« えっ、こんな所で! 横浜・関内「アンテナアメリカ」その1 | トップページ | アングリーはアングリーでも・・・ 横浜・関内「馬車道タップルーム」5回目 »

テラス席ではプラカップ 横浜・関内「アンテナアメリカ」その2

その1の続き。

8種類ある樽生メニューから、SPEAKEASYのPROHIBITION ALE(921円)。
カウンターでオーダーすると、外で飲むか中で飲むかを聞かれます(英語で)。
「中で」と答えると、ガラス製のパイントグラスに注いでくれます。

Dscn1219

IBU少なめでセレクトしたので、そこそこ苦いものの、十分飲める範囲。
グラスに口を当てた瞬間は、草っぽいんですけどね。

2杯目は、LAGUNITAS BREWINGのIPA。
「外で」と言ってみました。

Dscn1221

危険防止のためでしょうか、プラカップになっちゃいます。
眺めはこんな感じ。

Dscn1222Dscn1223

好みの別れるところやね。
暗くなったほうがいいかも。

そうそう、IPAはキーウィっぽいフレーバーでした。

面白いロケーションなのでまた来たいんですが、近くにBAY BREWINGもあるしどうしようか悩ましいところ。
最近2軒行くのがしんどくて・・・

アンテナアメリカ
住所:神奈川県横浜市中区吉田町5-4
電話:045-315-5228

|

« えっ、こんな所で! 横浜・関内「アンテナアメリカ」その1 | トップページ | アングリーはアングリーでも・・・ 横浜・関内「馬車道タップルーム」5回目 »

コメント

でしたら、「暗くなるまで待て」。
なんちゃって、失礼しました。

投稿: うえぽん | 2014/05/13 01:21

うえぽん様
私も待ちたかったんですが、この後予定があったもので・・・
次は夜行きます!

投稿: beer-kichi | 2014/05/13 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« えっ、こんな所で! 横浜・関内「アンテナアメリカ」その1 | トップページ | アングリーはアングリーでも・・・ 横浜・関内「馬車道タップルーム」5回目 »