« ビールの現場から~タイ・パタヤ「Hopf」その1 | トップページ | ビールの現場から~タイ・パタヤ「Hopf」その3 »

ビールの現場から~タイ・パタヤ「Hopf」その2

その1の続き。

1杯目はWheat、0.5リットル。
08080338wheat1829
しっかりヴァイツェングラスで出てきました。
バナナの香り。
あと味良し。
美味しいじゃないですか!
パタヤで本格的なヴァイツェンが飲めるとは全く思って無かっただけに、ちょっと感動しました。
★8

テーブルに置いてあった紙によると、ミュンヘンの南50kmのところにあるMiesbachという所がルーツだそうです。
それで、この私にもスッと入ってきたわけですな。
なるほど。
もちろん純粋令準拠。

ソーセージ盛り合わせ260Bht(約850円)が登場。
08080339260b1834
むちゃくちゃデカイです。
皿の上のほうに指が写ってるのは、10歳になる娘の指。
大きさを表現するために、指も一緒に写したんですが、イマイチわかりづらいですね、スイマセン。

その3に続きます。


|

« ビールの現場から~タイ・パタヤ「Hopf」その1 | トップページ | ビールの現場から~タイ・パタヤ「Hopf」その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビールの現場から~タイ・パタヤ「Hopf」その1 | トップページ | ビールの現場から~タイ・パタヤ「Hopf」その3 »