« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年を振り返って

大晦日なので、拙ブログ「ビール現場主義」における2007年を振り返ってみたいと思います。

・初めてのお休み
昨年(2006年)は、ドイツ旅行記で燃え尽きてしまったこともあり、年初から更新を2ヶ月ほどお休みさせていただきました。
復活したのが2月。
休むまでと休んだ後では、ブログを書くスタンスがだいぶ変わった気がします。

・新しい試み
神奈川県民であるうちに、神奈川をもっと味わいたい思いから始めた「ビール東海道中膝栗毛」が思いのほか進行しました。
日本橋から歩き始め、今のところ小田原まで。
当初目標とした箱根まであと少し。
神奈川県横断も、来年には達成できそうです。

・新「現場」開拓
2006年末時点で国内160現場行ったことがあったんですが、2007年に新たに行った「現場」は11ヶ所。
上半期に「天童」「福島路」。
下半期に「出雲路」「吉備土手下」「オホーツク」「網走」「えんがる」「サッポロビール札幌工場」「古里古里」「あさ開」「九十九里」。
上半期と下半期で、数が全然違います。
明らかに後半「やる気」「いく気」になっています。
これまでは、旅行などの「ついでに行く」感が強かったんですが、今は行ったことない「現場」を積極的につぶしにかかってます。
何せ、行ったことない「現場」あと少しですから。

来年もマイペースで更新しようと思います。
皆さん、よいお年を。

| | コメント (4)

ビールの現場から~岐阜県大垣市「水都プレミアム」その4

その3の続き。

 

5杯目、ビター。
071228172033
ちょい甘めなビター。
ここの「現場」では、個人的には一番好きです。
★8

 

フレッシュトマトのバジルソースのパスタとリゾット。
071228112002071228162025

 

ペールラガーとビターは、オーソドックスでしたが、他のビールはみんな変り種。
ご興味ある方はどうぞ、って感じです。
料理は洗練されてはいないかもしれませんが、好感が持てました。
家族も喜んでましたし。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

 

レジで会計をしたとき、こんなお土産をもらいました。
080210012338080210022338
帰ってから、自宅でゆっくり飲みました。
ありがとうございました。

 

「エルベカーサ」
住所:岐阜県大垣市外渕2-51
電話:0584-89-0077

| | コメント (0)

ビールの現場から~岐阜県大垣市「水都プレミアム」その3

その2の続き。

 

3杯目、ハーブラガー。
071228142012_2
「地元特産のカモミールエキス入りラガー」とあります。
確かにものすごくカモミールの甘い香りがします。
好きかどうかは別ですが。
★6

 

4杯目、ペールラガー。
071228152021
ま、大体のラガーは色が「ペール(薄い)」やから、これが普通ってことでしょうか。
ごくっ。
なかなかいけます。
甘くもなく苦くもありませんが、それでもそこそこしっかりしたボディを感じます。
★7

 

特製エルベサラダ&ベーコンポテトピザ。
071228101953071228091951

 

その4に続きます。

 

「エルベカーサ」
住所:岐阜県大垣市外渕2-51
電話:0584-89-0077

 

| | コメント (0)

ビールの現場から~岐阜県大垣市「水都プレミアム」その2

その1の続き。

 

ビールのメニューです。
071228041940_2
何々・・・柿ラガー?ハーブラガー?マタタビラガー?ペールラガー?ビター。
ラガーの種類が多いのは、個人的にウェルカムなんですが、名前を見るだけではどんなものがくるのかあまり想像できません・・・

 

悩んでいても仕方ないので、一杯目柿ラガー。
071228071945
柿の味はあまりしません。
味は全体的に薄めですね。
★7

 

二杯目、マタタビラガー。
071228132006
マタタビの焼酎漬けが入ってます。
こんな風に↓
071228122005
マタタビの味はようわかりませんが、焼酎の味はします(笑)
★7

 

真鯛のカルパッチョ。
071228081950

 

その3に続きます。

 

「エルベカーサ」
住所:岐阜県大垣市外渕2-51
電話:0584-89-0077

| | コメント (0)

新規176ヶ所目 ビールの現場から~岐阜県大垣市「水都プレミアム」その1

176ヶ所目の「現場」は岐阜県大垣市にある「エルベカーサ」。
071228182048
駅からも遠いし・・・ちょっと行きづらいかな。

 

お店は、こじんまりしていて親しみやすい感じ。
071228021939

 

そして、今回は皆さんに耳よりなお知らせが。
071228032501940
「8」のつく日はビール1杯250円っ!

 

燃えますねぇ。

 

その2に続きます。

 

「エルベカーサ」
住所:岐阜県大垣市外渕2-51
電話:0584-89-0077

 

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007最終回~黒豚を求めて

その19の続き。

 

「ビアライゼ」を出た後、「黒豚」を求めて天文館をウロウロ。
071227462135
最初に入ったのは写真のお店。

 

あれっ、あんまり無いやん黒豚メニュー。
071227402109

 

あの~お通し食べてる余裕無いんですけど(笑)
071227432110

 

やっと来ました黒豚バラ肉の味噌焼。
071227442121
ちょっと味濃いなぁ・・・

 

黒豚2軒目。
071227502150_5
その名も「黒福多(くろぶた)」。

 

またお通しからスタート(笑)
071227482148

 

結構お腹いっぱいだったので、さっぱりと「中身のネギ塩煮」から。
071227512154
さっぱり、ウマウマです。

 

そして「バラ照焼き」。
071227522156
ホントの所、ガツンとしゃぶしゃぶとか食べたかったんですが、お腹がもう限界で・・・

 

翌日は朝6時起床で、横浜に帰りました。
ビールはなしでした。

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その19~鹿児島「ビアライゼ」

その18の続き。

 

15時44分枕崎発の電車に乗って、鹿児島中央に戻ってきたのは18時過ぎ。
いやいや、お昼を枕崎で食べるだけで、1日仕事です(笑)。
車で行けばもっと早いんでしょうけど・・・

 

さて、この日の夕食は鹿児島市内で。

 

天文館にあるビアバー「ビアライゼ」。
071227382101071227392101
タバコ屋の横、シメイの旗が迎えてくれます。

 

飲める樽生は5種類!
美味しい「現場」も多いし、鹿児島のビール環境っていいですねぇ。

 

カウンター主体のお店なので、飲んで食べてウダウダする雰囲気ではありませんが、2軒目とか3軒目で寄るにはエエんとちゃいます?

 

この日のゲストビールは「城山カシス」。
昨日飲んだとこやって、しかも現場で(笑)

 

黒豚を食べるため、エーデルピルスを1杯だけ飲んで失礼しました。

 

最終回に続きます。

 

ビアライゼ
住所:鹿児島県鹿児島市千日町9-10
電話:099-227-0088

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その18~ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島

その17の続き。

 

3杯目「ブラック」。
071227281341
これも「黒芋」を使ってるんで、色は真っ黒・・・すいません、嘘です。
使用している芋は「ゴールド」と同じコガネセンガン。
麦芽のロースト度合いがちょうど良く、これが一番好き。
★8

 

4杯目「さつま白波かめ壺仕込み」。
071227291350
焼酎の「現場」でもありますから、これもお約束ということで。

 

お土産にかっこいいエプロンも買ったりして。
071227341435

 

かつお公社に寄ったりして。
071227351441071227361444

 

帰りの電車まで時間があったので、時間つぶしに必死です(笑)
また行ってみたい度は★3(5段階)。

 

その19に続きます。

 

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その17~ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島

その16の続き。

 

071227211323_4
食事のメニューです。
さすが「かつお」の町、枕崎。
「かつお」メニューが幾つか並んでます。

 

071227201322_2071227251329
頼んだのはランチメニューの中から、プティグルメランチ。
「プティグルメ」と銘打たれただけあって(笑)、しゃれたデザートなんかついてたりして。
071227301355

 

さて、ビールに戻りましょう。

 

2杯目「パープル」。
071227271333
泡の部分が紫色で、見た目はベルビュークリークみたい。
ただし色の由来は「紫芋」。
見た目につられてフルーティな感じを期待すると、完璧に裏切られます。
★6

 

その18に続きます。

 

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

 

275)鹿児島ビール旅行記 071227261331

 

 

 

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その16~ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島

その15の続き。

 

店内はこんな雰囲気。
071227231326
写真には写ってませんが、他にお客さんは数組。
平日の昼にしては、結構入ってるんじゃないでしょうか。

 

ビールのメニューはこちら。
071227181322
3種類飲めるみたいです。
それにしても1杯300円は、安いなぁ。

 

さっそく「ゴールド」からいただきました。
071227241327
色は確かにゴールド。
泡立ちも悪くないです。
ただこの「ゴールド」、そんじょそこらのゴールド系とは一味違います。
芋焼酎に使う「コガネセンガン」を使ってるらしく、見事に芋の風味が残っています。
見た目からは全くわからないだけに、不意をつかれます。
★7

 

その17に続きます。

 

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その15~ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島

その14の続き。

 

JRのどんつき「枕崎」駅から歩くこと約20分。
071227121301

 

川の向こうに、今回の現場「明治蔵」が見えてきました。
071227131315

 

到着しました、175ヶ所目の「現場」。
071227151318071227161318
「さつま白波」で有名な薩摩酒造さんがやってる、ビールの「現場」です。
南九州ではよくあるパターンですが、焼酎の「現場」でもあります。

 

店に入る前に、いきなりビアガーデンスペース。
071227321410
ものすごく立派です。
ストーブが置いてあるので、冬でもこのスペースで飲む人がいるということでしょう。
エエなぁ。

 

レストランの入り口を入ると、数々の賞状がお出迎えです。
071227331413071227311409

 

その16に続きます。

 

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その14~さらに南へ

その13の続き。

 

鹿児島ビール(焼酎)旅行2日目、鹿児島中央駅からスタートです。
071227010936

 

9時56分発の普通電車でまず指宿。
071227021004071227031113
指宿着は11時12分。

 

あてもなく改札を出るとこんなものが。
071227051119071227061119
足湯です。
次の電車まで20~30分あったので、温泉玉子を食べながらつかりました。

 

いやぁ、気持ちエエ。
071227071123

 

そしていよいよ枕崎へ。
071227091203
開聞岳を左に見ながら、ゴトゴトと。

 

13時前に、JR南の終着駅「枕崎」到着です。
071227111254
リアルに線路がここで終わっています。

 

その15に続きます。

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その13~焼酎の現場から「濱田酒造」鹿児島

その12の続き。

 

いくら試飲で酔っ払ったからといって、そこで帰れるほど神経が太くないので・・・
071226491903071226481903
試飲した中で一番気に入った「薩摩富士復刻版」。
黒麹で昔ながらの甕仕込み。
ワイルドな美味しさです。

 

そして、京セラの稲盛会長がお気に入りらしい「兼重」。
071226511917071226501916
パンチ力はやや欠けますが、バランスがいい感じです。
さすが稲盛会長!

 

いやぁ、満足満足。

 

ビールの現場としてだけみると、また行ってみたい度は★2といったところですが、焼酎も考慮すると★4にはなりますね。
また行きたいっす。

 

行きと同じ道をてくてく歩いて市来駅へ。
071226531943

 

鹿児島ビール(焼酎)旅行、1日目終了です。

 

その14に続きます。

 

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その12~焼酎の現場から「濱田酒造」鹿児島

その11の続き。

 

「伝」「宇吉」ときて、メニューを見ながら「次は何にしようか?」と思案していたところ、お店の人に話しかけられました。

 

店「どちらからこられたんですか?」

私「横浜です」

店「まあ、遠いところから・・・もう一杯いかがですか?」

私「エエ、いただこうと思ってるんですが、どれがエエやろうか悩んでしまって」

店「じゃ、試飲してみますか?」

私「いいんですか?」

 

で、適当に見繕って持ってきてもらいました。
071226471850
試飲にしては、多ないか?
これだけでそこそこイケるんちゃいますか。
現に、これを試飲しながら豚の角煮をいただきました。
071226431821

 

鹿児島の人は、何や暖かいですねぇ。

 

その13に続きます。

 

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その11~焼酎の現場から「濱田酒造」鹿児島

その10の続き。

 

引き続き「伝兵衛酒場」からの記事ですが、ここからはビールの話はゼロ。
ほとんど焼酎の話ですから、ご注意ください。

 

ビールを1杯飲んだところで、豊富に揃う焼酎にスイッチ。
071226411816071226441826
「伝」。
昔ながらの黄麹仕込みです。
フルーティな感じがします。

 

つまみは首折れ鯖の刺身。
071226421816
屋久島で取れるゴマサバを「首折れ鯖」と言うそうです。
美味っ!

 

焼酎2杯目。
071226451827071226461828
「宇吉」。
今度は黒麹。
やっぱり黒麹が一番好きやなぁ・・・

 

その12に続きます。

 

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その10~ビールの現場から「伝兵衛ビール」鹿児島

その9の続き。

 

さっ、ビール飲みましょう。
071226361748
なっ、何ぃ!1種類ぃぃ?
ってちょっと大げさに驚いてみましたが、事前の調べでそれぐらいはわかってました。
知らずにビールだけを目的に来ると、ちょっと凹むかもしれませんね。

 

071226391757
伝兵衛ビール、ケルシュタイプです。
1杯360ml、400円です。
見た目はいいですねぇ。
飲むとガスが強め、舌にピリリときます。
ケルシュですから、あまり苦味は感じません。
★6
ケルシュには、辛くなっちゃうんですよね、何故か。

 

まぁ、冷奴でも食べますか。
071226401808

 

その11に続きます。

 

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その9~ビールの現場から「伝兵衛ビール」鹿児島

その8の続き。

 

市来駅からてくてく歩いて、到着いたしました「伝兵衛蔵」。
071226331747
174ヶ所目の「現場」です。
赤いボトルが印象的な焼酎「海童」を造っている「濱田酒造」の蔵のひとつで、ここで「伝兵衛ビール」も造っているそうです。

 

夕方なのですでに閉館してしまっていましたが、とても立派な蔵です。
もっと早く来て、見学しとけば良かった・・・

 

静かな敷地内で、唯一灯りがともっているのがココ。
071226341748071226351748
「伝兵衛酒場」です。

 

店内は「焼酎」「蔵元」「酒場」と言ったキーワードから想像するより、全然モダン。
071226381752071226521936
高い天井に、コンクリートむき出しの壁。
その壁には大きなテレビが掛けられています。

 

食事のメニューです。
071226371751
和風のようで、洋風なようで・・・微妙ですな。

 

その10に続きます。

 

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その8~市来へ

その7の続き。

 

城山の「現場」のあと、天文館近くのホテルにチェックインし休憩。

 

「鹿児島中央駅」に隣接したSC、「アミュプラザ鹿児島」です。
071226281640
写真には写ってませんが、ビルインの観覧車がランドマークになっています。
昔の「西鹿児島駅」は、見る影もありません。

 

16時52分発串木野行きの鹿児島本線に乗って、市来までは30分と少し。
071226301727

 

駅から伸びる道。
071226311729
この道をズンズン歩くと、幹線道路にぶつかるので、右。

 

さらにズンズン歩くと、到着です。
071226321745

 

立派やなぁ。

 

その9に続きます。

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その7~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その6の続き。

 

「滝の茶屋」→「醸造所」→「ラウンジカサブランカ」と、ホテル内を移動してきました。
071226231432

 

席から外を眺めると桜島がかすかに・・・
071226211431

 

さてこの明るい店内で、見た目も美しいカシスエールをいただきます。
071226221432
フルーティで、適度な酸味。
ヴィジュアルから想像するより、かなりドライに仕上がってます。
確かにこれなら、食中酒としてもいけそうです。
★7

 

これで、この時飲める城山エールは全種制覇しました。

 

雰囲気も良ければ、料理も美味しいし、ビールも美味い。
また行ってみたい度は文句ナシの★5(5段階)。

 

ただ定番好きの私としては、もう少しコンサバティブなスタイルのビールも飲みたいな・・・と、ちょっとだけ思いました(笑)

 

その8に続きます。

 

ラウンジカサブランカ
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その6~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その5の続き。

 

レストランエントランスの横にある醸造所に案内され、醸造士のKさんに色々と教えていただきました。
071226201401

 

こんな機会はなかなかないので、先ほど疑問に思ったことを尋ねてみることに。

 

私「さっき飲んだベルギーホワイトですけど、以前横浜チアーズさんで飲んだときよりドライな感じがしたんですが・・・」
K「うちはホテルですから、食中酒として飲まれることが多いんです。料理と合わせることを考えると、少し糖度を下げたほうがいいと思って変えました」
私「そうだったんですか!なるほど・・・私の感じ方によるものだけではなかったってことですね」

 

K「ところで、ビールは全種類飲まれましたか?」
私「滝の茶屋で飲めるのは全部飲みましたが、確かあと一種類・・・」
K「カシスエールですね。飲めるお店にご案内します」
私「ご丁寧にありがとうございます」

 

平日の昼間とは言え、城山観光ホテルの皆さんに気遣いには、正直感動しました。
最初に声をかけていただいた女性の方、醸造士のKさん、お忙しいところありがとうございました。

 

その7に続きます。

 

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その5~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その4の続き。

 

4杯目はスタウト。
黒糖使っているんですって。
大きいほう(750円)でいただきました。
071226181336
少々冷えすぎですが、美味いです。
香ばしさが突出せず、実にバランスがいい感じです。
大きいほうで正解でした。
後半は適温でしたし。
★9

 

これで、このレストランで飲めるのは全種完飲。
と、ここでお店の人に話しかけられました。

 

店「ビールがご興味がおありですか?」

 

私「エエ、まあ・・・」

 

店「よろしかったら、醸造所をご案内しますが」

 

私「そうですか・・・ご迷惑でなければ」

 

店「ではご案内します。荷物はそのままで大丈夫です」

 

その6に続きます。

 

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その4~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その3の続き。

 

2杯目は薬膳エール。
アロエが入ってるらしいです。
これも未知数なので、小さい方で・・・
071226151319
アロエヨーグルトはほぼ毎日食べてるんですが、このアロエの味には心当たりはありません。
食感メインで食べてるからでしょうね。
健康にはいいらしいです。
★7

 

そして3杯目、ベルギーホワイト。
オレンジではなく、桜島小みかんとたんかんの皮を使ってるとのこと。
071226171326
今度は大きいの(750円)で行かせていただきました。
大きいので良かった、美味しいです。
柑橘系の香りがほのかで、とても上品な仕上がり。
以前横浜チアーズさんで飲んだときよりも、甘みが抑えられているように感じました。
★9

 

その5に続きます。

 

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その3~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その2の続き。

 

滝の茶屋」のビールメニュー。

 

071226071259

 

スタウトを最後に飲む以外、なかなか順番が決めづらいラインナップです。

 

かなり悩んだ末、オーダーしたのはハーブエール。
味が未知数なので、小さいサイズ(250mlくらい?)にしときました。

 

071226121306

 

きれいな写真ですねぇ、自分で言うのもなんですが(笑)
使われてるハーブはレモングラス、確かに味は紛れもなくレモングラスです。
大好きな「タイ」の香りがします。
と言っても、思っていたほどエグくなく、とてもいい塩梅です。
大きいサイズでも良かったかもしれません。
★8

 

料理が到着しました。

 

071226141317

 

これに下の薩摩地鶏がついて2,700円。

 

071226161324

 

ちょっと奮発してしまいました。
薩摩の名物てんこもりです。
豚骨なんて、軟骨までトロトロでした。

 

その4に続きます。

 

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その2~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その1の続き。

 

さて城山ブルワリー
新規173ヶ所目の「現場」です。
ここの「現場」はホテル内のため、10種類くらいあるレストランらラウンジでビールが楽しめます。
ただ、事前に電話で確かめたところ、全種類を1ヶ所で飲めるレストランは無いらしく、私のように全種類を飲もうとすると、2つのレストランのハシゴが必要となります。

 

どこで飲もうか15秒ほど悩みましたが、鹿児島っぽい料理が食べたかったので「和風レストラン 滝の茶屋」へ。
071226031255

 

「滝の茶屋」というだけあって、座った席から滝が見えます。
071226111303071226101302
音が心地いいですねぇ。

 

期待が高まってまいりました。
071226081302

 

その3に続きます。

 

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その1~まずは城山から

2007年の年末、鹿児島に行ってきました。
071226011136
鹿児島空港から、バスで中心街の天文館へ。

 

タクシーを拾い、城山観光ホテルへ。
071226271452

 

前から「いいホテル」やと聞いてはいましたが、その期待を裏切らない素敵なロケーションと雰囲気。

 

071226241450

 

雄大やなぁ、桜島。
大好きです、この景色。

 

鹿児島市外も一望できます。

 

071226261451

 

 

ビール旅行記ですから、ビール飲みまっせ。
071226021254

 

いざ!

 

その2に続きます。

 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その10 ビールの現場から~静岡県浜松市「はままつ地ビール」

その9の続き。

 

3杯目アルト。
071219091346
苦みと甘みがいいバランス。
もう少し苦いほうが個人的には好みですが、とっても美味しいアルトちゃいます?
★8
でもちょっと冷えすぎ。

 

4杯目と5杯目は同時に。
071219101354
まずは左のボックから。
色はヘレス並み。
ただ味は甘くてしっかり。
さすが8%。
最後に飲みたいビールですね。
★8
そして右のミュンヒナー。
いわゆるシュバルツですね。
甘くなく、比較的ドライ。
すっきりしていて、ナンボでもいける黒です。
★8

 

これでビールは終了。
久しぶりの訪問でしたが、なかなかいいですね、この「現場」。
ドイツっぽい雰囲気、ドイツっぽいビールが好きな人にはオススメです。
また行ってみたい度は★4。
071219081342

 

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146
071219131417

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その9 ビールの現場から~静岡県浜松市「はままつ地ビール」

その8の続き。

 

1杯目ヴァイツェン。
071219051333
300mlで420円。
香りは穏やかです。
色は薄めで、濁り強めです。
★7

 

ここで食事到着。
071219061337
ポトフ。
美味そうでしょう?
美味かったです(笑)

 

2杯目はヘレス。
071219071338
当たり前ですが、ホップの効きは穏やか。
ちょっと冷えすぎだったのが残念です。
★7

 

その10に続きます。

 

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146

 

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その8 ビールの現場から~静岡県浜松市「はままつ地ビール」

その7の続き。

 

名古屋の帰りに寄ったのが、この「現場」。
071219021329071219121417
JR浜松駅から歩いて約5分、「はままつ地ビール」の現場「マインシュロス」です。
来たのは3回目かな。

 

中途半端な時間と言うこともあり、360席ある店内はガラガラ。
071219031332
バイエルン地方のビアホールを彷彿とさせる店内は、とても立派です。

 

