« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

ストロベリーのアイスと合わせて 広尾「Helmsdale(ヘルムズデール)」

後輩と広尾の「Helmsdale(ヘルムズデール)」。

よなよな。

Img_4380

そして、バスペールエール。

Img_4382

ハギスも食べまっせ。

Img_4379 Img_4381

右の写真はソーセージ。
スコットランド行ったことあるくせに、ハギスはこの店でしか食べたことありません(笑)

ギネス&ブラックアイルポーター。

Img_4383 Img_4384

このビールと一緒に食べたのが、ストロベリーアイスクリーム。

Img_4386

よろしいで。

Helmsdale(ヘルムズデール)
住所:港区南青山7-13-12南青山森ビル2F
電話:03-3486-4220

Img_4385


| | コメント (0)

食った食った 吉祥寺「Va bene(ヴァ・ベーネ)」4回目

井の頭公園横のビールなお店「Va bene(ヴァ・ベーネ)」、4回目の訪問です。

Dscn1921

まずはハートランドから。
うん、美味い。

さて問題はフード。
食べたいのが沢山有るんですが、一人で食べるには多そうで・・・

現「この前菜四種盛りって、どれくらいボリュームありますか?」
店「ハーフサイズもできますよ」
現「じゃぁ、ハーフお願いします」

Dscn1923

こういう融通きかせてくれると嬉しいよね(笑)

気をよくしたところで、2杯目田沢湖アルト。

Dscn1924

甘めのしっかり系アルト。

3杯目、スワンレイクのアンバーエール。

Dscn1925

田沢湖アルトの後に飲むと、スパイシーで爽やか。

店「これどうぞ」
現「?」
店「食べてみてください」

Dscn1926

現「美味しそう! いいんですか?」
店「どうぞどうぞ。あか牛のレバー低温グリルです」

野菜の上に乗っているのは、オレンジ。
この酸味がいい感じなんです。

結構お腹いっぱいになってしまったんですが、これで帰るのは仁義を欠きます。

Dscn1927

自家製極太ソーセージとグリル野菜。

このソーセージに合わせて、ハートランド再登板。

Dscn1928

私も一見さん卒業かな?

「イタリアン食堂 Va bene(ヴァ・ベーネ)」
住所:武蔵野市吉祥寺南町1-17-9
電話:0422-26-7235

| | コメント (1)

アルトもシュバルツも素晴らしい ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール」11回目 その2

その1の続き。

パンに続いて、前菜3種盛合せ到着。

Dscn1910

好きなんだよなぁ、前菜盛合せ。
前菜盛合せだけで、カテゴリ作るかな(笑)

3杯目、サマーオレンジエール。

Dscn1911

「爽やかなフレーバーが特徴のゴールデンエールに、甘夏の果汁とビールを漬け込んだフルーツエール。甘夏のアロマとフレーバーが夏にピッタリのビールです」
香りがシトラス、口をつけてシトラス、飲んでシトラス。
さすが果汁入り。
見た目はピルスナーと変わんないんだけどね。
美味いっすよ。
★8

4杯目、頼みたかったゴールデンエールが切れていたため、アルトに変更。

Dscn1912

「湘南の夕日をイメージした上面醗酵によるフルーティな風味の赤みがかったビール」
実にアルト、実にオーソドックス。
ようでけてます。
★9

スープの後に、US産牛ロース肉の炭火焼き和風醤油ソース。

Dscn1913 Dscn1914

そして、パンおかわり。

Dscn1915

おかわり無料です。

ラストにシュバルツ。

Dscn1916

「湘南の愛をイメージした黒ビール。ローストモルトの香ばしいほろ苦さとモルト本来の甘みをお楽しみください」
これも美味いっ!
しっかりしてるのに、すっきりしてる。
素敵やん。
★9

Dscn1917

モキチスイーツのパウンドケーキと季節のパンナコッタ。

ごちそうさまでした。
また行ってみたい度は★5(5段階)。
前から素敵でしたが、進化してるな。

MOKICHI Trattoria(モキチ トラットリア)
住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
電話:0467-52-6111

Dscn1918


| | コメント (0)

いい雰囲気、いいビール ビールの現場から~神奈川県茅ヶ崎市「湘南ビール」11回目 その1

4年ぶり、11回目の湘南ビールの「現場」。

Dscn1902

前回の訪問は、何と2010年10月!
ご無沙汰しております。

入ってビックリ、レストランえらく広くなってます。
その広くなったフロアが、平日の昼間だと言うのに、ほぼ満席。
すげーなぁ。

Dscn1907 Dscn1906

やっぱり、ランチコースかなぁ・・・

Dscn1903

居心地がいいレストランだと、長く楽しみたいですから。

ビールメニュー。

Dscn1904

増えとるねぇ、種類。
ピルスナーか、ゴールデンエールか、サマーオレンジエールか、ヴァイツェンか・・・

Dscn1905

ヴァイツェン(ショート、540円)。
「原料の半分に小麦麦芽を使用し、小麦ならではのきめ細かい泡と酸味、ヴァイツェン酵母特有のバナナやシナモンの様なアロマとフレーバーが特徴です」
淡色で濁りあり。
ヴァイツェンだもんね(笑)
後味にバナナが強く残ります。
ヴァイツェンだもんな(笑)
★8

料理が何も来ないうちに、もう一杯。

Dscn1908

ピルスナー(ロング、775円)。
「湘南の晴れ渡った空をイメージした下面醗酵のオーソドックスな黄金色のビール」
オーソドックスなピルスナー。
素晴らしい!
少し苦くて、少し甘い。
★8

料理が来た!

Dscn1909

パンだけど。
でも、美味いんだよね、ここのパン。

その2に続きます。

MOKICHI Trattoria(モキチ トラットリア)
住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
電話:0467-52-6111

| | コメント (0)

初訪問! 新小岩「Beer Bar CROWD」

新小岩駅を降り、北東方向へ。
駅の近くではあるものの、大通りから少し入っているので、店周辺は閑静。

Img_4364

カウンターには先客が3組ほど。
樽生は8種類。

Img_4366

色んなスタイルが揃ってて、組み立てし易いラインナップ。

志賀高原のWHITE。

Img_4365

ピッタピタで登場。
ベルジャンなんですが、オレンジピール、コリアンダー不使用。
ちょっと甘めですね。
もう少しガス少なめが好みかも。

2杯目、箕面のヴァイツェン。

Img_4369

あんまりヴァイツェンっぽくない。
かなり甘い。

3杯目、伊勢角屋のアメリカンアンバー。

Img_4370

苦いんだけどいい感じ。
やっぱり最近の伊勢角屋、エエわ。

一人でやられているので、手の込んだフードはありませんが、何だか落ち着くお店でした。
また行くかな。

Beer Bar CROWD
住所:葛飾区東新小岩1-3-11
電話:03-6657-7669

Img_4367 Img_4368


| | コメント (0)

8月上旬の話  神田「THE Jha BAR」?回目

前回に続き、1杯だけ・・・すいません。

Dscn1900

高千穂Valley Lager(950円)。

Dscn1901

「華やかなホップの香り。口当りには清らかな麦芽の旨みがあり、甘みは少なく精悍で強い苦みが走ります。無濾過ラガーならではのコク、後味の苦みは余韻まで長く」
ボヘミアンスタイルと言う割には、草っぽい。
そもそも「ボヘミアン」の定義って何でしたっけ?

THE Jha BAR
住所:千代田区神田多町2-5
電話:03-3252-3258

ビールなお店(神田・THE Jha BAR)

| | コメント (0)

ほぼカクテル ビールの現場から〜栃木県宇都宮市「宇都宮ブルワリー」4回目

「来らっせ」から歩いて、東武宇都宮駅方面へ。

Img_4362

ここのお店は2回目、トータルでは4回目。

ビールメニューはコチラ。

Img_4358

1杯目、「クラフトビアチャレンジ」のチャンピオンビール「水奈月ビール」。

Img_4359

色は薄めで濁りあり。
フルーツジュースが入っているらしく、かなりトロピカル。
カクテルやね。

2杯目、アニスブラウン。

Img_4361

八角が入ってるのかな。

餃子も沢山いただいたので、そろそろ帰ります。
また行ってみたい度は★3(5段階)。

BLUE MAGIC(ブルー・マジック)」
住所:栃木県宇都宮市池上町3−8
電話:028-307-0971

Img_4360


| | コメント (0)

「みんみん本店」混んでます・・・ 宇都宮餃子@来らっせ

宇都宮と言えば餃子。

前回「みんみん」と「まさし」で撃沈してますんで、今度こそ!

Img_4357

あちゃー。
またエライ並んでるがな・・・

結局くじけて、ドン・キホーテ内にある「来らっせ」へ。

Dscn1894

宇都宮餃子が5店舗集まっていて、色んな餃子が楽しめます。

Dscn1891

香蘭&めんめん。

Dscn1895

さつき。

Dscn1898

最後に、みんみん。

Dscn1899

豪快に4人前平らげて、これはこれでエエかなと。

来らっせ
住所:宇都宮市馬場通り2-3-12
電話:028-614-5388

| | コメント (0)

日本酒&蕎麦 ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」15回目 その3

その2の続き。

飲んでないビールはあるものの、日本酒に移行。

Dscn1880

左側の下から二番目、純米辛口(460円)。
120mlですから、一合換算で690円。

Dscn1881

「軽い味わいの辛口。茨城県産五百万石の純米酒」
しっかりしてますねぇ。

ここで「旬の野菜の天婦羅蕎麦(冷)。

Dscn1883 Dscn1884

蕎麦も天婦羅も美味いっ!
単品で頼んでも1,280円しますから、セットはお得ですよね。

純米吟造り(480円)。

Dscn1887

「御前山のひたち錦で醸造した華やかな香りの純米酒」
さっきの純米辛口より、少しフルーティ。

ラスト、にごり酒「春一輪」(490円)。

Dscn1889

「シャンパンのような発泡性が特徴の新感覚日本酒」
スパークリングかつフルーティ!

デザートはカシスのジャリジャリソルベとケーキ。

Dscn1890

ソルベが隠れとるがな(笑)

また行っていたい度は★4(5段階)。
肝心のビールが・・・

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

どうしたホワイトエール?! ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」15回目 その2

その1の続き。

ビールメニュー。

Dscn1872

いつも有りそうだけど、実はいつも有るわけではない「ピルスナー」からいただきましょうか。

Dscn1877

サイズはパイント(900円)。
グラスが綺麗!
大事なことです。
「モルトの旨味、ホップの軽快な風味が特徴的な明るい色合いの下面醗酵ビールです。爽やかな風味をお楽しみください」
ピルスナーなんですが、新大陸系ホップがしっかり効いていて、結構苦い。
ゴクゴクは飲みづらいかも・・・
★7

お願いしたとおり、前菜とサラダ(だけ)到着。

Dscn1876

2杯目、ホワイトエール。

Dscn1878

グラスサイズ、600円。
「オレンジピール・ハーブ等を加えたベルギーホワイトエールスタイルのうすにごり小麦ビール」。
ネストの看板商品なんですが、これじゃない感が・・・
もちろん美味しいんですが、グッとこないんだよなぁ。
後味がスッキリしてないからかも。
★7

3杯目、ヴァイツェン。

Dscn1879

見た目ホワイトエールと同じ。
こっちのが好きかなぁ。
どうした、ホワイトエール!?
★8

その3に続きます。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

蕎麦セット再び ビールの準現場から~茨城県水戸市「常陸野ネストビール」15回目 その1

水戸駅からバスで、京成百貨店前へ。

Dscn1871

いつも混雑してるんですが、この日は比較的のんびり。

Dscn1875

やっぱり「お昼の蕎麦セット(1,400円)」かなぁ。
消費税増税前は税込1,450円でしたから、微妙に値上げですかね。

Dscn1873

ただ、前回前菜から蕎麦から一緒に出てきて困ったので、今回は事前にしっかり確認。

現「全部一緒じゃなくて、蕎麦だけあとで出してもらえますか?」
店「大丈夫ですよ」
現「じゃ、蕎麦セットお願いします」

良かった良かった。
これでだいぶ満足度違うからね。

その2に続きます。

酒+蕎麦 な嘉屋(なかや)
住所:茨城県水戸市泉町1-6-1京成百貨店1Fパサージュ
電話:029-302-5959

| | コメント (0)

青唐ソース、メチャ辛 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」27回目

27回目。

Img_4398

まずはこのページから組み立てるのが、この店でのルーティン。

1杯目、御殿場のヘレス。

Img_4399

もう少しガスが弱いほうが好み。
苦みも強まっちゃう気がするので。

ガリシア豚のグリル〜青唐ソース〜。

Dscn1868

このソース、メチャ辛い。

2杯目、ロコビアの香りの生。

Img_4401

甘いねぇ。
苦くないんじゃなくて、甘い。
さっぱり甘い系。

3杯目、アウグスオリジナル。

Dscn1870

ど真ん中。
フォーシームで145kmって感じ。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

この後、佃でヴェデット。

Img_4356

紅茶っぽいね。

| | コメント (0)

黒いビールと甘いもの 茅場町「Mile Post Cafe(マイルポストカフェ)」その3

その2の続き。

焼き枝豆(500円)。

Img_4352

3杯目、スワンレイクのブラックIPA。

Img_4353

ややスパイシー。
複雑ではあるが、バランス取れてます。

4杯目、いわて蔵のスタウト。

Img_4355

甘くなく、苦くなく、手堅い印象。
甘いもの食べたくなってきた・・・

Img_4354

合うなぁ、特にチョコケーキに。

うん、イイお店です。
ロケーション最高、ビールも豊富。
難点があるとしたら、ラストオーダーが21時ということ。
カフェですから、仕方ないのかもしれませんが。

永代橋をわたって帰宅。

Img_4397

Mile Post Cafe(マイルポストカフェ)」
住所:中央区新川1-20-6
電話:03-5542-7072

| | コメント (0)

リバーサイドで・・・ 茅場町「Mile Post Bike and Cafe(マイルポストバイクアンドカフェ)」その2

その1の続き。

1杯目、金しゃちの「ミツボシピルスナー」。

Img_4346

苦ウマ。
川を眺めながら飲むビールは格別ですね。

フードメニューはこんな感じ。

Img_4347

パブではなく、カフェなので、「豊富なつまみ」とは言えませんが、それなりにイケる感じ。

バジルポテトサラダ(450円)。

Img_4348

2杯目、反射炉の「太郎左衛門」。

Img_4351

イギリス風のペールエール。
さっぱり系。
ちょっとローストが強いかな。

その3に続きます。

Mile Post Bike and Cafe(マイルポストバイクアンドカフェ)」
住所:中央区新川1-20-6
電話:03-5542-7072

| | コメント (0)

初訪問 茅場町「Mile Post Bike and Cafe(マイルポストバイクアンドカフェ)」その1

茅場町駅から、永代通りを永代橋の方へ。
永代橋を渡る直前で左折したところにお店はあります。

Img_4396

1階が自転車屋さんで、2階がその自転車屋さんがやっているカフェ。
しかもその「カフェ」が、「ビールなお店」でもあるという・・・
ややこしいな(笑)

2階のカフェに入ると、印象的なのは奥のテラス席。
底からのビューが、実に素晴らしい。

Img_4349

右を見れば、ライトアップされた永代橋。

Img_4350

左を見れば、東京スカイツリー。

そして、10本もあるタップ。

Img_4345

エライコッチャ(笑)

その2に続きます。

Mile Post Bike and Cafe(マイルポストバイクアンドカフェ)」
住所:中央区新川1-20-6
電話:03-5542-7072

| | コメント (0)

2回目は飛ばして 吉祥寺「Va bene(ヴァ・ベーネ)」3回目

井の頭公園近くにある「Va bene」3回目。
※2回目の訪問は、わずか30分、1杯飲んだだけだったため、記事化せず。

Img_4343

この日のビールメニューは、カウンター上の黒板。

Img_4320

1杯目は、ノースアイランドのヴァイツェンをピッコロ(小)で。

Img_4318

よく出来たヴァイツェンです。

温玉と野菜のぐつぐつトマト煮込み。

Img_4321

いつもカウンターに座るんですが、調理の様子がよく見えるのが気に入ってます。

2杯目、ハートランドでこの日は終了。

Img_4322

「イタリアン食堂 Va bene(ヴァ・ベーネ)」
住所:武蔵野市吉祥寺南町1-17-9
電話:0422-26-7235

Img_4344


| | コメント (0)

季節ビールは仕込中 ビールの現場から~東京都福生市「多摩の恵」@「雑蔵」7回目

「雑蔵」7回目。

Img_4330

ビールメニューは不変。

Img_4331

価格も、消費増税前と(表示上は)同じ。
うむ、そういうことかな。

今飲める季節のビールは何かな?

Img_4336

「仕込中のため、お休みです」
休みならしゃあない・・・

訪問した日は、とっても暑かったのでピルスナーから。
ま、暑くなくてもピルスナーから始まるんですが(笑)

Img_4332

画像から伝わってくると思いますが、冷えっ冷え。
バランスがいいですね。
★8

2杯目、ペールエール。

Img_4335

実に穏やかなペールエール。
★8

いわい鶏唐揚げ 揚げ茄子と旬野菜添え。

Img_4338

3杯目は、ミュンヒナーダークと見せかけて、ハーフ&ハーフ。

Img_4339

ミュンヒナーダークにはあまり良い思い出がないんですが、ハーフ&ハーフは丁度いい按配。
混ぜるのも悪くないね。

ラストは、たまの八重桜。

Img_4340

良くも悪くも粗削りな印象。

蕎麦で〆。

Img_4341

また行ってみたい度は★4(5段階)。

雑蔵
住所:東京都福生市熊川一番地
電話:042-530-5057

| | コメント (0)

錦糸町「Beerich YEAST」11回目

5ヶ月ぶり11回目の訪問。

Img_4300_2

まずはエーデルピルス。

Img_4301

ああ、美味い。
そして白穂乃香。

Img_4303

さっぱり穏やか。
ここで「きのことホワイトソースのオムレツ」到着。

Img_4302

キレイに出来てますね。
私もこんなオムレツ作りたい・・・

この店の定番、よなよなリアルエール。

Img_4306

きれいなグラスですね。
こうでなくちゃ。

4杯目、日本海倶楽部のインディアブラウンエール。

Img_4308

それほどモルトは強くないですね。

珍味 たらこゴーダ(500円)。

Img_4307

Beerich YEAST
住所:墨田区錦糸2-5-12
電話:03-6658-8155

| | コメント (0)

東銀座「bar cacoi」

2012年に渋谷から移転してきた「bar cacoi」に行ってみました。

Img_4299

店内はカウンターのみ。
飲んだビールは南信州のアップルホップ(900円)。

Img_4298

21時までは、チャージ無料だそうです。

渋谷時代(その頃の店名は「CASE」)に一度だけお邪魔したことがあります。
当時「BEERBELLY肥後橋」のY店長や、お元気だったO社長と確か一緒だったような・・・

「bar cacoi」
住所:中央区銀座3-14-8
電話:03-6264-0590

| | コメント (0)

もうひと息 赤坂見附「よなよな BEER KITCHEN」その2

その1の続き。

まずは、よなよなエールのレギュラーサイズ(680円)。

Img_4292

完成してますねぇ。
ほころび、ほつれ的なものが、一切感じられません。
気になるのは、グラスの清浄度と泡。
お世辞にも素晴らしいとは言えません。

2杯目、軽井沢高原ビール シーズナル2014 ブリティッシュペールエール。

Img_4294

ブリティッシュにしては、ホッピー。
苦めのペールエールですね。
グラスと泡は相変わらず・・・
やですね、マニアって・・・気になっちゃって(泣)

Img_4293

ポテトサラダ ツナソース(500円)。

3杯目、よなよなのリアルエール(730円)。

Img_4295

何か、ちっちゃいね、グラス。
少々物足りん・・・

うーん、グラスと泡は何とかしてほしいなぁ。
もっと美味しく飲めるのに。

フーターズでも寄って帰るか(笑)

よなよな BEER KITCHEN
住所:千代田区永田町2-14-3 東急プラザ 赤坂2F
電話:03-5510-4789

| | コメント (0)

初訪問! 赤坂見附「よなよな BEER KITCHEN」その1

いやぁ、遅ればせながら行ってきました、「よなよな BEER KITCHEN」。

「赤坂見附」駅を出て、外堀通りを渡ってスグ。

Img_4296

超便利です。
何で初めてなんやろ?

さてさて、注目のビールメニュー。

Img_4289

何と10種類!
よなよなリアルエールと東京ブラックはダブルカウントではありますが。
この日はこれに加え、インペリアルポーターもあるので、都合11種類。
すごいなぁ、さすが老舗。

私はカウンターに座ったんですが、テーブル席は20代後半〜30代のグループで満席。
めっちゃ賑わっています。

店員さんも若い人が多く、とにかく活気があります。
おじさん、圧倒されてしまいそう・・・

その2に続きます。

よなよな BEER KITCHEN
住所:千代田区永田町2-14-3 東急プラザ 赤坂2F
電話:03-5510-4789

| | コメント (0)

いつもと違う順番で 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」26回目

26回目。

この日は珍しくラガー系でなく、湘南ゴールドでスタート。

Img_4285

甘過ぎず、ちょい苦で苦過ぎず。
フルーツ系でナンボでも飲める、貴重なビール。

ポテト(小)。

Img_4286

2杯目、日本海倶楽部のダークラガー。

Img_4288

もう少し後味スッキリしてくれたらエエんやけど・・・

3杯目、箕面のピルスナー。

Img_4327

今日の順番だと厳しいなぁ・・・
申し訳ない。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

初訪問! 六本木「BrewDog Roppongi」

六本木ヒルズでの飲み会の前に、ちょっと一杯。

Img_4278

先日、「予約する場合はチャージ1,000円必要」と言われ断念した経緯があるので、今回は予約せずに訪問。
早い時間だったので、席には余裕ありました。

1人だったので、カウンターに着席。

Img_4147 Img_4151

たまにあるんよねぇ、こういう膝の入らないカウンター。
立って飲むにはエエんかもしれんが、座るにはねぇ・・・

この日のOnTap。

Img_4280

Brew Dogらしくないけど、1杯目なんでFAKE LAGERをオーダー。

Img_4279

「原材料からこだわった本物のラガー!」
苦さはあまり感じません。
ちょっと酸味があるのが、私的にはNG。

そして、PUNK IPA。

Img_4281

「Brew Dogに来たらまずこのビール!」
IPAを最初に飲めってのも凄いことやね。
色々と勉強になるわ。
でもね、やっぱりよう出来てます。
苦いっちゃ苦いんですが、バランスとれてますし。

また来るかも。
もちろん、予約なしで。

BrewDog Roppongi
住所:港区六本木5-3-2
電話:03-6447-4160

Img_4149


| | コメント (3)

旅行記終了 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その19〜ビールの現場から 岩手県一関市「いわて蔵ビール」3回目

その18の続き。

3杯目、レッドエール。

Img_4274

「スコットランド風ビール。モルトの旨みが特徴のびーるです」
レッドと言うわりには、色が濃いかな?
結構ロースト感あります。
★7

酒屋の鶏粕漬け。

Img_4275

ラストはIPA(リアルエール)。

Img_4276

「英国風ビール。ホップを通常の4倍、モルトを1.5倍使用したビール」
ぬるめのサーブはさすが。
角が取れてていいね。
★8

まだ閉店時間には少しありますが、片付け早い早い。
ちょっと落ち着かんね。

少々慌ただしかったものの、また行ってみたい度は★4(5段階)。

Img_4277

小雨の中、一関駅に戻り、そこから新幹線で帰京。
これにて、旅行記終了です。

レストラン せきのいち
住所:岩手県一関市田村町5−42
電話:0191-21-1144

| | コメント (0)

10種類!そんなに飲めません・・・ 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その18〜ビールの現場から 岩手県一関市「いわて蔵ビール」3回目

その17の続き。

ビールメニュー。

Img_4266

ヴァイツェン、ペールエール、レッドエール、スタウト、ゴールデンエール、オイスタースタウト、自然発酵ビール、インディアペールエールの8種類。

加えて、こんなメニューも。

Img_4272

お、多い。
とても全種類は無理・・・

熟慮の末の1杯目。

Img_4268

ゴールデンエール(グラスサイズ、500円)。
「英国風ビール。飲みやすいのが特徴のビールです」
英国風とは言いながら、華やかな香りは新大陸風味。
少し苦めでバランスさせてます。
★8

2杯目、シングル魂ラガー。

Img_4271

色はやや薄め。
グレープっぽい。
けっこう苦いね。
★8

Img_4273

その19に続きます。

レストラン せきのいち
住所:岩手県一関市田村町5−42
電話:0191-21-1144

| | コメント (0)

震災後初訪問 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その17〜ビールの現場から 岩手県一関市「いわて蔵ビール」3回目

その16の続き。

気仙沼から一関まで、電車で移動。

Img_4263

降っていた雨は、傘なしであるけるぐらいの小降りに。

歩くこと20分で、現場到着。

Img_4264 Img_4265

前回訪問したのは2009年3月
震災でかなり被害があったようですが、だいぶ復活してきたように見えます。
いや、前よりいい感じかもしれん。

「石蔵レストラン クラストン」は団体さんで大賑わい。
隣の「レストラン せきのいち」は、少し遅い時間ということもあるのか、こんな具合。

Img_4269

ビールはその18で。

レストラン せきのいち
住所:岩手県一関市田村町5−42
電話:0191-21-1144

| | コメント (0)

大船渡線で気仙沼へ 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その16

その15の続き。

「現場」訪問が空振りに終わってしまったので、駅前の食堂でお蕎麦。

Img_4246 Img_4245

再び、釜石線に乗って、花巻ではなく釜石へ。

Img_4249

釜石駅で、三陸鉄道南リアス線に乗り換え。

Img_4250

座席にテーブルが付いてるんですね!
いいじゃない。

リアス海岸を縫うように走っているので、トンネルとちょっとした湾の繰り返し。

Img_4252

至る所に、タワークレーンが見えます。

盛駅で、大船渡線(BRT)に乗り換え。

Img_4253

以前駅だったところがバス停に、線路だったところがバス専用レーンに。

Img_4254

不思議な景色です。
運転しているドライバーは、以前電車を運転していた人なのかしら?

残念なことに、途中から一般道。

Img_4256

こうなってしまうと、普通の路線バスと何ら変わりなし。

陸前高田到着。

Img_4257 Img_4258

ここで気仙沼行きのBRTに乗り換え。
仮の市庁舎があります。
沿岸部は被害が大きかったからか、だいぶ海から離れた所にありますね。
少し時間があったので、「奇跡の一本松」あたりまで行きたかったんですが、かなり遠いとの情報を聞き断念。
コンビニでコーヒー飲んで、待合所で次のバスを待ちます。

Img_4259

陸前高田〜気仙沼間は、専用レーン無し。

Img_4260

予定より少し遅れて、気仙沼駅到着。

Img_4262 Img_4261

まだまだ復興、道半ばですね。

その17に続きます。

| | コメント (0)

新規236ヶ所目訪問未遂 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その15〜ビールの現場から 岩手県遠野市「ZUMONAビール」

その14の続き。

盛岡を出て、花巻駅で釜石線に乗り換え。

Img_4238

11時過ぎ、遠野駅に到着。

Img_4239

食べログによれば、これから訪問する「現場」のオープン時間は11:30。
ぶらぶら散歩してから、向かうことにしました。

Img_4240

駅前から真っ直ぐ伸びる道を南へ。
釜石街道にぶつかったところで、右へ。
「とおの物語の館」でお土産を物色してるうちに、オープン時間になりました。

いざ、「現場」へ!

Img_4241

いい感じの道じゃないですか。

右手に、「現場」発見!

Img_4242

ん?嫌な予感・・・

Img_4243

「しばらくの間休業します。ご了承ください」
おいっ!

電話一本サボった私が馬鹿でした・・・

その16に続きます。

Img_4244_2


| | コメント (0)

さすがに飲み過ぎ・・・ 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その14〜ビールの現場から 岩手県盛岡市「ベアレンビール」9回目

その13の続き。

日本酒の店2軒ハシゴした後、中ノ橋へ。

Img_4228

俺もまだまだ若いね(笑)

カウンターの右端が空いてました。

Img_4231 Img_4236

ビールメニューは、材木町と全く同じ。

Img_4229

材木町で飲んでいない、ジャーマンピルスナーを注文。

Img_4232

「ジャーマン」だけあって、少し苦め。
ドイツはドイツでも北の感じ。
★8

材木町で2杯飲んだアルトをここでも。

Img_4235

やっぱり美味いね。
★9

それはそうと、ジャーマンピルスナーもアルトも泡多すぎじゃない?

Img_4233

チーズのビール漬け(620円)。

午後9時半。
店内、とっても賑わってます

Img_4234

また行ってみたい度は★5(5段階)。

いやぁ、飲んだ飲んだ。

その15に続きます。

BEER BAR BAEREN(ビアバーベアレン) 中ノ橋
住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-21
電話:019-651-6555

| | コメント (0)

本鮪と日本酒のお店 宮城・岩手ビール旅行記2014夏 その13〜岩手県盛岡市「浜味屋」

その12の続き。

「沖菜」を出て、中央通りへ。

Img_4143

日本酒が飲める店、もう一軒。
「浜味屋」。

Img_4139

新しいお店で、店の人も若くて元気がいい感じ。

日本酒メニュー。

Img_4134

黒龍や鍋島があるってことは、岩手の酒にこだわってるわけじゃないのね。
わざわざ来てる私はこだわりますが(笑)

Img_4137

あさ開の「水神 純米大辛口」。
辛口でボディしっかり。

本鮪頭肉のたたき(720円)。

Img_4138 Img_4141

おおっ、これは美味そう!
ジュレがかかってるあたりが今風。

Img_4140_2

あさ開の「佳撰」。
だいぶ、味がわからんようになってきました。

その14に続きます。

「浜味屋」
住所:岩手県盛岡市中央通3-4-28
電話:019-601-9879

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »