« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

初フィッシュ&チップス 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」23回目

23回目の訪問。

さて、今日はどうしますか?

Img_4001

銀河高原、金しゃちのミツボシ、アウグスのエキストラピルス。
なかなか魅力的やね。

1杯目、ミツボシのピルスナー。

Img_4002

「チェコ産のファインアロマホップをふんだんに使用した華やかな香りと上品な苦味が特徴。熟成期間を1、5倍(当社比)とし、コクと旨みを丹念に引き出し仕上げた下面発酵ビールです」(HPより)
色は薄くて、クリア。
モルト弱めで、ホップ強め。

HACHIで初めてオーダーする「フィッシュ&チップス」680円。

Img_4003

2杯目、アウグスのエクストラピルス。

Img_4004

色は少し濃いめ。
モルトもホップも強め。

3杯目はこれ。

Img_4005

美味しそうでしょ、バス ペールエール。
やっぱりフィッシュ&チップスにはこれが合うんです。
つい避けがちなんですが、美味い!

4杯目、箕面のスタウト。

Img_4007

ドライで美味い。
イングリッシュな感じですね。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

ビア シルブブレ! 三越前「ビアカフェ ブルッグス ゾット」@COLEDO室町2 その2

その1の続き。

おつまみは、ベルギー産ポテトフリッツ。

Img_3904 Img_3900

これで780円か・・・

3杯目、ストラッフェ ヘンドリック トリペル。

Img_3907

「オレンジやハチミツ、アプリコットのような柑橘系の香りから鼻腔をくすぐるフローラルなアロマ、ジャムのような甘い風味と共にオレンジの皮のような渋みがバランスよく調和して、ふくよかで香り高いエレガンスな余韻を生み出す」
説明文、長いな(笑)
その名のとおり、ボディしっかり。
フレッシュ感ありますね。
ただ、わざわざコレを飲みたいを思わせるような個性も少なめ。

4杯目、ストラッフェ ヘンドリック クアドルペル。

Img_3908

「マーマレード、レーズンのような香りにクッキーのような甘い香りが漂う。グラスを傾ければ広がるフルーティなアロマと赤ワインの様なボディには誰しもが酔いしれる。時間をかけながらゆっくりと飲みたい格別なビール」
スルスル系黒。
11%は感じないなぁ。

店員さんは、ほぼ外国人。
ビールが次終わると、カウンターの店員が「ビア シルブブレ!」を大きな声を出します。
てっきりベルギー人かと思いきや、イギリス人とのこと。
外国人っぽい人が多ければいいってことかな?

ビアカフェ ブルッグス ゾット
住所:中央区日本橋室町2-3-1
電話:03-5204-1988
Img_3909


| | コメント (0)

初訪問! 三越前「ビアカフェ ブルッグス ゾット」@COLEDO室町2 その1

今年3月にオープンした「COLEDO室町2」。
ここの2階にビアカフェが出来ました。

Img_3906

ビアカフェ ブルッグス ゾット」。

「ブルージュの醸造所『ドゥ・ハルヴ・マーン』が唯一認めたビアカフェ」とのことですが、「認めた」ってあたりが微妙な感じ。

ビールメニューはこんな感じ。

Img_3899

樽生はオリジナル4種+3種の7種類。

1杯目は、ブルッグスゾットのブロンド。

Img_3901

「立ち昇るホップの爽やかな香りと微かに感じる柑橘系の香り。やわらかな酸味とともにオレンジのようなフルーティなフレーバーが口いっぱいに広がり、爽快な喉越しが味わえるベルギー、ブルージュの街を代表するビール」
300ml、900円。
グラスがキレイ!
フルーティで爽やかでサッパリ。
でも飲んですぐわかるベルジャンっぽさ。

2杯目、ブルッグスゾットのダベル。

Img_3905

「カカオのようなロースティなモルトの香りにホップや酵母由来の爽やかさが加わった軽やかなブラウンエール」
これも見た目の割にはサッパリ系。
とても7.5%とは思えません。

その2に続きます。

ビアカフェ ブルッグス ゾット
住所:中央区日本橋室町2-3-1
電話:03-5204-1988

| | コメント (0)

「ワイン」飲み比べ 外苑前「Gar Eden(ガル・エデン)」その3

その2の続き。

4杯目、Brew Dogのツァイトガイスト。

Img_3929

スタイルはダークラガー。
結構スパイシー。

しっかり肉料理。

Img_3930

5杯目は珍しくバーレーワインをチョイス。

Img_3931

いわて蔵の「世嬉の一バーレーワイン2013」。
現「久しぶりに飲んだけど・・・」
K「飲まないのには、理由があるよな」
現「知ってたはずやけど、忘れてたわ」

最後に葡萄のワイン。

Img_3934

現「そうだよね」
K「麦芽で無理して造らなくていいよね」
現「あくまで個人の感想ですけど・・・」

「Gar Eden(ガル・エデン)」
住所:渋谷区神宮前3-6-6
電話:03-6721-1444

Img_3933


| | コメント (0)

Far Eastならぬ・・・ 外苑前「Gar Eden(ガル・エデン)」その2

その1の続き。

ビールメニュー。

Img_3923

10種類の樽生。
淡い色から濃い色まで、バランスのいいラインナップ。

1杯目は、「Far Yeast 東京ホワイト」から。

Img_3924

「馨和 KAGUA」を造っているNippon Craft Beerさんのビール。
爽やかなんですが、ボディはそこそこしっかりしてます。

2杯目、「Far Yeast 東京ブロンド」。

Img_3926

ここで登場したのが、前菜盛合せ(1,900円)。

Img_3927

現「こらエエね」
K「見栄えもするしな」

3杯目、イタリアのビール「エンキール」。

Img_3928

古代穀物「エンキール」を使用しているとのこと。
ちょっと紅茶っぽいね。

その3に続きます。

「Gar Eden(ガル・エデン)」
住所:渋谷区神宮前3-6-6
電話:03-6721-1444

| | コメント (0)

初訪問!! 外苑前「Gar Eden(ガル・エデン)」その1

この日はビア友Kと、翌週に控えた「出雲・松江・大山 山&ビール旅行記2014夏」の打合せ。
外苑前の駅を降りて地上に出ると、雨がポツリ。
テラス席を予約している我々には死活問題です(笑)

Img_3895

お店到着。
「Gar Eden(ガル・エデン)」。
通りから少し入ったところにある、一軒家イタリアン。

テラスにテーブルが2つあって、店内には右にカウンターとテーブル席。
トイレのある2階は、この日は貸切だったのでよくわかりません。

Img_3932

雨はそこそこ降ってきましたが、オーニングがあるのでテラスでも大丈夫。

K「良かったなぁ」
現「駅降りて、雨降ってきた時は『どうしょうか?』思たけどな」

これは、お通しやったかな?

Img_3925

旅行の打合せと言っても、登山経験がほとんどない私が、Kを一方的に質問攻め。

現「何持っていけばイイ?」
現「トレッキングシューズって必要?」
現「トレッキングシューズって、ランニングシューズと何が違うの?」
現「レインウェアってやっぱり買わなアカン?」

その2に続きます。

「Gar Eden(ガル・エデン)」
住所:渋谷区神宮前3-6-6
電話:03-6721-1444

| | コメント (0)

前菜5種盛り 新宿御苑前「Vector Beer」10回目

10回目の訪問になりましたが、混んできたなぁこのお店。
1つだけ空いていたカウンターに何とか滑り込んだんですが、右横も左横もかなり厳しいコンディション。

黙々と1杯目。

Img_3890_2

ブリマー「トラディショナルカリフォルニアコモンビール」。
色は少し濃いめ、濁りあり。
ちょい苦めでバランス。

前菜5点盛り(1,080円)。

Img_3892_2

こういうの好き。
ナンボでも飲めるわ。

Img_3893_2

2杯目は、反射炉の「ハイカラIPA」。
イングリッシュIPAと言うだけあって、苦みはかなり穏やか。
とは言っても、ホップの華やかな香りはさすがIPA。

3杯目、ベアレンの「シュバルツ」。

Img_3894_2

ぬるめのサーブが、このビールに合ってます。
シュバルツが美味しい「現場」って、好きなところばっかりやな、そう言えば。

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

グラス変わってる! 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」22回目

22回目の訪問。

Img_3916

組み立ては、いつもここからスタート。

志賀高原「苦いラガー」→ラガーって珍しいね
御殿場高原「ピルス」→お馴染み
銀河高原「ピルスナー」→意外に飲む機会少ない
それにしても、「高原」ばっかりやな(笑)

考えた末の1杯目は、銀河高原。

Img_3917

少し濁ってます。
キリリ、やや苦め。

ん?グラスの形変わってない?

現「グラス変わった?」
店「変わりました」
現「新宿御苑前の某店にそっくりやね」
店「気のせいです(笑)」

2杯目は、志賀高原。

Img_3919

その名も「Nigai Lager」。
グラスに口をつけた瞬間、ホップの香りが広がりますが、飲んでみると適度な苦み。
これなら僕でも大丈夫。

3杯目はエールに移行。

Img_3922

木曽路のナイアガラペールエール。
ちょっとさっぱりし過ぎかな・・・

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)
Img_3920


| | コメント (0)

初訪問 五反田「クラフトマン」

大崎での飲み会の帰りに、五反田立ち寄り。

Dscn1563

インパクトのあるエントランス。
焼鳥の有名店「庭つ鶏」の近くです。

店を入ると左側がカウンターエリア、右がテーブルエリア。

一番奥のカウンター席に座ると、さらに奥にテラス席あり。

Dscn1566

景色はあまり期待できないとのこと。

ビールメニュー見ときましょうか。

Dscn1564

31種類は凄いですね。

1杯目、伊勢角屋の「柚子の香エール」。

Dscn1567

Lサイズ800円。
400mlちょっと切るくらいかな。
「柚子の香」だけあって、とってもシトラッシー。
あまり苦みが強くないのもいい感じ。

お通しの牛タン(300円)。

Dscn1568

そして、料理は「クラフト麦酒もつ煮込み」(650円)。

Dscn1570

2杯目、箕面「スタウト」。

Dscn1571

結構焦げっぽいね。
美味いけど。

カウンターがタイルだったり、キッチンが丸見えだったり、結構お洒落な店でした。
場所が場所だけに、なかなか行く機会ありませんが・・・

CRAFTSMAN(クラフトマン)」
住所:品川区西五反田2-18-3
電話:03-6420-3402
Dscn1569_2


| | コメント (0)

リベンジ達成 御茶の水「cafe 104.5」3回目

休日ランで、御茶ノ水へ。

前回cafe 104.5」が、貸切で入れなかったので、事前にHPで営業確認してからの出発。
少しずつですが、「成長」してます。

銀座に出て、中央通りを神田方面へ。
万世橋を左に曲がると、御茶ノ水到着。
本日の走行距離6.7km、ちょっと少なめですが、もういいです(笑)

神田アクアハウス江戸遊」で汗を流した後、向かいの「cafe 104.5」へ。

もちろん営業中。

Img_3885

スペースに余裕が有るためか、流れる時間がとてもゆったり。

Img_3883

渋いラインナップだな〜。
どれも飲みたい。

常陸野ネストのラガー。

Img_3886

シトラッシーで少し苦め。
風呂上りには、こういうバランスがいいかも。

サンドイッチ・トゥデイ(1,000円)。

Img_3887

「休日ランチ感」あるねぇ。

104.5エール。

Img_3888

フルーティなペールエール。
これも美味い。

うん、いい休日だ。

cafe 104.5
住所:千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー2F
電話:03-3251-1045

| | コメント (0)

ランチのグラスは同じ ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」38回目 その2

その1の続き。

1杯目、ピルスナー。
ランチビール、グラスサイズで250円。

Img_3877

「美しい黄金色をしたチェコスタイルのピルスナー。ホップの強い苦味と、それに負けない麦の甘み!こだわりの3デコクション製法!」
コメントもちょっと変わってます。
「それに負けない麦の甘み」・・・確かにその通り。
少し濁ってます。
美味いです。
★9

2杯目、アルト。

Img_3878

「焼きたてのビスケットのような香ばしい香りを醸し出した赤レンガ色のエール。現地版より色が濃く苦味は控えめ」
アルトのコメントは、変化なし。
「現地版より色が濃く、苦味控えめ」→おっしゃるとおりです。
★8

藤沢市みやじ豚の鉄板ハンバーグ(800円)。

Img_3879_2 Img_3875

メニュー写真どおり!

3杯目、ペールエール。

Img_3880

「爽快な飲み口と豊かな香りをお楽しみ下さい。アメリカンホップを使った柑橘系の香りと苦味が特徴的なペールエール」
このコメントも少しだけ変わってます。
やや苦、ややアメリカン。
じわりと苦いっす。
★8

ラストはピルスナーをジョッキで。

Img_3881

また行ってみたい度は★5(5段階)。
次は、ディナータイムに来ないといけませんね。

驛の食卓
住所:横浜市中区住吉町6-68-1
電話:045-641-9901

046)神奈川の現場

| | コメント (0)

ビールメニュー変更 ビールの現場から~横浜市中区「横浜ビール」38回目 その1

桜木町の駅から、「現場」に向かう歩道橋からの眺め。

Img_3867

隣のマンションの進捗状況が楽しみです。

38回目の訪問にして、大きな変化が・・・

Img_3868

新ビールメニュー!
カードアルバム形式になってます。

Img_3869

1枚のカードの表裏で、1つのビールの説明。
見開きにすると、イマイチわかりづらいのが難点ではあります(笑)

参考までに、以前のメニュー

料金体系も変わってます。

<これまで>
グラス:600〜650円
ジョッキ:700円〜780円

<新体系>
Mサイズ(330ml):700円
Lサイズ(500ml):1,000円

ちょっとジョッキに値上げ感ありますね・・・
ま、これまでが安すぎやったかな。

ちなみにランチビールは、これまでの料金、これまでのサイズだそうです。

その2に続きます。

驛の食卓
住所:横浜市中区住吉町6-68-1
電話:045-641-9901

046)神奈川の現場

| | コメント (0)

四谷三丁目「和乃匠 やまもと」2回目

同僚と四谷三丁目の「日本酒なお店」。

Img_3859 Img_3860

秋田県大仙市「秋田清酒」の「刈穂夏吟醸六舟 Summer Mist」。
アルコール度数:16〜17度。
原料米:秋の精、めんこいな
精米歩合:57%
「伝統の槽掛けしぼりで上槽した酒をフレッシュなおりがらみ状態のまま瓶詰めしました。夏の朝の霞のような爽やかなおいしさです。よく冷やして薄手のグラスでお召し上がりください」

Img_3861

兵庫県神戸市「白鶴酒造」の「純米生原酒 荒駒 白鶴錦」。アルコール度数:17度。
原料米:白鶴錦
精米歩合:70%

Img_3862 Img_3863

栃木県那須烏山市「島崎酒造」の「トロピカル純米 酔夏」。
アルコール度数:15〜16度
原料米:国産米
精米歩合:65%
「やさしい口当たりにほんのりした甘さと爽やかな酸味との絶妙なバランスがとれた味わいに仕上がったトロピカルな純米酒でございます。キリッと冷やしてお楽しみくださいませ」
裏ラベルをそのまま転記しているんですが、読点がないので読みづらい・・・

Img_3864

宮城県大崎市「新澤醸造店」の「ひと夏の恋」。
アルコール度数:15.8度
原料米:ひとめぼれ
精米歩合:55%

Img_3865

三重県鈴鹿市「清水清三郎商店」の「作 プロトタイプH 直汲み純米原酒 瓶火入れ」。
アルコール度数:18度
原料米:みえのゆめ
精米歩合:60%
「プロトタイプ」だからか、公式HPを見ても、全然情報がありません。
日本酒の世界は大変やで。

「和乃匠 やまもと」
住所:新宿区四谷3-9
電話:050-5868-9745


| | コメント (0)

円熟のベアード 原宿タップルーム 11回目

原宿タップルーム11回目。

Dscn1535

やっぱり1杯目は、季節限定メニューから。

Dscn1536

どれも魅力的やなぁ。
クールブリーズピルスと散々迷った結果、「修善寺ヘリテッジヘレス」。

Dscn1537

店「修善寺、行きました?」
現「そんなすぐに行けるかいな(笑)」
とは言え「現場主義」を名乗る以上、早めに行かんといかんね。

「ヘレスラガーは、その独自のビール文化で有名なドイツのバイエルン地方に長く伝わる偉大な歴史あるビールスタイル」
ベアードらしくないと言ったら失礼か。
フツーのヘレスで、フツーに美味い。

わさびポテトサラダ(400円)。

Dscn1538

2杯目はリアルエールメニューからチョイス。

Dscn1539

普通なら「原宿エール」なんですが、今回は趣向を変えて。
「ワーキングマンズ ダーク マイルド」。

Dscn1540

「フレーバーは落ち着きがありリッチだが軽やかだ」
この写真ではわかりづらいんですが、色濃いめ。
それにしても、華無いなぁ。
リアルエールなんで当たり前なんですが、爽快感ゼロ、キレゼロ。
でも美味い。

ハツモト&牛ハラミ。

Dscn1542

そして、つくね&せせり。

Dscn1544

原宿タップルーム定番の焼鳥に移行したところで、ビールも定番へ。
レッドローズアンバーエール。

Dscn1543_2

美味い。
でも、昔感じた刺激は無いね。
俺が変わったのか、レッドローズが変わったのか・・・

Dscn1545

手羽先&ぼんじり。
そして、ビールはアングリーボーイ。

Dscn1546

相変わらず美味いね。
グッドバランス、これぞベアード。

最後にハムカツ。

Dscn1547

ご馳走様でした。

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (0)

八海山&鶴齢@銀座「伊勢廣」 → シメイゴールド&デュベルトリプルホップ@銀座「Favori」

銀座五丁目の焼鳥屋「伊勢廣」にて。

あまり日本酒の種類は沢山ありませんが、美味しいのが揃ってました。

八海山特別純米原酒。

Img_3846 Img_3847

新潟県南魚沼市「八海醸造」。
アルコール度数:17.5度。
原料米:国産米
精米歩合:55%
「掛米に山田錦を使用し、辛さを抑えた深い味わいと軽さが特徴の純米原酒です。長期低温発酵もろみによる、ふくよかで気品ある香りをお楽しみいただける一品に仕上げました。冷たく冷やしてお召し上がりください」
夏季限定のお酒みたいです。

鶴齢純米吟醸。

Img_3848 Img_3849

新潟県南魚沼市「青木酒造」。
アルコール度数:15〜16度。
原料米:越淡麗
精米歩合:55%
「米本来の味を重視しながらも、軽くソフトに仕上げ飲み飽きしない純米酒。ほのかな香りと優しいふくらみのある旨味が調和した1本です」

伊勢廣
住所:中央区銀座5-9-17
電話:03-3573-1918


店を出て、徒歩で二丁目に移動し、4年ぶりの「Favori」。

変わらない雰囲気。
冷蔵庫で選ぶスタイルも変わらず。

Img_3851

最初に目に止まったのは、一風変わったデュベル。

Img_3852

「トリプルホップ」。
ザーツ、シティリアン・ゴールディングスに加えて、モザイクホップをドライホッピングで使用。

2杯目も、一風変わったシリーズ。

Img_3853

「シメイゴールド」。
こんなんあるんや。

Img_3857 Img_3856

シメイチーズの盛合せとともに。

Favori
住所:中央区銀座2-10-5 オオイビル1F
電話:03-6226-6117

| | コメント (0)

日本酒四合 京橋「炉端かば 銀座店」その2

その1の続き。

日本酒タイム、スタート!

Img_3820

島根県大田市「一宮酒造」の「石見銀山 特別純米 改良八反流」。
アルコール度数:16〜17度。
原料米:改良八反流
精米歩合:60%
「酒米八反流は、島根県内でも過去に作られていましたが、栽培が難しいことからいつしか姿を消してしまいました。大田市のこだわり農家では、この幻の酒米作りに挑戦。長年の技術と経験を注ぎ込み大切に育てられた良質の酒米を、杜氏の卓越した技で芳醇な逸品に仕立て上げました」
結構甘めです。

白イカの唐揚げ。

Img_3842 Img_3841

2合目。

Img_3821

島根県隠岐郡隠岐の島町「隠岐酒造」の「しゃくなげの詩 純米」。
アルコール度数:15〜16度。
原料米:国産米
精米歩合:60%
きりりと辛口。

3合目。

Img_3823

島根県安来市「吉田酒造」の「月山 芳醇辛口純米」。
アルコール度数:15〜16度。
原料米:五百万石、神の舞
精米歩合:70%
「芳醇な旨みを醸しつつもその圧倒的な飲み切れ。これぞまさに出雲流の辛口純米です」
キリッとしていて、濃厚。

葉わさびの醤油漬け。

Img_3824 Img_3843

4合目。

Img_3844

鳥取県米子市「稲田本店」の「純米吟醸 いなたひめ 強力」。
アルコール度数:15〜16度。
原料米:強力
精米歩合:55%
「幻の酒米鳥取県原産の強力米を使用。鳥取大学農学部・木下教授と地元篤農家の方々の協力により、約40年ぶりに復活させる事に成功しました。幻の酒米と旨い酒を造りたいという杜氏の情熱を技が生みだした珠玉の一本です」

いやぁ、楽しかった。
また来たいですね。

山陰海鮮 炉端かば」銀座店
住所:中央区京橋3-1-1
電話:050-5799-6527

| | コメント (0)

大山樽生@京橋「炉端かば 銀座店」その1

銀座線京橋駅直結の「東京スクエアガーデン」地下1階。

Img_3845

山陰をこよなく愛するお店 山陰海鮮 炉端かば」。

ふるさと納税をしたら、割引券をいただいたので。

まずは大山のヴァイツェン。

Img_3835

何せ「山陰をこよなく愛するお店」ですから。
大山Gビールだってあります、樽生で。

お通しは、冷奴。

Img_3836

そして、頼んでもいないのに、あらの煮物。

Img_3837

現「すいません、これは?」
店「サービスです」

嬉しいなぁ(笑)

Img_3840 Img_3839

こら日本酒がすすむわ。

その2に続きます。

山陰海鮮 炉端かば」銀座店
住所:中央区京橋3-1-1
電話:050-5799-6527

| | コメント (0)

イタリアンオムレツ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」21回目

1周年の翌週に、21回目の訪問。

まずはこのページを見てから、この日の組み立てを考えます。

Img_3825

伊勢ピルスナーは先週飲んだし、日本海倶楽部はここでよく飲むし。

Img_3827

常陸野ネストのゴールデンピルスナー。
色がまさに「ゴールデン」。
すごく爽やかで、シトラッシー。
マスカッティでもあるね。

この日のフードはイタリアンオムレツ。

Img_3828Img_3831

2杯目、ベアードのシングルテイクセッションエール。

Img_3832

飲んだことありそで無かったビール。
モルトはマリスオッター&ピルスナー。
ホップはドイツ、チェコ&アメリカ。
思ったより小麦、意外に小麦。

この日のラストは、湘南のIPAモトエイカー。

Img_3834

ほんのちょっとだけですが、ウザい。
ちょっとだけですけどね。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

ラガー無しはつらい・・・ 新宿御苑前「Vector Beer」9回目

金曜日に訪問したんですが、ほぼ満員。
いいじゃないですか。

この日のビールラインナップは、ちょっとアウェー。
ラガー系がカールスバーグしか無いなんて・・・

てなわけで、1杯目常陸野ペールエール。

Img_3814

最初の一杯にしては、苦すぎるか・・・
致し方ないね。

2杯目、独歩デュンケル。

Img_3815

少し甘め。
飲んだ後に、ちょっと唇がくっつく感覚。

ここでやっと、料理到着。

Img_3816

牛ハラミのグリルバルサミコソース(880円)。

3杯目、箕面W-IPA。

Img_3817

WでIPAなんだけど、バランス取れてます。
さすが箕面。

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

祝・1周年 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」20回目

記念すべき20回目の訪問は、店にとっても記念すべき1周年でした(6月9日)。

ビールもフードもスペシャルメニュー!

Img_3802

Img_3803

1杯目、限定メニューから伊勢角屋の伊勢ピルスナー。

Img_3804

少し甘めのピルスナー。
キリリ感は少なめ。

2杯目、日本海倶楽部ピルスナー。

Img_3805

今度は少し苦め。

ここでスペシャル料理「サマートリュフを添えた国産和牛ウデ肉のグリル〜スタウトソース〜」到着。

Img_3807

この白いヒラヒラがサマートリュフかな?
アスパラがシャキシャキで美味いんよ。

Img_3810

もちろん、お肉も。
これで1,200円はお値打ちなんじゃぁないでしょうか。

3杯目、常陸野のセゾン。

Img_3809

爽やかセゾン。
これは「現場」で飲みたいねぇ。

4杯目、アウグスのIPA。

Img_3811

うわー、ギリギリやなぁ。
このブルーチーズのような後味はソラチかな?
ううむ・・・

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

昔撮った動画を観ながら 浜松町「DEVIL CRAFT(デビルクラフト)」その2

その1の続き。

デビルクラフト名物、シカゴピザ。

Img_3797

味濃いなぁ。
この濃い味に合わせて、3杯目。

Img_3798

ワシントン州のサウンドブリュワリーとデビルクラフトのコラボビール、モザイクX #5。
なかなかにパンチの効いたエールでした。

シカゴピザでない方の、クラッシクピザ。

Img_3800

生地は違うけど、フォルムは一緒なのね・・・

そして、コエドのセッションIPAで〆。

Img_3801

この日は、昔一緒に行った旅行の動画再生で盛り上がりました。
見返すに耐えない発言をカットしたら、結構みられるようになったんでね。

Img_3799

DEVIL CRAFT 浜松町
住所:港区浜松町2-13-12
電話:03-6435-8428


| | コメント (0)

金曜日は予約必須!? 浜松町「DEVIL CRAFT(デビルクラフト)浜松町店」その1

ビア友Kと新店開拓。

Img_3792

DEVIL CRAFT 浜松町」。

傘をさしても濡れるような大雨にも関わらず、店内満席。

K「予約しといて正解やな」
現「ホンマやで」

この日のビールラインナップ。

Img_3793

樽生20種類あるので、悩んじゃう!
・・・と言いたいところですが、私の嗜好ではそうでもなく。

1杯目、チャカナット・ヴィエナ・ラガー。

Img_3794

ワシントン州Bellinghamのブリュワリー
シアトルの少し上みたいですね。
HPを見る限りでは、アメリカでヨーロッパっぽいビールを造っている印象。
確かに、今回飲んだヴィエナラガーもモルティでなかなか良かったし。

つまみはポテトサラダでスタート。

Img_3795

ビール2杯目は、ウィスコンシナイト・サマー・ヴァイス。

Img_3796

ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるレイクフロント・ブリュワリーのビール。
ジャーマンヴァイスって感じ。

その2に続きます。

DEVIL CRAFT 浜松町
住所:港区浜松町2-13-12
電話:03-6435-8428

| | コメント (0)

大人のお店 阿佐ヶ谷「水鳥屋 鶴に橘」

荻窪に住む先輩2人と阿佐ヶ谷飲み。

Img_3791

北口を出て、魅力あふれる飲み屋街「スターロード」を西へ。

少し北に入った所に、こんなお店が。

水鳥屋 鶴に橘」。

小ぢんまりとした、とっても落ち着いたお店。
カウンターも小上がりも満席。

我々が頼んだのは、3,500円のコース。

Img_3786

写真は1品目。
これだけで、2合くらいは行けそうですが、このコースあと6〜7品出てきます。
そして、〆は素敵なお蕎麦。

Img_3788

こら、たまらん。

Img_3787

日本酒も沢山飲みましたが、あまり記録がとれていません・・・

水鳥屋 鶴に橘
住所:杉並区阿佐谷北2-4-7
電話:03-3330-7705

| | コメント (0)

すいません、1杯だけ  神田「THE Jha BAR」?回目

阿佐ヶ谷での飲み会の前に、少しだけ時間があったので、「THE Jha BAR」へ。

Img_3790

Jhaっぽいなぁ。
落ち着くわ。

Img_3789

ロンドンプライドをパイントで。
これをちびちび飲みながら、溜まっていた動画編集をこなさせてもらいました。

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0)

牛タンデミグラスシチュー 新宿御苑前「Vector Beer」8回目

8回目の訪問、この日のラインナップ。

Img_3785

胎内高原のピルスナーからスタート。

Img_3780

牛タンデミグラスシチュー(980円)。

Img_3781

トロットロで美味しいんですが、一品しか頼まない(頼めない)一人客からすると、少々一本調子過ぎるかな・・・

2杯目、伊勢角屋のマリアエール。

Img_3782

大麦麦芽☓ヴァイツェン酵母。
小麦麦芽を使ってないヴァイツェン(ヴァイツェンと呼んでいいかは、置いておいて)。
見てのとおり、色は濃い目で濁り少々。
こればヴァイツェン酵母の力か。
なるほどね。

3杯目、御殿場高原ローズエール。

Img_3783

色は薄く、クリア。
バランスとして、成り立っているとは思いますが、私の好みではないですね。
メニューには「バラの抽出液を使用」と書いてありますが、ネットで軽くググッたところ、そこまでの情報は得られませんでした。
飲んだ感じとしては「言われればそんな感じ」レベルなので、私としては何とも言えません(笑)

4杯目、常陸野ネストのペールエール。

Img_3784

ここまでの3杯の色が薄めだったので、濃く見えますね。
わりとモルティ。
美味いね。

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222

| | コメント (0)

入口は工事中でした 新宿御苑「BEER PUB BAMBOO」12回目

飲み会前に、ちょこっと訪問。

マンション前に来て、びっくり。

Img_3679_2

知らずに来たら、通り過ぎるよなぁ。

早い時間にも関わらず、カウンターはほぼ満席。
PCで作業がしたかったので、テーブル席で「苦くないやつ」。

Img_3779

「Heretic Gramarye」1,100円。
HPによれば、IBU28。
確かに、バンブーではあんまり苦くない部類。

この日はこの1杯で失礼したんですが、カウンターのお客さんの会話が濃くて・・・
ブルワーさんか、すごいマニアか・・・

BEER PUB BAMBOO
住所:新宿区新宿1-31-3
電話:03-3352-5356

| | コメント (0)

熟成肉堪能 六本木「格之進R」→「Shamrock by Abbot's Choice」6回目

肉が食いたくなったので、六本木「格之進R」へ。

Img_3775

左側のコースをオーダー。

Img_3772 Img_3773

写真はありませんが、ビールが美味い。
グラスきれい、注ぎ方丁寧。
肉を引き立ててました。

その後、すぐ近くのシャムロックに移動。

Img_3777 Img_3778

Shamrock by Abbot's Choice(シャムロック)」
住所:港区六本木7-13-6
電話:03-6434-5589

| | コメント (0)

ボルダリング体験の後に 門前仲町「ガブリエ」80回目

菊川にあるジムで、ボルダリング体験。

Img_3677

5,000円で2時間教えてくれて、靴も貸してくれます。

更衣室で動きやすい服に着替え、90°のウォールからスタート。

Img_3675

難易度によって、使っていい突起が決まっています。
まずは、一番簡単なルートを好きに登った後、幾つかポイントを指導され、もう一回。
だいぶ登り方が変わりました。

少しずつ難易度を上げながら何本か上ったところで休憩。
かなり腕(特に上腕)に、乳酸が溜まってきてます・・・

次は、100°のウォールにチャレンジ。
残念ながら、あえなく途中で落下・・・
少し休んで再チャレンジするも、結果は同じ。
前半で筋力を無駄使いしすぎたようです。

また90°に戻って、1本登ったところで終了。
いやぁ、面白かった。

ちょっと遠いんですが、歩いて門前仲町「ガブリエ」。
運動の後は、やっぱりビール!

Img_3766

サッポロ生。
いつもは1パイント680円なんですが、この日はサービスで580円。
ごくっ、と飲み干したいところなんですが、腕がプルプル震えて、普通に飲めません・・・
見た目は相当悪いですが、両手でグラスを持って女子飲み(笑)

ベーコンとソーセージのプレート(900円)。

Img_3767

この日は結局、全てサッポロ生。

Img_3768Img_3770

下町ビアホール ガブリエ」←ぐるなび
住所:江東区富岡1-8-7
電話:03-3643-0115

725)ビールなお店(門前仲町・ガブリエ)

| | コメント (0)

いつもと違う顔ぶれ 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」19回目

この店に来ると、まずピルスナー欄をチェック。

Img_3757

ここに飲みたいのがどれくらいあるかで、その日の組み立てが決まります。
「こぶし花」のピルスナー、「日本海倶楽部」の奥能登伝説、どちらも好きなんですが、気になったのが「那須高原」の愛。
あまり飲む機会無いんですよ、那須高原。
最近は那須に行っても、サッポロに行くばっかりで。

Img_3756_2

結構白濁してますねぇ。
酸味もありますし。
こんなビールでしたっけ?
「宮内庁御用達」なので、そんなにレシピは変えないとは思うのですが。

2杯目は、季節限定界の定番?「湘南ゴールド」。

Img_3759

レモンというか、レモンティーの香り。
さすが、よう出来てます。

ハラミのグリル到着。

Img_3760

3杯目、こぶし花のピルスナー。

Img_3761

モルティで美味い。

4杯目、こぶし花のグランクリュ。

Img_3764

トリペル。
甘い、美味い。
この量で、この価格はお得やで。

Img_3765 Img_3762

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

チェストォォ! 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その15~ビールの現場から「霧島高原ビール」6回目

その14の続き。

5杯目、ボヘミアンガーネットLサイズ。

Img_3748

色が見えないのはイマイチですが、飲んでいる間に温くなってくるのが良い感じ。

テラス本当に心地いいわ。
暑くもなく、寒くもなく。
風が強いわけでもなく。
そして、地味に良いのがコレ。

Img_3742

井戸水なのか水道水なのか不明ですが、ずっと水の音がするんです・・・。
これが何とも言えず良い雰囲気で。

6杯目、薩摩自顕流をロックで。

Img_3750

「焼酎を飲んでいるのにまるで清酒を飲んでいるかと錯覚してしまう米焼酎。吟醸香漂うその香りとフルーティな口当りはまるで上質な純米酒。ロンドンで開催された世界種類コンテスト(IWSC)では銀賞、焼酎・オブ・ザ・イヤーを受賞。深い味わいの自顕流は是非オンザロックで・・・」
確かに香る焼酎。
美味しいやんか。

7杯目、ラストはブロンドをLサイズで。

Img_3751

いや、ホンマ、最高でした。
また行ってみたい度は★5(5段階)。

Img_3752 Img_3753

空港まで、車で送ってもらい、無事搭乗。

Img_3754

待合室で寝なくて良かった・・・(笑)

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

ガーネット美味し 福岡・鹿児島ビール旅行記2014春 その14~ビールの現場から「霧島高原ビール」6回目

その13の続き。

ビール3杯目は、ボヘミアンブロンドをジョッキで。

Img_3743

おかしいな、こっちの方が美味いぞ(笑)
何でやろ?

ベーコンバランボラ。

Img_3744

バランボラとは、「ジャガイモとにんにくをすりつぶし、薄く焼き上げたチェコ風お好み焼き。そのままでも美味しいバランボラですが、リトルプラハ風にアレンジしております。美味しいチェコ料理と相性抜群」とのこと。
「ブランボラーク」とも書くよね?

4杯目、ボヘミアンガーネット。

Img_3746

「濃色系のピルスナービールです。チェコ産カラメル麦芽とザーツホップを使用、コーヒーのような香りが特徴です。黒ビールにしては驚くほど軽快な味わい。チェコでは女性が飲むと胸が大きくなると言われています」
すっきりスルスル。
これは美味いねぇ。
確かに驚くほど軽快。
★9

その15に続きます。

チェコレストラン リトルプラハ
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓876-15
電話:0995-58-2535

2137)福岡・鹿児島ビール旅行記2014春

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »