« 大船渡線で気仙沼へ 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その10 | トップページ | 初訪問! 六本木「BrewDog Roppongi」 »

震災後初訪問 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その11〜ビールの現場から 岩手県一関市「いわて蔵ビール」4回目

その10の続き。

 

気仙沼から一関まで、電車で移動。

Img_4263

降っていた雨は、傘なしであるけるぐらいの小降りに。

 

歩くこと20分で、現場到着。

Img_4264Img_4265

前回訪問したのは2009年3月

震災でかなり被害があったようですが、だいぶ復活してきたように見えます。

いや、前よりいい感じかもしれん。

 

「石蔵レストラン クラストン」は団体さんで大賑わい。

隣の「レストラン せきのいち」は、少し遅い時間ということもあるのか、こんな具合。

Img_4269

 

ビールメニュー。

Img_4266

ヴァイツェン、ペールエール、レッドエール、スタウト、ゴールデンエール、オイスタースタウト、自然発酵ビール、インディアペールエールの8種類。

 

加えて、こんなメニューも。

Img_4272

お、多い。

とても全種類は無理・・・

 

熟慮の末の1杯目。

Img_4268

ゴールデンエール(グラスサイズ、500円)。

「英国風ビール。飲みやすいのが特徴のビールです」

英国風とは言いながら、華やかな香りは新大陸風味。

少し苦めでバランスさせてます。

★8

 

2杯目、シングル魂ラガー。

Img_4271

色はやや薄め。

グレープっぽい。

けっこう苦いね。

★8

Img_4273

 

3杯目、レッドエール。

Img_4274

「スコットランド風ビール。モルトの旨みが特徴のびーるです」

レッドと言うわりには、色が濃いかな?

結構ロースト感あります。

★7

 

酒屋の鶏粕漬け。

Img_4275

 

ラストはIPA(リアルエール)。

Img_4276

「英国風ビール。ホップを通常の4倍、モルトを1.5倍使用したビール」

ぬるめのサーブはさすが。

角が取れてていいね。

★8

 

まだ閉店時間には少しありますが、片付け早い早い。

ちょっと落ち着かんね。

 

少々慌ただしかったものの、また行ってみたい度は★4(5段階)。

Img_4277

小雨の中一関駅に戻り、そこから新幹線で帰京。

これにて、旅行記終了です。

 

レストラン せきのいち

住所:岩手県一関市田村町5-42

電話:0191-21-1144

|

« 大船渡線で気仙沼へ 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その10 | トップページ | 初訪問! 六本木「BrewDog Roppongi」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大船渡線で気仙沼へ 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その10 | トップページ | 初訪問! 六本木「BrewDog Roppongi」 »