« トンボの湯 軽井沢・名古屋ビール旅行記2011夏 その4 | トップページ | 旧帝国ホテル 軽井沢・名古屋ビール旅行記2011夏 その6 »

軽井沢・名古屋ビール旅行記2011夏その5 ビールの準現場から~長野県軽井沢町「よなよなエール」3回目

その4の続き。

 

「トンボの湯」で汗を流した後は、隣にある「ハングリースポット」。

110816491709

 

ではなく、「村民食堂」。

110816511717

5時過ぎにもかかわらず、なかなかの繁盛っぷり。

 

ビールメニューはコチラ。

110816501714

現「シーズナルってなんですか?」

店「シーズナルは・・・シーズナルです」

現「・・・」

 

ま、しゃあないね。

 

1杯目はワイルドフォレストを、ジョッキで豪快に。

110816521720

きれいな黄金色。

すっきり、かつフルーティ。

★8

 

付き出し(300円)は、牛肉のテリーヌ。

110816531720

 

2杯目は、シーズナル。

110816541730

どんなタイプが来るか未知数だったので、ジョッキではなくグラス(550円)で。

メニュー写真では、赤褐色な感じでしたが、実際はかなり濃い目。

慣れた人だと、「シーズナル」と言われれば「季節限定」ですから、「季節によって色々あるんだろうなぁ」と想像するんでしょうが、メニューに堂々と写真が載ってれば、そういう外見のビールが来ると思う人は多いんじゃないでしょうか?

バナナっぽいんで、小麦系かな。

もうちょっと後半でもよかったかな、という味。

★8

 

小鮎の炙り。

110816551742

一夜干し2尾+スモーク2尾。

このスモークのほうが、このビールに合うのよ。

 

110816561745

ナショナルトラスト。

抜群のバランス。

★9

 

粕味噌焼き(信州サーモンと放牧豚)。

110816571751

 

そして、真打ちよなよなエール。

110816601803

サイズはグラス(650円)のみ。

むむ、いつに無くうすく感じてしまう・・・

順番が悪かったかな?

★7

 

今思えば、よなよな→ワイルド→シーズナル→ナショナルがベストな順番かな。

もちろん、シーズナルが何かによりますが。

よなよなには、悪いことしました。

 

豚の角煮と牛蒡の炊き合わせ。

110816611815

 

一回りしたところで、ワイルドフォレスト。

110816621822

うすいんだけど、大丈夫。

この違いは、嗜好の違いなんやろね。

 

そろそろ、フィニッシュが近づいてまいりました。

高原野菜のチーズ焼き。

110816631848

 

そして、ナショナルトラスト。

110816641849

今日イチ。

 

最後は焼きおにぎりで締め。

110816651856

 

ビアガーデンが開催しているはずの芝生。

110816671929

 

ハルニレテラスへの道。

110816691933

 

最後は、ジェラート。

110816741944

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

提供できるサービスの質が高い!

さすが、星野リゾート。

 

その6に続きます。

 

村民食堂

住所:長野県軽井沢町星野

電話:0267-44-3571

|

« トンボの湯 軽井沢・名古屋ビール旅行記2011夏 その4 | トップページ | 旧帝国ホテル 軽井沢・名古屋ビール旅行記2011夏 その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンボの湯 軽井沢・名古屋ビール旅行記2011夏 その4 | トップページ | 旧帝国ホテル 軽井沢・名古屋ビール旅行記2011夏 その6 »