« 盛岡ビール旅行記2007その6~ビールの現場から「ベアレンビール」岩手県盛岡市 | トップページ | 盛岡ビール旅行記2007その8~Neuf du Pape(ヌッフ・デュ・パプ) »

盛岡ビール旅行記2007その7~ビールの現場から「ベアレンビール」岩手県盛岡市

その6の続き。

ここで飲める樽生はヴァイツェンとシュバルツの2種。

ヴァイツェン。
071118371424
1杯300円、安いです。l
口に含んだ後に広がる香りが、素晴らしい。
★8

そしてシュバルツ。
071118481434
ローストはそれほど強く感じませんが、麦の味はしっかりとします。
ガスも弱くて、口あたりやわらか。
さすがベアレン、美味しいです。
★8

ただ残念なのは、食べられるのがビーフジャーキーとせんべいくらいしかないこと。
071118491434

ビールは確かに美味しいですし、クラシカルな醸造設備を見学できるのは素晴らしいですが、食べ物も環境も、全てひっくるめてナンボ!の私からすると、ちょっと厳しいですね。

ベアレン目当てに盛岡行く場合は、ここに加えて盛岡市内の飲食店で飲まれることをオススメします。

その8に続きます。

ベアレン醸造所
住所:岩手県盛岡市北山1丁目3-31
電話:019-606-0766

274)盛岡ビール旅行記2007

|

« 盛岡ビール旅行記2007その6~ビールの現場から「ベアレンビール」岩手県盛岡市 | トップページ | 盛岡ビール旅行記2007その8~Neuf du Pape(ヌッフ・デュ・パプ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛岡ビール旅行記2007その6~ビールの現場から「ベアレンビール」岩手県盛岡市 | トップページ | 盛岡ビール旅行記2007その8~Neuf du Pape(ヌッフ・デュ・パプ) »