« 4年ぶりに両国「POPEYE(ポパイ)」 | トップページ | ビールの現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」4回目 その1 »

門前仲町「男鹿半島」秋田料理

ご近所S君と両国ポパイで飲んだ後、門前仲町でもう一軒行くことになり、飛込みで入ったのがこのお店。

090420082027 090420142105

「男鹿半島」。

その名のとおり、秋田料理のお店です。

奥の座敷に座り、何品かつまませてもらおうと店員さんに声をかけたところ、原則コースなので、そのような注文は受けていないとのこと。

さすがに2軒目できりたんぽ鍋はヘビーすぎるので、軽めのコースをアレンジしてもらうことで決着。

 

090420072026

まずお通し風に出てきたのは、山菜の和え物(名前不明)。

 

090420092033

そして、秋田県名産の「とんぶり」。

さすが「畑のキャビア」。

プチプチした食感は独特です。

 

090420112041

これは何だったっけ・・・?

やたら歯と歯の間に挟まったのが、印象に残ってます。

 

090420122052

ハタハタのなれ寿司。

 

090420132056

山菜の天ぷらを抹茶塩で。

 

090420152112

最後はいぶりがっこ。

 

090420102041

ビールでスタートしたんですが、途中から当然のごとく日本酒。

写真は高清水です。

 

男鹿半島」本店

住所:江東区牡丹3-5-1  

電話:03-3641-1511 

|

« 4年ぶりに両国「POPEYE(ポパイ)」 | トップページ | ビールの現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」4回目 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4年ぶりに両国「POPEYE(ポパイ)」 | トップページ | ビールの現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」4回目 その1 »