« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

勝どき「鳥善」じゃなく、月島「やきとん がえん」

ご近所のS君と、勝どきで21時に待ち合わせ。
目指すは「鳥善」。
勝どき「鳥善」じゃなく、月島「やきとん がえん」_c0060651_1284244.jpg
もともと再開発エリアにあったらしく、仮店舗で営業中です。
ちょっと早めに着いて、店内に入るとコの字型のカウンターはお客さんで一杯。
私「すいません、9時にお伺いすると電話したものですが・・・」
店「9時丁度に(席が)空くかどうか、わかんないよ」
なるほど。
まだS君も来てなかったので、店の前で待っていると、S君到着。
事情を説明して待つこと10分。

私「他にしようか」
S「そうしましょう」

と言うわけで、ジャケ買いすべく、月島方面へ徒歩で移動。
こんな店に入りました。
勝どき「鳥善」じゃなく、月島「やきとん がえん」_c0060651_12135565.jpg
「やきとん がえん」。
カウンターに座り、サッポロの赤星やらホッピーやらをいただきます。
勝どき「鳥善」じゃなく、月島「やきとん がえん」_c0060651_12155296.jpg
特に何がどうというわけではありませんが、ごく普通の接客が心に沁みました。

| | コメント (0)

銀座一丁目「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」

これも同僚との飲み会。
ワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_1216538.jpg
この寒い中、軒先にビニールの幕垂らして、外で飲んでる方がいらっしゃいます。

8時からの予約で、5分ほど前に着いたんですが、時間まで入れず外でウェイティング。
ものすごく盛況です。
やっぱカップルが多いですけどね。

時間が来て、やっと着席。
狭いです。
でも狭い=悪いではなく、逆に賑わってていい感じ。

そして料理が美味い!
ワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_12235732.jpgワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_12242951.jpg
ワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_1225416.jpg
ソーセージは肉汁たっぷりすぎて、ナイフを入れた瞬間に飛び出しますから要注意。

自慢のワインは、ワインリストから選ぶというよりは、好みを言ってスタッフの方に持っていただくスタイル。
ワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_122723.jpg
ボトルに直接価格が書いてあるのが、なんか雰囲気出てます。
結局白赤赤と、3本いただきました。

楽しかった・・・また来ます。

Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」
住所:中央区銀座1-27-7
電話:03-3564-0081

| | コメント (0)

アウグス樽生@門前仲町「GAVOTTE(ガボット)」

ご近所門前仲町でアウグス樽生発見。
081125062320
現「何でこのビール入れてるんですか?」
店「わかりません」
だそうです。

 

フレンチレストラン併設のバー。
081125072331

 

シガー(葉巻)もあったりします。
081125082331

 

GAVOTTE
住所:江東区富岡1-5-1
電話:03-5621-4588
081125092347

 

 

| | コメント (0)

月島「焼肉 凛」

職場の飲み会で、月島。
ご近所飲みはいいものです。
すぐ帰れるしね。

行ったのは月島の有名焼肉店「凛」。
あの「YAKINIQUEST」で「リスペクト1」に指定されているお店です。
近所でもあるし、リスペクト店でもあるのにこれまで行かなかったのは、「くせのありそうな接客」。
基本的に苦手なんですよね、癖のある接客って。
と言うわけでしり込みしていた「凛」ですが、後輩のセットとあればそれはそれ。

月島「焼肉 凛」_c0060651_12174590.jpg
数分遅刻してしまったので、「こっぴどく怒られる」んではないかと、ビクビク入店したんですが、そんなこともなく。

やたら色んなものを勧めてくる接客に戸惑いつつ、外しちゃいけない一品「上タン塩」をオーダー。
月島「焼肉 凛」_c0060651_12251377.jpg
厚っ!
確かにちょっと値は張りますが、これだけ分厚くて、食べ応えがあると、結果としてはお値打ちかもしれません。
もちろん、美味いし。

そして強力に勧められて頼んだ、鴨つくね串。
月島「焼肉 凛」_c0060651_12312930.jpg
ちょっと焼くのはめんどくさいですが、なかなかの美味。

この日はホルモンが苦手な人が多かったので、ロース。
月島「焼肉 凛」_c0060651_12293963.jpg
火が通りやすいロースを周辺部に配置しながら、真ん中で厚手のしいたけを焼くという、完璧な布陣。
美しい・・・

そんなこんなで、思っていたよりは大満足の「凛」。
接客が独特であるのは事実なので、シチュエーションは選ぶと思いますが、オススメです。

「焼肉 凛」
住所:中央区月島1-27-1
電話:03-3531-2985 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その23 ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」

その22の続き。

 

081122171213-1

4杯目、季節限定の長浜レッド。

3杯目の長浜エールと比べると、色の違いはわかりやすいですかね。

ホップではなくモルトが前に出てきています。

★8

 

081122191225-1

ラスト、黒壁スタウト。

するする系。

突出したものがないのは、欠点の場合もありますが、このビールの場合は利点と言ってもいいんじゃないでしょうか。

★8

 

駅からのアクセス、周辺環境ともに問題なし。

近江牛中心だからか、料理が気持ち高めかなぁ・・・

また行ってみたい度は★4(5段階)です。

 

長濱浪漫ビール

住所:滋賀県長浜市朝日町14-1

電話:0749-63-4300

081122231249

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その22 ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」

その21の続き。

 

081122151155-1

淡海(おうみ)ピルスナー。

「現場」で飲んでる感じが全然しません。

疲れているといったらいいのか・・・

★5

 

081122161205-1

長浜エール。

よなよなっぽい感じ。

よなよなと同じように、完成度高し。

アメリカンなんですが、品があるとでもいいましょうか。

★9

 

081122181219

鰯の竜田揚げを追加。

 

その23に続く。

 

長濱浪漫ビール

住所:滋賀県長浜市朝日町14-1

電話:0749-63-4300

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その21 ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」

その20の続き。

 

ビールメニュー。

081122091143-1

レギュラー4種。

081122101143

プラス季節限定。

 

081122111144-1

1杯目伊吹バイツェン。

パッと見、USパイントですが、メニュー上は380ml。

香りも味も、いい意味でこなれたヴァイツェンだと思います。

★8

 

その22に続く。

 

長濱浪漫ビール

住所:滋賀県長浜市朝日町14-1

電話:0749-63-4300

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その20 ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」

その19の続き。

 

京都からJRで長浜まで移動。

 

2年ぶり4回目の訪問です。

081122071139 081122081140

店に入ると、故マイケル・ジャクソン氏の写真。

081122201239

席は前回と同じ、醸造設備かぶりつきのカウンター。

081122121144

これだけ設備が露出しているのに、全然麦汁の匂いがしないのは何ででしょう?

あの匂い、食事中に嗅ぐのはちょっと勘弁なので、これは有難いです。

 

081122141154

地鶏の岩塩焼(680円)をつまみつつ、ビールをいただくことにしました。

 

その21に続きます。

 

長濱浪漫ビール

住所:滋賀県長浜市朝日町14-1

電話:0749-63-4300 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その19 京都へ

その18の続き。

 

大阪から東京へ戻る帰り道、京都で途中下車し、京都駅から歩いて行ける紅葉スポットを目指しました。

081122051005

東福寺。

画像中央やや左にある、通天橋からの紅葉が有名です。

でも紅葉時期の京都恐るべしです。

「東福寺に着くと」じゃなく、「着く前」からものスゴイ数の人、人、人。

081122031001

境内に向かう道でもこの有様。

081122011001

確かにきれいではありますが・・・

この画像は人気の「通天橋」からのものではありません(画像右奥に見えるのが通天橋)。

本堂到着。

081122041003

ここもスゴイ人です。

通天橋を渡るには400円でチケットを買わねばなりませんが、これも行列。

チケットを買っても、渡るのにまた行列。

081122061006

並んだ瞬間に乗り遅れそうなので、断念しました。

恐るべし、京都。

 

その20に続きます。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その18 ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」13回目

その17の続き。

 

08112124beerbelly2415

午後11時過ぎ、大阪・土佐堀の「BEER BELLY」へ。

 

1杯目、ピルスナー(温くて美味)。

2杯目、ひでじラガーエール(アンカースティームと同じ造りかたらしい)

3杯目、イングリッシュビター(ハンドポンプ)

4杯目、ペールエール(ちょっぴり華やか)と飲んでスタウト。

081121222313

時刻は11時過ぎ。

まったりいい感じです。

 

081121212310

しっとりシェパードパイ。

 

081121232402

最後にイングリッシュビターをもう一杯。

するする飲めるのに薄くない。

ここまで飲んでおいて、するする飲めるもないまんですが。

 

08112124beerbelly2415_20200527185201

この日も予定どおり、飲みすぎです。

 

BEER BELLY」土佐堀店
住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F
電話:06-6441-0717

 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その17 広島「GOLDEN GARDEN(ゴールデン・ガーデン)」

その16の続き。

 

16時28分。

新幹線に乗るまで少し時間があったので、お好み村の斜向かいにある、こちらのお店に。

08112114goldengaren1628

GOLDEN GARDEN(ゴールデン・ガーデン)」。

中途半端な時間でしたが。

081121151633

本日の樽生3種。

 

081121161633

エーデルワイスのスノーフレッシュ。

 

081121171649

そして三次ベッケンのウィートダークラガー。

 

081121201656

つまみは広島では有名なパン屋さん「ドリアン」のパン。


081121181651

これはこれで興味ありますね。

普通の時間に来て、賑わいとともに過ごしたいお店でした。

 

その18に続きます。

 

GOLDEN GARDEN(ゴールデン・ガーデン)」

住所:広島県広島市中区新天地2-12

電話:082-248-2657

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その16 ビールの現場から~広島県府中町「キリンビアパーク広島」

その15の続き。

 

081121101234

2杯目はラガー。

後に残る爽やかな苦味が、ラガーの持ち味ですな。

★8

081121121244

そして復刻ラガー(明治)。

現ラガーより気持ち苦め。

バランスは現ラガーのが好きです。

★7

08112107pop1231

こんなものも飲めるようです。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

 

「キリンプラザ キッチン1938」

住所:広島県安芸郡府中町大須2-1-1

電話:082-510-1938

081121111236

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その15 ビールの現場から~広島県府中町「キリンビアパーク広島」

その14の続き。

 

11月21日(金)10時38分。

新山口駅から広島へ。

08112101sl1038

新山口駅にて、SL目撃。

 

広島駅から天神川駅に移動し、キリンビアパーク広島へ。

081121021220 081121031220

2年2ヶ月ぶり2回目の訪問です。

ブラウマイスターやら一番搾りスタウトやらも飲めますが、「現場」ならではのビールはこの3種。

081121041224

全体的に、前回より値段が上がっているのは残念ですが。

 

081121061226

まずは一番搾りから。

相も変らぬスッキリ系。

081121081232

マーボーごはんセット(880円)とともに。

ビールを楽しむには、少々辛過ぎました・・・

 

その16に続きます。

 

「キリンプラザ キッチン1938」

住所:広島県安芸郡府中町大須2-1-1

電話:082-510-1938

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その14 山口・湯田温泉「熱食」

その13の続き。

 

「こ熊や」を出て、ホテルに向かって歩き出したところで、足が止まりました。

081120772155

「熱食」。

焼肉屋さんです。

もう散々食べてますので、今更なんですが、惹かれたのがコレ。

081120692111

大ジョッキで飲めるんです。

081120722118

飲んじゃいました。

ビールだけっちゅうのも、何なんで・・・

081120742124 081120762136

食べすぎ、かつ飲みすぎ。

さすがにこれで終了です(笑)

 

その15に続きます。

 

「熱食」

住所:山口県山口市湯田温泉1-7-32

電話:083-934-9500

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その13 山口・湯田温泉「こ熊や」

その12の続き。

 

前回ご紹介した「CORE」の向かい。

081120602016

「こ熊や」。

何となくいい感じの店構えではあるんですが、何屋さんかは全然わかりません。

わかんなかったら普通は入らないとは思うんですが、入っちゃうんです、私の場合(笑)

081120682052

ドアを開けるとカウンター。

幸いお客さんはいません。

セパレートされた奥の座敷には、2組くらいのお客さん。

 

現「一人なんですけど?」

店「カウンターでも、いいですか?」

現「もちろん」

 

081120647002022

お通し。

豪華だったので、値段をお伺いしたところ、700円とのこと・・・なるほど。

 

081120632022

ちょっとビールはお休みしたかったので、生搾りチューハイ。

雰囲気的には、焼酎か日本酒やと思いますが、つい・・・

081120612019

何を食べましょうか・・・

 

081120652033

豚味噌カマンベール。

豚も味噌もチーズも大好きな私が、嫌いなわけが無い一品。

081120622019

刺身メニュー。

一種類じゃ寂しいし、何種類も食べるお金はないし・・・

 

現「すいません、こちとたいらぎ貝を半分づつ盛ってもらうこととかってできますか?」

店「いいですよ!」

 

いい店です。

081120672043

左たいらぎ貝、右こちです。

 

ビールも頼んでみました。

081120662035

ラガーの小瓶が、やけに仰々しく登場。

ビール好きには、オススメしません(笑)

 

その14に続きます。

 

「こ熊や」

住所:山口県山口市湯田温泉3-1-15

電話:083-932-6155

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その12 山口・湯田温泉「CORE」

その11の続き。

 

知らない街をブラブラしながら、「ジャケ買い」で飛び込むのが最近楽しくなっているワタシ。

ToyToyさんを後にした後、湯田温泉近辺でも飛び込みました。

08112058core1950

「CORE」、いわゆる「バー」ですね。

まだ時間が早かった(19時50分)ので、カウンターには私以外にもう一人。

東京にあっても全く違和感の無い、こじゃれた店内。

カウンターの中の人も、結構イケメンですし。

081120591956

ブラウマイスター樽生を注文。

コンディションは正直「・・・」でしたが、そういう店じゃありませんしね。

 

その13に続きます。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その11 山口「ToyToy(トイトイ)」再訪

その10の続き。

 

当初お伝えしていた時刻(18時)より、少し遅れてしまいましたが、何とかToyToy到着。

081120551825

お目当てはこのおつまみセット!

この「チョビチョビ感」が最高!

 

ビールはベアレンばかり3種。

081120541814

ライ。

081120561835

アップルラガー。

081120571857

フェスト。

ごちそうさまでした。

 

その12に続きます。

 

ToyToy

住所:山口市道場門前1-1-13 2F

電話:070-5057-0821

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その10 萩観光

その9の続き。

 

081120451334

さらに15分ほど歩くと、右手に萩焼会館。

7年前、家族で訪れました。

081120461344

そしてさらに10分ほど歩いたところで「東萩」駅到着。

結局、バスには乗らずにここまで来れました。

笠山の柚子屋本店から、ひたすらここまで歩いたことになります。

081120471345

萩橋を渡って、バスセンターへ。

081120481410081120491423

山口行きのバスが出る「バスセンター」のコインロッカーに荷物を預け、出発時間まで萩散策(もちろん徒歩)。

081120501438

城下町。

081120511452 

萩城跡。

08112052jr1558

16時ごろ出発のバスで山口へ。

081120531804

ホテルに荷物を置いて、山口のアーケードに着いた頃には18時

いやいや、よう歩きました。

 

その11に続きます。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その9 反射炉完全制覇

その8の続き。

 

チョンマゲビールの現場「タルタル21」を出たのが12時43分。

目の前のバス通りを、萩行きのバスが通り過ぎていきました・・・

次のバスまでは、約1時間。

ぼーっと待つのも芸が無いので、近くにあるJRの駅も覗いてみました。

081120411254 

山陰線越ヶ浜駅。

都会から来た身には、なかなかショッキング。

081120421254

時刻表はさらにショッキング。

すっかすか。

次の電車が来るのは、1時間40分後・・・あきらめましょう。

バス通りを、歩いて萩方向に向かい、バスに追いつかれそうになったらバスに乗る作戦。

よくやる手です。

081120441320 081120431320

30分ほど歩いたところで、「反射炉」発見。

(この写真、イギリスっぽいと思うのは私だけ?)

「反射炉」と言えば、伊豆韮山の「反射炉」が、ビール好き(現場好き)には有名ですが、コチラの反射炉は「現在日本に残存する2つの反射炉

うちの1つ」だそうです。

そう!現時点で「反射炉」があるのは、日本で伊豆と萩だけ。

ビール(現場)求めてウロウロしているうちに、反射炉完全制覇を達成してしまいました(笑)

 

その10に続きます。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その8 ビールの現場から~山口県萩市「チョンマゲビール」2回目

その7の続き。

 

081120381159

3杯目も、グラスに逃げることなく、ジョッキでペールエール。

微妙に苦め。

これも味薄め。

★6

 

081120391212

4杯目もジョッキサイズで、アルト。

アルコール感強し。

あと味もちょっと・・・

★4

 

081120371151

ロケーションは悪くないんですけどね・・・

また行ってみたい度は★2(5段階)。

081120401243

 

その9に続きます。

 

タルタル21

住所:山口県萩市小畑(マリーナ萩)

電話:0838-24-3500

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その7 ビールの現場から~山口県萩市「チョンマゲビール」2回目

その6の続き。

 

081120341145

スープ&サラダ。

 

081120351150

そして、メインの豚バラ肉のチョンマゲビール煮。

けっこうボリューミィです。

 

081120361150   

パンかライスか、と問われたのでパン。

ライスでビールは、飲みづらいので。

 

081120381151

そして2杯目、ピルスナー。

チョイ苦、すっきり系ですが、ちょっとすっきりしすぎ・・・

参ったな。

★6

 

その8に続きます。

 

タルタル21

住所:山口県萩市小畑(マリーナ萩)

電話:0838-24-3500

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その6 ビールの現場から~山口県萩市「チョンマゲビール」2回目

その5の続き。

 

081120271137

「現場」の証、醸造設備。

081120321142

明るい店内には、女性客多し。

081120301140

ビールがついた「プレジデントセット」を注文。

2軒目の「現場」ではありますが、1軒目では試食程度しか食べていないので(笑)・・・

 

081120291139 08112031pop1141

ビールメニュー。

ジョッキとグラスであんまり価格差ないですね。

こうなるとジョッキ一択。

 

081120331143

まずはウィートから。

小麦系の割りには、香り弱め。

さっぱりというよりは、味が薄い感じ。

ペロンとしてます。

★5

 

その7に続きます。

 

タルタル21

住所:山口県萩市小畑(マリーナ萩)

電話:0838-24-3500

 

 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その5 ビールの現場から~山口県萩市「チョンマゲビール」2回目

その4の続き。

 

萩ビール村塾の「現場」から、バス停方向に10分ほど歩いたところで、次の「現場」の看板発見。

081120241122

タルタル21」って書いてあります。

08112025211136 

看板から更に歩くこと、十数分。

チョンマゲビールの「現場」、2001年の訪問以来、7年ぶり2回目の訪問です。

081120261136

マリーナ内に位置していることもあり、全体的にゴージャスな雰囲気。

081120251125

振り返ると、先ほどまでビールを飲んでいた笠山が見えます。

 

その6に続きます。

 

タルタル21

住所:山口県萩市小畑(マリーナ萩)

電話:0838-24-3500

 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その4 ビールの現場から~山口県萩市「萩ビール村塾」

その3の続き。

 

081120231110

さっきまで飲んでいた売店。

081120171107

その裏にあるのが、柚子などの加工工場とビール醸造所。

081120221109081120181108

柚子が加工中。

081120201108 081120211109

ビール醸造中。

081120191108

見学も出来るそうですので、ご興味と時間のある方は。

私は先を急ぐので、このあたりで失礼いたします。

 

また行ってみたい度は、レストランが無いので★2(5段階)かな。

その5に続きます。

 

村塾ビアハウス笠山

住所:山口県萩市椿東字奈古屋1189

電話:0838-26-2111

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その3 ビールの現場から~山口県萩市「萩ビール村塾」

その2の続き。

 

08112016pa1057

2杯目は、当然ペールエール。

08112015pa1057-1

カスケードか・・・と先入観たっぷりで口にしたからでしょうか、あまりカスケードカスケードしてません。

でも十分フルーティな感じは出てるんですね。

とてもいい按配です。

★8

 

店「これも食べます?」

081120131053

現「お気遣いいただき、すいません。これは何ですか?」

店「柚子の佃煮なんです」

よく見ると、細く切った柚子が入っていて、当然のように柚子風味。

試飲させていただいたぽん酢を買って、売店を出ました。

所要時間約20分。

レストランがあればなぁ・・・

 

その4に続きます。

 

「村塾ビアハウス笠山」

住所:山口県萩市椿東字奈古屋1189

電話:0838-26-2111

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その2 ビールの現場から~山口県萩市「萩ビール村塾」

その1の続き。

 

081120141054 

建物の中に入ると、中は柚子屋さんだけに、柚子を使った製品が並んだ立派な売店。

 

ビールを求めて、キョロキョロしてると・・・ありました!

081120091046

1杯500円で、2種類飲めるみたいですが・・・

 

現「すいません、ビール飲みたいんですが、どこで飲めばいいんですか?」

店「その辺の、テーブルで・・・」

現「あっ、この辺・・・じゃ、じゃあ、ヴァイツェンを1杯」

081120111048

レジ前に据え付けられた大き目のテーブルで、ヴァイツェンをいただきます。

081120101048-1

プラカップは残念ですが、香り良しです。

華やかではあるんですが、その度合いが程よいので、料理にも合いそう。

★8

 

レストランがあればなぁ・・・と思っていたところ、店の方に声をかけられました。

 

店「試食で置いてあるものなんですけど、こんなんで良かったら召し上がります?」

081120121049

現「有難うございます!もちろんいただきます!」

店「中にチーズが入った蒲鉾なんですよ」

現「へぇ~」

 

ありがたや、ありがたや。

 

その3に続きます。

 

「村塾ビアハウス笠山」

住所:山口県萩市椿東字奈古屋1189

電話:0838-26-2111

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その1 ビールの現場から~山口県萩市「萩ビール村塾」

11月20日(木)7時11分。

081120010711

羽田空港から、萩・石見空港への唯一の直行便に乗り込みます。

081120020904

定刻(9時05分)より、少し早めに萩・石見空港着。

081120031030

萩バスセンター行きのバスに乗り、1時間ほど揺られると「越ヶ浜入口」到着。

ここから歩いて「現場」を目指します。

081120041032

2分ほど萩方向に歩いたところで、看板を発見。

081120051038

矢印にしたがい、更に5~6分歩くと、前方に池が見えてきました。

明神池というそうです。

池なのに、周りに海産物を売る店が並んでいて、「不思議だなぁ?」と思っていたところ、すぐ謎が解けました。

081120061040

海とつながってるいわゆる「汽水湖」なので、海の魚がいるんですね、池に。

ここから、更に歩くこと4分。

081120071044

柚子屋本店到着です。

バス停からだと、約15分。

近いものです。

 

その2に続きます。

 

「村塾ビアハウス笠山」

住所:山口県萩市椿東字奈古屋1189

電話:0838-26-2111

| | コメント (0)

渋谷「THE GRIFFON(ザ・グリフォン)」

ビア友Kと渋谷の「THE GRIFFON(ザ・グリフォン)」へ。
081119011837
渋谷駅から歩いてスグ。
かなりの好立地です。

 

7~8人が座れそうなカウンターと、高低織り交ぜたテーブルが8卓くらいでしょうか。
ダーク系の木材を使ったインテリアはトラディショナルな雰囲気を醸し出していますが、照明はモダンな感じ。
カウンター横の白い壁には、プロジェクタで映画が流されています。

 

樽生のラインナップは非常に豊富。
081119031840
まだ上半分。

 

081119021840_2
これがメニューの下半分。
何とメニューに載ってるだけで、14種類もあります。
東京のお店はすごいですね(笑)

 

あと個人的に気になったのは、メニュー下の注意書き。

 

「当店では1pint→約440ml、1/2pint→240ml、glass→約320mlです。」
明確なのは素晴らしいんですが、1pint=440mlというのは??
USP=473mlですから、泡分を除いて440mlくらいってことなのかしら?
すり切り440mlやとしたらちょっとなぁ・・・

 

この数日後に大阪の「BeerBelly」さんに行く予定があったので、箕面系を除き8杯くらい飲んだでしょうか。
1つだけ状態が悪いビールがあったんですが、店の人に言ったら、快く別のビールに交換してくれました。
大事、大事。

 

THE GRIFFON(ザ・グリフォン)」
住所:渋谷区渋谷2-22-6幸和ビルB1F‎
電話:03-3498-0839‎

| | コメント (0)

セント・ベルナルデュス・ウィット&ルル・トリペル@ベルオーブ豊洲

セント・ベルナルデュス・ウィット(5.5%)を樽生で。
081117042128_2
白い泡、黄色いビール。
微妙に苦めでバランスしてるあたりが、私好み。

 

そしてルル・トリペル(8.4%)。
081117052139
生ホップの香りと、しっかりした苦み。

 

画像が気持ち「大きめ」なのは、ニューカメラだから。
何だかきれいな気がします。

 

ベル・オーブ豊洲店
住所:江東区豊洲2-4-9ららぽーと豊洲1F
電話:03-6910-1275

| | コメント (0)

ビール旅行記INDEX

旅行記コンテンツがあまりに多いことに今気づいたので、まとめてみました。

109)チェコ旅行記1990
私がビールの世界に入るきっかけとなった旅行の記録です。
画像は少ないですが・・・
当時はチェコ共和国じゃなく、チェコスロバキアでした。

110)チェコ ビール旅行記1992
ビールを飲むことを目的とした、初めての旅です。
書いてませんが、チェコの後にオーストリアも回りました。

129)ヘタレ ミュンヘン旅行記1989
学生の頃、「地球の歩き方」片手に1ヶ月ほどヨーロッパを旅行したときの、ミュンヘン部分だけ抜き出したものです。
当時はビールにほとんど興味がなかったので、今思うとビール的には「ツボを外した」旅行になっています。

130)ドイツ ビール旅行記1994
ビールを目的に、ベルギー・ドイツと旅行に行ったときの、ドイツ部分だけ抜き出したものです。

131)ドイツ・チェコビール旅行2006(準備編)
2006年に行ったドイツ旅行の、準備に関するエントリをまとめてあります。
読まなくていいです(笑)

1320)妄想 ドイツ・チェコビール旅行記2006
出発前に「こうなるといいなぁ・・・」と思いながら書いた予定表です。
実現したこともあれば、実現しなかったこともあります。
これも読まなくていいです。

1321)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・1日目(デュッセルドルフ)
1322)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・2日目(ボン・ケルン・ドルトムント・デュッセルドルフ)
1323)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・3日目(デュッセルドルフ・ケルン)
1324)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・4日目(リューベック・ハンブルク)
1325)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・5日目(チェコ国境・バンベルク)
1326)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・6日目(クルムバッハ・バイロイト・バンベルク)
1327)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・7日目(バンベルク・レーゲンスブルク・ヴェルテンブルク・アンデックス)
1328)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・8日目(アイインク・ミュンヘン)
1329)ドイツ・チェコ ビール旅行記2006・9日目(ミュンヘン)
1330)ドイツ・チェコ ビール旅行2006を振り返って
2006年にワールドカップ観戦にあわせて行ったビール旅行記です。
自分で言うのもなんですが、すごいボリュームです。
全部読むのはオススメしません。
チェコには国境にしか行ってませんし・・・

180)タイ ビール旅行記2005
レストランでプールでシンハーを飲みまくっております。

181)タイ ビール旅行記2006
上に同じです。

182)マレーシア ランカウイ ビール旅行記2007
ビール激安の島、ランカウイ島でビールを飲んできました。

183)タイ ビール旅行記2008
パタヤとバンコクの「現場」に行ってきました!

184)シンガポール ビール旅行記2012
結構良質な「現場」が沢山あって、良い意味で予想外でした。

199)九州14泊15日ビール旅行記2001
2001年に行った14泊15日におよぶ、ビール&温泉旅行記です。
本当はアジアのリゾートに2週間行って、脳をとろけさせる予定だったのですが、「9.11」で吹っ飛びました。
お金かかってます。

200)鹿児島 ビール旅行記2005
日本のチェコビールの聖地(?)鹿児島に飲みに行った記録です。
ゴルフもしてます。

210)会津 ビール旅行記2005
会津の「現場」に行った時の記録です。

220)東北・北海道 ビール旅行記2005
仙台から電車で札幌に移動しながら、幾つか「現場」を訪問しました。

230)広島・福岡 ビール旅行記2005
こちらの移動は新幹線なので、楽チンでした。

240)信州 スキー&ビール旅行記2005
大阪へ帰省する途中、長野に寄ってスキーとビールを楽しみました。

250)軽井沢 スキー&ビール旅行記2006
よなよなの「現場」&スキーです。

260)帯広 ビール旅行記2006
帯広、期待してたより良かったです・・・

270)愛媛 ビール旅行記2006
「道後」を満喫しました。

271)伊豆ゴルフ&ビール2007
川奈でゴルフをして、伊豆高原ビールを飲みました。

272)出雲~三次~広島~岡山~大阪ビール「移動」記2007
ひたすら移動し、ひたすらビールを飲みました。

273)道東&札幌ビール旅行記2007
女満別INで千歳OUT。
その間ビール飲みまくり、「現場」行きまくり。

274)盛岡ビール旅行記2007
初めてベアレンの工場におじゃましました。

275)鹿児島ビール旅行記2007
枕崎は遠かった・・・

276)博多~石見銀山~松江~出石~三田 ビール「移動」記2008
三田は兵庫県の三田で「さんだ」と読みます。
「みた」にあらず。

277)盛岡ビール旅行記2008
ビア友K氏と、ゴルフ&ビール。
ビアパブベアレンを、初めて訪問しました。

2091)ビール現場サイコロの旅2009春
ビア友Kと振ったサイコロの目にしたがって、大阪→白浜→紀伊勝浦→伊勢市→豊橋→駒ヶ根→清里と移動しました。どうでしょうリスペクト企画。

2092)野球観戦&ビール旅行記2009夏
野球大好きな息子と、青春18きっぷを使って、西日本を旅行してきました。

20930)甲子園観戦旅行2009秋
阪神大好きな息子と、対広島三連戦を観戦しました。

2093)宇都宮日帰り2009
ビア友K氏と夕方から宇都宮に行って、その日のうちに帰ってきました。今となっては、何故旅行記の体裁にしたのか不明です。

2094)合格祈願&ビール旅行記2009冬
お姉ちゃんの「合格祈願」と称して、息子と青春18きっぷで大移動。京都→美川(石川県)→金沢→宇奈月→長岡→みなかみ。

2101)東北ビール旅行記2010春
福島のアサヒビール→盛岡のベアレン→秋田のあくら→月山→天童→米沢とエネルギッシュに移動してます。

21020)奈良・京都旅行記2010GW
家族で、渋滞をものともせず、車で行ってきました。

2102)野球観戦&ビール旅行記2010夏
昨夏に引き続き、野球大好きな息子と、今度は北海道目指して大旅行。宇都宮→仙台→遠野→八戸→函館→札幌→旭川→札幌→函館とまわって、八戸から新幹線で帰ってきました。

2103)甲子園観戦&ビール旅行記2010秋
昨秋に引き続き、阪神大好きな息子と、対ヤクルト三連戦を観戦しました。

2111)札幌ビール旅行記2011春
HIGURASHI、キリンビール園、NORTH ISLAND、小樽ビールと行ってきました。

2112)満喫!東日本パス2011
6月には1人で。
7月にはビア友Kと、「東日本パス」を利用して東北を満喫してきました。

2113)大阪・神戸・京都 三都飲み2011
大阪、神戸、京都で飲んできました。

2114)札幌滞在記2011夏
札幌を起点に、帯広やら旭川やら行ってきました。

2115)神戸マラソン&ビール旅行記2011
第一回神戸マラソンに参加してきました。

2116)札幌ビール旅行記2011年末
NORTH ISLANDが月曜定休と言うことを、この時知りました。

2121)京都マラソン&ビール旅行記2012
第一回京都マラソンに参加してきました。

30)ビール東海道中膝栗毛~目指せ!箱根編
出張ついでに行った「旅行」とは言えないものも入ってますが、ご勘弁を・・・

| | コメント (4)

勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」

予約がやたら大変な、勝沼の宿「ぶどうの丘」に行ってきました。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_1853246.jpg

今回の予約を取ったのが、確か6月。
あんまり間が空いたので、いつ行くのかわからなくなったくらいです(笑)

ホテルの部屋からの眺め。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_1865836.jpg
眼下に広がる葡萄畑。

バストイレも、なかなか高級感あります。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_1883022.jpg
ただ、温泉があるので、このバスは利用しませんでしたが。

そして人気の秘密がたぶんコレ。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_18102424.jpg
地下にあるワインカーヴ。
1人1,100円払って、「タートヴァン」という試飲用容器を買うと、そこらじゅうにある勝沼産のワインが飲み放題。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_18135747.jpg
妻と2人で飲みまくりました。
少しずつ色んな種類を飲むと、何となくどういうワインを美味しく感じるかがわかってきます。
高いワインが全て美味しいわけではありませんが、「これは!」というワインは必ずそこそこします・・・
妻と意見が合ったワインを赤・白1本ずつ購入して、ワインカーヴを出ました。
もうヘロヘロ。

夕食前にお風呂に入って、レストランで夕食。

081115101839
ここでもワインを1本(笑)

食後に誕生日ケーキ登場。
この日は、娘の誕生日だったんです。

喜んでくれたかな?

| | コメント (0)

ビールの現場から~山梨県甲州市「甲斐ドラフトビール」初訪問

新規189ヶ所の現場。
081115011453
「大和葡萄酒」の横に、控えめに「甲斐ドラフトビール」と書いてあります。

 

中に入ると、ワインやらビールを売ってるカウンターと、ちょこっと飲めるスペースが。
081115031459

 

飲めるのは1種類のみで、ヘレス。
081115021455
1杯500円、ちょっとしたおつまみも付いてきます。

 

滞在時間わずか10分。
あっという間に終了しました。

 

1杯とは言え飲んでしまった以上、運転は妻にお願いし、ホテルに向かってもらいます。

 

もちろんお土産も買って、後日しっかりいただきました。
081123021933081123041955
左ヘレス、右ピルスナー。
ラベルにミレーの絵が使われてるんですね。
さすが、山梨。

 

勝沼ワイナリー
住所:山梨県甲州市勝沼町等々力776-1
電話:0553-44-0433

| | コメント (0)

静岡・藤枝「THE ALE HOUSE」

東海道線「藤枝」駅で途中下車。
081114111922

 

南側の出口から、東方向に少し歩くと、目的地「The Ale House」到着です。
081114121925
「カシャーン!」
やっぱり、携帯カメラでは店内撮影は難しそうです(笑)

 

暗めの照明、雰囲気のある内装。
1996年からやられているとのこと。
東京でもその頃からやってるお店は、少ないんじゃないでしょうか。

 

静岡らしく、ベアードとバイエルンマイスターの限定モノを1杯づついただいて店を辞しました。

 

すごいな、藤枝。

 

The Ale House
住所:静岡県藤枝市田沼1-4-12
電話: 054-636-2889

 

 

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」3回目 その4

その3の続き。

 

この日2杯目のピルスナー(トータル3杯目)をはさんで・・・
081114081734

 

最後はポーター。
081114101742
うう・・・ん。
アルコール感が強いですね。
グビグビ、スルスルとはいけない感じ。
かといって、ゆっくり味わうというのもピンとこず・・・
★5

 

たまたまかもしれませんが、前回(2年前)とビールのラインナップが全く一緒と言うのは、あまりワクワクしません。
蔵の雰囲気とかは悪くないんですから、ビールと料理にもう少し変化があったほうが、ワクワクするんじゃないでしょうか・・・

 

前回★4でしたが、今回★3(5段階)ということで。

 

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」3回目 その3

その2の続き。

 

2杯目、ヴァイツェン。
081114071726
「カシャーン!」
もうエエって(笑)

 

酸味と甘味が印象的。
フルーティって感じはあまりなし。
★7

 

夕食には少々早い時間でしたが・・・
081114061721
角煮&ソーセージ盛合せ定食。

 

なんてのが、メニューにあるわけじゃなく。
081114041717
500円前後のおつまみメニューから、2品組み合わせて定食に出来るんです。

 

それにしても、角煮とソーセージって・・・

 

その4に続きます。

 

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」3回目 その2

その1の続き。

 

ビールのメニューです。
081114021710
「カシャーン!」
前回と全く同じ3種類。
季節限定系もありません。

 

まずはピルスナーから。
081114031712
「カシャーン!」
300ml入るかどうかというサイズのグラスで、420円。
ちょっと小さいかなぁ。
香るホップというよりは、苦みのホップ。
ほのかに麦の味。
★7

 

その3に続きます。

 

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」3回目 その1

ほぼ2年ぶりに、「天神蔵」。
当然のように、駅からは徒歩です。

 

「現場」に到着し、さて写真でも撮るかとデジカメのスイッチを入れると、「レンズエラー」の表示が・・・

 

ビールの写真を日本一(?)撮影した、大活躍のIXYくんが壊れてしまったようです。
これから「現場」やっちゅうのに。

 

というわけで、以後携帯カメラでの撮影。
081114011706

 

「カシャーン!」

 

盗撮防止のシャッター音がうるさいです。

 

時間が早かったので、店内は私だけ。
081114091734

 

「カシャーン!」

 

お願いですから、勘弁してください・・・

 

その2に続きます。

 

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0)

門前仲町「わいどぼー」

酔っ払って、門前仲町を徘徊していたときに、つい入ってしまったお店。
門前仲町「わいどぼー」_c0060651_12202344.jpg

十分飲み、かつ食べていたので、オーダーは控えめ。
門前仲町「わいどぼー」_c0060651_12214198.jpg
いかの刺身&八海山。
意外に、と言っては失礼ですが、これがナカナカの美味。
結構使えます。

「わいどぼー」
住所:江東区牡丹2-2-6
電話:03-3641-2361

| | コメント (0)

門前仲町「下町ビアホール ガブリエ」7回目

いつものようにパイントエビスで喉を潤していると・・・

 

店「今日、ギネス飲むとくじが引けますよ」
現「ホントですか!じゃ、ギネスをパイントで」

 

実に単純です。

 

で、いきなりこれが。
081112012125
キーホルダー。

 

現「空クジなしなの?」
店「いえ、そんなことないですよ」

 

なかなか引きは悪くないようです。

 

 

現「すいません、ギネスもう一杯」
店「はい、じゃあもう一枚引いてください」
現「じゃあ・・・コレ!」

 

081112042147

 

当たっちゃいました。

 

当たってふと、我に返りました。

 

「戸棚に置く場所、あったやろか?」

 

下町ビアホール ガブリエ」←ぐるなび
住所:江東区富岡1-8-7
電話:03-3643-0115

 

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その14 まさかのお休み

その13の続き。

 

081110121852

札幌で夕食。

081110131901

お店はコチラ。

残念ながら、料理の写真は無し。

 

食事後、一人でビールなお店へ。

081110142143

あら、残念。

ですが、当然こういうこともあります。

 

081111010837

翌日は午前中の便で、千歳から羽田へ。

| | コメント (2)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その13 ビールの現場から~札幌市白石区「アサヒビール園白石」

その12の続き。

 

081110071218-1

2杯目、北の職人。

わかりづらいかもしれませんが、大ジョッキです。

スーパードライより、色が濃く見えたとしたら、それはジョッキの大きさに起因するものだと思います。

この「北の職人」は、自社比1.3倍の熟成期間で造られているとのこと。

そのせいか、さっきスーパードライで感じたホップの香りは薄めです。

★7

 

081110041208 081110061214

ランチどきだったので、ラム肉ジンギスカン+ランチバイキングをいただきました。

 

081110081237-1

最後にスーパードライをもう一杯。

081110101249

ランチバイキングなので、アイスクリームも付いています。

 

1,650円で2時間飲み放題は魅力です。

ジンギスカンとスーパードライって、最強の組み合わせかもしれませんが、それっていわゆる「合う合わない」じゃないと思いません?

食べてこってり→飲んでさっぱり→食べてこってり→飲んでさっぱり。

このループが鉄板というだけのような・・・

 

その14に続きます。

 

はまなす館

住所:札幌市白石区南郷通4丁目南1-1

電話:011-863-5251

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その12 ビールの現場から~札幌市白石区「アサヒビール園白石」

その11の続き。

 

081110031206

ビールメニュー。

飲めるのは、スーパードライ、北の職人、黒ビール、琥珀の時間の4種類。

とは言え、この4種類全部ここで造ってるわけでは無いと思うので、念のため確認。

 

現「すいません、隣の工場で造ってるビールはどれですか?」

店「スーパードライだけです」

現「えっ?北の職人はここじゃないんですか?」

店「ええ、たぶん・・・ちょっと確認してきます」

 

店「すいません、北の職人もここで造ってます」

現「(そらそうやろ・・・)わかりました、有難うございます」

 

実にめんどくさい客です(笑)

 

081110051210-1

スーパードライの「現場」ならば、やはりコレから飲まねばならんでしょう。

サイズは中ジョッキ。

大ジョッキじゃないあたりが、我ながら潔くありません。

普段あまり感じないホップの香り。

「現場」ならではですねぇ。

さすが、美味いです。

★8

 

081110091239

窓からの景色。

 

その13に続きます。

 

はまなす館

住所:札幌市白石区南郷通4丁目南1-1

電話:011-863-5251

| | コメント (2)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その11 ビールの現場から~札幌市白石区「アサヒビール園白石」初訪問

その10の続き。

 

11月10日、月曜日。

札幌でビール!と言えば、まず「サッポロビール園」が頭に浮かびますが、あるんですねぇ、アサヒも。

実は私、厳密に言うとアサヒの「現場」初めてなんです。

いやぁ、盲点でした。

昔西宮に住んでたときは、2号線沿いにある工場の前、何度も通ってたんですけど(笑)

 

新規188ヶ所目の「現場」到着。

081110011201

着いてビックリ、4つもレストランがあるんです。

しかし私は、迷わず「ピルゼン」!

改装中でした・・・

「ロイン亭」はバイキング、「花ゆら」は本格和食、というわけで、消去法で「はまなす館」へ。

081110111254

メチャクチャ大バコですやん。

さすがアサヒ、さすがスーパードライ。

081110021202

地ビールの「現場」に比べると、タンクのデカさが際立ちます。

 

その12に続きます。

 

はまなす館

住所:札幌市白石区南郷通4丁目南1-1

電話:011-863-5251

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その10 ビールの現場から~札幌市東区「カナディアンブルワリー」

その9の続き。

 

081109402015-1

一応全種類飲みましたが、ここでバターコーン(450円)追加。

まだまだ飲む気ってことです(笑)

 

081109392007-1

6杯目は、リベンジの意味合いもこめてピルスナー。

言わずもがなですが、左がピルスナー。

最初の一杯だったんで、温くしてから飲んでないんですよね。

とは言え、ウインターエール後でもそこそこいけるとしたら、それはかなり本物ってことで・・・

温くしたら、いけました!

 

081109412041-1

そして7杯目、ウインターエール、アゲイン!

 

いやぁ、よく飲みました。

あまり行かないエリアにあるという理由だけで、これまで行ってなかった俺ってバカ!

また行ってみたい度は★5(5段階)。

敢えて注文があるとすれば、サーブ温度と料理かなぁ・・・

 

体験工房 手づくり麦酒

住所:北海道札幌市東区北26条東1丁目3-8

電話:011-752-2550

 

この後徒歩で宿へ。

081109432232

札幌駅。

081109442252

味の時計台。

何やってんだか・・・

 

その11に続きます。

| | コメント (2)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その9 ビールの現場から~札幌市東区「カナディアンブルワリー」

その8の続き。

 

081109371926-1

4杯目ともなると、まだ2杯目の「カスケードラガー」が残ってるうちから注文。

左からスタウト(4杯目)、エール(3杯目)、カスケードラガー(2杯目)。

在庫がどんどん積みあがってます。

ローストしっかり、いい感じの香ばしさ。

温くなるにつれ、甘さと苦さがいい感じのバランスに。

★8

 

081109381941

5杯目、ウインターエール。

もちろん、一番左です。

色は、スタウトより少し薄い程度。

メニューによると、アルコール度7%なんですが、それが飲みにくさにならずに、ふくよかさになっている点が素晴らしい。

今日イチはこれかなぁ。

★9

 

その10へ。

 

体験工房 手づくり麦酒

住所:北海道札幌市東区北26条東1丁目3-8

電話:011-752-2550

| | コメント (2)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その8 ビールの現場から~札幌市東区「カナディアンブルワリー」

その7の続き。

 

081109361915-1

3杯目はエール。

写真左がエールです。

あまりに冷えすぎなんで、温くしてから飲むために、早めに頼んでみました。

最初は★7だったんですが、温くしてから飲んだら結構モルティで、美味しさ1.3倍。

★8

 

081109291853-1

ここでフード紹介。

北海道的なのは少なめでしょうか・・・

で、頼んだのが「プレート7(880円)」。

0811093571907-1

おつまみ7種盛り合わせです。

揚げ物主体だったので、若い人にはいいかも・・・しれません。

 

その9に続きます。

 

体験工房 手づくり麦酒

住所:北海道札幌市東区北26条東1丁目3-8

電話:011-752-2550

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その7 ビールの現場から~札幌市東区「カナディアンブルワリー」

その6の続き。

 

081109311853-1

ビールのメニュー。

ピルスナー、エール、スタウト、アーリーウインターエール、カスケードラガーの5種。

ほぼUSPサイズで、630円。

充実したラインナップに加え、リーズナブルな価格設定です。

 

081109321854-1

1杯目は、大方の予想を裏切ることなく、ピルスナー。

泡がきれいです。

飲むと、ほのかにブドウのような香りがします。

かなりハイレベルなんですが、一点惜しまれるのが温度。

ちょっと私には冷えすぎでした。

★8

 

081109341906-1

2杯目は、カスケードラガー。

カスケードホップを使用したラガー、そのまんまです。

写真は色が濃く写ってますが、それはたぶんお店が暗いから。

実際はこの写真より、ずっと明るい色をしています。

効かせ過ぎると、拒否反応がでてしまうカスケードですが、このラガーは実に適度。

さすが、プロですね。

★8

これもやはり、冷えすぎなのがちょっと残念。

 

その8に続きます。

 

体験工房 手づくり麦酒

住所:北海道札幌市東区北26条東1丁目3-8

電話:011-752-2550

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その6 ビールの現場から~札幌市東区「カナディアンブルワリー」初訪問

その5の続き。

 

何度も札幌に行きながら、何故かこれまで縁が無かった「現場」に行ってきました。

南北線で北24条駅で降り、そこからは徒歩。

081109261849

新規187ヶ所目。

081109271849

中古車屋さんの隣に、玄関がありました。

081109281850

玄関を入ると右側に醸造設備が見えます。

081109331900

1階にもカウンター席はありますが、メインは2階。

倉庫改造系なインテリアですが、北海道っぽいディテールがそこここにあって、なかなかイイ感じです。

かなり暗めなのは、賛否の分かれるところだと思います。

 

その7に続きます。

 

体験工房 手づくり麦酒

住所:北海道札幌市東区北26条東1丁目3-8

電話:011-752-2550

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その5 ビールの現場から~北海道登別市「鬼伝説」

その4の続き。

 

081109211208-1

最後の一杯はデザート代わりに、洞爺湖サミット記念醸造「スイートストロベリー」。

鮮やかなサーモンピンク。

これがビール(発泡酒)とは、にわかに信じられません。

デザート代わりに飲んだわりにはあまり甘さは強くなく、普通に飲める感じ。

色も華やかですし、いいですね、こういうのも。

★7

 

登別駅と温泉街の間に位置するこの「現場」。

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

 

登別地ビール館

住所:北海道登別市中登別町96-6

電話:0143-83-3110

 

歩いて登別駅に向かう途中、ユニークなお店を幾つか見かけました。

081109231254

コーヒー&ビストロ きっさ点。

081109241255

おしゃれ茶屋。

 

その6に続きます。

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その4 ビールの現場から~北海道登別市「鬼伝説」

その3の続き。

 

08110918pa1150-1

3杯目、「金鬼」。

カスケード香る、アメリカンなペールエール。

ではありますが、ちょっとマイルドさを志向したのか、アメリカンにしてはややパンチ不足な印象。

★7

 

08110920ra1159-1

4杯目、「赤鬼」。

これは今日イチ。

苦みと甘みが、高いレベルでバランスしてる感じです。

★9

 

081109191158

テーブルからの景色。

 

その5に続く。

 

登別地ビール館

住所:北海道登別市中登別町96-6

電話:0143-83-3110

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その3 ビールの現場から~北海道登別市「鬼伝説」

その2の続き。

 

081109151140-1

熟慮の末、1杯目に選んだのは「木いちご」。

香りはしっかりフランボワーズ。

甘さ抑え目なのは個人的には有難いんですが、ちょっとスッキリしすぎかなぁ・・・

★7

081109111137081109121137

お昼の営業のみとあって、メニューも丼とそば中心。

不満です(笑)

081109161142

ミニ明太子丼とそばのセット。

 

081109171144-1

そして2杯目、「青鬼」。

ピルスナータイプ。

やや苦めバランスの、標準的なピルスナー。

おそばともよく合います。

★8

 

その4に続く。

 

登別地ビール館

住所:北海道登別市中登別町96-6

電話:0143-83-3110

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その2 ビールの現場から~北海道登別市「鬼伝説」

その1の続き。

 

登別ICのすぐ近くという立地ゆえ、1階は土産物屋。

081109091127

その奥にあるのが、醸造設備。

漂う麦汁の香りが、ここが「現場」であることを実感させてくれます。

081109081127

開店時刻の11時半になったので、2階レストランへ。

081109131137

一番乗り。

まあ、よくあることではありますが(笑)

081109101136-1

ビールはこの4種類と・・・

081109141137

この限定モノ1種類。

フルーツ系が2つか・・・悩ましいな。

 

その3に続く。

 

登別地ビール館

住所:北海道登別市中登別町96-6

電話:0143-83-3110

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その1 ビールの現場から~北海道登別市「鬼伝説」初訪問

11月9日、日曜日。

朝早めの飛行機で、羽田空港を出て、新千歳空港へ。

南千歳駅で乗り換え、特急列車で登別へ。

08110901jr1027

特急の車内は、電源もあってとっても快適です。

 

081109031103 081109041104

11時過ぎ、登別駅到着。

081109051109

駅を出ると、怖い怖い赤鬼がお出迎え。

鬼以外には、ベンチで話し込む高校生カップルと、タクシーの運ちゃんがいるのみ。

タクシーで行くと、早く着きすぎるので、得意の歩きで「現場(新規186ヶ所目)」を目指します。

駅から伸びる道を真っ直ぐ歩いていって、道なりに右カーブ。

ぐんぐん坂を上がり、高速道路の下を通ると、目指す「現場」が見えてきました。

081109061126

所要時間20分弱。

十分歩けますが、かなり寂しい道のりではあります。

 

その2に続く。

 

登別地ビール館

住所:北海道登別市中登別町96-6

電話:0143-83-3110

| | コメント (0)

門前仲町「下町ビアホール ガブリエ」6回目

いつものようにパイントエビス。

 

いつものようにキルケニー。
0811070162025

 

いつものように何ごともなく・・・

 

下町ビアホール ガブリエ」←ぐるなび
住所:江東区富岡1-8-7
電話:03-3643-0115

| | コメント (0)

タラスブルバ樽生@ベルオーブ豊洲

またまたベルオーブ豊洲。
こないだ行ったら「常連さん」と呼ばれてしまいました(笑)

 

メニューに目をやろうとした瞬間に、コレを勧められました。
081106012135

 

だいぶ好みがばれてきたようです。
081106032137
ホップが軽くて素敵。
ベルジャンの中では、樽生向きなんじゃないでしょうか。
これは一回り大きいグラスなので、1,150円。
キツイなぁ、ベルジャン・・・

 

料理は里芋のドフィノワ風。
081106042201
じゃがいもの代わりに、里芋を使って、トロトロ感溢れる一品。

 

そして二杯目もタラスブルバ。
081106052210
ほとんど同じ写真ですが、ちょっとした相違点があります。

 

おわかりでしょうか?
答えはCMの後で(笑)

 

ベル・オーブ豊洲店
住所:江東区豊洲2-4-9ららぽーと豊洲1F
電話:03-6910-1275

| | コメント (2)

ベアード「エキスポートラガー」&大山「ウィートビター」@横浜Cheers

081105112052

 

馴染みのテーブル席で、ベアードのエキスポートラガー(1,100円)。

 

081105122053
何種類か飲んだ、ベアードさんのラガーではベストかもしれません。
現場(沼津)で飲むチャンスがあるといいんですが・・・

 

そして大山のウィートビター。
081105162129
想像していたより、色薄め、透明感アリ。
爽やかフルーティ+複雑さ。
マニア受けしそうな感じです。

 

カマンベール入りポークカツ。
081105142058
これで600円はお値打ちなんじゃですよね。

 

横濱Cheers
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F
電話:045-311-7804

 

711)ビールなお店(横濱Cheers)

| | コメント (0)

ベルナルド黒樽生@横浜・天王町「PIVO屋」4回目

またまた天王町。
08110501pivo1844
ビールのメニューに変化が・・・ベルナルド黒!

 

でも1杯目は、ウルケル(笑)
081105021845
この手の写真、私のPCにどれほど入ってるんでしょうか・・・
前回のときの写真でも、前々回のときの写真でも間に合うんでしょうが、今回も律儀に撮ってます(笑)

 

おつまみ・・・
081105031848_2

 

ピクルスをいただきました。
081105041848

 

そして新顔のベルナルド。
081105071902_2
ぬぬ・・・
いつものようにナンボでも飲めるという感じやないな・・・何でやろ?

 

ラベルは馬とかじゃなく、セントバーナード。
081105081906
どうも洒落の効いたメーカーのようです。

 

新しく出来たショップカードを見せてもらいました。
081105051857081105061900
チェコらしく、少し可愛い感じで仕上がってます。

 

そうそう、バイトの女の子が増えてました。

 

PIVO屋
住所:横浜市保土ヶ谷区天王町1-7-1
電話:045-336-2863

 

724)ビールなお店(横浜・天王町・PIVO屋)

| | コメント (0)

ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」その4

その3の続き。

 

妻が2杯目のベルジャンホワイトを頼む間に、私はブラウンエール。
081103202047
いいじゃないですか、ボディしっかりめで。
★9

 

北海道産じゃがいもと挽肉のグラタンをはさんで・・・
081103192042

 

最後はシュバルツ。
081103212057
よく出来てます。
★8

 

どれもこれも、レベルが高い「現場」です。
贅沢を言えば、「ここで無ければ!」感が、少々少ないかもしれません。

 

とは言え、また行ってみたい度★4(5段階)。
たぶん、また来ます。

 

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

 

| | コメント (0)

ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」その3

その2の続き。

 

次に飲んだのはペールエール。
08110312pa2030

 

そしてIPA。
08110315ipa2037

 

きっちりペールエールで、きっちりIPA。
どちらも★8、かな。

 

噂の鴨肉ではなく、鶏もも肉のロティサリー。
081103162038
ニュースに出てる場合、ちゃいまっせ、ホンマに。

 

その4に続く。

 

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

 

| | コメント (2)

ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」その2

その1の続き。

 

私の1杯目はピルスナー。
081103102026

 

妻の1杯目はベルジャンホワイト。
081103112028

 

両方とも、実に優等生的なビール。
★8

 

「がっつりポテト」とともに。
081103132033
確かに、「がっつり」。

 

その3に続く。

 

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

 

| | コメント (0)

ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」その1

ディズニーシー帰りにイクスピアリ。
081103222120
前回は昼食でしたが、今回は夕食。
下の子(8歳)は、もう今にも寝そうですが(笑)

 

三連休最終日、午後8時半の店内。
081103092024
さすがに余裕があります。

 

ビールのメニュー。
08110307

 

この6種に加えて、こんなものも飲めます。
081103082021_2

 

さて、話題の「鴨」は食べたのか?
乞うご期待です(そんな引っ張る話でもないんですが・・・)

 

その2に続きます。

 

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

 

| | コメント (0)

ゴロワーズ・ブリューン樽生@ベルオーブ豊洲

運動した昼下がり、ベルオーブ豊洲で一杯。
081102041520_2
ゴロワーズ・ブリューン樽生(950円)です。
昼に飲んでるせいで、とっても赤いビールに見えます。
色につられたわけじゃないと思いますが、紅茶のような香りがします。

 

ベル・オーブ豊洲店
住所:江東区豊洲2-4-9ららぽーと豊洲1F
電話:03-6910-1275

| | コメント (0)

北千束「づけ麺秀」

自転車で環七を走っていたとき、立ち寄りました。
づけ麺秀_c0060651_1220545.jpg
つけ麺のお店のようです。
でも何故か「づけ」麺。

店に入り食券を購入し、カウンターに着席。
狭いお店です。

づけ麺秀_c0060651_12214977.jpg
細うどんのような麺に、酸味が強いつけ汁。

食べた後には、蕎麦湯のように、スープを足して飲み干せるのは、これからの季節有難いです。

「づけ麺 秀」
住所:大田区北千束2-28-1
電話:03-3748-1184

| | コメント (0)

1500本~その1

2004年12月30日に始めたこのブログ。
当初から「1日1本!」を目指しておりましたが、1402日で1500本。

 

1日あたりにすると、1.069900142本(笑)

 

2007年初頭に1ヶ月半ほど休んでいたのを入れても、1日1本以上アップしている計算になります。
1つのネタを「その1」「その2」「その3」・・・と引き伸ばすという姑息な手段を弄したとはいえ、よく続いたものだと思います。

 

こんなブログでも読んでいただける方はいるようで、アクセス数も徐々にではありますが増加しています。
特に今年は、毎年恒例「秋の大暴落」もなく(このブログにしては)高水準のアクセスを現在でも継続しています。

 

ありがたいことです。

 

そして11、12月は「現場」ラッシュ。
面白いかどうかは別として、色々行きます、色々飲みます!
「現場」ファンの皆さん(?)ご期待ください。

 

その2に続きます

 

・・・すいません、嘘です。

| | コメント (0)

ハロウィーン@ベルオーブ豊洲

枝川で焼肉を食べた後、後輩と2人でベルオーブ豊洲へ。
081031072311
いつものカウンターではなく、外のテーブルに座ったんですが、店内は異様な雰囲気。

 

「いらっしゃいませ、何にしますか?」
と聞いてきた店員さんはスパイダーマン!

 

ハロウィーンだったみたいですね。
全然馴染みがないイベントなので、ノーマークでしたが。

 

いつものようにトレメンス樽生。
081031082313

 

後輩が寝ちゃったので、この日はこれ一杯でおしまい。

 

ベル・オーブ豊洲店
住所:江東区豊洲2-4-9ららぽーと豊洲1F
電話:03-6910-1275

| | コメント (0)

枝川「大喜」焼肉

20時15分の予約で、枝川「大喜」へ。
ホントは19時前後で予約したかったんですが、いっぱいだったためやむなくこの時間に。
枝川「大喜」焼肉_c0060651_16263064.jpg
10分ほど前に着いたんですが、中に入れてもらえず、外で時間まで待つことに。
ナカナカ盛況です。

時間が来ると、中からどっとお客さんが吐き出され、我々も席につくことができました。
ホルモン大好きメンバーで行ったので、まずはホルモン、ギアラ、ミノ。
枝川「大喜」焼肉_c0060651_16333687.jpg
見ためもそうですが、タレは少々辛目。
個人的にはもう少し甘いほうが、好みですが・・・

ナムル&センマイ刺。
枝川「大喜」焼肉_c0060651_16342779.jpg枝川「大喜」焼肉_c0060651_16345430.jpg

ハツ&スジハラミ。
枝川「大喜」焼肉_c0060651_1636974.jpg

レバ刺。
枝川「大喜」焼肉_c0060651_16375397.jpg

どれもこれも、レベルが高し。
値段もそんなに高くありません。

こういうお店が、近くにあるのは有難いですね。

「大喜」
住所:江東区枝川1-11-12
電話: 03-3647-8256

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »