« 宮城・岩手・栃木ビール旅行記2009春その6 ビールの現場から~岩手県一関市「いわて蔵ビール」 | トップページ | 宮城・岩手・栃木ビール旅行記2009春その8 ビールの現場から~岩手県一関市「いわて蔵ビール」2回目 »

宮城・岩手・栃木ビール旅行記2009春その7 ビールの現場から~岩手県一関市「いわて蔵ビール」2回目

その6の続き。

 

090313291830 090313301830

豚肉吟醸粕漬陶板焼き(840円)。

左が豚肉吟醸粕漬、右が陶板。

 

090313311838

ビール、4杯目はレッドエールをジョッキで(900円)。

アルコールを強く感じますね。

グラスくらいで飲むのが丁度いいかな。

★6

 

09031333ipa1902

5杯目、IPAのリアルエールをジョッキサイズで。

何故か、ヴァイツェンっぽいグラスで出されました。

価格は驚きの、1,300円!

値段を確かめずに注文したので、レシート見たときは、少々驚きました(笑)

注意するように。

生ホップの香りをかいくぐって口をつけると、じんわりとではありますが、強烈な苦みが襲ってきます。

さすがIPA。

★8

これもグラスが良かな?

経済的な意味でも。

 

その8に続きます。

 

蔵元れすとらん せきのいち

住所:岩手県一関市田村町5-42

電話:0191-21-1144

 

|

« 宮城・岩手・栃木ビール旅行記2009春その6 ビールの現場から~岩手県一関市「いわて蔵ビール」 | トップページ | 宮城・岩手・栃木ビール旅行記2009春その8 ビールの現場から~岩手県一関市「いわて蔵ビール」2回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮城・岩手・栃木ビール旅行記2009春その6 ビールの現場から~岩手県一関市「いわて蔵ビール」 | トップページ | 宮城・岩手・栃木ビール旅行記2009春その8 ビールの現場から~岩手県一関市「いわて蔵ビール」2回目 »