« 六本木「Beer Cuisine GOSHIKI roppongi」その2 | トップページ | GOSHIKI→Abbot's Choice »

六本木「Beer Cuisine GOSHIKI roppongi」その3

その2の続き。

4杯目、お店のオススメ順番を無視して、BENIAKA(紅赤)。
10052813beniaka2110
その名のとおり、赤みがかった色。
金時薩摩芋を使っているそうです。
かなり味がしっかりしてるので、お店のオススメどおり最後が吉(笑)

最後、SHIKKOKU(漆黒)。
10052816shikkoku2155
すっきりさっぱりな黒。
これはお店のオススメどおり4番目が吉。

「世界一美味しいフィッシュ&チップス」
100528102030
かなり大きく出てますね(笑)
美味しいかどうかのコメントは置いておくとして、「盛り」の上品さ(?)では、世界一が争えるかもしれません。

トロトロ牛すじトマト煮込み。
100528142131

ビールのキャラクターがいい感じで散らばってるし、料理も美味しいし、お店はきれいだし。
若かったら、デートに使うかも。

おじさんが一人で通うのは・・・、少々晴れがましすぎるかな(笑)

Beer Cuisine GOSHIKI roppongi
住所:港区六本木6-1-6
電話:03-3405-4480

|

« 六本木「Beer Cuisine GOSHIKI roppongi」その2 | トップページ | GOSHIKI→Abbot's Choice »

コメント

当面デートで使う予定の無い若い者ですが、機会があったら独り酒行こうと思いますw

そうそう、以前書かれていた登戸の現場、数日前に行ってきました。
なんというか、アットホームな雰囲気と言うか、手作り感溢れると言うか……(^^;
肝心のビールの方は、酵母臭がちょっと気になり、麦の味もホップの香りもちょっと弱くて、炭酸弱くて、
きっと200年,300年前までのヨーロッパの酒場で飲ませる自家製ビールって、こんな感じだったんだろうな、という感じでしょうか。
ピルスナー、ビター、ラーガー?の順で飲んで、一番しっくりきたのは、ビターでした。
あと、ツマミ類がホントにバカ安でしたねw
チェーンの居酒屋より安いんじゃなかろうかとw

また行きたい度を付けるとすると、やっぱり3くらいですかね。(ちょっと2に近い)

投稿: おいかわ | 2010/06/14 03:14

おいかわ様
登戸、行かれましたか!
マニアですねw
独特の雰囲気ですよね。

投稿: beer-kichi | 2010/06/15 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六本木「Beer Cuisine GOSHIKI roppongi」その2 | トップページ | GOSHIKI→Abbot's Choice »