« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

旅☓ラン☓ビア 下妻編〜ビールの現場から〜茨城県下妻市「しもつまビール」3回目 その3

その2の続き。

3杯目、レッドエール。

Img_3579

「モルトの芳醇な味わいとホップの苦みを活かした赤褐色のビールです。ビールの持つ香り、苦み、コクの絶妙なバランスをお楽しみください」
レッドと言うには、色濃いめ。
複雑なんですが、ちゃんとバランスしてます。
しっかりとした味わいの食べものにも合いますね。
★8

コンビネーションプレート本体到着。

Img_3578

ちょこちょこ色々あって、私好み。

ビールは一通り飲んだので、ワインでも飲むかと。

Img_3580

グラス1杯360円。

Img_3581Img_3582

デザートも付いてました。

Img_3583

また行ってみたい度は★4(5段階)。

ビアスパークしもつま
住所:茨城県下妻市長塚乙70-3
電話:0296-30-5121

| | コメント (0)

旅☓ラン☓ビア 下妻編〜ビールの現場から〜茨城県下妻市「しもつまビール」3回目 その2

その1の続き。

11km走って、700円でひとっ風呂浴びて、さあビールです。

Img_3574

1杯目、ホワイトヴァイツェン。

Img_3575

「小麦麦芽を材料に仕込んだ酵母入り濁りビール。爽やかな香りを醸す酵母を使用。バナナの様な香りと爽快な味わいが特徴です」
色薄め。
バナナの香りがする、スッキリ系ヴァイツェン。
爽やかです。
★8

2杯目、ゴールデンピルスナー。

Img_3577

「国産ホップによるレモンのような香りと爽やかな苦みが特徴的な淡色ビールです。黄金色の輝きと深い味わいをお楽しみください」
ちょっとホップがち。
好み的には・・・うーん。
★7

コンビネーションプレートの一部(サラダ&スープ)。

Img_3576

その3に続きます。

ビアスパークしもつま
住所:茨城県下妻市長塚乙70-3
電話:0296-30-5121

| | コメント (0)

旅☓ラン☓ビア 下妻編〜ビールの現場から〜茨城県下妻市「しもつまビール」3回目 その1

関東鉄道「石下」駅で降り、ランニングウェアに着替え、ランスタート。
このコースは2度目なので、前回とは違うコースでアプローチ。

まず西に向かい、鬼怒川にぶち当たった所で、川沿いに北上。

Img_3494

GW中だったので、鯉のぼりがきれいでした。

菜の花も、大層きれいで・・・

Img_3495

11km走って「現場」到着。

Img_3584_3Img_3571

まずは、風呂から!
その2に続きます。

ビアスパークしもつま
住所:茨城県下妻市長塚乙70-3
電話:0296-30-5121

| | コメント (0)

ひどい写真ばかり・・・ ビールの現場から~東京都品川区「TENNOZ ALE」10回目

会社の飲み会で訪問。
私の好きにしていい状況だったので、「TENNOZ ALE」にしてやりました。
会社からは、ちょっと遠いんやけどね。

1杯目、ペールエール。

Img_3488

まだ明るかったので、ちゃんと色がわかります。

2杯目、アンバーエール。

Img_3489

言われれば、「そうかな?」って思うレベル。
テラス席では、致し方ないかな。

3杯目IPA、4杯目コーヒーポーター。

Img_3490Img_3491

もう、全く判別不能。
辛うじて、泡の色でポーターがわかるかな?
コーヒーポーターは、コーヒーはコーヒーでも生豆っぽくって、あまり好みではない味。

5杯目スタウト、6杯目ウィート。

Img_3492Img_3493

もういいですね(笑)
写真撮る意味、無かったね。

また行ってみたい度は、★5(5段階)。

T.Y.HARBOR BREWERY
住所:品川区東品川2-1-3
電話:03-5479-4555

| | コメント (0)

何もかも定番 ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」25回目

葛西へのランの後、舞浜へ。

ピルスナー→ベルジャンスタイルウィート。

Img_3482Img_3483

この日のランチメニューから、千葉県産「元気豚」のライスボウル。

Img_3480Img_3484

3杯目から5杯目までの流れも、鉄板。

ペールエール。

Img_3485

ブラウンエール。

Img_3486

シュバルツ。

Img_3487

鉄板過ぎて、刺激がなくなってきたなぁ。
何とかしないと・・・まあ、エエか(笑)

また行ってみたい度は★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

 ニュー伊勢角屋? 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」17回目

最近話題の「コレド室町」の焼鳥屋「鳥仙」で飲んだ後、またまた八丁堀に移動。

1杯目、伊勢角屋の「スコティッシュライト」。

Dscn1290Dscn1292

「スコティッシュ」とか言っても、「伊勢角屋」さんなんで、どうせ新大陸寄りなんでしょ、と思いつつオーダー。
あらら、苦くない。
ガス感もほぼ無く、モルト寄り。

現「だいぶ感じ変わりましたね」
店「ヘッドブルワーが代わったらしいですよ」
現「へぇぇ」

これなら料理にも合わせやすいし。

Dscn1291

今後見かけたら、敬遠せずに飲んでみますか。

2杯目、ロコビアのユニティペールエール。

Dscn1295Dscn1294

しっかり苦いんですが、スルスル飲める系。

ポテトサラダとともに。

Dscn1293

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

パクチーのピザ 新宿御苑前「Vector Beer」5回目

この日のラインナップ。

Dscn1284

ベアレンのアルトからスタート。

Dscn1283

パイントグラスで飲むと、当然ですが色が濃く見えます。
ちょい甘で苦くない。
すごく複雑じゃないぶん、飲み飽きない良ビール。
さすがです。

Dscn1285

2杯目は、プレストンのブラック・ビター。
ややホッピーで、すっきりとした後味。

牛タン肉味噌とパクチーのピザ。

Dscn1287

パクチー嫌いはたまらないでしょうね(笑)

3杯目、こぶし鼻のIPA。

Dscn1288

香りはさほど強くない。
パクチーにぶつけるつもりでしたが、やや肩透かし。
苦みをさほど感じなかったのは、パクチーの影響があるかも。

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

741)ビールなお店(新宿御苑前・Vector Beer)

| | コメント (0)

珍しくホップ系2杯 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」16回目

日本橋「平田牧場」で豚しゃぶを食べた後、八丁堀へ。
もうそこそこ飲んでいるので、ラガー系はスルーし、木曽路のレッドギャラクシー。

Dscn1279

グラスに口をつけるなり、挨拶代わりの「草臭」が鼻を襲います。
その瞬間覚悟した舌を絞るような苦味は、さほどでもなく。

2杯目、オラホの「CAPTAIN KID EXTRA PALE ALE」。

Dscn1282

シトラス系の後味がハンパないレベル。
こういう系、流行ってんのかな。

Dscn1280Dscn1281

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

色んな意味で、次回に期待 ビールの現場から〜東京都台東区「Campion Ale」2回目 その2

その1の続き。

2杯目、Golden。

Dscn1271

やや苦め。
★7

これは、何のパイやったかな?

Dscn1272

3杯目、ポーター。

Dscn1273

★7

最後にGoldenを飲んで〆。

Dscn1276

やや不完全燃焼でしたので、また来ます。
また行ってみたい度は★3(5段階)。

Campion Ale
住所:台東区西浅草2-2-2
電話:03-6231-6554

| | コメント (0)

ポイントカード出来ました ビールの現場から〜東京都台東区「Campion Ale」2回目 その1

ビア友Kと浅草の「現場」。
アサヒと違う方の。

Dscn1266

前回は「2軒目」としての訪問だったので、今回は満を持して。

Dscn1268

現「今日は何種類飲めるんですか?」
店「すいません、今日はWheat&Rye、Golden、Porterの3種類なんです」
現「3種類!?」
店「多い時だと、5種類飲めるんですけど」

当方は一方的に満を持してたんですが、店の方はそうでは無かったようで・・・(笑)

Dscn1270

1杯目はWheat&Rye。

Dscn1267

サイズはもちろん、UKパイント(800円)。
やや濁ってます。
さっぱりスルスル。
さほどフルーティではありません。
★7

前回来た時には無かった「ポイントカード」。

Dscn1269

ハーフを飲んでも、パイントを飲んでもスタンプ1つ。
我々パイント派には、少々過酷なルールです。

その2に続きます。

Campion Ale
住所:台東区西浅草2-2-2
電話:03-6231-6554

| | コメント (0)

サンクトガーレン「ロンドンコーリング」@渋谷「THE ALDGATE」

「フランケンシュタイン」の後、もう一軒。

Dscn1262

樽生メニュー。

Dscn1264

イギリスに軸足を置きつつ、差別化できている印象。

オーダーしたのは、サンクトガーレン製IPA「ロンドンコーリング」。

Dscn1263

じんわり苦いけど、後味さっぱり。

いつも混んでいるイメージだったんですが、この日はゆったりでした。

Dscn1262

THE ALDGATE(ジ・オールゲイト)
住所:渋谷区宇田川町30-4新岩崎ビル3F
電話:03-3462-2983

| | コメント (0)

ドイツビールが飲み放題 渋谷「フランケンシュタイン」

後輩と渋谷「フランケンシュタイン」で飲み放題のコース。

Dscn1244

旧・ジャーマンファームグリル。
店内には、香川の写真とかがあって、ちょっとテンション上がります。

これらのドイツビールが飲み放題。
貴重やねぇ。

Dscn1245

シュパーテン ミュンヒナーヘル。

Dscn1246

この麦麦感がたまりません。

コースなので、ちょいちょい料理が出てきます。

Dscn1247

スープも。

Dscn1249

そしてフランツィスカーナー。

Dscn1248

そして、フレンスブルガーヴァイツェン。

Dscn1252

初めて飲むんとちゃうかなぁ。

一緒に食べるのは、ヴァイスブルスト。

Dscn1251

一旦、ミュンヒナーヘルに戻ってから、オプティメーター。

Dscn1253Dscn1256

まだまだ・・・

Dscn1254Dscn1257
Dscn1258Dscn1260

結局、4種類7杯。
高価なドイツビールをこれだけ飲めて、満足です。

フランケンシュタイン
住所:渋谷区神泉町8-1
電話:03-5457-2871

| | コメント (0)

ビールor日本酒? 渋谷「Japanese Beer &Sake Dinning Taki(滝)」

渋谷での飲み会の前に、少し時間があったので寄ってみました。

Img_3474

Japanese Beer &Sake Dinning Taki(滝)」。
カウンター5〜6席、4人がけのテーブルが3つ。
樽生3種とボトル各種。
他に、日本酒は多数。
つまみは、どちらかと言うと日本酒寄りかな・・・

悩んだ末、ビールではなく日本酒。

Img_3476Img_3477

山形県酒井市「楯の川酒造」の「楯野川 純米大吟醸 清流」。
アルコール度数:14〜15度。
原料米:出羽燦々
精米歩合:50%
「山形県オリジナルの酒造好適米「出羽燦々」を50%まで磨いて造った純米大吟醸で、14%台と低めに抑えたアルコール度数の軽快な口当たり、若々しく爽やかな果実のような香りと酸味、さらりとした優しい後味のお酒です」
吟醸香が印象的。
少し甘めですね。

出来たて豆腐とともに。

Img_3478

Japanese Beer &Sake Dinning Taki(滝)
住所:渋谷区桜丘町17-12
電話:03-3780-0656

| | コメント (0)

何でこんなに写真が少ないんや! 門前仲町「日本酒蔵 六三四」

後輩と門前仲町。

Img_3429

2年前にオープンしたお店。
オープンした頃から知ってはいたのですが、その頃は日本酒に興味は無く・・・(笑)

「日本酒蔵」と名乗るだけあって、日本酒の種類はとても豊富。

Img_3433

写真はほんの一部。

1杯目、山形県高畠町「米鶴酒造」の「米鶴スパークリング」。

Img_3430

「発泡性とコクのある味わいから、和・洋・中の色々な料理と幅広い相性を見せますが、特に油を使った料理と良く調和します。冷たくしてお召し上がり下さい」
アルコール度数:9度
原料米:出羽の里
精米歩合:65%
なかなかいいね、スパークリングも。

2杯目(?)、秋田市「新政酒造」の「陽乃鳥(ひのとり)」。

Img_3434

純米仕込貴醸酒。
美味しかった記憶はあるんですが、詳細覚えてなくて・・・
そもそも2杯目ですら無かったような(笑)

たぶん、他にも沢山飲んだはずですが、写真が他にないので、これでオシマイ。
近所なので、必ず再訪します。

日本酒蔵 六三四
住所:江東区富岡1-1-2
電話:03-3641-3660

| | コメント (0)

ワイナリーの日本酒 四谷三丁目「和乃匠 やまもと」

東京メトロ「四谷三丁目」駅から歩いてスグのお店。

Img_3419

1杯目、ソガ ペール エ フィス「ヌメロ シス」ミヤマニシキ。

Img_3417Img_3416

長野県の「小布施ワイナリー」が造る純米吟醸。
「6号酵母」を使用しているので「シス」と言う名前なんですって。
ワイナリーが造る日本酒だけに、かなりワインっぽい。
米で造ってるのに、不思議ですな。
アルコール度数17、美山錦、精米歩合59%。
「ソフトな口当たりとスッキリとした喉越しの飲みあきしないやや辛口のお酒」。

2杯目、山形県鶴岡市「冨士酒造」の「栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 美山錦50%」。

Img_3420Img_3422

アルコール度数17、美山錦、精米歩合50%。

3杯目、秋田県横手市「日の丸醸造」の「まんさくの花 特別純米無濾過生原酒 直汲み」。

Img_3423

アルコール度数18〜19、美山錦、精米歩合60%。

4杯目、新潟県長岡市「諸橋酒造」の「越乃景虎 名水仕込 特別純米酒」。

Img_3425

アルコール度数15〜16、五百万石、雪の精、精米歩合57%。
「弊社は純米酒の醸造の歴史が酒どころ新潟でも古く、その伝統に裏書きされた名水仕込特別純米は澄み通った口当たりが特徴です」

うん、また行ってみる!

和乃匠 やまもと
住所:新宿区四谷3-9
電話:050-5871-0102

| | コメント (0)

ラストはペールエール ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」24回目 その3

その2の続き。

3杯目、ペールエール。

Dscn1239

「イギリス産のエールモルトとホップを使い、ハーブを思わせるおだやかな香りとエールモルトの醸し出す深い味わいが特徴」
確かにイギリス風なんですが、少しドライ。
★8

4杯目、ブラウンエール。

Dscn1241

「カラメルモルトのフレーバーと米国産ホップのあでやかな柑橘系の香りが特徴的。フルーティで個性的なエールです」
舞浜にしては珍しい、新大陸系。
★8

5杯目、シュバルツ。

Dscn1242

「ブラックコーヒーの様な甘みを抑えたスムーズなテイスト。苦みと甘みのバランスの取れた飲みやすさが自慢」
香ばしくて素敵!
★8

ラスト、ペールエールをもう一杯飲んでフィニッシュ。

Dscn1243

また行ってみたい度★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

ランチのハンバーグはBBQソース ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」24回目 その2

その1の続き。

限定ビールには目もくれず、いつものようにピルスナーから。

Dscn1236

「後味に感じる苦味とフレーバーはドイツ産高級アロマホップが決め手。ゴクゴク飲めるすっきりテイスト」すっと入ってきて、少しだけ苦みが残ります。
相変わらず、よう出来てます。
★9

続いて、ベルジャンスタイルウィート。

Dscn1237

「コリアンダーとオレンジピールを風味付けに使用したフルーティで爽やかな口当り。苦味が苦手な方や女性にオススメ」
かすかにシトラッシーで、かすかにスパイシー。
★8

ランチのハンバーグ。

Dscn1238

選べるソースはBBQソース。

その3に続きます。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

回数券は有効に ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」24回目 その1

最近の恒例となりつつある、「湯処葛西」→「イクスピアリ」ルート。
「湯処葛西」の回数券(11枚綴り、6,000円)、買っちゃったからしゃあない(笑)

いつものように自宅から「湯処葛西」までラン(約11km)。
いつものように風呂を堪能した後、いつものように都バスで葛西臨海公園駅へ。
いつものように京葉線でひと駅行くと、イクスピアリが私を待っております。

Dscn1240

いつもの定番メニューに加え、季節限定メニュー。

Dscn1235

「春の小麦ビール」と「赤ぶどうのエール」か・・・

その2に続きます。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

アングリーはアングリーでも・・・ 横浜・関内「馬車道タップルーム」5回目

関内での飲み会の後、歩いてタップルーム訪問。
1階のカウンターはいっぱいだったので、2階へ。

Dscn1232

ん、季節限定ビールメニューに、アングリーボーイ?
「定番のアングリーボーイブラウンエールがラガーに。エールと比較するとやや優しい感じに仕上がった」
「エール」やなくて「ラガー」・・・なるほど、そうきたか。
定番の中でも好きな「アングリー」が、私の好きな「ラガー」になったらどうなるんやろう・・・

頼むしかないでしょ。

Dscn1233

見た目は、全く変わらんね(笑)
味は、メニューのコメントどおり。
香りが少ない分、香ばしさが目立つ感じ。

前の店でそこそこ飲んでいたので、この日はこの1杯で終了。
しかし、まだ5回目か・・・

馬車道タップルーム
住所:神奈川県横浜市中区住吉町5-63-1
電話:045-264-4961

| | コメント (0)

テラス席ではプラカップ 横浜・関内「アンテナアメリカ」その2

その1の続き。

8種類ある樽生メニューから、SPEAKEASYのPROHIBITION ALE(921円)。
カウンターでオーダーすると、外で飲むか中で飲むかを聞かれます(英語で)。
「中で」と答えると、ガラス製のパイントグラスに注いでくれます。

Dscn1219

IBU少なめでセレクトしたので、そこそこ苦いものの、十分飲める範囲。
グラスに口を当てた瞬間は、草っぽいんですけどね。

2杯目は、LAGUNITAS BREWINGのIPA。
「外で」と言ってみました。

Dscn1221

危険防止のためでしょうか、プラカップになっちゃいます。
眺めはこんな感じ。

Dscn1222Dscn1223

好みの別れるところやね。
暗くなったほうがいいかも。

そうそう、IPAはキーウィっぽいフレーバーでした。

面白いロケーションなのでまた来たいんですが、近くにBAY BREWINGもあるしどうしようか悩ましいところ。
最近2軒行くのがしんどくて・・・

アンテナアメリカ
住所:神奈川県横浜市中区吉田町5-4
電話:045-315-5228

| | コメント (2)

えっ、こんな所で! 横浜・関内「アンテナアメリカ」その1

前から気になっていた店「アンテナアメリカ」。
関内での飲み会の前に、ちょっと立ち寄ってみました。

Dscn1224

えっ、ココ?!
嘘やろ。

Dscn1217

嘘やないみたいです。

ビルも殺風景なら、店内も殺風景。

Dscn1220

右に見えるは、ボトルビールが並んだ冷蔵庫。
基本スタンディングですが、幾つか椅子付きのテーブルもあり。

私はもちろん、ボトルではなく樽生を。

Dscn1218

えっ、8種類も!

その2に続きます。

アンテナアメリカ
住所:神奈川県横浜市中区吉田町5-4
電話:045-315-5228

| | コメント (0)

箕面のはちみつ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」15回目

15回目の訪問。

また、お通しが微妙に変わってんな。

Dscn1208Dscn1210

1杯目は、ロコビアの「香りの生」。

Dscn1209

ちょい甘、少し香る。

2杯目、常陸野ネスト製の「ブルックリンラガー」。

Dscn1212

色は少し濃いめ。
ちょい苦で、ちょい華やか。

今日のつまみは、スペアリブ。

Dscn1213

うん、ボリューミィで彩りもキレイ!

3杯目、日本海倶楽部のピルスナー。

Dscn1214

すっきり、ちょい苦、私ごのみ。

4杯目、箕面のみつばち1000ハッチ。

Dscn1216

和歌山県産のはちみつ使用。
1000バッチと掛けてるのかな?
バルバール的なビールを予想して口をつけたら、意外にホッピーでびっくり。

この日は、落語と80年代洋楽の話で盛り上がりました。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

席が狭い! 銀座「ライオン銀座七丁目店」

仕事終わりに、ライオン銀座七丁目店。

Dscn1198

ホールの真ん中あたりのテーブル席なんですが、狭くて隣と近いのが難点。

1杯目は当然のように、サッポロ生(中)。

Dscn1199

いわゆる「中ジョッキ」とは、大きさが違います。
小さい「生中」ってあるもんね。

2杯目、限定記念醸造の「金のピルスナー」。

Dscn1202_2

うん、このビール美味しい。

Dscn1203Dscn1204
Dscn1205Dscn1206

エーデルピルス、エビス、琥珀エビス、クリーミィトップと飲んで、終了。

ライオン銀座七丁目店
住所:中央区銀座7-9-20
電話:03-3571-2590

| | コメント (0)

蔵元巡りしてぇ〜 銀座「のとだらぼち」その2

その1の続き。

3杯目は、再び数馬酒造から「竹葉 大吟醸 無濾過袋しぼり」。

Dscn1194

アルコール度数17〜18、能登山田錦、精米歩合50%、日本酒度+3。
「登で契約栽培した山田錦を丹精込めて醸した無濾過大吟醸。ほんのり香る吟醸香とスッキリした喉ごしが特徴」
スッキリ系を予想してたんですが、意外にしっかり。

お造り五種盛合せ(1,680円)。

Dscn1193

4杯目、中島酒造の「純米 伝兵衛」。

Dscn1196

アルコール度数15、五百万石、精米歩合50%。
「地の米・地の水にこだわり地元の人で醸した酒。『伝兵衛』は代々続く当酒蔵の屋号であり、これを冠した自信作。サラリと飲める旨い辛口。吟醸のやさしい香り良し、旨味良し、のど越し良しの純米酒ぬる燗もお奨め」
大吟醸って言っても良いのにね。

茹でたて新ワカメポン酢(480円)。

Dscn1195

ラスト、見砂酒造の「朱鷺の里 特別純米 天恵美露(てんけいみろ)」。

Dscn1197
アルコール度数16、山田錦、精米歩合60%、日本酒度+3。
今度は、意外にスッキリ。

うん、エエ店やん。

のとだらぼち
住所:中央区銀座8-4-27
電話:03-5537-3078

| | コメント (0)

能登料理&酒の店 銀座「のとだらぼち」その1

後輩と銀座にある能登料理のお店。

お通しは、焼き銀杏。

Dscn1187

日本海倶楽部のビールも飲めますが(瓶)、やっぱ日本酒でしょう。

Dscn1188

食べログクーポン使って、1杯目。

Dscn1186

能登町の蔵元「数馬酒造」の「特別本醸造 奥能登」。
アルコール度数15〜16、五百万石、精米歩合55%、日本酒度+1。
「ソフトな口当たりとスッキリとした喉越しの飲みあきしないやや辛口のお酒」

クリームチーズの酒粕味噌漬け(580円)。

Dscn1191

チーズも好き、酒粕も好き、味噌も好き。
不味いはずないよね。

2杯目はコレ。

Dscn1192

中能登町の蔵元「御祖(みおや)酒造」の「遊穂 花さかゆうほ 純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり」。
アルコール度数18〜19、山田錦&美山錦、精米歩合55%、日本酒度+7。
華やかで少し酸味あり。

その2に続きます。

のとだらぼち
住所:中央区銀座8-4-27
電話:03-5537-3078

| | コメント (0)

火山系ポテサラ 新宿御苑前「Vector Beer」4回目

4回目の訪問。

この日のビールラインナップ。

Dscn1178

ベアレンクラシックかな、やっぱり。

Dscn1180

かなり色が濃く見えます。
グラスが太いからかな。

2杯目、いわて蔵ゴールデンエール。

Dscn1182

さっきのグラスが今ひとつだったので、背の高いほうのグラスにしときました。
何となくすっきり系のエールを想像してたんですが、想像してたより苦かった。

3杯目、南信州のIPA。

Dscn1183

結構濁ってます。
鼻に抜けるなぁ。

Dscn1181

生ハムとオリーブのポテトサラダ。
いわゆる「ヴォルケーノ系」。
そんな分類、ポテサラにあるかどうかは知らんが。

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

741)ビールなお店(新宿御苑前・Vector Beer)

| | コメント (0)

銀座でゆったりランチ 「YEBISU BAR 銀座二丁目店」

休日ランチ@銀座(増税前)。

Img_3383

YEBISU BAR 銀座二丁目店」。
休日の銀座なんですが、少々中心から離れているからか、店内比較的のんびり。

Img_3381_2

ハンバーグステーキ(850円)。

Img_3384

もちろん、ビールも飲みます。

Img_3387

通常のエビス、プレミアムブラック、琥珀、クリーミィトップの4種類+プレミアムミックス。

Img_3382

まずはエビス。
さらりと1杯目にエビスが飲める幸せ。
美味いねぇ。
もうちょっとデカイサイズがあるといいなぁ。

Img_3385

琥珀エビス。
香ばしさを期待して口に運ぶと、意外と爽やかさが全面に出ていてビックリ。
注ぎかなぁ?

3杯目、プレミアムブラック。

Img_3386

焦げっぽくなる一歩手前の香ばしさ。

4杯目、プレミアムミックス。

Img_3388

いわゆるハーフ&ハーフなので、バランスは取れてますね。

YEBISU BAR 銀座二丁目店」
住所:中央区銀座2-5-7
電話:050-5788-0440

| | コメント (0)

お通しメニューに変化が 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」14回目

14回目の訪問。

3つの中から選べる「お通し」が変わってました。

Img_3374

①ジャーマンポテト。

Img_3376

「元禄」で、結構日本酒を飲んでいたので、ラガー系をすっ飛ばしてヘリオスのペールエール。

Img_3375

すいません、これって「ペール」?
店内が暗めなのもありますが、結構濃く見えますね。
味は、トラディショナルな感じ。

2杯目、ロコビアのスマッシュベルマ。

Img_3378

「スマッシュ」は「SMaSH」と表記して、意味は「シングルモルト&シングルホップ」なんだそうです。
麦芽はマリスオッター、ホップはベルマ。
ベルマだけ名前になってて、マリスオッター立場ないがな(笑)
意外とスルスル飲める系。
ホップが鼻にガンと来ないのがいいのかな?

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

Img_3377


| | コメント (0)

スゴそうなお店発見 日本橋「元禄」

日本酒好きな先輩に連れてきてもらいました。
お蕎麦屋さんなんですが、つまみが例によっていい感じ。

Img_3361Img_3362

で、大将お任せの日本酒が、それに輪をかけていい感じ。

Img_3365Img_3364

「紀伊國屋文左衛門 大吟醸 黒」。
和歌山のお酒で、山田錦を35%まで磨いて使用しているとのこと。
いわゆる「純米酒」じゃないんですが、さすがの美味さ。

続いてはコチラ。

Img_3366Img_3367

石川県の酒蔵「御祖(みおや)酒造」の「ほまれ 大吟醸 無ろか 生原酒」。
能登の蔵元のようなんですが、ググってもあまり情報が無くて・・・
これもnot純米。
だが、美味い。

・・・何となく見えてきたぞ。
「やっぱり日本酒は純米じゃないとねぇ〜」とかは禁句な感じ。
普段「純米」を中心に飲むことが多いんですが、ここでは流れに身を任せたほうが良さそうやね。

次はコレ。

Img_3369Img_3368

「土佐しらぎく 大吟醸40% 斗瓶取り」。
その名のとおり、高知県のお酒。
これも醸造アルコール添加。

大将曰く「醸造アルコールは、上手く使うと味が引き締まるんだよね」。
なるほど、そうなんだ。

てなことを聞いたこともあり、最後は純米を勧めてくれました。

Img_3371Img_3372

「王禄 純米大吟醸袋吊斗瓶取り 仕込み23号」。
島根県松江市の蔵元で、HPがかなりしっかり作られています。

いやぁ、どれもこれも美味かった。

最後は蕎麦で〆。

Img_3370

ビールが全く登場してないですね。
すいませんでした。

「元禄」
住所:中央区日本橋2-16-7
電話:03-3231-1900

| | コメント (2)

牛タンラグーのトマトパスタ 新宿御苑前「Vector Beer」3回目

3回目の訪問。

この日のラインナップ。

Img_3356

ま、ベアレンクラシックやろな。

Img_3357

ちょっと泡がイマイチですな。

牛タンラグーのトマトパスタ。

Img_3358

2杯目、サンクトガーレンのペールエール。

Img_3359

苦い。
でも華やか。
やっぱり苦い。
これぞ「サンクトガーレン」ですね。
食事にぴったりじゃないけど。

3杯目、アウトサイダーのオーストラリアンIPA。

Img_3360

IPAと言うわりには、さほど苦くない。
でもアルコール感は結構あり。
こんなんやったっけ?

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

741)ビールなお店(新宿御苑前・Vector Beer)

| | コメント (0)

安定の★9&★8 ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」23回目 その3

その2の続き。

3杯目、ペールエール。

Img_3267

「イギリス産のエールモルトとホップを使い、ハーブを想わせる穏やかな香りとエールモルトの深い味わいが特徴」
ペールとは思えないロースト感。
結構ドライです。
★8

4杯目、ブラウンエール。

Img_3268

「カラメルモルトのフレーバーと米国産ホップのあでやかな柑橘系の香りが特徴的。フルーティで個性的なエールです」
そこそこ甘くて美味。
絶対モルトの時代来るで。
香りはホッピー。
★9

5杯目、シュバルツ。

Img_3269

「ブラックコーヒーの様な、甘みを抑えたスムーズなテイスト。苦みと甘みのバランスのとれた飲みやすさが自慢」
香ばしいのに、ナンボでも飲める。
素晴らしい。
★8

また行ってみたい度は★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »