« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

鹿児島ビール旅行記2007その2~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その1の続き。

さて城山ブルワリー
新規173ヶ所目の「現場」です。
ここの「現場」はホテル内のため、10種類くらいあるレストランらラウンジでビールが楽しめます。
ただ、事前に電話で確かめたところ、全種類を1ヶ所で飲めるレストランは無いらしく、私のように全種類を飲もうとすると、2つのレストランのハシゴが必要となります。

どこで飲もうか15秒ほど悩みましたが、鹿児島っぽい料理が食べたかったので「和風レストラン 滝の茶屋」へ。
071226031255

「滝の茶屋」というだけあって、座った席から滝が見えます。
071226111303071226101302
音が心地いいですねぇ。

期待が高まってまいりました。
071226081302

その3に続きます。

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その1~まずは城山から

2007年の年末、鹿児島に行ってきました。
071226011136
鹿児島空港から、バスで中心街の天文館へ。

タクシーを拾い、城山観光ホテルへ。
071226271452

前から「いいホテル」やと聞いてはいましたが、その期待を裏切らない素敵なロケーションと雰囲気。

071226241450

雄大やなぁ、桜島。
大好きです、この景色。

鹿児島市外も一望できます。

071226261451


ビール旅行記ですから、ビール飲みまっせ。
071226021254

いざ!

その2に続きます。

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

ビターばかり5杯 ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」10回目

1月17日、厄除けの前日に行ってきました土佐堀の「BEER BELLY」。
この日は何故か他のお客さんも少なく。

この日の1杯目はコレ。
080117011943
限定醸造のイングリッシュビターです。
いやぁ、お見事。
Y店長が「きっと気に入ってもらえると思いますよ」と、自信満々なのも頷ける味です。
甘さも苦さもとがったところがなくて・・・
キルケニーとバスペールエールの間くらいの、正調ビターといった感じでしょうか。

2杯目もビター。

3杯目もビター。

4杯目もビター。

そして5杯目もビター。

この日はビター以外飲みませんでした。
こういう日があってもエエかと思いまして。

BEER BELLY」土佐堀店
住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F
電話:06-6441-0717
080117021954

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「はままつ地ビール」その3

その2の続き。

3杯目アルト。
071219091346
苦みと甘みがいいバランス。
もう少し苦いほうが個人的には好みですが、とっても美味しいアルトちゃいます?
★8
でもちょっと冷えすぎ。

4杯目と5杯目は同時に。
071219101354
まずは左のボックから。
色はヘレス並み。
ただ味は甘くてしっかり。
さすが8%。
最後に飲みたいビールですね。
★8
そして右のミュンヒナー。
いわゆるシュバルツですね。
甘くなく、比較的ドライ。
すっきりしていて、ナンボでもいける黒です。
★8

これでビールは終了。
久しぶりの訪問でしたが、なかなかいいですね、この「現場」。
ドイツっぽい雰囲気、ドイツっぽいビールが好きな人にはオススメです。
また行ってみたい度は★4。
071219081342

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146
071219131417

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「はままつ地ビール」その2

その1の続き。

1杯目ヴァイツェン。
071219051333
300mlで420円。
香りは穏やかです。
色は薄めで、濁り強めです。
★7

ここで食事到着。
071219061337
ポトフ。
美味そうでしょう?
美味かったです(笑)

2杯目はヘレス。
071219071338
当たり前ですが、ホップの効きは穏やか。
ちょっと冷えすぎだったのが残念です。
★7

その3に続きます。

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「はままつ地ビール」その1

名古屋の帰りに寄ったのが、この「現場」。
071219021329071219121417
JR浜松駅から歩いて約5分、「はままつ地ビール」の現場「マインシュロス」です。
来たのは3回目かな。

中途半端な時間と言うこともあり、360席ある店内はガラガラ。
071219031332
バイエルン地方のビアホールを彷彿とさせる店内は、とても立派です。

まずは恒例により、ビールのメニューから。
071219041332
このメニューに載っているビール4種に加えボックも飲めるそうです。
071219111355

続きはその2で。

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146

| | コメント (0)

名古屋・鶴舞「THE LONDON PUB TOWSER(タウザー)」その2

その1の続き。

2杯目もいわて蔵のIPA。
07121824ipa2201
UKパイントで1,000円です。
さすがIPA、強い生ホップの香りです。

つまみはイギリスっぽいメニューが並んでる中から・・・
071218192137

サラミ&チーズパイ。
071218232157
粉っぽいところが、実にイギリスっぽい(笑)

チャージ500円は少々高いけど、鶴舞を名古屋に定宿にしたくなるほど、いい店でした。

THE LONDON PUB TOWSER(タウザー)」←ぐるなび
住所:名古屋市中区千代田2-14-24
電話:052-242-8848

| | コメント (0)

名古屋・鶴舞「THE LONDON PUB TOWSER(タウザー)」その1

浩養園」の後、歩いて鶴舞方向へ。
以前藤原ヒロユキさんのブログで見て、「今度名古屋行ったら行こう!」と思っていたお店です。
都合のエエことに、「浩養園」の現場から歩いて10分ほど。
ネットで場所を知った時、思わず「ビンゴッ!」って言いそうになりました(笑)

071218182134071218252226
外観、かっこいいです。
外にも飲む席があるんですね。

店に入るとシガー(葉巻)の香り。
071218222143
シガー&ビールと言えば、洗足の「PANGAEA(パンゲア)」さんですが、こんなところにもありました。

かかっている音楽はジャズ。
かなりオールマイティに使えそうなお店です。

ビールのラインナップも豊富。
071218212138

と言いながら最初に頼んだのは、いわて蔵のクラフトサイダー。
071218202137
ビールちゃうやん(笑)
ブラックソーンなんかと比べると、少々甘めです。

その2に続きます。

THE LONDON PUB TOWSER(タウザー)」←ぐるなび
住所:名古屋市中区千代田2-14-24
電話:052-242-8848

| | コメント (0)

ビールの現場から~名古屋市千種区「浩養園地ビール」その3

その2の続き。

食事のメニューは実に豊富。
071218092041071218102041
和、洋、バーベキューと選べるうちの、「洋」でこれだけあるんですから、全体ではメチャクチャ色んなメニューから選べることになります。
恐るべし、浩養園。

で、私が食べたモノ。
071218112045071218132049
和牛たたきにんにく醤油漬けと、明宝ハムカツ。
ハムカツ、なかなか美味でした。

そして最後、エールです。
071218152057
色から言うと、ペールエールでしょうか。
ややホップが効いていて、ボディもややしっかり。
微妙です。
ジョッキがあまり似合いません。
★6

サッポロさんがやられている「現場」なので、ビアホールとしてのレベルは高いです。
ちょっと駅からは歩きますが。

また行ってみたい度は★3(5段階)。

名古屋ビール園 浩養園
住所:名古屋市千種区千種2-24-10 
電話:052-741-0211  

| | コメント (0)

ビールの現場から~名古屋市千種区「浩養園地ビール」その2

その1の続き。

071218022032
ここのオリジナル(いわゆる地ビール)は、3種類。
ヴァイツェン、ピルスナー、ペールエール・・・ベタベタですな。

サッポロなんで、こんなビールも生で飲めます。
071218032032
ハーフ&ハーフを除くと、全体では7種類飲めることになります。
そう考えれば、充実したビアホールだと言えるんじゃないでしょうか。

1杯目はヴァイツェン。
071218052035
クセのない味です。
ガス圧弱めで、飲みやすいです。
★7

2杯目はピルスナー。
071218122047
まず目を引くのは、ものすごく背が高いグラス。
飲むとスッキリ系のピルスナーであることがわかります。
★7
それにしても、背が高い・・・

その3に続きます。

名古屋ビール園 浩養園
住所:名古屋市千種区千種2-24-10 
電話:052-741-0211  

| | コメント (0)

ビールの現場から~名古屋市千種区「浩養園地ビール」その1

名古屋駅からJR中央本線で千種駅。
071218012011
ホテルにチェックインし、徒歩で「現場」を目指します。
15分ほど、住宅地の中を歩くと見えてきました!
071218162114
名古屋ビール園 浩養園」です。
新規の「現場」としては172ヶ所目になります。

以前この隣にサッポロビールの名古屋工場があったようなのですが、今はイオンの巨大ショッピングセンターになっちゃったみたいですね。

庭に滝はあるわ、
071218062039

天井は高いわ、
071218042034

ものすごく立派なビアホールです。
和・洋・バ(バーべキュー)エリアが選べるんですが、私は洋をチョイス。
客層は極めて普通。
隣のイオンに来た帰りに来られる方も多いんでしょうね。

その2に続きます。

名古屋ビール園 浩養園
住所:名古屋市千種区千種2-24-10 
電話:052-741-0211  

| | コメント (0)

私の好きな「現場」その1~ビールのラインナップ

このブログも4年目を迎えたので、ここらで私の好きな「現場(国内)」の条件をつらつらと。
遅すぎる気もしますが、お許しを。

好きな「現場」の条件その1~ビールのラインナップ

ビールのラインナップは当然ですが、とっても大事。
わざわざ「現場」行ってアルトとケルシュだけだと、正直ちょっと凹みます(笑)
別にアルトとケルシュに罪はないんですけどね。

というわけで、できれば「現場」では3種類は飲みたいです。
できれば定番4種プラス季節モノ1種かな。

そして忘れちゃいけないヴァリエーション。
私のイメージする基本ヴァリエーションは、小麦系+ラガー系+淡色系エール+濃色系エール+黒色系って感じでしょうか。
例えば・・・オホーツクでしょ、スワンレイクでしょ、ちょっと変則的ですが浜名湖とか。
この基本から何が多くて何が少ないかで、各「現場」の個性を感じ取っています。

ラガー系に力を入れているところもあれば、小麦系に力を入れているところもあります。
それらを感じ取ることが出来るのが、「現場」のいいところですね。

今日はとりあえずこのへんで。

その2(食事)に続きます。

| | コメント (0)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2004年12月に始めたこのブログも丸3年。
世の中的にもワタシ的にも、ブログ形式に若干「飽き」がきておりますが、当面この調子でダラダラと続けていこうと思っております(笑)

よろしくお願いいたします。

さて2008年最初のビール画像はこれ。
080103011109
アンカーのスペシャルエールです。
クリスマス用に買ったんですが、飲むチャンスがなくて正月になってしまいました。
ま、ラベルにも「クリスマス&ハッピーニューイヤー」と書いてあるんで、いいでしょう。
080103021110080103031111
これが新年1杯目のビールとかだったらマニアらしいんですが、1杯目は普通にキリンラガー。

グダグダのスタートです。

| | コメント (8)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »