« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

鹿児島ビール旅行記2007最終回~黒豚を求めて

その19の続き。

「ビアライゼ」を出た後、「黒豚」を求めて天文館をウロウロ。
071227462135
最初に入ったのは写真のお店。

あれっ、あんまり無いやん黒豚メニュー。
071227402109

あの~お通し食べてる余裕無いんですけど(笑)
071227432110

やっと来ました黒豚バラ肉の味噌焼。
071227442121
ちょっと味濃いなぁ・・・

黒豚2軒目。
071227502150_5
その名も「黒福多(くろぶた)」。

またお通しからスタート(笑)
071227482148

結構お腹いっぱいだったので、さっぱりと「中身のネギ塩煮」から。
071227512154
さっぱり、ウマウマです。

そして「バラ照焼き」。
071227522156
ホントの所、ガツンとしゃぶしゃぶとか食べたかったんですが、お腹がもう限界で・・・

翌日は朝6時起床で、横浜に帰りました。
ビールはなしでした。

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その19~鹿児島「ビアライゼ」

その18の続き。

15時44分枕崎発の電車に乗って、鹿児島中央に戻ってきたのは18時過ぎ。
いやいや、お昼を枕崎で食べるだけで、1日仕事です(笑)。
車で行けばもっと早いんでしょうけど・・・

さて、この日の夕食は鹿児島市内で。

天文館にあるビアバー「ビアライゼ」。
071227382101071227392101
タバコ屋の横、シメイの旗が迎えてくれます。

飲める樽生は5種類!
美味しい「現場」も多いし、鹿児島のビール環境っていいですねぇ。

カウンター主体のお店なので、飲んで食べてウダウダする雰囲気ではありませんが、2軒目とか3軒目で寄るにはエエんとちゃいます?

この日のゲストビールは「城山カシス」。
昨日飲んだとこやって、しかも現場で(笑)

黒豚を食べるため、エーデルピルスを1杯だけ飲んで失礼しました。

最終回に続きます。

ビアライゼ
住所:鹿児島県鹿児島市千日町9-10
電話:099-227-0088

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その18~ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島

その17の続き。

3杯目「ブラック」。
071227281341
これも「黒芋」を使ってるんで、色は真っ黒・・・すいません、嘘です。
使用している芋は「ゴールド」と同じコガネセンガン。
麦芽のロースト度合いがちょうど良く、これが一番好き。
★8

4杯目「さつま白波かめ壺仕込み」。
071227291350
焼酎の「現場」でもありますから、これもお約束ということで。

お土産にかっこいいエプロンも買ったりして。
071227341435

かつお公社に寄ったりして。
071227351441071227361444

帰りの電車まで時間があったので、時間つぶしに必死です(笑)
また行ってみたい度は★3(5段階)。

その19に続きます。

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その17~ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島

その16の続き。

071227211323_4
食事のメニューです。
さすが「かつお」の町、枕崎。
「かつお」メニューが幾つか並んでます。

071227201322_2071227251329
頼んだのはランチメニューの中から、プティグルメランチ。
「プティグルメ」と銘打たれただけあって(笑)、しゃれたデザートなんかついてたりして。
071227301355

さて、ビールに戻りましょう。

2杯目「パープル」。
071227271333
泡の部分が紫色で、見た目はベルビュークリークみたい。
ただし色の由来は「紫芋」。
見た目につられてフルーティな感じを期待すると、完璧に裏切られます。
★6

その18に続きます。

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

275)鹿児島ビール旅行記
071227261331


| | コメント (0)

ビア友Kと「Kura凛 銀座Lounge」

ビア友Kが「Kura・凛 銀座Lounge」に行ったことが無いと言うので、行ってきました。
080220021849
ご存じない方のために説明しますと、このお店、新潟のスワンレイク直営のお店なんです。
したがって、飲めるビールもスワンレイク、それも樽生。
今までKが行ったことないなんて、正直驚きです。

飲んだビール達。
08022004190508022006191908022012200708022011ga194908022014203808022015210508022016222608022018dw2311080220192349
左上から順番に、こしひかり仕込みビール(樽生)、ゴールデンエール(樽生)、もう一杯ゴールデンエール、アンバースワンエール(瓶)、デュンケルヴァイツェン(瓶)、ポーター(樽生)、ホワイトスワンヴァイツェン(瓶)、再びデュンケルヴァイツェン、ウコン(笑)
いやぁ、よく飲みました。

食べたもの。
080220051919080220071921080220081930080220091935080220101935080220132026080220172230
食べたなぁ。

飲みつつ食べつつ話をしたのは、1995年にイギリスに行ったときのこと。
08022001kura1849
12年間以上封印していた当時撮影のDVDを観ながら・・・

Kura・凛 銀座Lounge
住所:中央区銀座7-16-21 雲ビルB1
電話:03-5148-2333

720)ビールなお店(銀座・Kura凛)

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その16~ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島

その15の続き。

店内はこんな雰囲気。
071227231326
写真には写ってませんが、他にお客さんは数組。
平日の昼にしては、結構入ってるんじゃないでしょうか。

ビールのメニューはこちら。
071227181322
3種類飲めるみたいです。
それにしても1杯300円は、安いなぁ。

さっそく「ゴールド」からいただきました。
071227241327
色は確かにゴールド。
泡立ちも悪くないです。
ただこの「ゴールド」、そんじょそこらのゴールド系とは一味違います。
芋焼酎に使う「コガネセンガン」を使ってるらしく、見事に芋の風味が残っています。
見た目からは全くわからないだけに、不意をつかれます。
★7

その17に続きます。

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

中国四国地方クラフトビールフェア@神田「THE Jha BAR」

神田の「THE Jha BAR」で開催されている「中国四国地方クラフトビールフェア」。
やっと行くことができました。
08022101jha1803_2

1杯目は山口地ビールのヴァイツェン(画像なし)。
香りがそんなに強いわけじゃありませんし、全体的にくせのない印象です。
物足りないと言えば、そうかもしれません。

ただ、この感想はあくまで「東京のビアバー」というシチュエーションで飲んだからこう感じるのであって、「現場」で「流れ」の中で飲むと、また印象が変わるんですよね。
東京の消費者にターゲットにするならば個性が強いほうがいいでしょうし、地元でずっとやっていくためにはそれではツライところもあるでしょうし・・・

2杯目、さぬきビールのスーパーアルト(これも画像なし)。
アルトにしてはかない色が濃いです。
これもアルト・・・なんでしょうか?

Jhaさんのフェアはいつも楽しみにしているので、もう一回くらい行きたいところです。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その15~ビールの現場から「花渡川ビアハウス」鹿児島

その14の続き。

JRのどんつき「枕崎」駅から歩くこと約20分。
071227121301

川の向こうに、今回の現場「明治蔵」が見えてきました。
071227131315

到着しました、175ヶ所目の「現場」。
071227151318071227161318
「さつま白波」で有名な薩摩酒造さんがやってる、ビールの「現場」です。
南九州ではよくあるパターンですが、焼酎の「現場」でもあります。

店に入る前に、いきなりビアガーデンスペース。
071227321410
ものすごく立派です。
ストーブが置いてあるので、冬でもこのスペースで飲む人がいるということでしょう。
エエなぁ。

レストランの入り口を入ると、数々の賞状がお出迎えです。
071227331413071227311409

その16に続きます。

「花渡川(けどがわ)ビアハウス」
住所:枕崎市立神本町26
電話:099-372-4741

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その14~さらに南へ

その13の続き。

鹿児島ビール(焼酎)旅行2日目、鹿児島中央駅からスタートです。
071227010936

9時56分発の普通電車でまず指宿。
071227021004071227031113
指宿着は11時12分。

あてもなく改札を出るとこんなものが。
071227051119071227061119
足湯です。
次の電車まで20~30分あったので、温泉玉子を食べながらつかりました。

いやぁ、気持ちエエ。
071227071123

そしていよいよ枕崎へ。
071227091203
開聞岳を左に見ながら、ゴトゴトと。

13時前に、JR南の終着駅「枕崎」到着です。
071227111254
リアルに線路がここで終わっています。

その15に続きます。

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

「ビアダイニング WB」大阪・京橋

08021501wb1914
大阪の京橋にあるビアダイニング「WB」。
「ダブルビー」と読むようです。

飲める樽生はメニューによると5種類。
080215021914
プレミアムモルツ、ヒューガルデン、バスペールエール、箕面のヴァイツェン&スタウト。
チャージが300円かかるものの、ビールの値段としては東京に比べると安いですね。

私「箕面のヴァイツェンください」
店「箕面のビールは2つとも切らしてるんです」
私「あら残念、次はいつ入るんですか?」
店「実は箕面はもうやめて、ベルビュークリークにしようかと・・・」
私「そうですか・・・じゃあ、プレミアムモルツ」

う~ん・・・京橋の人には箕面ウケへんかったんか?
次に行くところがあったので、一杯だけで失礼しました。

ビアダイニング WB」←ぐるなび
住所:大阪府大阪市都島区東野田町2-8-1ササキビル1F
電話:06-6358-7765

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その13~焼酎の現場から「濱田酒造」鹿児島

その12の続き。

いくら試飲で酔っ払ったからといって、そこで帰れるほど神経が太くないので・・・
071226491903071226481903
試飲した中で一番気に入った「薩摩富士復刻版」。
黒麹で昔ながらの甕仕込み。
ワイルドな美味しさです。

そして、京セラの稲盛会長がお気に入りらしい「兼重」。
071226511917071226501916
パンチ力はやや欠けますが、バランスがいい感じです。
さすが稲盛会長!

いやぁ、満足満足。

ビールの現場としてだけみると、また行ってみたい度は★2といったところですが、焼酎も考慮すると★4にはなりますね。
また行きたいっす。

行きと同じ道をてくてく歩いて市来駅へ。
071226531943

鹿児島ビール(焼酎)旅行、1日目終了です。

その14に続きます。

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

伊勢角屋ライエールなど@横浜Cheers

一ヶ月ぶりのご無沙汰で、「横濱Cheers」訪問。

飲んだのは湘南ビターと、
080213011721

伊勢角屋のライエール。
080213021739

4月に東京に引っ越すと、あんまり来られへんようになるんやろなぁ・・・
寂しいけど。

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その12~焼酎の現場から「濱田酒造」鹿児島

その11の続き。

「伝」「宇吉」ときて、メニューを見ながら「次は何にしようか?」と思案していたところ、お店の人に話しかけられました。

店「どちらからこられたんですか?」

私「横浜です」

店「まあ、遠いところから・・・もう一杯いかがですか?」

私「エエ、いただこうと思ってるんですが、どれがエエやろうか悩んでしまって」

店「じゃ、試飲してみますか?」

私「いいんですか?」

で、適当に見繕って持ってきてもらいました。
071226471850
試飲にしては、多ないか?
これだけでそこそこイケるんちゃいますか。
現に、これを試飲しながら豚の角煮をいただきました。
071226431821

鹿児島の人は、何や暖かいですねぇ。

その13に続きます。

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

横浜・関内「横浜ビール BREWERY PUB」

もう一月くらい前になってしまいますが、横浜・関内の「横浜ビール BREWERY PUB」に行ってきました。
080109071953
馬車道からちょっと入ったところ、ホテルの1階にあるんですね、意表をつかれました。

お店はかなり大バコ。
カウンター席はもちろん、テーブル席もぎょうさんあります。
080109021844

そして恐るべきは樽生の数。
少なくともメニューには25種類ありました。

そしてそして、さらに恐るべきはウルケル樽生(1,200円)。
080109011844
大して予備知識も無しに行ったので、正直驚きました。

2杯目、横浜ビールの「ヤシ酒 TODDY」。
080109041905
ベトナム産パルメラヤシから採れたヤシ砂糖を使ったビールだそうです。
砂糖を使っているからか、結構濃厚。
確かに「オリエンタルな」味に仕上がってます。
でも、これを毎日飲めと言われたら・・・

3杯目、横浜ビールの「IPA」。
08010905ipa1926
ホップがかなり印象的ですが、イギリス産のホップを使っているだけあってあくまで穏やか。
私の好みの範囲に収まってます。

横浜のビアパブ界、元気ですねぇ。

「横浜ビール BREWERY PUB」
住所:神奈川県横浜市太田町5-65平和プラザホテル1F
電話:045-641-6560

| | コメント (4)

鹿児島ビール旅行記2007その11~焼酎の現場から「濱田酒造」鹿児島

その10の続き。

引き続き「伝兵衛酒場」からの記事ですが、ここからはビールの話はゼロ。
ほとんど焼酎の話ですから、ご注意ください。

ビールを1杯飲んだところで、豊富に揃う焼酎にスイッチ。
071226411816071226441826
「伝」。
昔ながらの黄麹仕込みです。
フルーティな感じがします。

つまみは首折れ鯖の刺身。
071226421816
屋久島で取れるゴマサバを「首折れ鯖」と言うそうです。
美味っ!

焼酎2杯目。
071226451827071226461828
「宇吉」。
今度は黒麹。
やっぱり黒麹が一番好きやなぁ・・・

その12に続きます。

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その10~ビールの現場から「伝兵衛ビール」鹿児島

その9の続き。

さっ、ビール飲みましょう。
071226361748
なっ、何ぃ!1種類ぃぃ?
ってちょっと大げさに驚いてみましたが、事前の調べでそれぐらいはわかってました。
知らずにビールだけを目的に来ると、ちょっと凹むかもしれませんね。

071226391757
伝兵衛ビール、ケルシュタイプです。
1杯360ml、400円です。
見た目はいいですねぇ。
飲むとガスが強め、舌にピリリときます。
ケルシュですから、あまり苦味は感じません。
★6
ケルシュには、辛くなっちゃうんですよね、何故か。

まぁ、冷奴でも食べますか。
071226401808

その11に続きます。

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

渋谷「Failte(フォルチェ)」

デリリウムカフェトーキョー」の後、ビア友Kとともに渋谷に移動。
08013114failte2115
eurobeerさん系列のアイリッシュパブ「Failte(フォルチェ)」です。

ビルの5階という立地条件もあるんでしょうか、アイリッシュパブとしては開放的な空間構成。

飲める樽生は8種類。
080131152119
ギネス、キルケニー、ハイネケン、ベルビュー、レフ、プレミアムモルツ、ベルハーベンとあまり他では見かけないリッヂウェイ・フォーリン・エキスポート・スタウト。

ベルギービールばかりを飲んできたので、ラガーを1杯。
080131162124
ハイネケンです。
ぐるなびクーポンを使うと、なんと1パイント550円。
お得です。
正直言うと、プレミアムモルツの方が飲みたかったんですが、こういう「お得感」に実に弱く・・・

080131202207
2杯目はボトルメニューからセレクト。
クロップサークル。
08013119cropcircle2204
ちょっと「オリ」が気になりました・・・

3杯目にリッヂウェイ。
080131222252
1パイント1,000円。
しっかりとしたやや甘めのスタウトでした。

ビールだけでなく、フードも充実。
080131172134080131182149
写真にあるのはきわめてオーソドックスに、ローストビーフ&フィッシュンチップスですが、他にも色々美味しそうなものが並んでました。

渋谷や無かったら、もうちょい行けるんやけどなぁ・・・

Failte(フォルチェ)
住所:渋谷区道玄坂1-5-2 渋谷SEDEビル5F
電話:03-3476-7776

| | コメント (2)

鹿児島ビール旅行記2007その9~ビールの現場から「伝兵衛ビール」鹿児島

その8の続き。

市来駅からてくてく歩いて、到着いたしました「伝兵衛蔵」。
071226331747
174ヶ所目の「現場」です。
赤いボトルが印象的な焼酎「海童」を造っている「濱田酒造」の蔵のひとつで、ここで「伝兵衛ビール」も造っているそうです。

夕方なのですでに閉館してしまっていましたが、とても立派な蔵です。
もっと早く来て、見学しとけば良かった・・・

静かな敷地内で、唯一灯りがともっているのがココ。
071226341748071226351748
「伝兵衛酒場」です。

店内は「焼酎」「蔵元」「酒場」と言ったキーワードから想像するより、全然モダン。
071226381752071226521936
高い天井に、コンクリートむき出しの壁。
その壁には大きなテレビが掛けられています。

食事のメニューです。
071226371751
和風のようで、洋風なようで・・・微妙ですな。

その10に続きます。

「伝兵衛酒場」
住所:鹿児島県いちき串木野市市来町3030
電話:0996-36-3131 

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

「デリリウムカフェトーキョー」再訪

またまた行ってきました霞ヶ関の「デリリウムカフェトーキョー」。
先日はカフェ使いでしたが、今度はビア友Kとディナータイムに予約を入れてしっかりと。
080131011842

座ったのはコーナー部分の樽席。
080131031845
かなり奥まっているので、オーダーがしづらいと言えばしづらい席ですが、特にストレスは感じませんでした。

最初にオーダーしたのは、デリリウムカフェ・ラガー。
080131051852
850円。
ガスは弱めで、苦みも甘みも控えめ。
オーダーするときに「日本のビールにかなり近いがいいですか?」と聞かれたのが、ベルギービール専門店ならではの気遣いでしょう。

エスカルゴと本日のパスタ。
080131081912080131091919

もちろん、ラガーだけ飲んで帰ってきたわけではありません。
080131061905
ルル・トリプル、980円。
「オルヴァルの酵母によってホップの味わいが最大限に生かされています・・・」とメニューにはあります。
8.3%なので、かなりボディしっかり。
オルヴァルともまた違いますね。
一緒なのは酵母だけですから、当たり前ですが。

クー・デ・シャルル・アンバー、950円。
080131111932
おっ、これは好み。
ドライな感じと、そこそこしっかりしたボディが共存しています。

最後はセント・ベルナルデュス・アプト、1,050円。
080131122003
ラストを飾るにふさわしい、ビールでした。
さすが10%。

次回は外がエエね。

デリリウムカフェトーキョー
住所:千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビル霞ダイニング1F
電話:03-3501-3181

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その8~市来へ

その7の続き。

城山の「現場」のあと、天文館近くのホテルにチェックインし休憩。

「鹿児島中央駅」に隣接したSC、「アミュプラザ鹿児島」です。
071226281640
写真には写ってませんが、ビルインの観覧車がランドマークになっています。
昔の「西鹿児島駅」は、見る影もありません。

16時52分発串木野行きの鹿児島本線に乗って、市来までは30分と少し。
071226301727

駅から伸びる道。
071226311729
この道をズンズン歩くと、幹線道路にぶつかるので、右。

さらにズンズン歩くと、到着です。
071226321745

立派やなぁ。

その9に続きます。

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

ご近所飲みはいいねぇ

08020101ks2159
去年の年末、歩いて行けるご近所にアイリッシュパブができました。
飲める樽生はキルケニーとギネスの2種類だけですが、十分十分。
ジムで一汗流したあと、キルケニーを1パイント飲んで帰ったりするのが、何となくいい感じです。

ご近所最高っ!

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その7~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その6の続き。

「滝の茶屋」→「醸造所」→「ラウンジカサブランカ」と、ホテル内を移動してきました。
071226231432

席から外を眺めると桜島がかすかに・・・
071226211431

さてこの明るい店内で、見た目も美しいカシスエールをいただきます。
071226221432
フルーティで、適度な酸味。
ヴィジュアルから想像するより、かなりドライに仕上がってます。
確かにこれなら、食中酒としてもいけそうです。
★7

これで、この時飲める城山エールは全種制覇しました。

雰囲気も良ければ、料理も美味しいし、ビールも美味い。
また行ってみたい度は文句ナシの★5(5段階)。

ただ定番好きの私としては、もう少しコンサバティブなスタイルのビールも飲みたいな・・・と、ちょっとだけ思いました(笑)

その8に続きます。

ラウンジカサブランカ
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

デリリウム・トレメンス樽生@デリリウムカフェトーキョー

夕方虎ノ門に行くことがあったので、霞ヶ関ビルの隣にできた「デリリウムカフェトーキョー」で一服。
080125031717
外で飲むのが好きな私でも、この季節はいくらなんでも無理ですね、無理(笑)

ディナータイムにはまだ早い時間ですが、店内は7分の入り。
場所柄か、わりと年配の方が多いです。

080125021700_2
樽生はベルギーものばかり、10種類。
さすがベルオーブ、さすがデリリウムカフェ。

単なる一服なので、コーヒー代わりにデリリウムトレメンスを一杯だけ。
080125011700

「カフェ」なので、その名のとおり、「カフェ使い」してみました。

デリリウムカフェトーキョー
住所:千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビル霞ダイニング1F
電話:03-3501-3181

| | コメント (2)

鹿児島ビール旅行記2007その6~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その5の続き。

レストランエントランスの横にある醸造所に案内され、醸造士のKさんに色々と教えていただきました。
071226201401

こんな機会はなかなかないので、先ほど疑問に思ったことを尋ねてみることに。

私「さっき飲んだベルギーホワイトですけど、以前横浜チアーズさんで飲んだときよりドライな感じがしたんですが・・・」
K「うちはホテルですから、食中酒として飲まれることが多いんです。料理と合わせることを考えると、少し糖度を下げたほうがいいと思って変えました」
私「そうだったんですか!なるほど・・・私の感じ方によるものだけではなかったってことですね」

K「ところで、ビールは全種類飲まれましたか?」
私「滝の茶屋で飲めるのは全部飲みましたが、確かあと一種類・・・」
K「カシスエールですね。飲めるお店にご案内します」
私「ご丁寧にありがとうございます」

平日の昼間とは言え、城山観光ホテルの皆さんに気遣いには、正直感動しました。
最初に声をかけていただいた女性の方、醸造士のKさん、お忙しいところありがとうございました。

その7に続きます。

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

銀河高原IPAなど@池袋「vivo!」

神田の「THE Jha BAR」に行った後、池袋に移動して「vivo!」。
自分でも驚きの行動力です。

1杯目はvivo!定番のエビス。
2杯目は伊勢角屋のインペリアルスモーク、濃いなぁ。
3杯目、銀河高原のIPA。
08012802pa2106
甘いIPAでした。
4杯目、スピークイージーの「アンタッチャブルペールエール」。
08012803untouchable2150
アメリカンにしては穏やかなホップ。
美味しいです。

店長、今後は有楽町線つながりで、もうちょい来させてもらいます(笑)

vivo!
住所:豊島区東池袋1-4-3
電話:03-3987-1588

713)ビールなお店(池袋・vivo!)

| | コメント (2)

鹿児島ビール旅行記2007その5~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その4の続き。

4杯目はスタウト。
黒糖使っているんですって。
大きいほう(750円)でいただきました。
071226181336
少々冷えすぎですが、美味いです。
香ばしさが突出せず、実にバランスがいい感じです。
大きいほうで正解でした。
後半は適温でしたし。
★9

これで、このレストランで飲めるのは全種完飲。
と、ここでお店の人に話しかけられました。

店「ビールがご興味がおありですか?」

私「エエ、まあ・・・」

店「よろしかったら、醸造所をご案内しますが」

私「そうですか・・・ご迷惑でなければ」

店「ではご案内します。荷物はそのままで大丈夫です」

その6に続きます。

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

神田エール&神田黒@神田「THE Jha BAR」

最近ジムに行くのにはまってまして、とんとビール飲みに行けてません。
会社近くの「THE Jha BAR」さんも、ほぼ3ヶ月ぶり。
ものすごくご無沙汰してしまいました。

080128011811
久しぶりに行ったわりに、ここのお店のオリジナル「神田エール」と「神田黒」が両方飲める日に当たるとは、結構ツイてるかもしれません、私。

この日飲んだ「神田エール」はわりとフルーティ。
「神田黒」はボディややしっかり。
毎年飲んでますが、毎回微妙に印象が違います。

今月は中国・四国の地ビールを集めたイベントやられるそうです。
何とか時間を見つけて、行きたいものです。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (4)

鹿児島ビール旅行記2007その4~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その3の続き。

2杯目は薬膳エール。
アロエが入ってるらしいです。
これも未知数なので、小さい方で・・・
071226151319
アロエヨーグルトはほぼ毎日食べてるんですが、このアロエの味には心当たりはありません。
食感メインで食べてるからでしょうね。
健康にはいいらしいです。
★7

そして3杯目、ベルギーホワイト。
オレンジではなく、桜島小みかんとたんかんの皮を使ってるとのこと。
071226171326
今度は大きいの(750円)で行かせていただきました。
大きいので良かった、美味しいです。
柑橘系の香りがほのかで、とても上品な仕上がり。
以前横浜チアーズさんで飲んだときよりも、甘みが抑えられているように感じました。
★9

その5に続きます。

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

鹿児島ビール旅行記2007その3~ビールの現場から「城山エール」鹿児島

その2の続き。

滝の茶屋」のビールメニュー。

071226071259

スタウトを最後に飲む以外、なかなか順番が決めづらいラインナップです。

かなり悩んだ末、オーダーしたのはハーブエール。
味が未知数なので、小さいサイズ(250mlくらい?)にしときました。

071226121306

きれいな写真ですねぇ、自分で言うのもなんですが(笑)
使われてるハーブはレモングラス、確かに味は紛れもなくレモングラスです。
大好きな「タイ」の香りがします。
と言っても、思っていたほどエグくなく、とてもいい塩梅です。
大きいサイズでも良かったかもしれません。
★8

料理が到着しました。

071226141317

これに下の薩摩地鶏がついて2,700円。

071226161324

ちょっと奮発してしまいました。
薩摩の名物てんこもりです。
豚骨なんて、軟骨までトロトロでした。

その4に続きます。

滝の茶屋
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-2223

275)鹿児島ビール旅行記

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »