« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

初訪問 飯田橋「CRAFT BEER SERVER LAND(クラフトビアサーバーランド)」

飯田橋から、神楽坂を上って左手。

Img_2854

地下へ。

Img_2855

金曜日と言うこともあり、店内はほぼ満員。

お通しあり(ポテトサラダ)。

Img_2858

ビールメニューはコチラ。

Img_2856

メニューに載ってる樽生が15種類。
あくまで個人的な感想ですが、バランスのとれたラインナップ。

1杯目、反射炉のNoHeyスチームをパイントサイズ(780円)で。

Img_2859

かなり色濃いめ。
「スチーム」と名乗ることからわかるとおり、ラガー酵母使って高温で発酵させたビール。
モルティで、じんわり苦い。

ここで、トンテキ(880円)。

Img_2860

2杯目、金しゃちのミツボシウィンナスタイルラガー。

Img_2861

スッキリ香ばしい。
美味しいね。
「ミツボシ」ってのは、金しゃちの新しいシリーズって位置づけなのかな?

あまりに店内が騒々しかったので、この日は2杯で終了。
もう少し飲みたかったんですが・・・

「CRAFT BEER SERVER LAND(クラフトビアサーバーランド)」
住所:新宿区神楽坂 2-9
電話:03-6228-1891

| | コメント (0)

想像と違いました ビールの現場から〜東京都杉並区「阿佐谷ビール工房」その2

その1の続き。

1杯目、ブロンド(390円)。

Img_2851

名前から勝手に想像してたより、色は濃いめ。
値段が格段に安いところを見ると、戦略商品なんでしょう。
あまり苦くないですね。
結構まとまってます。
パイントグラスで飲みたい味。
★7

2杯目、ペール(590円)。

Img_2853

結構フルーティでドライ。
美味しいじゃん。
★8

フードメニュー、載せときますね。

Img_2849

私が食べたのは、おでん盛合せ(590円)。

Img_2852

この日は、このへんで。

また行ってみたい度は★3(5段階)。

阿佐谷ビール工房
住所:杉並区阿佐谷北1-31-5
電話: 03-3336-0606

| | コメント (0)

新規232ヶ所目! ビールの現場から〜東京都杉並区「阿佐谷ビール工房」その1

中央線での仕事の帰り、阿佐ヶ谷で途中下車。
中杉通りを北へ向かい、歩くこと5分。

Img_2846

高円寺より、更に仮設っぽい雰囲気。

1階にもテーブルはありますが、私が座ったのは2階。

Img_2847

まだガランガランです。
写真には写ってませんが、こたつ席もあり。

本日飲めるビールは、コチラ。

Img_2850

価格差がすごい・・・

その2に続きます。

阿佐谷ビール工房
住所:杉並区阿佐谷北1-31-5
電話: 03-3336-0606

| | コメント (0)

ライスサービスが嬉しい 神田「Himalaya Table(ヒマラヤテーブル)」その2

その1の続き。

ビールメニュー。

Img_2839

ビールの色を表した左の丸が、イイ感じ。

このラインナップだと、ベアレンクラシックかな。

Img_2840

パイント950円。
味については、いいよね(笑)

現「すいません、この『モモ』ってなんですか?」
店「チベットあたりで食べられてる餃子みたいなモンです」
現「じゃ、それください」

Img_2842

見た目は小籠包。
食べた感じは、非常に肉肉しくて、スパイシー。
ところ変われば品変わる、ですね。

2杯目、富士桜のラオホ。

Img_2843

「現場」で飲むより、燻製香が強く感じました。

マトンカレー。

Img_2844

左に写ってるのが「チャパティ」。
インドでは、「ナン」よりポピュラーなんですって。
「ナン」より、もちもちしてる感じ。
ちょっと粉っぽいといえば粉っぽいが。

ライスをサービスしてくれるので、お皿に残ったカレーを食べるのにいいですね。

Img_2845

仕事場から近いので、また来ますかね。
それにしても、神田、店多すぎ。

Himalaya Table(ヒマラヤテーブル)」
住所:千代田区内神田3-5-5
電話:03-3525-4110

| | コメント (0)

カレー&ビール 神田「Himalaya Table(ヒマラヤテーブル)」その1

JR神田駅西口を出て、歩くこと2〜3分。

Img_2836

この飲食ビルの2階にあります「Himalaya Table(ヒマラヤテーブル)」。

開口が大きく、開放的な店内。
カウンターは6席、テーブルは8人ぐらい座れそうな大きなテーブルを含め、4つくらい。

カウンターに座ると、挨拶代わりの「豆せんべい」。

Img_2837

現「このお通し、お幾らなんですか?」
店「無料ですよ」
現「!!!」

カウンター奥にあるサーバーは、1234・・・10本。

Img_2841

そして特徴的なのが、フードのメニュー。

Img_2838

ビアバーのメニューじゃないよね(笑)

その2に続きます。

Himalaya Table(ヒマラヤテーブル)」
住所:千代田区内神田3-5-5
電話:03-3525-4110

| | コメント (0)

ふらりと立ち寄り2 神田「Beer&Cocktail Bar NEST(ネスト)」

日銀通りに出されていた看板に導かれて・・・

Img_2835

アウグスビールをフィーチャーしたバー。
間口が狭いぜ。

Img_2834

これがビールメニュー。
アウグスが2種(タモリカップ&アップルラガー)が飲めます。

タモリカップをレギュラーで。

Img_2833

通常850円なんですが、ハッピーアワー(〜20時)ゆえ、500円!!
こらたまらん・・・

「Beer&Cocktail Bar NEST(ネスト)」
住所:千代田区鍛冶町1-7-17
電話:03-5296-2515

| | コメント (0)

ふらりと立ち寄り 神田「DEVIL CRAFT神田店」5回目

仕事帰りに店の前を通ったら、いつも満員のカウンターにたまたま空席が!

吸い寄せられるように着席してしまいました。

Img_2748

他の予定もあったので、この日は1杯だけ。

Img_2747

オラホの「Captain Kid Extra Pale Ale」。
何やハイカラな名前付いてるなぁ、と思ったらTRANSPORTERさんとのコラボとのこと。
「苦〜いのがくるな」と身構えてたんですが、意外や意外そうでもないんです。
華やかではあるんですけどね。

DEVIL CRAFT(デビル・クラフト)」
住所:中央区日本橋室町4-2-3
電話:03-6265-1779

| | コメント (0)

誤算誤算 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」10回目

記念すべき、10回目の訪問。
結構よく来る理由は、クラフトビールのピルスナー系が3種類くらい飲めること。
ピルスナー好きの私には、これがエエんです。

しかし、なんと・・・

Img_2829

「あくら」の川反ラガーだけかいっ!
いやぁ、誤算誤算。

何にしようか・・・
どれから行こうか・・・
それとも、もう帰ろうか・・・いやいやいや。

Img_2827

散々迷った結果、選んだのはエーデルピルス。
結構苦いのね。
1杯目に飲むこと少ないから・・・

2杯目、川反ラガー。

Img_2830

これは予想どおり苦い(笑)

フードは、がっつりスペアリブ。

Img_2831

しっかりした味に負けないビールで〆。

Img_2832

那須高原のスコティッシュエール。
美味いねぇ。
どこがどうって言語化しづらいのに、美味い。
バランス取れてるってことかな。
ここの「現場」、最後に訪問したのが2004年
もう10年行ってないのか・・・

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)


| | コメント (0)

適量の3パイント 八重洲「SWANLAKE Pub Edo」31回目

仕事帰りに31回目の訪問。

Img_2823

挨拶がわりの、ゴールデンエール。

立て続けにアンバーエール。

Img_2825

〆はポーター。

Img_2826

いやぁ、平常運転、平常運転。

つまみは、豆腐のポーター味噌がけ。

Img_2824

隣のカウンターには、横浜の某ブルワーの方がいらしてました。

SWANLAKE Pub Edo
住所:東京都中央区八重洲2-6-5
電話:03-5299-6155

| | コメント (0)

ヴァイツェン&シュバルツ ビールの準現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」5回目 その3

その2の続き。

パスタ到着。

Img_2787

豚ひき肉のソーセージミート入りトマトソースのスパゲッティ。

3杯目は、ヴァイツェン(大820円)。

Img_2790

実に優等生的なヴァイツェン。
美味しいね。
★8
グラスが少し小さい感じがするのは、気のせいかしら?

レモンが付いてくるのは、以前と同じ。

Img_2791

途中から投入して、いただきました。

4杯目、漆黒(小700円)。

Img_2792

シュバルツタイプ。
すっきり美味い。
俺ってやっぱりシュバルツ好き。
★8

この日はこれで終了。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

「FRUMENTO MERCATO 小麦市場」
住所:埼玉県川越市福田59-1
電話:049-228-0800

| | コメント (0)

瑠璃、美味いやん! ビールの準現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」5回目 その2

その1の続き。

ビールメニュー。

Img_2780

瑠璃(ピルスナー)、伽羅(オリジナル)、白(ヴァイツェン)、紅赤(サツマイモラガー)、漆黒(黒ビール)の5種。

1杯目は、やはりピルスナー(大750円)。

Img_2784

ボディがしっかりしているのに、キリッとしてます。
最初はあまり感じないのに、あとでじんわり来る苦みもイイ感じ。
昔の伽羅に近いような気がする・・・
★9

ま、11km走ったあとに、ピルスナー飲んで、美味くないはずがないよな。

本日の前菜。

Img_2785

嬉しいね、これでナンボでも飲める(笑)

2杯目、伽羅(大750円)。

Img_2786

こんなにフルーティでしたっけ?
「クラフトビール」っぽくなってます。
1杯目、こっちのほうが良かったかもしれん。
★8

その3に続きます。

「FRUMENTO MERCATO 小麦市場」
住所:埼玉県川越市福田59-1
電話:049-228-0800

| | コメント (4)

休日ランチは大賑わい ビールの準現場から~埼玉県川越市「COEDO(コエド)」5回目 その1

週末のお出かけラン。
この日の目的地は川越。

東武東上線で川越まで行き、駅のトイレでランニングウエアに着替え。
駅から、北東方向にある喜多院方向へ。

Img_2742

ここまで約2km。
一旦クレアモール(商店街)を南に進み、再び川越駅。
西武本川越駅前を経由し、「時の鐘」を中心とした蔵づくりゾーンを経て、「準現場」へ。

Img_2793

12時半頃入店したんですが、満席のためしばしウェイト。
結構生きにくい場所だと思うんですが・・・人気なんですね。

約10分後に案内サれたのは、右奥のテーブル席。

Img_2783

ランチメニュー。

Img_2782

パスタランチにしました。

その2に続きます。

「FRUMENTO MERCATO 小麦市場」
住所:埼玉県川越市福田59-1
電話:049-228-0800

| | コメント (0)

空いているor混んでいる 門前仲町「ガブリエ」79回目

79回目の訪問。

有難いことに、結構空いてました。

Img_2818

空いてる方が好きか、混んでる方が好きか・・・
難しい問題ですね。

店の人と話がしたい時は、空いてる方。
あまり行ったことがない店に行く時は、混んでる方。
ゆっくり何かを考えたい時は、空いてる方。

最初混んでいて、飲むにつれて空いていくのが一番好きかも。

この日は、サッポロ、サッポロ、バスでした。

Img_2817Img_2819Img_2821

下町ビアホール ガブリエ」←ぐるなび
住所:江東区富岡1-8-7
電話:03-3643-0115

725)ビールなお店(門前仲町・ガブリエ)

Img_2820Img_2822


| | コメント (0)

またも飲み過ぎ・・・ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」9回目

9回目の訪問。

ビールメニューの、ラガー部分。

Img_2806

どれも飲みたいなぁ・・・
そうだ、全部飲もう!

1杯目、ベイピルスナー。

Img_2807

やっぱり、一番安定してそうなのから頼んじゃいました。
これで間違えるわけ無いもんね。

「最近、日本酒も結構飲むんですよ」と話をしたら、いただけちゃいました。

Img_2809

「世嬉の一」。
言ってみるもんですね(笑)

フライドポテト(ハーフ)をつまみながら、2杯目。

Img_2810Img_2811

田沢湖ピルスナー。
評価は高いピルスナーなんですが、私との相性はイマイチみたい。

3杯目、常陸野ネストが造るブルックリンラガー。

Img_2812

こうやって並べると、赤さが目立ちますな。
私にとってカスケードが使用されている場合、その按配が大変重要なんですが、これはもちろんOK。
さすが老舗です。

4杯目、再びベイピルスナー。

Img_2814

やっぱり、もう1杯飲むとしたらこれでした。

ここで帰れば良かったんですが、何故か横浜生麦の「キングペリカン」の話で盛り上がってしまい、もう1杯。

Img_2815

アウトサイダーのダブルヴィジョン。
恐ろしいことに7%と表示されているほどのアルコール感は感じません。
単に酔いが進んでるだけの可能性もありますが。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

パスタがなぁ・・・ 横浜ビール@有明「BLENDMEISTER CAFE(ブレンドマイスター・カフェ)」2回目

有明で「横浜ビール」の樽生が飲める店「BLENDMEISTER CAFE(ブレンドマイスター・カフェ)」。
東京マラソンを完走後に来て以来ですな。

ワンプレートランチは、850円。

Img_2803

パスタは作り置きやったようで、固まってました・・・

飲んだビールは、ピルスナー(500円)&アルト(1,000円)。

Img_2802Img_2805

ちょっと高いね。
やっぱり桜木町行かんとアカンな。

BLENDMEISTER CAFE(ブレンドマイスター・カフェ)」
住所:江東区有明3-1-20
電話:03-5530-8484

| | コメント (0)

サッポロ生→エビス→サッポロ生 ライオン銀座五丁目店 2回目

株主優待券を使うため、銀座のライオンへ。

Img_2796

いつもの銀座七丁目店ではなく、五丁目店。
キレイな天井ですね。

サッポロ生大ジョッキ(1,050円)。

Img_2795

ズシリとくる、この重み・・・大ジョッキならではやね。
食事がまだだったので、ガッツリ注文。

Img_2797Img_2798

エビスを挟んで、またサッポロ生。

Img_2799Img_2800

優待券使って、20%オフ!

ライオン銀座五丁目店
住所:中央区銀座5-8-1
電話:03-3571-5371

| | コメント (0)

なぜエビス? ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」2回目 その4

その3の続き。

3杯目は、ペールエール(500ml)。

Dscn0678

「英国で伝統的に作られている明るく澄み切った銅色のビール。のど元に広がるキリッとした軽い苦みと、香りとコクが特徴」。
ちょっと冷え過ぎでサーブされましたが、好バランスの好エール。
それだけに、エビスのジョッキはあまりにも残念。
UKパイント、用意してほしいなぁ、このビールだけでも。
★8

4杯目は、グラスサイズに戻って夢黒カルテット。

Dscn0679

「香り、コク、苦味、キレが奏でる四重奏♪オールモルトによるコクとふくよかなアロマが味わい深い限定クラフトビール」。
甘い香りがします。
飲んでも、ちょっとスイート系。
スタウトはドライ系が好きな私ですが、これはそこそこイケます。
★7

「イイネ」をすると、ジェラートがサービスで貰えます。

Dscn0680

スタウトにジェラート。
そら、かけるでしょ(笑)

Dscn0681

うん、やっぱり美味い!

また行ってみたい度は★4(5段階)。
次はビア友Kと、ランからめて来たいかも。

駅に帰る途中、B級グルメ「太田やきそば」を食べました。

Dscn0687

この1皿だけでは、富士宮ほどの独自性は感じませんでした。
今度は、違うところで食べてみます。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222

| | コメント (0)

ケルシュ&ヴァイツェン ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」2回目 その3

その2の続き。

1杯目は、ゴールデンケルシュ(300ml)。

Dscn0671

「フルーティで華やかな香りとスッキリとした飲みくちは女性におすすめです!」とのこと。
とっても見た目がクリアで、キレイ。
後口に少し甘みが残ります。
泡持ちは、あんまり良くないかな。
★7

2杯目、定番ヴァイツェン(300ml)。

Dscn0675

「小麦麦芽を主原料とした味わい深いビール。炭酸が強く、スッキリとした清涼感のある喉ごしが特徴」。
ヴァイツェンとしては、香りは弱めかな。
飲みやすく、クセのないヴァイツェン。
★7

フードは、この黒板からチョイス。

Dscn0672

「あぶり豚肉BBQソース」780円。

Dscn0676

その4に続きます。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222

| | コメント (0)

天井は高いがビールは安い ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」2回目 その2

その1の続き。

レストラン「ダニエルハウス」は、とっても立派、超立派。

Dscn0666

天井も高いんですよねぇ。

Dscn0674_2Dscn0673_2

奥には醸造施設もありますし。
あっ、臭いはしません。

ビールメニュー。

Dscn0668_2

えっ、安くない?
300mlが300円で、500mlが450円って。

定番2種に加えて、ケルシュ&スタウトもあるようで。

Dscn0670

しかも受賞してるし。

Dscn0677

何だか、高まって参りました(笑)

その3に続きます。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222

| | コメント (0)

渡良瀬橋? ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」2回目 その1

JR「小山」駅から、両毛線で西へ。

Dscn0662

JR「足利」駅で下車し、東武「足利市」駅へ向かいます。

ん?これは・・・

Dscn0663_2

「史跡 足利学校」
残念ながら、参観は4時まで。
1時間遅かったか・・・

Dscn0664

渡良瀬川を渡る橋より。
森高千里の歌で有名な「渡良瀬橋」ではないようです。

「足利市」駅から、東武伊勢崎線で「太田」駅へ。
南口を出て、歩いて約10分。

Dscn0665_6

見えてきた、見えてきた。

2006年5月以来、8年ぶりの訪問です(2回目)。

その2に続きます。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222

| | コメント (2)

サッポロ祭り? 門前仲町「ガブリエ」78回目

9/30以来、78回目の訪問。

サッポロUKパイントが、680円→550円だったので、この日はサッポロ祭り。

1杯目。

Dscn0691

2杯目。

Dscn0692

3杯目。

Dscn0694

フードは、合鴨の燻製&カレーライス。

Dscn0693Dscn0695

下町ビアホール ガブリエ」←ぐるなび
住所:江東区富岡1-8-7
電話:03-3643-0115

725)ビールなお店(門前仲町・ガブリエ)

| | コメント (0)

また2,600円?! ビールの現場から〜栃木県河内郡上三川町「プレストンエール」2回目 その3

その2の続き。

3杯目は、ちょいとお高いアイリッシュエール。

Dscn0655

ハーフサイズで450円。
PA、BAが300円ですからね。
これってスタウトってことかな?
スッキリしていて、ナンボでも飲める系。
好きやわ〜。
これも冷え過ぎなのが、残念。
★8.5

全種類飲んだので、二巡目。

Dscn0658Dscn0659

4杯目ペールエール、5杯目ブラウンエール。

最後は、ポタージュスープで〆。

Dscn0656Dscn0657

何と100円!

ピザ1枚、ビール5杯、ポタージュ1杯で、この金額。

Dscn0660

2,600円、安いねぇ。
ここで、前回訪問時の記事を見てビックリ。
前回も同じ2,600円。
何でしょ、この偶然。

また行ってみたい度は★4(5段階)。

The Preston Cafe(プレストン・カフェ)」
住所:栃木県河内郡上三川町磯岡421-1
電話:0285-57-2111

| | コメント (0)

ビールは据え置き ビールの現場から〜栃木県河内郡上三川町「プレストンエール」2回目 その2

その1の続き。

ビールメニュー。

Dscn0649

ビールの値段は変わってないみたい。
しかも、食事とセットだと、こんな特典も。

Dscn0647

ハーフサイズ300円→200円。
早速、ペールエールを。

Dscn0651

苦みが少し勝ってるんですが、モルトもしっかりしていて好バランス。
サーブ温度が冷たいのが、惜しい・・・
★8

ピザ到着。

Dscn0652

700円と、決してお高いわけではないんですが、前回550円だっただけに・・・

2杯目は、ブラウンエールをレギュラーサイズ(550円)。

Dscn0653

今度はモルトが強めで、ホップ抑えめ。
飲みやすいなぁ。
グラスの洗浄も完璧。
★8

ビールを単品で頼んだら、ナッツが付いてきました。

Dscn0654

その3に続きます。

The Preston Cafe(プレストン・カフェ)」
住所:栃木県河内郡上三川町磯岡421-1
電話:0285-57-2111

| | コメント (0)

値上げしてる? ビールの現場から〜栃木県河内郡上三川町「プレストンエール」2回目 その1

宇都宮駅を降りて、インターシティ行きバス乗り場につくと「これ全員乗れる?」と思うほどの行列。
何とか乗れたものの、車内激混み。
人気やねぇ。

ジョイフル本田下車。

Dscn0644

2階に上がると、いきなり醸造所。

Dscn0645

正午前だったからか、席につくのは、すんなりと。

Dscn0661

前回感動した、ピザメニュー。

Dscn0646

あれ、ちょっと値上がりしてるなぁ。

パスタメニュー。

Dscn0648

うん、パスタも上がってる・・・

その2に続きます。

The Preston Cafe(プレストン・カフェ)」
住所:栃木県河内郡上三川町磯岡421-1
電話:0285-57-2111


| | コメント (0)

山廃締め ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」14回目 その3

その2の続き。

3杯目、ホワイトエール。

Dscn0638

「スパイシーでオリエンタル」。
見た目がいいね、見た目が。
ちょっとスパイシー過ぎるかも、私には。
★7

4杯目、賀正エール。

Dscn0640

「年末限定醸造のスペシャルエール。英国産プレミアム麦芽を使用し、4種のホップ、5種類のハーブスパイスを加えて醸造しました」
メニューの説明書きどおり、かなり複雑。
でも、いいお酒です。
色んな食べ物に合います。
★8

ラストはニッポニアでなく、山廃原酒(580円)。

Dscn0641

デザートは、りんごのケーキと甘酒のアイス。

Dscn0642

料理の出方がイマイチだったので、★5→★4(5段階)。
次回は、注文時に確認しますが。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

意外に貴重、ピルスナー ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」14回目 その2

その1の続き。

本日のラインナップはコチラ。

Dscn0630

ホワイトエール、賀正エール、ピルスナー、ニッポニアに、だいだいエールか・・・
やっぱり、スタートはホワイトエール化ピルスナーやろな・・・って、ピルスナーなんてあったっけ?

過去の記録を振り返ってみると、2010年1月(7回目)に訪問した時に飲んで以来。

じゃ、いっとこか、ピルスナー。

Dscn0634


結構色は濃いめ。
微かにシトラッシー。
温度も丁度いいし、グラスもきれいやし。
★8
ちょっとレシピ変わった?

2杯目、だいだいエール。

Dscn0637

茨城県八郷産の「福来ミカン」とオレンジ風味のホップで醸造し、爽やかでフルーティな香りとホップの華やかなアロマが特徴、とのこと。
サイズは見てのとおり、グラスサイズ。
意外とミカンっぽさは少ないが、バランスは良い。
実に「新春」っぽいビール。
★8

あっ、ウッチーのサイン!

Dscn0633

その3に続きます。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

一緒に出さんとって!! ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」14回目 その1

新年早々、やってまいりました、水戸へ。

駅を出て、バスに乗って、京成百貨店前下車。

Dscn0628

「な嘉屋」到着。

Dscn0643

入って左手にあるカウンターに座って、「お昼の蕎麦セットを注文。

Dscn0631

前菜3種盛りにサラダ、好きな蕎麦を選んで1,450円。
デザートもついてまっせ。

前菜とサラダをつまみにビール飲んで、最後に蕎麦で〆ようっちゅう算段ですわ。

って、おい!

Dscn0635

前菜もサラダも蕎麦も、一緒くたに出してどないすんねん!
せっかくの算段が台無しやないか・・・

その2に続きます。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

限定?珍しいねぇ ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」22回目 その2

その1の続き。

1杯目はいつもピルスナーなんですが、これが気になっちゃいました。

Img_2677

ニューイヤーピルスナー、「何杯でも乾杯したい」か・・・魅力的やないの。
ランチビール(330円)の対象外なのが悩ましいが・・・

ええい、頼んでまえ!

Img_2678

左ピルスナー、右ニューイヤーピルスナー。

ピルスナーは安定の★9
モルトも感じさせつつ、このキレ。
さすがやねぇ。

そしてニューイヤー。
色は薄く、やや濁りあり。
新大陸系のホップが、グラスに口をつけた瞬間、パッと鼻を襲う。
これ、何杯もいける?
★7

3杯目、ペールエール。

Img_2681

いいねぇ、甘すぎず苦すぎず。
パイントグラス持参しよっかなぁ。
★9

4杯目、ブラウンエール。

Img_2682

カスケードなんだけど、好き。
★8

そしてラストはシュバルツ。

Img_2683

美味いもんは美味い。
★9

結論「定番サイコー」

また行ってみたい度は★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »