« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年「ビール現場主義」総括

せっかくの大晦日なので、この1年で訪問した「現場」を振り返ってみることにします。

1月・・・清里
2月・・・箕面門司港備前吉備土手下
3月・・・松江出石三田
4月・・・隅田川
5月・・・八海山薪小屋月夜野キリン千歳すすきの
6月・・・キリン横浜サッポロ千葉
7月・・・隅田川富士桜金しゃち沼津天王洲杉能舎多摩宇都宮
8月・・・桜木町パタヤバンコク
9月・・・道頓堀桜木町箱根
10月・・・山口神戸大使館ベアレンあさ開
11月・・・舞浜登別カナディアンアサヒ札幌天神蔵勝沼村塾チョンマゲキリン広島長浜(←今ココ)、野半の里
12月・・・隅田川、ブルーマスター、キリン福岡、有田、舞浜、名立、若狭、マインシュロス、湘南

締めて54ヶ所(うち新規21ヶ所)。
すごいなぁ・・・アホちゃうか、この人(笑)

お付き合いいただいたビア友の皆さん、有難うございました。
来年もよろしくお付き合いください。

| | コメント (2)

アウグス樽生@門前仲町「GAVOTTE(ガボット)」

ご近所門前仲町でアウグス樽生発見。
081125062320
現「何でこのビール入れてるんですか?」
店「わかりません」
だそうです。

フレンチレストラン併設のバー。
081125072331

シガー(葉巻)もあったりします。
081125082331

GAVOTTE
住所:江東区富岡1-5-1
電話:03-5621-4588
081125092347

| | コメント (0)

メール・ノエル樽生@ベルオーブ豊洲

今月初旬、ベルオーブ豊洲店にて。
081205122046_2
樽生メニューも、クリスマス色に染め上げられています。

せっかくなので、いつも頼まなそうなものを。
081205132047
メール・ノエル、8.5%(890円)。
何となく「変わったラベルのビールがあるなぁ」とは思ってましたが、間近に見るのは初めてのような気がします。
う~ん・・・品が良いとはお世辞にも言えないですね。
洒落が効いてるとも思わんし、絵も下手やし。
ビール自体も、アルコール度数なりのヘビーさで、リピートはしないと思います。
「縁がない」のも、それなりに理由アリということでしょうね。

店内の黒板を見ると、変わったメニューが。
081205142047_2
「びっくり玉ねぎのオイルグラタン」

頼んでみました。
081205152057_2

開けて「びっくり」。
081205162058

なるほど。

ビールはこの後、ルル・トリペルを3杯。
081205172113

ベル・オーブ豊洲店
住所:江東区豊洲2-4-9ららぽーと豊洲1F
電話:03-6910-1275
081205182128

| | コメント (0)

神田黒、再び@神田「THE Jha BAR」

数日前、神田のTHE Jha BARに行って、また神田黒を飲んできました。

K本さんに「どうですか、今年の神田黒は?」と聞かれたので、割と正直に「去年のほうが私には美味しいです」と答えました。
昨日も書きましたが、今年の神田黒は前のそれと比べると、しっかりしてる分軽やかさに欠ける気がするんですよね。
あくまで個人的な感想レベルですが。

するとK本さん、カウンターの向こうでサーバーを何やら調整。
K本「これ飲んでみてください」

ゴク・・・・・むむ?

現「角が取れてて、さっき飲んだのよりいい感じですね。何したんですか?」
K本「ガス圧をいじったんですよ」
現「へぇぇ・・・」
もちろん同じビールですから、ベースの部分は変わりませんが、与える印象は微妙ですが変わりました。
どちらが好きかは、好みなんでしょうが。

画像は何故かサンフーヤン。
081216012135

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0)

神田黒@神田「THE Jha BAR」

今月初め頃(2週間以上前でスイマセン)、神田黒を飲みに神田多町へ。
08120202jha2152
あるある。

ご存じない方に説明しときますと、「神田黒」は「THE Jha BAR」さんのオリジナルビール。
厚木ビールさんに、ここのお店のために造ってもらってるビールの一つです(他に「神田エール」「神田IPA」など)。

081202012146_2
前回感じた「スルスル感」よりは、「しっかり感」が前面に出ています。
ま、私のいい加減な味覚&記憶フィルター経由ですから、あてにはなりませんが。

他にブリッジポートIPAとオルヴァル。
08120204ipa2229081202052255

飲んだ飲んだ。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その9 和歌山「京橋幸太郎」

その8の続き。

 

22時過ぎ、「Kitchen ねこまた屋」を出て、ホテルのある北へ。

081130702210

市堀川を渡ったところで、ラーメン屋を発見してしまいました。

和歌山と言えばラーメン。

081130712213-1

めはり寿司があるのが、和歌山っぽいですね。

 

081130722216-1

美味しかったんですけど、食べ過ぎです。

 

081130732231

22時半、ホテルに帰還。

 

その10に続きます。

| | コメント (0)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その8 和歌山「Kitchen ねこまた屋」

その7の続き。

 

08113061da2019

3杯目、伊勢角屋イングリッシュダークエール。

見た目に反し、香ばしさ抑え目ですっきり系。

素晴らしい。

 

08113064vedett2100

4杯目にナギサのアメリカンウィートをはさんで、5杯目にVEDETT。

デュベルと同じ醸造所が造っているホワイトビール。

ちょい苦めバランスが私好み。

ベルオーブ豊洲あたりが入れてくれると嬉しいんですが、そうもいかんのやろうね。

 

081130652109

ホウレン草とベーコンのグラタンパイ。

 

081130662121

6杯目、ベアレンクラシック。

もはや私のベンチマーク。

ほのかに香るホップと、適度なボディ。

これだけ飲んだ後でも、まだ美味しいのが凄いところ。

 

エエお店でした。

有難うございました。

 

その9に続きます。

 

Kitchen ねこまた屋

和歌山県和歌山市島崎町3-27 じゃんじゃん横丁内

電話:073-427-4341

081130672148 081130682149

| | コメント (2)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その7 和歌山「Kitchen ねこまた屋」

その6の続き。

 

本日の樽生。

081130511948

 

とは言え、ここへ来たらコレでしょう!

081130531949

ナギサビールの、アメリカンウィート。

価格は驚きの480円。

どういうことやねん!

ボディしっかりなのに、飲みやすい。

さすがですね。

オリジナルグラスの重量感も私好み。

 

081130561955

ポテトサラダ。

これ、280円。

どないなってんねん。

 

081130571958

菜花の辛子和え。

これも280円。

エライこっちゃ。

 

08113059pa2004

そしてナギサのペールエール。

ホップが「パッ」と香った後、あと味には爽やかな甘み。

美味いねぇ。

和歌山の人は幸せやね。

 

その8に続きます。

 

「Kitchen ねこまた屋」

和歌山県和歌山市島崎町3-27 じゃんじゃん横丁内

電話:073-427-4341

| | コメント (0)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その6 和歌山「Kitchen ねこまた屋」

その5の続き。

 

16時半過ぎ、和歌山駅到着。

081130471638

まずはホテルにチェックイン。

少し休憩して、19時過ぎに夜の街へ。

081130481923

少し南下すると和歌山城が。

 

歩くこと25分(道に迷ったのも含む)、「Kitchen ねこまた屋」のある「じゃんじゃん横丁」到着。

081130501944 081130491944

ものすごくエエ雰囲気。

突如、昭和にタイムスリップした感じです。

 

081130692152

だって、そのちょっと前まで歩いてた道がコレですよ。

081130602015

入って左がL字型のカウンター席、右がテーブル席。

カウンター席が、お客さんでいっぱいだったため、テーブル席へ。

申し遅れましたが訪問日は11月30日。

スイマセン。

 

窓際の席だったので、窓越しに「横丁」が見えます。

081130622023

エエやん、エエやん。

 

ビールはまだ登場してませんが、その7に続きます。

 

「Kitchen ねこまた屋」

和歌山県和歌山市島崎町3-27 じゃんじゃん横丁内

電話:073-427-4341

| | コメント (2)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その5 ビールの現場から~和歌山県かつらぎ町「木の国野半ビール」

その4の続き。

 

「紀泡館」を出て、和風食事処「こんにゃく座」へ。

081130341434

これまでの2回の訪問は全て「紀泡館」だったので、こちらは初めて。

そもそも、あったかなぁ・・・?

081130411447 081130371436

店内は、座敷あったり、ブースあったり。

ビールはリベンジの意味も込めて、ヘーフェヴァイツェン。

081130381437

先ほどほど薬っぽさは感じませんでした。

★6

何も食べないのも何なので。

081130401439

こんにゃく田楽、450円。

 

そして卵とじうどん、550円。

081130421453

さっきマルゲリータ1枚丸ごと食べてますんで、完全に食べすぎです(笑)

 

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

 

その6に続きます。

 

「野半の里 こんにゃく座」

住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702

電話:0736-22-1005

081130451544 081130461544

| | コメント (0)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その4 ビールの現場から~和歌山県かつらぎ町「木の国野半ビール」

その3の続き。

 

2杯目は限定醸造のヘーフェヴァイツェン。

081130281352

 

ジョッキでは、少々情緒不足ではありますが・・・

081130311405
ちょっと薬っぽいのが残念・・・

 

自慢のマルゲリータをいただきました。

081130301400

1枚丸ごとマルゲリータを食べるの・・・何年ぶりやろ。

 

3杯目は、軍艦ビール。

081130321417

少し穏やかな印象のメルツェン。

でもコレくらいが、私には丁度よし。

今日イチはこれかな。

★8

 

その5に続きます。

 

「野半の里 紀泡館」

住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702

電話:0736-22-1005

| | コメント (0)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その3 ビールの現場から~和歌山県かつらぎ町「木の国野半ビール」

その1の続き。

 

まず入ったのが「紀泡館」。

081130221346 081130231346

外見からはわかりづらいですが、欧風料理の店です。

 

081130291352

店内を見れば、それなりに納得。

メニューを見れば、もっと納得。

081130251351

さて、ビールビール!

081130261352

季節ビールはヘーフェヴァイツェンとのこと。

ピルスナーから行くことにしました。

081130271352

もちろんサイズは大(500ml)。

これで575円はなかなかリーズンです。

後からジワジワ苦みがくるタイプ。

ただ、ちょっととっちらかった感じがあります。

★6

 

その4に続きます。

 

「野半の里 紀泡館」

住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702

電話:0736-22-1005

| | コメント (0)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その2 ビールの現場から~和歌山県かつらぎ町「木の国野半ビール」

その1の続き。

 

081130141207

関空からJRで和歌山へ。

まず「日根野」駅で乗り換え。

081130151245

次に「和歌山」駅で和歌山線に乗り換え。

40分ほどで「笠田(かせだ)」駅到着。

081130161338 081130171339

駅を出て、線路沿いに左に進むと踏切があるので、そこを右。

081130181342

ほどなく今回の目的地「野半の里」。

081130211346 081130201345

ビールの「現場」が2種(和&洋)、温泉施設、お土産屋が一堂に会するビールコンプレックス(笑)

8年ぶり3回目の訪問です。

 

その3に続きます。

 

「野半の里 紀泡館」

住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702

電話:0736-22-1005

 

| | コメント (0)

和歌山・神戸ビール旅行記2008冬その1 スターフライヤーで関空へ

羽田から関空経由で、和歌山へ。

伊丹便と違い関空便は、スターフライヤーとの共同運航便があります。

バスで駐機場まで行くと、普段見慣れない黒基調の機体が。

081130011004

カッコ良いっす。

 

081130021028 081130031028

座席もクール。

黒の革シートに加え、モニターもフットレストも標準装備。

 

ドリンクも何だか良い感じ。

081130041029

タリーズにしようか、ミネストローネにしようか・・・

 

音楽も、聴きなれたA社系のそれとはだいぶ違います。

081130051029

ずっとこれでは飽きるのかもしれませんが、今の私にはとても新鮮。

 

天気が良かったので、いろんなものがきれいに見えました。

 

芦ノ湖。

081130071033

 

富士山。

081130081034

 

セントレア。

081130111052

 

あっと言う間に、関空到着。

081130121136 081130131139

たまには関空経由もエエかもしれません。

 

その2に続きます。

| | コメント (0)

勝どき「鳥善」じゃなく、月島「やきとん がえん」

ご近所のS君と、勝どきで21時に待ち合わせ。
目指すは「鳥善」。
勝どき「鳥善」じゃなく、月島「やきとん がえん」_c0060651_1284244.jpg
もともと再開発エリアにあったらしく、仮店舗で営業中です。
ちょっと早めに着いて、店内に入るとコの字型のカウンターはお客さんで一杯。
私「すいません、9時にお伺いすると電話したものですが・・・」
店「9時丁度に(席が)空くかどうか、わかんないよ」
なるほど。
まだS君も来てなかったので、店の前で待っていると、S君到着。
事情を説明して待つこと10分。

私「他にしようか」
S「そうしましょう」

と言うわけで、ジャケ買いすべく、月島方面へ徒歩で移動。
こんな店に入りました。
勝どき「鳥善」じゃなく、月島「やきとん がえん」_c0060651_12135565.jpg
「やきとん がえん」。
カウンターに座り、サッポロの赤星やらホッピーやらをいただきます。
勝どき「鳥善」じゃなく、月島「やきとん がえん」_c0060651_12155296.jpg
特に何がどうというわけではありませんが、ごく普通の接客が心に沁みました。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その23 ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」

その22の続き。

 

081122171213-1

4杯目、季節限定の長浜レッド。

3杯目の長浜エールと比べると、色の違いはわかりやすいですかね。

ホップではなくモルトが前に出てきています。

★8

 

081122191225-1

ラスト、黒壁スタウト。

するする系。

突出したものがないのは、欠点の場合もありますが、このビールの場合は利点と言ってもいいんじゃないでしょうか。

★8

 

駅からのアクセス、周辺環境ともに問題なし。

近江牛中心だからか、料理が気持ち高めかなぁ・・・

また行ってみたい度は★4(5段階)です。

 

長濱浪漫ビール

住所:滋賀県長浜市朝日町14-1

電話:0749-63-4300

081122231249

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その22 ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」

その21の続き。

 

081122151155-1

淡海(おうみ)ピルスナー。

「現場」で飲んでる感じが全然しません。

疲れているといったらいいのか・・・

★5

 

081122161205-1

長浜エール。

よなよなっぽい感じ。

よなよなと同じように、完成度高し。

アメリカンなんですが、品があるとでもいいましょうか。

★9

 

081122181219

鰯の竜田揚げを追加。

 

その23に続く。

 

長濱浪漫ビール

住所:滋賀県長浜市朝日町14-1

電話:0749-63-4300

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その21 ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」

その20の続き。

 

ビールメニュー。

081122091143-1

レギュラー4種。

081122101143

プラス季節限定。

 

081122111144-1

1杯目伊吹バイツェン。

パッと見、USパイントですが、メニュー上は380ml。

香りも味も、いい意味でこなれたヴァイツェンだと思います。

★8

 

その22に続く。

 

長濱浪漫ビール

住所:滋賀県長浜市朝日町14-1

電話:0749-63-4300

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その20 ビールの現場から~滋賀県長浜市「長濱浪漫ビール」

その19の続き。

 

京都からJRで長浜まで移動。

 

2年ぶり4回目の訪問です。

081122071139 081122081140

店に入ると、故マイケル・ジャクソン氏の写真。

081122201239

席は前回と同じ、醸造設備かぶりつきのカウンター。

081122121144

これだけ設備が露出しているのに、全然麦汁の匂いがしないのは何ででしょう?

あの匂い、食事中に嗅ぐのはちょっと勘弁なので、これは有難いです。

 

081122141154

地鶏の岩塩焼(680円)をつまみつつ、ビールをいただくことにしました。

 

その21に続きます。

 

長濱浪漫ビール

住所:滋賀県長浜市朝日町14-1

電話:0749-63-4300 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その19 京都へ

その18の続き。

 

大阪から東京へ戻る帰り道、京都で途中下車し、京都駅から歩いて行ける紅葉スポットを目指しました。

081122051005

東福寺。

画像中央やや左にある、通天橋からの紅葉が有名です。

でも紅葉時期の京都恐るべしです。

「東福寺に着くと」じゃなく、「着く前」からものスゴイ数の人、人、人。

081122031001

境内に向かう道でもこの有様。

081122011001

確かにきれいではありますが・・・

この画像は人気の「通天橋」からのものではありません(画像右奥に見えるのが通天橋)。

本堂到着。

081122041003

ここもスゴイ人です。

通天橋を渡るには400円でチケットを買わねばなりませんが、これも行列。

チケットを買っても、渡るのにまた行列。

081122061006

並んだ瞬間に乗り遅れそうなので、断念しました。

恐るべし、京都。

 

その20に続きます。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その18 ビールの準現場から〜大阪・土佐堀「箕面ビール」13回目

その17の続き。

 

08112124beerbelly2415

午後11時過ぎ、大阪・土佐堀の「BEER BELLY」へ。

 

1杯目、ピルスナー(温くて美味)。

2杯目、ひでじラガーエール(アンカースティームと同じ造りかたらしい)

3杯目、イングリッシュビター(ハンドポンプ)

4杯目、ペールエール(ちょっぴり華やか)と飲んでスタウト。

081121222313

時刻は11時過ぎ。

まったりいい感じです。

 

081121212310

しっとりシェパードパイ。

 

081121232402

最後にイングリッシュビターをもう一杯。

するする飲めるのに薄くない。

ここまで飲んでおいて、するする飲めるもないまんですが。

 

08112124beerbelly2415_20200527185201

この日も予定どおり、飲みすぎです。

 

BEER BELLY」土佐堀店
住所:大阪市西区1-1-30大阪リバービル1F
電話:06-6441-0717

 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その17 広島「GOLDEN GARDEN(ゴールデン・ガーデン)」

その16の続き。

 

16時28分。

新幹線に乗るまで少し時間があったので、お好み村の斜向かいにある、こちらのお店に。

08112114goldengaren1628

GOLDEN GARDEN(ゴールデン・ガーデン)」。

中途半端な時間でしたが。

081121151633

本日の樽生3種。

 

081121161633

エーデルワイスのスノーフレッシュ。

 

081121171649

そして三次ベッケンのウィートダークラガー。

 

081121201656

つまみは広島では有名なパン屋さん「ドリアン」のパン。


081121181651

これはこれで興味ありますね。

普通の時間に来て、賑わいとともに過ごしたいお店でした。

 

その18に続きます。

 

GOLDEN GARDEN(ゴールデン・ガーデン)」

住所:広島県広島市中区新天地2-12

電話:082-248-2657

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その16 ビールの現場から~広島県府中町「キリンビアパーク広島」

その15の続き。

 

081121101234

2杯目はラガー。

後に残る爽やかな苦味が、ラガーの持ち味ですな。

★8

081121121244

そして復刻ラガー(明治)。

現ラガーより気持ち苦め。

バランスは現ラガーのが好きです。

★7

08112107pop1231

こんなものも飲めるようです。

 

また行ってみたい度は★3(5段階)です。

 

「キリンプラザ キッチン1938」

住所:広島県安芸郡府中町大須2-1-1

電話:082-510-1938

081121111236

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その15 ビールの現場から~広島県府中町「キリンビアパーク広島」

その14の続き。

 

11月21日(金)10時38分。

新山口駅から広島へ。

08112101sl1038

新山口駅にて、SL目撃。

 

広島駅から天神川駅に移動し、キリンビアパーク広島へ。

081121021220 081121031220

2年2ヶ月ぶり2回目の訪問です。

ブラウマイスターやら一番搾りスタウトやらも飲めますが、「現場」ならではのビールはこの3種。

081121041224

全体的に、前回より値段が上がっているのは残念ですが。

 

081121061226

まずは一番搾りから。

相も変らぬスッキリ系。

081121081232

マーボーごはんセット(880円)とともに。

ビールを楽しむには、少々辛過ぎました・・・

 

その16に続きます。

 

「キリンプラザ キッチン1938」

住所:広島県安芸郡府中町大須2-1-1

電話:082-510-1938

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その14 山口・湯田温泉「熱食」

その13の続き。

 

「こ熊や」を出て、ホテルに向かって歩き出したところで、足が止まりました。

081120772155

「熱食」。

焼肉屋さんです。

もう散々食べてますので、今更なんですが、惹かれたのがコレ。

081120692111

大ジョッキで飲めるんです。

081120722118

飲んじゃいました。

ビールだけっちゅうのも、何なんで・・・

081120742124 081120762136

食べすぎ、かつ飲みすぎ。

さすがにこれで終了です(笑)

 

その15に続きます。

 

「熱食」

住所:山口県山口市湯田温泉1-7-32

電話:083-934-9500

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その13 山口・湯田温泉「こ熊や」

その12の続き。

 

前回ご紹介した「CORE」の向かい。

081120602016

「こ熊や」。

何となくいい感じの店構えではあるんですが、何屋さんかは全然わかりません。

わかんなかったら普通は入らないとは思うんですが、入っちゃうんです、私の場合(笑)

081120682052

ドアを開けるとカウンター。

幸いお客さんはいません。

セパレートされた奥の座敷には、2組くらいのお客さん。

 

現「一人なんですけど?」

店「カウンターでも、いいですか?」

現「もちろん」

 

081120647002022

お通し。

豪華だったので、値段をお伺いしたところ、700円とのこと・・・なるほど。

 

081120632022

ちょっとビールはお休みしたかったので、生搾りチューハイ。

雰囲気的には、焼酎か日本酒やと思いますが、つい・・・

081120612019

何を食べましょうか・・・

 

081120652033

豚味噌カマンベール。

豚も味噌もチーズも大好きな私が、嫌いなわけが無い一品。

081120622019

刺身メニュー。

一種類じゃ寂しいし、何種類も食べるお金はないし・・・

 

現「すいません、こちとたいらぎ貝を半分づつ盛ってもらうこととかってできますか?」

店「いいですよ!」

 

いい店です。

081120672043

左たいらぎ貝、右こちです。

 

ビールも頼んでみました。

081120662035

ラガーの小瓶が、やけに仰々しく登場。

ビール好きには、オススメしません(笑)

 

その14に続きます。

 

「こ熊や」

住所:山口県山口市湯田温泉3-1-15

電話:083-932-6155

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その12 山口・湯田温泉「CORE」

その11の続き。

 

知らない街をブラブラしながら、「ジャケ買い」で飛び込むのが最近楽しくなっているワタシ。

ToyToyさんを後にした後、湯田温泉近辺でも飛び込みました。

08112058core1950

「CORE」、いわゆる「バー」ですね。

まだ時間が早かった(19時50分)ので、カウンターには私以外にもう一人。

東京にあっても全く違和感の無い、こじゃれた店内。

カウンターの中の人も、結構イケメンですし。

081120591956

ブラウマイスター樽生を注文。

コンディションは正直「・・・」でしたが、そういう店じゃありませんしね。

 

その13に続きます。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その11 山口「ToyToy(トイトイ)」再訪

その10の続き。

 

当初お伝えしていた時刻(18時)より、少し遅れてしまいましたが、何とかToyToy到着。

081120551825

お目当てはこのおつまみセット!

この「チョビチョビ感」が最高!

 

ビールはベアレンばかり3種。

081120541814

ライ。

081120561835

アップルラガー。

081120571857

フェスト。

ごちそうさまでした。

 

その12に続きます。

 

ToyToy

住所:山口市道場門前1-1-13 2F

電話:070-5057-0821

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その10 萩観光

その9の続き。

 

081120451334

さらに15分ほど歩くと、右手に萩焼会館。

7年前、家族で訪れました。

081120461344

そしてさらに10分ほど歩いたところで「東萩」駅到着。

結局、バスには乗らずにここまで来れました。

笠山の柚子屋本店から、ひたすらここまで歩いたことになります。

081120471345

萩橋を渡って、バスセンターへ。

081120481410081120491423

山口行きのバスが出る「バスセンター」のコインロッカーに荷物を預け、出発時間まで萩散策(もちろん徒歩)。

081120501438

城下町。

081120511452 

萩城跡。

08112052jr1558

16時ごろ出発のバスで山口へ。

081120531804

ホテルに荷物を置いて、山口のアーケードに着いた頃には18時

いやいや、よう歩きました。

 

その11に続きます。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その9 反射炉完全制覇

その8の続き。

 

チョンマゲビールの現場「タルタル21」を出たのが12時43分。

目の前のバス通りを、萩行きのバスが通り過ぎていきました・・・

次のバスまでは、約1時間。

ぼーっと待つのも芸が無いので、近くにあるJRの駅も覗いてみました。

081120411254 

山陰線越ヶ浜駅。

都会から来た身には、なかなかショッキング。

081120421254

時刻表はさらにショッキング。

すっかすか。

次の電車が来るのは、1時間40分後・・・あきらめましょう。

バス通りを、歩いて萩方向に向かい、バスに追いつかれそうになったらバスに乗る作戦。

よくやる手です。

081120441320 081120431320

30分ほど歩いたところで、「反射炉」発見。

(この写真、イギリスっぽいと思うのは私だけ?)

「反射炉」と言えば、伊豆韮山の「反射炉」が、ビール好き(現場好き)には有名ですが、コチラの反射炉は「現在日本に残存する2つの反射炉

うちの1つ」だそうです。

そう!現時点で「反射炉」があるのは、日本で伊豆と萩だけ。

ビール(現場)求めてウロウロしているうちに、反射炉完全制覇を達成してしまいました(笑)

 

その10に続きます。

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その8 ビールの現場から~山口県萩市「チョンマゲビール」2回目

その7の続き。

 

081120381159

3杯目も、グラスに逃げることなく、ジョッキでペールエール。

微妙に苦め。

これも味薄め。

★6

 

081120391212

4杯目もジョッキサイズで、アルト。

アルコール感強し。

あと味もちょっと・・・

★4

 

081120371151

ロケーションは悪くないんですけどね・・・

また行ってみたい度は★2(5段階)。

081120401243

 

その9に続きます。

 

タルタル21

住所:山口県萩市小畑(マリーナ萩)

電話:0838-24-3500

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その7 ビールの現場から~山口県萩市「チョンマゲビール」2回目

その6の続き。

 

081120341145

スープ&サラダ。

 

081120351150

そして、メインの豚バラ肉のチョンマゲビール煮。

けっこうボリューミィです。

 

081120361150   

パンかライスか、と問われたのでパン。

ライスでビールは、飲みづらいので。

 

081120381151

そして2杯目、ピルスナー。

チョイ苦、すっきり系ですが、ちょっとすっきりしすぎ・・・

参ったな。

★6

 

その8に続きます。

 

タルタル21

住所:山口県萩市小畑(マリーナ萩)

電話:0838-24-3500

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その6 ビールの現場から~山口県萩市「チョンマゲビール」2回目

その5の続き。

 

081120271137

「現場」の証、醸造設備。

081120321142

明るい店内には、女性客多し。

081120301140

ビールがついた「プレジデントセット」を注文。

2軒目の「現場」ではありますが、1軒目では試食程度しか食べていないので(笑)・・・

 

081120291139 08112031pop1141

ビールメニュー。

ジョッキとグラスであんまり価格差ないですね。

こうなるとジョッキ一択。

 

081120331143

まずはウィートから。

小麦系の割りには、香り弱め。

さっぱりというよりは、味が薄い感じ。

ペロンとしてます。

★5

 

その7に続きます。

 

タルタル21

住所:山口県萩市小畑(マリーナ萩)

電話:0838-24-3500

 

 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その5 ビールの現場から~山口県萩市「チョンマゲビール」2回目

その4の続き。

 

萩ビール村塾の「現場」から、バス停方向に10分ほど歩いたところで、次の「現場」の看板発見。

081120241122

タルタル21」って書いてあります。

08112025211136 

看板から更に歩くこと、十数分。

チョンマゲビールの「現場」、2001年の訪問以来、7年ぶり2回目の訪問です。

081120261136

マリーナ内に位置していることもあり、全体的にゴージャスな雰囲気。

081120251125

振り返ると、先ほどまでビールを飲んでいた笠山が見えます。

 

その6に続きます。

 

タルタル21

住所:山口県萩市小畑(マリーナ萩)

電話:0838-24-3500

 

 

 

 

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その4 ビールの現場から~山口県萩市「萩ビール村塾」

その3の続き。

 

081120231110

さっきまで飲んでいた売店。

081120171107

その裏にあるのが、柚子などの加工工場とビール醸造所。

081120221109081120181108

柚子が加工中。

081120201108 081120211109

ビール醸造中。

081120191108

見学も出来るそうですので、ご興味と時間のある方は。

私は先を急ぐので、このあたりで失礼いたします。

 

また行ってみたい度は、レストランが無いので★2(5段階)かな。

その5に続きます。

 

村塾ビアハウス笠山

住所:山口県萩市椿東字奈古屋1189

電話:0838-26-2111

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その3 ビールの現場から~山口県萩市「萩ビール村塾」

その2の続き。

 

08112016pa1057

2杯目は、当然ペールエール。

08112015pa1057-1

カスケードか・・・と先入観たっぷりで口にしたからでしょうか、あまりカスケードカスケードしてません。

でも十分フルーティな感じは出てるんですね。

とてもいい按配です。

★8

 

店「これも食べます?」

081120131053

現「お気遣いいただき、すいません。これは何ですか?」

店「柚子の佃煮なんです」

よく見ると、細く切った柚子が入っていて、当然のように柚子風味。

試飲させていただいたぽん酢を買って、売店を出ました。

所要時間約20分。

レストランがあればなぁ・・・

 

その4に続きます。

 

「村塾ビアハウス笠山」

住所:山口県萩市椿東字奈古屋1189

電話:0838-26-2111

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その2 ビールの現場から~山口県萩市「萩ビール村塾」

その1の続き。

 

081120141054 

建物の中に入ると、中は柚子屋さんだけに、柚子を使った製品が並んだ立派な売店。

 

ビールを求めて、キョロキョロしてると・・・ありました!

081120091046

1杯500円で、2種類飲めるみたいですが・・・

 

現「すいません、ビール飲みたいんですが、どこで飲めばいいんですか?」

店「その辺の、テーブルで・・・」

現「あっ、この辺・・・じゃ、じゃあ、ヴァイツェンを1杯」

081120111048

レジ前に据え付けられた大き目のテーブルで、ヴァイツェンをいただきます。

081120101048-1

プラカップは残念ですが、香り良しです。

華やかではあるんですが、その度合いが程よいので、料理にも合いそう。

★8

 

レストランがあればなぁ・・・と思っていたところ、店の方に声をかけられました。

 

店「試食で置いてあるものなんですけど、こんなんで良かったら召し上がります?」

081120121049

現「有難うございます!もちろんいただきます!」

店「中にチーズが入った蒲鉾なんですよ」

現「へぇ~」

 

ありがたや、ありがたや。

 

その3に続きます。

 

「村塾ビアハウス笠山」

住所:山口県萩市椿東字奈古屋1189

電話:0838-26-2111

| | コメント (0)

萩・山口・広島・大阪・長浜ビール旅行記2008秋その1 ビールの現場から~山口県萩市「萩ビール村塾」

11月20日(木)7時11分。

081120010711

羽田空港から、萩・石見空港への唯一の直行便に乗り込みます。

081120020904

定刻(9時05分)より、少し早めに萩・石見空港着。

081120031030

萩バスセンター行きのバスに乗り、1時間ほど揺られると「越ヶ浜入口」到着。

ここから歩いて「現場」を目指します。

081120041032

2分ほど萩方向に歩いたところで、看板を発見。

081120051038

矢印にしたがい、更に5~6分歩くと、前方に池が見えてきました。

明神池というそうです。

池なのに、周りに海産物を売る店が並んでいて、「不思議だなぁ?」と思っていたところ、すぐ謎が解けました。

081120061040

海とつながってるいわゆる「汽水湖」なので、海の魚がいるんですね、池に。

ここから、更に歩くこと4分。

081120071044

柚子屋本店到着です。

バス停からだと、約15分。

近いものです。

 

その2に続きます。

 

「村塾ビアハウス笠山」

住所:山口県萩市椿東字奈古屋1189

電話:0838-26-2111

| | コメント (0)

勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」

予約がやたら大変な、勝沼の宿「ぶどうの丘」に行ってきました。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_1853246.jpg

今回の予約を取ったのが、確か6月。
あんまり間が空いたので、いつ行くのかわからなくなったくらいです(笑)

ホテルの部屋からの眺め。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_1865836.jpg
眼下に広がる葡萄畑。

バストイレも、なかなか高級感あります。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_1883022.jpg
ただ、温泉があるので、このバスは利用しませんでしたが。

そして人気の秘密がたぶんコレ。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_18102424.jpg
地下にあるワインカーヴ。
1人1,100円払って、「タートヴァン」という試飲用容器を買うと、そこらじゅうにある勝沼産のワインが飲み放題。
勝沼ワイン飲み放題の宿「ぶどうの丘」_c0060651_18135747.jpg
妻と2人で飲みまくりました。
少しずつ色んな種類を飲むと、何となくどういうワインを美味しく感じるかがわかってきます。
高いワインが全て美味しいわけではありませんが、「これは!」というワインは必ずそこそこします・・・
妻と意見が合ったワインを赤・白1本ずつ購入して、ワインカーヴを出ました。
もうヘロヘロ。

夕食前にお風呂に入って、レストランで夕食。

081115101839
ここでもワインを1本(笑)

食後に誕生日ケーキ登場。
この日は、娘の誕生日だったんです。

喜んでくれたかな?

| | コメント (0)

ビールの現場から~山梨県甲州市「甲斐ドラフトビール」初訪問

新規189ヶ所の現場。
081115011453
「大和葡萄酒」の横に、控えめに「甲斐ドラフトビール」と書いてあります。

 

中に入ると、ワインやらビールを売ってるカウンターと、ちょこっと飲めるスペースが。
081115031459

 

飲めるのは1種類のみで、ヘレス。
081115021455
1杯500円、ちょっとしたおつまみも付いてきます。

 

滞在時間わずか10分。
あっという間に終了しました。

 

1杯とは言え飲んでしまった以上、運転は妻にお願いし、ホテルに向かってもらいます。

 

もちろんお土産も買って、後日しっかりいただきました。
081123021933081123041955
左ヘレス、右ピルスナー。
ラベルにミレーの絵が使われてるんですね。
さすが、山梨。

 

勝沼ワイナリー
住所:山梨県甲州市勝沼町等々力776-1
電話:0553-44-0433

| | コメント (0)

銀座一丁目「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」

これも同僚との飲み会。
ワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_1216538.jpg
この寒い中、軒先にビニールの幕垂らして、外で飲んでる方がいらっしゃいます。

8時からの予約で、5分ほど前に着いたんですが、時間まで入れず外でウェイティング。
ものすごく盛況です。
やっぱカップルが多いですけどね。

時間が来て、やっと着席。
狭いです。
でも狭い=悪いではなく、逆に賑わってていい感じ。

そして料理が美味い!
ワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_12235732.jpgワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_12242951.jpg
ワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_1225416.jpg
ソーセージは肉汁たっぷりすぎて、ナイフを入れた瞬間に飛び出しますから要注意。

自慢のワインは、ワインリストから選ぶというよりは、好みを言ってスタッフの方に持っていただくスタイル。
ワイン居酒屋「Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」@銀座一丁目_c0060651_122723.jpg
ボトルに直接価格が書いてあるのが、なんか雰囲気出てます。
結局白赤赤と、3本いただきました。

楽しかった・・・また来ます。

Pont du Gard(ポン・デュ・ガール)」
住所:中央区銀座1-27-7
電話:03-3564-0081

| | コメント (0)

渋谷「THE GRIFFON(ザ・グリフォン)」

ビア友Kと渋谷の「THE GRIFFON(ザ・グリフォン)」へ。
081119011837
渋谷駅から歩いてスグ。
かなりの好立地です。

7~8人が座れそうなカウンターと、高低織り交ぜたテーブルが8卓くらいでしょうか。
ダーク系の木材を使ったインテリアはトラディショナルな雰囲気を醸し出していますが、照明はモダンな感じ。
カウンター横の白い壁には、プロジェクタで映画が流されています。

樽生のラインナップは非常に豊富。
081119031840
まだ上半分。

081119021840_2
これがメニューの下半分。
何とメニューに載ってるだけで、14種類もあります。
東京のお店はすごいですね(笑)

あと個人的に気になったのは、メニュー下の注意書き。

「当店では1pint→約440ml、1/2pint→240ml、glass→約320mlです。」
明確なのは素晴らしいんですが、1pint=440mlというのは??
USP=473mlですから、泡分を除いて440mlくらいってことなのかしら?
すり切り440mlやとしたらちょっとなぁ・・・

この数日後に大阪の「BeerBelly」さんに行く予定があったので、箕面系を除き8杯くらい飲んだでしょうか。
1つだけ状態が悪いビールがあったんですが、店の人に言ったら、快く別のビールに交換してくれました。
大事、大事。

THE GRIFFON(ザ・グリフォン)」
住所:渋谷区渋谷2-22-6幸和ビルB1F‎
電話:03-3498-0839‎

| | コメント (0)

月島「焼肉 凛」

職場の飲み会で、月島。
ご近所飲みはいいものです。
すぐ帰れるしね。

行ったのは月島の有名焼肉店「凛」。
あの「YAKINIQUEST」で「リスペクト1」に指定されているお店です。
近所でもあるし、リスペクト店でもあるのにこれまで行かなかったのは、「くせのありそうな接客」。
基本的に苦手なんですよね、癖のある接客って。
と言うわけでしり込みしていた「凛」ですが、後輩のセットとあればそれはそれ。

月島「焼肉 凛」_c0060651_12174590.jpg
数分遅刻してしまったので、「こっぴどく怒られる」んではないかと、ビクビク入店したんですが、そんなこともなく。

やたら色んなものを勧めてくる接客に戸惑いつつ、外しちゃいけない一品「上タン塩」をオーダー。
月島「焼肉 凛」_c0060651_12251377.jpg
厚っ!
確かにちょっと値は張りますが、これだけ分厚くて、食べ応えがあると、結果としてはお値打ちかもしれません。
もちろん、美味いし。

そして強力に勧められて頼んだ、鴨つくね串。
月島「焼肉 凛」_c0060651_12312930.jpg
ちょっと焼くのはめんどくさいですが、なかなかの美味。

この日はホルモンが苦手な人が多かったので、ロース。
月島「焼肉 凛」_c0060651_12293963.jpg
火が通りやすいロースを周辺部に配置しながら、真ん中で厚手のしいたけを焼くという、完璧な布陣。
美しい・・・

そんなこんなで、思っていたよりは大満足の「凛」。
接客が独特であるのは事実なので、シチュエーションは選ぶと思いますが、オススメです。

「焼肉 凛」
住所:中央区月島1-27-1
電話:03-3531-2985 

| | コメント (0)

静岡・藤枝「THE ALE HOUSE」

東海道線「藤枝」駅で途中下車。
081114111922

南側の出口から、東方向に少し歩くと、目的地「The Ale House」到着です。
081114121925
「カシャーン!」
やっぱり、携帯カメラでは店内撮影は難しそうです(笑)

暗めの照明、雰囲気のある内装。
1996年からやられているとのこと。
東京でもその頃からやってるお店は、少ないんじゃないでしょうか。

静岡らしく、ベアードとバイエルンマイスターの限定モノを1杯づついただいて店を辞しました。

すごいな、藤枝。

The Ale House
住所:静岡県藤枝市田沼1-4-12
電話: 054-636-2889

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」3回目 その4

その3の続き。

この日2杯目のピルスナー(トータル3杯目)をはさんで・・・
081114081734

最後はポーター。
081114101742
うう・・・ん。
アルコール感が強いですね。
グビグビ、スルスルとはいけない感じ。
かといって、ゆっくり味わうというのもピンとこず・・・
★5

たまたまかもしれませんが、前回(2年前)とビールのラインナップが全く一緒と言うのは、あまりワクワクしません。
蔵の雰囲気とかは悪くないんですから、ビールと料理にもう少し変化があったほうが、ワクワクするんじゃないでしょうか・・・

前回★4でしたが、今回★3(5段階)ということで。

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」3回目 その3

その2の続き。

2杯目、ヴァイツェン。
081114071726
「カシャーン!」
もうエエって(笑)

酸味と甘味が印象的。
フルーティって感じはあまりなし。
★7

夕食には少々早い時間でしたが・・・
081114061721
角煮&ソーセージ盛合せ定食。

なんてのが、メニューにあるわけじゃなく。
081114041717
500円前後のおつまみメニューから、2品組み合わせて定食に出来るんです。

それにしても、角煮とソーセージって・・・

その4に続きます。

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」3回目 その2

その1の続き。

ビールのメニューです。
081114021710
「カシャーン!」
前回と全く同じ3種類。
季節限定系もありません。

まずはピルスナーから。
081114031712
「カシャーン!」
300ml入るかどうかというサイズのグラスで、420円。
ちょっと小さいかなぁ。
香るホップというよりは、苦みのホップ。
ほのかに麦の味。
★7

その3に続きます。

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0)

ビールの現場から~静岡県浜松市「天神蔵麦酒」3回目 その1

ほぼ2年ぶりに、「天神蔵」。
当然のように、駅からは徒歩です。

「現場」に到着し、さて写真でも撮るかとデジカメのスイッチを入れると、「レンズエラー」の表示が・・・

ビールの写真を日本一(?)撮影した、大活躍のIXYくんが壊れてしまったようです。
これから「現場」やっちゅうのに。

というわけで、以後携帯カメラでの撮影。
081114011706

「カシャーン!」

盗撮防止のシャッター音がうるさいです。

時間が早かったので、店内は私だけ。
081114091734

「カシャーン!」

お願いですから、勘弁してください・・・

その2に続きます。

天神蔵
住所:静岡県浜松市天神町3-57
電話:053-461-6145

| | コメント (0)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その14 まさかのお休み

その13の続き。

 

081110121852

札幌で夕食。

081110131901

お店はコチラ。

残念ながら、料理の写真は無し。

 

食事後、一人でビールなお店へ。

081110142143

あら、残念。

ですが、当然こういうこともあります。

 

081111010837

翌日は午前中の便で、千歳から羽田へ。

| | コメント (2)

登別・札幌ビール旅行記2008秋その13 ビールの現場から~札幌市白石区「アサヒビール園白石」

その12の続き。

 

081110071218-1

2杯目、北の職人。

わかりづらいかもしれませんが、大ジョッキです。

スーパードライより、色が濃く見えたとしたら、それはジョッキの大きさに起因するものだと思います。

この「北の職人」は、自社比1.3倍の熟成期間で造られているとのこと。

そのせいか、さっきスーパードライで感じたホップの香りは薄めです。

★7

 

081110041208 081110061214

ランチどきだったので、ラム肉ジンギスカン+ランチバイキングをいただきました。

 

081110081237-1

最後にスーパードライをもう一杯。

081110101249

ランチバイキングなので、アイスクリームも付いています。

 

1,650円で2時間飲み放題は魅力です。

ジンギスカンとスーパードライって、最強の組み合わせかもしれませんが、それっていわゆる「合う合わない」じゃないと思いません?

食べてこってり→飲んでさっぱり→食べてこってり→飲んでさっぱり。

このループが鉄板というだけのような・・・

 

その14に続きます。

 

はまなす館

住所:札幌市白石区南郷通4丁目南1-1

電話:011-863-5251

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »