« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

ビールの現場から~岐阜県高山市「古里古里ビール」その3

その2の続き。

フードのメニュー。
071111101248
飛騨牛!と行きたいところでしたが、夜もあるのでハンバーグにしました。

071111151256
写ってませんが、味噌汁はもちろん赤だし。

3杯目、冬季限定のハーモニー。
071111171306
少し甘みが残ります。
まだ若いのかもしれません。
もう少ししたら美味しくなるような気がします。
★7

この後、ケルシュとアルトを1杯ずついただき、失礼しました。

また行ってみたい度は★3(5段階)。

「古里古里の国」
住所:岐阜県高山市西之一色町3丁目773-2
電話:0577-36-3434

| | コメント (0)

ビールの現場から~岐阜県高山市「古里古里ビール」その2

その1の続き。

ビールメニュー。
071111091248
「夏季と冬季のどっちが飲めるんかなぁ・・・」と思い、「どっちが飲めるんですか?」と聞くと「冬季のハーモニーです」とのこと。
了解しました。

では1杯目、穂高(ケルシュ)です。
071111141250
300mlで380円。
フルーティな香りが良。
色は見てのとおり、やや薄め。
スタンダードなケルシュらしく、苦味はほとんどなく、後味にほのかな、そして上品な甘み。
★8

2杯目は焼岳(アルト)。
071111161257
写真ではわかりづらいかもしれませんが、アルトにしてはちょっと薄めでしょうか。
泡もちはいいですね。
かすかな苦みが好みです。
★8

その3に続きます。

「古里古里の国」
住所:岐阜県高山市西之一色町3丁目773-2
電話:0577-36-3434

| | コメント (0)

ビールの現場から~岐阜県高山市「古里古里ビール」その1

「ビールの現場から」、今回は岐阜県高山市からです。

「飛騨の里」近くにある現場「古里古里の国」は、JR高山駅から「古い町並み」と反対、南西方向に1.7kmほど行ったところにあります。
当然バスもありますが、「歩き」大好きな私は当然徒歩。
1.3kmほど歩いたところで、看板発見。
071111061239

看板のおかげで、迷うことなく「現場」到着。
071111071244071111081245
屋根に太陽光発電が設置されており、何だか「マイナス6%」な感じです。

071111121249
お店に入ると全部で10ほどあるテーブルに、4組ほど先客が(写ってませんが)。
ビール好きというよりは、観光客のみなさん。
ワタシ、ちょっと浮いてるかも。

テラスもあって、気候のいいときはステキだと思われます。
071111131249
ペット連れもOKです。

その2に続きます。

「古里古里の国」
住所:岐阜県高山市西之一色町3丁目773-2
電話:0577-36-3434

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その30~ビールの現場から「サッポロビール北海道工場」

その29の続き。

3杯目、エビス。
071022151745
エビス専用の中ジョッキ。
黒ラベル用より、ひと回り小さいです。
味は皆さんもよくご存知のエビス。
苦味がズシッときます。
どこで造ってるんやろ、エビスって。
行ってみたいなぁ、エビスの「現場」。
★8

最後に黒ラベルと並んで、この工場で造っているクラシック。
071022171753
メニューには書いていない、大ジョッキでいただきました。
生で飲んだことが一番少ないクラシック。
結構スッキリしたビールなんですね。
知らんかった。
エビスの後に飲んだから、そう感じただけかもしれませんけど。
★8

味が濃いジンギスカンと、ビール達のマッチングはバッチリ。
この「現場」のまた行ってみたい度は★4(5段階)。

071022181827071022191827
さ、千歳から羽田へ帰りますか。

ヴァルハラ
住所:恵庭市戸磯542-1サッポロビール北海道工場内
電話:0123-33-1740

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その29~ビールの現場から「サッポロビール北海道工場」

その28の続き。

ビールのメニュー。
071022101728
この他に「飲み放題」はあるものの、それは黒ラベルのみのため断念。

よっしゃ!黒ラベル。
071022121729
「よっしゃ!」に特に意味はありません。
中ジョッキとはいうものの、デカイ!
この工場で造ってるだけあって、メチャウマ。
キリンの生麦工場で飲んだラガーにも匹敵します。
すっきりしていながら、適度な苦味があって、味もしっかり。
★9

2杯目、エーデルピルス。
071022141738
さすがエーデルピルス、ホップが特徴的ですな。
実に華やか。
この工場では造ってないみたいですが、どこで造ってるんやろか?
★8

その30に続く。

ヴァルハラ
住所:恵庭市戸磯542-1サッポロビール北海道工場内
電話:0123-33-1740

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その28~ビールの現場から「サッポロビール北海道工場」

その27の続き。

071022161751
ここが「ヴァルハラ」。
北海道にある、サッポロビールの「現場」です。

メニューは北海道らしく、ジンギスカン。
071022111728
醤油や塩や味噌や言われても、ようわからんので「手もみ3種ジンギスカン」を注文。

071022131733
確かに微妙ではありますが、3種類あります。
味がこれ以上ないくらいしっかりしていて、ビールにあうんよ。

あ、ビールのこと書くの忘れてた。

その29に続く。

ヴァルハラ
住所:恵庭市戸磯542-1サッポロビール北海道工場内
電話:0123-33-1740

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その27~サッポロの「現場」へ

その26の続き。

仕事を終え、千歳空港から東京へ帰ります。
が、その前に寄る所が・・・
071022051704
恵庭で降りて、電車を乗り換え、サッポロビール庭園前駅で降ります。
071022071719
な~んもあれへん。

地図も案内も何もない中、てくてくとそれらしい方向に歩くと、ありました。
071022081722
札幌のサッポロビールの「現場」です。

美味しくないはずはありません。

玄関はちょっと寂しい感じですが。
071022091723

その28に続く。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その26~札幌・円山「さくら庵」

その25の続き。

翌日、円山公園周辺で仕事。
途中で「六花亭 円山店」に行ってお土産を買ったりしながらではありますが(笑)
071022011155
好きなんですよ、六花亭。
賞味期限偽装してたら、めちゃくちゃショック受けそうです。

昼食は地元の方に教えていただいた、そば屋さん「さくら庵」。
071022021200071022031200
老舗というよりは、モダンな感じ。
デート使いもOKです。

0710220412001208
鴨せいろ、1,200円。
美味しゅうございました。

その27に続く。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その25~ステーキ円山

その24の続き。

焼野菜。
071021582004
「京都産万願寺甘とう」と「北海道産インカのめざめ」。
「甘とう」は巨大なしし唐ですかね。
でも、その名のとおり、辛くなく甘いんです。
「インカのめざめ」も、味の濃いお芋です。

そして真打ち登場。
07102159120g2018
特選和牛フィレ120g。
ハハハハハ。
最近ロースよりフィレが好きになってきました。
年のせいでしょうな。
カリッカリのニンニクも、美味でございます。

締めはガーリックライス。
071021602039
明日我々と会う方がかわいそうになってきました。

デザート!
071021612056

このメニューで、この雰囲気で9,450円は安いでしょう。
自分で払ってないので、そんなこと言う資格はありませんが(笑)
先輩、ご馳走様でした。

その26に続く。

ステーキ円山
住所:北海道札幌市中央区南7条西26-5-4
電話:011-551-0554

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その24~ステーキ円山

その23の続き。

071021521927
「秋の特別フルコース(特選和牛フィレ120g)」9,450円スタートです。

071021531933071021541936
左、サーモンのテリーヌとズワイ蟹のゼリーよせ。
もう名前だけで「参った」って感じです。
右、函館産レッドムーンのスープ 。
レッドムーンというのは、ジャガイモの種類なんですって。
美味いっす。

071021551943
彩り野菜のサラダ 林檎のドレッシング。
リンゴのドレッシングが、いいんです。
甘さと酸味のバランスが。

そして、いよいよ焼き物。
071021561945071021571946
左、帆立、右、金目鯛のきのこあんかけと車海老。
海老は苦手なんですけど、思わず食べちゃいました。

まだまだ出てきます。

その25に続く。

ステーキ円山
住所:北海道札幌市中央区南7条西26-5-4
電話:011-551-0554

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その23~札幌グランドホテル

その22の続き。

札幌での宿は、いつものグランドホテル。
071021511910
部屋まで荷物を運んでくれた女性に、聞いてみました。

私「これから『ステーキ円山』に行くんですけど、有名なお店なんですか?」
女「昨日テレビで観ました、有名なお店ですよ」
私「そうなんですか。じゃあ、タクシーの運転手さんに名前を言えば場所はわかりますかね?」
女「わかると思いますよ!では、楽しんできてください」

部屋に荷物を置き、ロビーでこの日札幌入りした先輩と待ち合わせ。

私「ちぃーっす」
先「行くぞ」

タクシーに乗り込みます。

私「すいません、『ステーキ円山』まで」
タ「すいません、住所でお願いします」

皆さんご存知だと思いますが、札幌の町は碁盤の目。
「北○西△」とか、「南◇東×」とか言うと、すんなり連れてってくれるんです。
ただ裏を返せば、その座標を知らないとタクシーでも到着できない時があります。
この時がまさにソレ。

私「円山公園の方の店なんですけど」
タ「すいません、わからないんです」
私「じゃあお店に電話して、住所聞きますね」
タ「お願いします」

南7西26であることを伝え、多少迷った末にやっとたどり着きました。
071021622116

住宅街に突然現れます。

その24に続きます。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

大阪はやっぱりエエなぁ ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」7回目

071114010642071114020936
先週の水曜日、急な出張で朝9時から大阪で仕事。

みっちりしっかり働いて、やっと開放された午後8時に行きたいところと言えばやっぱりココ。
071114072408
店に入ると、以前横浜でご一緒したShunさんがカウンターに。
私「こんばんは」
S「実は僕今日、誕生日なんです」
私「それはそれは。横座ってエエですか?」
S「どうぞ」

本日のラインナップは、やたらそそられるものばかり。
飲み過ぎの予感がします。

1杯目は、伊勢角屋ライエール。
麦が違うせいでしょうか、甘さの種類が違います。
そして「ジワー」じゃなく「パッ」とくる苦さ。

2杯目、箕面のヴァイツェン。
色は暗い店内でもわかるほど薄い黄色。
とってもフレッシュ。
香りもかなり良く、今まで飲んだ日本のヴァイツェンの中でも最上の部類やと感じました。

3杯目、大山Gビールのスモークエール。
071114032044
右に店長さんが写りこまれてますが、本人の強い希望で目隠しさせていただいてます。
色は結構ダーク系。
同時に提供されていた富士桜のラオホと比べてみると、スモークは軽めなことがわかります。
特に香りが違いますね。

このあたりから、Shunさんが飲んでたシャンパンのおすそ分けをいただきはじめたのが、失敗のはじまり。

ビール4杯目は、箕面のエスプレッソスタウトのリアルエール。
071114042058
よせばいいのに、パイントサイズです。
しかも泡無しのピタピタ。
氷の入ってないアイスコーヒーみたいです。
で、飲んだら完全なコーヒー(笑)。
フレッシュと氷入れたくなりましたわ。

5杯目、三次ベッケンの豊穣。
終盤でも充分美味しいしっかり感。
なかなか美味しいです。

6杯目、箕面のWIPAのリアルエール。
これも無謀にもパイントで。
メモには「めちゃホップ」とだけあります。

完全に飲み過ぎです。

途中でいらっしゃったShunさんの知り合いの方が「世界中 メガネになったら ステキやん」の広報ミヨっちゃんであることが判明。

リスペクトしたつもりで撮った写真。
071114062328
もうメチャクチャ。
メガネいがんでるし。
だいたいこの写真撮ったことも覚えてないくらい、酔っ払ってました。

Shunさん、シャンパンご馳走様、今度は私がおごります。
ミヨっちゃん、大変失礼しました。

でも楽しかった。

BEER BELLY」土佐堀店
住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F
電話:06-6441-0717

| | コメント (6)

道東&札幌ビール旅行記2007その22~特急オホーツク

その21の続き。

14時14分、遠軽駅の待合室です。
071021451414
まだそれほどでもありませんが、寒くなると外では待ってられないであろうことは、容易に想像できます。

15時10分、約1時間待ってホームへ。
071021461510


15時15分、特急オホーツクがやってまいりました。
071021471515
ここから札幌までは約3時間半。
ただでさえしんどいのに、横に座った若者のマナーが悪く、大変参りました。
通路に頭やら足やらを出して寝ているので、車内販売も通れず。
ううう・・・

18時47分、札幌駅到着。
071021481847
電車の旅は基本的には大好きなんですが、今回ばかりは疲れました。

その23に続きます。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

神田黒@神田「THE Jha BAR(ジャハ・バー)」

先週のこと。
この店のオリジナル「神田黒」を飲みに「THE Jha BAR」に行ってきました。

最近とある事情で、飲みに行くこと自体が激減していたので、不本意ながら久しぶりの訪問です。
「神田黒」を飲みに来たというものの、1杯目は「Krombacherピルス」。
かすかに残る麦の甘味が、いかにもいかにも。

そしていよいよ「神田黒」950円。
ちょうど1年前にも飲んでますが、感想は全く一緒で苦味が少なくややモルティ。
お店の人によると、去年とは少し違うらしいです。
俺の味覚って、やっぱりエエ加減。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その21~ビールの現場から「えんがる太陽の丘ビール」北海道遠軽町

その20の続き。

4杯目、「アンバーエール」。
071021411210
色はアンバー(笑)
これも酵母入りゆえ、濁ってます。
ホップはさほど効いておらず、少々酸味が感じられます。
★6

最後5杯目、「メルツェン」。
071021431230
色は「アンバーエール」とほとんど同じ。
ガス弱めで、バランスがいいビールです。
やっぱ、定番はエエわ。
★7

また行ってみたい度は★3(5段階)。

12時過ぎたあたりから、続々とお客さんが入って、結構店内賑わってきました。
071021421213

その22に続きます。

麦酒館ふぁーらいと
住所:遠軽町岩見通南2丁目
電話:0158-42-0077

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (2)

道東&札幌ビール旅行記2007その20~ビールの現場から「えんがる太陽の丘ビール」北海道遠軽町

その19の続き。

ランチメニュー。
071021341134
読むだけで疲れるくらい、ものすごい数です。

76番ピリ辛豚丼(ラーメンつき)。
どうでもいい情報かもしれませんが、そばも選べます。
071021361137
もうホンマお腹いっぱいです。

そして3杯目「せとせ」。
071021401157
「瀬戸瀬(せとせ)温泉」の単純アルカリ温泉水で仕込んだビールだそうです。
色は普通ですね。
これも濁っていて、麦芽の香りが結構します。
ガスは弱め。
甘さも苦さも控えめですが、バランスのいいビールです。
★7

その21に続きます。

麦酒館ふぁーらいと
住所:遠軽町岩見通南2丁目
電話:0158-42-0077

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その19~ビールの現場から「えんがる太陽の丘ビール」北海道遠軽町

その18の続き。

071021321134
エエもん発見!
3杯飲めば元が取れるので、迷わず飲み放題を選びます。

1杯目はぶどうベース発泡酒の「清流の雫」。
071021351137_2
メニューに量が書いてなかったから油断してたけど、ジョッキかいな(笑)
写真でわかりますかね、少し白濁していて泡が真っ白です。
ぶどうベースと聞いて想像していたより、甘くなかったかな?
ややガスが強めでした。
ビールだと思ってあえて★をつけると、★5。

2杯目は「ヴァイツェン」。
071021391146
やっぱりジョッキです(笑)
しかもサッポロ(笑)
こちらも少し濁ってます。
リンゴのような後味です。
これもややガス強めで、口の中がピリピリします。
★6

その20に続きます。

麦酒館ふぁーらいと
住所:遠軽町岩見通南2丁目
電話:0158-42-0077

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その18~ビールの現場から「えんがる太陽の丘ビール」北海道遠軽町

その17の続き。

11時30分、「麦酒館ふぁーらいと」到着。
071021291130
開店時間に飛び込んだはずなのに、店内には先客が二組。

案内された窓際の席から店内を撮影。
071021371139
奥に「現場」の象徴、タンクが見えます。

そして右を見ると、先ほど登頂(笑)した「がんぼう岩」が。
071021381144

さあ、ビール。
071021311134
ぶどうベース発泡酒の「清流の雫」を入れると5種類、サッポロビールも入れると6種類飲めます(笑)

その19に続きます。

麦酒館ふぁーらいと
住所:遠軽町岩見通南2丁目
電話:0158-42-0077

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その17~「現場」への道は遥か

その16の続き。

10時46分、「がんぼう岩」登頂後、同じ道で「現場」に戻るのも芸が無いので、違う道で下りることにしました。
071021241046
「太陽の丘えんがる公園」の中を通っていく道です。
それにしても、広いですね。

10時50分、案内図前到着。
071021251050
真ん中やや左に見える、赤い点が現在地。
ここからぐぐっと右に歩いていって、案内図右の方から、案内図下方にある駅方面に向かうことにします。
まだ時間はたっぷりありますしね。

10時52分、歩き出したところ。
071021261052
休日の公園なんですが、人っ子一人いません。
風も強くなってきました。

ひたすら10分以上歩きましたが、いまだこんな景色。
071021281103
見渡す限り、右に行けそうな道はなく、タクシーどころか車もほとんど通りません。
写真ではわかりづらいですが、雨もパラパラと降ってきました。

「そろそろ潮時か・・・」

ここで来た道を引き返し、「現場」を目指すことにしました。

その18に続きます。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その16~がんぼう岩

その15の続き。

10時26分、「麦酒館ふぁーらいと」のちょっと先の踏切を渡って、「がんぼう岩」へ。
071021151026
向こうに見えるのが「遠軽」駅。

線路を越えると遠軽神社。
071021161027

さらに5分ほど歩くと、もう「がんぼう岩」の真下。
071021201032
ものすごい勢いで、雲が流れていきます。
さすが、昔アイヌの砦だったというのも、うなづける佇まいをしてますね。

右手に狭い階段があり、頂上方向に行けそうです。
071021211034

10時40分、遂に頂上到着。
071021221040

下から頂上が見えるくらいですから、頂上から下も良く見えます。
071021231040
柵も何もないので、ちょっと足がすくみます。
下界を覗くのも、自己責任でお願いします。

その17に続きます。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (2)

道東&札幌ビール旅行記2007その15~北見から遠軽へ

その14の続き。

北見9時12分発の旭川行に乗車。
071021080934
車窓からは、相変わらず黄色い山々が見えます。

10時14分、遠軽駅到着。
071021091018071021111019

荷物を駅のコインロッカーに預け、今回の目的である「麦酒館ふぁーらいと」方面へ向かいます。

10時23分、「麦酒館ふぁーらいと」前到着。
071021121023
わかっちゃいたけど、まだ開店してません(開店時刻11時30分)。

さてあと一時間強、何しょうかなぁ・・・

071021141023
遠軽のランドマーク、「がんぼう岩」です。

登ってみるかっ!

その16に続きます。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その14~網走から北見へ

その13の続き。

日曜の朝、6時46分。
071021010646
眼下に見えるのは網走川。
それにしても、メチャクチャいい天気です。

ホテルをチェックアウトして、網走駅へ。
071021020726

7時43分発北見行きの車内です。
071021030735

車窓からの景色。
071021050819
見る時期の問題なのか、植生の問題なのかわかりませんが、全体的に黄色っぽかったのが印象的でした。

8時49分、北見到着。
071021060852

その15に続きます。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その13~夜の網走散歩

その12の続き。

網走の「現場」訪問を終え、「散歩でもするか!」と外に出るとあいにくの小雨。
071020492119
傘を持ってなかったので、ホテルに戻ることも考えましたが、あまりに寂しいので散歩決行。

駅から東の方角にどうも繁華街はあるようなんですが、やはり寂しいですね。
地方の活力が薄れているのを肌で感じます。

そうこうしているうちに、アイリッシュパブ発見。
07102050islay2125

「ギネスでも飲むか」

と思ったのはほんの一瞬。
3時ごろから通算10杯以上飲んでるわが身を振り返り、踵を返しホテルに戻りました。

その14に続きます。

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

BLACKTHORN(ブラックソーン)樽生@東神奈川「Full Monty(フル・モンティ)」

東神奈川にあるEnglish Pub「Full Monty(フル・モンティ)」に初めて行きました。
東海道線「川崎」駅を降りて歩くこと2時間弱、やっと到着です。
071031022107
注)最寄の「東神奈川」駅からは約5分。私が川崎から歩いたのは、単に歩きたかったからだけです(笑)真似しないように。

飲める樽生はステラアルトワ、バスペールエール、ギネスのレギュラー3種にゲスト1種。
加えて、ブラックソーンの生サイダー。
071031032112071031062146
071031072209071031052129
この日はゲストビールが切れていたので、これで全部。
ロンドン出身のごっついマスターとの会話が楽しかったからか、結構飲んだようです。

唯一頼んだフード、シェパーズパイ。
071031042124
なかなかボリューミィでした。

Full Monty(フル・モンティ)
住所:横浜市神奈川区広台太田町8-1
電話:045-491-5635

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その12~ビールの現場から「網走地ビール」北海道網走市

その11の続き。

3杯目、アルト。
071020442019
微妙に香ばしいアルトです。
甘さも苦さも突出してません。
★7

一方焼き物は・・・
071020462038
豚ホルモン(400円)。
最後はやっぱりホルモン系に戻りました。

そうそう、じゃがバタ(250円)も食べたんでした。
071020472041

とってもきれいなお店ですし、網走川沿いのロケーションも素晴らしいし、焼肉屋さんとしても納得のレベル。
ビールはわざわざ遠くから来て飲むほどの特徴はないですが、地元の人が行く分には全然イイ感じです。

というわけで、私の「また行ってみたい度」は★3(5段階)。

最後にもう一杯、アルトをいただいてお店を後にしました。
0710204822054

その13に続きます。

YAKINIKU網走ビール館
住所:北海道網走市南2条西4丁目1-2
電話:0152-41-0008

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

エーデルピルス生@とある老舗

071010061848
エーデルピルスの樽生です。
美味いです。

東日本橋のとある老舗で、生と言ったらコレが出てきました。
料理ももちろん美味しかったです。

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その11~ビールの現場から「網走ビール」北海道網走市

その10の続き。

2杯目はピルスナー。
071020432017
これもジョッキ500円。
一緒に売ってる「サッポロ」の生より安いのには驚きです。
色は薄めで、味は無難な感じ。
★7

お肉はこのメニューの中から・・・
071020392001

上牛サガリ(850円)と・・・
071020422014

上牛ロース(1,250円)をチョイス。
071020452032

ロースが、メニューの写真と違うのが気になりました(笑)

その12に続きます。

YAKINIKU網走ビール館
住所:北海道網走市南2条西4丁目1-2
電話:0152-41-0008

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その10~ビールの現場から「網走ビール」北海道網走市

その9の続き。

1杯目は、ヴァイツェン。
071020352000
ジョッキ500円、安い!
香りはさほど強くありません。
味もやや甘めながら、全体としては「さっぱり系」・・・
★6

さて、何を焼くかな?
071020402002
年を取るにつれ「サシ」の入った肉がつらくなっているので、まずはホルモン。
ケチで言ってるんとちゃいますよ(笑)

「牛ホルモン」です。
071020412003

その11に続きます。

YAKINIKU網走ビール館
住所:北海道網走市南2条西4丁目1-2
電話:0152-41-0008

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

道東&札幌ビール旅行記2007その9~ビールの現場から「網走ビール」北海道網走市

その8の続き。

19時45分。
小雨が降る中、ホテルのすぐ隣の「YAKINIKU網走ビール館」へ。
071020341945
土曜日だからか、こんな時間でも何と満席。
大人気です。
071020362001
店内は結構おしゃれ。
写真の向こうに見えるのは、網走川です。
一般的に「焼肉と言えばビール!」っていう感じですが、地ビールとの組み合わせはあまり見たことがありません。

飲めるビールは3種類。
071020372001
ピルスナー、ヴァイツェン、アルト・・・
ラインナップからは危険な香りも漂ってきますが、気にせず行きましょう!

その10に続きます。

YAKINIKU網走ビール館
住所:北海道網走市南2条西4丁目1-2
電話:0152-41-0008

273)道東&札幌ビール旅行記2007

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »