« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

ピルスナー祭り@神田「THE Jha BAR(ジャハ・バー)」

8月30日木曜日。
お気に入りの神田「THE Jha BAR」で、地ビールの「ピルスナー」ばかりを集めた「ピルスナー祭り」が行われました。
4つあるタップがそれぞれ、霧島高原、ベアレン、清里、土佐黒潮のピルスナー。
すごくありません!?

 

店に入ると、いつもと違う雰囲気。
カウンターが一人のお客さん中心に埋まっています。
告知が上手くいった成果でしょうか、だいぶ「その筋」の方がいらっしゃっているようです。

 

全部ピルスナーですから、大事なのは順番。
熟考した結果、清里→ベアレン→土佐黒潮→霧島高原と飲むことにし、1杯目清里。
順番の意図は、まずドイツ系で2杯、チェコ系で2杯。
交互に飲むよりは、まとめて飲もうと何故か思ったのでこうなりました。
(今回写真はありません)
ちょい苦で美しくバランスしているピルスナー。
個人的には「清里ラガー」が飲みたかったところですが、今回は「ピルスナー」縛りということで・・・

 

そして2杯目ベアレンのピルス。
ガスが弱い分、清里より丸く感じます。
じーんと苦味がしみます。
「キレ」の清里、「丸み」のベアレンという感じです、あくまで比べるとですが。
個人的には「クラシック」が飲みたかったところですが、今回は「ピルスナー」縛り。
店長、次回よろしく。

 

そしてチェコ派に移って、3杯目土佐黒潮。
7年前くらいに「現場」で飲んだことはあるんですが、あまり印象に残ってません。
飲むと確かにチェコっぽい雰囲気。
もう少しモルト感があると、もっと好きかもしれません。

 

4杯目、(個人的には)横綱の霧島高原。
このまろやかさは独特ですね。
ただ今回は以前「現場」で飲んだときのインパクトはありません。
なんでかなぁ・・・
また「現場」に行かねばなりません。

 

いやぁ、このイベント、満足満足。
沢山お客さんも入ってましたし。

 

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

 

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ピルスナー・ウルケル樽生(空輸)@本郷「Tail's Ale House(テイルズ・エール・ハウス)」

水曜日。
新しく出来たビア友2人と、水道橋「テイルズ・エール・ハウス」で待ち合わせ。
お目当てはウルケル樽生。
070829012023
ピルスナービールの永遠のベンチマークが、日本で樽生で飲めるなんて、いい時代です。
しかも値段が1杯1,200円!
結局3杯いただきました。

 

最後に珍しくOrvalをボトルでいただいて締め。

 

なかなか楽しい夜でした。

 

「Tail's Ale House(テイルズ・エール・ハウス)」
住所:文京区本郷1-33-9
電話:03-5684-8008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋「昇家」

名古屋出張の時に、連れて行ってもらったお店。
名古屋「昇家」_c0060651_1231319.jpg
昇家」三蔵店です。
入口の雰囲気も店内もいわゆる「おしゃれ焼肉」。
最初は「?」と思っていたんですが、食べると美味いんです。
特に気に入ったのが塩ホルモン。
なかなかの美味です。
結構飲んで食べて「やっちゃったかな?」思いましたが、さにあらず。
一人あたり6,000円強やったかな。

「なぜ名古屋で焼肉?」という根源的な問題を棚上げにすれば、いい「飲み」でした。

昇家」三蔵店
住所:名古屋市中区栄二丁目7-18
電話:052-231-0034

| | コメント (0)

ヴィルゴビールホワイト@東京駅「barBAR東京」

名古屋行きの新幹線に乗る前に、少し時間があったので、久しぶりに「barBAR東京」に寄りました。

 

樽生のメニュー。
070828011701
アウグス、ヴィルゴ、よなよな、東京ブラック、ギネス、サッポロと全部で6種類。

 

アウグス、ヴィルゴ、どちらにしようか悩みましたが、私の選択はヴィルゴ(350ml)、600円。
070828021703
大ジョッキの上部をスパン!と切ったような形のグラスで、容量がものすごくわかりづらいです(笑)
メニューに「冷」と書いてあるだけあって、良く冷えてます。
場所柄、時節柄、ありがたいです。

 

ものすごく「香る」というわけではありませんが、とても美味。
新幹線で、良く寝られそうです。

 

マイブームの「量」については、パイントも含めてしっかり容積表示していることに加え、すりきり330mlのアウグスビールを300mlと表示してらっしゃるくらいですから、「器の大きなお店」に限りなく近いと推測されます。
十分検証できていませんが。

 

「bar BAR Tokyo(バーバー東京)」
住所:千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1
電話:03-3216-0581

 

前回の訪問 前々回の訪問

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私的ビール「量」基準

とある出来事」以降、ビールの量表示が気になっています。

 

「量」の表示についての私的基準(スタンダード)は、次のようなもの。

 

1.瓶や缶のビールは、それぞれの容量表示どおり
2.樽生ビールは、泡を除いた量で表示
3.パイント(UKおよびUS)は、すり切り表示もOK
4.容量を明確にしない「グラス」「ジョッキ」などの表示は、各々300ml前後、500ml前後をあらわす
5.「オリジナルグラス」の場合は、できるだけ容量を表示

 

これらに全てに合致してれば、損した気分になることなくビールを楽しめます。
今後「現場」や「ビールなお店」に行った時は、上記私的基準に則してレポートしたいと思います。

 

・上記1~5の「私的基準」に全て合致した「現場」「お店」・・・「器(うつわ)が大きなお店」
・上記1~3までは合致している「現場」「お店」・・・「ふつうの器(うつわ)のお店」
・上記1~3に抵触している「現場」「お店」・・・「器(うつわ)が小さなお店」
といった感じで。

 

といっても、量を量るためにビールを飲みに行っているわけではないので、飽きたら止めてしまうかも知れませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とあるビアバーでの出来事

少し前、東京都内のとあるビアバーに初めて行ったときのこと。
タップが何本もある、気合に入った店だったので、わりと楽しみにしてました。

1杯目として、日本のクラフトビールのヴァイツェンをオーダー。
オリジナルグラスが無かったのか、フランツィスカーナーのヴァイツェングラス(300ml)で出てきました。
「香りが良くて美味しいなぁ」と思ったところであることに気づきました。

このヴァイツェン、店内表示では「420ml、880円」って書いてあったんです。
で、出てきたグラスは300ml用、泡のところに「0.3ℓ」とラインが入ってるグラスです。
「グラス間違えたのかな?」と思ったので、店員さんに伝えることにしました。

私「このグラス、間違ってませんか?」
店「いえ、これで合ってます」
私「でも、このグラスって300ml用ですよね?」
店「グラスいっぱいに入れると、420mlなんです」

いやぁ、正直驚きました。
結構色んな店で、色んなグラスでビール飲んできましたが、ちょっと感じたことがない違和感でした。
お店の人によると、パイントグラスに考え方を合わせているとのこと。
確かにUKパイントなら568ml、USパイントなら473mlと表示することがあり、それはすり切り、いっぱいいっぱいの量なので、「(泡は無視して)すり切りで表示」と言うのも、理屈は通ってます。

でもなぁ・・・
何だかなぁ・・・

と言うわけで、当分の間樽生の「量」にこだわっていきたいと思います。
どう「こだわる」かは、コチラをご覧ください。

セコくてスマン・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その16~5日目

その15の続き。

5日目は熊本城からスタート。
かっこいいですねぇ、熊本城。
写真はありませんが。

そして、お昼を食べにサントリービール公園へ。
「現場」があって、「公園」がある。
お父さんも喜び、子供達も喜ぶ。
いいじゃないですか!

その17に続きます。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jever樽生など@横浜Cheers

横浜の鶴屋町に行ってきました。

 

1杯目はJeverの樽生。
500mlの縦長ジョッキ、1,000円です。
いいね、デカくて。
大きいことは、いいことです。
つまみは「グリルドドイツソーセージ」。
合わない訳がありません。

 

そして2杯目はアウグス。
専用グラスは330mlあるそうなのですが、泡も込みで330mlなのでとっても小さく(少なく)見えます。
800円。
引き続きソーセージを食べながら飲みましたが、マッチングはJeverの方が上でした。
当たり前か(笑)

 

3杯目オラホのアンバーエール。
最近カスケードは穏やかなのが好きなので、これは○でした。

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベアード「アジアンビューティびわエール」@鷺沼「Bourbon Bar Sal's(バーボン・バー・サルズ)」

最近よく行く鷺沼です。

 

この日の樽生3種
富士桜ヴァイツェン
ベアードアジアンビューティびわエール
志賀高原美山ブロンド

 

1杯目に!と思って頼んだ富士桜が、サーバの調子が悪く飲めず・・・
少々残念ですが、こればっかりは仕方ありません。

 

美山ブロンドは以前コチラで飲んで、あまり気分ではなかったのでパスし、アジアンビューティをチョイス。
一般的なフルーツ系と比べると、甘味や酸味抑え目。
ただし、ベアードさんの大きな特徴である(と私が勝手に思っている)苦味も抑え目です。
色々飲む中での一杯としては、とても美味しいのではないでしょうか。

 

2杯目はビールでなく、バーボン。
メニューに載っている色んな醸造所の「ストーリー」を読むと、どうしても飲んでみたくなります。

 

そういや、生まれて初めて本格的に酒を飲んだときのお酒がバーボンでした。
大学2回生、場所は今や存亡の危機にある大阪「バナナホール」。
「かねてつおかげ様ブラザース」のライブでした・・・ああ、懐かしい。

 

Bourbon Bar Sal's(バーボン・バー・サルズ)」
住所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-3-12
電話:044-870-5454

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Saint Martin(サンマルタン)@神田「THE Jha BAR」

久しぶりの「THE Jha BAR」。

 

一杯目はSaint Martin(サンマルタン)、樽生。
070821012000
7.0%、1,000円です。
色はゴールデン。
ホップは見ためから想像するより穏やか。
甘みのさほど強くなく、実にバランスの取れたビールです。
オリジナルグラスのデザインもシンプルというか、素っ気無いというか・・・
わりと好きです。

 

二杯目も同じサンマルタンをいただいたあと、三杯目。
070821022050
Saison Voisin。
5.0%、1,150円。
色はブラウン。
これが一杯目でもOKなくらい。
パッとくる苦味ではなく、じわじわくる苦味。
そして香ばしい。
ベルジャンでもドラフトがいいねぇ、私としては。
邪道かもしれませんが・・・

 

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

 

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その15~ビールの現場から「熊本クラフトビール」熊本

その14の続き。

荒尾の「ウルトラマンランド」を出て、熊本市へ。
これが結構遠くて、着いたのは夜になってから。
小さい子連れは、もう少し早く宿に着かんとイカンのですけど・・・

熊本駅近くのホテルにチェックインし、この日の目的地である「熊本クラフトビール」の現場へ。
Photo
JR熊本駅の本当に駅前。
熊本市の繁華街はJR駅から少し離れているとは言え、実に便利であることには変わりありません。

店内の様子。
Photo

ヴァイツェン(左)、ピルスナー(右)。
Photo_2
香りが良いヴァイツェンとやや苦めのピルスナー。
当時のメモには、各々18点、17点(20点満点)。
かなりの高評価です。

そしてペールエール(左)、ダークラガー(右)。
Padl
ホップが香るペールエールと、香ばしさが印象的なダークラガー。
この2つは、当時のメモで19点、18点(20点満点)。
これはもう「お気に入り」のレベルですね。

「また行ってみたい度」は★4(5段階)。

今回の記事を書くにあたって、HPを探したのですが、どうも工事中。
アスキー社刊「ニッポンの地ビール」をみても、「レストラン無し」とのこと。
昨年秋には確かにあったのですが、無くなってしまったんでしょうか、「現場」?
だとしたら残念です。

その16に続く。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ナイトズーラシア

8月限定イベント「ナイトズーラシア」に行ってきました。
通常4時半までの営業時間を、8月の土日限定で20時半まで延長するイベント。
普段見られない、夜の生態が見られるというのがウリです。

早めに夕食をとり、家を6時前に車で出たんですが、これが甘かった。
普通に行くと30分弱で着くはずの道が、大渋滞。
6時半に着くつもりが、入場できたのは19時20分くらい。
20時半閉園ですから、何ともせわしない見学になってしまいました。
これから行かれる方は、もう少し早めに行かれることをオススメします。

とは言え、夜の遊園地はライトアップされて雰囲気よし。
ナイトズーラシア_c0060651_923445.jpg
写真はマレーバクですが、象は吠えるは、ライオンは走るは、確かに昼ではなかなか見られないものを見ました。

そして個人的に良かったのが、途中で生ビールが飲めたこと。
ナイトズーラシア_c0060651_95841.jpg
よく冷えてて美味しかったぁ。

| | コメント (0)

「アクセス解析」を見て思うこと その2

その1の<検索ワード 地名別ベスト10>に続く「アクセス解析シリーズ」。
今回のテーマは<お詫び>です。

 

「アクセス解析」の中の「検索ワード/フレーズ」を見てると、「何でこのフレーズで俺のブログに来てしまったんだ?」と言うのが結構あるんです。

 

例えば「北海道 陸路」。
これが1件や2件じゃないんです。
確かにこのフレーズでググると、2番目に出てくるので納得は納得なんですが・・・
辿り着いた方のニーズには絶対応えられていない自信があります。
「北海道 陸路」で来られた方、申し訳ありません!

 

そして「茨城で一番大きなシネコン」。
「いやぁ長いフレーズで検索する人がいるんですね」などと驚いている場合ではありません。
全く書いた覚えがないフレーズ。
とはいえ、「茨城で一番大きなシネコン」で来られた方、申し訳ありません!

 

続いては「ビアがデーン 信濃町」。
ビアテラス鶺鴒のことじゃないかとは思いますが、「ビアがデーン」って(笑)
笑ってスイマセン!

 

で「パリでのビールの普及」。
こんな大所高所からのエントリは一切ありません。
パリのビール事情を求めて来られた方、スイマセン!

 

そして「IBU ビール シーズナル」。
IBUに言及するようなちゃんとしたビールブログじゃありません。
スイマセン!

 

「鷺沼から浜松」
何かわからんけど、スイマセン!

 

「グラタン有名店 足立区」
知ら~ん!
スイマセン!

 

「神奈川区 がっつり」
何が調べたかったんでしょうか?
でもスイマセン!

 

「ゲイに人気のビール ハイネケン」
そうなんですか?
情報有難うございます。

 

キリがないので、この辺でやめときます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「アクセス解析」を見て思うこと その1

暇だったので、当ブログ「ビール現場主義」の「アクセス解析」を眺めていたところ、意外と面白かったのでメモ。
眺めていたアクセスは7/16~8/14の1ヶ月分です。

 

<検索ワード 地名別ベスト10>
検索ワードに地名を入れて、当ブログを訪れた方がいらっしゃるわけです。

 

10位:新橋 Photo_2
おそらくビール注ぎ名人の店「ビアライゼ’98」さんがらみのエントリに、ヒットされてるんではないでしょうか。

 

9位:銀座 Photo_3
おおっ、銀座!
「銀座 ビール」でググると2ページ目くらいに出てくるようなので、その辺が影響してるのかもしれません。

 

8位:恵比寿 Inishmore_2
都内ビールの聖地恵比寿(ホンマか?)、堂々の8位ランクインです。
これも「恵比寿 ビール」あたりの検索結果から来られているようです。

 

7位:横浜 Cheers
地元横浜、驚きの7位。
正直1位でもおかしくないと思ってましたが・・・
横浜に関するエントリも結構あるんですが・・・何だかガックリです。

 

6位:代々木 Photo_4
タンネ」さんがらみの記事がヒットしているようです。
しかし、代々木が横浜より上とは・・・わからんもんです。

 

5位:神田 Jha
「神田 ビール」でググると、なんと第1位!
ここから来られた方には、「THE Jha BAR」さん関連のエントリをご覧いただいております。
登場頻度も多いので、わりと納得です。

 

4位:池袋 Vivo
「池袋 ビール」の検索結果は、「vivo!」さんを差し置いて何と上から4番目!
店長、すいません。

 

3位:両国 Photo_5
都内ビールの聖地両国(多いな)が3位にランクインです。
あまりエントリがないのに、この順位と言うことは検索する方の絶対数が多いんでしょうか・・・

 

2位:新宿 Keitel1942
確かに最近何軒か行ってますが、縄張り(!?)外なので、絶対的なエントリ数は少ないはず。
何ででしょう???

 

1位:名古屋 ・・・

 

何で?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志賀高原ビール「ウィートエール」@鷺沼「Bourbon Bar Sal's(バーボン・バー・サルズ)」

我が家から一番近いビールなお店「Bourbon Bar Sal's」さんに、先週行ってきました。

 

1杯目は常陸野ネストのホワイトエール。
黄色いビールです。
この日はメチャクチャ暑かったんですが、そんな時の1杯目として非常にフィットします。
単刀直入に言うと、美味い!ということです(笑)

 

そして2杯目は志賀高原のウィートエール。
ウィートと言うわりには、にごりがあまりないように見えました。
あくまで暗い店内で見た感じですが。
シトラス系の香りが強いんですが、飲むと苦くない。
「へぇぇ」という感じのビールでした。

 

上の2杯は全て樽生。
もう1種の樽生は富士桜のラオホですが、飲んでません。

 

この後、2杯ほどバーボンをいただき、帰宅しました。
タクシーで千円ちょっと。
近いねぇ。

 

Bourbon Bar Sal's(バーボン・バー・サルズ)」
住所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-3-12
電話:044-870-5454

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その14~熊本「ウルトラマンランド」

その13の続き。

柳川で川下りをした後、南下し熊本県荒尾市にある「三井グリーンランド」横にある「ウルトラマンランド」へ向かいます。

当時息子は1歳、まだウルトラマンに関心はありません。
今からは想像もつきませんが、当時3歳の娘が何故かウルトラマン(コスモス)を観てまして・・・
Photo
娘の方が、はしゃいでました。

平日だったので、ショーとかも全然観客がおらず・・・
所在なさげなウルトラマンが何とも切なかったです。

空いてりゃいいってもんじゃないですね。

その15に続く。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHUTTERS 港北ニュータウン

子供たちが妻の実家に滞在している間、妻と二人で普段行けない店に行ってきました。
センター北「SHUTTERS 港北ニュータウン」_c0060651_232811.jpg
SHUTTERS 港北ニュータウン」(ぐるなび)。
自由が丘、代官山、吉祥寺にお店がある、スペアリブが自慢のイタリアンダイニングの店らしいです。
「スペアリブが自慢」の「イタリアンダイニング」・・・なかなかイメージがわきませんが、店内は内装も照明も明るく、モダンな印象。
子連れ客はさすがに少なく、1組。
あと数組は30代前後の夫婦が中心でしょうか。

アラカルトでいちいち注文するのも面倒くさいので、税込3,095円のコースをオーダー。

一品目、本日のサラダ。
センター北「SHUTTERS 港北ニュータウン」_c0060651_23312747.jpg
まぐろと蛸のサラダです。
結構ボリュームあります。

二品目、スペアリブ。
センター北「SHUTTERS 港北ニュータウン」_c0060651_2332437.jpg
単品で頼むと味がチョイスできるらしいのですが、コースの場合は醤油味のみ。
メチャクチャ柔らかくて、確かに美味しいです。
・・・でも我々夫婦にはちょっとこってり・・・

三品目、カニ味噌のグラタンとガーリックトースト。
センター北「SHUTTERS 港北ニュータウン」_c0060651_23344563.jpg
これもかなりこってり。

四品目、パスタ。
センター北「SHUTTERS 港北ニュータウン」_c0060651_23361085.jpg
いや、もう、お腹いっぱい。

そして、名物アップルパイアラモード。
センター北「SHUTTERS 港北ニュータウン」_c0060651_2337619.jpg
ぐるなびクーポンでゲットしました。
味のチョイスは「シナモン」。
見てのとおり、デザートも「しっかり」。

とにかく「しっかり」「こってり」。
健康な若い夫婦にオススメです。

SHUTTERS 港北ニュータウン」(ぐるなび)
住所:横浜市都筑区中川中央1-34-13
電話:045-914-6690

| | コメント (0)

九州14泊15日ビール旅行記2001・その13~柳川で川下り

その12の続き。

昼食に「矢部川ジ・ビール」の現場に行ったあと、西北西に移動し柳川へ。

そう!あの有名な川下りです。
大人一人1,500円、子供は800円。
平日という事もあり、船は我が家の4人で貸切!
天気も気候もいい日に、船一人占めとはツイテるなぁ。
Photo
船には毛氈が床にひいてあるので、小さな子連れでも安心。
目の前を流れる水面と、その水面に移る景色が美しいです。

約1時間の船旅の後、柳川藩主立花家の別邸であった御花(おはな)到着。
ここからタクシーで出発点に戻り、川下り終了。

なかなかいいです。

その14に続く。

九州14泊15日ビール旅行記2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛その10 大磯〜国府津

その9の続き。

 

17:55 大磯駅入口

070811011755

弥次「今日は早いで、スタート」

喜多「会社帰りちゃうからな」

弥「歩くためだけに大磯まで・・・アホちゃうか、俺ら」

喜「もう十分アホやし」

弥「それもそや」

 

18:03

070811021803

喜「何かエエ感じの店やね」

弥「『はやし亭』っていうトンカツの店らしいわ」

 

18:08

070811041809

喜「松並木や」

弥「東海道らしくて、エエな」

喜「ものすごい覚悟してたけど、さすがにこの時間になるとさほどでもないな」

弥「Tシャツ短パンやし、楽なもんや」

 

18:14

070811051813070811061814

喜「これ『滄浪閣』やけど・・・閉まってるな」

弥「今年3月で閉鎖らしいわ」

喜「何や寂しいな」

弥「そやな・・・」

 

18:55

070811071855

弥「はい、二宮町」

喜「まさかこんなとこまで歩いてくるとは・・・」

 

19:34

070811081934

弥「そして小田原」

喜「来たねぇ」

 

19:36

070811091936

弥「はい、二宮」

喜「やったぁ!ってまた二宮?」

弥「小田原2分だけやったな」

 

19:38

070811101938

弥「小田原やて」

喜「また2分や」

弥「目まぐるしすぎ」

 

20:00

喜「そろそろ国府津ちゃうか」

弥「もう2時間になるもんな」

喜「メシ、どうする?」

弥「茅ヶ崎や横浜に戻って食うのもなぁ・・・」

喜「あっ、あそこどやろか?」

070811142033

弥「のんき亭か・・・エエんちゃうか」

 

070811122005

喜「どれにする?」

弥「鯵のたたき定食!」

 

070811132012

弥「いただきます」

喜「いただきます」

 

ビールももちろん飲みました。

070811112005

 

国府津駅前に着いたのは、20:37。

070811152037

所要時間は3時間弱(ビール込)、走破距離10.4km(日本橋から78km)。

 

その11は国府津から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール東海道中膝栗毛 夏休み

弥次「ご無沙汰」

喜多「久しぶりやなぁ、元気?」

弥「元気は元気やけど、歩いてないなぁ、最近」

喜「暑いからしゃあないやろ。今歩いたら死ぬぞ、マジで」

弥「小田原の国道で、行き倒れの変死体発見!とか新聞に載ったりして」

喜「カッコ悪いなぁ」

弥「子供もいじめられるで」

喜「保険とかおりるんやろか」

弥「どやろ・・・って想像しすぎやろ、どう考えても」

喜「こら失敬。で、どこまで歩いたんやったっけ?」

弥「大磯までや

喜「こっからがツライなぁ・・・二宮、国府津やろ。何も無さそうやし」

弥「大磯から国府津まで一気に行ったら、どれくらいある?」

喜「二宮まで5.8kmで、国府津まで4.4kmやから合計10.2km」

弥「10.2kmか・・・この暑さで、しかも会社帰りにはキツイなぁ・・・」

喜「大磯~二宮、二宮~国府津と2回に分けるのも冴えへんしなぁ・・・」

弥「ウン、冴えへん」

喜「どないしょう?・・・」

弥「どないしょうか?・・・」

 

続きます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吉祥寺「HOLIC」

あんまり行かないんです、吉祥寺。
そらそうですよね、横浜市民ですから。
でも、行きました。
久しぶりです。

 

1次会の後、Beer Pub「HOLIC」へ。
地下のわりには、高い天井。
きれいで、明るめの店内です。
樽生は常陸野ネストのホワイトエール、よなよなエール、ギネスの3種。
070809072427
どれも何となく気分じゃなかったので、ボトルを飲むことにしました。

 

私が博石館の自然麦酒で、ビア友KがSARANACのペールエール。
07080904240507080905pa2405
自然麦酒は天然の酵母菌で造ったヴァイスビールのようです。
言われてみれば、ワイルドな酸味が(笑)。

 

午前1時ということもあり、このへんで失礼しました。

 

HOLIC
住所:武蔵野市吉祥寺南町1-1-8けやきビルB1
電話:0422-49-6638

| | コメント (2) | トラックバック (0)

よなよなリアルエール@代々木八幡「TULLAMORE(タラモア)」

先日満員で入れなかった、代々木八幡の「TULLAMORE(タラモア)」に行ってきました。
07080709tullamore2449
前回同様かなり混雑してましたが、電話を事前に入れておいたおかげで、スムースに入店できました。

 

飲める樽生はエビス、ギネス、キルケニー、よなよなリアルエール。
ほぼ満席のせいか、ワイワイガヤガヤいい雰囲気です。

 

エビス1パイント、よなよな1パイント、ギネス1パイントを飲んで、閉店(25時)間際まで粘ってしまいました。
070807072410
最後のお客かな・・・

 

都心に近いし、公園も近いし、商店街もあります。
色んな意味で、この店の近所に住めたらいいのに・・・と強く思いました(笑)

 

TULLAMORE(タラモア)」
住所:渋谷区富ヶ谷1-6-10
電話:03-3481-0216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリオン樽生@市ヶ谷「嘉多蔵」

市ヶ谷の「嘉多蔵 (かたくら)」に行ってきました。

 

焼酎、泡盛が豊富なお店ですが、ビールもちょっとこだわっていらっしゃいます。
070807011922
キンキン、ガンガンに冷えたオリオン樽生です。
あまりに冷えすぎて、甘みも苦みもあったもんじゃないですが、夏はこれが美味い!

 

2杯目は、普通に冷やされた八海山のヴァイツェン。
070807021942
樽生で飲めます。

 

鰹のたたきを食べながら。
070807031951

 

ビールはここでやめにして、泡盛に移行。
070807042007
カリー春雨!?
泡盛だけに「ウコンでも入ってんのか?」とも思いましたが、違うようです。
「カリー」って、沖縄の言葉で「おめでたい」とか「縁起がいい」っていう意味らしいです。

 

美味しゅうございました。

 

「嘉多蔵 (かたくら)」 
住所:新宿区市谷田町1-3片倉ビル1F
電話:03-3260-4504 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールなお店INDEX

「ビールなお店」って何?と問われると難しいものはありますが、「現場」以外で、とにかくビールにこだわりがある(と私が思った)お店に行ったときのエントリが並んでいます。
お店の並び方は・・・すいません、適当です。

<2007.8追記>
マニア度を追加しました。
詳しくはコチラ

701)ビールなお店(神田・THE Jha BAR)
瓶ビールの品揃えが充実してます。
マニア度:M2

702)ビールなお店(洗足・パンゲア)
ハンドポンプが増設されたと、風の噂で聞きました。
マニア度:M2

703)ビールなお店(青葉台、町田・COPA)
地ビール、ベルギービールが豊富です。町田に支店があります。
マニア度:M2

704)ビールなお店(新橋・ビアライゼ)
アサヒ生ビールを信じられないくらい、美味しく飲ませてくれるお店です。
マニア度:M1

705)ビールなお店(両国・ポパイ)
ビール好きには説明不要でしょう。独特の雰囲気です。
マニア度:M3

706)ビールなお店(恵比寿・イニッシュモア)
恵比寿の駅からすこし離れたところにあるお店です。フロアによって雰囲気が変わります。
マニア度:M1

707)ビールなお店(六本木・バーンズバー)
「バー」と名前に入ってますが、ドイツ料理レストランです。場所柄外人多しです。
マニア度:M1

708)ビールなお店(本郷・テイルズエールハウス)
最寄りの駅は水道橋。ウルケルが飲みたくなったらココです。
マニア度:M2

709)ビールなお店(六本木、中野・アボットチョイス)
六本木の駅から程近いのに、割と落ち着ける雰囲気。稀有です。
なぜか中野にも支店があります。
マニア度:M1

710)ビールなお店(六本木・虎ノ門、豊洲ベルオーブ系)
ベルギービールがお得意です。広尾のお店はなくなってしまいましたが、豊洲にできたようです。
霞ダイニングのデリリウムカフェトーキョーもベルオーブ系ということで。
マニア度:M2

711)ビールなお店(横濱Cheers)
帰宅途中にちょいちょい寄らせてもらってます。
マニア度:M2

712)ビールなお店(銀座・ファボリ)
ベルゴ、フリゴと比べてベルギー色が強い印象があります。
マニア度:M2

713)ビールなお店(池袋・vivo!)
店長の面白さは抜群です。ブログは必見!
マニア度:M2

714)ビールなお店(下北沢・蔵くら)
ここのビールメニュー、わかりやすくて結構好きです。
マニア度:M2

715)ビールなお店(下北沢・うしとら)
2006年オープンの比較的新しいお店。ドラフトの種類が豊富です。
マニア度:M3

716)ビールなお店(代々木・タンネ)
ドイツ料理レストランと言っていいんじゃないかと思います。美味です。
マニア度:M1

717)ビールなお店(新宿・フリゴ)
ベルギービールの種類が多いものの、他の国のビールも結構飲めます。
マニア度:M2

718)ビールなお店(信濃町・ビアテラス鶺鴒)
サイコーな環境で飲むスーパードライ生。夏限定です。
マニア度:対象外

719)ビールなお店(新宿・カイテル)
老舗ドイツ料理店です。お店のご主人がとっても気さくです。料理も美味。
マニア度:対象外

720)ビールなお店(銀座・Kura凛)
新潟のスワンレイク樽生が数種類飲めるお店です。貴重!
マニア度:M1

721)ビールなお店(横浜・キングペリカン)
生麦駅近くの商店街にあります。地元に密着したいい雰囲気のバーです。
マニア度:M1

722)ビールなお店(横浜・CRAFT BEER BAR)
関内にあるその名のとおりのお店です。リーズナブルにクラフトビール(地ビール)が飲めます。濃いです。
マニア度:M3

723)ビールなお店(鷺沼・Bourbon Bar Sal's)
「えっ、こんなところにこんなお店が!」という驚きがあるお店です。
ドラフトは3種ですが、その名のとおりバーボンの品揃えが豊富。
ここへくると、ビールだけでなく、いつもバーボンを頼んでしまいます。
マニア度:M2

799)ビールなお店(関東・上記のお店以外)
上で紹介できなかったお店はコチラにあります。

899)ビールなお店(関西)
私の故郷、関西のお店です。

900)ビールなお店(関東・関西以外)
読んで字のごとく、関東・関西以外のビールなお店です。

| | コメント (0)

マニア度

ビールなお店INDEX」に、「(ビール)マニア度」なるものを追記しました。
M3~M1の3種類です。
決して店長やマスターや店員さんの、「マニア度」ではありません。
「マニア度」が高いからイイ、というものでもありません。
あくまで、常連さんも含めた「その店が醸し出す雰囲気」が「マニア」かどうかを表現したものです。

M3(マニア度3)
日本の地ビール(クラフトビール)、中でも期間限定醸造系を、ゲストビールとして複数提供するケースが多いんじゃないでしょうか。
もちろんドラフト(樽生)で。

カウンターには常連さんがいつもいて、ビールについての「コアな会話」が交わされたりしています。
例えば・・・すいません、テイスティング語彙の少ない私には再現不能です。
一人で訪れて、マスターやたまたま隣に座ったほかのお客さんと、濃いビール談義をするにはもってこいのお店だと思います。

ワタシ的には・・・ちょっと緊張します(笑)

M2(マニア度2)
ビール的には上記M5とほぼ同等の品揃えだったりするんですが、雰囲気がそれほど「マニア」じゃないお店でしょうか。
その気になればマニアックな会話も可能ですが、その気がなければ普通使いも可能な感じ。

ワタシがよく行くお店には、M2のお店が多い気がします。
   
M1(マニア度1)
もちろん「ビールなお店」なので、ビールについては普通のお店以上にこだわってるんですが、その中ではかなりマイルドなお店。
濃いビール談義をする人を見かけることはほとんどありません。

ビールの世界に、さりげなくひきずりこみたい後輩なんかを連れてったりするかな?
あくまでワタシ的には。

ご参考まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KILKENNY(キルケニー)@町田「Trafalgar(トラファルガー)」

COPAに行った後、そのまま帰るのはもったいないので、歩いて3分ほど行ったところにあるイングリッシュ・パブ「Trafalgar(トラファルガー)」へ。
070802022002

 

1杯目、キルケニー。
070802032007
900円。
しかし、8時までのハッピーアワーに来ると、700円らしいです。
070802052053
COPA行ってる場合やなかった・・・(笑)

 

2杯目は東京ブラック。

 

そしてつまみは鶏胸肉の醤油漬。
070802042011
少々醤油が強うございました。

 

他にはギネス、ジョンスミス、サッポロ、よなよなリアルエールが樽生で飲めますし、ベアード(沼津)行きのバスツアーなんかも企画してるみたいです。

 

何だか楽しそうですね、町田。

 

マニア度:M1

 

Trafalgar(トラファルガー)
住所:町田市原町田3-2-7岸間ビルB1F
電話:042-723-3335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベアード「帝国IPA」@町田「地ビール厨房COPA」

仕事が「成城学園前」駅で終ったので、町田に寄って帰ることにしました。

 

地ビール厨房COPA 町田店」。
07080201copa1850
小田急「町田」駅を降りてスグのビルの2階です。
4人がけのテーブルが4つと、とても短いカウンターが1つ。
かかってる音楽のテイストは違いますが、それでも醸し出す雰囲気は青葉台と共通です。

 

写真はありませんが、1杯目はハートランド樽生(マグ、630円)。
やっぱりピルスナー系に行かんと始まりません、私の場合。

 

そして2杯目はシメイホワイト樽生(1155円)。
以前青葉台店でも飲ませていただいたんですが、ここ町田でもいただきました。
この甘さはどこからくるんでしょうか?

 

最後3杯目はベアードの帝国IPA(892円)。
温度がぬるめで丁度よし。

 

若いスタッフの対応がイイ感じのお店でした。

 

マニア度:M2

 

地ビール厨房COPA 町田店
住所:町田市原町田6-11-7風月青山共同ビル2F
電話:042-709-5361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルテンブルガー「バロックデュンケル」@横浜Cheers

昨日、行ってきました。

 

1杯目に先日飲んで美味しかったアウグスビール。
相変わらず美味でした。

 

2杯目は長考の末、サンクトガーレンのペールエール。
最近ラガー系の比率が上がっているからか、記憶に残っていた味よりもキツク感じました。

 

そして3杯目ヴェルテンブルガーのバロックデュンケル。
070731012048
うぬぬ・・・こんな味やったっけ?
「現場」で飲んだときのスッキリ感を期待していた私が悪いんでしょうが・・・

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »