« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

これが世界を席巻した新世代ビール(当時) 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その13~ビールの現場から「霧島高原ビール」6回目

その12の続き。

ビールメニューは、とってもシンプル。

Img_3735

以前ヴァイツェンだったメニューも、ケルシュに変更されています。

以前は税込1,800円だった飲み放題が、1,944円になってます。
よくあることですが、そういうことですね。

飲み放題、1杯目はケルシュから。
Lサイズでもらうと、陶器のグラスできてしまうので、あえてSサイズで。

Img_3739

「通常は上面発酵製法ですが、霧島高原ビールでは特別な方法で下面発酵並みの低温で長期熟成させました。ハラタウホップを使用したアロマ風味の豊かなフルーティな酸味の爽やかなビールです」
残念、ちょっと冷え過ぎ。
温度のせいか、すっきりし過ぎに感じてしまいます。
ガスも強めですし。
★7

2杯目、ボヘミアンブロンド。

Img_3741

「チェコが世界に誇る淡色系のピルスナービールです。チェコ麦芽とザーツホップを使用して低温でじっくりと寝かせて熟成しました。何杯飲んでも飽きのこないビールです」
うん、その通り!
それにしても、きれいな色やなぁ。
これに世界が魅了されたから、今のビールシーンになったんだもんなぁ。
キリリが過ぎること無く、麦の味がしています。
普通に美味いんだが、これがイイ。
★9

炭火若鶏。

Img_3740

その14に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

行きたかったテラス席へ! 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その12~ビールの現場から「霧島高原ビール」6回目

その11の続き。

ホテルをチェックアウトして、すぐ近くのバス停から鹿児島空港へ。
14時半に出る便なんですが、ちょっと早めに空港に行く理由はただ一つ。
霧島高原ビール」。

Img_3731 Img_3732

Barrel Valley Praha & Gen」。
ま、鹿児島来たら定番ですわ。

わくわくしながら建物に入ると、すぐ醸造設備がお出迎え。

Img_3733

レストラン「リトルプラハ」。

Img_3734

ドキドキ(笑)

前回暑すぎて行けなかったデラス席へ。

Img_3738

暑くもなく、寒くもなく。
気持ちエエなぁ・・・

その13に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

約10.4km 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その11~旅☓ラン☓ビア 鹿児島編

その10の続き。

翌日は、7時50分にランスタート。
天文館からまずは市電が走る通りを北東方向へ。

照国通りにぶち当たったら左折。
突き当たったところが、照国神社(1km地点)。

Img_3667

島津斉彬公を祀っているとのこと。

来た道を戻り、中央公園の角を左へ。
ずんずん2kmほど進み、次の目的地到着。

Img_3668

島津斉彬公の次は、西郷南洲。
朝から何人かの方で、掃除をしていました。
愛されてますねぇ。

階段上からの景色。

Img_3669

よう上ったなぁ・・・

階段を下りて、一路東へ向かい、稲荷川を渡り、海沿いの道を南へ。
フェリー乗り場の隣にある商業施設「ドルフィンポート」まで来たところで、約6.5km。

Img_3670

ここって昔、「霧島高原ビール」の店があったんですよね。
もう無くなっているみたいですが。

2階からの景色。

Img_3671

ちょっと曇って見えづらいですが、桜島。
再スタートして、更に南へ。
7km地点を過ぎて、パース通りを西。
途中で右折し、天文館公園方面へ。

市電が走る目抜き通りを渡り、西本願寺鹿児島別院から市役所へ。

Img_3672 Img_3673

この日の走行距離は約10.4km。
旅先にしては、結構走ったほうです。

ホテルに帰り、シャワーを浴びて、すぐ出発。
これからバスで空港へ向かいます。

続きはその12で。

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

スイーツ、スイーツ、スイーツ 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その10~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目

その9の続き。

ビール5杯目。

Img_3724

ドライブラックのエクストラコールド。
何でしょう、黒なのにこのサラサラ感。

黒を飲んだらスイッチが入ってしまいました。

Img_3725

スイーツ皿。
合うのよねぇ、黒に。

ビール6杯目。

Img_3727

スタウトエール黒糖。
「細かい泡ちと大麦の香ばしい味の黒ビール。 黒ビールが苦手な人にもクセがなくスムーズな味に仕上がっており、ほのかに黒糖の香りがします」
少しスパイシーなのが特徴的。
ちょっと冷え過ぎかな、惜しい。
★8

スイーツ2皿目。

Img_3726

スタウトエール黒糖2杯目。

Img_3728

スイーツ3皿目。

Img_3730

スタウトエール黒糖3杯目。

Img_3729

ここで90分経過。
こら、明日も走らんと太ってしまう・・・

また行ってみたい度は★4(5段階)。

その11に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

どうしたロンドンエール? 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その9~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目

その8の続き。

Img_3713

2杯目、エクストラコールド。

Img_3719

ただでさえスッキリ(味がない)しているSDが、キンキンに冷やすことによって更にスッキリ(味がない)。
ま、これはこれで。

料理2皿目。

Img_3720

そしてビールは3杯目。

Img_3721

ハーブエールレモングラス。
「レモングラスは胃を健康にし、整腸作用、高血圧や貧血にも効能があるハーブです。 コクがあるのに爽やかな味と香りは、女性だけでなく男性にもおすすめ」
こちらもやや濁り。
口をつけた瞬間の「アジア感」はさすが。
スッキリしていて、洗練されてますが、グッとくるほどでも無し。
★7

料理3皿目。

Img_3722

だいぶ量が減ってきました。

ビール4杯目。

Img_3723

ロンドンエール。
「副原料に姶良産の蜂蜜と生麦を使用して口当たりをやわらかくし、ロンドンっ子が好むホップの苦みとシャープな味わいを表現しました」
ぬぬ。
前回と、かなり味が違います。
香りが生臭いと言いますか・・・
私の感覚がおかしくなってるのかもしれませんが。
★5

その10に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

日本酒無いんだ・・・ 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その8~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目

その7の続き。

開店と同時に入店。

Img_3714

訪問時にやっていた企画はコチラ。

Img_3717

「アメリカンフェア」※現在は「ワールドグルメ」
ディナー2,500円(土日祝は2,700円)。
これだけでは、水しか飲めないので・・・

Img_3718

90分飲み放題メニュー。
1,500円では、ビールが「生」だけなのでプラス500円でプレミアムプラン。
ん?
日本酒って、何もないの?

現「すいません、飲み放題に日本酒って無いんですか?」
店「申し訳ありません、置いていないんです」

さすが焼酎王国、鹿児島。

現「今日飲めるオリジナルビールは何ですか?」
店「スタウト、ベルギーホワイト、レモングラス、はちみつ入りロンドンエールの4種類です」
現「じゃ、ベルギーホワイトお願いします」

ここで料理を取りに行ってしまうと、ビールが先に運ばれたりするかもしれないので、まずは落ち着いて待つ。
「大人の余裕」ってところかな(笑)

Img_3715

「通常エールの原料は大麦。でも、このエールは小麦を使います。小麦をベースに使うと白く濁るため、ホワイトエールと呼ばれています。小麦を使うと少し酸味が強まり、泡もちが良くなります。さらに、オレンジの皮とコリアンダーのスパイスを加えることで、バランスの取れた酸味ある爽やかな味わいになっています(当ブルワリーでは鹿児島特産桜島小みかん/鹿児島たんかん の皮を使用しています)。スパイシーな口当たりと、小麦の酸味、オレンジの香りがほのかにします」
かなり濁ってます。
当然ですが、ほとんど苦みは感じません。
洗練されてますね。
色んな味が融合している。
★8

一息ついたところで、料理1皿目。

Img_3716

アメリカンフェアってことだったので、ミート中心。

その9に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

景色最高! 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その7~ビールの現場から「城山ブルワリー」3回目

その6の続き。

「白熊」を食べた後、ホテルにチェックインし、シャワーを浴びて軽く休憩。

この日の夕食は前回同様、城山観光ホテル。

天文館からホテルまでは、無料の送迎バス。

Img_3708

ぐんぐん山を登っていき、城山観光ホテル到着。

Img_3710

何べん来ても、エエとこです。
泊まりじゃないのが残念ですが。

予約している「ガーデンレストラン ホルト」。

Img_3709

まだ開店していません。
なので、素晴らしい景色を堪能するため、レストラン前に広がるテラスへ。

Img_3664

パノラマで撮ってみました。
左に見えるのが桜島で、右に見えるのが「ガーデンレストラン ホルト」。

早く開店しないかなぁ・・・

その8に続きます。

ガーデンレストラン ホルト
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
電話:099-224-9330

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

チェックイン前にかき氷 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その6〜鹿児島「天文館むじゃき」

その5の続き。

来ました、来ました、九州新幹線。

Img_3701

普通の指定席ですが、2+2。
山陽新幹線と同じですね。

Img_3702

木(もく)っぽい質感が、随所から感じられます。
いいですねぇ。

・・・などと言ってるうちに、鹿児島中央駅到着。
さすが、早いねぇ。

ホテルは天文館なので、市電で向かうのがスタンダードなのかもしれませんが、今回は歩きで向かうことに。

鹿児島中央駅から東に伸びる、並木がきれいな「ナポリ通り」を東へ。
「維新ふるさと館」横の橋から、桜島が見えました。

Img_3704

右から上がってるのは、噴煙でしょうか?

そのまま天文館方向へ歩くこと10分強。

Img_3707

到着しました「天文館むじゃき」。
昭和21年創業の「白熊」の名店。
てっきりかき氷の専門店だと思ってたんですが、全然違いますね。
地下1階鉄板焼き、1階中華、2階洋食、4階居酒屋と、言ってみれば「食いだおれ」。
店の前でたむろする人垣をかき分け、1階に着席。

Img_3705

さすがの品揃え。
ここは普通の「白熊」でしょう。

Img_3706

これが噂の「白熊」か。
食べづらそうやね、やっぱり。
隣のテーブルは、2人で1つ食べてましたが、私は1人で完食。
頭は2回ほど痛くなりましたが。

その7に続きます。

天文館むじゃき
住所:鹿児島県鹿児島市千日町5-8
電話:099-222-6904

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

朝ランからの 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その5〜久留米「大砲ラーメン 本店」

その4の続き。

昨夜のはしご酒も物ともせず、早朝ラン。
本来なら10km前後走りたかったんですが、腹痛に襲われたため5km弱で中断。
残念ですが、仕方ありません。

一仕事終えた後、西鉄で久留米へ。
久留米といえばラーメン!

Img_3662

というわけで、「大砲ラーメン本店」。
繁華な場所でもないですし、交通量が多い通りに面しているわけでもないのに、店内大盛況。
「定番(まろやか)」と「昔(こってり)」で迷った末、「昔(こってり)+味玉」を選択。

Img_3663

十数年前に食べた久留米ラーメンは、豚骨の破片が入っていたりして、インパクトが半端なかったんですが、これは大分洗練されてます。

食後、汗をダラダラ流しながら、徒歩でJR久留米駅へ移動。
初めての九州新幹線で鹿児島へ向かいます。

その6に続きます。

大砲ラーメン 本店
住所:福岡県久留米市通外町11-8
電話:0942-33-6695 

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

オリジナルがこんなに! 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その4〜福岡「Goodbeer faucets HAKATA FUKUOKA」

その3の続き。

樽生メニュー。

Img_3697

さすがの品揃え。
それに加えて、これだけのオリジナルビールメニューも。

Img_3691

6種類か、すげーな。

Img_3699

レッドネック・アンバーエール。
神奈川産ってことは、ブリマーかな?
Glass(420ml)で850円。

明太ポテトサラダ(350円)とともに。

Img_3700

たまに1泊するくらいじゃ、どうにもならんな。
住んでみたい・・・

その5に続きます。

Goodbeer faucets HAKATA FUKUOKA
住所:福岡県福岡市中央区春吉3-5-7
電話:092-726-5546

Img_3695

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

抜群のロケーション 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その3〜福岡「Goodbeer faucets HAKATA FUKUOKA」

その2の続き。

中洲のホテルまでの帰り道。
せっかくなので「Goodbeer faucets HAKATA FUKUOKA」の近くを通って帰ることにしました。

まずは北東に進み、那珂川方面へ。
川にぶち当たったところで、なるべく川沿いを北上。
お洒落なお店とラブホテルが混在する不思議なエリア。

あっ、あった!
入口はややわかりづらいかな。
2階に上がると、すぐ入口。
中を除くと、空いていたので、勢いで入ってみました。
ホテルに帰ろうと思ってたんですけどね(笑)

明るく開放的な店内の奥に、川沿いのテラス席発見。
吸い寄せられるように、着席。

Img_3692

写真は中洲方面。
こら気持ちエエわ。

少し視線を振ると、対岸にはキャナルシティ。

Img_3693 Img_3694

凄いな、このロケーション。
店の人によれば、もう少し早い時間だともっとキレイなんだそうです。
(撮影時は深夜12時過ぎ)

Img_3696

その4に続きます。

Goodbeer faucets HAKATA FUKUOKA
住所:福岡県福岡市中央区春吉3-5-7
電話:092-726-5546

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

樽生は13種類 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その2〜福岡「BEER PADDY FUKUOKA」

その1の続き。

美味い鯖を堪能した後、春吉公園通りを南へ。
渡辺通りを渡って、目的地到着。

Img_3686

色んな店の看板があってわかりづらいんですが、幟が目印。
3階にありました、「BEER PADDY FUKUOKA」。

Img_3687

ドアを開けると、目の前にコの字型のカウンター。
奥にテーブル席が少しだけ・・・かな?

右奥のカウンターが空いていたので、そこに陣取りました。

Img_3690

何組か先客がいて、そのうち一組は何故か関西弁の3人。
出張かな?

樽生はメニューを見る限り、13種類。

Img_3688

チョイスしたビールは、反射炉の「駿豆線プレミアム」。

店「すいません、まさに今、無くなってしまいました・・・」
現「じゃ、同じ反射炉の『太郎左衛門』をグラスサイズで」

Img_3689

左が「太郎左衛門」、手前がお通し(300円)のモルト。
そして、右の小さいのが「駿豆線プレミアム」。
あるだけいただけました。
有難いことです。
しかも、美味しいんよ、「駿豆線プレミアム」。
もっと飲みたい!

「太郎左衛門」は、説明通りイギリス風。

日付が変わりそうだったので、この1杯で撤退。
歩いて中洲のホテルに戻ります。

その3に続きます。

BEER PADDY FUKUOKA
住所:福岡県福岡市中央区高砂1-22-2
電話:092-523-5023

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

スカイマークで福岡へ 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その1〜福岡「独酌しずく」

木曜夕方、羽田から福岡へ。

Img_3660

スカイマークだったので、色々期待しましたが、至って普通でした。
あれって新型機だけなのね・・・

空港から地下鉄で中洲に移動し、ホテルにチェックイン。
福岡は空港が近いのが、本当に素敵。
新幹線と変わらんもんね。

ネットで見て気になっていたお店に電話して、予約完了。
シャワーを浴びて、夕食へGO!

中洲を北から南に縦断し、春吉橋を渡り、春吉を左へ。

Img_3684

見つけました、「独酌しずく」。
鯖の美味しい店です。

八戸で鯖を食べ松山でも鯖を食べ鹿児島でも鯖を食べ・・・鯖、好きなんですよ。

以前福岡に来た時に食べた鯖が美味しかったので、今回は鯖縛りで探しました。

小ぢんまりとした店内で、カウンターだったため写真はありませんが、いやぁ美味かった。
泳ぎサバ刺し(900円)。
ゴマサバ(900円)。

そして飲んだのは、日本酒。
「天心」「旭菊 綾花」「博多一本〆」。
全て福岡の地酒。
せっかくなので、こだわってチョイスしました。

再訪希望です。
その2に続きます。

「独酌しずく」
住所:福岡県福岡市中央区春吉3-22-7-1
電話:092-771-3002

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

ピリ辛トリッパ 新宿御苑前「Vector Beer」7回目

7回目の訪問。
入店するなり「現場さん、いらっしゃいませ!」と、明るく言われるのが何とも恥ずかしい・・・(笑)

この日のラインナップ。

Img_3681

4番の胎内アルトが珍しいなと思ったら欠品で、伊勢角屋レッドエールに。
無いと言われると飲みたくなるね(笑)

1杯目、ベアレンクラシック。

Img_3680

トリッパのピリ辛トマト煮込み。

Img_3682

確かにピリ辛。
ビールに合うと言うより、ビールが進む味。
学生時代にローマでトリッパを初めて食べた時は、美味しくないと思ったなぁ・・・

2杯目、胎内高原のラオホ。

Img_3683

ちょっと泡が多いのが残念ですが、ビール自体は正調のラオホ。
貴重です。

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

に、苦すぎる・・・ 人形町「クラフトビア酒場Adagio(アダージョ)」3回目

人形町で焼鳥食べた後、一人で流れました。

Img_3659

お店は雑居ビルの8階なので、1階に目立つ看板が出てます。

ビアバーとしては、一風変わった雰囲気。
まったりしてると言うか、とんがってないと言うか・・・

Img_3657

結構飲んでるので、1杯だけ。

Img_3658

ベアードのカルチャーショックインペリアルピルス。
8%のストロングラガー。
苦い、苦すぎる。

クラフトビア酒場Adagio(アダージョ)
住所:中央区日本橋人形町2-3-2
電話: 03-3661-2328

| | コメント (0)

3回目? 御茶の水「cafe 104.5」

新たなランニングコースを求めて、グーグルで銭湯検索(笑)
御茶ノ水にいい感じなのを発見しました。

神田アクアハウス江戸遊
何が良いって、「cafe 104.5」の目の前。
風呂上りにすぐ飲める上、料金も450円とリーズナブル。
よし、走ろう!

銀座、日本橋、神田を通過し、御茶ノ水。
距離、約10km。
いい感じです。

Img_3655

露天風呂は無し、全然いいです。
ただ、洗い場が狭いかなぁ・・・
たまたま混んでただけかもしれませんが、わたしが入っていた間はほぼ満席。
シャワー待ちの列が出来てました。

汗を流し、すっきりしたところで、向かいの「cafe 104.5」へ。

Img_3656

階段を上がって、店の入口に到着。
ん?何か雰囲気がおかしいぞ・・・

「本日貸切」

マジすか!

いやぁ、残念。
実に残念。

次来る時は、調べてきます・・・

| | コメント (0)

オリジナル2種 池袋「vivo!」?回目

超久しぶりの訪問(2年ぶり)。

Img_3519

ビールメニューは、相変わらず豊富。

Img_3650

迷うねぇ。

Img_3651

vivo!オリジナルビール「ISP」。
ベアード製。
ピッタピタで登場。
さらりとシトラッシー。

2杯めもオリジナル路線で。

Img_3654

B-ISP。
BはベルジャンのB。
抑制が効いてて、いい感じ。
さすがベアード。

vivo!
住所:豊島区東池袋1-20-5
電話:03-3987-1588

713)ビールなお店(池袋・vivo!)

| | コメント (0)

初訪問! 池袋「KRAFT WORK DINING 万事快調」

池袋東口を出て、明治通りを北東へ。

通りから一本入ったところにあるのが「KRAFT WORK DINING 万事快調」。

Img_3637

カウンターに座り、ビールメニューを吟味。

Img_3641_2

樽生は10種類。
さて、どれにしますか。

Img_3638

雑穀バイツェン。
複雑だけど洗練されてるなぁ。
以前現場で飲んだ時とは、だいぶ違うなぁ。

2杯目、Yマーケットのクラフトハートレッド。

Img_3643

KEG NAGOYAと同じ会社がやっているブリュワリー。
このビールは新大陸系でした。
直営レストランもあるようなので、次に名古屋に行った折には。

さてこの「万事快調」、「ビールなお店」でありながら「日本酒なお店」でもあります。

Img_3642

フードのメニューもこのとおり。

Img_3639

で、頼んだのが「くんもり」1,000円。

Img_3640

そして日本酒にスイッチ。

Img_3644

京都府京丹後市の木下酒造「玉川 自然仕込 純米酒(山廃)五百万石 無濾過生原酒 夏越し常温熟成」。
いやぁ、長い(笑)

Img_3646

岩手県花巻市の川村酒造店「酔右衛門 直汲み 山廃純米 無濾過生原酒」。

Img_3648

兵庫県姫路市の「白影泉 山田錦60 7号酵母」。

いやぁ、飲んだ飲んだ。

KRAFT WORK DINING 万事快調
住所:豊島区東池袋1-47-5
電話:03-6907-3899

| | コメント (0)

珍しくピルスナー飲まず 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」18回目

またまた月曜日に訪問。

お気に入りのピルスナーラインナップが微妙だったので、1杯目は小麦系から。

Img_3629

金しゃちのプラチナエール。
後味が少し甘めではありますが、1杯目としては悪くないチョイスじゃないでしょうか。

牛ハラミのステーキを注文したかったんですが、品切れのためポテト(小)。

Img_3630 Img_3631

2杯目、ろまんちっく村のグランドスリムアポロIPA。

Img_3632

舌をしぼりこむような、じんじんくる苦みが特徴。
アポロ・・・ですか。

3杯目、駒ケ岳エール。

Img_3635

色薄いけど、7%。
味がしっかりしているわりには、スルスルいける。
いいねぇ。

4杯目、コエドのセッションIPA。

Img_3636

「ホップバースト」なる手法を使っているとのこと。
アルコールは4.5%と低いんですが、バリバリのIPA。
個人的には苦手だが。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

美味いぞ、くるみと3種チーズのピッツァ ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」3回目 その3

その2の続き。

3杯目、期間限定シトラスエール。

Img_3616

「カスケードホップによる柑橘系の香りが、暑い季節にぴったりの「エール」タイプの限定ビール。スッキリとした爽やかな喉ごしは、ビールが苦手な方にもオススメです!」
ひたすらスッキリ。
どこがカスケード?という印象。
★7

くるみと3種チーズのピッツァ。

Img_3623

うんまっ!
食感に変化があっていい感じ。

ラスト、ペールエール。

Img_3625

「JABC2012・IBC2012銅賞連続受賞。明るく澄み切った銅色(茶褐色)のビール。喉もとに広がるキリッとした軽い苦みと香り、コクが特徴」
ジョッキ冷え過ぎなのが残念。
ガスも強いし。
★7

また行ってみたい度は★4(5段階)。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222
Img_3626


| | コメント (0)

ケルシュ定番化? ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」3回目 その2

その1の続き。

休日のお昼時だからか、入店してすぐには着席できず。
人気やねぇ。

ランチが人気なのかな?

Img_3620

ドリンクバーとサラダバーが付いてますし。

Img_3621

これがあれば、ドリンクバーは要らんけどね(笑)

Img_3615

1杯目はヴァイツェン(500ml)。

Img_3618

「おかわり率No.1!!小麦麦芽を主原料とした味わい深いビール。炭酸が強く、スッキリとした清涼感のある喉ごしが特徴」
確かにガス強め。
そして、香り抑えめ。
★7

2杯目、ゴールデンケルシュ(300ml)。

Img_3622

「ドイツ・ケルン地方伝統ケルシュタイプのビール。フルーティで華やかな香りと軽やかな飲み口は女性におすすめ」
以前来た時は「限定」扱いだったと思いますが、定番化したのでしょうか。
少し濁ってます。
当たり前ですが、苦みがなくスッキリ。
★7

その3に続きます。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222

| | コメント (0)

風呂重要 ビールの現場から~群馬県太田市「呑龍夢麦酒」3回目 その1

東武伊勢崎線で「館林」まで行き、乗り換えて「小泉町」まで。

Img_3515

どこでランニングウェアに着替えたらエエねん(笑)

7km過ぎた所で、利根川。

Img_3516

ここで方向を北に転じ、太田へ。

12km走ったあたりで、第一の目的地到着。

Img_3517

源泉 湯乃庵」。
スバルの工場の隣にある、日帰り温泉。
550円という料金もポイント高し。

しっかり汗を流した後は、歩いて「現場」に移動。

Img_3614

ちょっと遠かったけどね。

その2に続きます。

ダニエルハウス
住所:群馬県太田市飯田町895
電話:0276-47-1222

| | コメント (3)

牛タンボロネーゼ 新宿御苑前「Vector Beer」6回目

6回目の訪問。
ここんとこ、2週間に1回くらいの頻度で来てるかな?

1杯目、御殿場高原のピルス。

Img_3610

色薄め。
期待していたより苦み少なめ。
勝手な味覚ですわ。

2杯目、こぶし花のメルツェン。

Img_3612

先日の「現場」訪問で、とっても美味しかったビール。
スルスル飲めるのにしっかりしている印象はもちろん変わりませんが、少しスルスル感は落ちるかも。
「現場」じゃないからかな?

3杯目、常陸野ネストのジャパニーズクラシックエール。

Img_3613

木桶仕込のIPA。
スパイシーで少し苦い。
木桶で仕込めるあたり、さすが木内さん。

牛タンボロネーゼ。

Img_3611

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

741)ビールなお店(新宿御苑前・Vector Beer)

| | コメント (2)

ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」26回目

最近恒例の葛西ラン。

そしてその後の舞浜。

Img_3503

挨拶代わりの2杯注文。

Img_3506

ベルジャンスタイルウィートとピルスナー。

ペールエール。

Img_3507

ブラウンエールとシュバルツ。

Img_3509Img_3510

実に変わり映えしませんな。

変化があるとしたら、これくらい。

Img_3508

ハンバーグBBQソース。

でも、変わり映えすりゃいいってもんじゃないよね。
また行ってみたい度は★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

| | コメント (0)

メルツェン再び ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」2回目 その5

その4の続き。

全種類(4種)+1杯(おまけのIPA)を飲み、もう帰ってもいいんですが、もう1杯だけ・・・

Img_3604

ピルスナーとどちらにしようか迷った末、メルツェン。
美味いわ、このビール。

うどんで〆。

Img_3605

帰りは徒歩で「南羽生」駅へ。

Img_3608Img_3609

また行ってみたい度は★4(5段階)。
ちょっとアクセスが悪いよなぁ。
行きづらすぎる・・・

キャッセ羽生 むじな庵
住所:埼玉県羽生市大字三田ヶ谷1725
電話:048-565-5255

| | コメント (0)

説明、長いって! ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」2回目 その4

その3の続き。

3杯目、4杯目はメルツェン&IPA。

Img_3603

一番左がメルツェン、真ん中がIPA。
右にもビールが見えますが、それもIPA。
実は、上手く注げなくて泡だらけになったので、入れなおしてくれました。
有難いお店です。

メルツェン。
「オクトーバーフェストでおなじみ、モルトを贅沢に使った赤銅色のドイツ・ミュンヘン風ラガービールです。大麦の豊かな旨みを感じられるよう仕上げました。パンやクラッカーにハム・ソーセージなどをあわせて、ドイツ・ビアホールの味をお楽しみください」

いやぁ、これ美味い!
ゴクゴク飲めるのに、しっかり味があって・・・
とっても良いビール。
★9

IPA。
「大航海時代、海を越えて世界各地に運ばれた英国のエールビール。中でも喜望峰を通ってアジアへ運ばれるビールは、灼熱の赤道直下を大西洋・インド洋と二度越える必要がありました。そんな過酷な環境にも耐える、高いアルコール分と引き締まった苦みを与えられたタフなビール、それがIPAです。ナッツやスモーク、肉料理や各種のパンともよく合う、エール通にお奨めのプレミアム・エールです。世界のIPAには大きく分けて2種類あります。ひとつはアメリカンスタイルIPAに代表されるもので、カスケードホップや柑橘系ホップの利いた、香り高く、非常に苦味の強いエクスポートタイプ。あとのひとつは、フラワリーなゴールディングス系ホップの香る、苦味も比較的マイルドなイングリッシュ・スタイル・IPAで、こぶし花IPAはこちらになります。もともと防腐剤代わりに通常の3倍のホップを用い、アルコール分を高めて船積みしたエクスポートタイプに比べ、輸出の必要のなかった英国国内向けには、輸出向けIPAの系譜を引き継ぎながらも、比較的マイルドに造られるようになったと言われます。リッチなエキス感たっぷりの香り豊かな英国風プレミアム・エールをお楽しみください」

ああ、長かった(笑)
説明にある通り、イングリッシュスタイル。
私が嫌いなはずありません。
抑えが効いてていいねぇ。
★8

その5に続きます。

キャッセ羽生 むじな庵
住所:埼玉県羽生市大字三田ヶ谷1725
電話:048-565-5255

| | コメント (0)

うどんとビール? ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」2回目 その3

その2の続き。

カウンターで、いきなりビール2杯注文。

Img_3596

ベルギーホワイトとピルスナー。
左の色の薄いのがベルギーホワイトで、右がピルスナー。

ベルギーホワイト。
「コリアンダーとオレンジの果皮で香りづけした、ベルギーの代表的な小麦ビールです。白くかすむことがあるのは、小麦の成分とビール酵母が入っているから。淡い色合い。ハーブのような香りとフルーティな味わいは、おだやかな休日のブランチにおすすめです。ナチュラルチーズ、ハーブやスパイスを用いた香味豊かな料理に最適。ハム・ソーセージをはじめ、肉料理ともよく合います」

あんまり白くないですね。
味も、わりとおとなしめ。
★7

ピルスナー。
「黄金色ラガービール発祥の地、チェコ・ボヘミア地方。中でも味わい豊かなボヘミアのゴールデンラガーを忠実に再現しました。色がやや濃く、麦芽らしさとホップの香りが感じられるビールです」

さすがの貫禄。
美味いなぁ。
ちょい苦で、キリリとした印象。
★9

つまみはこちらのメニューから。

Img_3595

うどんがメイン。
このもやもやはどうすればいいのでしょう?

この中から選んだのはコレ。

Img_3597Img_3598

もつ煮&ちくわの天ぷら。
選択肢は少ないけど、これはこれでアリ。

その4に続きます。

キャッセ羽生 むじな庵
住所:埼玉県羽生市大字三田ヶ谷1725
電話:048-565-5255

| | コメント (0)

字がいっぱいのビールメニュー ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」2回目 その2

その1の続き。

レストランの入口を入ると、左手に醸造施設。

Img_3594_3

確かに「現場」です。
間違いない。

細長い店内。

Img_3601Img_3602

12時まではこんな感じでしたが、この後お客さんがどんどん増えて満席に。

やたら情報量が多いビールメニュー。

Img_3599
Img_3600

楽しみ、楽しみ・・・とじっとしていては、1杯も飲めません。
この店はセルフサービス。
レジまで注文に行かんと・・・

その3に続きます。

キャッセ羽生 むじな庵
住所:埼玉県羽生市大字三田ヶ谷1725
電話:048-565-5255

| | コメント (0)

鬼平江戸処経由 ビールの現場から~埼玉県羽生市「こぶし花ビール」2回目 その1

東武伊勢崎線「羽生」駅に、降り立ちました。

Img_3588

約7km先の、「キャッセ羽生」を目指します。
今回は、ランじゃなく歩き。
だって、近くにお風呂ないんだもの・・・

途中で少し寄り道。

Img_3589

今話題の「鬼平江戸処」。
東北自動車道「羽生PA」にあるんですが、高速に乗らなくても入場できます。

休日と言うことも有り、かなりの混雑。

Img_3590Img_3591

あまりの混雑に気圧されて、何も買わず、何も食べず、何も飲まずに退散・・・

あとは、こんな道を歩いて「キャッセ羽生」へ。

Img_3592

やっと到着しました・・・

Img_3607Img_3606

さて、本題に入った所でその2に続きます。

キャッセ羽生 むじな庵
住所:埼玉県羽生市大字三田ヶ谷1725
電話:048-565-5255

| | コメント (0)

京成立石飲み再び「鳥房」「ミツワ」

会社の同僚および元同僚と、京成立石で飲み。
行きたい店は「予約不可」の店が多いため、駅で集合して店選びスタート。

Img_3501

駅南側の「宇ち多゛」には行列。

同「並びます?」
現「まだ時間早いから、並んでも回転せえへんのちゃうかなぁ・・・」
元「まだ1軒目ですしね」

すぐ近くの「ミツワ」にも行列。

現「恐るべし、京成立石」
同「ですね」

店を物色しながら、駅北側に移動。

現「すごく混んでる店か、すごく空いてる店のどっちかやね」
元「空いていても、それはそれで不安ですし」

「江戸っ子」も行列。

そろそろやばいかも・・・と思い始めた頃。

同「ここ、空いてそうです!」

Img_3497

小上がりスペースには、相席上等の長テーブル。
荷物を置くスペースにも、足を入れるスペースにも苦労します。

入店したら、一人ひとつは頼まないといけない唐揚げ。

Img_3496

女性には結構なボリュームなんじゃないでしょうか?

あまりの居心地に、早々に店を出て次へ。
イメージしていた「炙」は、残念ながら満席でしたが、先ほど満席だった「ミツワ」に空席が。

Img_3499Img_3500

飛躍的に居心地が向上したので、そのまま最後まで。

色んな店がありますね、京成立石。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »