイツ料理というよりは洋風居酒屋といった趣。
隣のサラリーマングループもメチャ盛り上がってました。

 

GGC(グレート・ジャーマン・クック)」蒲田店
住所:大田区蒲田4-15-7
電話:03-3732-2704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その2 品川〜蒲田

その1の続き。

 

19:15 品川駅

 

JR品川駅をスタート。

第一京浜海側を南へ。

 

弥次「さ、今日も張り切って行こか」

喜多「今日は頑張って行くぞ!青物横丁」

弥「近すぎるっちゅうねん!今日の目標は川崎」

喜「遠すぎるっちゅうねん」

070604011916

道路の反対側に、ハンバーグの名店「つばめグリル」発見。

喜「ハンブルグステーキ、食べたいなぁ・・・」

弥「いくらなんでも早すぎんか」

喜「さすがの俺もそう思うわ」

 

070604021918

京急の高架下に、ラーメン屋7軒、丼屋5軒が並んだ「品達」。

喜「何やラーメン屋と丼屋がいっぱい並んでるで」

弥「テレビで見たことあるある」

喜「お手軽なラー博、ってとこかな?」

 

19:26 八つ山橋を越えて北品川あたり

070604031926

弥「雰囲気出てきたで」

喜「いかにも『旧街道』って感じやな」

弥「日本橋~品川間とは風情が違うね」

喜「エエ感じの飲み屋も多いし・・・盛り上がって参りました!」

 

19:29 とある酒屋に魅力的な幟が・・・

070604041929

弥「これは・・・素通りでけへんやろ」

喜「とりあえず買おう」

 

店「いらっしゃぁい」

弥「すいません、このビールください」

店「有難うございます」

070613010043

弥「あの・・・ここで栓抜いてもらえますか」

店「はっ?」

弥「すぐ飲みたいんで・・・すいません」

070613020043

弥「田沢湖ビールさんが造ってるんや」

喜「日本最古の酵母か・・・なるほど」

弥「ホップはあんまり感じへんね」

喜「モルトの味わいの方が強いな」

弥「しかし、歩きながら飲むのはものすごく行儀が悪いね」

喜「このブログを読んでる子供達は真似しないように」

弥「そもそも飲んだらアカンけどな、子供は」

 

19:33 品川宿付近

070604051933

 

20:04 立会川

喜「青物横丁過ぎたら、だいぶ寂しくなるな」

弥「でも、ぽつぽつとエエ感じのお店もあるんよ、例えばココとか」

070604062004

喜「蕎麦屋さん?」

弥「吉田家さんやて。メモメモ」

 

20:18 鈴ヶ森刑場跡

ここで第一京浜と合流。

弥「・・・」

喜「・・・」

 

21:08 京急蒲田駅

京急蒲田駅到着。

070604092108

喜「京急蒲田や」

弥「京急蒲田やね」

喜「今日の目標は、川崎やったっけ」

弥「そう」

喜「すぐ近くにGGC(グレート・ジャーマン・クック)あるけど、それでも川崎?」

弥「ドイツビール!と聞いたら飲まんわけにはイカンでしょ」

 

21:14 GGC(グレートジャーマン・クック)蒲田店

07060410ggc2114

弥「美味いねぇ」

喜「ホンマやなぁ」

弥「川崎は今度にしよっか」

喜「そうしよう、そうしよう」

詳しくはコチラ参照。

 

というわけで、その3は蒲田から。

 

終了時刻は21:08。

所要時間2時間弱、走破距離8.3km(日本橋から16km)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県小田原市「箱根ビール」その2

その1の続きです。

 

飲めるビールは3種類。
070602031422
箱根ピルス、小田原エール、そして季節限定の春めきペールエール。

 

ちなみに6月4日からはペールエールに替わってヴァイツェンが登場するそうです。
070602021421

 

で、1杯目はピルス・・・なんですが、珍しく撮り忘れ。
美味しかったんですけど。
キリッと苦くて、素敵でした。
★8

 

そして2杯目。
07060210pa1434
春めきペールエール。
これがなかなかいい感じ。
苦味が強すぎず弱すぎず。
ボディもしっかり。
★8

 

最後は小田原エール。
070602131444
ちょっとスッキリしすぎかなぁ・・・
★7

 

また行ってみたい度は★4(5段階)。

 

6月15日に、これまで仮設だった「鈴なり市場」が新しくなります。
かまぼこ好き、練り物好きの方は急げ!

 

箱根ビール蔵
住所:神奈川県小田原市風祭245
電話:0465-23-7373

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの現場から~神奈川県小田原市「箱根ビール」その1

御殿場プレミアムアウトレットに行った帰り、箱根を越えて「箱根ビール蔵」で少々遅めの昼食をいただきました。

 

いつ来ても混んでいるのですが、午後2時過ぎということもありこの日はスンナリ。

 

食事のメニューは相変わらず練り物のオンパレード。
070602041423
板わさ、プリップリでした。

 

070602051426
季節のすり身揚げ。

 

070602091428
食感が面白かった、蓮根のフリッター。
サクサクの蓮根をふわっふわのすり身が包んでいます。

 

070602111434
手巻きちくわ。
もう練りまくり(笑)。

 

ビールはその2で。

 

箱根ビール蔵
住所:神奈川県小田原市風祭245
電話:0465-23-7373

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南ビター@「横濱Cheers」横浜

雨の日。

横濱Cheers」へ。

 

ゲスト樽生のメニューがいたるところに貼ってあって、何にしようか本気で悩みます。
あまり飲んだことがないピルスナー系が飲みたかったのですが、それは無く・・・

 

1杯目、湘南ビター。
070531012022
スターターとして、完璧な仕事ぶり。
こういうのが飲みたいんです、私の場合。

 

2杯目、いわて蔵のIPAをハンドポンプで。
07053102ipa2037
ものすごい生ホップ。
昔はこういうの好きだったんですが、今は少々厳しくなってます。
後味も甘めです。

 

3杯目、ヴァイエンシュテファンのデュンケルヴァイス。
07053103weihenstephandunkelweiss2055
先日飲んだ富士桜のデュンケルヴァイツェンと比較しようと思って飲んだんですが、記憶の中のそれと結構違っていてビックリ。
私の軍配は富士桜。
もちろん日本で飲む場合ですが。

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »