« 景色最高! 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その7~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目 | トップページ | どうしたロンドンエール? 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その9~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目 »

日本酒無いんだ・・・ 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その8~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目

その7の続き。

開店と同時に入店。

Img_3714

訪問時にやっていた企画はコチラ。

Img_3717

「アメリカンフェア」※現在は「ワールドグルメ」
ディナー2,500円(土日祝は2,700円)。
これだけでは、水しか飲めないので・・・

Img_3718

90分飲み放題メニュー。
1,500円では、ビールが「生」だけなのでプラス500円でプレミアムプラン。
ん?
日本酒って、何もないの?

現「すいません、飲み放題に日本酒って無いんですか?」
店「申し訳ありません、置いていないんです」

さすが焼酎王国、鹿児島。

現「今日飲めるオリジナルビールは何ですか?」
店「スタウト、ベルギーホワイト、レモングラス、はちみつ入りロンドンエールの4種類です」
現「じゃ、ベルギーホワイトお願いします」

ここで料理を取りに行ってしまうと、ビールが先に運ばれたりするかもしれないので、まずは落ち着いて待つ。
「大人の余裕」ってところかな(笑)

Img_3715

「通常エールの原料は大麦。でも、このエールは小麦を使います。小麦をベースに使うと白く濁るため、ホワイトエールと呼ばれています。小麦を使うと少し酸味が強まり、泡もちが良くなります。さらに、オレンジの皮とコリアンダーのスパイスを加えることで、バランスの取れた酸味ある爽やかな味わいになっています(当ブルワリーでは鹿児島特産桜島小みかん/鹿児島たんかん の皮を使用しています)。スパイシーな口当たりと、小麦の酸味、オレンジの香りがほのかにします」
かなり濁ってます。
当然ですが、ほとんど苦みは感じません。
洗練されてますね。
色んな味が融合している。
★8

一息ついたところで、料理1皿目。

Img_3716

アメリカンフェアってことだったので、ミート中心。

その9に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

|

« 景色最高! 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その7~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目 | トップページ | どうしたロンドンエール? 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その9~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 景色最高! 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その7~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目 | トップページ | どうしたロンドンエール? 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その9~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目 »