まずは恒例により、ビールのメニューから。
071219041332
このメニューに載っているビール4種に加えボックも飲めるそうです。
071219111355

 

続きはその9で。

 

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146

 

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その7 名古屋モーニング

その6の続き。

12月19日(水)。

翌日の朝食は外で。
せっかく名古屋まで来て「朝マック」というわけにはいかないので・・・
モーニング@名古屋_c0060651_0474190.jpg
名古屋名物のモーニング@喫茶店です。
トーストにワッフルにゆで玉子にジャム。
これが標準なのかどうなのか、さっぱりわかりませんが、名古屋の朝でした。

 

その8に続きます。

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その6 和歌山ラーメンまっち棒

その5の続き。

 

名古屋の千種に泊まったとき、ついつい行ってしまいました。
まっち棒@名古屋市千種区_c0060651_071024.jpg
鶴舞で飲んで、タクシーで千種に帰るとき見かけてつい・・・
最近ウェイトコントロールをしている関係で、深夜のラーメンは控えていたんですが、コレばっかりはどうしようもありませんでした(笑)
まっち棒@名古屋市千種区_c0060651_0104826.jpg
ご馳走様でした。
お腹いっぱいになりました。

 

その7に続きます。

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その5 名古屋・鶴舞「THE LONDON PUB TOWSER(タウザー)」

その4の続き。

 

2杯目もいわて蔵のIPA。
07121824ipa2201
UKパイントで1,000円です。
さすがIPA、強い生ホップの香りです。

 

つまみはイギリスっぽいメニューが並んでる中から・・・
071218192137

 

サラミ&チーズパイ。
071218232157
粉っぽいところが、実にイギリスっぽい(笑)

 

チャージ500円は少々高いけど、鶴舞を名古屋に定宿にしたくなるほど、いい店でした。

 

その6に続きます。

 

THE LONDON PUB TOWSER(タウザー)」←ぐるなび
住所:名古屋市中区千代田2-14-24
電話:052-242-8848

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その4 名古屋・鶴舞「THE LONDON PUB TOWSER(タウザー)」

その3の続き。

 

浩養園」の後、歩いて鶴舞方向へ。
以前藤原ヒロユキさんのブログで見て、「今度名古屋行ったら行こう!」と思っていたお店です。
都合のエエことに、「浩養園」の現場から歩いて10分ほど。
ネットで場所を知った時、思わず「ビンゴッ!」って言いそうになりました(笑)

 

071218182134071218252226
外観、かっこいいです。
外にも飲む席があるんですね。

 

店に入るとシガー(葉巻)の香り。
071218222143
シガー&ビールと言えば、洗足の「PANGAEA(パンゲア)」さんですが、こんなところにもありました。

 

かかっている音楽はジャズ。
かなりオールマイティに使えそうなお店です。

 

ビールのラインナップも豊富。
071218212138

 

と言いながら最初に頼んだのは、いわて蔵のクラフトサイダー。
071218202137
ビールちゃうやん(笑)
ブラックソーンなんかと比べると、少々甘めです。

 

その5に続きます。

 

THE LONDON PUB TOWSER(タウザー)」←ぐるなび
住所:名古屋市中区千代田2-14-24
電話:052-242-8848

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その3 ビールの現場から~名古屋市千種区「浩養園地ビール」

その2の続き。

 

食事のメニューは実に豊富。
071218092041071218102041
和、洋、バーベキューと選べるうちの、「洋」でこれだけあるんですから、全体ではメチャクチャ色んなメニューから選べることになります。
恐るべし、浩養園。

 

で、私が食べたモノ。
071218112045071218132049
和牛たたきにんにく醤油漬けと、明宝ハムカツ。
ハムカツ、なかなか美味でした。

 

そして最後、エールです。
071218152057
色から言うと、ペールエールでしょうか。
ややホップが効いていて、ボディもややしっかり。
微妙です。
ジョッキがあまり似合いません。
★6

 

サッポロさんがやられている「現場」なので、ビアホールとしてのレベルは高いです。
ちょっと駅からは歩きますが。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)。

 

その4に続きます。

 

名古屋ビール園 浩養園
住所:名古屋市千種区千種2-24-10 
電話:052-741-0211  

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その2 ビールの現場から~名古屋市千種区「浩養園地ビール」

その1の続き。

 

071218022032
ここのオリジナル(いわゆる地ビール)は、3種類。
ヴァイツェン、ピルスナー、ペールエール・・・ベタベタですな。

 

サッポロなんで、こんなビールも生で飲めます。
071218032032
ハーフ&ハーフを除くと、全体では7種類飲めることになります。
そう考えれば、充実したビアホールだと言えるんじゃないでしょうか。

 

1杯目はヴァイツェン。
071218052035
クセのない味です。
ガス圧弱めで、飲みやすいです。
★7

 

2杯目はピルスナー。
071218122047
まず目を引くのは、ものすごく背が高いグラス。
飲むとスッキリ系のピルスナーであることがわかります。
★7
それにしても、背が高い・・・

 

その3に続きます。

 

名古屋ビール園 浩養園
住所:名古屋市千種区千種2-24-10 
電話:052-741-0211  

| | コメント (0)

名古屋・浜松ビール旅行記2007その1 ビールの現場から~名古屋市千種区「浩養園地ビール」

12月18日(火)。

 

名古屋駅からJR中央本線で千種駅。
071218012011
ホテルにチェックインし、徒歩で「現場」を目指します。
15分ほど、住宅地の中を歩くと見えてきました!
071218162114
名古屋ビール園 浩養園」です。
新規の「現場」としては172ヶ所目になります。

 

以前この隣にサッポロビールの名古屋工場があったようなのですが、今はイオンの巨大ショッピングセンターになっちゃったみたいですね。

 

庭に滝はあるわ、
071218062039

 

天井は高いわ、
071218042034

 

ものすごく立派なビアホールです。
和・洋・バ(バーべキュー)エリアが選べるんですが、私は洋をチョイス。
客層は極めて普通。
隣のイオンに来た帰りに来られる方も多いんでしょうね。

 

その2に続きます。

 

名古屋ビール園 浩養園
住所:名古屋市千種区千種2-24-10 
電話:052-741-0211  

| | コメント (0)

横浜・センター北「いのこりや」

センター北にある居酒屋「いのこりや」
ここは結構人気のお店で、今まで行こうとしたときはいつも満員。
やっと入れました。
センター北「いのこりや」_c0060651_1631440.jpgセンター北「いのこりや」_c0060651_16313134.jpg
あまりに空いてて、ちょっと拍子抜け。
たまたまなんでしょうね。

メニューはかなり豊富。
センター北「いのこりや」_c0060651_16325025.jpg
こんな感じで何ページも続きます。
これが人気の秘密かも。

お通しであん肝。
センター北「いのこりや」_c0060651_16372697.jpg
そして「森の四重奏マリネ」と「スタミナ焼」。
センター北「いのこりや」_c0060651_16385835.jpgセンター北「いのこりや」_c0060651_16401025.jpg
マリネは少々酸味が強い感じがしましたが、スタミナ焼はいい感じでにんにくが効いてました。

最後に焼鳥を何本か。
センター北「いのこりや」_c0060651_16504585.jpg
ご馳走様でした。

いのこりや
住所:横浜市都筑区中川中央1-33-7
電話:045-914-6177  

| | コメント (0)

ガージェリーエステラ@六本木「itsumo」→「Abbot's Choice」

忘年会シーズンの六本木です。
07121201itumo1858
会員制居酒屋(?)の「itumo」というお店です。
居酒屋とはいうものの、いかにも六本木。
さすが「会員制」といった趣のお店でした。
そこで「生」と言って出てきたビールがコレ。
071212021904
特徴的なグラスなのですぐわかります、ガージェリーのエステラです。
もちろん、スタウトもあります。

 

飲んで食ったあと、久しぶりの「Abbot's Choice(アボット・チョイス)」へ。

 

さすが店内は、ほぼ満席。
カウンターでアボットエールをいただいて、この日は家路につきました。
071212032209
すいません、少々風邪気味やったもんで・・・

 

Abbot's Choice(アボット・チョイス)
住所:港区六本木5-1-5加藤ビル2階
電話:03-3475-0353

 

ビールなお店(六本木・アボットチョイス)

 

 

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その13 ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」9回目

その12の続き。

 

071210322349-1

明石の「現場」に行った後、吸い寄せられるように閉店間際の「BEER BELLY」にお邪魔しました。

十分飲んで食べたので、これ以上飲む必要も食べる必要もないんですが、泊まってるホテルがすぐ近くなのでつい・・・

071210302211-1 071210312226-1

メモによると「いわて蔵」のレッドエールとか、「箕面」のピルスナーとかスタウトとか飲んだみたいです(笑)

 

BEER BELLY」土佐堀店

住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F

電話:06-6441-0717

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その12 ビールの現場から~兵庫県明石市「明石ビール」

その11の続き。

 

071210201827

3番「明石浪漫ビール」。

HPによればブラウンエールとのこと。

ホップ強すぎず適度。

かと言って甘みが強いタイプのブラウンエールでもありません。

私の好みです。

★8

071210241842

4番「悠久の刻」。

かなり香ばしいですね、コレ。

こんなに香りがする「黒系」のビールは、あんまり経験ないです。

美味い!

★8

 

飲んでる間に他のお客さんも増え、周りから「わかっとー」とか「知っとー」とか聞こえてきて、メチャクチャ懐かしかったです。

また行ってみたい度は★4(5段階)です。

071210261902 071210271904

 

その13に続きます。

 

明石ブルワリー

住所:兵庫県明石市大久保町西島 1194

電話:078-948-2060

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その11 ビールの現場から~兵庫県明石市「明石ビール」

その10の続き。

 

071210181817-1071210191818-1

たこわさび、税込199円。

明石と言えば、やっぱり「たこ」でしょう。

071210161810-1071210131805-1

お造り5点盛り(1,380円)。

海老が入ってたのは誤算でした(笑)

071210211831 071210221831-1

淡路産穴子の天ぷら。

071210251845071210231839-1

明石たこの天ぷら(500円)。

 

その12に続きます。

 

明石ブルワリー

住所:兵庫県明石市大久保町西島 1194

電話:078-948-2060

 

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その10 ビールの現場から~兵庫県明石市「明石ビール」

 

その9の続き。

 

071210101755071210141806

まだ少々時間が早いので、ガラガラです。

071210121805-1 

しかしここのレストラン、以前(2002年頃まで)は回転寿司だったんですが、変わっちゃってますねぇ。

「寿司モード」で歩いて来たので、少々がっかりでした(笑)

071210111805

ビールメニューです。

ジョッキ(400ml)1杯525円、リーズナブルですね。

071210151806

1番「明石の君」。

ヴァイツェンタイプですね。

小麦系がある場合、大抵1番を任せることが多いです、私の場合。

日本の地ビールでお目にかかることが多い、スッキリサッパリ系のヴァイツェンです。

色は薄く、香りもさほど強くありません。

万人受けするかもしれませんが、「すごく好き」にはなりづらいですね。

★7

071210171817

2番「明石海岸ビール」。

ピルスナーかな。

ちょっと苦めで、適度なぬるさ。

結構美味しいやん!

★8

 

その11に続きます。

 

明石ブルワリー

住所:兵庫県明石市大久保町西島 1194

電話:078-948-2060

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その9 ビールの現場から~兵庫県明石市「明石ビール」

その8の続き。

 

大阪から明石への移動の途中、ちょっと寄り道。

071210051537

阪急「夙川」駅。

ここから、甲陽園へ。

071210061549

ケーキハウス ツマガリ」。

我が家が大好きなケーキ屋さんです。

ここで買物をして、目的地の明石へ。

JR明石駅で山陽電鉄に乗り換え、約10分。

071210071740

江井ヶ島駅に到着。

目的地「明石ブルワリー」を指す看板もなければ、人の流れもありません。

海沿いにあることは、以前行った経験からわかっていたので、脳内GPSを信じてとにかく海の方向へ進みます。

071210281913

しかし寂しいです、暗いです。

しかも道が真っ直ぐじゃないので、どこに向かって進んでいるのかわかりづらいのがつらいとこです。

そして歩くこと約15分。

 071210091754071210081754

明石ブルワリー」到着です。

 

その10に続きます。

 

明石ブルワリー

住所:兵庫県明石市大久保町西島 1194

電話:078-948-2060

 

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その8 ビールの準現場から〜大阪・江戸堀「箕面ビール」8回目

その7の続き。

 

12月10日(月)。

近鉄特急で、大阪へ。

071210010809

近鉄特急、安くて好きです。

 

昼食は大阪で。

071210041149

いつもの肥後橋ではなく、ランチもやってる江戸堀の「BEER BELLY」に行ってみました。

071210031134

食べたのはチキンカレー。

071210021129

飲んだのはひでじピルスナー。

ランチなので、1杯200円。

ま、昼やからこれくらいにしときます。

 

その9に続きます。

 

BEER BELLY」江戸堀店

住所:大阪市西区江戸堀2-1-21ファミール江戸堀1F

電話:06-6445-6366

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その7 三重・松阪「新羅飯店 家族亭」

その6の続き。

 

「元祖ホルモン脇田屋本店」から歩くこと約10分。

071209491729

一転イルミネーションも鮮やかな「新羅会館 家族亭」。

外観もきれいですが、中もきれい。

天井も高いし、空間もゆったり。

すでにお客さんでいっぱいなのも、納得です。

071209521743

さっきは味噌ダレにやられたので、今度はテッチャンを塩で。

071209531748

そしてハラミをタレで。

071209541817

最後に締めで、ビビン麺のハーフサイズ。

ごま油の味が強い感じのビビン麺でした。

近くにあったらしょっちゅう行きたくなるような、いいお店でした。

ただ、松阪やからなぁ・・・

 

その8に続きます。

 

新羅会館 家族亭

住所:三重県松阪市垣鼻町503

電話:0598-21-8929 

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その6 三重・松阪「元祖ホルモン脇田屋本店」

その5の続き。

 

今日のお店はコチラ。

071209481719 071209431649

元祖ホルモン脇田屋本店」。

時間が早かったため、私以外には一組だけ。

071209421648

メニュー。

勝手に想像していたのより、かなりシンプル。

「これどこの部位?」みたいなものは、見当たりません。

071209441649

お通し(キムチ)&生ビール。

071209451650

そしてシマチョウ(700円)&上カルビ(1,000円)登場。

上にかかっている、色黒の物体は秘伝の味噌ダレ。

071209461652

こいつを七輪でじゅじゅっと!

味噌ダレは見て想像がつくとおり、八丁味噌ベース。

かなり味がしっかりしていますので、好みは分かれるところだと思います。

シマチョウは歯ごたえ、プリプリ感ともなかなかのものでした。

ただ、わざわざ松阪に行ってまで食べるものかと言われると・・・何とも判断が難しいところです。

 

その7に続きます。

 

元祖ホルモン脇田屋本店

住所:三重県松阪市長月町12番地

電話:0598-22-1129

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その5 松阪散歩

その4の続き。

 

071209241348071209251350

13時48分、伊勢八知駅。

51分発で、再び松坂へ。

 

松阪は、以前毎年のようにWGPを鈴鹿に観に行ってた頃、何回も泊まったことがある町。

懐かしさもあり、ブラブラと散歩。

071209261604

松坂牛の有名店「ステーキハウス三松」。

一度だけ行ったことあります。

ステーキだと、値段が高くなっちゃうのが難点。

071209271604

こちらも松坂牛の有名店「和田金」。

ここも一度行ったことあります。

自前の牧場を持っているのが特徴。

近代的なビルだったのが、好みじゃなかったです。

071209281610 071209291611

松阪神社。

071209301611071209321612

御城番屋敷。

071209361624

本居宣長旧宅。

071209351619

牛銀」の看板発見!

松阪へ!_c0060651_12522799.jpg

そしてこれが「牛銀本店」。

ひととおり訪問した中では、このお店が一番お気に入り。

肉はもちろん、店の雰囲気がいいんですよねぇ。

でも今回は行ってません。

そろそろ、今日のお店に向かいますか。

 

その6に続きます。

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その4 ビールの現場から~三重県津市「火の谷高原ビール」

その3の続き。

 

071209191243

フードメニュー。

それほどお腹が空いていたわけではないんですが、何となく一番上の「チキン&リブ」をオーダーしてしまいました。

071209181242

ドーン!

軽い気持ちで頼むには、あまりにもヘビー。

あまりにもボリューミィ。

何とかこの大きさを伝えようと思い、手持ちのiPodシャッフルを左上に置いてみました。

大きさ伝わりますでしょうか?

071209151235

しかもコーンブレッドがセット。

スペアリブはさすが、美味しいです。

メチャクチャ柔らかいですし。

チキンは同じ味付けなので、スペアリブを食べた方には強くオススメしません(笑)


071209211255

3杯目、レッドエール。

色のわりには、スッキリサッパリ。

料理に良く合います。

★8

071209221307
4杯目、ポーター。

すっきり香ばしいポーターです。

美味しいなぁ。

★9

交通の便はイマイチですが、スペアリブは美味しいし、ビールも美味いし、良い「現場」やと思います。

と言うわけで、また行ってみたい度は★4(5段階)。

次は家族と来れたらエエなぁ。

 

その5に続きます。

 

シカゴ・フォー・リブス

住所:三重県津市美杉町八知5926

電話:059-272-1102

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その3 ビールの現場から~三重県津市「火の谷高原ビール」

その2の続き。

 

恒例により、ビールメニューから。

071209121228-1 071209111228-1

本来であれば「マグジョッキ(600ml)」で飲みたいところなんですが、時間の制約もあったので、グラス(350ml)を注文することにしました。

ビールの種類は4種類。

ペールエール、ピルスナー、ポーター、レッドエールです。

順番は・・・決まったな。

071209131229
1杯目、ピルスナー(5.8%)。

350mlとは言え、見た目USP。

色は薄め、少々濁っています。

泡もちは残念ながら良くないです。

少々苦めのバランスで、欧風か米風かで言うと米風。

メニューには「ヨーロピアンザーツホップ」とありますが、飲んだ感じはあくまで米風。

★7

07120917pa1242
2杯目、ペールエール。

色は普通にペール。

こちらも米風なペールエール。

★8

 

その4に続きます。

 

シカゴ・フォー・リブス

住所:三重県津市美杉町八知5926

電話:059-272-1102

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その2 ビールの現場から~三重県津市「火の谷高原ビール」2回目

その1の続き。

 

はるばるやってきました「火の谷高原ビール」の現場。

071209231325 071209101225

ここへは、以前家族で一度来たことがあるので、2度目の訪問になります。

ロサンゼルスから上陸した、スペアリブ専用のレストランなんだそうです。

071209161235 071209141232

店内は天井が高いことに加え、開口部が多く、大変開放的。

私の座った席からも、美杉の山々が間近に見えます。

 

その3に続きます。

 

シカゴ・フォー・リブス

住所:三重県津市美杉町八知5926

電話:059-272-1102

| | コメント (0)

三重・大阪・兵庫ビール旅行記2007その1 「火の谷高原ビール」現場への道

12月9日(日)。

三重県の美杉にある「火の谷高原ビール」の現場に向かって新横浜を出発。

「火の谷高原ビール」の現場には、以前一度行ったことがあるんですが、その時は車で。

すごく奥地だったので、とても電車で行けるとは思えませんでしたが、よくよく調べると行けるんですねぇ。

名古屋からは、特急「南紀3号」に乗り換え。

0712090131001

車内の平均年齢、かなり高め。

私が一番若いくらいです。

071209021057 071209031113

津を過ぎ、松坂に着いたのは11時過ぎ。

そして松阪で名松線に乗り換え。

071209041113

名松線に揺られること約1時間。

071209061214 071209051213

伊勢八知駅に到着です。

ここから徒歩で「現場」を目指します。

071209071215

ホンマに着くんやろか・・・

071209081222

7分ほど歩いたところで、案内看板発見。

よかった、間違ってなかったみたいです。

坂を登っていくと、「現場」発見。

071209091225

駅から約10分。

結構近いですね。

 

その2に続きます。

| | コメント (2)

ビールの現場から〜横浜市鶴見区「キリンビール横浜工場」

生麦と言えば、「生麦事件」。
薩英戦争のきっかけになった、奈良原喜左衛門ら薩摩藩士がイギリス人に斬りかかった事件ですが、その話はここで終わり。
いつものように、ビールの話です。
071206071919
Shunさんといったキリンの「現場」です。
071206121925071206162009
07120617202907120618pa2100
左上スプリングバレー、右上ボック。
左下デュンケル、右下ペールエール。

 

そしてここの「現場」で一番のお気に入りのラガー。
071206151948
鼻に抜けていく香りが、とても華やか。
相変わらず美味です。

 

この後、当然のように「キングペリカン」に移動し二次会。

 

生麦満喫コースでした。
横浜市民でよかった。
071206141929

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

横浜・鶴見「GGC(グレート・ジャーマン・クック)鶴見店」

以前「ビール東海道中膝栗毛」で前を通った、「GGC(グレート・ジャーマン・クック)鶴見店」。
07120606ggc1849

 

蒲田店より、1階だけの広さだったら広いかもしれません。
071206051847

 

レーベンブロイをいただきました。
071206031816

 

おつまみ2品とセットで、1,350円。
071206041822

 

雰囲気やメニューは、当たり前かもしれませんが、蒲田店と同じです。

 

「GGC(グレート・ジャーマン・クック)」鶴見店
住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-2-4
電話:045-502-3458

 

| | コメント (2)

荒木町「二○家」 → 四谷「THREE THREAD」

荒木町の博多料理屋「二○家(にわけ)」で忘年会。
071204011817

 

お開きになった後、近くの「THREE THREAD」に行きました。
07120404threethread2239
二階もあるようなんですが、一階のカウンターへ。
樽生はギネス、ジョンスミス、エビス、ステラアルトワ、ハイネケン、パウラナー。
結構種類があります。

 

1杯目はパウラナー。
071204022106
通常の時間だとこのサイズで1,200円なんですが、20時までのハッピーアワーだと何と600円!
恐ろしいほど割安。
1杯飲むごとに「1,200円払ったつもり貯金」を600円するとしましょう。
1回3杯、週4回、1年間通った場合の試算をしてみると・・・
600×3×4×52=374,400!
驚くべきことに、たった1年で37万円も「つもり貯金」できることになります。
ま、あんまり意味ないですけど(笑)

 

そしてシメイ青、1,000円。
071204032151
これも結構安いんじゃないでしょうか。

 

四谷駅から歩いてそう遠くないですから、また来れそうです。

 

THREE THREAD
住所:新宿区四谷2-4-11
電話:03-3353-1450

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »