« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

銀座でゆったりランチ 「YEBISU BAR 銀座二丁目店」

休日ランチ@銀座。

Img_3383

YEBISU BAR 銀座二丁目店」。

休日の銀座なんですが、少々中心から離れているからか、店内比較的のんびり。

 

Img_3381_2Img_3384

ハンバーグステーキ(850円)。

 

もちろん、ビールも飲みます。

Img_3387

通常のエビス、プレミアムブラック、琥珀、クリーミィトップの4種類+プレミアムミックス。

 

Img_3382

まずはエビス。

さらりと1杯目にエビスが飲める幸せ。

美味いねぇ。

もうちょっとデカイサイズがあるといいなぁ。

 

Img_3385

琥珀エビス。

香ばしさを期待して口に運ぶと、意外と爽やかさが全面に出ていてビックリ。

注ぎかなぁ?

 

3杯目、プレミアムブラック。

Img_3386

焦げっぽくなる一歩手前の香ばしさ。

 

4杯目、プレミアムミックス。

Img_3388

いわゆるハーフ&ハーフなので、バランスは取れてますね。

 

YEBISU BAR 銀座二丁目店」

住所:中央区銀座2-5-7

電話:050-5788-0440

| | コメント (0)

お通しメニューに変化が 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」14回目

14回目の訪問。

3つの中から選べる「お通し」が変わってました。

Img_3374

 

①ジャーマンポテト。

Img_3376

 

「元禄」で、結構日本酒を飲んでいたので、ラガー系をすっ飛ばしてヘリオスのペールエール。

Img_3375

これって「ペール」?

店内が暗めなのもありますが、結構濃く見えますね。

味は、トラディショナルな感じ。

 

2杯目、ロコビアのスマッシュベルマ。

Img_3378

「スマッシュ」は「SMaSH」と表記して、意味は「シングルモルト&シングルホップ」なんだそうです。

麦芽はマリスオッター、ホップはベルマ。

ベルマだけ名前になってて、マリスオッター立場ないがな(笑)

意外とスルスル飲める系。

ホップが鼻にガンと来ないのがいいのかな?

 

「麦酒倶楽部 HACHI」

住所:中央区八丁堀1-11-6

電話:03-5541-1333

Img_3377

| | コメント (0)

スゴそうなお店発見 日本橋「元禄」

日本酒好きなA先輩に連れてきてもらいました。

お蕎麦屋さんなんですが、つまみが例によっていい感じ。

Img_3361Img_3362

 

で、大将お任せの日本酒が、それに輪をかけていい感じ。

Img_3365Img_3364

「紀伊國屋文左衛門 大吟醸 黒」。

和歌山のお酒で、山田錦を35%まで磨いて使用しているとのこと。

いわゆる「純米酒」じゃないんですが、さすがの美味さ。

 

続いてはコチラ。

Img_3366Img_3367

石川県の酒蔵「御祖(みおや)酒造」の「ほまれ 大吟醸 無ろか 生原酒」。

能登の蔵元のようなんですが、ググってもあまり情報が無くて・・・

これもnot純米。

だが、美味い。

 

・・・何となく見えてきたぞ。

「やっぱり日本酒は純米じゃないとねぇ〜」とかは禁句な感じ。

普段「純米」を中心に飲むことが多いんですが、ここでは流れに身を任せたほうが良さそうやね。

 

次はコレ。

Img_3369Img_3368

「土佐しらぎく 大吟醸40% 斗瓶取り」。

その名のとおり、高知県のお酒。

これも醸造アルコール添加。

大将曰く「醸造アルコールは、上手く使うと味が引き締まるんだよね」。

なるほど、そうなんだ。

 

てなことを聞いたこともあり、最後は純米を勧めてくれました。

Img_3371Img_3372

「王禄 純米大吟醸袋吊斗瓶取り 仕込み23号」。

島根県松江市の蔵元で、HPがかなりしっかり作られています。

いやぁ、どれもこれも美味かった。

 

最後は蕎麦で〆。

Img_3370

ビールが全く登場してないですね。

 

「元禄」

住所:中央区日本橋2-16-7

電話:03-3231-1900

 

| | コメント (2)

牛タンラグーのトマトパスタ 新宿御苑前「Vector Beer」3回目

3回目の訪問。

この日のラインナップ。

Img_3356

ま、ベアレンクラシックやろな。

 

Img_3357

ちょっと泡がイマイチですな。

 

牛タンラグーのトマトパスタ。

Img_3358

 

2杯目、サンクトガーレンのペールエール。

Img_3359

苦い。

でも華やか。

やっぱり苦い。

これぞ「サンクトガーレン」ですね。

食事にぴったりじゃないけど。

 

3杯目、アウトサイダーのオーストラリアンIPA。

Img_3360

IPAと言うわりには、さほど苦くない。

でもアルコール感は結構あり。

こんなんやったっけ?

 

「Vector Beer」

住所: 新宿区新宿1-36-5

電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

葛西→舞浜ゴールデンコース ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」23回目

ここ数年続いている「マラソン」ですが、家の周りだけを走っているだけだと飽きがくるので、色んな事をして目先を変えるわけです。

この日目指したのは葛西。

永代通りを東へ東へ。

約10km、1時間ほど走って、第一の目的地「湯処葛西」到着。

Img_3260

都内にスーパー銭湯は数あれど、ここの魅力はその価格。

平日は600円、休日でも700円。

立派な露天風呂が付いててこれですから、いいでしょ。

 

お風呂に入った後は、目の前のバス停で葛西臨海公園駅へ。

そこから京葉線に乗り換え、舞浜へはひと駅。

Img_3262

23回目の訪問。

 

10km走って、風呂に入ったんですから、まずは飲まんと。

Img_3263

ピルスナー。

「後味に感じる苦味とフレーバーは、ドイツ産高級アロマホップが決め手。ゴクゴク飲めるすっきりテイスト。下面発酵ビールです」

書いてあるとおり、ゴクゴク飲めます。

でも、旨みもしっかりあるのよね。

★9

 

2杯目、ベルジャンスタイルウィート。

Img_3265

「コリアンダーとオレンジピールを風味付けに使用したフルーティで爽やかな口当り。苦味が苦手な方や女性にオススメ」

ベルジャンと言うわりには、それほどスパイシーではなく、シトラッシーさも実に穏やか。

★8

 

ここで、ランチ到着。

Img_3266

チキンのロースト ハニーマスタードソース。

 

3杯目、ペールエール。

Img_3267

「イギリス産のエールモルトとホップを使い、ハーブを想わせる穏やかな香りとエールモルトの深い味わいが特徴」

ペールとは思えないロースト感。

結構ドライです。

★8

 

4杯目、ブラウンエール。

Img_3268

「カラメルモルトのフレーバーと米国産ホップのあでやかな柑橘系の香りが特徴的。フルーティで個性的なエールです」

そこそこ甘くて美味。

絶対モルトの時代来るで。

香りはホッピー。

★9

 

5杯目、シュバルツ。

Img_3269

「ブラックコーヒーの様な、甘みを抑えたスムーズなテイスト。苦みと甘みのバランスのとれた飲みやすさが自慢」

香ばしいのに、ナンボでも飲める。

素晴らしい。

★8

 

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

舞浜地ビール工房 Roti's House

住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F

電話:047-305-5652

| | コメント (0)

2年ぶり 横浜「横濱Cheers」

2年ぶりの、「横濱Cheers」。

昔はよく来たなぁ・・・

 

前回も飲んだ、「南のJOKER」。

Dscn1136Dscn1137

ケルシュベースなのに真っ黒。

するする、さっぱりの黒。

 

ここ数年沖縄に傾倒しまくっている「横濱Cheers」なので、つまみも沖縄モノ。

Dscn1139Dscn1140

 

2杯目は、コチラ。

Dscn1141Dscn1142

大阪國乃長の貴嬢GOLD。

「最近、日本酒にハマってまして」と伝えたところ、これを勧められました。

これ、かなり美味いです。

マスカッティなんだけど、甘くない。

いいねぇ。

 

また来るとは思いますが、いつになることやら。

 

横濱Cheers

住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14新港ビルB1F

電話:045-311-7804

| | コメント (0)

湘南樽生十二種 藤沢「MOKICHI CRAFT BEER」

2011年9月にオープンした「MOKICHI CRAFT BEER」。

Dscn1120

やっと来れました。

店内右側にはカウンターが5席ほどあり、一人客でも安心。

 

Dscn1132

タップ多いなぁ。

これ全て湘南ビールなんでしょうか?

 

Dscn1122
何と12種類!

茅ヶ崎でも、こんなに飲めません・・・

 

天井も高く、奥には2階席もある模様。

Dscn1135

何人かで来るのも良さそう・・・遠いけど。

 

ピルスナー(ショートグラス)でスタート!

Dscn1124

「爽やかなホップの苦味と香りが特徴のベーシックなビール。IBU値24」

最近、こればっかり言ってる気がしますが、グラスがきれい。

そういや「ピルスナー」なんて、湘南ビールにあったっけ?

昔は「湘南ビター」って言っていたような・・・

 

2杯目、ゴールデンエール。

Dscn1126

「ホップが効いた淡い美しい金色の上面発酵ビールです。IBU値26」

これは今まで飲んだことのないスタイル。

香りが良く、ほのかに甘い。

ホップも言うほどには効いていない。

もちろん、ネガティブな意味ではなく。

 

豚舌燻製のレモン風味。

Dscn1125

「ビール」によく合います。

 

湘南ビールが樽生で12種類も飲めるまたとない環境なのに、3杯目は日本酒。

Dscn1127

ご存知熊澤酒造さんは、日本酒「天青」の蔵元でもあるんでね。

飲んだのは「純米吟醸」。

しかし、愛想のないグラスやな(笑)

 

さっき頼んだ「豚舌燻製のレモン風味」では、ちょっと合わないので他のつまみを探しましょう。

Dscn1121

うーん、どれもこれも美味しそうだけど合わなそう。

 

このページはどうだ?

Dscn1128

さっきのページよりはいい感じですが、グッとくるまではいかないなぁ。

強いて言えば、カルパッチョかな。

お造り的な感じで。

 

Dscn1129

この日の鮮魚は「鯛」とのこと。

お願いして、ハーフサイズにしてもらいました。

さて、「純米吟醸」を一口、カルパッチョを一口。

・・・微妙。

醤油って偉大やね。

 

まだ「豚舌」が残っていたので、アルトに回帰。

Dscn1130

「果実を想わせるフルーティなフレーバーが特徴。IBU値22」

旧湘南ルビーだけあって、良い色してます。

すごく甘いわけでも、すごく苦いわけでもないんですが、そこが良い。

これぞ定番。

 

最後は「純米酒」。

Dscn1134

写真の「撮りがい」が無いのは、日本酒の難点の一つかもしれん。

 

MOKICHI CRAFT BEER

住所:神奈川県藤沢市南藤沢20-19

電話:0466-90-3590

| | コメント (0)

藤沢みやじ豚?  ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」37回目

37回目の訪問。

Dscn1103

向かいのマンション工事も、だいぶ進んできました。

6,000万円台か・・・気軽には買えんな。

 

こっちは気軽に飲めるけどな(笑)

Dscn1105

 

訪問の度に感心するランチメニュー。

Dscn1104

とっても美味しそう。

「藤沢みやじ豚」なんて豚は聞いたことが無いにも関わらず、美味しそうに感じるから不思議。

美味しそう過ぎて、メニュー詐欺の疑いが・・・

 

Dscn1110

疑ってすいませんでした・・・

 

定番ビールメニュー。

Dscn1106

IPAを除く5種類。

まずはここからやな。

 

Dscn1109

左の黄色くて濁っているのが、ピルスナー。

「3デコクション製法による麦の香ばしさと、チェコ産ザーツホップの上品な苦みが特徴の濃い黄金色のラガービール」

好きです、ザーツホップ。

苦くて、少し甘くて、そして美味い。

★9

 

右が横浜ラガー。

「ニュージーランド産のモトゥエカホップを使用した、ぐいぐい飲みたくなる柑橘系フレーバーのラガービール」

じんわり苦くて、そこそこシトラッシー。

★8

 

3杯目は、ヴァイツェン。

Dscn1111

「バナナやクローヴのような香りの白ビール。ヴァイツェンは、強い濁りとフルボディが特徴。2013年アジアビアカップ金賞受賞」

香りと後味が、食事を選ぶね。

★7

 

4杯目、ペールエール。

Dscn1112

「アメリカンホップを使用した柑橘系の香りと、さわやかな苦みを満喫できる飲み飽きしないペールエール」

美味いやないかい!

苦みと甘み、これっくらいの塩梅がいいね。

★9

 

5杯目、アルト。

Dscn1113

「焼き立てのビスケットのような香りを醸し出した赤レンガ色のエール。現地版より色が濃く苦みは控えめ」

説明文にあるとおり、濃色。

こうやってペールエールと並べると、色の違いが鮮明です。

もちろん香ばしいんですが、甘くはない。

後味もgood。

★9

 

定番はここでおしまい。

限定ものにも、手出しましょか。

 

限定メニューその1。

Dscn1107

現「これもグラスサイズ250円でいいんですか?」

店「大丈夫ですよ」

現「どっちも?」

店「もちろんです」

現「じゃ、IPAを」

Dscn1115

「大人気のIPAがスケールUP!!」

「心地良い苦みと、主張し過ぎないアロマのビールです。アメリカ発のホップを使用し、モルトの甘みもほんのり。おかわりしたくなるIPA」

ソラチエース苦手なので、個人的には全く同意できません(笑)

こればっかりは、好みですからしょうがないです。

★6

 

通算7杯目、スコッチエール。

Dscn1116

「芳醇な麦芽フレーバーが、レーズンやチョコを連想させるビールです。軽い飲みくちながらモルトの甘みもしっかり!冬限定!」

これで250円ですから、驚くべきお得感。

エエんでしょうか?

少しスパイシーなスコッチエール。

美味しいです。

★8

 

限定メニューその2。

Dscn1108

クリオロエール。

これを飲めば、全種制覇。

飲むしかないでしょ。

Dscn1119

「通常チョコレートビールと言われるその多くが、麦芽を高温でじっくり焙煎してチョコレート風味を醸しだしたチョコレートモルトがベースになっているものがほとんどで、本物のカカオを加えたものは多くありません。霧笛楼は、幻のカカオと呼ばれるクリオロと、黒ビールの上質な味わいを楽しめる『この上なく贅沢な味わい』のチョコレートスタウトが完成しました」

説明を読んだからというのもあるとは思いますが、確かにカカオの味がします。

これはケーキと合わせたい!

Dscn1117

 

ダークチェリーチーズケーキ。

Dscn1118

いやぁ、合うわ。

久しぶりの全種制覇。

デザートも食べて、大大満足。

 

また行ってみたい度は、盤石の★5(5段階)。

★6でもいいくらい。

 

驛の食卓

住所:横浜市中区住吉町6-68-1

電話:045-641-9901

| | コメント (0)

初訪問! 立川「ROSE HOGS(ローズホッグス)」

立川駅南口を出て、徒歩1分。

Dscn1089_3

このビルの3階。

店内は結構大バコ。

ほとんどがテーブル席で、カウンター席は奥の方に申し訳程度。

Dscn1096

 

10種類ある樽生メニュー。

Dscn1090
結構ヘビーなラインナップですね。

価格は均一価格ではなく、ビールごとに設定されてます。

クラフトビール系はSサイズ(200ml)650円、Mサイズ(ハーフパイント)850円、Lサイズ(パイント)1,300円と、わりといい値段。

 

入店したのは、19時過ぎだったので、まだ大丈夫みたいです。

Dscn1091

 

これを使って選んだのが、エビス。

Dscn1095

クラフトビール系はSサイズ200mlですが、これは330ml。

これで525円、微妙っちゃ微妙ですが。

 

フードメニューの一部。

Dscn1093

税抜き490円でこのラインナップは魅力的。

 

ベーコンスキンソーセージ。

Dscn1097

 

2杯目も、ハッピーアワー対象時間内。

Dscn1098Dscn1099

ホップロジックインペリアルIPA。

オドロオドロしい名前がついてますな(笑)

香りはとっても爽やかなんですが、口をつけると「草」。

とは言え、さほど辛くはないかな。

 

3杯目は、「大特価」のボトルビールから。

Dscn1102Dscn1100

シトラIPA(1,200円→800円)。

少し濁っていて、酸味あり。

何で、この価格なのかは気になりますが・・・

 

ROSE HOGS(ローズホッグス)」

住所:立川市柴崎町3-1-7

電話:050-5796-0221

| | コメント (0)

牛タンカツレツはビッグサイズ  新宿御苑前「Vector Beer」2回目

1ヶ月ぶり、2回目の訪問。

1杯目は、反射炉のR25ヴァイツェン。

Dscn1084

R25?

Rは「ライ麦」のR。

25は、その比率。

小麦麦芽60%に加え、ライ麦麦芽25%、残りは大麦麦芽。

ベルギーウィート酵母使用とのこと。

複雑やね。

「香りは弱いけどやんちゃなヴァイツェン」って感じ。

 

この日のフードは、牛タンのカツレツ。

「ハーフにしますか?」と聞かれましたが、「フルで!」と力強く答えて出てきたのがコチラ。

Dscn1086

ハーフでも良かった(笑)

 

2杯目、いわて蔵のIPA。

Dscn1087

IPAとは言え、ドライホップは抑えめ。

でもじんわり苦いんですけどね。

 

3杯目、インドの青鬼。

Dscn1088

この華やかさ、キャッチーでいいですね。

 

「Vector Beer」

住所: 新宿区新宿1-36-5

電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

銚子「魚料理 みうら」

青春18きっぷで、行ったこと無い街「銚子」へ。

銚子駅から、北へ向かうと、利根川にぶつかります。

Dscn1075 Dscn1076

左が銚子大橋。

河岸が公園状に整備されています。

でっかいですねぇ、利根川。

さすが流域面積日本一。

 

利根川右岸を、河口に向けてあてもなく東へ。

時刻は午前11時半。

そろそろお腹も減ってきたので、美味しいお魚が食べたくなってきました。

 

Dscn1083

「魚料理 みうら」。

完全にジャケ買いです。

 

Dscn1078

席からの眺め。

港が見えます。

 

Dscn1077-1

定食メニュー。

 

Dscn1080

瓶ビール(600円)と、お通し(300円)。

 

Dscn1081

刺・天定食(1,575円)。

 

Dscn1082

銚子の誉(840円)。

 

「魚料理 みうら」

住所:千葉県銚子市新生町1-36

電話:0479-22-0915

| | コメント (0)

日本じゃないみたい  ビールの現場から~東京都品川区「TENNOZ ALE」9回目

後輩Hが異動するってんで、送別会開催。

Dscn1059

@TYハーバー。

 

テラス席からの眺め。

Dscn1063

洒落とるねぇ〜

 

連れはまだ来てないけど、軽く飲んどくかね。

Dscn1061

ペールエール、ウィートエール、アンバーエール、IPA、インペリアルスタウトのレギュラー陣に加え、限定桜エール。

さて、どれから行きますか。

 

1杯目のビールは、限定の「桜エール」。

Dscn1064_3

「桜の花と葉の香気を丁寧にライトエールにうつしました。季節を愛でる日本の心のビールです」

桜餅みたい!

これ前にも飲んだぞ・・・こん時か!!

桜餅の香りは一緒ですが、前はウィート、今回はエール。

ガスは弱め。

甘さも苦さもほのかですが、それはそれで良いバランス。

goodなライトエールです。

★8

 

まだ来ないので、2杯目。

Dscn1065

「淡いブロンズ色のエールで、フルーティな味わいを持ちながら、カスケードホップの苦みがバランスよく混ざった、THハーバーの定番ビールです」

桜エールとグラスは違いますが、同じMサイズ。

カスケードが穏やかで、万人受けする感じ。

さすが看板。

★8

 

後輩K、Hが到着したところで、3杯目。

Dscn1066

IPA。

「通常のペールエールの3倍のホップを使用することで、通常のビールよりしっかりした苦みとキレのあるコクをお楽しみください」

3倍と言っても、節度ある範囲。

美味いです。

★8

 

ビールばっかり飲むわけにいかんので、料理注文。

Dscn1067

シーザーサラダに、アボカドとスモークチキンをトッピング(1,100円+200円+200円)。

 

続いて、最高額メニュー「グリルミートのコンボプレート」5,800円。

Dscn1068

チキン、BBQリブ、牛ハラミがてんこ盛り。

3人(うち一人女子)だと、かなり腹一杯。

 

4杯目、インペリアルスタウト。

Dscn1070

インペリアルだけに、しっかり系。

でも、このタイミング、この料理なら大丈夫。

★8

 

5杯目、アンバーエール。

Dscn1071

かなり香ばしい。

★7

 

この後、ペールエール、ウィートエールとつないでフィニッシュ。

Dscn1073
Dscn1074

また行ってみたい度は★5(5段階)。

 

T.Y.HARBOR BREWERY

住所:品川区東品川2-1-3

電話:03-5479-4555

| | コメント (0)

日本酒しこたま再び  銀座「はかりめ」

同僚かつ同期のKと銀座の「日本酒なお店」。

とは言え、まずビール。

Dscn1041

熟撰ですって。

 

お通し。

Dscn1042

さすがに、日本酒に合いそうなものが出てきますな。

 

1杯目、群馬・龍神酒造「尾瀬の雪どけ 純米吟醸 瓶火入れ」(一合1,000円)

アルコール度数17〜18度、山田錦、精米歩合50%、日本酒度+1。

「柔らかく上品な吟醸香で、ぬる燗・人肌燗でより旨みが際立つ」

Dscn1044

「ぬる燗・人肌燗」が良いと書いてあるのに、冷酒で。

すいません、素人なんで。

 

定番、刺身盛合せ。

Dscn1047

ビールには合わんからね。

 

Dscn1045

2杯目、滋賀・上原酒造「不老泉 参年熟成山廃特別純米」(一合950円)。

アルコール度17〜18度、高嶺錦、精米歩合60%、日本酒度+5.5。

「味わい深く濃いが、切れ味も良い。山廃の旨みが燗に良し」

また燗に合う酒を、冷酒でいただいてしまいました。

申し訳ない、素人で。

 

穴子と何やわからん料理。

Dscn1048Dscn1049

 

そして次の日本酒は、福岡・井上合名会社「三井の寿 美田 山廃純米」(一合900円)。

Dscn1050

「山廃らしく濃厚なつくりだが、きれいな味わいで色が進む酒」

とにかく、馬鹿のひとつ覚えのように、山廃推し。

 

明太子。

Dscn1056

ちびちび食べて、ちびちび飲みます。

 

4杯目、兵庫・下村酒造「奥播磨 山廃純米」(一合900円)。

Dscn1053

アルコール度16.5%、兵庫夢錦、精米歩合55%、日本酒度+5.5。

「爽やかな口当たりと山廃ならではのキレがあり、余韻が心地良い」

 

〆に、はかりめ寿司。

Dscn1055

エエねぇ、日本酒。

 

はかりめ

住所:中央区銀座5-9-5 チアーズ銀座6F

電話:03-6253-7070

| | コメント (0)

錦糸町「井のなか」→「Beerich YEAST」10回目

錦糸町の「井のなか」でしこたま日本酒を飲んだ後、すぐ隣にある「Beerich YEAST」へ。

Dscn1038

 

ひでじの「太陽のラガー」。

Dscn1037

泡なし、ピタピタなので、苦さが前面に出てます。

 

つまみはピッツァ。

Dscn1040

 

2杯目、反射炉の「マンダリナバーバリアIPA」。

Dscn1039

「マンダリナバーバリア」というホップを使用したIPAとのこと。

勝手に想像していたより苦くない。

そしてさほど香らない。

温度が低いからかもしれんが。

 

Beerich YEAST

住所:墨田区錦糸2-5-12

電話:03-6658-8155

 

1軒目で飲んだ日本酒を、画像だけ。

Img_3183Img_3186Img_3187
Img_3191Img_3193Img_3194
Img_3197Img_3198

| | コメント (0)

ビール飲み放題1,780円  ビールの現場から〜神奈川県小田原市「箱根ビール」7回目

箱根登山鉄道「風祭」駅。

Img_3182

「鈴廣かまぼこ」と、一体化しつつありますね。

 

4年ぶりの訪問となる、レストラン「えれんなごっそ」は改修中。

Dscn1023

 

平日だったので、すんなり入店。

Dscn1024

休日だと、こうはいきません。

 

ランチブッフェ1,850円に、飲み放題をプラス。

Dscn1025

いっぱい食べて、いっぱい飲みまっせ。

 

この3種類が飲み放題。

Dscn1026

 

食べ物を取りに行く前に、まず1杯。

Dscn1027

箱根ピルス。

「上品なホップの香りとほのかな苦み、すっきりとした中にある味わいとコク」

キリリと引き締まったピルス。

美味いなぁ。

★9

ジョッキもきれいに洗浄されてますし。

 

Dscn1028

食べ物1巡目。

キリリとしたピルスに、プリプリの練り物が良く合うんです。

 

2杯目、春めきペールエール。

Dscn1029

「ホップの快い味わいと、華やかでフルーティな香り、麦芽の香りとコクが程よく調和したイギリスの伝統ビール」

じんわり苦いペールエール。

バランスいいです。

さすが鈴廣さん。

★8

 

3杯目、小田原エール。

Dscn1030

「伝統的な製法で、ほのかに甘さを感じさせるマイルドな味は、女性にもおすすめ」

香ばしくってモルティ。

バスペールエールみたい。

★7

 

食べ物2巡目。

Dscn1031

 

4杯目は、ピルス(グラスサイズ)に戻ります。

Dscn1032

 

そしてご飯物。

Dscn1033

 

ビールラストは、春めきペールエール。

Dscn1034

 

デザートも食べて、大満足。

Dscn1035

また行ってみたい度は、★5(5段階)。

土日は混むので、注意してください。

 

えれんなごっそ

住所:神奈川県小田原市風祭245

電話:0465-23-7373

 

| | コメント (0)

名古屋「名古屋ヤミツキ酒場」

名古屋での夕食。

これもジャケ買いで「名古屋ヤミツキ酒場」

 

Img_3176_20210531165401

つくねチーズと皮。

 

Img_3179_20210531165801

串かつ(味噌)。

 

Img_3181

鉄鍋餃子。

 

「名古屋ヤミツキ酒場」

| | コメント (0)

敦賀「地魚料理 まるさん家」

金沢から名古屋への移動途中、敦賀で途中下車。

駅前ロータリーから伸びる道をぶらぶらしながら、お店を物色。

Img_3213_20210531153201Img_3211_20210531162501

地魚料理 まるさん家」。

 

Img_3204_20210531153401

定食メニュー。

 

Img_3207_20210531160501 Img_3208_20210531160501

名作朝ドラ「ちりとてちん」の舞台に近いので、「浜焼きさば御膳」にも惹かれましたが、日本酒との相性を考慮してお刺身御膳をチョイス。

 

Img_3205_20210531160901

日本酒メニュー。

福井の地酒で揃えてくれているのが、嬉しいですね。

 

Img_3206_20210531161201

早瀬浦の純米(600円)。

 

Img_3210_20210531161301 Img_3212_20210531161301

これは何やったかな・・・

 

地魚料理 まるさん家

住所:福井県敦賀市白銀町6-41

電話:0770-22-4528

| | コメント (0)

金沢「味処 一合半 ぶん家」初訪問

「ジビルバ」をを出て、以前訪問した「いたる」に流れたものの、満員で入れず。

日本酒が飲みたかったので、ジャケ買いでこの店に決定。

Img_3174_20210531093201

味処 一合半 ぶん家」。

 

Img_3162_20210531093501 Img_3163_20210531093501

カウンター席が空いてました。

 

Img_3160_20210531093601

お通しは、マグロのかま。

 

Img_3161_20210531100301

天狗舞 生酒山廃生搾り(300ml、1,050円)。

 

Img_3164

お造り5種盛り(1,850円)。

ブリ、カジキ、甘海老、タイ、マグロだそうです。

甘海老ねっとり、ブリめちゃうまでした。

 

Img_3167

萬歳楽 劔 山廃純米(850円)。

山廃にしては、すっきりした味わい。

 

Img_3168_20210531101701

加賀鳶 山廃純米酒 超辛口(850円)。

ホント超辛口。

 

Img_3171_20210531102501

銀ダラつけ焼き(650円)。

 

味処 一合半 ぶん家

住所:石川県金沢市木倉町1-7

電話:076-261-8881

Img_3173_20210531102801

| | コメント (0)

金沢「ジビルバ」初訪問

ホテルにチェックインして、香林坊へ。

Img_3158_20210530184001

「ジビルバ」。

カウンター6席に、2人がけのテーブルが3つ。

Img_3153_20210530184201

ビールメニューは、壁の黒板に。

 

Img_3154

1杯目、日本海倶楽部のヴァイツェン(950円)。

 

Img_3156-1

カリーブルスト(650円)。

 

Img_3157-1

2杯目、ベアードの大工さんのみかんエール。

 

「ジビルバ」

住所:石川県金沢市片町2-7-3

電話:076-231-1239

| | コメント (0)

越後湯沢「ぽんしゅ館」初訪問

金沢に向かう途中、越後湯沢駅で途中下車。

Dscn0997

「ぽんしゅ館」。

入場し、メダル5枚を500円で購入するとお猪口を渡されます。

 

Dscn0998

壁一面に、新潟の地酒の自動販売機がずらりと。

好きな銘柄を選んで、お猪口をセットしメダルを入れると適量のお酒が注がれます。

すごいシステム。

 

Dscn0999Dscn1000

つまみは、なんと塩と味噌。

塩は、90種類もあります。

 

Dscn1001 Dscn1002

こんな感じで、どんどん飲みます。

 

Dscn1008

塩だけでは物足りなかったので、キュウリを購入して味噌をつけていただきました。

 

Dscn1009 Dscn1010

塩と味噌があれば、結構飲めるんですね。

メダル10枚分いただきました。

| | コメント (0)

九州フェア開催中 神田「THE Jha BAR」?回目

2ヶ月半ぶりにJhaに行ったら、九州フェアやってました。

Dscn0990

いやぁ、悩むなぁ・・・どれも飲みたくて。

 

長考の後に、頼んだ1杯目は、熊本クラフトビールのペールエール。

Dscn0991

すごく抑えめのペールエール。

冷やして美味しいペールエール。

2006年に現場で飲んだ時の記事はコチラ

 

フードも九州一色。

Dscn0992

 

カツレツです。

Dscn0993

 

2杯目、霧島高原ボヘミアンガーネット。

Dscn0994

あれ?

現場で飲んだ時ほどの感動がないなぁ。

冷え過ぎだから?

 

3杯目、霧島スタウト。

Dscn0995

何、この香るスタウト。

ジンジャーエールみたい。

 

THE Jha BAR

住所:千代田区神田多町2-5

電話:03-3252-3258

Dscn0996

 

 

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »