« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

極私的「現場」リスト-岐阜(4)

日本全国、これまで訪問したビールの「現場」リストです。
基本的に全て樽生(ドラフト)で飲んでます。
地ビール解禁の年からの記録ですから、中には古いのもありますが、ご容赦ください。

<極私的また行ってみたい度>
 ★5・・・何としても再訪したい「現場」
 ★4・・・また行きたい「現場」
 ★3・・・近くに寄れば行ってもいい「現場」
 ★2・・・時間があれば・・・な「現場」
 ★1・・・もう行かんでエエかな・・・な「現場」

<岐阜>

岐阜・恵那「博石館ビール」
博石館の名が示すように、「石の博物館」がメイン施設で、その中に地ビールレストランはあります。
壁から床から石で出来てますから、とにかく立派です。
ビールは、バーレーワインなどアルコール度の高いものが有名ですよね。
私が行った時は、土日だったので結構な人出でした。
個人的にはあまりアルコール度が高いものは得意ではないので・・・
★3
※ここもビール事業撤退とのこと。

岐阜・岐阜「長良地ビール」
レンガ造りのビアレストラン。
クローズしてしまったようです。
★2

岐阜・高山「「古里古里ビール
2007年11月に訪問しました。
高山駅から、歩いて20分くらいのところにあるログハウス風の「現場」です。
300mlで380円と比較的良心的な価格設定ですし、ビールのクォリティもなかなかだと思いました。
★3
その時の模様はコチラ
※レストランは2011年に閉鎖してしまったとのことです。

岐阜・大垣「水都プレミアム」
2007年12月に訪問しました。
変わったビールが多いです。
雰囲気は良くも悪くも家庭的です。
★3
※ここもHP発見できません。無くなったのかなぁ・・・

岐阜・郡上八幡市「郡上八幡麦酒こぼこぼ」
新規238ヶ所目として、2014年9月に訪問。
夕食時の訪問ではなかったので、中庭でいただきました。
★3

| | コメント (0)

日本シリーズ第二戦を観ながら3杯 大阪マラソン&ビール旅行記2014秋 その5〜ビールの準現場から 大阪・天満「箕面ビール」31回目

その4の続き。

ホテルで少し休憩した後、ビアベリー天満に出撃。

Dscn2256

時刻は午後6時。
ヴァイツェンからスタート!

Dscn2257

穏やかヴァイツェン。
ナンボでもいけるぞ!

そして日本シリーズ第二戦スタート!

Dscn2258

事前に電話して放映するかどうか確認したんだよね(笑)
よく流れてるのはサッカーだから。
今思えば、観なきゃ良かった試合ですが・・・

ミートパイ、500円。

Dscn2259

2杯目、おさるIPA。

Dscn2261

淡色IPA。
香って苦いがウザくない。

Dscn2262

3杯目は、定番W-IPA。
苦くてキツイが、ギリギリOK。
ほんと、ギリギリなんだよね。

さつまいもフリットはちみつバター、500円。

Dscn2263

意外と合うのよね。

19時半くらいまで居たんですが、阪神打線がショボショボなので、ここで退散。
勝ち試合だったら、もっと飲んだのに・・・

その6に続きます。

BEER BELLY 天満
住所:大阪府大阪市北区池田町7-4
電話:06-6353-5005

2141)大阪マラソン&ビール旅行記2014秋

| | コメント (0)

ラン後のビールはやっぱり最高! 大阪マラソン&ビール旅行記2014秋 その4

その3の続き。

痛い足を引きずり、日本橋のホテルへ。
この日の夕食は、昨日に引き続き天満に行くつもりだったんですが、ホテルのすぐ近くの居酒屋で、なんと生ビール300円!

Img_4642

我慢できるはずもなく(笑)
それにしても、冷え冷え。

Img_4646

2杯目も同じ金額なのは有難い。
どっかのチェーン店みたいに、インチキ中ジョッキじゃないし。

Img_4644 Img_4645

3杯目。

Img_4647

ありゃりゃ?
これは普通の冷たさ。
冷凍ジョッキが切れたかな・・・

その5に続きます。

2141)大阪マラソン&ビール旅行記2014秋

| | コメント (0)

経験したことのない暑さの中、何とか42km 大阪マラソン&ビール旅行記2014秋 その3

その2の続き。

ホテルを7時に出発。
地下鉄を乗り継ぎ、森ノ宮駅から大阪城公園へ。
トラックに荷物を預け、スタート地点に向けて大阪城公園内を、ランナーみんなでぞろぞろ移動。

Img_4546

大阪出身なので、何度も来てますが、久しぶりに見るとカッコいいな、大阪城。
アジアからのお客さんが、我々とは違う流儀で写真撮りまくり。

Img_4547

指定されたスタート地点(大手門病院前)に到着。

Img_4548

大きいマラソン大会の常ですが、ここからが長いんよね。
スタートまで、1時間弱ここで待機。

9時、いよいよスタート!
森脇健児が結構な存在感出してます。

0〜5km
大阪城を離れ、一旦南下。
鶴橋で進路を西に転じ、ミナミへ。
序盤は下り中心で、道幅が広くて走りやすい印象。

5〜10km
難波交差点で右に曲がり、御堂筋を北に。
御堂筋って普段南行きの一方通行なので、北に向かうのはとっても新鮮。
淀屋橋交差点を右に曲がって少し行ったところが10km地点。

10〜15km
再び大阪城を眺めながら、片町まで行き折り返し。
北浜一丁目の交差点まで戻ったところで中之島に渡り、中央公会堂の脇を抜けて再び御堂筋へ。
本町のあたりが、15㎞地点。
まだ余裕。

15〜20km
2度目の難波交差点で進路を南→西へ。
京セラドーム大阪を見ながら、大正橋交差点を北へ。
少し北上してから折り返すんですが、ここが少し長く感じたってことは、足に来始めていたのかも。
気温も上がってきましたし。

20〜25km
3度目の難波交差点を、今度は南方向へ。
ディープ大阪突入って感じ。
懐かしい「なんば」の景色に少し元気をもらい、大国の交差点まで南下。
東に進路を変え、恵美須で折り返し。
ここでちょっとだけ通天閣が見えます。
本当にちょっとだけ(笑)

25〜30km
なにわ筋とぶつかる塩草二丁目の交差点を左に曲がり、長橋を左、26号線にぶつかったら今度は右。
だいぶ気温が上がってきました。
給水でもらった水を、飲まずに頭からかぶったのは、このマラソンが初めて。
気持ちいいもんです、何せ25℃(笑)

30〜35km
玉出を右、北加賀屋を左、住之江公園前を右。
心配していた暑さも、ニュートラムの高架のおかげで日陰が出来ていて助かりました。
あと、沿道の応援が、意外に温かいんです。
エリアがエリアだけに、キッツイのを予想してたんですが、肩透かし。
神戸マラソンのほうが辛辣でした(笑)

35〜ゴール
ラストは南港地域。
車では何度も行ったんですが、走るとしんどいね(笑)
景色があんまり変わらないのが辛かった・・・

全体としてはフラットで、コース幅も広く、走りやすいマラソンでした。
ホスピタリティも、東京マラソンを意識しているのか、いい感じですし。
当たればまた出たいですね。

その4に続きます。

2141)大阪マラソン&ビール旅行記2014秋

| | コメント (0)

自重して3パイント 大阪マラソン&ビール旅行記2014秋 その2〜天満「BEER BELLY」5回目

その1の続き。

ランナー受付を終え、地下鉄でホテルのある日本橋(にっぽんばし)へ。
ホテルに荷物を預け、遅めの昼食を摂るため天満へ。
15時のオープンまで、少し時間があったので、堺筋をポータルをハックしながら北上。
東京に比べると強いポータルが少ないので、キャプチャーしまくり。
おかげで、ちょっと到着遅れました(笑)

Dscn2249

土曜日の午後3時過ぎ、開店直後にも関わらず、カウンターはほぼ満席。
どないなってんねん!
みんな、ビール好きすぎやろ。

Dscn2243

Y「お久しぶりです!」
現「半年ちょっとぶりかな?」
Y「出張ですか?」
現「明日、大阪マラソン出るんですよ」
Y「えっ!?大丈夫ですか、飲んで?」

現「一般的には大丈夫じゃ無いんちゃうかな」
Y「そう言えば、神戸マラソンの時も、京都マラソンの時も飲んではりましたね」

Dscn2245

1杯目、ピルスナー(830円)。
色薄めで、少し濁りあり。
苦みはさほどでもなし。

Dscn2246

フィッシュ&チップス。
じゃがいもがカーボってことで。

Dscn2247

2杯目、ペールエール(830円)。
これも少し濁りあり。
苦くはないけど、ホップ華やか。

Dscn2248

3杯目、BBリッチスタウト(930円)。
コーヒー度強し。
リッチなのにドライ。

現「もうちょっと飲みたいとこやけど、そろそろ帰るわ」
Y「結構飲んでますけどね(笑)」

一旦ホテルに帰り、少し寝た後、仮装した人で溢れるミナミの街に出て、カレーライス&たこ焼きを食べて、準備完了。
明日、頑張ります。

その3に続きます。

BEER BELLY 天満
住所:大阪府大阪市北区池田町7-4
電話:06-6353-5005

2141)大阪マラソン&ビール旅行記2014秋

| | コメント (0)

ランナー受付@インテックス大阪 大阪マラソン&ビール旅行記2014秋 その1

10月25日(土)、大阪マラソン前日。
新幹線で新大阪に入り、JRと地下鉄を乗り継いでインテックス大阪。

Dscn2240

初めて来たかも、インテックス大阪。
こんな、オルセー美術館みたいなデザインだったなんて・・・

東京マラソン同様、当日受付はしていないため、前日のうちにこちらに来る必要があります。
受付(ゼッケン受領)自体はすぐ終わるんですが、その後のスポンサーブース巡りが長い長い。
東京マラソンも同様の仕組みなんですが、違いは導線設計。
大阪マラソンは、通路が狭くて一方通行。
そう、IKEAみたいな感じ。
私みたいに、ブースにあまり興味ない参加者は、時間かかるわ、疲れるわ。

そのブースの一つで、こんなもの配ってました。

Dscn2241

残念ながら、美味しくない(笑)
ノンアルコールですからね、しょうがないです。

長い長いスポンサーブース巡りの最後に出現したのが、巨大フードコート。

Dscn2242

これは大阪っぽくていいね。
昼食まだだったんですが、行きたいところがあるので、我慢我慢。

その2に続きます。

2141)大阪マラソン&ビール旅行記2014秋

| | コメント (0)

帯広の店がこんなところに! 門前仲町「ランチョ・エルパソ 東京」

門前仲町と木場の間ぐらいの場所に昨年11月にオープンした、帯広のレストラン「ランチョ・エルパソ」の東京店。

Dscn2230

家が近所なので、よく前を通るんですが、最初に見た時は思わず二度見しました。
だって、帯広ビールの「現場」が門前仲町ですよ!?
行ったなぁ、帯広のランチョ・エルパソ
2006年の2月ですから、8年半以上前ですね。

10席ほどあるカウンターに着席。

Dscn2237

フードのメニュー。

Dscn2233

ポテトサラダ&豚の唐揚げ、どちらも450円。

Dscn2234 Dscn2235

ビールのメニューはコチラ。

Dscn2231

実質2種類。
帯広に行った時は1種類しか飲めなかったので、それに比べりゃいいですかね。

Dscn2232

1杯目、麦日和。
「スッキリ爽やかでありながらコクのある帯広ビールの定番商品厳選した2種類のカラメルモルトを織り交ぜ、キレイな中間色と味の奥行きを表現しました。じっくり、そして心地良く酔いたい方にオススメ。輝く黄金色とアロマホップの香りに多くの方がはまります」
ガス強いなぁ。
ピリピリする。

Dscn2236

2杯目、ハーフ&ハーフ。
「麦日和とクロウトを同じ割合で注ぎご提供。多くの方に親しまれているビアカクテルです。麦日和を加えることで、クロウトの焙煎風味とほろ苦さが中和され、やわらかな飲みくちとなります。黒ビールはちょっとという方に」
バランスとれてます。
当然これもガス強めですが。

Dscn2238

3杯目、クロウト。
「ダークテイストの黒生です。食パン香を思わせるローストモルト(=焙煎麦芽)の香りとビターホップのほろ苦さが喉の奥までひろがります。多くの液種を飲まれてきたビール通(玄人・クロウト)の方へ特にお勧めです」
これもまあまあ。
気持ちガス強め。

フルマラソン2日前だったので、カーボローディング。

Dscn2239

ドライカレー(750円)。

ランチョ・エルパソ 東京
住所:江東区古石場3-11-25
電話:03-5875-8131

| | コメント (0)

カーボローディング@八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」32回目

いつものようにこのページからスタート。

Dscn2220

呉のケルシュがこのページに?
まあエエか。

Dscn2219

ケルシュですから、苦くないのはデフォルト。
すっきりしてて、ちょい甘。

フルマラソンを6日後に控えているので、カーボローディングモード。

Dscn2222 Dscn2223

普段食べてないものを食べられるので、カーボって楽しいんよね。

2杯目、ベイピルスナー。

Dscn2221

丁度いい温度。
少し苦いのがいい感じ。

3杯目、南信州のオクトーバーフェスト。

Dscn2225

赤くてクリア。
いわゆるフェストにしてはスッキリしてるかな。

ラスト、箕面のW-IPA。

Dscn2227

さすがのバランス。
きっついのに、量飲めるところが素敵。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

清水湯、ブリマーの後に 「原宿タップルーム」13回目

ブリマーから、徒歩で「原宿タップルーム」へ。

Img_4538

「準備中」の看板が出ていますが、普通に営業中。
昼に来たのは初めてかも。

Img_4539

ランチメニュー。
カレーにしょうが焼きに親子丼に干物か・・・

Img_4542

カレーライスを食べながらでも、もちろんビール!。

Img_4541

1杯目、フォールフェストラガー。
色はやや濃い。
あまり苦くなくて、美味い。

Img_4543

2杯目、沼津で美味しかったGiebelsアルト。
沼津で飲んだほうが美味しかったと思うのは、私が現場主義者だから。

Img_4544

帝国IPA。
苦いけど穏やか。
エエなぁ。

清水湯からのタップルーム。
有りやね。

原宿タップルーム
住所:渋谷区神宮前1-20-13
電話:03-6438-0450

| | コメント (2)

表参道までラン 表参道「BRIMMER BEER BOX」2回目

自宅から、泉岳寺経由で表参道までラン。
何故このコースかと言うと、泉岳寺周辺にIngressのレベル8ポータルが集まっていたのと、表参道に銭湯を発見したから。

泉岳寺。

Img_4533

表参道「清水湯」。

Img_4534

表参道の交差点から本当にスグで、なんと料金460円!
ここを起点に神宮外苑あたりを走る方も多いみたいです。
写真で見てもわかる通り、新しくとっても清潔。
何故今までノーマークだったのか悔やむレベル。

そして、その「清水湯」から歩いて1分の所に、なんと「BRIMMER BEER BOX」。

Img_4535 Img_4537

1杯500円ですからね、こら飲まんと。

Img_4536

ゴールデンエールですが、ラン後風呂あがりなので、まさに一気飲み。
滞在時間わずか2分。

ありがとうございました。
タップルームに向かいます。

BRIMMER BEER BOX
住所:港区南青山3-8-34

| | コメント (0)

品川から歩いて訪問 田町「Hopps」

品川の蕎麦の名店「しながわ翁」で、つまみと蕎麦と日本酒を堪能した後、Ingressのポータルをハックしながら歩いて田町へ。

Dscn2217

芝浦の再開発で賑わう芝浦口(東口)を出てスグ。
金曜日と言うこともあり、かなりの混雑。
スタンディングのカウンターに何とか滑り込み、メニューを吟味。

樽生はギネス、ヒューガルデン、バス、ハイネケン、ベルビュー、一番搾り。

挨拶代わりに、ギネスのハーフ。

Dscn2218

そう言や、昔「Hops」って発泡酒あったな。
進化したよな、このジャンル。
あんまり本質的じゃない方向で。

「HOPPS(ホップス)」
住所:港区芝浦3-1-33
電話:03-6435-2828

| | コメント (0)

珍しく空いてました 新宿御苑前「Vector Beer」12回目

2ヶ月ぶりに店の前を通ったら、結構空いていたので。

Dscn2216

いやぁ、珍しい。

1杯目、ベアレンクラシック。

Dscn2212

グラス、きれいですね。
しっかり苦いです。

2杯目、こぶし花のベルギーホワイト。

Dscn2213

すごく美味い!
さすがこぶし花。
また行かねば。

現「前菜の盛合せって、無くなりました?」
店「そうなんです。でも出来ますよ」
現「お願いします」

Dscn2214

3杯目、御殿場のシュバルツ。

Dscn2215

かなりスッキリ。
薄いくらい。

いつもこうならゆっくり出来ていいんですけど、店的にはアカンよね(笑)

「Vector Beer」
住所: 新宿区新宿1-36-5
電話:050-5788-5222


| | コメント (0)

息子とラン ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」30回目

自宅〜湯処葛西〜イクスピアリの定番ランコースに、この日は息子が参戦。
息子と一緒に10km走るって、ちょっと良くないですか?
前半は息子がいい感じで、「もうちょっと早く走りたい」って雰囲気でしたが、5kmを過ぎたあたりから、普段長距離走ってる私のほうが優勢に。
ちょっとは見直してくれたかな?

風呂に入って、舞浜に移動し、いつものお店へ。

Img_4526

いつもの2杯注文(ベルジャンスタイルウィート&ピルスナー)。

Img_4528

息「僕が飲むって思われてないかな?」
父「大丈夫やと思うけど」

ペールエール。

Img_4531

シュバルツ。

Img_4532_4

また行ってみたい度は★5(5段階)。

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652

Img_4530


| | コメント (0)

2014年5月オープン! 六本木「キリンシティ」

Ingress散歩していたら、ちょうどお昼時に六本木到着。

「キリンシティ」発見!

Dscn2202

まずはラガー。

Dscn2205

キリンシティ名物こんもり泡。
鼻に付くのと、時間がかかるのが難点。

ランチメニューから、ナポリタン。

Dscn2207

ハッピーアワーメニュー。

Dscn2204

一番搾りフローズンはエエかな・・・

Dscn2206

樽詰サワー、260円。

そして、ハードシードル。

Dscn2208

ここでビールに回帰して、ブラウマイスターと一番搾りスタウトをミックスした「達人ブレンド」。

Dscn2210

更に回帰して、ハートランドで〆。

Dscn2211

キリンシティ 六本木店
住所:港区六本木4-10-10
電話:03-5413-4811

| | コメント (0)

お祝い@帝国ホテル「インペリアルラウンジ アクア」

仕事でとっても良いことがあったので、そのお祝い。

Img_4523

まずは銀座で肉っ!
ゴージャスやなぁ。

そして、2軒目はなんと帝国ホテル17階

Dscn2199

景色も凄いぜ。

Dscn2197


値段も凄いぜ。

Dscn2200

ぎょええーっ!
でも頼むぜ、なんたって自腹じゃないから(笑)

Dscn2196

カツサンドだって頼んじゃう。

Dscn2198

仕事頑張ると、良いことあるね。


| | コメント (0)

実質初訪問! 三越前「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット) 三越前店」

再開発が進む日本橋室町。
今年3月にオープンしたCOREDO日本橋室町3にオープンした「CRAFT BEER MARKET 三越前店」に後輩を連れて。

オープン直後にランチで来たんですが、飲みに来たのは初めて。
賑わってるなぁ。

Dscn2190_2

ビールメニューは迫力たっぷり。

Dscn2189

これだけ種類があると、普段飲んでないビールが飲みたくなるもの。

Dscn2187

独歩のピルスナー。
少しバナナっぽい後味。
ガスが強くて泡持ちが悪いのは、いただけませんな。

このパテ、分厚いなぁ。

Dscn2188

2杯目、こぶし花のメルツェン。

Dscn2191

これ「現場」で飲んだんですが、美味かったなぁ。

3杯目、福島路ビールのデュンケル。

Dscn2192

すっきりなのにしっかり。

つまみ追加。

Dscn2193 Dscn2194

結構和風なのね。
そう言えば、日本酒も結構おいてあったな。
さすがにここでは飲みませんが。

4杯目、ファインエールズのサブライムスタウト。

Dscn2195

Loch Lomond近くのファインエールズ醸造所製。
ナッツのような、バニラのような。
これがパイント780円って安いよね。

CRAFT BEER MARKET 三越前店
住所:中央区日本橋室町1-5-5
TEL:03-6262-3145

| | コメント (0)

ギネスイベントに遭遇! 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」31回目

珍しく休日に訪問。

Img_4516

現「いつもと雰囲気、違いますね」
店「ギネスのイベントやってるんですよ」

Img_4517

店「さっきまで『ギネスアカデミー』をやっていて、今なら自分で注げますよ。どうですか?」
現「いいですよ僕は。日本海倶楽部のピルスナー下さい」

Img_4514

これぞピルスナー的な苦さ。
美味いね。

この日のつまみはフィッシュ&チップス。

Img_4518

昔は、こればっかり食べてたなぁ。

現「やっぱりギネス、自分で注いでみます」
店「さっきやらないって言ってたのに・・・」
現「フィッシュ&チップス見たら、ギネスが飲みたくなって(笑)」

Img_4519

泡が収まるのを待ってます。

Img_4520

完成!
味はイマイチなような気がします。
やっぱり、プロが注がんとね。

3杯目、スワンレイクのポーター。

Img_4521

ギネスと比べて飲むと、新時代の到来を感じます。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

マッサン放映記念! 錦糸町「Beerich YEAST」13回目

13回目の訪問。

Dscn2174

現「ナギサのアメリカンウィートお願いします」
店「すいません、切れてしまったんです」
現「そうですか・・・では、南信州のゴールデン・エール」

Dscn2173

えらくクリアです。
一瞬薄いビールに見えますが、そこそこモルトのしっかり感があります。
どうやって造るんやろ?

オムレツ。

Dscn2175

2杯目は、反射炉の伊豆プライドのはずだったんですが・・・

Dscn2176

これで終わりだそうです(泣)
実にビターでした。

ここでビールからウィスキーにスイッチ。
理由?
「マッサン」放映記念です(笑)

Dscn2180

最初ロック、その後ソーダ割。
贅沢ですね。

懲りずに第二弾。

Dscn2184

いやぁ、楽しいっ!

Beerich YEAST
住所:墨田区錦糸2-5-12
電話:03-6658-8155

Dscn2186


| | コメント (0)

2軒隣のワイン屋さんはこの日オープン 新小岩「Beer Bar CROWD」2回目

8月の初訪問以来、2回目。

Dscn2171

この日のビールメニュー。

Dscn2170

1杯目、常陸野ネストのホワイトエール。

Dscn2168

2杯目は、富士桜のラオホ。

Dscn2169

じゃこ蓮根チーズ(350円)。

Dscn2172

ご馳走様でした。

Beer Bar CROWD
住所:葛飾区東新小岩1-3-11
電話:03-6657-7669

| | コメント (0)

メチャ美味タン塩 森下「静龍苑」焼肉

後輩2人を連れて、森下の「静龍苑」にやってきました。

Dscn2160_2

※今回、ビールは出てきません。

メニュー。

Dscn2161

現「この店で有名なのは、タン塩」
後A「いいですねぇ、タン塩大好きなんですよ」
後B「でも、1人前2,700円って、メチャクチャ高いっすよ、いいんですか?」
現「今日はお祝いやから、エエんちゃうか」

思い切って、3人前オーダー。

Dscn2163

後A「メッチャ美味いです!」
現「かなりハードル上がっとったけど、越えて行ったな」
後B「あぶりユッケも来ましたよ」

Dscn2162

現「これは普通のユッケに見えるけど」
後A「コレをアルミホイルに乗せて焼くみたいですよ」

Dscn2164

後A「うんまっ!」
後B「コレ凄いですよ!!」
現「ホンマやなぁ」

現「カルビ、ロースも食べとこか」

Dscn2165

現「ホルモンミックス」

Dscn2166

後A「2,000円って高いなって思いましたが、これだけボリュームあれば満足ですよね」
現「だな」

〆は手作りプリン。

Dscn2167

現「いやぁ、美味かった」
後A「タン塩、最高でしたね」
後B「私は、あぶりユッケが一推しです」

「静龍苑」
住所:江東区森下2-14-5
電話:03-3632-2348

| | コメント (0)

茅場町「鳥徳」からも歩けます 八丁堀「麦酒倶楽部 HACHI」30回目

記念すべき30回目は、茅場町「鳥徳」での飲みの後。

Img_4511

コエドのパラドキシカルIPA。

Dscn2156

ボディは軽めなのに、苦み強め。
その辺が「パラドキシカル」ってこと?

そんなことより、気になったのが、そのクリアさ。

Dscn2157

ああーっ、後ろにピントが合ってる(泣)
でも何となく伝わりますよね、この透明度。
ま、それがわかるキレイなグラスってのも大事ですけど。

2杯目、ろまんちっく村のファグルIPA。

Dscn2158

ファグルとは言え、ホップ抑えめ。
ロースト感ありますね。

2軒目なので、2杯で終了。

「麦酒倶楽部 HACHI」
住所:中央区八丁堀1-11-6
電話:03-5541-1333

736)ビールなお店(八丁堀・麦酒倶楽部HACHI)

| | コメント (0)

ちょっと食べ過ぎ(飲み過ぎ)かも・・・ 神田「Himalaya Table(ヒマラヤテーブル)」2回目

後輩連れて、神田の「Himalaya Table(ヒマラヤテーブル)」。

Dscn2141 Dscn2151

この日のラインナップ。

Dscn2143

Dscn2144

ここのお店、選択肢が多いのが嬉しいんよ。

1杯目、飛騨高山のピルスナー。

Dscn2140

少し甘めのピルスナー。

2杯目、富士桜のシュバルツヴァイツェン。

Dscn2146

ヴァイツェンに、香ばしさをプラス。

モモ(ヒマラヤ餃子)と何か(笑)

Dscn2142 Dscn2147

3杯目、ベアレンのフェスト。

Dscn2149

美味いよな、そら。
ベアレンのフェストやもん。

チャタモリ。

Dscn2148

米粉で出来た、ピザ的なもの。

4杯目、伊勢角屋のトリプルホップIPA。

Dscn2150

少し苦い。
適度に苦い。

5杯目、日本海倶楽部のインペリアル・スタウト。

Dscn2152

さすがインペリアル、しっかりしてるわ。

6杯目、オラホのペールエール。

Dscn2154

シトラッシーです。

〆はもちろん、カレー。

Dscn2153

後輩君、説教に聞こえたらスマンかった(笑)
僕はキライになっても、この店はキライにならないで下さい!

Himalaya Table(ヒマラヤテーブル)」
住所:千代田区内神田3-5-5
電話:03-3525-4110

| | コメント (0)

レギュラーにしてほしい! ビールの現場から~千葉県浦安市「ハーヴェスト・ムーン」29回目

自宅から葛西のスーパー銭湯まで走って、そこから舞浜の「現場」に行く、ラン&ビア基本コース。
このコース、何回目やろ?

Img_4497

入口でちょっとだけ待たされましたが、すぐ案内されました。

ピルスナーからペールエール。

Img_4500 Img_4504

この日(9月下旬)のランチ、豚ロースのトマト煮(・・・やったかな?)。

Img_4498

シュバルツからブラウンエール。

Img_4505 Img_4506

あれっ、ベルジャンは?と思った方、鋭いっ!

今日はこれを飲もうと思って、ベルジャンにはご遠慮いただきました。

Img_4499 Img_4507

エキセントリックWIPA。
「通常IPAというスタイルでは使用しないヴァイツェン酵母で発酵させ、さらに蜂蜜を加えシャンパン酵母で再発酵させた発泡酒です。酸味・香り・苦みが複雑な層となって口に広がります」
香りはホップバリバリなのに甘みがあって、何とも不思議なバランス。
でも、バランス取れてるのが凄い!
レギュラー化希望。
★8

また行ってみたい度は★5(5段階)。

お店を出たら、大道芸やってました。

Img_4510

舞浜地ビール工房 Roti's House
住所:千葉県浦安市舞浜1-4イクスピアリ4F
電話:047-305-5652


| | コメント (0)

沼津で〆 三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 その16〜ビールの現場から 静岡県沼津市「ベアードビール」11回目

その15の続き。

さて、沼津。
1年ぶり11回目の訪問になります。
駅からポータルをハックしながら向かったんですが、途中から全然無くなって・・・
心が折れそうになりました(笑)

心が折れる前に何とか到着。

Dscn2129

季節限定ビールメニュー。

Dscn2131

最近どこのタップルームに行っても、このメニューから始めるパターンが多いかも。

Dscn2130

ジョイ・デ・ビブレ・ゴールデンエール。
「シンプルで、素朴で、ドライなビール。あなたの人生にささやかな喜びを与えてくれるに違いない」
妥当なベルジャン。
ドライで、好きなタイプ。
★8

アジのフィッシュ&チップス(800円)。

Dscn2134

2杯目、フィッシュマーケットゴールデンエール。

Dscn2135

少し濁り有り。
スルスル飲めますね。
フィッシュ&チップスに良く合います。
★8

3杯目、新設備初醸造記念エール Giebels アルト。

Dscn2137

「複雑なモルトフレーバー(ディコクションマッシング)、しっかりとした生ホップのパンチ」
濁りあり。
ベアード的に美味いと言うより、普通に美味い。
これ美味いわ。
★9

で、もう一杯。

Dscn2138

いやぁ、ホンマ美味かった。

また行ってみたい度は★5(5段階)。

旅行記も、これでおしまい。

Fishmarket Taproom(フィッシュマーケット・タップルーム)
住所:静岡県沼津市千本港町19-4
電話:055-963-2628

Dscn2139


| | コメント (0)

初・浜松餃子 三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 その15〜静岡県浜松市「五味八珍」

その14の続き。

浜松餃子がどうしても食べたくて、色々検索したんですが、駅近くにはあまり無くて・・・

駅ビル7階にある「五味八珍」というお店。

Dscn2125

窓際にカウンター席があるんですよね。

Dscn2126

浜松餃子登場。

Dscn2128 Dscn2127

食べても、素人には味の違いはよくわかりません。
もやしと盛り付けは、ちょっと他の餃子と違いますが・・・

あと、駅前に行きやすい店が少ないのも、観光客には辛いかもしれん。

その16に続きます。


| | コメント (1)

つくねに明太? 三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 その14〜ビールの現場から 静岡県浜松市「はままつ地ビール」6回目

その13の続き。

御殿場高原っぽい食事メニュー。

Dscn2115

お値段、わりと高め。

鶏つくね明太ソース(630円)。

Dscn2119

意外とつくねに合うのね。

皮付きフライドポテト(430円)。

Dscn2120

ポテトを明太ソースに付けてみましたが、これは合わない(笑)

3杯目、ヴァイツェン。

Dscn2121

「ドイツ・バイエルン地方特産の地ビール。大量の生きた酵母により栄養価が高く、苦味も少ないフルーティーな味わいが人気のビール」
ヴァイツァンとしてはキャラ弱め。
穏やかなビールは好きなので、私はいいんですが、ヴァイツェン好きには物足りないかも。
美味いヴァイツェンと言うよりは、美味いビール。
★7

4杯目、アルト。

Dscn2122

「ドイツ・デュッセルドルフ特産の地ビール。適度な苦味とコクのある深い味わいで、ビール通にお勧めの個性派ビール。独特の香りと生きた酵母も魅力です」
美味しいんだけど、ちょっと感じられる酸味が余計かなぁ。
惜しい。
★7

5杯目、ミュンヒナー。

Dscn2123

「ドイツ・バイエルン地方特産の地ビール。甘味を抑えすっきりした中にもコクのある飲み口のシュバルツ(黒)ビール。独特の風味と香りが特徴」
少し甘いと言うか何と言うか・・・
シュバルツって、こんなに香ったっけ?
★7

また行ってみたい度は★4(5段階)。
安心できますね。

その15に続きます。

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146

| | コメント (0)

安定のビールメニュー 三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 その13〜ビールの現場から 静岡県浜松市「はままつ地ビール」6回目

その12の続き。

ビールメニュー。

Dscn2116

定番の4種(ヴァイツェン、アルト、ヘレス、ミュンヒナー)は、5年前と全く同じ。
料金も、消費増税分上がったくらい。

コレに加えて、限定醸造ケルシュ。

Dscn2117

ケルシュかヘレスか・・・

Dscn2114

ヘレスにしました。
「ドイツ・バイエルン地方特産の地ビール。すっきりしたキレのある味で、透明感ある淡色ビール。日本のビールに最も近いタイプ」
300ml(470円)。
クリアで苦み抑えめ。
妥当だなぁ。
ヘレスが妥当ってのは嬉しい。
★8

そして2杯目はケルシュ。

Dscn2118
「ドイツ・ケルンで親しまれているこおビールは黄金色とフルーティーなアロマを持つ上面醗酵ビール。白ワインのような甘い口当りと爽やかな喉ごしが独特の味を盛り上げます」
苦くないのはヘレス同様ですが、こちらはややフルーティ。もう少し華やかでもいいかも。
★7

その14に続きます。

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146

| | コメント (0)

「天神蔵」からの… 三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 その12〜ビールの現場から 静岡県浜松市「はままつ地ビール」6回目

その11の続き。

翌日は、在来線で浜松へ。
目的地は久方ぶりの「天神蔵」。
前回の訪問は2008年の11月ですから、約6年ぶりになります。
6年前と違うのは、日本酒大好きになってるところ。
楽しみです。

浜松駅前のバスターミナルから、念のため電話。

現「すいません、これからおうかがいしたいんですが、営業されてますか?」
店「はい、営業しております」
現「じゃ、これからおうかがいします。ランチとか有るんでしたっけ?」
店「申し訳ありません、2年前からレストランの営業してないんです」

あらら。
6年あれば、色々あるわな。
残念ではありますが、食事がしたいので、方向転換。
浜松にはもう一つ「現場」があるので助かります。

Dscn2112

幾つかのポータルをハックしながら到着。
こちらは前回の訪問が2009年8月なので、5年ぶり。

Dscn2113

ドイツのビアホール風の雰囲気は、以前と変わらず。
諸行無常を感じた後だけに、ホッとしますね。

その13に続きます。

マインシュロス
住所:静岡県浜松市中区中央3-8-1
電話:053-452-1146

| | コメント (0)

2年ぶりの訪問 三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 その11〜名古屋市中区「23 Craft Beerz NAGOYA」3回目

その10の続き。

郡上八幡から名古屋に戻り、夕食を食べに再出撃。

Dscn2111

23 Craft Beerz NAGOYA」。
2年ぶり3回目。

本日のビールメニューは黒板に。

Dscn2106_6

ん?
4番のビールって、昨日飲んだぞ、角屋で。

現「4番のビールって?」
店「ウチのオリジナルビールなんです」
現「昨日角屋さんで飲みましたけど」
店「角屋さんに造ってもらったので」
現「そういうことか」

で、1杯目は23プレミエール(USP900円)。

Dscn2107

さっぱりしたゴールデン・エール。

落ち着いたところで、フード注文。

Dscn2105_2

燻製生ハムときのこのラクレット。

Dscn2108

2杯目、最近ご無沙汰しているノースアイランドのコリアンダーブラック。

Dscn2109

これでラストだったらしく、500円に割引。
500円か・・・
やっぱり札幌で飲みたいね、このビールは。

3杯目、志賀高原のDPAハーベストブリュー。

Dscn2110

警戒していたホップはさほどでもなく、キリリと美味い。
いい感じじゃない!

飲んでるところで、札幌のフレッドさんが登場。
でっかかったなぁ。

その12に続きます。

23 Craft Beerz NAGOYA
住所:愛知県名古屋市中区丸の内2-3-21
電話:052-265-9777

| | コメント (0)

樽生は6種類 三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 その10〜ビールの現場から 岐阜県郡上八幡市「郡上八幡麦酒 こぼこぼ」

その9の続き。

ビールメニュー。

Dscn2094

クリームエール、スタウトライト、ウィートエール、ブラウンエール、ポーター、IPAの6種類、全て1杯500円。

サンプルの町らしく、こんなものもあり。

Dscn2096

つまみメニューはこんな感じ。

Dscn2095

ちゃんとした食事は、名古屋に帰ってからにするより無さそうです。

縁側に腰掛け、ウィートエールからスタート。

Dscn2099

「小麦を用いた濁りビール。バナナのようなフルーティな良い香りとアルコールを感じさせない軽い飲み口で、特に女性に人気です」
色は想像よりも濃いめ。
苦さはあまり無く、酸味が感じられます。
全体的にエキス分が薄い印象。
★6

まったりするなぁ。

Dscn2100

2杯目、ブラウンエール。

Dscn2101

「濃色ビール特有の麦芽由来のキャラメル〜チョコレート風味を持ち、ホップの苦味が絶妙にバランスした後味最高の人気ビール」
濁り有り。
これもあまり苦みは無し。
後味はシトラス系だが、不思議な味が舌に残ります。
★6

3杯目、ポーター。

Dscn2102_2

「コーヒーの様な風味を持ち、ローストした麦の苦味だけではなくホップの風味も主張する古典的な黒ビール。ホットにするとコーヒー風味が倍増」
苦みも甘みもどちらも突出していません。
不思議な酸味がします。
★6

電車の時間もあるので、この辺りで失礼します。

Dscn2103

また行ってみたい度は★3(5段階)。
ビールはまだ進化の途上ですが、いい雰囲気なんですよ、郡上八幡。

駅までは徒歩。

Dscn2104

その11に続きます。

郡上八幡麦酒 こぼこぼ
住所:岐阜県郡上市八幡町新町939

| | コメント (0)

新規238ヶ所目 三重・愛知・岐阜・静岡ビール旅行記2014秋 その9〜ビールの現場から 岐阜県郡上八幡市「郡上八幡麦酒 こぼこぼ」

その8の続き。

郡上八幡の「現場」到着。

Dscn2090

町家風の建物に、スペインバル、ビール醸造所、雑貨店などが同居しています。
手前がスペインバルで、その奥がビール醸造所。

Dscn2091

中で飲めるんかな?

突き抜けると中庭があって、ビールの販売カウンターが。

Dscn2093

現「ビール飲みたいんですが、ここのカウンターで注文するんですか?」
店「そうです」
現「中では飲めないんですか?」
店「中は18時からなんですけど、お待ちになりますか?」
現「待ちたいのは山々ですが、時間がないので諦めます」

Dscn2098

ま、こういう環境で飲むのも悪くないかも。

Dscn2097

その10に続きます。

郡上八幡麦酒 こぼこぼ
住所:岐阜県郡上市八幡町新町939

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »