« 藤沢みやじ豚?  ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」37回目 その1 | トップページ | 定番5種終了 ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」37回目 その3 »

結構濁ってるのね ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」37回目 その2

その1の続き。

定番メニュー。

Dscn1106

IPAを除く5種類。
まずはここからやな。

Dscn1109

左の黄色くて濁っているのが、ピルスナー。
「3デコクション製法による麦の香ばしさと、チェコ産ザーツホップの上品な苦みが特徴の濃い黄金色のラガービール」
好きです、ザーツホップ。
苦くて、少し甘くて、そして美味い。
★9

右が横浜ラガー。
「ニュージーランド産のモトゥエカホップを使用した、ぐいぐい飲みたくなる柑橘系フレーバーのラガービール」
じんわり苦くて、そこそこシトラッシー。
★8

3杯目は、ヴァイツェン。

Dscn1111

「バナナやクローヴのような香りの白ビール。ヴァイツェンは、強い濁りとフルボディが特徴。2013年アジアビアカップ金賞受賞」
香りと後味が、食事を選ぶね。
★7

その3に続きます。

驛の食卓
住所:横浜市中区住吉町6-68-1
電話:045-641-9901

046)神奈川の現場

|

« 藤沢みやじ豚?  ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」37回目 その1 | トップページ | 定番5種終了 ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」37回目 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤沢みやじ豚?  ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」37回目 その1 | トップページ | 定番5種終了 ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」37回目 その3 »