« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

ビールのラインナップが「現場主義」すぎる! ビールの現場から〜栃木県宇都宮市「宇都宮ブルワリー」その2

その1の続き。

7〜8人が座れるカウンターと、4人掛け☓2、2人掛け☓2。
少なくとも見える範囲では。
HPを見ると、テーブル22席と書いてあるので、まだ奥にあるのかな、あるんでしょう。

奥には醸造設備。
まだ稼働してないとのこと(8月上旬時点)。

Img_1754

ビールメニュー。

Img_1752

樽生ビールは10種類。
栃木マイクロブルワリーは当然としても、ろまんちっく村、プレストン、那須高原、サッポロ那須工場と栃木のビールがずらり8種類!
すごい「現場主義」の店やん(笑)

1杯目、梨のフルーツビール(季節限定)。

Img_1753

以前飲んだ「とちおとめスパーク」同様、フレッシュ感満載。
美味しい。
バランスのとれたフルーツビール。
ただ、私の求めているものとはちょっと違うので、★7。

2杯目、ろまんちっく村の「ミヤリーのラブリービール」。

Img_1755

画像ではわかりづらいかもだが、色薄め。
少しモルトがち。

2杯で切り上げ、東塙田へ。

Img_1756

あっ、閉まってる・・・
この時以来や・・・

BLUE MAGIC(ブルー・マジック)」
住所:栃木県宇都宮市池上町3−8
電話:028-307-0971

| | コメント (0)

3回目?それとも初めて? ビールの現場から〜栃木県宇都宮市「宇都宮ブルワリー」その1

2009年7月2009年9月と2回訪問した「栃木マイクロブルワリー」の新しい「現場」が出来たと聞いて、はるばるやってきました。

新しい「現場」は、東武宇都宮駅の近く。
JR宇都宮駅からは約1.5km。
結構「はるばる」感あるでしょ。

フードメニューがあまり無いとのことだったので、近くの餃子屋で腹ごしらえ。

Img_1750 Img_1746_2

水餃子&焼餃子。

Img_1747 Img_1748

そしてレモンサワー。

Img_1749

さすがにビールは遠慮(笑)

さあ、行こっか。

Img_1751

その2に続きます。

BLUE MAGIC(ブルー・マジック)」
住所:栃木県宇都宮市池上町3−8
電話:028-307-0971

| | コメント (0)

素敵なグラス達 ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」その3

その2の続き。

3杯目、季節のおすすめ「だいだいエール」。

Img_1742

思ったより色が濃い。
ホップも強く、新大陸系の味。
みかんの甘みをホップが押さえ込んでいる印象。
★7

4杯目、アンバーエール。

Img_1743

スルスル飲めるのに、しっかりしている。
個人的にはあまり得意でないカスケード系だが、ぎりぎりのところでバランスしている。
★8

それはそうと、このグラス持ちやすいなぁ。
さっきまでのグラスも含め、ここはグラスが秀逸。

プルーンのアイスとシフォンケーキで〆。

Img_1745

また行ってみたい度は★5(5段階)。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

小麦競演 ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」その2

その1の続き。

Img_1734 Img_1735

小麦系飲み比べからスタートするか。

Img_1738

ホワイトエール。
スパイシーなところがこのビールの魅力だけど、そこを押し出し過ぎてないのが素敵。
★8

Img_1740

バイツェン。
色は似てるが、濁りが強い。
香りが強く、「トーン」って感じで鼻にくる印象。
バナナの中でも、青いやつの香り。
飲み込んだ後での舌にからみつく後味。
★8

小麦系でも全然違う。
こんなハイレベルな飲み比べ、なかなか出来んよ。
ドイツ人とベルギー人に飲ませてみたい。

Img_1741

旬の野菜の天ぷらそば。

その3に続きます。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

青春18きっぷで水戸へ ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」13回目 その1

上野駅から常磐線で水戸へ(8月上旬)。

普段なら京成百貨店まで歩くんやけどね。
35℃あると無理(笑)

Img_1732 Img_1739

ここは料理が魅力的。

Img_1733

まずは前菜+サラダ+スープ。

Img_1737

美味そうやろ。
こら、ビールすすむで。

その2に続きます。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (2)

次は外で飲みたい! 九州縦断ビール旅行記2013夏 その45~ビールの現場から「霧島高原ビール」5回目

その44の続き。

6杯目、ボヘミアンガーネット。

Img_1725

お店の方から許可をもらって外へ。

Img_1727

イイ感じでしょ?
でも、メチャクチャ暑かった・・・

気候のいい頃に再訪したいね。

Img_1729

だって景色、これだもん。

Img_1730 Img_1731

また行ってみたい度は、安心の★5(5段階)。

鹿児島空港まで送ってもらい、スカイマークで羽田へ。
次はANAのマイレージで来るかな?

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (3)

ガーネット&麹 九州縦断ビール旅行記2013夏 その44~ビールの現場から「霧島高原ビール」5回目

その43の続き。

4杯目、ボヘミアンガーネット。

Img_1723

美味いなぁ。
香ばしいのにスッキリしてて。
いっくらでも飲める系。
★9

ボヘミアンブロンドと微妙にグラスのデザインが違う!
現「ブロンド用のグラスとガーネット用のグラスって違うんですか?」
店「いえ、たまたまです」
なんだ、たまたまか。
でも、グラスは全てチェコ製ですって。

5杯目、麹ビール。

Img_1724

飲み放題対象外なので、1杯650円。
麹由来の甘みでしょうか、ちょっと風変わり。
後味が焼酎っぽくて、さすが麹!
★7

その45に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

グラーシュ&ケルシュ&ピルスナー 九州縦断ビール旅行記2013夏 その43~ビールの現場から「霧島高原ビール」5回目

その42の続き。

ランチメニュー。

Img_1708

やっぱり、グラーシュかな。

Img_1713Img_1719
Img_1714Img_1718

左下が、チェスネコパスープ(ガーリックスープ)。
これが美味。

隣のテーブルで団体客の準備が始まりましたが、並んでる料理を見る限り、チェコ料理の面影なし・・・
寂しいが、これが現実か。

2杯目、ケルシュ。

Img_1720

スルスル系要員ですな。
ホップが弱めなのはケルシュだから当然ですが、フルーティさに欠けるのが残念かも。
★6

3杯目、ボヘミアンブロンドを透明なグラスでリベンジ。

Img_1722

やっぱり、ピルスナーは色が見えないとね。
そもそもの存在理由にも関わるし。

その44に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

大きけりゃ良いってもんじゃないね 九州縦断ビール旅行記2013夏 その42~ビールの現場から「霧島高原ビール」5回目

その41の続き。

ビールメニューはコチラ。

Img_1709

現「ヴァイツェン、飲めないってことは2種類ですか?」
店「ヴァイツェンがケルシュに代わってます」
現「じゃあ3種類?」
店「麹ビールもありますので、4種類です」
現「麹ビール?」

Img_1710

これか。

現「飲み放題的なものってありますか?」
店「ありますよ、こちらです」

Img_1711

現「じゃ、飲み放題で」
店「麹ビールは対象外ですが、よろしいですか?」
現「結構です」
店「1杯目はどうなさいます?」
現「ボヘミアンブロンドを・・・Lサイズでもらっていいですか?」
店「いいですよ〜」

Sサイズが300mlで、Lサイズが550mlで、飲み放題なのでどっちでもエエんやけど、やっぱりLで飲みたいよね。

店「お待たせしました」

Img_1712

よっしゃー・・・・・アレ?
そうか、陶器か・・・色わからへんがな(笑)

モルトがしっかりしてるんだよね。
刺激が少なくて、麦っぽい。
コレだよ、コレ。
★9

次はSサイズで頼むことを心に誓い、その43へ。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (2)

不本意ながら貸切状態 九州縦断ビール旅行記2013夏 その41~ビールの現場から「霧島高原ビール」5回目

その40の続き。

レストラン「リトルプラハ」へ。

Img_1705 Img_1707

入店時はガランガラン。

Img_1721

やっぱり平日は厳しいか。
そらそうだよね・・・(泣)

前回来た時に無かったテラス席。

Img_1716

一見気持ち良さそうですが、この日の気温は35℃。
いくら「外飲み」が好きな私でも、無理無理(笑)

その42に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

8年ぶり! 九州縦断ビール旅行記2013夏 その40~ビールの現場から「霧島高原ビール」5回目

その39の続き。

いよいよ最終日。
城山観光ホテルの美味しい朝食を食べ、無料バスで鹿児島駅に出て、空港バスに乗り換えて鹿児島空港へ。
空港に着いたのは、11時。
目指すは、私の愛する霧島高原の「現場」。

現「暑っいな、しかし」

歩いて行けないこともないんやけど、あまりの暑さに断念。

現「すいません、今空港なんですが」
霧「わかりました、すぐ行きます」

実に素晴らしい。

11時半、現場到着。

Img_1697 Img_1699

2005年の訪問以来やから、何と8年ぶり!
大好きなんやから、もうちょっと来いよな。

こういう建物見ると、盛り上がるよね。

Img_1698 Img_1700 Img_1701

こんな建物、前は無かった!

Img_1702

麹蔵GEN
麹レストランって、メッチャ美味そうやん!
しかしっ!
私には行かねばならない場所がある!!

Img_1703

その41に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

天文館の「ビールなお店」 九州縦断ビール旅行記2013夏 その39~鹿児島市・天文館「ビアライゼ」2回目

その38の続き。

夕食後、ホテルの部屋で少し休憩した後、無料バスで天文館へ。

Img_1686

ぷらぷらしていると、ビールなお店発見。

Img_1687

6年ぶり2度目の「ビアライゼ」。
5種類だった樽生が、7種類にグレードアップ!

カウンターに地元の方っぽい先客が1人☓2。
カウンターの中に、女性2人。
6年前は1杯飲んで失礼したので、今日はもう少し飲むかな。

1杯目、ひでじの「森閑のペールエール」850円。

Img_1688

昔、「もぐら」って呼ばれてたビール。
ん?少し発酵しきってない印象。
前に飲んだ時どうだったか?と思いブログ内検索したところ、こんなエントリがヒット。
そういや行ったなぁ、山口。

つまみは、マッシュポテト&コンビーフ(480円)。

Img_1689

2杯目、ロストコーストの「タンジェリンウィート」。

Img_1690

ハーフPで780円。
シトラス系だけど、何なのか思いつかない・・・
イライラするよね、こういう時(笑)

3杯目、何故か「白州ハイボール」。

Img_1693 Img_1694

時刻は9時半。
そろそろ帰らんと、バス無くなってしまう。

その40に続きます。

ビアライゼ
住所:鹿児島県鹿児島市千日町9-10
電話:099-227-0088

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

ビールもバイキングも大満足 九州縦断ビール旅行記2013夏 その38~ビールの現場から「城山ブルワリー」2回目

その37の続き。

通算5杯目、スタウト。

Img_1675

少し甘めバランス。
もうちょっとスッキリ、キリッとしたほうが好きかな、個人的には。
★7

バイキング3皿目。

Img_1674

意外にいいぞ、一人バイキング(笑)

バイキング4皿目。

Img_1677

うんうん、やっぱりいいぞ、一人バイキング。

ここからはロンドンエール連発。

Img_1676 Img_1678

通算7杯。
飲み放題2,000円だから、286円/杯。
えらいコッチャ。

マドラスカレーとフルーツで〆。

Img_1679 Img_1683

ハハハ、食い過ぎ(笑)

また行ってみたい度は★5(5段階)
たまらんね。

その39に続きます。

holt ガーデンレストランホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41−1
電話:099-224-9330

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

エール飲み比べ、がっぷり四つ 九州縦断ビール旅行記2013夏 その37~ビールの現場から「城山ブルワリー」2回目

その36の続き。

2杯目は、やっと繋がったレモングラス。

Img_1668

色薄めでやや白濁。
一気にアジアに引き戻される味。
★7

3杯目、ロンドンエール(季節限定)。

Img_1671

その名のとおり、非っ常にオーソドックス。
実に「ロンドン」。
香りなんて、あんまりしません。
ホップも抑えめなので、引っかかりなくスルッスルいける。
でも薄いわけじゃないんよね。
いいねぇ。
★8.5

4杯目、比較のためにもう一杯ペールエール。

Img_1672

ロンドンエールの後に飲むと、ホップが立つ立つ。
うざいっちゃうざいんやけど、これはこれでエエんよ。
どっちも温めがイイ感じ。

バイキング2皿目。

Img_1669_2

ああ、幸せ。

その38に続きます。

holt ガーデンレストランホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41−1
電話:099-224-9330

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

4種全て飲み放題2,000円! 九州縦断ビール旅行記2013夏 その36~ビールの現場から「城山ブルワリー」2回目

その35の続き。

ガーデンレストラン ホルト」。

Img_1656

景色が素敵なガーデンは、雨のため閉鎖。

Img_1665 Img_1664

屋内も、十分素敵やけどね。


これら全て90分間飲み放題(2,000円)。

Img_1663

「城山ブルワリー」しか眼中にないがな(笑)

現「すいません、季節限定ビールってなんですか?」
店「ロンドンエールです。あと、ベルギーホワイトじゃなくて、レモングラスがつながってます」
現「じゃ、レモングラス」
店「すいません、今ちょうど樽替え中で・・・」
現「・・・じゃあ、ペールエールいただけますか」

どないやねん(笑)

ペールエール。

Img_1667

うん、見た目イイ感じ。
泡の按配とかね。
わりとホップのパンチが効いてるが、十分バランス内。
さすがホテルの食中酒。
食事にも合う合う。
★8

バイキング1皿目。

Img_1666

夕食の「一人バイキング」、正直あまり気乗りしなかったんだが、意外にいけるぞ。
好きなモノをチョコチョコ取れるのが、たまらん。

ま、美味しそうなものが多いってのが、一番大事なんだが。

その37に続きます。

holt ガーデンレストランホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41−1
電話:099-224-9330

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

展望露天温泉で準備万端 九州縦断ビール旅行記2013夏 その35

Img_1657
雨の合間に、ちらりと見えた桜島。

その34の続き。

ゲリラ豪雨中に、展望露天温泉でリラックス。

Img_1655

部屋から風呂まで部屋着で移動しても、一般のお客さんに会わないよう動線が工夫されているあたりはさすが一流。

残念ながら、風呂から自慢の桜島はよく見えませんでしたが、ビールを飲む準備は万端。

行くぞ!と言いたいところですが、このホテルレストランが多すぎて悩ましい・・・

レストラン探してプラプラしていると、こんなもの発見。

Img_1662

バイキング2,500円、90分飲み放題2,000円、合計4,500円・・・
入口の雰囲気も良さげだし。

Img_1661

いいんじゃない?
ここに決定!

その36に続きます。

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

城山観光ホテルへ 九州縦断ビール旅行記2013夏 その34

その33の続き。

15時過ぎに、鹿児島中央駅着。

Img_1651

当初、予約してた天文館近くのビジネスホテルをキャンセルして、直前に「城山観光ホテル」に変更。
少々お高めではあるが、値打ちあるよね、きっと。
前回は食事だけやったし。

バスターミナルから、無料のシャトルバスが運行してるのが有難い。

Img_1652

山をぐんぐん登ってホテルに付いた頃、ゲリラ豪雨襲来。

Img_1653

あらら、どないしましょ。
ちょっと様子見かな。

その35に続きます。

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

はちみつ&AA 九州縦断ビール旅行記2013夏 その33~ビールの現場から「不知火浪漫麦酒」

その32の続き。

2杯目は、ケセラセラ。
はちみつ入りとのこと。
バルバール的な感じ、期待するよね。

Img_1647

泡持ちが悪いのは、こういうビールではデフォなのかな?
ホッピーと言うよりは、モルティなんだが、いかんせん薄い。
★5

3杯目、カルメン(アンバーエール)。

Img_1648

これも泡が残念。
少しホップが効いているので、もう1杯飲むとしたらこれかなぁ・・・
★6

Img_1644

また行ってみたい度は★2(5段階)。
ううむ。

その34に続きます。

湯の児スペイン村 福田農場
住所:熊本県水俣市湯の児台地
電話:0966-63-3900

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

ビア友Kと行く「ビールなお店」じゃないお店 横浜・野毛「ホッピー仙人」

横浜野毛の超有名店「ホッピー仙人」。
美味い樽生ホッピーが飲める店とのことだが、何となく敷居が高く未訪。
聞けばビア友Kも行ったことがない(っていうか、そもそも知らない)とのことなので、一緒に行くか?って感じで。

19時開店に合わせて、桜木町駅18時50分集合。
・・・だったんですが、早く着きすぎてしまったので一人で下見。

Img_1786

18時12分時点ではこの状態。
さすがにこれだけ早いと、営業してもいないし、お客もいない。
ま、そらそやね。

一旦桜木町駅に戻り、ビア友Kと合流し再度来た時には、驚きの行列。

現「すげーな、10人くらい並んでるやん」
K「まだ開店前やで」
現「さすが有名店」
K「入れるんやろか、俺ら?」

19時丁度に開店。
想像以上に狭い店内(笑)
カウンターしかないので、あっという間に満席。
当然のようにカウンターの後ろのスペース言えないスペースに体を滑り込ませ、待つこと数分。
立ち飲みも含めた全員にホッピーが行き渡ったところで、全員で「カンパ~イ!」。

K「何すか、コレ」
現「すごいね」

すぐ目の前にカウンターのお客さんの頭部があるので、一口飲むたびにこぼさないかヒヤヒヤ。
氷も入っていない、きめ細やかな生ホッピーは、とっても美味いんだが、いかんせんこのスペースで飲むのはキツイな、俺には。

Img_1787

ビア友Kと相談の上、1杯で退店。

お腹が減っていたので、生ホッピーが飲める近くの焼肉屋へ。

Img_1788

店内撮影禁止なので、ここで終了。

すごいお店やったなぁ・・・

| | コメント (0)

いよいよビール 九州縦断ビール旅行記2013夏 その32~ビールの現場から「不知火浪漫麦酒」

Img_1637

その31の続き。

トップライトから光が差し込んでいて、明るい店内。

Img_1645 Img_1641

左の写真の奥に、醸造施設。
「現場」のシンボル。

ビールメニュー。

Img_1638

ヴァイツェン、アンバーエール、はちみつビールの3種。
はちみつビールが未知数なので、ヴァイツェンから。

Img_1639

ジョッキサイズ(350ml)、525円。
写真ではわかりづらいですが、結構黄色い印象。
味はさっぱりっちゅうか、薄めっちゅうか。
冷えすぎっていうのもあるけどね。
★6

ランチメニュー。

Img_1643

イベリコ豚のソテージンジャーソース。

Img_1646

隣のテーブルでは、団体客の受け入れ準備がスタート。

その33に続きます。

湯の児スペイン村 福田農場
住所:熊本県水俣市湯の児台地
電話:0966-63-3900

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

やっと来れました 九州縦断ビール旅行記2013夏 その31~ビールの現場から「不知火浪漫麦酒」新規231ヶ所目

その30の続き。

水俣駅、10時半。

Img_1625

お迎えの1ボックスカー到着。
有難いねぇ。

Img_1626

山をぐんぐん登って行くと、新規231ヶ所目の「現場」。

Img_1627 Img_1628
(左:パテオ、右:バレンシア館)

湯の児スペイン村 福田農場」。
結構昔からある醸造所にも関わらず、これまで縁が無かったので、感慨ひとしお。

パテオ内には、ちょっとした売店と特設ステージ。

Img_1631

そこを抜けると、お土産が売っているスペイン館。

Img_1632

さらに奥にあるのが、地ビールレストラン「セビリア館」。

Img_1633 Img_1635

隣には、何故か「亀コレクション館」。

Img_1636

その32に続きます。

湯の児スペイン村 福田農場
住所:熊本県水俣市湯の児台地
電話:0966-63-3900

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

後輩もびっくりな外国人比率 原宿タップルーム9回目

オモハラビアフォレストの流れで訪問(8月中旬)。

3人だったので、テーブル席。
カウンターは相変わらず、外人さんで大盛況。
私には見慣れた光景でしたが、初めて来た後輩には新鮮だったようで・・・

後「何ですか、このお店?」

ビールの種類の多さにも驚いたようで・・・

後「これ全部オリジナルなんですか?」

Img_1778_2
Img_1780_2

現「これだけじゃないけどね(笑)」

タップルーム1杯目は、レモンラガーでスタート。

Img_1779_2

ガス圧が強いこともあり、印象はレスカ(笑)
すんません。

原宿エール→アングリーボーイ→島国スタウト。

Img_1782Img_1783_2Img_1784

安定の継投で、フィニッシュ。

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

入らんって、どういうこと? 九州縦断ビール旅行記2013夏 その30

その29の続き。

熊本→八代はJR。

Img_1617

八代→水俣は肥薩おれんじ鉄道。

Img_1618 Img_1619

いわゆる三セク。
青春18きっぷが使えないのが難点やね。

車窓からの景色は素晴らしく。

Img_1620 Img_1621

水俣駅に到着したのは、10時10分。
ここから「湯の児スペイン村 福田農場」に向かうんだが、問題は足。
路線バスがあるっちゃあるんだが、本数が少なくて・・・

で、考えたのがラン。
着替えて、荷物を駅に預け、約5kmですから余裕余裕。
上りがかなりきつそうやけどね。

さあ、荷物を預けようとコインロッカーに行ってビックリ。
入らんやん、俺の荷物。

Img_1623

どないしょ・・・
タクシー?
いやいやいや。

レンタサイクル?

Img_1624

いやいやいや。

駅の職員さんに相談してみました。

現「すいません、コインロッカーって待合室にあるのだけですか?」
駅「そうですねぇ。どうされました?」
現「荷物が大きすぎて、入らないんです」
駅「それなら、こちらで預かりましょうか?」
現「えっ、いいんですか?」
駅「いいですよ。でも、どちらまで行かれるんですか?」
現「福田農場です」
駅「福田農場なら、電話すれば迎えに来てくれると思いますよ」
現「えっ!」

いやいや、聞いてみるもんですねぇ。
1人でも大丈夫なんですって。

いよいよ「現場」です。

その31に続きます。

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

お通しはスモークナッツ 八重洲「SWANLAKE Pub Edo」24回目

24回目の訪問(8月中旬)。

いつものように、帰り道にぶらり訪問。
いつものように、カウンターに。
いつものように、こしひかりスタート。

Img_1763

満腹だったので、つまみはお通しのスモークナッツのみ。

Img_1764

ビア友Kも大好きな、スモークナッツ。
うん、これがあれば大丈夫。

Img_1765

ゴールデン・エール。
冷えすぎじゃないのもいいかも。

SWANLAKE Pub Edo
住所:東京都中央区八重洲2-6-5
電話:03-5299-6155

| | コメント (0)

阪神タイガース焼酎? 九州縦断ビール旅行記2013夏 その29〜熊本市中央区「居酒屋 感」

その28の続き。

料理が安いだけじゃなく、焼酎も豊富。

Img_1591Img_1612

米から芋から、ほとんどの焼酎が1杯500円。

地元の球磨焼酎から「待宵」。

Img_1592

2杯目は何にしようか・・・

Img_1601

ん?
阪神タイガース??

現「阪神タイガース、ロックで」
店「すいません、今切らせてまして・・・」
現「残念・・・ボトルだけでも見せてもらっていいですか?」
店「もちろん!」

Img_1602Img_1603

うわっ、ホンマもんや!
公認マーク入ってるし。
飲みたかったなぁ・・・

3杯目「福田」、4杯目「赤兎馬」。

Img_1604Img_1613

いやぁ、満足満足。
素晴らしいな、熊本の居酒屋。

その30に続きます。

居酒屋 感
住所:熊本県熊本市中央区下通1-11-20
電話:096-354-7778

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

20回目の訪問 新橋「COOPER ALE'S」

新橋の蕎麦屋「伍法」で、先輩と飲んだあとに訪問(8月上旬)。

Img_1757_2

広島の呉で醸造してもらった、ハウスビール。
飲むしかないでしょ。

Img_1758_3 Img_1759

揚げトルティーヤとともに。
夏真っ盛りなので、低めの温度でのサーブ。
キリリ、ガス強めでした。

いやぁ、20回目か。
Jhaは何回行ってるんやろ?

COOPER ALE'S(クーパー・エールズ)」
住所:港区新橋3-16-3烏森ビル3F
電話:03-6450-1377

701)ビールなお店(神田・THE Jha BAR、新橋・Cooper Ale's)

| | コメント (0)

安さにビックリ! 九州縦断ビール旅行記2013夏 その28〜熊本市中央区「居酒屋 感」

Img_1596

その27の続き。

サントリーの「現場」でたらふく飲んだ後、バスで熊本市内に帰り、ホテルで休憩・・・・・してる間に睡眠。

20時再起床。
2時間は寝たかなぁ。
だいぶ復活したので、町へ!

以前行ったことがある「おはこ」でも良かったんですが、せっかくなので違う店に。

Img_1616

清潔感のある店内。
カウンターから見た景色が、冒頭の写真。
素敵っちゃ、素敵ですが、普通っちゃ、普通です。

普通じゃないのはメニュー。

Img_1610Img_1595

どいつもこいつも300円とか、400円とか・・・
安すぎじゃね?
きっと量が少ないんやろ。

Img_1599

そんなことなかった(笑)
左、麻婆豆腐350円。
右、馬ヒレステーキ700円。

どないなってんねん。

その29に続きます。

居酒屋 感
住所:熊本県熊本市中央区下通1-11-20
電話:096-354-7778

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

ザ・プレミアム・モルツ黒も飲めます 九州縦断ビール旅行記2013夏 その27~ビールの現場から「サントリー九州熊本工場」2回目

その26の続き。

この講座の特徴は、オススメおつまみとの相性を楽しめるところ。

Img_1577

左下の「パインジュレ」、左上のねぎ味噌煎餅、右下のビーフパイの3つが、プレミアムモルツに合うとのこと。
プロのオススメなので、もちろん合いますが、やっぱりちゃんとした料理と合わせたかったなぁ。
有料でもいいので。

2杯めは、プレモル黒。

Img_1584

「ビールの森」で飲めなかったので、これは本日初。
スッキリしてるのに香ばしい。
素晴らしい。
★8

オススメは、上の写真の右中に写っている「黒糖ドーナツ棒」。
いかにも合いそうですよね。

最後は、缶のプレモルを上手に注ぐ練習。

Img_1586

上手に出来たかな?

竹内結子さんも頑張ってます。

Img_1587

無事、講座終了。

こちらは一般の工場見学をした場合の試飲ホール。

Img_1590

無料バスで、熊本市内に帰ります。
雨は止んだかな?

その28に続きます。

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

ザ・プレミアム・モルツ講座 九州縦断ビール旅行記2013夏 その26~ビールの現場から「サントリー九州熊本工場」2回目

その25の続き。

ザ・プレミアム・モルツ講座受講のため、工場に入るとこんなポスターが。

Img_1576

「おかげさまで10週年」
10周年?
前来たのって、確か12年前・・・
計算合わへんがな(笑)

色々調べてみると、私が行った当時まだ現在の工場は出来ておらず、小規模醸造施設とレストランと公園だけがあったみたいですね。
そういえば、当時あった遊具が無くなってます。

待ちに待った講座が始まったのが14時50分。
参加者は30名くらいでしょうか。
ほとんどが複数名での参加で、1人参加は私の他1名。
きっとマニア何やろうな(笑)

軽く製造工程の見学をした後、セミナールームで座学。
プレモルのこだわり等をビデオで見た後、試飲タイム。

Img_1579

奥のサーバーで注いだものを、各自取りに行きます。

Img_1578_2

実に美しい。
さっきまで飲んでいたジョッキではなく、グラスってのもいいですね。
縁がジョッキより薄いので、口当たりがいいんですよ。
ま、好みですが。

その27に続きます。

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

適正飲酒? 九州縦断ビール旅行記2013夏 その25~ビールの現場から「サントリー九州熊本工場」2回目

その24の続き。

モルツ、プレモル、阿蘇と3杯飲んだところで、まだ12時過ぎ。
ちょっと早すぎるかなぁ、ペース。

5杯目、プレモル。

Img_1565

プレモル、3杯目なのに美味いんだよね。
さすが。

つまみ追加。

Img_1563

夏のおつまみ3種盛り(600円)。
熊本産鶏肉の胡麻クリームソース、馬肉の辛子風味、とり天野菜添え。
うん、これだけあれば大丈夫。

6杯目、阿蘇(アルトタイプ)。

Img_1567

7〜8杯目はプレモル。

Img_1568 Img_1569

飲み放題ですから、この時点で1杯あたり200円を切っちゃってます。
サントリーさん、ホントすいません。

角ハイボールで一休み。

Img_1570

一休み??

13時45分、ようやくデザートにたどり着きました。

Img_1572

でこぽんシャーベット(180円)。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

外はこの夏流行りの大雨。

Img_1574 Img_1575

さて、これから「ザ・プレミアム・モルツ講座」です。

その26に続きます。

ビアレストラン ビールの森
住所:熊本県上益城郡嘉島町大字北甘木字八幡水478
電話:096-237-2280

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

激ウマ!「現場プレモル」 九州縦断ビール旅行記2013夏 その24~ビールの現場から「サントリー九州熊本工場」2回目

その23の続き。

2杯目、プレミアムモルツ(普通に頼めば540円)。

Img_1559

いやいや、美味いわ。
品の良い苦さ。
以前のレシピは、ちょっとホップがウザかった(失礼!)んですが、新しくなって私の好みに近づきました。
プレモルを料理と合わせて「現場」で飲むって、貴重ですからね。
★9

あまりの美味さに、3杯目を頼んだのはわずか5分後(笑)

Img_1560

4杯目、このお店オリジナルの「阿蘇(アルトタイプ)」。

Img_1562

昨日「菅乃屋」で飲んだ時より、スッキリ度が上がってます。
サーブ温度は高いのにね。
さすが「現場」。
★8

その25に続きます。

ビアレストラン ビールの森
住所:熊本県上益城郡嘉島町大字北甘木字八幡水478
電話:096-237-2280

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

プレミアムじゃない方の「モルツ」 九州縦断ビール旅行記2013夏 その23~ビールの現場から「サントリー九州熊本工場」2回目

その22の続き。

1杯目は、プレミアムじゃない方のモルツ(普通に頼むと450円)。

Img_1554

いやぁ、軽い。
軽いけど、メチャ美味い。
でも軽い。
★8

すっかり存在感が無くなってしまった、「プレミアムじゃない方」。
エライ言われようです(笑)
昔はサントリーのビールと言えば「薄い」とよく言われてましたが、その評判も納得の飲み味。
とにかく「軽い」。
でも、これはこれでアリですよ。
特に「現場」ではね。

3時間弱ここで時間を潰さないといけないので、料理はちびちび。

Img_1552

ん?
名水豆腐が150円!?
安くね?
ってか、安すぎね?

Img_1556

ま、量は相応か。
でも一人ですから、どちらかと言うと好都合。

そしてこの春巻は280円!

Img_1558

俺向きやな、この店。

その24に続きます。

ビアレストラン ビールの森
住所:熊本県上益城郡嘉島町大字北甘木字八幡水478
電話:096-237-2280

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

12年ぶり! 九州縦断ビール旅行記2013夏 その22~ビールの現場から「サントリー九州熊本工場」2回目

その21の続き。

レストラン「ビールの森」。
2001年に家族旅行で来て以来ですから、12年ぶり!

Img_1547

11時20分か。
早えな(笑)
こんな日に限って、ホテルの朝食たらふく食べてもうたし・・・

店内の雰囲気は、昔のままのような・・・気がします。

Img_1555 Img_1557

ビールメニュー。

Img_1550_3

あら、何だかシンプル。
オリジナルは1種類だけか・・・
12年前は4種類飲めたんやけどね。

時間を潰さないといけないので、飲み放題(90分で1,560円だったかな?)を選択。

Img_1551

さあ、「適正飲酒」するぞ!

その23に続きます。

ビアレストラン ビールの森
住所:熊本県上益城郡嘉島町大字北甘木字八幡水478
電話:096-237-2280

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

2つは参加でけへんのか・・・ 九州縦断ビール旅行記2013夏 その21~ビールの現場から「サントリー九州熊本工場」2回目

その20の続き。

予約してあった「ザ・プレミアム・モルツ講座」は14時50分スタート。
当初の予定では、軽く市内観光した後、12時23分発のシャトルバスで工場へ。
レストランで昼食をとった後「講座」を受ける予定でしたが、生憎の雨。

たまたま空いていた11時半開始の「工場見学」を急遽予約して、早めに工場に向かうことにしました。

県民百貨店裏のバスターミナル。

Img_1543

出発時間が近づくと、それっぽい人たちがぞろぞろと集合。
人気あるやん。

所要時間35分で、サントリー九州熊本工場到着。

Img_1546

バスを降りて、受付をしたところで問題発生。

現「11時30分スタートの工場見学なんですが」
サ「現場さん、プレモル講座にも申し込みされてますね」
現「ええ」
サ「申し訳ありません。適正飲酒の観点から、2つの講座参加は出来ないことになってるんです」
現「えっ!・・・」
サ「申し訳ありません」
現「そうなんですか。じゃあ・・・工場見学諦めます」
サ「ではプレモル講座の参加証を渡しますので、これを首から掛けておいてください」

Img_1545

時刻は11時15分、プレモル講座は14時50分から。
何しましょうか・・・って、ゆっくり食事する他に無いがな!

その22に続きます。

ビアレストラン ビールの森
住所:熊本県上益城郡嘉島町大字北甘木字八幡水478
電話:096-237-2280

299)九州縦断ビール旅行記2013夏

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »