« 初!新宿「Little Delirium(リトルデリリウム)」 | トップページ | ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(スプリングバレー)」10回目 その2 »

ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(スプリングバレー)」10回目 その1

休日ランチで生麦へ。
110504131414

いきなりですが、レストランへ。
110504011249

10回目の訪問なのに、工場見学はゼロ(笑)
1回くらい行きなさいよ!

もちろんテラス席。
110504091329

風が強めなので、うっかりするとメニューすっ飛んでしまいます。

その2に続きます。

スプリングバレー
住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1
電話:045-506-3013

|

« 初!新宿「Little Delirium(リトルデリリウム)」 | トップページ | ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(スプリングバレー)」10回目 その2 »

コメント

キリン生麦の工場見学
  
 昔はしきいが低く、当日適当な時間に行って、受付で 来意と人数伝えるだけですぐ入れてくれて 見学自体も見学通路を勝手に通るフリー見学が出来たんですが
 数年前から電話による完全予約制に成り、見学自体も職員の引率(説明)が付くツアーのみに成ってしまいしきいが上がったのが残念です
 あの見学ツアーも出来たばかりの若ビールと熟成済みで出荷間近の完成品の飲み比べとかさ
せてくれるコーナーも有り興味深かったので良いと思いますが。

 聞く所によると、以前の緩い管理だと、最後の試飲コーナー目当てに一日に何度も入館する地元民が増えた為、一日に一回しか入れない様にする為との説が有りますが。電話予約の際に氏名等で一日に重複有ると弾かれるとか説がありますが。

 以前のフリー見学だと入館受付で来意告げるだけで試飲券2枚(本券+おかわり券・各1)貰ってから見学通路に入って、途中、通行禁止の所(銀行とかで列作るのに置いて有るポールとロープみたいなの)無視してショートカットすると、通路入って30秒で試飲コーナーに到達可能(一度試しました)ですので 見学せず試飲だけも容易でしたし飲み足り無ければ試飲コーナーから出口(正面ゲート)に廻りつつ、再入館も容易でしたので規制強化も仕方ないかと

 あそこの瓶(缶)の充填ライン動いてるのぼーっと眺めてるの好きだったけど、ツアー制ではそうも行かなくなり残念です

 

投稿: TT | 2011/06/13 13:34

TT様
そんなことがあったんですね。
私は食中酒としてのビールが好きなので、何度もビールだけ飲む人の気持ちはわかりづらいところですが、近所に住んでればどうなっていたかわかりませんw
コメント有難うございました。

投稿: beer-kichi | 2011/06/13 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初!新宿「Little Delirium(リトルデリリウム)」 | トップページ | ビールの現場から~横浜市鶴見区「キリンビアビレッジ(スプリングバレー)」10回目 その2 »